HOME2014年のサイクリングログ

2014年のサイクリングログ

2014年1月2日(木) 「箱根駅伝から逃げるオフ」から逃げる

2014年1月20日(月) 伊豆をポタリングしてきました

2014年3月23日(日) 富士山は10時まで

2014年1月2日(木) 「箱根駅伝から逃げるオフ」から逃げる

一昨日の2日は「第9回箱根駅伝から逃げるオフ」から逃げて来ました(笑

ホントはね、みんなと一緒に大手町から箱根まで逃げ切りたいんですよ。

でもね、正月休みが2日しか無くて、その内の1日を自転車で潰してしまうわけだから、元日1日で詰め込む事が多くて。

何よりも正月から酒を控えるなんて事は出来るわけが無いし(^^;

まあ、正直なところは、箱根の1号線を沿道で駅伝ランナーを待つ人たちの声援を受けながら走りたくないなと(^^;

スイスイ格好良く上って行かれるならそれも良いと思います。が、ヲッサンが必死の形相で自転車を漕いでるわけですよ。飛んで来るのは声援では無くて罵声か石だろ(^^;

しかしですね、ここ最近ろくに走っていないので、駄目ですね。前に進まない><

ハンガーノックかと思うほど進まない。

でも朝はたくさん食べたし、小田原の手前でも朝マックして来た。

これで進まないのは、単に衰えただけだと思う。

そういえばマクドナルドに入る直前にこみゅさんを見かけた。声をかけようとしたけど、咄嗟に名前が出なかった(^^;

また小田原中継所の先でkarzさんAki君親子に出会った。

その他にもたくさんの自転車乗りが箱根に向かっているけど、さすがに箱根の天辺で駅伝を応援しようなどと考える連中は走れる人ばかりですね。みんな速いんだ。

風祭辺りでいつものように旗をもらったけど、今年のはちょっと小さい。

自転車にくくりつけて走るには丁度良いかな。

それにしてもホントに進まないな。

もしかしたら歩いた方が速いんじゃね?と思うほど遅い。多分バランスを保っていられるギリギリの速度だと思う(^^;

それでも上れたのは通勤並みになれた道だから。初めてのコースだったら間違いなくリタイヤしてる(笑

国道1号線に出てからはマトケンさんと須黒さんに追いつかれる。

何だか、全く良いところ無し(笑

それにしても正月早々、標高の高い所に良くもたくさんの自転車乗りが集まったもんだ。

みんな駅伝の応援と言うよりも、ここに集まる事がステータスになってるな(笑

まあ、真面目に走り込もうと決意が出来た1日でしたよ。

今回の参加者は、akiraさん、陽ちゃん、まきちゃん、masaさん、ヨッシーさん、セバスさん、まるおさん、nanちゃん、Kさん、イーチョさん、イチさん、おいちょさん、Joeさん、Joeさん友だち、のりぞーさん、karzさん、Akiくん、須黒さん、マトケンさん、アサノさん、ノアポンさん、浅野目さん、そして箱根湯本から2本の脚で走ってきたオクさん。

それからガチャピンの着ぐるみを着たかずいさん。

皆様お疲れ様でした。また来年!

このページのトップへ

2014年1月20日(月) 伊豆をポタリングしてきました

1月20日は第3月曜日に当たるため、マーチンルーサーキング誕生日でお休みでしたので、伊豆をポタリングしてきました。

当初の予定は日の出後に家を出て日の入り前に帰って来る。距離は200km程度と考えていましたが、よく考えてみると日の出から日の入りまでは約10時間程度しかないんですね。

そうすると私の足ではかなり頑張らないといけないので、頑張る事が大嫌いな私としては即予定変更(笑

正午まで走って、そこで食事をして帰ってくる。これぞまさにポタリングです(^^

が、妻が仕事の日だったので、とっとと遊びに出かけるのも申し訳ないと思い、洗濯物だけ手伝おうとして選択を干していてビックリ!

干した先から凍ってるw(゚o゚)w

こんな気温で出かけたら、自分まで凍ってしまうのではと躊躇していたら、出かけるのが遅くなってしまった。

お陰で朝の混雑に巻き込まれてしまい、1時間走ってやっと相模川。

すでに帰りたくなってきた(^^;

やっぱり混雑する前に出かけるべきだった。

しかし伊豆半島に入ってしまうと状況が変わり、土日とは比べ物にならない走りやすさ。広い海を独り占め・・・と言うほど空いてないか(^^;

