総額約5億円の所得隠しを行った僧侶派遣会社が社名変更し社長は宗教法人の代表役員に 住職以外は普通代表役員になれません 監督官庁が「名義貸し」の手法やインチキ宗教の「霊感商法」による脱税に敏感になっているからです平成26年9月26日更新

 

本職のブログの内幕の暴露です。(ものすごくきつい内容です)

魚拓のリンクを丁寧にご覧ください

 

まず、元になった本職のブログです。

総額約5億円の所得隠しを行った僧侶派遣会社が社名変更し社長は宗教法人の代表役員に 普通のお寺は住職しか代表役人になれないんですけどね平成26年9月24日更新

 

内容の肝心な部分は魚拓に書いてあります。

葬儀で僧侶が施主から受け取る「お布施」を巡り、東京国税局などが首都圏を中心とした僧侶派遣会社や葬儀会社約10社を一斉調査し、総額約5億円に上る所得隠しを指摘していたことがわかった 所得隠しを指摘されたのは、僧侶派遣会社「グランド・レリジオン」(埼玉県川口市、登記上は東京都千代田区)、 葬儀会社「セクト」(千葉市)など約10社。

 

この魚拓を読まないと、最初のブログは意味が分かりません

 

今回のブログは、上記魚拓のさらなる内幕の暴露です。

申し訳ありませんが、これも魚拓です。

ひがしくに教を名乗っていたインチキ寺院 現在は真言宗を名乗っています 他の真言宗寺院に迷惑です 商標登録はしてないので法律的には野放しですが 分院が宗教法人青雲山蓮浄院と改名し 5億円に上る所得隠しをしていた人物が代表役員になっています

これも、魚拓を読まないと、ブログは意味が分かりません

 

「改葬(お墓のお引越し)駆け込み寺の過去ログはこちら」



本職のホームページはこちら

検索でおいでの方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。