バンドばか話


■ バンドばか話 1: <熟慮の結果>  信頼度B
テナーサックスのTさんはバイクの運転を誤り垣根に突入、左腕を骨折してしまった。翌日も演奏の仕事。Tさんは一旦家に戻り、楽器を持って接骨医に急行。診察室で楽器を構え
「この角度で固定して下さい」。
嫌がる医者をなだめすかして治療は終了。Tさんは「この非常時に楽器のことを忘れないとは俺もなかなかのもんだな」とご満悦。
翌日の仕事は新宿コマ劇場の歌謡ショー。腕は少し痛いけど角度を合わせたギプスのおかげでステージは順調に進行。ところがある曲でフルートの持ち替えが現れた。、、、早い話が肘の角度がちがうので口が届かないんですよ。是非実際に真似してみて下さい。笑えます。


  1. 次へ
  2. バンドばか話 Top
  3. サイトのトップへ