top > Jazz & Trombone 猫の巻
 
猫の巻
バンドバカ話
メモ
スケジュール
バンド紹介
What's New!
About Me
Discography
lesson
link
 
http://osyapen.jp/~kinu/uchida/index_ketai.htm
携帯サイトQRコード
JAZZ & Trombone 猫の巻

■ Jazz & Trombone 猫の巻

■ 猫の巻乃10:3rdの重み

ビッグバンドのトロンボーンセクションは普通4人編成。4thはバストロが担当して1~3はテナートロンボーンですね。4つのパートそれぞれに大事な役割がありますが、現実には1stから上手い順に並び3rdにははっきり言って3番目に上手い人が座ることが多いようです。バンドはたいてい丁度ピッタリの人数で構成されますし、最適なテクニシャンばかり集めるのはプロでも大変ですから仕方ないことです。

ここで少し3rd Tbの役割について考えてみましょう。普通ビッグバンドのTbセクションは2-1-3-4の順に座ります。これは前回お話したように1stがリアルタイムにセクションをリードするためなるべく中央に座り、サイドが周りを囲むという考えかたによります。

3rdは下から2番目の比較的低い音を吹きますが、バストロと違い、楽器が高音担当の1,2と同じテナートロンボーンですから太く大きい音を出すのは大変。でもこのパートの鳴り次第でセクションの音の厚みが大きく変わります。3rdの音がヒョロヒョロだと車のタイアが1個取れちゃったぐらい、心細い響きになってしまいます。音量も、上の二人よりひとまわり大きめに吹くつもりで良いと思います。

また3rdは1stと4thの間に座るので、リードが発信したニュアンスを4thに「音で」伝える役割もあります。これがしっかりできて初めて「ピアノの片手」のようなセクションが成立するわけです。

地味なポジションと思われがち3rd Tromboneですが、バンドサウンドに大きな影響を与える重要なポジション。実は俺、そんな3rdいちばん好きなんですよ。普段上のパートを吹いてる人も、たまに3rdを試してみて下さい。響きを支える手応えを感じてもらえると思います。

そして3rdの人バンドサウンドは自分次第だ、ぐらいに思って頑張って下さい。 気合いを入れるときっと成果がありますから。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃9:リードと1stの違い

オーケストラで1番上のパートは普通1stと呼びますが、ビッグバンドではリードと言います。トロンボーンならリードトロンボーン。この違いは何でしょうか。

オーケストラでも1stに技術と経験にすぐれた人が座るのはバンドと同じですが、音楽の内容についての決定権は原則として全て指揮者にあるので、1stの人も3rdの人も指揮者の指示に従ってそれぞれのパートを一生懸命演奏します。問題がおきても対処には指揮者の指示を仰ぐことになります。

それに対してビッグバンドの場合は各セクションにある程度の自治権があるのが一般的です。もちろんバンドによって度合いは異なるでしょうが、指揮者=とは普通言わずリーダー、又はバンマスと言いますが=このバンマスは全体の構成や曲想に指示を出しながらまとめていく役割って感じ。ひとつひとつの音の大小や長さまでバンマスが細かく決めるということはあまりないようで、セクションのリードプレイヤーの判断や、各セクションのリード同士の相談で多くのことが決まります。

さらに実際の演奏中でもバンドのノリや盛り上がり具合などで状況が変わるとリードの判断でキメ事をとっさに変える場合があり、リード以外のサイドプレイヤーはそれに素早く反応してリードに「付ける」ことが要求されます。これらのことから1stトップと呼ばずにセクションリーダー=リードと呼ぶことが多いんですね。

高度に訓練されたセクションはよくピアニストの手に例えられます。右手がコードを叩くとき、その瞬間瞬間でそれぞれの指の強さやタイミングが絶妙にコントロールされている。それに近いぐらいメンバー同士の息が合っているというわけです。

