スーパーヒロイン系AVレビュー

※これは、あくまで悪の司令官による一個人の評価です。ご了承ください。



ファミレス戦士プリン

※ダウンロード販売開始
○突然、ファミレスの店長に任命された主人公は、真実を知った。ウェイトレスとして働く彼女達の正体は、地球の平和を守るファミレス戦士だったのだ。
◆原作の関係上、主人公との絡みが多いのと、準主役だからか、「小坂めぐる」への責めが物足りない^^;更に、ファミレス戦士達を、怪光線で裸に腰エプロン状態にし、店内にいた客たちを洗脳して……イマラチオだけかい^^;最後は逆転勝利。それでは、本編でパロディにされたアニメ・特撮作品を記載しよう。見落としや間違いがあったら、ごめんなさい^^;

◇オープニング(一部、本編含む)
ウルトラマン(タイトル)、超新星フラッシュマン(ナレーション)、戦闘メカ・ザブングル、星雲仮面マシンマン、宇宙刑事シャイダー、電子戦隊デンジマン、宇宙刑事ギャバン、UFO大戦争・戦え! レッドタイガー(敵ロボ)、DAICON4オープニングアニメ、機動戦士ガンダム、宇宙刑事ギャバン、宇宙刑事シャリバン、ビーファイター
◇本編
スペクトルマン、炎神戦隊ゴーオンジャー(怪人セリフ)、特救指令ソルブレイン(女幹部が持つ杖の飾り)、絶対可憐チルドレン(リミッター解除)、宇宙刑事シリーズ
◇合体ロボ
マッハバロン、マジンガーZ、レッドバロン、太陽戦隊サンバルカン
◇エンディング
宇宙刑事シャリバン(しっかり、背後に車が…^^;)

恥辱の女潜入捜査官
○宝石窃盗団に密売の鑑定士として接触し、人気の無い深夜に、証拠となる宝石を押収しようとした女潜入捜査官だったが…。
◆事件の発端となる捜査資料が、しっかり作られているのは良かった。黒のボンデージスーツで忍び込むのは、お約束^^;。残念ながら、逆転勝利は無し。

麻薬潜入捜査官カレン
-失った愛情-
○組織の薬剤師に接触を試みた女潜入捜査官だったが、媚薬効果の高い試薬品を飲まされ…。その後、恋人の刑事と共に、アジトを強襲するが…。
◆最初の試薬品のシーンが、アジト強襲時に、恋人の刑事が裏切る伏線になっている点が良かった。最後は、いろんな意味で完全に敗北。

大江戸女処刑人
○晴らせぬ恨みを晴らす大江戸女処刑人。依頼を受けた処刑人たちは、屋敷に忍び込もうとするが…。
◆元ネタは、もちろん「必殺仕○人」。OPは良く出来てる。残念なのは、三人の女処刑人が、文字通り一網打尽にされてしまう点。出来れば、屋敷のからくり(落とし穴等)で個別に捕らえて欲しかった。最後は、大きな犠牲を伴うものの、なんとか逆転勝利。それにしても、毒の吹き矢の説明が、最後の伏線だったのねぇ。

女怪盗 女豹6
爆弾を抱いて眠れ
○国宝を狙って、現在の所有者であるホストクラブのオーナー宅に侵入した女豹たちだったが…。
◆誤解により、敵の口車に乗せられた仲間に裏切られ、辱められる2人。だが、仲間を裏切った自分も騙されていたたと気づいた時には遅く、逆らうと電流が流れる首輪を装着され、拘束されてしまう3人という展開は良いですねぇ。小澤マリアは、こういう作品だと特に映えますねぇ。残念ながら、逆転勝利は無し。

流星特捜
初回限定版
○「流星特捜エクスデッカー」と「流星特捜グレンデッカー」のセットです。
◆元ネタは宇宙刑事シリーズ。最後は2人で逆転勝利。ストーリーと感想は、各作品別に紹介していきます。

流星特捜
エクスデッカー
○師匠である教官が乗る機体を撃墜した犯罪シンジケートの宇宙船を追って、着陸ポイントへ向かったエクスデッカーこと、めぐるだったが…。
◆スーパーヒロインAV向けに作られたコスチュームデザインが素晴らしいですねぇ。巨乳が映えます。最後は、敗北した彼女が止めを刺されそうになった瞬間、グレンデッカーが登場!流星特捜グレンデッカーへ続く。

流星特捜
グレンデッカー
○敵宇宙船に潜入し、犯罪シンジケート撲滅のチャンスだったが、重傷のエクスデッカー救助を優先したグレンデッカー。再び、敵宇宙船に潜入した彼女だったが…。
◆新兵器で街を吹っ飛ばすと敵に脅され、抵抗できずに辱められる展開が良いですねぇ。最後は、回復したエクスデッカーと共に逆転勝利。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
○このシリーズは全て、女捜査官が何かの形で捕まり、最後は薬物と快楽に溺れ、堕ちていく話である。
◆今回は、相棒の合流を待たずに単独で敵アジトに先行して捕まってしまう。敵のボスと絡みのとき、薬物の打ち過ぎで泥酔状態なのが残念。もちろん、この作品も例外なく逆転勝利なし。

女怪盗 女豹7
懸けられた賞金首
○ガードマンたちを蹴散らし、1億円との交換条件で依頼された香炉を盗み出した3人組の女怪盗・女豹。盗まれた持ち主は、ある人物に彼女たちの捕獲を依頼した、懸賞金は1億。果たして彼女たちの運命は…。
◆この作品、実は2部構成でした。前半は、一人目が拉致され、二人目が依頼主との取引の段階で香炉が贋物と判明し、本物を隠したと疑われて拘束、最後の一人は、変装して潜入を試みるが、手下たちに疑われ辱められて…。その後、3人揃って辱められるが、隙を見せた手下たちをボコボコにして脱出を図る。しかし、無事に逃げ出せたのは二人だけだった。後半は、一人は香炉の持ち主と自らの肢体で取引をもちがけるが、結局、最後は3人揃って辱められる。前半との違いは、部屋と男優が違うだけなのが残念。まぁ、3人とも緊縛すると、脱出する展開が難しいのは、理解できるのだが…^^;最後は、突発的な事件をきっかけに、形勢逆転。

女デカ 中出し捜査
○幹部の男たちが外出したところ見計らって、アジトの住宅に潜入し、手下を尋問する女デカだったが…。
◆女デカが調子に乗って尋問している間に幹部が戻ってきて、形勢逆転^^;残念なのは、吊るされたりして全身を晒すシーンが無いこと。最後は、敵の隙を付いて電話を掛け、駆けつけた仲間たちによって、全員逮捕。

特命捜査官LUNA
○上司からの指令で、人身売買組織のデータを盗む為、アジトに潜入する特命捜査官だったが…。
◆実は、人身売買組織のボスが、指令を出した彼女の上司と言うのが、良い設定ですねぇ。脱出を図るものの、再び捕まる展開も良い。残念ながら、逆転勝利は無し。

爆乳仕置き人
陵辱乳嬲り
○悪の組織に潜入し、拉致された女性を逃がし、悪人たちを追い詰めた女仕置き人だったが…。
◆逃がした女性が、薬物中毒の発作で戻ってきてしまい、形勢が逆転する展開が素晴らしい。残念ながら、逆転勝利は無し。

黒人巨大マラ
VS
美熟女探偵
○医療法人を隠れ蓑にした悪の組織を捜査する為、とある病院に潜入した女探偵だったが…。
◆潜入捜査への経緯がちゃんと説明されているのは、良いですねぇ。格闘シーンで、女探偵が相手を蹴散らすシーンをスローモーションで表現しているのは、素晴らしい。残念ながら、逆転勝利は無し。

罪女SM刑罰
女子校生刑事
○潜入捜査専門の女刑事が、女子校生として、ある学園の捜査を開始して一ヶ月。ついに、女子生徒を調教して商売している証拠を掴んだ彼女だったが…。
◆囚われた女刑事は調教されるのだが、指とか玩具責めとかの淫具系だけで、それ以上はイマラチオだけ。オマケ映像として、本編とは関係ない和姦シーンはあるけど…。最後は、残念ながら逆転勝利なし。

