内田光昭 公開秘密基地(なんでやねん)

Jazz & Trombone 猫の巻


■ 猫の巻乃26:替えポジション2 活用法基本編

替えポジションの効用、第2回目は活用法基本編。(その前に、5,6の遠いポジションのロングトーン、ばっちりやってますか?)

替えポジションの中でも特に使用頻度が高いのは5PosのBb、4pos-D、4pos-F。これらと1~3posを使いわけながら中音域のメロディーを演奏すると、少ない動きで音をつなげることができます。細かい音符のメロディーもぐっと楽になります。
ひとつ例をあげると、Gm7のアルペジオ、G-Bb-D-Fは、1Posを優先的に使えば4-1-1-1という動きですが、替えポジションを使えば4-5-4-4と、わずか1ポジションだけの動きで済むわけです。

スライドの動きが小さくなるというのは楽なだけでなく、楽器のブレも少なくなるので、なめらかな演奏にさらに近づくことになります。

替えポジションの応用例をひとつ。スライディングの難しさは単に移動距離だけではなく、動く向きとスピードの変化にもあらわれます。
1-3-1-3-などの動きはひとつ離れたポジションでも、単純な往復運動で速度も一定なのでそれほど難しく感じませんが、1-2-4-2-3など、細かい動きの中で速度が変化するとぴったりの位置にキメるのはかなり難しいですよね。

先にお話した替えポジションを活用すると、複雑な動きを単純な往復運動、または遠いポジションを経由した滑らかな動きに変えることができる場合があります。
例えばDbのスケール、Db-Eb-F-Gb-Abを2-3-1-3-3と吹くと、動く向きも速度も複雑に変化しますが、Fを4posに替えると2-3-4-3-3と滑らかな少ない動きになります。

替えポジションを自由に使いこなすには慣れが必要ですが、頑張ればご褒美はたくさんあります。自分なりの手順を工夫してみて下さい。


  1. <<前巻へ
  2. 猫の巻topへ
  3. サイトのトップへ