今月以前の日々草

・2008.1.
・2008.2.
・2008.3.
2008.4.
・2008.6.

・2008.7.
・2008.8.
・2008.9.
・2008.10
・2008.11.

・TOP   ・日々草  ・リンク  

サロン移転のお知らせ  

各駅停車ご一緒に         2008.5.31.sat.

    
      
 2年前、アロマトリートメントを受けてその心地良さから
       志したアロマセラピストの夢。

       そしてサロン駅まで
快速急行 で来きました。
       早く来すぎた?・・・そんな事はないと思います。
       無理してここまで来たのではなく、
       ただ一つの夢に向かって一生懸命、着実に。
       一つ一つ考えて行動してきました。

       
乗り換え駅に立っています。
       
次は各駅停車に乗って外の風景を楽しみながら、札幌まで行きましょう。
       
途中で準急に乗り換えるかもしれないけれど。。。(笑)


      
 これから、アロマテラピーの勉強をする方、サロンを夢みている方、
       若い方や、同世代の方・・・。
       この日々草で、少しでも何かのヒントになったり、
       スタートするきっかけとなったり、ほっとしたり・・・。


     
 窓辺に飾ってあるグリーンのように
               さりげなく感じて頂けたら、とても嬉しく思います。

                    
               ワイヤープランツ


         ヒットが上位になり、アクセスも1,000を超えました。
               本当に、どうも有難うございます。

70歳の日本画            2008.5.31.sat.


     
お花を通して、人と知り合うことがあります。
     以前庭の前で声を掛けられ、お花の話で盛り上がり
     褒めて頂いたクレマチスを差し上げたのですが、
     今度はその方がお庭を見せて下さいました。
     嬉しいですね!

     ミカンの木があり、可愛いお花がたくさん咲いていました。
                      
(そこにもアゲハの子はいるのかな?)
     カモミールは繊細な優しい風情、シマハラン、芙蓉、デルフィニューム・・・
     心あたたまる花たち。
     お花を愛でながら楽しいおしゃべりの後、
     玄関に飾ってあった大きな(2×2m位)日本画が、目に止まりました。

     
その方のお父さまが70歳の時に描かれたそうです。
     退職後、趣味で始められたそうですが、
     10年でこの大きさに挑戦するという心意気が、素晴らしいと感じました。

     静物や風景でなく動きのある鯉をモチーフにした
     というのも素晴らしいと思いませんか?


    
 鯉も生き生き泳いでいて、鮮やかな色彩で生命感を感じる絵。
     その方の若々しい心が伝わってくるような。


    
 年だからアマチュアだから、と自分で線を引くのではなく
     自分のしたい事に【挑戦】していく。


 きっとこの方は70歳の時に大きな絵を描いてみよう、という目標があったのですね。
 ・・・習い始めて10年で素晴らしい絵を描いた。

       今は亡き方も、その絵を残した事でご家族や見る人に
       多くのことを語ったり、励ましたり・・・。

            
私の心にあった硬い石を、鯉が動かしてくれたようで
            軽やかな気持ちになりました〜


      
○今日のハーブ&アロマライフ
        ハーブティ/マローブルー    
          

           今月もたくさんの応援をどうも有難うございました。

先送りにしないで・・・。       2008.5.29.thu.

    
           雨の一日になりましたね。
           アジサイが喜んでいるようです。
   
    サロンを移転するのは、少し感傷的な気持ちになりますが、
    早速何人かの方からメールを頂きました。
    ご挨拶状をと思っていましたが、ホームページが先になってしまって
    驚かせてしまいました。 申し訳ありません。

     突然、色々な事が回り出す時があります。
    ですから、行ける時には行っておこう。 
    先送りにしないで、 会える人には会っておこうと、強く思うこの頃です。


    そんな事もあって、「国宝 薬師寺展」を見に国立博物館へ出掛けました。
    きっと空いているかな〜と思っていましたが、なんと90分待ちでした!!
    「東山魁夷展」よりすごい!・・・という訳で戻りました。

         行く時は、早めに行っておこう、ですね。

        転居するまでに、東京で見れるもの、勉強する事、
        準備出来る事を、無理のない範囲でしておこうと思っています。



     
 ○今日のハーブ&アロマライフ
         足浴/オレンジ・スイート   
         


目を喜ばす             2008.5.27.tue.


