大阪府北部の墓地公園に夫を埋葬していた兵庫県の妻と子の3人が 墓地公園を運営する宗教法人を相手取り 墓や遺骨を無断で撤去したとして約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が昨年12月12日の大阪地裁の判決について 永代使用料が250万円で墓地管理費が年間1万3200円ですか 信じられない金額です平成26年2月1日更新

 

元々のニュースは既に削除されています。

本当はまずいのですが、魚拓を取ってありますので、貼りつけておきます。

著作権者からクレームがあれば、直ちに削除します。

でもこれは貴重な情報なんですよね。

 

産経新聞 平成26年1月17日(金)

 

大阪府北部の墓地公園に夫を埋葬していた兵庫県の妻と子の3人が、墓地公園を運営する宗教法人を相手取り、墓や遺骨を無断で撤去したとして約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が昨年12月12日、大阪地裁であった。地裁は原告側の請求を一部認め、宗教法人に約40万円を支払うよう言い渡したが、原告側は判決内容に不満たっぷりで、当初予定していた記者会見も開かずじまい。勝訴したはずの原告側が気分を害した判決の内容とは…。

 

 ■知らぬ間に空き墓地に

 

原告らは平成23年12月30日、40年以上前に亡くなった夫が眠る墓地公園へ年末の墓参りに出かけた。亡夫の霊を弔い、家族のさまざまな出来事を報告するため、少なくとも年に5回以上は通い続けてきた場所。ところが、そこにあるはずの墓が…なかった。

墓石が撤去され、遺骨も掘り出されて更地になっていた上、驚くべき内容を知らせる立て札がポツンと立っていた。

「空き墓地につき申込受付中、お問い合わせは事務所まで」

知らぬ間に肉親の墓が消えたことで、怒りに火がついた原告らは急いで事務所に向かい、その場にいた職員に猛烈に抗議。しかし、職員は「管理料が支払われてないから撤去した。払ってないのが悪い」と答えるだけだった。

 

原告らは後日、墓地公園を管理する宗教法人に対し、代理人を通じて遺骨の返還と損害賠償を求める催告書を送付。間もなく法人側から段ボール箱が1つ届いた。原告側は開封することなく返却したが、実はそれが墓から掘り返された亡夫の遺骨だったという。

さらに数日後に届いた回答書には、(1)管理料の不払いで墓地使用契約を解除した(2)何度も原告に連絡したが返事がなかった(3)墓地撤去は法的根拠に基づき、不法行為でない−などと記してあった。

 

原告側は、夫が亡くなった昭和43年当時に約250万円で永代使用権を購入したとし、「管理料の支払い義務がないことを前提に永代使用権を購入しており、滞納自体が存在していない」と主張。さらに法人側が墓地埋葬法に基づき市町村長から改葬許可証を得ていないなどとして、平成24年9月に地裁に提訴した。

 

 ■何度も滞納管理料督促

 

一方、法人側の言い分はというと、永代使用権を販売したのでなく、「土地使用契約」を結んだだけで、当初から管理料が存在していたと主張。管理料は昭和43年当初は年3千円だったが徐々に値上げし、平成2年には年1万800円、8年からは年1万3200円に改定していたという。

しかも、原告側は7年に10万200円、19年に5万1600円をそれぞれ過去の管理料を払っただけで、4年以降の19年間分については管理料は払われていない計算になっていた。

さらに、法人側は毎年5月、原告側に滞納管理料の支払いを督促し、23年に入って複数回、管理料を支払わなければ墓石を撤去すると連絡していた。それでも支払いがなかったため、同年10月末で土地使用契約を解除し、11月下旬に抜魂の儀式を執行。墓石は撤去し、取り出した遺骨は納骨堂に保管した。

ただし、墓地埋葬法に基づく改葬手続きを踏んでいなかったことは認めるしかなかった。

 

 ■不法行為の成立認定も…

 

判決ではまず、管理料の支払い義務の有無について検討。墓地公園では事務員や清掃員がおり、実際に人件費や維持費がかかっていることや、原告側が管理料を一部支払っていたことから、支払い義務があったことはあっさりと認定した。