たまに演奏中、突然リードが練習と違う表現をしたのに、サイドも同じ気分で全員ピッタリ同じ演奏ができることがありますが、めちゃくちゃ気持ちよくて思わずニヤッとしてしまいます。これこそビッグバンドの醍醐味ですよ。
もちろんかなりの練習(と飲み会?)が必要なのは言うまでもありませんが。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃8:肩をぐいっと

トロンボーンには7つのポジションがありますが、6,7番ポジションが苦手なんだよなって人多いと思います。体を大きく動かすし、遠い場所で正確な操作をするのは誰でも大変。何とか楽にならないでしょうか。アイデアはいくつかあるんですが、今回はスムーズな操作についてお話します。

普通演奏するとき、体は正面を向いたままスライドを動かします。1番から5番ポジションまではこのままで問題ありません。ところが6,7番になるとこのままではちょっと届きづらいので肩をひねって手を伸ばします。このため近くと遠くのポジションを往復すると肩の動きのショックが楽器に伝わり音がガクっと揺れてしまいます

これを防ぐために、次に吹くフレーズに遠いポジションが含まれるときは吹く前から肩をひねっておきます。右肩を楽器を持ってる左手にグッと近づける感じ。別の言い方をするとボクシングの構えにも似てるかな?そこからジャブを打つ感じで右手を出せば肩は最初から入っているのでショックを少なくすることができます。

体の小さい人は、体全体を少し左向きに構え、常に肩が入った状態で慣れておくとスライディングが楽になるようです。このとき注意して欲しいのは、首はしっかり右にひねって前を向いておくこと。うっかりすると目だけ前を向いてしまい、楽器と口の角度がずれちゃう人がいます。楽器と口の角度はいつも同じ。当然ですよね。

う~ん、うまく伝わったかな~。イメージが掴みづらい方は是非レッスンにいらして下さい。まずはマンハッタン03-333607961にお電話を。、、、宣伝でした。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃7:初見演奏のコツ- 2

初見演奏というのは意外に複雑な作業です。
楽譜には音符、休符をはじめいろいろなことが書かれていて、音の強さ、長さ、高さ、タイミングをはじめ展開や表情など実にたくさんの情報が含まれています。
しかもそれを瞬時に判断し、楽器で表現するわけですから簡単なはずがありません。

慣れてくればたくさんの情報に素早く反応できるようになりますが最初は大変です。
ここは思い切って情報を捨てることを考えましょう。

音符は音の高さ長さタイミングの情報をもっています。
このうち高さ、つまりを読むのをやめてしまいます。

棒と旗だけを読んで、音程はデタラメにタカタカ演奏します
このデタラメというのが日本人にはなかなか難しい。

でもこれができるようになると相当早い曲でも落ちずに目で追っていけるようになります。でフレーズの終わりとか、白玉とか見晴らしのいいところに来たら音程もちゃんと吹く。
サイドプレイヤーならこれだけで充分ちゃんと吹いてるように聞こえます。頑張って練習してみて下さい。

因にバークリー音楽院に初見の教科書があることを知ったので見てみると、これと同じ練習方法が紹介されているのを発見してちょっと嬉しくなりました。

必要は発明の母というのは世界共通かも知れません。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃6:楽器は左手で

原則としてトロンボーンは左手「だけ」で持ちます。
そんなの当たり前だろと思われるかも知れませんが、たいていはスライドを持つ右手でも重さを支えてしまいがち
これだと抵抗が増してスライディングのたびに楽器が揺れて音が安定しないし、スライドはけっこう弱いので重さに負けてだんだん曲がってきてしまいます。

試しに右手を離して左手だけで5分間持ち続けてみて下さい。完全に左手だけだとかなりキツいのが分かってもらえると思います。

実際には構えているだけのときポジションが近くで音を伸ばしているときなど、何が何でも左手だけというわけではありませんが、なるべく右手で支えないように、特に早い動きのときは極力左手だけで重さを支えるようにしましょう。