  《生活の木》で、ケイ武居先生の講義があり【目の回りのケア】を学びました。

    人の第一印象の中でも目の印象というのは、とても重要ですよね。
    目がどんよりしていると疲れている感じ、
    輝いていると良いことや夢中になっている事があるような印象。

    【目力】という言葉もよく使われていましたが、目に関する言葉は多いですね。
    辞書にたくさんありましたが、その中で気に入ったのは、

   【目を喜ばす】・・・美しいものなどを見て喜ばしい気持ちになる。

     
メイクで目力をつけるのではなく、
     日々のケアと【目を喜ばして】素敵なまなざしの女性になりたいですね。

                

      
○今日のハーブ&アロマライフ
       トリートメント/フェイシャル・ラベンダー  
    

                    いつもクリック有難うございます。


小さな悩み             2008.5.26.mon.

    
    レモンの木にアゲハの幼虫が3匹住みついているのですが、
     とうとう全部葉っぱを食べ尽くしてしまいました。
     もちろんお花も・・・。

     幼虫を発見した時に対処すれば良かったのですが、
    きっと他の植物では成長出来ないのではないかしら?
    と思いそのままにしていました。
    昨年も同じ幼虫が育ち、優雅に舞い飛んでいったのです。

           
蝶が飛んでいる光景は、そこだけ別世界のようで
           なかなか良いものですよね。
           都会に住んでいるとあまり接する事のない昆虫たち。


     昨年の子がきっとうちのレモンを選んだのだわ、と思うと
     邪険に出来なくなって・・・。
     あ〜でもレモンの身になると、かわいそうだし・・・。
     こんな事で悩んでいる内にすっかり食べられちゃった。
     アゲハの習性は知らないのですが、
     やはり果実がなる位ですから、
     栄養豊富で美味しい葉っぱを選んでいるのかしら?

         
  虫は苦手でしたが、見守っている内に
           愛着が湧いてくるのが不思議ですね。

           母親の心境ですよ。
           一人前になって、巣立ってね。



     調べてみたら、やはり柑橘類やサンショウの木に卵を産むそうです。
      4回脱皮するので、1齢〜5齢までの成長があり、
      4齢までは敵から身を守る為、鳥のフンに似せているそうです。
      うちの子は、5齢です。

      レモンの木で大きくなったアゲハ、酸っぱいのが好きなの?
      きっとビタミンCで、色白美揚羽


      ○今日のハーブ&アロマライフ
         玄関に/ローズマリーの葉


                                            

紫陽花               2008.5.25.sun.

        


     ジャスミンの花やバラが終わると紫陽花の季節ですね。
     GREEN ARCHのアジサイが大きく枝を広げ
     入り口が通れなくなりそうな位です。
     でもグリーンと触れ合いながら行き来するのも楽しい♪〜

          
入り口のアジサイは、オタフクという種類で
          花びらが丸まって咲きます。
          他に真っ白と、可愛いピンク色。

          
ひと雨ごとに成長してきて楽しみです。

     毎年、小田急電鉄が企画している【箱根あじさい電車】に申し込みました。
     受付日から2日目でやっと繋がりました。
     人気あるのですね。

      
     
               
  涼しげなお皿に花を浮かばせて


      ○今日のハーブ&アロマ
          芳香浴/ペパーミント、レモン           


アロマセラピスト試験       2008.5.24.sat.


     明日は、アロマセラピストの学科試験の日です。
      ここまで来るのに、検定試験、インストラクター試験、
      セラピスト実技試験があり、
      いくつもの山を越えるのは大変です。
      絶えず“勉強”というプレッシャーがのしかかっていました。
      でも一歩ずつ踏み歩いてゆけば、
      必ず目的の場所へ行ける。

      学科合格した時は、本当に嬉しくて嬉しくて
      合格の字がみるみる滲んできました。
          やっとここまで来たという感じ・・・。
          アドバイザー講座を受けていた時は
          セラピストは雲の上の遠い所にあったのです。

    その感激や初心を褪せる事無く持ち続けて行きたい
    

     明日、応援していますよ〜!!
     見直しして訂正するより、
     最初に書いた答えが合っている事が多いようです。
     緊張しているから迷うのでしょうね。


      ○今日のハーブ&アロマライフ
        ハーブティ/マルベリー


                                









   スペアミント
アロマテラピーサロン       2008.5.22.thu.