女子校生捜査官HGA
○新メンバーのツボミが加入して、3人になった女子高生捜査官HGA(ハイスクール・ガール・エージェント)。一年前、マイが潜入捜査に失敗し、辱めを受けた凶悪麻薬ブローカー組織『ブラックマンバ』が活動を再開したとの情報が入った。組織壊滅を誓い、捜査を開始した彼女たちだったが…。
◆オープニングのナレーション、名探偵コ○ンかい^^;3人組が主人公の場合、絡みの時系列って意外と難しいのだが、一人目のマイが一年前の回想シーンというのが巧いですねぇ。二人目のツボミが敵に捕らえられ、彼女のエマージェンシーコールで誘き出された三人目のミホは、人質を盾にされて抵抗できずに…。最後は、乱交中にマイが男性捜査官と共に突入し、虚を衝かれた犯人たちを、全裸のツボミとミホが蹴散らし、見事にボスを逮捕。

レイスレイヤー
エルディアン
○世の中を闇で包み込むことを目論んでいる悪の組織『レイス』。レイス反応を示す校舎に潜入したレイスレイヤー・エルディアンだったが…。
◆主演女優の演技を観ていたら、なんとなく『幻星神ジャスティライザー』のヒロインを思い出した。なんでだろう?変身前段階で辱められた後に変身して敵を倒す。新たな敵が現れ、果敢に戦うも再び辱められ、パワーアップ形態に変身して敵を倒し、悪の権化と対峙するが…。体力エネルギー残量描写が欲しかったなぁ。エネルギーを使いすぎたとか、エネルギーを回復するには、少し休めばエネルギーが回復するとかの説明があれば、新たな敵に敗北する理由にもなったのだが…。最後は、残念ながら、逆転勝利は無し。

天響拳
ゼントージャ
○隕石から開発された戦闘スーツを狙う悪の組織に、開発者である父を殺された格闘家の主人公。父から託されたベルトで戦闘スーツを装着し、初の実戦で敵に立ち向かう彼女だったが…。
◆変身後にベルトを奪われるとパワーを失う、ワンダーウーマン的な弱点が良いですねぇ。悪の組織に復讐を誓った戦闘経験の豊富な謎の女が、主人公から奪った戦闘スーツを装着して敵を追いつめるが、拒絶反応で戦闘不能になる展開も素晴らしい。最後は、何故かパワーアップして逆転勝利するのだが、出来れば伏線が欲しかったなぁ。父が残した謎の言葉とか…^^;

女諜報員
仕組まれた超辱の罠
○日本征服を企む悪の秘密結社が裏で操っている会社に、OLとして潜入した女諜報員。深夜に忍び込み、データを盗み出そうとした彼女だったが…。
◆恐らく、この作品の原案は仮面ライダーだと思う。捕まった女諜報員が改造前の肉体調査という名目で辱められた後、特殊なヘッドギアにより改造され、洗脳が完了する前に、謎の男に救出される。謎の男から、死んだと聞かされていた父が、実は秘密結社に捕まっているとの情報を得た彼女は、再びアジトに潜入するが、完璧に改造された女戦士に敗北。集団で辱められた後、再び改造されるのだが…。最後は、父を連れ去られ、ボスには逃げられるが、逆転勝利。

くノ一凌辱絵巻
隠密無残花
○薩摩藩島津家の内紛!お家乗っ取りを企む分家の陰謀は藩を手中に収めるだけに留まらず、幕府政治に深く関与する事をも視野にいれたものであった。幕府は事の収拾を内密に進めるべく『公儀隠密・くノ一 ねね』を薩摩にさし向けた…。
◆女忍者系なのに、何故かお約束の網タイツ越しではなく、ほとんどが全裸の絡みだけという、女忍者系網タイツフェチにとっては、期待外れの作品。それ以外は、問題なし。最後は、逆転勝利。

アイドル捜査官
きこうでんみさ
○きこうでんみさは、ネットアイドルとしても活躍する一方で、Cちゃんを監視する‘ちゃんねる捜査官’でもある。今回、Cちゃんにオーディションを開催するという書き込みを発見し、不審に思ったみさは潜入捜査を試みるが…。
◆潜入捜査官を誘き出す罠とも知らず、ウサギのぬいぐるみを持ってオーディションに現れたみさは、捕まり辱められてしまう。牢屋に拘束された彼女は、牢屋の鍵を外し抜け出すと、ウサギのぬいぐるみからアイテムを取り出し、何かを仕掛ける。そして、再びアジトを捜索しているところを敵に見つかり、再び辱められてしまう。最後は、仕掛けた時限装置によって、逆転勝利。

巨乳女捜査官
媚薬中出し陵辱
○女捜査官・奈穂の使命は、日本の裏社会と結びついた国際テロ組織が製造する小型核爆弾の破壊。任務を遂行するため町工場に潜入した奈穂は、鍛え上げたHカップボディで悪党を次々となぎ倒してゆくが…。
◆軍用の幻覚剤を浴びせられて捕まり、吊るされて辱められる。開脚状態で拘束され、秘部に塗り薬を塗りこまれ、電マ&玩具責め受けた後、監禁される。隙を突いて、悪党を蹴散らし、逃走を図るものの、股間に塗られた媚薬が効きだし、再び囚われの身に。最後は、小型核爆弾の破壊には成功するものの、逃走できず輪姦されて終了。

特命女捜査官
陵辱の罠
○裏で人身売買をしている闇金業者。背後の大物代議士との関連を捜査する女捜査官は、格闘の末、彼らに拉致された女性を助けるのだが…。
◆助けた女性によって、筋肉弛緩剤を注射され、抵抗できずに辱められてしまう女捜査官。玩具責めの後、色仕掛けで逃亡を図るが失敗。完全に拘束されたまま、大物代議士に辱められるが、意思だけは逆らい続ける。最後は、媚薬堕ちで3P。

恥辱の女潜入捜査官2
○千尋の相棒だった前作の女捜査官の死体が運び込まれる。握り締められていたダイイングメッセージの暗号を解読した千尋は、裏切り者と対決するのだが…。
◆手下は簡単に蹴散らすが、裏切り者に敗北し、辱められてしまう。あとは、SMの世界へ。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

母乳捜査官
○子持ちの人妻捜査官である優子は、極秘データを盗んだ犯人を捕まえる為、手下の一人を問い詰めるのだが…。
◆夫婦の営みが終わった時、新たな捜査情報を伝える電話が。手掛かりを追って、手下の一人を問い詰めるのだが、油断して母乳が出る乳房を弄ばれる。しかし、隙を突いて、形勢逆転し、アジトの場所を聞き出す。単身、アジトに潜入するが、突然、アジト内に響く赤ん坊の泣き声に乳房が反応し、動きが鈍ったところで、敵に捕らわれてしまう。手下達に、またも母乳が出る乳房を弄ばれたあと、敵のボスに辱められてしまう。最後は、逆転勝利。

電脳調教4
○「女麻薬捜査官レイプ 堕天使の涙」で精神的ダメージを負った麻薬捜査官のレイ(橘)を治療したことが縁で、友達となった精神科医の律子(立花)は、患者から怪しい噂を聞いた畑中研究所へ、患者を装って潜入するが…。
◆身分がばれていた律子は、治療と言う名目で洗脳装置を装着され、調教されてしまい、淫乱な性奴隷と化してしまう。さらに、律子に呼ばれ、疑いも無くやってきたレイも、洗脳されてしまう。最後は、正義感よりも、性の虜となった二人の姿が…。

Iカップ巨乳潜入捜査
クロロフォルムレイプ
黒人中出し20連発
○キャバ嬢になりすまし、クラブで潜入捜査をしている麻薬捜査官の杏奈は、ついに麻薬取引の情報を掴む。銃を片手に、取引現場に踏み込んだ彼女だったが…。
◆不意を突かれ、クロロホルムで気絶させられ、辱められてしまう。おっぱいギロチン(巨乳を通す、二つの大きな穴が開いた透明プラスチック)等で拘束され、電マ責めにされたあと、輪姦されてしまう。最後は、鉄格子の中で、麻薬堕ちで終了。

