鴨宮諒

鴨宮 諒 Ryo Kamomiya

鴨宮諒





1962年生まれ 東京都出身。1984年から87年まで「ピチカートファイヴ」のメンバーとして活動。1985年「はっぴぃえんど」再結成ライヴにてコーラス隊として参加後「細野晴臣」主催のノンスタンダード・レーベルよりデビュー。86年ソニー・レコードに移籍、アルバム「カップルズ」 リリース後1987年、同グループより離れる。以降「マンナ」「The END of the WORLD」等のデュオを結成しテクノ ~ 中南米音楽 〜 オールディーズ 趣味をまき散らす。また作家活動においては「吉川ひなの」から「八代亜紀」に至るまで幅広く、映像関連においても映画、民放各局およびNHK制作のドラマ、アニメーション等の背景音楽やワイドショー等の番組テーマソングを数多く手がけている。



Biography

Born in 1962 in Tokyo. It acts from 1984 to 1987 as a member of "Pizzicato Five".
It debuts from "Non-standerd Label" of the "Teichiku Records" by produce of "Haruomi Hosono" in 1985. Album "Couples" is released from "CBS/Sony Records" in 1987. Afterwards, it parts from this group in 1987. It likes techno music and old Latin-American music and old jazz, and it is reflected in the composition.
Recently, a lot of film music of Japan and sound tracks of a famous TV drama are composed, and a lot of fans have been acquired.

"CBS/Sony Records"changed the company name to "Sony Music Entertainment Inc." in 1991.














鴨宮諒