   
    きょうは、代々木上原のアロマビタミンズさんへ行ってきました。
     前月は、下北沢のヴェール・メールさん
     どちらのサロンも素敵な先輩セラピストの方なので、
     アロマトリートメントの心地良さを感じるお薦めのサロンです。

     
セラピストもメンテが必要ですし、サロンへ行くと勉強になります。
     受ける側になるとお客様がどんな気持ちで、
     サロンへいらっしゃるかがよく分かります。
     行く事自体が“楽しみ”ですよね。
     そして、まず笑顔で迎えてくれたらホッとしますね。


   トリートメントは、たくさんのサロンによって色々なアプローチ、考え方があります。
   それぞれ特徴があって良いと思います。
   お客様のお好みや、目的に応じて使い分けたり、ご来店頂ければ・・・。


       
 定休日で呑気にしていたのですが、
        出掛ける前に当日ご予約のメールが入りました。
        何かSOS的なものを感じましたので、
        夕方から承りのご返信をしました。

        やはりご来店頂いて良かったと思います。
        こうしたタイミングはとても大事ですね。
        どうしてもその時に・・・という場面があります。
       それをのがすと、火が消えてしまうような時が。


      ・・・お仕事上のストレスでした。
   心身のバランスに働くラベンダー
   弱っている心に活力を与え、心強い味方になるようなレモングラス
   スィートマージョラムで心のこわばりを緩め、ストレスからくる滞りを流し温める。


           
終了後は、お顔に明るさが戻り私も安心しました。
           庭の白いバラとハーブを切って差し上げました。
           帰ってからも植物が癒してくれるように・・・。



              太陽、水、土、みどり

     
      ○今日のハーブ&アロマライフ
         クッキング/チキンソテー・ローズマリー、パセリ

                              
                             

精油/レモン           2008.5.21.wed.


       
きょうは、暑くなりましたね。
       湿度が高かったり、暑さでどんよりと停滞する気分をリフレッシュする香り。
       レモンをお薦めします。


            
学名:Citrus limon
            科名:ミカン科
            主産地:アメリカ、イタリア、スペイン、南アフリカ、
                 イスラエル、ブラジル、ギニア


            
・精神的な疲れによる頭痛、不調をリフレッシュ。
            ・集中力、理解力を高める。
            ・消毒殺菌に働くので、空気浄化や感染症の予防に。

      注意
      ・光毒性があるので、肌に塗布した使用後は、紫外線に当たらないように。
      ・開封後6ヶ月以内に使う。
      ・敏感肌を刺激する事がある。

              

        ・レモンの花/アゲハの幼虫はレモンの木が好き
         
 ・花は成長過程でほとんど落下、実になるのは、3%だそうです。
          ・昨年まで鉢に入れてたのですがサクランボ位の大きさでしたので
           今年は地植えしてみました。



      ○今日のハーブ&アロマライフ
        温湿布/目の疲れ・ラベンダー

                                      

掃除機              2008.5.20.tue.


       久しぶりに電気店へ行くと、家電製品の進化に驚きますね。

    今度掃除機を購入する時は、サイクロン式と決めていましたが、
    その中で一目見て気に入った掃除機がありました。
    形がクルンとしていてかわいい、カラーもブラウンで好きな色。
    楽しい気分でお掃除できそうで 即、決定!

       ついでに色々な家電を見ましたが
       最近の掃除機や、炊飯器のデザインは、
       宇宙っぽくて、エイリアンを連想してしまうのです。
        ごっつくて、強靭的な印象がするのですけど・・・。
        女性が使うのにはしっくりこないような。
       特に炊飯器は、メタリックなシルバー系は人工的なイメージ
       美味しいご飯のふっくらさや、温かさと対比しています。

       家電デザインや色も流行があるのでしょうけれど
       もっと愛嬌のある素敵なデザインが増えると良いな〜。
                                           
    ○今日のハーブ&アロマライフ
     芳香浴/ペパーミント、レモン

                      
                  


新緑の中で/森林浴       2008.5.19.mon.

       
                
駒場公園
 
             新緑の5月も半ばを過ぎましたが、
                     いかがお過ごしでしょうか?  