遺伝子の悲劇3
○マッドサイエンティストの平山は、ウィルスを変異させて、強力な感染力を持つビーストを作り出し、社会を恐怖に陥れていた。南条博士の三女・ゆうなは、遺伝子操作で誕生し、戦いに敗北した姉2人と違って、普通の人間である。彼女は、協力者の医者と看護婦によって、姉2人の生体組織から作られた薬品を注射され、ハイブリッドジェネティックとなり、超能力でビースト達を蹴散らしていくのだが…。
◆平山よって看護婦を人質に取られ、ビースト化された医者に辱められてしまう。体力が完全に回復する前に、拘束されたゆうなは、平山にも辱められる。監禁されている看護婦の安否を超能力で探ったゆうなは、彼女が拘束されていたはずのビーストによって辱められ、ウィルスに感染した事実を知り、平山に反撃する。しかし、強力なビーストが乱入。ゆうなは、超能力でビーストを圧倒するが、突然襲った薬の副作用によってパワーが発揮できなくなり、ビーストに辱められてしまう。最後は、色情狂堕ち。

イキまくり懺悔
〜捕らわれた女スパイ〜
○女スパイのサヤは、男たちに監禁されていた。彼女の過ちは、監視カメラに気付かずに、機密情報を盗み出そうとしたことだった。囚われの身となった彼女の運命は…。
◆着衣姿で、両手首を頭の上で拘束されたまま、天井から吊るされ、身体を弄ばれたあと、ベッドの上で辱められてしまうサヤ。椅子の上に腕と脚を縛ってM字開脚の状態で拘束したまま、電マとバイブ責め。最後は、輪姦堕ちで終了。

平成女忍者
奥義中出し陵辱
○六百年間、秘伝の奥義を守り続けてきた忍者一族の末裔、真衣。だが、真衣と兄が不在の時、その奥義を狙う一族によって、父を殺されてしまう。奥義の謎を解く為、再び襲い掛かる忍者軍団に立ち向かう、真衣だったが…。
◆兄を人質に取られ、2人の忍者に辱められるが、無残にも兄は殺されてしまう。アジトに連行され、調教の末、淫獣と化す真衣。最後は、精気を奪われて怯んだ敵一族を殲滅して、逆転勝利。

女怪盗 女豹4
密林の秘宝 プアゾン
○黒木凛子(立花里子)、白鳥蘭(三津なつみ)、赤井ルビ(綾乃梓)の3人組の女怪盗・女豹。彼女たちは、50カラットのダイヤ「プアゾン」を狙って、ある製薬会社の社長の豪邸に侵入するが…。
◆蘭のミスで、ルビが捕まってしまうが、2人は「プアゾン」を奪って逃走。ルビは、媚薬を全身に塗られ、辱められてしまう。翌日、ルビを助ける為、蘭は単身で侵入し、鍵穴から室内に麻酔剤を噴霧して救出を試みるが、社長の方が一枚上手で、逆に薬で体の自由を奪われ、辱められてしまう。最後に残った凛子も仲間を救出に向かうが、蘭に銃を突きつけられ、仕方なく降伏。拘束され、辱められてしまう。そして、媚薬に堕ちた3人揃って辱められる。最後は、淫靡な儀式の生贄にされて終了。

女特別捜査官
陵辱マシンバイブ
○LA帰りの女特別捜査官の玲は、人身売買組織を潰す為に求人面接を装って組織に潜入。男たちを叩きのめし、牢屋に監禁されている女性たちを発見したのだが…。
◆屈強のボディガードが現れ、囚われている女たちに被害が及ぶことを恐れた玲は、本気を出せずに敗北し、辱められてしまう。他の女たちと共に監禁されてしまった玲は、看守を騙して、女たちを逃がすが、再び現れたボディーガードに捕まってしまい、マシンバイブ責めにされ、色情狂にされてしまった後、黒幕の所へ連れて行かれ、抱かれてしまう。だが、それは全て玲の演技で、黒幕の命と引き換えに、手下に警察へ通報をさせる。その後、証拠資料を探す玲だったが、逮捕されたはずの黒幕によって気絶させられてしまう。最後は、輪姦されて終了。

極マシンバイブ拷問!
贄四
○女スパイのセリナは、某秘密結社が開発した大型マシンバイブ装置の全貌を暴くため、敵アジトに潜入。装置を発見し、入念に調べる彼女だったが…。
◆人気の無い倉庫内で、銃を傍らに置いて、装置を入念に調べてるところを銃を持った男たちに囲まれ、囚われの身に。拘束されて、所属する組織を吐かせるために羽根による、くすぐり責め、伝マ責め、バイブ責めにされるが、耐えつづける。次に幹部に辱められ、絶倫男にも辱められるが、それにも耐えたため、マシンバイブ責めに。1号機で、前から超高速ピストンで責められてしまう。最後は、2号機でバックから責められ続けて、快楽堕ちで終了。

NO.1美女軍団
黒人銀行強盗事件
中出し50連発
6.5周年記念作品
※女刑事のシーンのみ抜粋。
◆行員と客を人質にとって篭城する銀行強盗犯の要求により、食事を搬入する女性。だが、食事に仕込んだ薬で、彼女の正体が刑事だとバレてしまう。女刑事は、女子行員に手出ししないことを条件に身代わりを志願。人質の目の前で、辱められてしまう。最後は、女刑事の自己犠牲も無駄となり、女子行員らと共に辱められて、終了。

女格闘家レイプ
龍の穴
○師範代でもある女格闘家は、借金を抱えた道場を掛けて、プロモーターが推薦する男の格闘家と、道場内のリングで対決することになったのだが…。
◆第1ラウンドは、女格闘家が優勢だったが、無常にもゴングが。弟子から受け取った飲み物で水分を補給し、第2ラウンドに向かった彼女の身体に異変が。対戦相手から、さっきの飲み物に筋肉弛緩剤が仕込まれていた事を知らされ、弟子の裏切りと、この試合が罠だったことに気付いた時には既に遅く、リング上で辱められ、痴態をカメラに撮影されてしまう。次に、ベッド上に拘束され、最も信頼の厚かった弟子にも辱められてしまう。最後は、輪姦されて終了。

女捜査官 第四話
暴発
○不倫相手でもある上司から、残忍な凶悪事件の捜査を命じられた女捜査官の舞は、怪しい廃墟を捜索するが…。
◆二人組みの凶悪犯によって拘束され、辱められてしまい、撃ち殺される寸前、パトカーが到着し、上司に助けられる。その後、上司との絡みや自慰行為で立ち直った舞だったが、帰宅途中、目の前に止まったコンテナトラックの荷台から降りて来た男たちに拉致され、荷台の中で輪姦されてしまう。最後は、撃たれて終了。

凌辱大捜査線3
組織的連続誘拐犯を
追え!
○特殊女捜査官チーム「Super Woman Police」、略して「SWP」のリーダーであるエミは、部下のアンリとイズミと共に、組織的令嬢拉致誘拐犯を捜査していたのだが…。
◆アジトらしき廃墟を発見し、イズミが単身で潜入を試みるものの、捕まってしまい、身体を弄ばれてしまう。エミとアンリは態勢を立て直し、イズミと令嬢の救出する為、アジトに潜入するも、捕まってしまい、アンリが辱められてしまう。拘束されているエミがトイレを要求するが、断られた為にその場で放尿し、男たちの油断を誘い、脱走を試みるものの失敗。部下たちの目の前で、エミが辱められてしまう。そして、3人とも男たちの餌食に。最後は、殉職者が出るものの、全裸で格闘して逆転勝利。

潜入特命女捜査官
肉欲テロリスト陵辱の戦
○香港から大量の銃器を密輸しようとする日本のテロ集団に、運び屋として接触する国際捜査官の杏子だったが…。
◆テロ集団の仲間になりたいと懇願する杏子は、主犯格の将軍に逆らうことを許されずに、テロリストたちの目の前で辱められてしまう。なんとか、組織の潜入に成功した杏子だったが、得た情報をメールで送信していた事を知られ、指揮官に辱められ、椅子に拘束されてバイブで責められてしまう。この状況から、なんとか脱した杏子は、テロに使われる資料を燃やすことに成功するものの、再び囚われの身に。最後は、輪姦されて終了。