左腕の筋肉は正しい持ち方の練習でだんだんついてきますが、毎日練習できない方のために楽器無しでできるトレーニングをご紹介。

  • 500mlのペットボトルにを入れます。
  • 次にキャップを自分の方に向け、キャップを左手の小指と薬指の2本で持ちます。

    手の構えがトロンボーンを持つときと同じ角度になる感じ。このときの負荷が楽器を持ったときの感じに似てるんです。

  • この状態で5分キープ。

    これならテレビを見ながらでもOKです。

右手がフリーになると、それだけで演奏は格段にスムーズになります。筋トレはちょっと面倒ですが頑張って下さい。モトはとれますよ。

左手をきたえろとは言っても相手がバストロではなかなか手強い。テナーより重さが増すうえに、トリガーを操作するために楽器を支える指が少なくなるのがつらいところです。
基本的にはがんばるしかないんですが、近頃は持つのが楽になるアタッチメントが販売されています。

管楽器DAC,Tromboneのページ

http://www.kkdac.co.jp/cgi-bin/mimiyori/mimiyori.cgi?cid=trombone

ここにグリップを補助するフィンガーベンチと、楽器を手の甲で支えることができるK&Hトロンボーンサポートというのが紹介されています。

俺もフィンガーベンチでぐっと楽になりました。K&Hのほうが絶対楽なんだけど値段がちょっとねー。お金の余裕がある人にはおすすめです。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃5:ステージマナー - 2:視線

ステージに上がったときどこを見ていいか困った事はないですか?

俺は初めてのライブハウスのステージで、カブリツキのお客と目が合ってしまい、どうしていいか分からず顔の筋肉が硬直してボロボロになったのを覚えています。

何でこっちばっかり見るんだ!というのは間抜けな話。お客さんはバンドに用があって来てくれてるんだから演奏中じっと見るのは当たり前。見ている側では演者ほど意識をしていないですから、気にしなければ別に大丈夫なんですが、、、気になりますよねー。

こういうときの特効薬はサングラス。目線が合わないとどこを見ても、極端な話お客をじっと見ても大丈夫。すぐ効果があるのでお試し下さい。見た目が少しコワくなるのもジャズ的には大OKです。
ちょっと慣れてきたら奥の壁なんかを見ているとだし、お客から見てもそれほど不自然に見えません。
広いホールなら離れた席のお客さん達を眺めていましょう。

      遠くて視線なんて分かりません。

視線についてもう一点。ビッグバンドで気になるのは、演奏者が本番中ずっと譜面を睨んだままな場合が多いこと。譜面が難しいせいもあるでしょうが、視線を落としっぱなしというのは深刻に見えるし、照明の関係で顔が暗くなっちゃうし、あまり楽しそうには見えません。

長い休符のときや、曲の合間ではなるべく顔を上げておくようにしましょう。また、ソリストが演奏中はさりげなくそっちを見るようにするとステージの一体感も上がり、お客の注意を誘導する効果もあります。(意外に分かってないお客が多い)こちらもお試し下さい。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃4:ステージマナー - 1:お辞儀

本番のステージで気合いが入ると気分や時間の感覚がいつもと違ってきます。

ある程度慣れてきても普段通りというわけにはいきません。ちょっとした動作が不自然になってしまいがちです。
緊張しているとどうしても動作が早く、小さくなります。これがお客には余裕のない感じに映ってしまう。

センターマイクまでの出入りはなるべくゆっくり歩き、ソロが終わったら少し大げさなくらいゆっくり深くお辞儀をしましょう。
お辞儀をする前にひと呼吸おいて遠くのお客を見てからお辞儀すれば完璧。仲間同士で試してみて下さい。自信にあふれた印象になり、拍手もずっとしやすくなるのが分かると思います。

ゆっくりした動作はお客のためだけではなく、自分の気持ちを落ち着かせる効果もあります。是非実行して下さい。

昔、すごく残念なものを見ました。
ビッグバンドのコンサートであるTrpプレイヤーがソロを終えたとき。ソロはなかなか良かったんですが本人は納得いかなかったんでしょう。ひな壇に帰りながらさかんに首をかしげてしまう。
これでは拍手したお客は立場がありません

これでバッチリなんていうソロはめったに吹けません、というより本人が満足のいくソロなんてないんじゃないでしょうか。
ソロの出来はともかく全力でがんばったことはお客に誇れるはず。その気持ちをこめて堂々とお辞儀して下さい