   〜【新緑香る森林浴/免疫力高める効果】という記事をまとめてみました〜
   @本来風に香りはないが、この新緑の季節だけは特別。
    木々の葉が成長する時にフィトンチッドなど、様々な芳香物質を出している。
    新緑の香りが風によって運ばれてくる。⇒風薫る5月=薫風
   A日本人が何に心を癒されるかの調査で最も多かったのは森や林などの緑
   B精神的に疲れた時に緑の中を歩くと安らぎ、香りが気持ち良いだけでなく
    柔らかな緑色が目に安らぎを与える。
    森林浴は単に心を癒すだけでなく、人間の免疫力を高める
    樹木のある公園や街路樹の下を散歩するだけでも効果がある。
                                          
(日経新聞)

                            

      多彩なグリーンのシーズンを楽しむ事が、心身の健康に良いのですね。


        
都会に生活していると、緑に触れ合う機会のない事もあります。
        手軽にアロマテラピーを取り入れて森林浴気分に浸って下さいね。
        樹木系の精油はリフレッシュや、抗菌防虫作用も併せ持つので
        ハウスキーピング用としても重宝します。

        お薦めの精油
             シダーウッド、モミ、ヒノキ、スギ、ローズウッドなど

      ○今日のハーブ&アロマライフ
      ハウスキーピング/アロマクエン酸水・ヒノキ、レモン


                                        


時計草                2008.5.18.sun.

             蕾は5センチ位   


          いつ咲くか気になっていたトケイソウが咲きました。
           この花を初めて見た時の不思議さを覚えています。
           名前と花が、こんなにも一致する植物はないと思う位、
           まさにピッタリの名前ですね。

       雌しべ3本が、長針、短針、秒針で周りの線が目盛りのようです。
       立体感があり、主張していてとても面白い植物ですね。
       蕾も素敵な時計にふさわしい造形的なギフトボックス。
       咲く時に小さな音がするのではないかしらと、思ってしまう位です。

 
               
学名:Passiflora caerulea
               英名:パッションフラワー
               原産:ブラジル、ペルー
               半耐寒性常緑つる性低木
      
       ・Passion=激情、熱情の意味でなく、キリストの受難を表す。
        花柱をキリストに、放射状の部分を後光にたとえられている。

      ・パッションフルーツは、果物時計草で周りの線が波打っている。

     GEREEN ARCHの周りは、いくつもの白い時計が増えていきますよ♪〜


              11時5分30秒?

      ○今日のハーブ&アロマライフ
       トリートメントオイル/ラバンディン、パチュリ、マカデミアナッツオイル

                  

お花を飾れる表札         2008.5.17.sat.
                      

 手作りの表札を紹介しますね。
 褪せたような風合いの白い木と文字は、東急ハンズ。
 ワイヤーが張ってある額は、下北沢の雑貨店で購入しました。
     試験管をワイヤーで止め、アイビーや、ジャスミン、
     ナスタチュームなどの季節の花を入れて飾っています。
     お花でイメージが変わって楽しいですよ。


    訪れる方が、アーチをくぐるアプローチから
    あたたかさや、楽しさを感じて頂けるように・・・。
                        


 ○今日のハーブ&アロマライフ
 スキンケア/化粧水・ジャスミン+グリセリン+ローズウォーター
  
グリセリン5mlに、精油1滴を入れて混ぜる。
   そこに精製水45mlを加えよく混ぜ合わせる。毎回よく振ってから使用する。 
 

                           




   




 
川上弘美さん            2008.5.16.fri.

    
     
最近の愛読書は、川上弘美さんの本で占められています。
    同世代ですし、文章がとつとつとしていて、
    読んでいると安心感があり、呼吸がゆっくり楽になってきます。

     先日の記事に
      《何気ない日常と幻想的な異世界を行き来しながら、不思議な余韻を
      残す独特の作風で知られる人気作家。》とありました。

    映画で「センセイの鞄」を観たのが、この作家との出会いでしたが、
     例えば「先生」と漢字で表したら何の面白味もないものを
     カタカナで表す所に何か訴えて来るものがあります。
     漢字、カタカナ、ひらがなで言葉の持つニュアンスが変わってきますものね。

    
      『心を込めて』と書く時に、『こころを込めて』にすると、発音がはっきりして、
            丁寧な印象で、自分の気持ちと一致するような感じがします。

     川上弘美さんのエッセイを読むと、
     茨木のり子さんの「汲む」という詩を思い浮かべる事があります。

       
  【大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
          ぎこちない挨拶  醜く赤くなる
          失語症  なめらかでないしぐさ
          子供の悪態にさえ傷ついてしまう
          頼りない生牡蠣のような感受性
          それらを鍛える必要は少しもなかったのだな】


                          
新刊の『風花』も読んでみたい本です。

               
白妙菊/シルバーレースの花


      ○今日のハーブ&アロマライフ
        ガーデニング                        


東山魁夷展〜東京国立近代美術館   2008.5.15.thu.