潜入捜査官
藤井シェリー
〜イカセの責め苦〜
○内通者がいたのか、潜入した悪の組織に追われる捜査官のシェリーだったが…。
◆組織の男は、自分達の情報を何処まで掴んでいるのかを吐かせる為に、囚われの身になったシェリーを、あらゆる快楽拷問で責めていく。
・箱型の木枠に固定されて、電マ責め。
・治療器による全身低周波責め。
・レッ○スライダー(脚を開いたり閉じたりして太ももを鍛えるフィットネス器具)を改良して、股間の位置にディルドを装着した、フィットネス責め。
・浣腸我慢イラマチオ責め。
・ナメダルマ責め。
・拘束された彼女の目の前で、双子の妹が辱められる。
知ってる情報を話して、妹は解放されたが、彼女への責めは続く。
・電マが装着された三角木馬責め。
そして、ボスに辱められ、5人の手下に輪姦され、彼らに逃げられてしまう。
最後は、後日、性欲に溺れながらも、逃げた組織を追うシェリー捜査官の姿が…。

強い女を力づくで犯す
婦女暴行2
○女格闘家編:某拳法の師範代でもある女格闘家は、練習に遅れて来た弟子(仮称:我流格闘家)を追い返すが…。
◆後日、次々に弟子と組手をするが、我流格闘家に力で押さえ込まれ、柔道衣の下を脱がされ、弟子たちの前でパンティ姿を晒してしまう。その夜、電話で呼び出した我流格闘家と1対1の勝負に挑んだ女格闘家だったが、圧倒的な力の差で敗北し、辱められてしまう。それから数日後、女格闘家は、ランニング中の我流格闘家の前で土下座をし、男の弟子2人を立会人にして、我流格闘家と再戦するが、またしても敗北し、今度は柔道衣を剥ぎ取られ、弟子たちの前で全裸を晒してしまう。最後は、全裸姿に欲情した弟子2人に輪姦されて終了。

○女殺し屋編:道路上に立ち塞がり、拳銃でターゲットを暗殺する女殺し屋だったが…。
◆左ひざを負傷し、裏道に逃れた女殺し屋だったが、そこに1人のホームレスが。いつもなら、簡単に蹴散らす相手に、傷を責められ、辱められてしまう。
ホームレスから解放され、放心状態の女殺し屋の前に、今度は2人の労働者が現れ、欲情した彼らに輪姦されてしまう。最後は、服毒自殺で終了。

○女政治家編
◆権力は対象外の為、レビュー無し

女麻薬捜査官レイプ
堕天使の涙
○逮捕した男から押収した証拠品の映像資料に映っていた、薬漬けとなっている妹を救う為、麻薬捜査官のルイは、課長と共にアジトに向かったのだが…。
◆実は、犯人と繋がってた課長に裏切られ、逮捕したはずの男を含む犯人達に辱められ、痴態を撮られてしまう。その後、全裸の開脚状態で拘束され、ビデオカメラの前で、媚薬効果の高い新薬の効果を試す実験体にされ、快楽に逆らえず、主犯格たちに抱かれてしまう。まだ善意が残っていた課長の助けで部屋から逃げ出したルイだったが、裏切り者の課長を殺した犯人達に立ち塞がれ、更に再発した薬物の媚薬効果で、抵抗できずに輪姦されてしまう。最後は、犯人が油断して手放していた銃と、駆けつけた後輩刑事によって逆転勝利。

女捜査官、堕ちるまで…
都市伝説 人喰椅子事件
○かつての所有者が隠した莫大な財産の手掛かりが刻まれた椅子が、赤い靴を履いた女性だけが入室を許される地下室にあると言う都市伝説があった。最近、巷では、その椅子を探すゲームが始まり、同時期から失踪事件が多発。某警察署の会議室では、霧島捜査官が都市伝説と失踪事件の関連性を指摘して、本格的捜査をするように訴えたが…。
◆事件性を疑われ、部長と課長から証拠を求められた霧島捜査官は、赤い靴を履いて情報があった地下室へ潜入し、椅子を発見。だが、突然現れた屈強な男に押さえ込まれ、辱められてしまう。その後、拘束され、身体を弄ばれるが、彼女は隙を見逃さず、男を殴り倒す。ボロボロになって警察署に戻った彼女は、課長に報告。別室で詳しい話を聞くと言われ、課長に地下室へ連れて来られた彼女だったが、背後から筋肉弛緩剤を注射され、身体の自由を奪われたまま、媚薬付きのバイブを秘部に挿入され、絶頂して気絶。目覚めた彼女は、全裸で拘束されており、更に衝撃の事実を知らされる。それは彼女を辱めた屈強な男は、実は模倣犯であり、失踪事件の真犯人は部長と課長だった。その後、彼女は媚薬や電マ等で調教され、辱められる。それから3ヶ月後、某警察署の地下室には、拘束されまま辱められつづけて、人間椅子と化した霧島捜査官の姿があった。それにしても、この作品は脚本が巧い。特に模倣犯という設定が…^^;

空手黒帯in女スパイ
拉致監禁拷問
○大手企業の社長宅のPCから、裏献金の資料を盗み出す為に潜入した女スパイだったが…
◆格闘シーンは、スピードも速く、AVとは思えないほど、本格的。ただ、残念なのは拘束が甘い点。一瞬の隙を付かれて、クロロホルムで気絶させられ、目隠しと手錠を嵌められてベットに寝かされているのだが、その手錠が拘束されてない。逆転勝利は無かった。

秘密捜査官
アクションレイプ
確固たる誓い
○変装して天才ハッカーとして裏組織と接触した秘密捜査官の玲は、仕事内容の説明を受けながら、思い出していた。過去に、この裏組織から受けた屈辱の一日を。それは…
◆数年前、恋仲でもある同僚捜査官と共に裏組織のアジトに突入するが、空振りに終わり、油断したところで捕まってしまう。そして、目の前で恋人を殺され、自分が辱められた事を…。そして、現在。裏組織の潜入に成功する玲だったが、怪しまれて拘束され、バイブ&伝マ責めを受け、あの時の女捜査官だと気付かれてしまう。そして、裏組織の部下である3人の男たちに、全裸で輪姦されてしまう。最後は、主犯格の幹部たちが、女捜査官の処刑される場面を見に集まったところで、全裸の玲は突きつけられた拳銃を蹴飛ばし、服を一瞬で着替えると、部下たちを蹴散らし、主犯格の幹部たちを逮捕して、任務完了。

アナル凌辱事件簿7
-女捜査官
VS
拳銃密造犯-
○優秀な女捜査官に、次々と仲間を逮捕されていく拳銃密造犯達は、彼女を拉致して制裁を与える計画を立てた。
◆常に、二人で行動している捜査官を分断させて、女捜査官を拉致する作戦は、AVの割に巧い。散々、辱められたものの、最後は逆転勝利し、現場に復帰して終わっている。個人的には、好きな終わり方^^