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃3:初見演奏のコツ - 1

学校の勉強が得意でなくても新聞を読むのに苦労する人は少ないでしょう。 文章を読む、特に音読は初見演奏と全く同じだと思います。

初見の練習をするのに大切なのはとにかくなるべくたくさん読む事、そして演奏中はいくら間違えても絶対に止まらないことです。
ひとりで演奏しているとき初見力はあまり必要ありません。バンドで他の奏者と演奏してるからこそ、止まらずに読む必要があるわけです。だから何が何でも止まらない。

個人練習するときはメトロノームを使いインテンポで、間違えは気にせずに設定した範囲を強引に演奏し切りましょう。間違えたところも確認したりしないでもう一度最初から最後まで。手も足もでないようならテンポは下げてもかまいませんが、インテンポにはこだわります。これを繰り返していけば落ちないで先に読み進む感覚 がだんだん身に付いてきます。

何と言っても初見は「慣れ」です。一度にたくさん練習するのも良いけど、できれば毎日、少しずつでも練習していくと上達が早いですよ。
ちなみに一旦上達してからでも、1週間ぐらい音符を読まないだけで、たちまち初見力は落ちてしまいます。実を言うと仕事で冷や汗かいたこと何度もあります。
油断大敵。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃2:初見演奏のコツ-前説

ビッグバンドの練習などで初見が強い人を見ると羨ましいですよね。上達のコツに ついて少しお話したいんですが、まずはエピソードから。

昔アービーグリーンの公開クリニックが東京で開かれたとき、受講者から初見について 質問されたグリーン先生の話の中にこんなのがありました。

NYのミュージシャンは初見がきくかと聞かれると「できるけど、自分の音楽性の妨げ になるほどはできない」と答えたりするんだそうです。
初見が強すぎるとイッパツで演奏できてしまい、繰り返し練習して音楽を掘り下げる ことがおろそかになりがちだ、というような意味らしいです。
ミュージシャンは不器用なタイプの人のほうが努力して大成するなんてよく言われます。 何事も練習からという、深くて耳の痛いはなしでした。

余談ですが、そのときのクリニックでスライドヴィブラートは元の音から上にかける か、下にかけるかという質問もありました。
グリーン先生はしばらく考え「、、、上かな?」これを聞いた受講者の約半分が

「え"~?」

彼らは下派なんでしょう。すると先生は意外な反応に慌てて「し、下かな?」今度は 残りの半分(上派)が 「え"~?」。先生はますます慌てて 「両方かな?」 これには 受講者全員が 「え"~?」

先生は上とか下とか意識してなかったんですね。大切なのはうたごころってことで しょう。
音楽は理屈より感覚を磨いてするものという教訓だと思いました。

このページのトップへ>>

■ 猫の巻乃1:ブレスは吸い方

管楽器は吹いて音を出す道具。吹き方については意識もしやすく工夫されてる方も 多いと思いますが、吸わなきゃ吹けないんですよあなた

アマチュアの方のブレスを見ると、会話程度の息しか吸わずに吹き始める人が ときどきいますが、これでは全然足りません。足りない空気を補うために口に力が 入ったり、息を倹約してヒョロヒョロな音になりがちです。

ここは気分を変えて、トロンボーンはスポーツだと思ってみて下さい。特殊な ケースではたくさん吸わない方がうまくいく場合もありますが、まずはめいっぱい 吸う練習をしましょう。水に潜る前に吸う息をイメージしてもらえば良いと思い ます。満タンに吸った息ははやく出たがりますし、息の余裕はコントロール性を 劇的に広げます。

ここで大切なのはたくさん吸うのを癖になるまで練習すること。
ブレスを意識しているうちは音楽に集中できません。気が付いたらつい吸っていた というのが理想的。ロングトーンなどの基礎練習で頑張ってビッグブレスの癖を つけて下さい。ただし肺が痛くなるほどやらないで下さいね、念のため。

このページのトップへ>>