   昨年は、同じ美術館で【平山郁夫展】があり、
    今回は【東山魁夷展】と、日本画界を代表する展覧会へ行って来ました。
    改めて、日本の四季や自然の美しさを感じる素晴らしい展覧会でした。

    特に印象に残ったのは、「青響」「秋翳」「冬華」・・・。
    
    そして、唐招提寺の障壁画「濤声」「揚州薫風」
    風景の広がり、襖の中の絵の存在感。
    海の波の音や、大陸をゆきわたる風の音が聞こえてきそうな
    素晴らしい絵でした。 

 
      
《東山魁夷の作品は平明でわかりやすい描写のうちに、
       清新な叙情性と深い精神性を湛えています。
       それは徹底した自然観照から生まれた心象風景であり、
       自身の心の奥底に潜む想いの表白にほかなりません。
       また同時に、その作品は日本の伝統につらなりつつ、
       時代に生きる感覚を確かに宿しています。 》 〜パンフレットより抜粋〜

           
 紫陽花、ブルーサルビア   

      若い時は、あまり日本画に興味を持てず、油絵の方が好きでしたが、
      最近は、日本画の静謐な美しさに惹かれます。



              会期が終わる頃は、平日でも混んでいますね。
              やはり早めに行った方が良かったです。(18日までです。)
           
      

   
 ○今日のハーブ&アロマライフライフ
      
バスソルト/グレープフルーツ+ゼラニウム
        
天然塩大さじ1,2杯に、精油5滴までを入れ混ぜ合わせる。
           湯船に入れかき混ぜてから入る。


          いつもクリックどうも有り難うございます


ことば=言の葉           2008.5.14.wed.

   
       優しい言葉に励まされたり、気持ちを共有できたり・・・
         温かい心がこもった言葉は、何よりの贈り物ですね。

            昨夜、しみじみと嬉しい言葉のプレゼントを
            たくさん受け取りました。

         そして、【ことば】の質感、温度を思いました。
         硬く尖って冷ややかなことばは、
         人の心を緊張させ、 傷つけてしまいます。
         柔らかな質感で温かみのあることばを使いたいですね。

                
 箱根/ベコニア公園   

        言の葉(ことのは)・・・どんな葉の色、形、質感でしょうか?
        人それぞれ違う個性の言の葉を繁らせ、豊かに使いたいですね。

       人と人を繋げる言葉の大切さ、言葉の力を感じた夜でした。



          
           ・言の葉草・・・話の材料、いいぐさ
                           ・言の葉の花・・・巧みなことば、和歌に用いる風雅な語
 


         
 ○今日のハーブ&アロマライフ
            
クッキング/パスタ・バジル バルサミコ風味
          

                                 

キングサリ             2008.5.12.mon.

     
    ジャスミンの花はピークを過ぎましたが、香りはまだ漂っています。
    すぐ前のローソンの店長さんが、「お店の中まで良い香りがしますよ。」とか、
    20m先のお宅の方からも「玄関を開けるとジャスミンの香りがしていいですよ。」  
    と伺って、嬉しくなります。

         お花の手入れをしていると、道行く方からも声を掛けられます。
         「この花は何というのかしら?」
         「ジャスミンが良い香りね。見事ですね。」・・・と。
         皆さんに楽しんで頂けるように、黒板に花言葉を書いたり、
         簡単な説明を書いたカードを吊るしてみました。

      キングサリは、この近所では見かけないので
      足を止めてじっと見ていらっしゃる方も多いのです。

  

                      


     
キングサリ 金鎖 (キンレンカ) マメ科
     英名:ゴールデン・チェーン
     落葉小高木   高さ5〜8m
     原産地:ヨーロッパ
     
・5〜6月頃、フジに似た明るい黄色い花が枝に下がる。
     ・日本には明治初期に渡来。
     ・水はけの良い場所に植え、強い剪定は避ける。
     ・花房の長さは10〜20cm。
     ・種子などに毒を含むので注意。

     
家のは、まだ1m位なのですが、以前5,6mの木を見たことがあります。
     黄色い房が風に揺れていて、とても印象的でした。
     そのお庭にカードが吊るしてあって、【キングサリ/ゴールデンチェーン】と
     書いてあったので、覚えたのです。

              名前を知るともっと親しみが湧きますね。
              人と知り合うのと一緒ですね。


       ○今日のハーブ&アロマライフ
         ハーブティ/マロウ


                                   


《母の日》のお花やさん       2008.5.10.sat.

