ひき逃げ遺族の会                   





















                                         宣言文


ひき逃げ(事故現場からの離脱行為)を厳罰に処してください


交通事故は、他の犯罪に比べて起訴率が極めて低く、またそのほとんどが罰金刑や執行猶予つき判決になるなど、実質的には無処分にも等しい犯罪です。
軽い処罰の背景には、すべての加害者が救護や報告義務を果たすだろうという前提があります。

近年、交通事故の厳罰化が進んだこともあり、この重い処罰から逃れようとする「ひき逃げ」が増えています。一旦逃げた後、出頭すれば危険運転致死傷罪が適用されないなど、法律の欠陥を悪用した「逃げ得」があるからです。

現在「道路交通法」で処罰されているひき逃げを「刑法」に移管し、「過失罪」ではなく「故意犯」として、適正な処罰を与え、正直者が損をしない、健全な社会を作っください。



 ●

  ひき逃げは、交通事故被害者を見殺しにする、もっとも卑劣な行為です

 ●

 ひき逃げの裏には、危険運転致死傷罪の適用から逃れようとする、飲

 酒・薬物使用や過労などの証拠隠滅の意図が隠されています

 

 ひき逃げは、「逃げ得」がある限り無くなりません

 ●

 ひき逃げは、無免許や病気不申告の厳罰化で、今後さらに増えます

 ●

 ひき逃げの被害者や遺族は、やり場のない怒りに燃えています
 ●

 ひき逃げは、世界一安全な国と自認する、日本の恥です





   
  


    

                                                         ひき逃げ遺族の会