くの女



ようこそ

のページへ !!


あなたは 人目の道連れです。
(1998年1月1日より)







以下がこのホームーページ本来のサイトです。

                                                 
東京江戸散歩へのいざない(みちしるべ)
・・・・・写真のアップ作業がが不完全な状態です、ごめんなさい!
印半纏・晴れ姿 (祭) 
六十六部供養塔始末、そしてその顛末の記録 
縁は異なもの味なもの(リンク集) 
遊び歌・消えゆく遊び 
読書三昧の日々、読み終えたら更新(2001年〜2010年) 









逝く冬


慌ただしい中に冬が遠のいて行ってしまったようです。

2月半ばに父の容体急変で急ぎ帰京してから3週間。
その間に父を看取り、父を送り、その後の様々な手続きや変更の作業をしているうちに
季節はどんどん変わろうとしていました。

キンと冷え切った冬の空気を堪能する前に、
時間がどんどん流れて春がそこまでやって来ているのに驚いています。

逝く人がいても、その血を受け継いだ幼子の初節句があり、
姿形は消えても決して無くならない命の繋がりを実感した日々となりました。

そろそろ自然豊かな山の移ろいが懐かしくなって来ています。
太古の昔から変わらぬ佇まいの山に抱かれるようにして呼吸をしたくなりました。


(西暦2016年, 平成二十八年 丙申/弥生日)












リンクフリーですがお知らせいただければ大喜びします♪








あなたは知っていますか?



いつでも里親募集中

Copyright & copy: 2016 Kunochan
All rights reserved.