バンドばか話


■ バンドばか話 16: < お前は内田じゃない  >  信頼度A

ラテンバンドHAVATAMPAでメキシコ・キューバ公演に行ったときのこと。
キューバの地方都市、サンティアゴ・デ・クーバのホテルに泊まっていたらある男がホテルにやってきて「ここに泊まってる日本のバンドにウチダというのがいるだろう」。ボーイさんは「「はい、いらっしゃいます」「会いたいから呼んでくれ」「かしこまりました」で俺が呼ばれたんだけど、キューバ人に知り合いなど一人もいません。

変だなと思いながらロビーに行くとやっぱり全然知らない人。すると男は「お前じゃない。ウチダに会いたい」「俺が内田だ」「そうじゃなくてTrbのウチダだ」「だから俺がTrbの内田だ」とラチがあきません。スペイン語ができるゲタオさんが間に入ってくれて話を聞くと、男性は地元バンド「ロス・カラチ」のリーダー&Trbのフィーコさん。

実はHAVATAMPAは前の年にもキューバ公演を行っていて俺が参加したのは2回目1回目のTrbは内田日富さんでした。日富さんはフィーコと会って意気投合し、来年また会おうと約束してたんだけど都合で行かれなくなり、代わりに俺が参加したんでした。しかも俺が、日富さんから預かったおみやげのマウスピースやオイルも持ってたから話はさらにややこしい

ようやく事態を理解したフィーコさんと部屋で歓談。フィーコさんはノーチェ・トロピカールという大イベントの日本公演にも参加していた大御所。そのときの写真なども見せてもらったり、キューバの音楽事情を聞かせてもらったりで盛り上がりましたが、フィーコさんは「日本ではTrb奏者はみんなウチダというのか?」と最後まで納得いかない様子でした。もしそうなら相撲の行司(式守と木村)みたいですよね。


  1. <<前話へ
  2. 次話へ>>
  3. バンドばか話 Top
  4. サイトのトップへ