サイヴィータ
○遥か7万光年の彼方から、地球征服を企むリトラー星人は、サイバースペースから侵略を開始。世界連邦政府のサイブガード(コンピュータ・ネットワーク監視人)であるスーパー女子校生アサミは、自分の分身であり、リンクして遠隔操作の可能なシャドー・サイヴィータをサイバーワールドに出動させるのだが…。
◆戦闘員たちを蹴散らすシャドー・サイヴィータだったが、幹部の圧倒的パワーにより捕獲され、アジトに移送される。複数の男たちの手が、拘束されて身動きが取れないシャドー・サイヴィータの肉体を弄ぶと、リンクしながらシャドー・サイヴィータの姿を観ていたアサミ自身も感じてしまう。次に、M字開脚で拘束されたシャドー・サイヴィータは、バイブで股間を責められたあと、イラマチオさせられ、秘部に精子をぶっかけられて、バイブを押し込まれてしまうと、我慢出来なくなったアサミは、思わずリンクを断ち切ってしまう。すると、リトラー星人の幹部が、地球人は身代わりを簡単に見捨てる卑怯な奴とアサミを挑発。今度は、アサミ自身がサイヴィータとなって、サイバーワールドに突入。圧倒的な力で、2人の幹部を蹴散らすが、アサミの母親が人質に取られ、武器を手放し、戦意を喪失するサイヴィータ。だが、人質となっていた母親はニセモノだった。事実を知ったサイヴィータだったが既に遅く、囚われてしまう。最後は、リトラー星人の種を残す為の苗床にされてしまったサイヴィータが、リトラー星人たちに輪姦されて終了。
 そして、その後の世界はCybe-Guard GANDIVAへと続いていくのである。
○潜入捜査で射殺された女刑事アリスは、軍の陰謀でサイボーグに改造される。記憶を取り戻すためにチップを奪還したアリスは、自分を射殺した男の元へ向かうが…。
◆メインの絡みは2つ。まずは、女捜査官として敵に捕まり、辱められる。次は、改造後に記憶を取り戻すため、ある男に接触し、メモリーを入手しようとするが、メモリーを起動するには、その男の精子が必要という、成年向けコミックにありがちなパターンで、メモリーを彼女の股間にセットして…。最後は、右腕を切り落とされるが、すぐに直って、悪の組織を壊滅。

パーフェクトボディ
×ギリモザ
20コスチュームで
パコパコ!
※20コスチュームの中から、2つだけ抜粋。
○女忍者:修行の為、フェラチオ^^;
○外階段で、体の縦中央一直線にチャックが入ったライダースーツのような黒のボンデージスーツ姿の女怪盗が、先ほど盗んだ大きいダイヤに見とれてると、背後から突然、薬を嗅がされて…。
◆気が付くと、手錠で拘束された両手を、天井から吊るされていた。彼女を捕らえた男は、ダイヤの持ち主であり、警察に突き出されるか、それとも仲間になるか問われ、答えは快楽を味わった後で聞くと言う事になり、乳房と股間を弄ばれる。その後、拘束を解かれ、フェラチオ後に辱められる。最後は、顔射で終了。

非日常的悶絶遊戯
出版社編集者、
まゆらの場合
※該当シーンのみ抜粋。
○スランプに陥った小説家の為、新人編集者のマユラは、新作小説の主人公である女テロリストを演じる事に…。
◆銃を片手にターゲットの家に潜入した女テロリストだったが、住人に見つかり、囚われの身に。ベッドの上に拘束された女テロリストは、辱められしまうのであった。

マルサの女受難
淫火の罠
○優秀な女上司の下で働く新米税務調査員のアイリは、チバという男に関する税務資料から見つけた不審な点を女上司に指摘するが、女上司はその件を無視する。何故なら女上司はチバの性奴隷と化していたのだ。正義感が強いアイリは、単身でチバの邸宅に乗り込むが…。
◆チバの話では、アイリの恋人である御曹司の会社が、ハナオカと言う男の罠で多額の負債を抱え、チバに借金を懇願しに来たと。恋人のピンチを救う為に抵抗できなくなったアイリは、チバに縛られ、SMな調教されてしまい、ハナオカに辱められてしまう。その後は、蝋や浣腸で責められてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利無し。

タイムソルジャー・ティマ
○誰も居ない倉庫で気絶してた娘が目覚めるが、記憶を失っており、身に付けていたアイテムで現在が2009年だと知る。そこに、彼女をティマと呼ぶ黒服の男たちが現れ、彼女が要人を暗殺して歴史を改編した犯人と決め付け、襲い掛かる。だが、圧倒的な格闘センスで男たちを蹴散らしたティマは、彼らに問い掛けた。自分が何者なのかを…。
◆彼女は、男たちと同じタイムソルジャーであり、それもトップクラス。タイムソルジャーは、あらゆる時代に現れるモンスターを退治するため、22世紀から時を越えて戦ってきた…。話の途中で、突然、男たちの目の前から姿が消えてしまうティマ。自分の意志とは関係なく、タイムスリップしてしまったらしい。歴史を改編した者は、永遠に時空を彷徨い続ける、時の放浪者となると言われていた。
・2032年に飛ばされたティマは、虫かごを持った博士を襲う暴漢と戦い、退散させる。どうやら、博士と暴漢は、昨日のティマのことを知っているらしい。それに、暴漢は言っていた、「その虫を殺さないと大変な事になる…」と。昨日の事を博士に問い掛けると、意外な答えが返ってきた。それは昨日、あのファイと言う暴漢に、ティマが辱められてたと言う。博士に勧められ、虫かごの中に手を伸ばしたティマは、虫に刺されてしまい、体が麻痺してしまう。博士が解毒剤を探して居る間に、ティマは消えてしまう。
・1日前の同じ場所に飛ばされた麻痺状態のティマは、暴漢に辱められてしまう。
・目が覚めたティマは、自分が服を着て寝かされており、現在が2056年だと知る。そこに、カイと名乗る男が現れ、外に倒れていた彼女を助けてくれたらしい。彼の話では、20年程前にファイが生み出した虫と人間との混血怪物(モンスター)が、女性を襲っているらしい。その時、2階から女性のうめき声が聞こえ、カイに問い掛けると、怪物(モンスター)にタマゴを産み付けられた女性の被害者が寝かされているらしい。カイが2階に上がり、部屋を覗くとの、そこには臨月状態のティマが寝かされていた!何も知らないふりをして、カイはティマに温かい飲み物を手渡す。飲み干したティマの体が痺れはじめると、カイが豹変。何故か、ティマの素性を知っていた。以前にもゼンと名乗る男が、突然現れ、すぐに消えたと。実は、カイの正体は人身売買を扱う商人だった。そして、2階に居る被害者が、もうひとりのティマだと知らされる。そして、品定めと称してカイに辱められてしまう。ひと段落したところで、再びティマの姿が消滅。
・時空の狭間で、ゼンと出会うティマ。ゼンは、ティマより後のタイムソルジャーで、ティマと同じ「時の放浪者」だった。彼の話では「時の放浪者」は、死ぬ事も許されず、永遠に時を彷徨い、そして同じこと繰り返す、無限ループに陥ると。そして、これから起きる彼女の事を話そうとした瞬間、ティマの姿が消滅してしまう。
・2064年に飛ばされたティマは、怪物(モンスター)に襲われ、タマゴを産み付けられ、再び2056年に飛ばされてしまう。
・2056年。ティマは、怪物(モンスター)の赤ちゃんを出産。再び、2064年に飛ばされ、怪物(モンスター)に辱められてしまう。
こうして、ティマは恐怖と恥辱の無限ループ地獄に堕ちたのだった。

ATTACKERS
女捜査官BEST2
※女捜査官シリーズのダイジェスト版
潜入捜査官、堕ちるまで…
◆潜入捜査に失敗し、監禁調教されているマイを救う為、上司であるルイが単身で潜入する。しかし、マイにナイフを突きつけられてしまい、戦意を喪失。手錠で拘束されたルイは、二人の男に辱められてしまう。
サイコメトリスト桐子
◆物体から残留思念を読み取る超能力捜査官のキリコ。ベッドの上で発見された全裸女性の辱められたあと毒殺された遺体。事件現場に残された物証から、残留思念を読み取るキリコ。だが、怪しい男により薬を嗅がされ気絶させられてしまう。キリコが目覚めると、ベッドの上に開脚状態で両手両足を拘束されていた。怪しい男に服を切り刻まれ、辱められてしまう。唇に触れた男の指から思念を読み取ったキリコは、この男と自分の上司との関係に気付くが、気絶させられてしまう。
女捜査官、堕ちるまで…都市伝説 人喰椅子事件
◆本ページ内レビュー参照
凌辱大捜査線3
◆本ページ内レビュー参照
2人の潜入捜査官サラ&ヒカリ
◆アジトに突入したサラとヒカリだったが、格闘の末に捕まってしまう。その後、2人は全裸姿で脱走を図るが、それは残された希望を失わせる罠だった。再び捕まった女捜査官たちは、男たちに輪姦されてしまう。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○かつての恋人マナブの跡を追うように潜入捜査官になったナオミ。学生時代の先輩でもあるシマダの元で、恋人の死を忘れようとして、仕事に専念していた。情報分析担当のダイドウジから、麻薬ルートの重要拠点だと思われる場所を知らされる。ナオミは、独自の班を伴って、アジトに強制捜査を計画。ナオミは、万が一の事態に備えて、ダイドウジだけに潜入ルートを教える。そして、新人のヤマダを含む班と共にアジトに潜入するが、待ち伏せされていたのか、気絶させられたヤマダとナオミだった。
◆いつの間にか、M字開脚で拘束されたナオミと、拘束され横たわるヤマダ。そこに現れたのはシマダと、亡くなったはずのマナブだった。実は、麻薬密売の元締めは、シマダだった。シマダは、ヤマダにナオミを襲うようにけしかけて、立ち去る。ナオミが襲われようとした瞬間、ダイドウジが現れ、ヤマダは逃走。ナオミは、裏切り者のダイドウジに辱められてしまう。ひと段落したところで、ダイドウジは、シマダの部下に射殺されてしまう。翌日、ボールギャグを咥えさせられたナオミは、シマダに蝋責めされ、イラマチオ後に辱められてしまう。実は、シマダの悪事の証拠を掴むため、マナブは非情な潜入捜査をしていたであった。マナブと共に逃走を図るナオミ。最後は、シマダの部下にヤマダとマナブが射殺されてしまうが、隙を突いてシマダの部下を射殺。シマダを絞首刑にして、逆転勝利。