さらに、法人側が支払い請求や撤去の警告を繰り返していたことから、「管理料の支払いを拒絶する風潮を防止し、墓地運営の安定を図る正当な理由が存する」として、墓石の撤去については不法行為ではないと結論づけた。

 

一方、法人側が墓地埋葬法の手続きを踏まずに改葬した行為については、《国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする》との立法趣旨から、「限度を超えて、原告らの精神の平穏が著しく害された」と評価。不法行為が成立すると認めた。

実は、原告側は刑法の墳墓発掘罪(2年以下の懲役)に該当するとも主張していたが、判決では(1)契約解除による撤去(2)抜魂の儀式を執り行っている−の2点を挙げ、その訴えは退けている。

 

 ■無縁墳墓とみれば撤去可

 

原告側3人は慰謝料1100万円、永代使用権の再取得費1千万円、墓石購入費250万円など計約2600万円の支払いを求めていたが、判決は結局、不法行為に対する慰謝料として、亡夫の妻に20万円、子2人に各10万円の計40万円を認めただけ。永代使用権や墓石については取り戻すことができないことになった。

 

原告側は判決後、“喜び”の記者会見を予定していたが、勝訴を信じていた代理人弁護士は判決内容に「この結果では…」と落胆。会見は開かないことになった。一方、被告の宗教法人側は「代表者が不在で何も答えられない」とコメントしただけだった。

 

全国の墓園業界でつくる公益社団法人「全日本墓園協会」の主任研究員で、「お墓博士」として知られる横田睦さんは「『管理料を払わなければ墓を撤去する』と警告を何度しても音沙汰がなければ、運営者側はその墓について管理する親族・縁者がいない無縁墳墓と見なさざるを得ず、法令に基づいて改葬手続きすれば撤去できる。今回も法人側が法令に従って手続きしていたら問題はなかったはず」と話している。

問題の霊園です。

 

この問題については、富山の宮崎さんが素晴らしいブログを書いています。

勝手に墓石を処分された、、という裁判2014-01-20

 

残念ですが、新聞記者はもちろん、弁護士や司法書士でも、お墓の問題に詳しい人は少ないんです。

この弁護を引き受けた弁護士が典型ですね。

お粗末の一言です。

 

「墓地埋葬法に基づく改葬手続きを踏んでいなかった」確かにそうなんですが、改葬手続きは省略できるんです。

もちろん、厳密には法律違反ですが。

 

私のお寺でも、お墓を全面改修する方がおります。

まず、遺骨を取り出し、お寺の納骨堂で一時預かりします。

お墓の改修が終了後、新品のお墓に再埋葬します。

法律上は、2回改葬許可証を取得する必要があります。

高庵寺では施主に請求をしていません。

公営霊園を含め、この点について法律を守っている墓地管理者はいますか?

 

霊園側が怠ったのは、「無縁墳墓の認定手続き」です。

 

ちょっと難しいですね。

お墓の権利は次の2つに分けられます。

1、お墓の使用権

2、墳墓の所有権

 

お墓の使用権は意味が分かりますね。

お墓の土地を個人が所有することはできません。(例外として墓埋法施行以前の「みなし墓地」の一部が存在します)

お墓の使用権を霊園から購入するわけです。

この使用権の取り消しは比較的簡単です。

民民の契約ですから、契約違反行為があれば、簡単に取り消せます。

上記の裁判では、「支払い義務があったことはあっさりと認定した」とあります。

使用権を取り消して、元使用権者がお墓を使用することを禁じるのは簡単なんです

 

問題は墳墓の所有権です。

墳墓というのは、お墓については、使用権以外の全てです。

墓石やご遺骨等です。

 

これは、お墓以外の場合で考えれば分かりますね。

自分の土地に、他人が勝手に建築物を建てたとき、それを撤去させるのは本当に大変です。

それと同じことで、その墳墓の所有者がいないことを証明する必要があります。

それが「無縁墳墓の認定」です。

 

お読みになってどうですか?

分かりにくかったと思いますが、これが法律的な要点です。

もう一度書きますが、僧侶は墓地の法律的なことに詳しい人はほとんどいません。

弁護士や司法書士でも詳しい人は本当に少ないんですよ。

 

「改葬(お墓のお引越し)駆け込み寺の過去ログはこちら」



本職のホームページはこちら

検索でおいでの方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。