Mシュナウザーのハッピールーム movie training news link photo

犬の危険な食べ物・OKな物

人間にとっては問題なくとも犬にとって危険な食べ物が!何をあげて何ならいいのか?知っておくべし!ですよんb

いぬの健康


危険な食べ物
・いい物
<目次>

危険な食べ物

いい食べ物

ドッグフード
×食べたら危険な食べ物× 

<健康によくない野菜>

●ネギ類/長ネギ、玉ねぎ、ニラ、らっきょう
  ※ネギ類に含まれるプロピル二硫化物は赤血球を壊し貧血、下痢や嘔吐等、×
●ナス・じゃがいもの芽
  ※ソラニン毒素があり不向き
●タケノコ
  ※結石の原因となる硝酸を多く含む
●ゴボウ・ゴーヤ
  ※大量の植物繊維が下痢の原因に
●山菜・野生きのこ類
  ※毒性、中毒症状が出るものもあるため

<カカオ類>
●チョコレート・ココア

  ※カカオに含まれるテオブロミンが神経を刺激、急性心不全の危険性有

<健康によくない果物>
●ブドウ・レーズン
  ※腎不全を起こす危険性有!干しブドウも絶対× 重症の場合腎不全から死亡例!
●プルーン
  ※葉、種、茎に毒性あり!特にドライは×
●アボガド
  ※果実や皮に含まれる成分に毒性あり下痢等!心不全の事例も。
●ドライフルーツ、ジュース、フルーツ缶詰
  ※加工食品は栄養過多、糖分過多
●柑橘類の外皮
  ※柑橘類の外皮はソラレンを含み中毒物質有、下痢等、外皮は与えないで!

<ナッツ類>
●マカデミアナッツ・くるみ等
  ※中毒症状、痙攣等の事例有。喉に詰まる危険性も。

<カフェインが含まれる物>
●コーヒー・紅茶・緑茶

  ※カフェインを分解できず興奮状態になる、脈拍が上がる等心臓疾患に厳禁

<キシリトール>
●犬用キシリトールガム等

  ※嘔吐、肝機能障害等の事例有。キシリトールガムは販売中止に!※ハピあげてました(-_-;)

<甲殻類・貝類>
●カニ・エビ・カキ・タコ・イカ

  ※生×消化不良を起こしやすい。スルメイカはお腹で膨張。避けた方が無難

<鶏肉の骨>
●鶏肉の骨・魚の骨

※喉や食道にひっかかって刺さったりする。特に鶏肉の骨は折れた部分が鋭く尖るため危険

<ミネラルウオーター(硬水)>
硬水のミネラルウオーターはマグネシウムが含まれ尿道結石の原因となるため×。浄水○

<危険な植物>
●観葉植物(アイビー・ドラセナ(幸福の木)等)

  ※中毒症状(下痢、嘔吐等)
●球根植物(アヤメ・スイセン・ヒヤシンス・チューリップ・ユリ等)
  ※中毒症状(吐き気、下痢、嘔吐等)
●身近な種植物(あじさい・あさがお・パンジー・オシロイバナ等)
  ※中毒症状(吐き気、下痢、嘔吐等)

<他、特に危険な誤飲となる物>
●トウモロコシの芯・梅干しの種

  ※腸に詰まって手術となる場合有(腸閉そく等)
●竹串、ひも、針、鶏の骨など尖った物
  ※腸に刺さったり、ひっかかって危険なリスクあり
●タバコ・タバスコなどの刺激物
  ※トウガラシやタバスコなどの刺激物は胃を刺激し、肝臓等に悪影響も

★もし誤飲食をした場合は…★
すぐに獣医師に連絡して相談して!
電話で指示を確認し(状況説明する→動物病院に行くべきか?様子をみていいか?)
食べた物によっては中毒、窒息の危険有!自己判断の対応で悪化することも!

<注意>
忠犬ハチ公は竹串の誤食で永眠の説有。ひもは腸にひっかかって大変となる場合も。
ハピの知り合いでも、
とうもろこしの芯で開腹手術、ストッキングを食べてしまい体調不良、
くるみを食べて一時呼吸不全、ぶどうを数粒食べて腎不全、
など病院にお世話になったワンちゃんたちがいます。

ハピも<事件参照>でタイ焼き(リンゴ味)を食べた事有。
子犬時代はぬいぐるみの目や耳を噛みちぎり、お腹の綿を食べていました!
砂利を舐めて食べたり…。綿や砂利がウンチから出たことしばしばでした。(-_-;)
危険な物はあげない、拾い食いさせない、ワンの届かない場所に置く、
喉にひっかかる物、中毒を起こす食べ物等は避ける等、できるだけ気をつけて下さいね。
誤食はウンチから出ると思って甘く考えていると…
食べた物の中には中毒、窒息を起こし、危険な状態となる場合も!
食べたかもしれない?!と思ったら獣医師に相談して下さいね。

※毒性がなく、詰まったり刺さったり傷つける物でなければ、
うんちとして排泄されて、元気な様子ならば基本的に問題ないが、
誤食した場合は基本相談する方が安心です!(毒性や詰まる物等自己判断は難しいため)

参考サイト/海外サイトASPCA(米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)
参考本/雑誌「いぬのきもち」

 
 