巫女戦記
○秘宝のありかが秘められていると言う村の守り刀「御神刀」を守るため、村人達から依頼された抜け忍のアズサは、仲間のワカとアカネと共に、巫女として生活していた。アズサは、かつての恋人ヘイジの形見である刀を眺めながら、熱いひと時を思い出していた。だが、また御神刀を狙う首領が出現。それはなんと、亡くなったヘイジと瓜二つだった。
◆アズサが男たちと戦っている間に、囚われた巨乳の巫女、ワカが縛られ、辱められてしまう。その後、忍び装束で男達たちと戦うアカネだったが、囚われてしまう。人質となったワカを救うため、交換条件で、首領に御神刀を渡すアカネ。だが、ワカを開放せず、首領はアカネを辱めたうえ、縛り上げてしまう。そこに、巫女装束のアズサが登場。実は、首領が持っている御神刀はニセモノだった。アズサは、本物の御神刀を首領に渡すが、首領に辱められてしまう。最後は、アズサが御神刀の力を解放して、逆転勝利。

搾隷交渉人M
○病院で、二人組みの男による篭城事件が発生。警視庁の凄腕交渉人である恭子が単身乗り込み、犯人と交渉することに。人質の安否を確認し、人質が殺された事を知ると、隠し持った銃を犯人に突きつける。だが、犯人達は高性能爆薬を仕掛けていた。犯人の真の狙いは、彼女だった!
◆レオタードセーラー服に着替えさせられた恭子は、分娩台に拘束され、股間と乳房を弄ばれながら、鼻フック責めにされてしまい、最後には放尿まで晒してしまう。次に、黒のボディスーツに着替えさせられ、天井から両手を吊るされた恭子は、乳房を縛られ、電マとバイブで責められてしまう。次に、ボンテージ下着の上にドレスシャツとスカートに着替えさせられた恭子は、蝋責めにされたあと、犯人達に辱められてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利無し。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○人身売買組織に1年間潜入し、幹部にまで登りつめた捜査官のジュン。だが、敵対組織に捜査官が潜入していたという情報が入り、次の取引で組織を解散し、顧客データを消去する事に決定。証拠隠滅をおそれたジュンは、顧客データをコピーするが…。
◆コピー履歴と敵対組織に潜入していた捜査官が吐いた情報から正体が割れ、拘束されてしまったジュン。コピーした顧客データの隠し場所を吐かせるため、組織はジュンの妹を拉致。妹の命と引き換えに、コピーした顧客データの隠し場所を教えるジュン。妹を人質に取られ、抵抗できないジュンは輪姦されてしまう。最後は、一週間調教され続けて性奴隷と化したジュンが、組織のボスに抱かれて終了。

淫媚薬陵辱
女特別捜査官
○人身売買組織に繋がる証拠を掴む為、病院に潜入する女捜査官のモカ。ナース姿で、病院の患者でもある組織の一員から情報を得たモカは、地下遊技場へ客として立ち寄り、様子を探るとすぐに帰ったが、組織のボスに悟られてしまう。病院に戻ったモカは、ボディガードを倒すと、患者でもある組織の一員に銃を突きつけ、新薬の情報を掴む事に成功し、地下遊技場に突入するが…。
◆組織の男達を蹴散らし、ボスに銃を突きつけるが、部屋中に新薬のガスを撒かれ、体が麻痺してしまう。天井から両手を吊るされ、拘束されたモカは、電マと指で責められた後、気絶させられてしまう。気が付くと、新薬の実験体にする為、病院の分娩台に拘束させられていた。見張りの男を誘惑して倒すと、男達を蹴散らすが、院長にクスリを浴びせられ、体が麻痺してしまう。そして、手術台に拘束され、依存症のある媚薬ガスを吸わされ、院長に辱められ、男たちに精子を浴びせられてしまう。そして、地下遊技場に連れてこられ、1時間もガスを吸わされたモカは、ボールギャグを咥えさせられ、組織のボスに辱められてしまう。最後は、病院のベッドの上で性欲が収まらず、自慰行為を続けるモカの姿が…。

レズ輪姦 FILE.04
女デカ職権崩壊
○病院に潜入した女刑事のユミは、女医に銃を突きつけ、屋上に移動すると女院長を呼び出す事を命じた。そして、院長を待つ間に思い出していた。院長と女医から受けた恥辱の事を…。
◆妹が殺された証拠を掴む為、妹に似たナースのミカを手玉に取り、証拠が隠されている場所の鍵を受け取る事に成功。潜入を試みるが、女医と院長に見つかり、分娩台に拘束され、ユミに味方した相手の名前を吐かせる為、ローター、電マ、バイブ、更にディルドで責められてしまう。そして、拘束を解かれたユミだったが、今度はミカの目の前で、女医のペニスバンドで辱められたのであった。
・屋上に女院長が現れると、ユミはミカを解放するように要求。解放されたミカは、ユミの側へ。だが、味方だと思っていたミカが、ユミの銃を取り上げ、彼女の腹部に蹴りを入れた。そして、ナースの集団の中に運び込まれると、身ぐるみを剥がされ、ナースたちに肉体を弄ばれてしまう。最後は、女医やナースたちのペニスバンドで輪姦されて終了。

奴隷島 第十一章
女捜査官の絶望
○かつての恋人である弁護士の依頼で、ある資産家の自宅に潜入した国際捜査官のイズミは、女性を性奴隷として調教する現場を目撃するが、隙を突かれ囚われの身に…。
◆麻袋に入れられ、奴隷島に連行されたイズミは、身ぐるみを剥がされ、両手を拘束され吊るされてしまう。その島でイズミは、資産家の情報を得る為に接触した女性たちが、性奴隷と化している事に気付かされる。そして、イズミの携帯電話に非通知の着信音が鳴り響く中、バイブ等で彼女の調教が開始される。そして、上と下の口を、休み無く辱められてしまう。最後は、誰も居なくなった鉄格子の中で拘束されたまま、依頼主の弁護士に携帯で連絡しようとするが、それは罠であり、弁護士は殺されてしまう。脚の筋を切られ、更に声を出せなくなったイズミは、麻袋に入れられ、外国に売り飛ばされてしまうのであった。

囚われの人妻捜査官
○女捜査官だったユミは、警護をきっかけに経営者の夫と結婚。幸せな生活が続くと思った矢先、夫が失踪してしまう。捜査官時代の上司の情報から、夫が最後に接触した人物が、日村と言う社長だと知る。ユミは偽名を使い、秘書として日村家に潜入するが…。
◆ユミは、社長と息子が住む社長宅を捜索するが、社長に見つかってしまい辱められてしまう。次に、彼女の目的と正体を探る為、息子が電マやバイブで責め、獣のように辱めると、ユミは観念して失踪した夫の事を話してしまう。ベッドの上で目覚めたユミの目の前には、失踪したはずの夫の姿が。実は、夫の会社は脱税しており、監査の情報を得た夫は姿を消して、日村社長にマネーロンダリングを依頼していたのだった。事実を知ったユミだったが、夫と日村の息子に輪姦されてしまい、マネーロンダリングの報酬として日村家に売られてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

