バンドばか話


■ バンドばか話 30: < 炎のステージ >信頼度A (TV)、,B(真相)

伝説のコミックバンド、ザ・ドリフターズのこれまた伝説番組「8時だヨ!全員集合」。俺の子供時代はこれなしには語れません。何と16年ものあいだ毎週違うネタのコントを続けたんだから大変だったと思いますが、長年にわたって日本中を笑わせまくったのは大したもんです。長寿番組だったのでファンも広い世代にいますよね。

BGMやゲスト歌手の伴奏をしてたのはゲイスターズ。ホールの舞台で爆笑コントが繰り広げられる裏でスタンバイ、コント終了のときに

「♪ッチャチャチャ、チャンチャカチャンチャン、チャンチャカチャンチャン、チャンチャカチャン♪」
(これで育った人はメロディー分かりますよね)のエンディングとともに回り舞台が転換、キャンディーズや麻丘めぐみの歌が始まります。クゥ~、懐かしい!

そんなドリフの生放送を見ていたら、コントの最中に背景のジャングルの上のほうから煙がモクモク出てきたぞ。最初はネタの一部かと思ってたんだけど、出演者の慌てぶりは普通じゃない。こりゃホントの火事だ!大変だー。
あとで聞いたらピストルの火花が葉っぱに引火したらしいとのことでした。

ドリフの人達は何とか芝居にからめてごまかそうとしてたんだけど、ついに炎がメラメラ燃え上がってはコントどころじゃありません。加藤さんが(我々ビッグバンドマンにとってはリハや楽屋で普通にごあいさつする大先輩なので、カトチャンとは呼びにくい)「火事だぁ~、火を消せ~!」と叫びながら舞台を走り回る中、必死の消火活動が続きます。火は何とか消えて次の歌謡曲コーナー。

大変だったのは回り舞台の裏でスタンバってたゲイスターズです。
頭の上で消化器をバンバン吹きまくられたのでみんなずぶ濡れ。
しかも譜面台の上の楽譜はビショビショで、手書きの音符は流れちゃってほとんど見えません。
かすかに見える残像とリハのときの記憶をたよりに必死で演奏したそうです。

そう言われてみれば、テレビから聞こえてくるバンドの音は少し心細かったような気もします。
いやあご苦労様でした。



  1. <<前話へ
  2. 次話へ>>
  3. バンドばか話 Top
  4. サイトのトップへ