    
                        バラ(たそがれ)                                    
       明日は、母の日ですね。
        昨年の母の日までフローリストの仕事をしていたので気になります。
        母の日前日の生花店は、夜中過ぎまで仕事をしています。
        1週間前からカーネーションの量もいつもの何十倍にも増えて、
        それを水揚げして下葉の処理をしたり、
        ご注文の制作や店頭に置くアレンジを制作したりと、多忙を極めます。
        いくつ作っても追いつかない感じで、エンドレス。

     そして当日、それまでの疲れもピークなのですが、気分はハイ状態。
     お手伝いの方が見えたり、差し入れがあったりワイワイ、ガヤガヤ・・・
     お花やさんのお祭りのような日ともいえます。
    
        色とりどりのカーネーションで埋まった店内は壮観です。
        毎年、母の日に色々なドラマがあり、
        感激しながら過ごした思い出を記してみますね。


       
      バラ(ラベンダーピンク) 

 
札幌のフローラル四季彩で印象に残っているのは、小学生のお客様です。
  たくさんのカーネーションからお母さんの為に真剣な眼差しで選び、
  店内でメッセージカードを書いて渡してくれます。
  たとえ1本のカーネーションでもそれは何百の中から選んだ大切なお花。
  私たちは、丁寧にラッピングします。
  リボンをかけて、カードをつける時、 「いつもおいしいごはんをありがとう」
  「だいすきなおかあさんへ」というメッセージが見えると目が潤んでしまいます。

  そして、ぎゅっと握りしめていて熱くなった硬貨を渡してくれます。
  家からずっと握りしめていたんですね。
  お母さんへの想いが伝わってくるようでした。
  “熱い硬貨”を忘れられません。

   お母さんに見せたい位、真剣に選ぶ表情のかわいらしさ。

   お父さんとお子さん達でご来店して選んでいる姿も微笑ましい・・・。


   下北沢の花弘では、毎年「世界でたった一つの花」が流れています。
   シモキタは、若い方の多い街で、地方からこちらに住んでいる学生さんや、
   社会人の方の発送のご注文も多かったです。

         接客中に、「毎年贈っていらっしゃるのですか?」と伺うと、
         「今年から仕送りしてもらっているから。」
        「今まで苦労をかけたから。」
とか、
         離れて分かる親のありがたみをお話しして下さいました。

   男性は生花店という華やかな場所に入るだけでも勇気がいると思います。
   それでも母の日に、日頃の感謝を伝える優しさに胸が詰まりました。
          故郷のお母様、きっと喜んで頂けたでしょうね。


          
 クレマチス(フェアリーブルー)
   
      〜たくさんのカーネーションの向こうに、
                  幸せなお母さんの笑顔が見えるようです。〜
 


         フローリストの皆さん、あともう一日頑張って下さいね。

 

                 
 カーネーションの花言葉: 赤・母への愛情   
                                 ピンク・美しい仕草、熱愛

    
 ○今日のハーブ&アロマライフ
        
手紙に/ジャスミン


       

カナダまで日々草が・・・。      2008.5.9.fri.


      『一日の終わりに日々草を覗くのが楽しみです。
        疲れた頭と身体と心が癒されていく感じがしています。』と、
        友人からのメールが届きました。

        そして、カナダに転居されたお嬢さん達や、
        周りの方々も読んで下さっているとの事・・・。


        庭のツルニチニチソウは、地植えしたら
        次々に茎を伸ばし、涼しげな色の花を咲かせています。

        ホームページの日々草がそんなに遠くまで伸びているとは・・・。
        驚きました!   本当に嬉しいです。 どうも有難うございます。

    

           
  距離感は比べ物にならないですが、
             私も20代で親元を離れ名古屋、大阪、札幌に住み移りました。
             どこも懐かしい思い出一杯の特別な所になっています。

             やはり【住めば都】ですね。
             当初は戸惑う事もあるかと思いますが、
             その土地の特徴や、良い所をたくさん受け入れて
             どうぞ楽んで下さいね。
 