ハードコアに突き挿して
○女剣士のユマは、得た情報と報酬である大金とで、取引を成立させたかに見えたが、相手が手下を襲わせて…。
◆難なく手下を倒したユマは、相手を押し倒して快楽を楽しむ。次の仕事で協力者が必要になり、ユマはパイズリとフェラで従わせる。だが、その協力者が捕まり、彼を助けに来たユマだったが、協力者が裏切り注射を打たれて、倒れてしまう。囚われの身となったユマは、組織のリーダーに辱められてしまう。またある時には、別の組織に捕まり、両手を拘束されたユマは、尋問と称してルーターやバイブ、更には電マで責められてしまう。最後は、男二人と共に宝物をゲットするが、分け前を巡って何故か3Pとなり、快楽を楽しんだユマであった。

ボイン大好き
しょう太くんの
Hなイタズラ
○依頼主から、娘をイジメる子供を見つけ出して、イジメを辞めさせて欲しいと依頼された探偵のコトネは、次の日に路上で遊ぶショウタを見つけ出したが…。
◆ちょっと目を離した瞬間、視界から消えたショウタによって背後からスカートをめくられてしまうコトネ。ショウタの言い分に乗って、見習い探偵と偽り、依頼人の娘のイジメを辞めさせるきっかけを掴む為、ショウタの家で探偵の特訓をする事に。階段を使って尾行の練習と称して、スカートの中を覗くショウタ。次に、四つん這いに歩かせて、コトネのお尻を間近で見つめるショウタ。体が火照ったコトネが上着を脱ぐと、彼女が意外と胸が大きいと気付いたショウタは、興味津々で触りだす。次に色仕掛けの特訓と称して、コトネのブラを外し、体を弄るショウタ。固くなった肉棒に混乱するショウタを慰める為、思わずフェラで発散させるコトネ。ショウタから、依頼主の娘に対するイジメを辞めさせる約束を得たコトネだったが、交換条件として毎日、ショウタの家で特訓することになってしまった。翌日、下着姿のコトネは、ショウタとクローゼットに入り、何者かに監禁され、寒さで震える二人と言うシチュエーションとして二人が体を寄せ合うと、いつの間にか抱き合ってしまう。更に次の日、コトネはベッドに拘束され、拷問に対する特訓と称して、体を弄られ、バイブで責められたあと、辱められてしまう。最後は路上で依頼主に娘へのイジメを辞めさせたと報告するコトネ。股間のリモコンバイブに悶えながら…。

女捜査官、堕ちるまで…
THE END
○女捜査官のサヤとリリアは、逮捕した犯罪組織の男から、次の密売取引の日時と場所を聞き出すと、逮捕した男を連れて、取引場所へ向かったが…。
◆実は、密売取引は罠であり、女捜査官の二人は、犯罪組織のボスと側近の男に捕まってしまう。逮捕した男に辱められそうになったリリアだったが、逮捕した男共々、側近の男に射殺されてしまう。精神的に追いつめられたサヤは、抵抗できずに鉄格子の中に監禁されてしまう。そして、ボスにイラマチオさせられ、ザーメンを強制的に飲まされてしまう。その後、椅子に拘束され、服を切り刻まれ、バイブで責められた後に、ボスに辱められてしまう。それから二日後、今度はボスと側近の男に輪姦されてしまう。最後は、側近の男から「楽に死ぬか、生きて慰み者になるか。」と、究極の選択を迫られてしまう。果たして、サヤが出した結論とは…。

新 蛇縛の拷問折檻
捜査官、屈するとき…。
○婦女連続誘拐犯のアジトに、男性捜査官と潜入したクロキ捜査官は、大手企業の会長の目の前で、誘拐された女性がランダという男に調教されているところを目撃する。ランダと会長に銃を向けながら、被害者を保護しようとするクロキだったが、相方の男によって男性捜査官が人質にされてしまう。抵抗できなくなったクロキは銃を置くが、男性捜査官は射殺され、クロキは餓死するまで監禁されることに。それから一週間後、会長の希望により、餓死寸前のクロキを会長自身が射殺する事に。だが、隙をついてクロキが銃を奪還、会長を射殺し、ランダに銃弾を撃ち込んで、危機を脱した。それから3年後、クロキから事件を引き継いだ、女捜査官のミサワは、婦女連続誘拐犯のアジトで、事件の痕跡を捜索していたのだが…。
◆ミサワの前に、ランダと仲間の男が現れ、囚われの身に。相方の男に辱められ、ランダに緊縛調教されたミサワは、クロキを誘き出す餌に。ランダの呼び出しに応じたクロキは、ランダに緊縛調教され、相方の男に辱められてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利なし。

強姦捜査官 真条彩
レイプの傷痕
○5年前、女子校生グラビアアイドルだったアヤは、連続強姦魔のオオクボに辱められたものの、ナイフで反撃した結果、オオクボは逮捕された。そして彼女は、「罪もない女性に自分と同じ思いをさせたくない」と願い、自ら強姦捜査官となっていた。女性の悲鳴を聞いたという警察への通報で、アヤが駆けつけた現場では、集団レイプ犯が若い女性を襲っていた。集団レイプ犯を蹴散らすアヤだったが…。
◆主犯格の男が逃走。資材置き場へ追い詰めたアヤだったが、そこに脱獄したオオクボが登場。オオクボが5年前に受けた傷跡を見せられ、アヤが過去のトラウマに襲われた瞬間、オオクボに押し倒されてしまう。そして、アヤと同僚捜査官のツーショット写真に憤慨したオオクボによって、アヤは辱められ、オオクボは集団レイプ犯の主犯格の男と共に逃走。警察署に戻ったアヤだったが、被害者が起訴しなかった為、集団レイプ犯の仲間たちは、釈放されていた。再び、集団レイプの犯行現場に遭遇したアヤだったが、今度は被害者が人質に。自分が被害者の身代わりになると交渉し、拘束されたアヤだったが、約束は破られ、アヤの目の前で被害者が辱められてしまう。そして、アヤも集団レイプ犯に辱められてしまう。一戦交えた男たちが一息ついた瞬間、アヤが銃を奪還。主犯格の男に銃を突きつけ、オオクボの居場所を吐かせる。その頃オオクボは、モデルが写真撮影中のハウススタジオへ潜入し、モデルを辱めてしまう。事件を知って駆けつけたアヤの恋人だったが、オオクボにボコボコにされてしまう。そこに、アヤが登場。抵抗すると、恋人が殴られる為、アヤは抵抗できずに、恋人の目の前で辱められてしまう。最後は、恋人が最後の力を振り絞って蹴った銃を、アヤが受け取って逆転勝利。

秘密捜査官の女
鬼畜テロリストの淫謀
○任務中にも関わらず体を求め合う間柄だった捜査局長が、宿敵である犯罪シンジケートの男に捕まってしまった。上層部の鈍い対応に業を煮やしたトップエージェントのアキホは、単身で敵アジトに潜入するが…。
◆3人の暴漢に見つかり、果敢に立ち向かうアキホだったが、媚薬スプレーを浴びせられると、発情してしまい、3本の肉棒をしゃぶってしまう。次に、地下牢で両手を吊るされると、バイブで責められてしまう。そして、ベッドルームに連行されると、今度は鬼畜な男に銃を突きつけられ、抵抗できずに辱められてしまうが、隙を突いて銃を奪い、鬼畜な男を射殺し、局長を監禁している宿敵の元へ。宿敵に銃を突きつけ、局長を連れて来るように命じたアキホだったが、既に薬物中毒と化した局長に襲われ、宿敵と共に3Pへ。最後は、銃を奪還して、逆転勝利。
○悪の組織と戦う超忍者のダンガインことマイと、その妹であるセーバインことユイ。だが、二人には、過去に彼女達の兄を発端とする確執があり、ダンガインはセーバインの協力を撥ね付けていた。
◆落ち込むユイの隙を突いて、悪の組織彼女を拘束し、辱められてしまう。次に、マイの前に現れた悪の組織は、人質である全裸姿のユイを見せつけ、マイの変身アイテムを奪うと、妹の目の前で、マイを辱める。敵の隙を突いて、拘束を解いたユイは自分を辱めた仮面の男を殴ると、それは、死んだと思われていた兄だった。マイを辱めた男は、洗脳が解けそうな兄を連れて、退散してしまう。兄が生きていた事で、共闘するダンガインとセーバイン。だが、異空間に飛ばされ、抵抗すると、再び街を吹き飛ばすと脅迫され、抵抗できずに辱められてしまう、ダンガインとセーバイン。最後は、辱められながらも、二人の心がひとつになった瞬間、奇跡が起きて逆転勝利。

