ビジネス英語とは of 英文メール・ビジネスレター書式文例101


  こんにちは、竹村和浩です。

animeb02.gifProfile へ




index_profile_img.jpg

英話の基礎はもちろん必要ですが・・・
 ビジネス英語だからといって
 ことさらに構える必要はないのです!


  世の中には様々な仕事や職種があり、それぞれに専門用語や隠語など、
  その業界では当たり前に使っていても、他の業界ではわかりにくい言
  葉があります。


  日本語で考えてみると・・・
  「何用の日本語」「これ用の日本語」というのが全く別に独立してあ
  るわけではありません。


  これは日本語に限ったことではありません。


  英語でも「ビジネス英語」という別個の英語があるわけでなく、「基
  礎的な英語+業務で使う語彙や表現」ということになるわけです。


  ビジネス英語といって、いちばん身近なものは「英文メール」ではな
  いでしょうか。


  英語を扱うといっても、面と向かって英会話するよりは気楽です。
  ヒアリングも発音も即答性も要りません。


  英文メールといっても、ビジネスメールでは簡潔に用件が伝わればい
  いわけです。
  それほど凝った文章も言い回しも必要ありません。


  ただし、日本国内でのビジネスメールと同様、基本の形式と言うもの
  があります。
  形式を整えて、失礼のないようにしなくてはなりません。


  ビジネスレターの基本は、簡潔かつ明快に、また誠意をこめることで
  す。
  日本では時候・出だしの挨拶文が必要ですが、欧米諸国では不要です。
  私的な感情は排除し、用件・事実を分かりやすく記載することが求め
  られます。
  分かりやすい単語、短いセンテンス・段落を心掛けて作成しましょう!

wt2_top.gif

あなたはまだ、
 こんな作業をしていませんか?


check.pngビジネスで話すことを、まず日本語で全部書き出す

check.pngそして、それを英語に直す

check.png自分で訳せない場合は、翻訳ソフトやインターネットの翻訳サイトで翻訳
  する


  単に会社での前例をまねしていて独創的でない。
  ・・・もしかして、プロに頼んで翻訳してもらっていませんか?


  「英文メール・ビジネスレター書式文例101」は、そんなあなたの悩
  みを解決してくれます。

wt2_top.gif

英文作成スキルを学ぶ
 適切な方法!


  スクールになんか通うことはありません。


  『とりあえず出来る!』
  『ある程度なら大丈夫!!』
  と自分自身が実感し、自信をもつ事がとても大切なのです。


  TOEIC・TOEFL・英検・日商ビジネス英語のような資格がなくても、
  本書のようなマニュアルで勉強すれば、その実力は作り出せるので
  す。


  そのことが、自分を有利にもっていける「武器」となるでしょう。


  そしてもっとも着実な方法は?・・・
  英文の実例を学ぶことがいちばんの早道なのです。


  とくに定型的な文章は、コピーして使うことで間違いも減ります。


  「英文メール・ビジネスレター書式文例101」は、文字通り「英文作
  成のスキル」を学ぶ最短の方法です。

wt2_top.gif

さて、あなたが発見するのは・・・
 「留意点」「単語帳」を備え、
 幅広いビジネスシーンを想定した英語表現を
 できる限り収録しています!


  率直に言って、実際のビジネスシーンで使える英語表現は、知ったか
  ぶりをする事の出来ない唯一のテーマです。


  たとえば職場では、メールをひとつのコミュニケーション手段として
  用い、アポイントメントを取ったり、製品の遅れを謝罪したり、ある
  いはパーティの服装や出張先の天候を尋ねたり・・・


  こうしたコミュニケーションの特徴は、似たようなことの繰り返しが
  多く、決まった言い回しやフレーズが多々使用されるところにありま
  す。

wt2_top.gif

「使い回せる英語表現」「作成ポイント」が付いて
 リファレンス的な使い方だけでなく、
 学習用としても最適!


  「英文メール・ビジネスレター書式文例101」は、英文メール・レ
  ターを書くときのマニュアル・ガイドです。


  英語力うんぬんは二の次・・・ 幅広いレベルの方に対応しています。


  「文章を書けるようになりたい」
  「メールの達人になりたい」
  そんな願望を最短距離で実現させてくれるでしょう。


  それは単なるマニュアルにとどまらず、あなたのベストパートナー
  となることでしょう。


  日本語からでも、英語からでも検索できる充実した索引つきですの
  で、何も最初のページからめくる必要はありません。


  これであなたは、英文メール・ビジネスレターの書き方だけではな
  く、豊富な例文で事例に応じてそれを活用するテクニックを学ぶ事
  ができます。


  それは、間違いなくどのシチュエーションにも必要となるものです。


  また、繰り返し「音読」などをしてテキストの英文を覚えてしまう
  ことで、実際の会話に使うこともできます。


  大切なのは、暗記しようとしたわけでもないのに、自然にすらすら
  と口から出てくるくらいに身体になじませてしまうことです。


  たとえば、こんな話があります。


  大島希巳江(おおしまきみえ)という文京学院大学助教授で英語落
  語家の方が、ボランティアでプロの落語家さんを海外につれて行き、
  英語で落語を上演するという活動をされているのです。


  落語家さんたちは、英語なんて全然分からないので、落語の噺を英
  語で丸暗記して上演するのだそうです。


  すると、落語の噺というのは日常生活を題材にしたものですから、
  レストランなどに行ったときに、「このパスタはコシがあるね〜!」
  というようなことを、ウェイターさんなどに、英語で通訳を介さず
  に自然と話すようになったというのです。


  元の噺は、おそらく「この蕎麦はコシがあるね〜!」とかだと思う
  のですが、蕎麦をパスタに代えて応用しているわけですね。


  先ず「要点を学ぶ」という準備作業は確かに必要ですが、コツは
  「英語をどんどん書く」
  「英語にどんどん接する」
  ことにあります。


  ネイティブ英語を聞く、自分で発音してみる、またネイティブ英語
  を聞く、そして自分の発音と違うところを発見して直す・・・
  より自然な英語の言い回しや感覚が身についてくるでしょう。


  ともかく、わかる英語を何度も繰り返すことと、わかる英語に大量
  に触れ合うことが重要です。

wt2_top.gif

文学的な表現よりも,
 誤解のない明確な表現の方が重要です!


  いわゆる陳腐な表現を繰り返し使って,読む方をうんざりさせたとし
  ても、その方が安全で大事になってきます。
  決まったパターンの英語を遠慮なく使ってよいのです。


  文法も、状況に見合った文法を使えることは最低限必要です。


  ビジネスですので、適切に分かりやすく自分の意思を伝えることが重
  要なのです。


  これらがある程度できるようになってきたら、多読で大量の英文に慣
  れることも役に立ちます。



Order.gif


milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|

milk_btn_next.png