臨済宗妙心寺派では宗派の約3分の1を占める正住職不在寺院の悉皆調査を進めています 合併・廃寺を選択肢に含む将来展望を進捗するそうです 曹洞宗でも他人事では無いのですが 貧乏寺の高庵寺(こうあんじ)では住職の給料(代表役員報酬)が0円です 法人に支払い能力がありません それなのに毎年の高額な宗費(しゅうひ、上納金です)以外に高額な本山への寄付金です 曹洞宗の実態も酷い物でしょうが明らかにされません平成26年12月13日更新

 

過去ログです。

静かに着実に進行するお寺の危機 このままでいったら30年後お寺の数は3分の1に減ります しかるに一般の方の常識から逸脱したお寺の実態 いつ気がつくんでしょうか? 3月が決算月の宗教法人です 宗費・本山への寄付他で貧乏寺なのに100万円を軽く越える上納金です平成26年3月28日更新

 

今回のブログは、上記ブログの証拠をお見せします。

内容は上記ブログをご覧ください。

 

その前に臨済宗妙心寺派の実態です。

僧侶と総代に将来を問う 妙心寺派が被兼務寺院調査2014年7月23日

 

曹洞宗も含め、大半の宗派の内情も同じはずです。

妙心寺派は実態を明らかにしていて立派です。

危機の克服の第1歩は正確な実態の把握です。

 

しかるに曹洞宗の現状です。

これが給料(代表役員報酬)0円の貧乏寺の現状です。

 

「改葬(お墓のお引越し)駆け込み寺の過去ログはこちら」



本職のホームページはこちら

検索でおいでの方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。