             札幌に行く時、「札幌の転勤は2度泣く。」と聞きました。
             行く時は、寒くて遠いところ・・・という意味で1度泣く。
             そして住んでみるとその良さに離れがたく、
             又転勤で本州に戻る時、もう一度泣く。
             というような意味です。

                      やはり2度泣きましたよ。

      日本へ帰っていらっしゃる時は、泣ける位のキラキラと眩しい思い出が
      たくさん出来ている事でしょう・・・。

      自然豊かなバンクーバーでの暮らし、羨ましいです。
      皆様のご健康とお幸せを、こころよりお祈り致します。


    そして、日本のどこかでこの日々草を読んで下さっている皆さまへ
       いつもどうも有難うございます。 ほっと和んで頂けたら嬉しく思います。
       直接お会いしなくても、日々草で植物やアロマテラピーなどに
       興味を持って頂けたら、素敵な出会いになりますね。
       札幌から、名古屋、大阪の友人からも連絡を頂きました。
       色々な場所で、日々草が増えて花を咲かせているようです。
       どうぞこれからもよろしくお願い致します。
      
                                      
                        ランタナ、 ペパーミント、アップルミント、リボングラス 



     ○今日のハーブ&アロマライフ
       ハーブティ/アイスペパーミント、ネトル

                             
                             

あれから2年後           2008.5.8.thu.


    ヴェール・メールの藤原さんがいらして下さいました。
    2年前の5月、オープンしたてのヴェール・メールへ伺ったのが
    私の大きな転機となりました。(1月11日記)
 
    ジャスミンの咲く頃に・・・という約束で本当に
    お客様としてご予約頂いて、とても嬉しい気持ちで一杯でした。
    トリートメント後は、貴重なフィードバックやアドバイスを頂いて、
    色々な学びの機会となりました。
 

        アロマトリートメントを知ってから、
        徐々に自分が変わっていくのを感じます。
        変わるというか、より自然体に近づいていく感じ・・・。
        植物に対しても、今まで以上に関心が強くなり
        愛情豊かに接するようになりました。
        そして、考え方や物の見方も、その部分だけ見るのではなく、
        ホリスティックな視野になったと思います。

        今日を又、新しい出発の日として進んでいきます。


      ○今日のハーブ&アロマライフ
        ヘアーオイル/イランイラン、ラベンダー

                                        

5月の花・スズラン          2008.5.6.tue.

  
   
5月のお花といえば、スズランと、母の日のカーネーションですね。
   昨日、スズランをたくさん分けてもらいました。
   この鈴のような形が本当にカワイイですね。
   色も白だから合うのでしょう。

       花言葉:幸福が訪れる。純粋。意識しない美しさ。
       別名:君影草。谷間の姫ゆり。

       【Jour de muguet】 ミュゲーの祭日
       5月1日、この花束を贈られた人には、幸福が訪れるという。
       恋人や、お世話になっている方へ花を贈る習慣がフランスにあります。

           日にちに関係なく
           こんな小さくて可愛いお花を頂いたら、
           きっと幸福が訪れるような気がします。


            

         
   来年咲いたら、あなたに・・・。

   ○今日のハーブ&アロマライフ
      ドライブ/ペパーミント


                 
               

みどりの日              2008.5.4.sun.


          東門の和館に通じる道

   みどりの日の一日、如何お過ごしでしたか?
   駒場公園の旧前田公爵邸跡(加賀百万石の当主)へ出かけました。
   静かな住宅地のハナミズキの並木を5分ほど歩くと、
   都会の中とは思えない程の緑豊かな静寂な場所です。


         
 和館の縁側から臨む庭園   


    昭和初期のこの建築は、イギリス・チュダー式。
     玄関ポーチの扁平アーチに特徴が見られます。

              

     各室にイタリア産大理石によるマントルピース、角柱があり、
     壁は、フランス産絹織物や壁紙。
     洋風な中に、唐草や雛菊などの江戸情緒的な文様があり、
     品良くまとまっていました。

     華々しい社交場になったサロンに佇んでいると、
     当時のざわめきが感じられるようで、
     一回りした頃には、その空気感に圧倒され疲れてしまいました。

               

          
重厚な落ち着きの中にも、曲線的な美しさや、
          趣のある窓から見える緑の絵が、軽やかな明るさになり
          そうしたバランス感覚が素敵な洋館でした。

         
                   写真は、アーチが多いですね。
                               柔らかなラインに、つい惹かれてしまいます。
          



     
○今日のハーブ&アロマライフ
       ハーブティ/ハイビスカス+ローズヒップ

      
いつもクリックどうも有難うございます。
     


5月の精油              2008.5.3.sat.

