「加賀屋の米」

 加賀屋は1450年頃に当地に居を構えたのが始まりと語り継がれており、それ以来代々米作りに励んで来ております。
 魚沼産コシヒカリの食味については折り紙付きではありますが、さらにおいしい米作りを目指して昨年からは刈り取った稲を機械ではなく、お日様の力を借りて乾燥させる「天日干し」のお米も作り始めました。
 天日干しは、お天道様の下でじっくり乾燥させるからなのか、稲穂を下にして干すことによって美味しさ成分がお米に集まるからなのか、機械で乾燥させる機械干しと比較すると格段においしくなります。

2011田植え
今年の田植えが終わりました


詳しいことは
「加賀屋の米」のブログへ