バンドばか話


■ バンドばか話 2:  <喧嘩の(迷)仲裁>  信頼度A
ミュージシャンは気楽な商売のようですがストレスもプレッシャーもあり(仕事は少なく) 見た目ほど楽ではありません。

だからというわけでもないでしょうが、劇場公演の楽屋であるときメンバー同士でもめ事が ありました。

きっかけは些細なことだったんでしょうが双方引くに引けず、ちょっと険悪なムードに。
そこに居合わせたドラムのKさん、普段から声が大きく世話好きな人。ここは俺の出番やと やおら立ち上がり、二人の間に割って入って一言。

「てめえら、 静かにするんじゃねえ!」

どうも急な事に「静かにしろぃ」と「騒ぐんじゃねえ」が混ざってしまったようですね。
当の二人や周りのメンバーは一瞬カタマり、静かにするなというので仕方なくブツブツ 言ってみたり、、、そのうちゲハゲハ笑い出した。
おかげでムードは一気になごみ、結果的に仲裁は見事成功しました。


喧嘩って意外に気分のものなんですね。国家紛争もこんな調子で解決できるといいのにねー。


  1. 次話へ
  2. 前話へ
  3. バンドばか話 Top
  4. サイトのトップへ