富士見リトルリーグ

リトルリーグって何?

 2003年夏、武蔵府中が世界一になり、話題を集めましたが、その世界選手権が行われたのがアメリカ・ペンシルペニア州ウイリアムスポートの、ラマダスタジアムでした。 


 このウイリアムスポートが実は、リトルリーグ誕生の地です。1939年。ウイリアムスポート在住のカール・ストッツという人が、近所の子どもたち12人でチームを結成したのが始まりです。野球好きな9~12歳の少年で作られた、たった3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間がふえ始めました。やがて47年には、第1回の世界選手権が開催されるほど、世界にも広がっていきます。 


 64年、アメリカ連邦政府により、リトルリーグは野球法人として法律で認可されました。ボーイスカウト、青少年赤十字団などと並んで、立派な社会活動の団体として認められたのです。 


 現在では100を超える国と地域で、約7000リーグ300万人が参加。発祥の地・ウイリアムスポートには、いまでもリトルリーグの世界本部が置かれています。 


 日本でリトルリーグの活動が始まったのは、1955年ころです。東京の近郊で、わずか5~6リーグからの船出でした。アメリカでリトルリーグが誕生してから25周年にあたる64年、本部からの呼びかけもあって、日本リトルリーグ野球協会が発足しました。 


 はじめは関東連盟だけでしたが、66年には関西連盟、70年には東北連盟が加盟します。以後も北海道、信越などの連盟が生まれ、全国的な組織として年々拡大していきました。 


 2007年の国際登録数は、全国12地方連盟合計で300リーグ。これはアメリカに次いで世界第2位のリーグ数です。 


 こうした運営の努力とリーグ数が評価され、日本は2007年から全日本選手権優勝リーグが直接、世界選手権(ウイリアムスポート)に出場することが決定されました。これまでは、全日本選手権に勝ち、さらにアジア・太平洋地区大会で優勝しなければならなかったのです。 


 2003年の世界一になつた武蔵府中は、日本のリーグとしては6回目。東京代表→日本→アジア代表→世界一、という厳しい道のりのすえの栄冠でした。

IMG_7721


 どうやって入団するの? 

指導方針「富士見リトルリーグ協会は、国際リトルリーグの精神に則り、少年に野球を通じて健康な身体と健全な精神を養成し、明朗にして思いやりのある有能な社会人に育成することを目的とする。」(協会会則第3条目的に準ずる)

 住んでいる地域にリトルリーグがあれば、申し込めばいいのです。ただ入団するためには、ひとつ条件があります。入団する年の4月30日現在で満9歳から12歳の少年少女、という年齢です。 (但し、ティーボール(ジュニア)は、幼稚園・保育園の年長の満5歳から。)

 なぜ、3月31日じゃないの? と思うでしょう。日本ではその日から年度が変わりますからね。2005年5月9日リトルリーグ国際理事会が、米国アマチュア野球の運営母体であるUSAベースボールが推奨していたリーグ年齢決定期日の「4月30日」の受け入れを決めたこと によるものです。 ですから日本では、同じ中学1年生でも、リトルリーグに参加できる人とできない人がいるわけです。 


 また特別な理由がない限り、自分の住んでいる地域のリーグにしか入れません。せっかく入団しても、地域外であると、あとで取り消されることもありますから気をつけて。特別な理由というのは、自分の住んでいる地域にリトルリーグがない場合のことなどです。もちろん、両親の賛成がなければ入団はできません。 


 軟式からでも大丈夫? 

 リトルリーグのルールは、ふつうの野球とほとんど変わりません。ただ、少年がやるのですから、距離が短くなっていたり、少し小さめになっていることもあります。グラウンドの大きさは、ソフトボールと同じ。 


 ただ、もし君が軟式からリトルリーグに挑戦しようとしているなら、気になるのはボールでしょう。リトルリーグで使う硬式ボールは、重さが141・7から1488・7グラム、周囲が22・85から23・48センチ。プロ野球と変わりないのです。学童野球で使う軟式B号とは、直径で3ミリほど、重さで10グラムほど違いますから、気になるのは当然ですね。いきなり重いボールを使うから、ヒジなどに負担がかかる、ともいわれています。 


 ですが、正しい投げ方をし、自己管理をしっかりすればケガなどはしないものです。そもそも軟式野球というのは、日本で生まれたもの。アメリカにはありません。アメリカは、子どもの健康管理に日本以上に気をつかうところですが、そのアメリカの子どもたちは、幼稚園くらいの年代から硬式のボールで遊んでいます。もし硬球がケガにつながるとしたら、こうはいかないでしょう。 


 ボールが硬い分、当たったときに痛いし、軟球よりケガしやすいかもしれません。ただしリトルリーグでは、監督やコーチがいつも練習を見ながら、ケガのないようにつねに目を配っていますし、肩やヒジに負担がかかるような無理な投げ込みには、いつも目を光らせています。硬式だからあぶない、というのは、いわば迷信のようなものでしょう。各リーグの監督も「軟式からリトルにくるのは大歓迎。すぐに慣れますよ」と声をそろえます。 

 たとえば世界一になった東京北砂にも、軟式から挑戦した選手が多くいたのです。 

 リトル独特のルールは? 

 リトルリーグの野球はほとんど軟式と変わりませんが、発育途上の子どもたちの体への配慮や、フェアプレーの精神を尊重するため、一部独特のきまりがあります。軟式から挑戦したいと思っている人、またすでにリトルリーグに参加している人も確認の意味で、よく読んでください。 


 もっとも大きいのは、離塁(塁を離れること)の制限です。ふつうの野球の場合、ランナーが塁から離れるのは、アウトになる危険と引き替えに自由ですが、リトルリーグでは、ピッチャーが投げたボールが打者に届く前や、打者が打つ前に塁を離れてはいけないことになっています。このあたりもソフトボールに似ていますね。もしこれに違反して早くスタートを切ったりすると、もといた塁に戻されたり、得点が認められなかったりするのです。 


 ランナーが塁から離れないのですから、ピッチャーは、ランナーがいてもふりかぶって投げられるし、ランナーをけん制する必要もありません。投げようとしてボールを落とすなど以外は、ほとんどボークもなし。また振り逃げがないのも、リトルリーグの特徴でしょう。ほかには、ピーッチャーの肩やひじの負担を考慮して、投球数が年齢(11~12歳・1日85球)に基づいて決められています(詳細はリトルリーグのルール)。 


© zawa 2014