熱海ではとりあえず定点撮影。

でも午前中は必ず逆光になるんですよね。

熱海からしばらくの間は写真撮影で止まってばかり。

好きな景色が続きます。

伊豆多賀の二又を右に行くと山伏峠。

何の目的も無くひたすら走ってきたけれど、ここで山伏峠も面白いと思うも、標高の高い所は通行止めやチェーン規制になっているので、箱根をやめて伊豆に来たことを思い出した。

時間も良い感じなんですよね。そろそろ正午なので、ご飯を食べる場所を探さないといけない。

網代(熱海市)と宇佐美(伊東市)の境の辺りに何軒か漁師丼の看板を掲げる店があったけど、何となく刺身と言う気分じゃない。

というか、伊豆の刺身は高いんだよね(^^;

刺身食べたけりゃ神奈川に戻ってからの方が安いと思う。

と言うわけでスルー。

で、正午にはまだ少々時間があるけれど、今日はここで終わり。

だってさ、ここから坂を下ったら丁度正午になると思う。そしたら上り返して来るか?

坂はさ、上ってから下るから楽しいのであって、下ってから上るのはただの罰ゲームだよ。

ちなみに昼食はラーメンでした。

なんかさ、自転車を漕いでるとラーメンとかカツ丼を食べたくなるんですよね。

それだけエネルギーを欲しているんですね。

真鶴からは海岸線ではなくて、一山越える旧道を走ります。

何故か平坦な海岸よりも、一山超える方が楽に感じるのは何故だろうか?

それだけ海岸線が走り辛いと言う事なんですよね。

正午で折り返したので、予定通り日の入り前に帰って来られました。

正午で折り返しポタリングは、日が延びると距離も延びる事になりますね。

走行距離:161.2km

このページのトップへ

2014年3月23日(日) 富士山は10時まで

時間限定で家を飛び出した。

箱根旧道を上って、上ったらとんぼ返りで帰って来る。これなら7時間程度で往復できる。

と思って箱根に向かったけど、綺麗な富士山を見たくなった。

これは足柄峠に行くしか無いな。

先日BRM420明神のキューシートを作ったばかりなので、足柄の道はわかってる。と思っていたが、いざ南足柄市に入ると、明神へのルートと足柄峠のルートが違う事に気がついた。

まあ、そこはそれ、あっちに向かって走れば大丈夫だろ。と、勘で走る。

でも途中で気がついた。スマートフォンを持ってるじゃないか。これで地図を確認すれば良いんだよな(^^;

便利な時代になったもんだ。

お陰で迷わなかった。

ついでに足柄峠までの距離を測ったけど、何故か少なく測ってしまった@@;

金時山の上り口からいくらも無いと、完全になめてかかってた。

でもこの時は気がついてない(笑

上り口で前に女性サイクリストが前を走っているのが見えた。

ヲッサンは鼻の下を全開(全壊?)で伸ばして女性サイクリストを追いかけ、徐々に距離が詰まっていく毎にスケベ心が出てきたが、何故かそれ以上の距離が縮まらない。

そして傾斜がきつくなっていくと、徐々に距離が開いていったorz

自転車の世界って面白いもので、坂の傾斜がきつくなると体重の軽い女性の方がペースが落ちない。その点メタボ紙一重のオッサンは傾斜に比例してペースが落ちていく><

で、さっき峠までの距離を調べたはずだったけど、その距離を過ぎても一向に峠の気配が無い。と言うか、どんどん傾斜がきつくなっていく。

勝手知ったる箱根旧道にしておけば良かったと思うも時既に遅し。

いや、ここ、結構キツいわ(^^;

正直、ブログを書かなければ来た事すら誰にも知られないわけだから、帰ってしまおうかと思ったのは内緒(笑

でも何とか足柄峠に着いた。

手前の白いのは雪です。これは何度も箱根で学習しているので、あえて雪の中にSPD-SLで入っていって、自転車と峠の写真を撮ったりしない。

クリートに雪が詰まると大変な事になってしまうんですよ(^^;

さて、絶景ポイントは峠の少し先。

ここだ(笑

この階段を自転車を担いで登る気がしないので、とりあえず自転車は反対側に係留しておきますか。

そしてやっと富士山とご対面。

ちょっと霞んでしまったかな。

やっぱり富士山は10時までなんだよな。何故か10時過ぎると雲が出てきたり霞んだりするんです。

まあ、目的は果たしたので、急いで帰りましょう。

帰路、信号待ちをしていたら偶然にもmasaさんに出会った。

今日のmasaさんは自転車でもランでも無く、酒飲みの格好だった(笑

足柄峠までの所要時間を聞かれて素直に答えたら、「そんなにかかったっけ?」と突っ込まれてしまった(^^;

弱ってるを通り越して、終わってるんですorz

このページのトップへ