○与えていい食べ物○ 

<与えていい野菜>

・さつまいも・キャベツ(食物繊維豊富)
・きゅうり・レタス(水分補給)
ブロッコリー・じゃがいも(芽×)(ビタミンC)
はくさい・もやし(カリウム、ビタミンC)
枝豆(少量)(ビタミンB1)、など
※湯がいたり、レンジでチンしてね(生だと食物繊維が便が緩くなる場合もあるため)

<与えていい果物>
※熟した果実(皮・種等×)
・リンゴ(腸内環境を整える)
・バナナ(整腸作用)、
・メロン(βカロチン)・
・柿(干柿は△)、
・いちご(ビタミンC豊富)
・スイカ(カリウム豊富)
・ナシ(90パーセントが水分のため水分補給に)
・桃(整腸作用のペプチン豊富)
・みかん(ビタミンC豊富 ※果実のみ少々) など

<注意>果物の皮、種、葉、茎、芯には中毒性がある物があるため、
取り除いて果実の部分のみあげるようにしましょう!


●豆腐・納豆
 ※高タンパクで栄養価が高い!
●加熱した肉
 ※豚肉は生肉だとトキソプラズマの危険有。※お肉は火を通してね
●牛乳・ヨーグルト
 ※プレーンヨーグルトや牛乳は栄養価高い
 ※乳糖を処理できず下痢になるワンちゃんは×。問題ないワンちゃんに与えて下さいね。
●加熱した魚
 ※生魚で下痢、嘔吐。加熱した味付けなし物(味付けなしの焼き魚等)骨にも気をつけてね。

<注意>人間の味付けのついた食べ物は塩分糖分等多いため×
味付けのついていない湯がいた上記野菜や果実(皮×)などを少量あげて下さいね。
アレルギーのある子は食べ物に注意して下さいね。

ハピの場合/
(体重約8キロ)
ハピは朝うちがプレーンヨーグルトを食べるため、容器についたヨーグルトを、
他豆腐やキャベツ、キュウリ、果物(リンゴ、なし等)を時々あげています。
ハピはアレルギーあるため牛肉系×、特にジャーキー×

※人間の食べ物は野菜は湯がく等、果物は果実のみ、少量あげて下さいね。
当たり前ですがフードの中心は犬用に作られたフード類をあげて下さいね。
 
     
 ナシ    
 
ドッグフードについて

<ドッグフード>ワンちゃんメインの食べ物


●ドライフード…乾燥した犬用ドライのフード 
  ※栄養バランスの取れるメイン主食とするフード。犬種、年齢により色んなメーカーが出しています。
  ※喉が渇くためお水も必ずあげて下さいね。
●缶詰フード…柔らかい缶詰フード
  ※ドライより好むワンちゃん多。下痢になるワンもいるためあげる量に注意。時々あげるといいかも?
●犬用おやつ
  ※その分メインのフードを減らすなど一日の量を考えて少量あげましょうね。

●手作りフード
  ※ワンちゃんにとってバランス良い食事を与えられるなら手作りグー。増えているそうです。


<飲み水>
体重×50倍前後が適正らしいです。(※ハピの場合、体重8キロ×50=400cc位)
ペットボトルを使った吸水器だと一日の飲んだ分が把握しやすいのでお勧め。
※ミネラルウオーター(硬水)は結石の原因となりよくないと言われているため、
できれば浄水を使って下さいね。
※カフェイン入りの飲み物やジュース×
スポーツドリンクは少量可
ハピの場合/お水にスポーツドリンクをたまに混ぜてると飲み方が違います!
ペットボトルの給水器使用ですが、時々使うボールの方が一気飲みできて好みの様子。
(※吸入器500ペットボトル+散歩水で、一日400〜500ちょっとです)
<注意>

・ドッグフード(おやつ)は原材料を確認して下さいね!
(犬によくない材料が入っている場合も。外国製品でリコールになった商品有注意!)
・袋に掲載の適正量を参考にした量をあげましょう!
あげすぎは太りすぎの原因になります!→肥満は病気の原因になる場合も!
アレルギーがある子はアレルギーの出る物は避けて下さいね。

※愛犬の体重、年齢、健康状態を考え、ワンちゃんにあったフードを与えましょう!


  ハピの場合/
ハピは生後数か月でアレルギーが出たため、アレルギー対策の食事。
子犬時代/ユーカヌバ子犬用
→ユーカヌバ成犬用に変えはじめた頃になったため変更
10か月位〜5歳まで/ナチュナルチョイス ラム&ライス(小粒)
5歳〜/アレルゲンカット 魚&ライス(小粒)(写真左)
→ハピには症状が出たため変更
現在〜/ナチュラルチョイス ラム&ライスに戻しています
(ハピにはこれが一番合ってそう)

ドッグフード(アレルゲンカット写真左)→200CCカップで約1.7〜2カップ
+おやつ少々(おせんべい、ライスガム+ヨーグルト少々、野菜少々など)
※朝カップで量を測り(@朝・A夜・B散歩&遊び分)3つ位に分け、
少しずつあげています。
※症状がひどくなるため、牛鶏豚のフード類は可哀想ですがなし
※アレルギー症状が出ると赤み、発疹等(病気・予防ページ参照)
ハピの餌・おやつ↓
 
 
 
       


ハピが危険な物を食べないよう気をつけて、体にいい物をあげて、元気に長生きしてほしいhiro(*^_^*)


 ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」  犬診断(いぬのきもち) 

 
 
Mシュナウザーのハッピールーム しつけ・飼い方情報へ