民間霊園の実態 調べれば調べるほど分からなくなります 経営主体は宗教法人ですが普通は名義貸しという手法です ところがこちらは宗教法人が存在します ただその宗教法人の実態が皆目分かりません平成26年8月8日更新

 

円蔵院と言うお寺が本山と謳う宗教法人円蔵院太陽の会から墓地を借用していますが、契約時に話のあった墓地までの道路の整備やトイレや水道が施工されず、荒れた山にある墓地のままです。

墓地の管理費は上がる一方で負担は増えるばかりです。

本山であるお寺様にも相談しましたが無関係と言いきられました。

 

この問題の続きです。

民間霊園を購入したが荒れた山にある墓地のまま 管理費は上がる一方で負担は増えるばかり 本山であるお寺にも相談も 無関係と言いきられる お墓は家の次くらいに高い買い物です 十分な下調べが必要です 追記あり平成26年7月31日更新

 

質問にある宗教法人です。

http://www.enzouin-taiyo.com/

問題の岡山事務局は前回のブログで地図だけ判明しましたが、画像はありません。

広島事務局だけ画像がありました。

 

質問にある石屋さん(?)です。

http://www6.ocn.ne.jp/~sekihan/index.html

 

墓石は販売しているようですが、施工はしているんでしょうか?

http://www6.ocn.ne.jp/~sekihan/html/about.html

 

約48箇所(約20,000区画以上)の霊園(墓地)を販売しているそうです。

 

実際に販売されている霊園です。

http://www6.ocn.ne.jp/~sekihan/html/reien.html

 

最初の質問者の霊園は消えています。

岡山県内で23ヶ所という驚異的な数です。

それを一手に扱っているのがこちらです。

うーん、なにがなんだか分かりません。

一般の方よりも石材業界には遥かに詳しいんですが、調べれば調べるほど分からなくなります。

 

「改葬(お墓のお引越し)駆け込み寺の過去ログはこちら」



本職のホームページはこちら

検索でおいでの方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。