    
   5月のキーワード「新緑」から、ウッディ系の香り
   【シダーウッド・アトラス】  マツ科
   スパイシーさの中に、甘さも感じる香りです。
   包容力のある大木の香りに
   緊張や、不安感が解かれ、心が安らぎます。

 そして、連休で緩んだ気持ちを仕事モードに切り替える精油。
 【ローズ・マリー】  シソ科
 染み入るようなスーッとした清涼感がある香り。
 心身を活性化、精神的な疲れ、気力の回復に適しています。
 この香りを漂わせると、いつの間にか集中力がアップして
 中身の濃い時間を過ごせます。


    今日の日経新聞に「春愁」について記されていました。
    「新しい環境に、心を重くしたりする。」
    5月病を春愁が高じたものと捉えると分かりやすいと。
    掴みどころのないのが、春愁という事です。

    心身の不調について、その原因が分からないと一層
    不安な気持ちになるものです。

  精油の力を借りて、春愁に陥らないように乗り切りましょう。



  ○今日のハーブ&アロマライフ
    フェイシャルスチーム/シダーウッド・アトラス、北海道モミ


     


 





    ローズマリーのリース
〜偶然〜               2008.5.2.fri.               

   
        午前中、受講の為、《生活の木》へ行って来ました。
 

      そこで、アドバイザー講座の時、
      お世話になった先生に、偶然久しぶりにお会いしました。

        第一回目の講座の時、「この先目標を持っている方は、 
        検定の結果を待ってインストラクターの受講をするより,
        続けて先に進んだ方が良い」、というお話しをして下さいました。

    その言葉が背中を押してくれて、インストラクター〜セラピストの最終目標まで
    続けて進んでいく事が出来たのです。

               たくさんの生徒さんがいらっしゃる中で、
               覚えていて下さったことも嬉しく感じました。

        その後、先生もインストラクターや、ハーバルセラピスト講座を
        開講されています。
        先生のもとでハーブの勉強もしてみたい、とも思っています。


                          
                         
         出会いや、言葉は、大切ですね。
         5月もそんな幸運の神様の言葉を受信出来るように
         アンテナを広げて過ごしたいと思います。



   ナスタチューム   Nasturtium    学名:Tropaeolum majus L.
                 和名:金蓮花 (ノウゼンハレン科)  一年草
                 花言葉:愛国心   原産:南米、ペルー
     
 ・和名のように、蓮に似た平たい丸い葉が特徴。
       黄色の他に、鮮やかなオレンジ、レッドなど。
      ・花は、金のヘルメット、葉は楯を象徴している。
      ・真夏の暑さには、弱いので直射日光が当たらない場所へ。
      ・葉は、ビタミンCが豊富、ピリッとした辛味があり柔らかい口当たり。
      ・花も彩りよく、サラダや、サンドウィッチに最適。
      ・風邪を引いた時にもお薦め。殺菌効果、消化を高める。


       


       ○今日のハーブ&アロマライフ
           クッキング/ナスタチュームのサラダ

光あふれる5月            2008.5.1.1thu.

  
                                
                      
公園の藤棚・風に揺れてきれい
       もう5月ですね。   
       【皐月】の「皐」は、
       白い光を放つ様子を表したものと言われています。
       まさに光溢れる陽光の中、新緑の風薫る季節。              
       緑にもたくさんの色合いがありますが、                   
       瑞々しい新緑は、爽やかな気持ちになりますね。            

        〜ゴールデンウィークの後半、
            新緑の中を歩いてみませんか。〜


        
       
 いつも有難うございます。
     
                        

                    
       うつ伏せの時、ジャスミンが見えます
 
         ○今日のハーブ&アロマライフ
           芳香浴/ジャスミン              

        

このページのtopへ

Copyright(C)2008 GREEN ARCH All Rights Reserved.

GREEN ARCH ジャスミン情報

〜GREEN ARCH周辺は、
  甘くて優しい香りが漂っています。〜

            (5月中旬迄)

〜日々草〜にちにちそう〜日々感じた事を綴ってみました
Aromatherapy salon 
GREEN ARCH