本文へスキップ

アビエルタ建築・都市です。


お問い合わせは
TEL.0749-26-9740

作品の紹介works info

四番町スクエア (まちづくり)

「大正ロマン」をテーマに市場アーケード街を街なか再生土地整理事業によるまちづくりです。
路地や広場を持つ活気に溢れた大正時代の町並みを再現するために、街並みデザインの指標となるべく、デザインコードを示し、また、より魅力的な街並みとするために、「マスターアーキテクト」方式を採用し、柔軟なデザインを誘導できるシステムを構築し、個性をいかしつつ、ゆるやかなまとまりのあるまちをめざしました。

第21回公共の色彩賞環境色彩10選
平成18年度土地活用モデル大賞(国土交通大臣賞)

大正時代にあった建築の再現はさることながら、大正時代の気風や気概に、住民のまちづくりへの想いを重ねるように、住民の自主性を引出し、住民のアクティビティやの表出が出来るように、最初にデザインの規範となる模型をつくりました。




まちづくりの打ち合わせには、常に街並みの模型があり、街並みイメージの誘導と住民イメージの共有化を行いながら進めました。模型は常に更新されてゆきます。


行政からの支援ツール
■ 国土交通省の「街なか再生土地区画整理事業」
 • 街なか再生土地区画整理事業(基幹事業)
 • ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業
 • まちづくり総合支援事業
 •特定事業調査/地域生活基盤施設整備事業/高質空間形成施設整備事業/高次都市施設整備事業
 • まちづくり交付金事業 高次都市施設整備事業
■ 経済産業省
 • 中心市街地等商店街改造事業 ファサード整備事業
 • 中心市街地共同施設事業 駐車場整備事業
 • テナントミックス事業
 • 全国都市再生モデル調査事業
 • 自転車を利用したスローな観光、都市再生に向けた実験 ~回遊性・広域性に配慮した観光施設のための調査~
■ 文部科学省
 • 独創的革新技術開発研究(施行者:(財)国際科学振興財団)
 •脳にやさしいまちづくりのための超高密度メディア技術の研究開発

• 「まちづくりに関する協定」に網羅する「景観デザインルールブック」や「福祉のあるまちづくり基準」の策定により、行政の規制を受けない地域独自のルールづくりができた。
• まち全体を意識した景観調整により、大正ロマン漂う街並みが形成できた。
• まちのランドマークであり街なか観光の回遊拠点となる「核施設(仮称:四番町ダイニング)」を建設・運営する㈱四番町スクエアが設立した。
• まちの完成前から、高い関心が寄せられ、ここのまちづくり活動の成果について周囲から大いに期待された。

山城祥二(大橋力)先生が中心となった文部科学省の独創的確信技術開発研究「脳にやさしいまちづくり」では、自然に存在しながら、耳では聞くことのできない高周波を含む音環境そのものを記録、再現する技術の確立とシステムをつくり、街中には6チャンネルの音源再生のために、新しく開発したスピーカーを配しました。


人類のゆりかごと言われるマレーシアの密林等で採取してきた音源を、山城祥二先生により曲としてまとめられ、脳に優しい音で満たされた街づくりが展開されています

ベンチ、照明、水景に6つの音響スピーカーを組み込んだ広場の中庭

まちには、 「大正ロマン」をテーマに市場アーケード街を街なか再

まちの入口に設けた灯篭風の照明とサイン

モデリングマシンによる模型の作成
右端は原寸模型による水流の実験

中国福建省の石工の町 恵安で製作された水景施設(ベンチ・噴水・スピーカー)
恵安には日本の宿親制度に似た「姉妹伴」と呼ぶ、同年齢の女性数名が 7~8歳の頃近いを立てて、共に生活をすることにより成長していくという制度があります。

街中には、薮内佐斗司先生による、「六童子」の彫刻を設置しました。(宝くじ補助金)
街中には水路がめぐらされ、かつてあった外堀等町中の水に親しみの深い町の再現をおこないました。



hAbierta Arquitectura i Urbanismoビルダークリニック


東京
TEL 03-5843-9129
FAX 03-6368-5533
関西
TEL 0749-26-9740
FAX 0749-26-9738