バンドばか話


■ バンドばか話 21: < 実録インディー > 信頼度B

今回の話は笑えません。命がけのこわい話ですから。

テレビ局で演歌番組を収録中、休憩時間になりました。バンドはロビーに出てコーヒー飲んだりしていますが、たまたまTbのUさんMさんはひな壇の上に残り、譜面のチェックやら練習などをしていました。

Uさんが楽器を上げたとき、ドーンという大音響と共に目の前に何かが落下!一瞬何が起きたか分からないUさん。何とステージ脇に立っていた大道具の巨大な柱が倒れてきたんです。安全のために天井から下がったワイヤーに固定してあるはずの柱、ところがこの1本だけが固定し忘れていて、何かの振動で倒れてきたんだそうです。インディージョーンズのアクションシーンみたいな光景にみんなビックリ!

柱はUさんの楽器のスライドあたりを直撃。怪我はなかったそうですが、ぶつかったショックで楽器はスライドとベルのジョイント部分がポッキリ折れちゃったんだって。目の前だから良かったものの、この柱が頭に倒れてきたら命はなかったでしょう。冷や汗なんてもんじゃありません。気をつけてよホントにー!

このときMさんも練習中だったんですが、たまたま立ち上がって後ろを向いたところ頭のうしろに柱が落ちてきて無事でした。壊れたUさんの楽器は局の責任で修理してもらったんだけど、Mさんは「俺の楽器もうボロボロだから、うまく壊れてれば新しいの買ってもらえたのになー」だって。うまく死んでたかも知れないんですよ!Mさん


  1. <<前話へ
  2. 次話へ>>
  3. バンドばか話 Top
  4. サイトのトップへ