内田光昭 公開秘密基地(なんでやねん)

Jazz & Trombone 猫の巻


猫の巻乃1:ブレスは吸い方

管楽器は吹いて音を出す道具。吹き方については意識もしやすく工夫されてる方も多いと思いますが、吸わなきゃ吹けないんですよあなた。

アマチュアの方のブレスを見ると、会話程度の息しか吸わずに吹き始める人がときどきいますが、これでは全然足りません。足りない空気を補うために口に力が入ったり、息を倹約してヒョロヒョロな音になりがちです。

ここは気分を変えて、トロンボーンはスポーツだと思ってみて下さい。特殊なケースではたくさん吸わない方がうまくいく場合もありますが、まずはめいっぱい吸う練習をしましょう。水に潜る前に吸う息をイメージしてもらえば良いと思います。満タンに吸った息ははやく出たがりますし、息の余裕はコントロール性を劇的に広げます。

ここで大切なのはたくさん吸うのを癖になるまで練習すること。
ブレスを意識しているうちは音楽に集中できません。気が付いたらつい吸っていたというのが理想的。ロングトーンなどの基礎練習で頑張ってビッグブレスの癖をつけて下さい。ただし肺が痛くなるほどやらないで下さいね、念のため。

  1. 猫の巻topへ
  2. サイトのトップへ