ひき逃げ遺族の会                   
















ひき逃げ(轢き逃げ)とは、自動車を走行中に人身事故(人の死傷させる事
故)があった際に、道路交通法第72条に定められた必要な措置(義務)を
取るることなく、事故現場か ら逃走する犯罪行為を指します。


◆道路交通法の規定

第72条第1項前段では、「交通事故があったときは、当該交通事故に係る
車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負
傷者を救護し、道路におけ る危険を防止する等必要な措置を講じなけれ
ばならない。」と規定されています。

道路交通法第72条では、交通事故に関係した車両等の運転者等につい
て次のような義務を課しています。 



  ● 直ちに運転を停止する義務(事故発生直後に現場を去らない等)
 ● 負傷者の救護義務(負傷者を安全な場所に移動し、可能な限り迅
   速に治療を受けさせること等)
  ● 道路上の危険防止の措置義務(二次事故の発生 を予防する義務)
  ● 警察官に、発生日時、死傷者・物の損壊の状況や事故後の措置、   
      積載物を報告する義務
  ● 報告を受けた警察官が必要と認めて発した場合に(通常は必ず発]
   する)警察官が到着するまで現場に留まる命令に従う義務




これらのうち最も重い罰則が、人身事故を起こした運転者が、直ちに運転を停止せず、または救護義務および危険防止措置義務を果たさない、人身事故に係る救護義務・危険防止措置義務違反である。これが「ひき逃げ」と言われる犯罪です。
これで分かるとおり、現在一般的に理解されている「ひき逃げ」とは、事故後に運転者が事故現場から逃げ出すことを指すのではなく、被害者救護や警察への報告など、事故を起こした運転者に課せられた義務(当然しなければならない運転者の務め)を怠った者への処罰なのです。

事故を起こした者が、怪我をした被害者を救護すること、そして事故の発生を警察に届けるのは、難しいことではなく、加害者にとって当然過ぎる行為です。

 ここで使われる「救護」という行為は、医学の知識がない加害者にも、医学的治療や処置、被害者の搬送を求めているのではなく、救急車(消防署119)や適切な病院へ連絡することを指します。

「ひき逃げ」という言葉が一般的に使われることが、「救護義務違反など」の罪を分かり難くしています。動転した加害者は 「ともかく逃げなければ」と考えてしまうからです。一方、法務関係者などは、一般犯罪では「逃げる」ことは罪ではないのに、なぜ交通事故で逃げる者が罪に なるのか、など見当違いな誤解も生まれています。今後、ひき逃げを無くすためには、用語の問題も大きな課題となるでしょう。



      「ひき逃げ=負傷者救護義務違反」(道路交通法第72条の違反)

        罰則────5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
        
       
自動車運転過失致死傷罪などとは、両者いずれかの重い方
           の罪との併合罪となる


       違反点数──35点(即免許取消し/前歴0回でも欠格期間最低
       3年)







   


                                                         ひき逃げ遺族の会