どのような契約書がベストでしょう?  

いざ、というときに備えて

なぜ契約書を交わすのでしょうか?
口約束は、言った言わないのトラブルになるから?
取引先から契約書を見せられて、押印を求められたから?
いえ、契約書の重要性はそれだけではありません。

☆リスクを最小限にする☆
自社製品を定期的に納入していたある会社の話です。
ある日、不幸にも、その納入先の会社が倒産してしまいました。品物は納入してしまったものの、債権回収はどうなるでしょう?取引先の多くが突然の出来事に右往左往するなか、その会社の法務担当者は、取引契約のある条項を思い出し、納入先の管財人(弁護士)を訪問し、契約書を示して、納入済みの自社製品の回収を交渉しました。そして、管財人は、その製品回収を認めたのです。契約書に、たった一条項があったおかげで。こうして、納入先倒産の被害を最小限に食い止めることができたのです。
それは、「所有権留保」の条項です。

☆業務マニュアルにもなり得る☆
取引先との受発注・納入・支払い方法・その他諸手続きまで規定しておけば、そのまま、一種の業務マニュアルとなり、仕事の手順・流れが明確になります。

あなたが押印しようとしている契約書に、あなたの相手方双方の権利と義務は、明示されてますか?
互いの合意事項は、反映されてますか?
万一のトラブルとなった場合、あなたは相手に何を要求できますか?
契約書ひな型を利用するだけで不安解消できますか?

万全の契約書を交わすことができれば、あなたのリスクを最小限にできます。こちらが契約条件を提示しながら契約書を作成できれば、主導権を握って有利に契約を結べます。法律は、法律を知る者の味方です。

当事務所では、個別具体的な取引内容・合意事項を十分ヒアリングし、あなた(貴社)にとって戦略的な契約書類をご提案致します。