巨乳捜査官
アクションレイプ
正義なる鼓動
○拉致された要人の娘を救出する為に、アジトに単身乗り込んだ女捜査官。敵との格闘の末、要人の娘を逃がす事に成功するが、隙を付かれ…。
◆拘束され、弄ばれた後に、脳波コントロール装置内蔵の首輪を嵌められ、操られてしまう。再び拉致された要人の娘によって、首輪を外されて正気を取り戻す点は、良かったと思う。残念ながら、逆転勝利は無し。

みのりとみのり
巨乳姉妹は
ハレンチ捜査官
○己の肉体で男を魅了し、悪を懲らしめる姉妹捜査官のシュガー(姉)とハニー(妹)が活躍する話。
※主役が一人二役。
1.霊感商法詐欺事件
◆安物の石鹸でインチキで高額に売りつけて大儲けする悪徳商法の犯人を、ハニーが肉体で魅了し、犯人が思わず漏らした過去の悪行を録音して、逮捕。
2.婦女暴行事件
◆泥酔状態の女性を辱め、それを録画して恐喝する婦女暴行犯に対し、シュガーがおとり捜査を決行。捕まえた犯人は、ある犯罪組織の一員だった。
3.空き巣強盗事件
◆被害者宅へ事情聴取に向かったハニーだったが、それは罠だった。被害者と偽っていた犯罪組織のボスにより、辱められてしまうハニー。
4.妹を助けに来た姉
◆手錠で拘束され、気絶しているハニー。その彼女に銃を突きつけている男を昏倒させるシュガー。何故か昏倒した男に襲い掛かり、快楽を楽しんでしまうが、最後は男に逃げられてしまったシュガー。その後、二人の活躍で犯罪組織が壊滅したらしい^^;

くノ一拷問凌辱5
○敵に囚われた父を救う為、姉妹同然の仲であるアヤメがあっさりと奪って渡してくれた甲陽忍軍秘伝の書である『万川集海』を隠匿して、逃走するオレンだったが…。
◆仲間に見つかり反撃するものの、人質となったアヤメを見せられると、抵抗をやめて囚われの身に。オレンが顔も知らなかった首領が目の前に現れると、何故か動揺するアヤメ。秘伝の書の隠し場所を吐かせる為、オレンの目の前でアヤメが辱められてしまう。まだ、隠し場所を吐かないオレンは、拷問と淫具で責められてしまう。その後、助けに来たアヤメに心を許したオレンが隠し場所を教えるが、それが首領の策略だった。だが、アヤメは秘伝の書を奪ったのは自分だと告白して、自らも裏切り者として囚われてしまう。誰にも知られていないが、実はアヤメは首領の娘だった。裏切り者の制裁として、オレンとアヤメは辱められてしまう。最後は、アヤメが自分の娘だと告白した首領の目の前で、アヤメとオレンが一騎打ちをさせられるが、アヤメがオレンに刺される事を望み、アヤメの死を恐れた首領がオレンに放った光球を、アヤメが庇ってしまう。そこで生まれた一瞬の隙を突いて、オレンが仲間と首領を倒し、アヤメの死を看取って終了。

令嬢義賊
鼻辱のシェラザード
○資産家の令嬢でありながら義賊となって、私腹を肥やす悪人から大金を奪い、恵まれない子供たちに寄付をする現代の女ねずみ小僧。そんな彼女の元へ、脅迫状が届く。罠と知りつつも、差出人の元へ侵入した彼女だったが…。
◆劇中で、知名度のある女義賊の固有名詞が欲しかったなぁ。敵の部下を蹴散らし、ボスと対峙するも、話術にはまり迷いが生じた隙を突かれて、囚われの身に。最後は完全に調教されてしまい、逆転勝利は無し。

キモ男に犯される
女麻薬捜査官
○半年前、麻薬密売組織のボスに愛人として接触し、潜入捜査の末に彼を逮捕したユカだったが、隠匿した麻薬が押収できずにいた。令状無しの違法捜査に渋る上司と共にアジトに踏み込んだユカだったが…。
◆麻薬を発見し、麻薬組織の部下達に銃を突きつけるユカだったが、何者かに背後から殴られ、気を失ってしまう。目覚めたユカは、先ほど銃を突きつけた部下達に辱められてしまう。何とか、その場を逃れて別の部屋に逃げ込んだユカだったが、その部屋には逮捕したはずのボスと、味方のはずの上司が談笑していた。そう、二人はグルだったのだ。逃げ場を失ったユカは、ボスと上司にも辱められてしまうのであった。

女スパイ暴虐拷問室
○女を食い物にして荒稼ぎする某地下組織のアジトへ潜入した女スパイだったが…。
◆指責めを除けば、男との絡みは、鼻フックでのイマラチオと前屈みで両足を拘束された状態でのバックだけ。その後は、全て拷問だけ^^;残念ながら、逆転勝利は無し。

蛇縛の女猫無残
○家宅侵入した強盗犯が苦労して見つけた金品を、その場で奪い去る泥棒猫(キャットウーマン)。子分2人が立て続けに被害にあったアニキは、キャットウーマンを廃倉庫に誘き出して…。
◆出入り口を施錠され、逃げ場を失ったキャットウーマンは捕らえられ、奪った金品の隠し場所を吐かせる為、縛り吊るされ、バイブやロウソクで責められ、辱められてしまう。最後は、縄を解かれた隙を突いて、手元にあったナイフを奪い、アニキを刺して逆転勝利

潜入捜査官
中出し10連発
○ある組織が兵器製造に転用可能な工作機械を不正輸出している証拠を掴む為、輸送会社に潜入したヒカルは、若い社員をベッドで誘惑して輸送物資の隠し場所を聞き出し、証拠を抑える為に倉庫へ侵入したのだが…。
◆倉庫には輸送物資が無く、ヒカルは囚われの身に。バンザイの形で両手を吊るされ、股間に隠し持っていた超小型GPS発信機によって、潜入捜査官だと悟られてしまう。そして、自分達の情報が、警察に何処まで掴めているのかを知るため、ヒカルへの責めが始まった。連続フェラ責め。電マ三角木馬。低周波治療器&複数伝マ責め。そして最終手段として、男たちに輪姦されてしまうヒカル。最後は、捜査官としても女としても惚れてしまったヒカルをその場に残して、犯人たちは逃走。しかし、全ての証拠は全て残されていた。それはまるで、再び出会うことを期待するかのように。

万引きGメン巨尻姉妹
〜闇の窃盗団に
狙われた爆尻〜
○夫が経営するコンビニで万引きが頻発し、姉・アンナの夫が勤める警備会社に相談する妹のマリ。妹の身を案じたアンナは、経験の無いマリと共に万引きGメンとして、店に立つことを決意したのだが…。
◆若い男の万引き犯を捕まえ、熟れた肉体で押し倒す万引きGメン姉妹。だがある日、万引き犯グループの巧妙な策略で、マリが中年男性を誤認逮捕していしまい、その中年男性に抵抗できなくなったマリは、辱められてしまう。そして今度は、3人組の強盗がコンビニを占領し、店主を椅子に縛り付けた。驚いた事に、強盗の主犯格はアンナの夫だった。彼は、自分が勤める警備会社の仕事を増やす為、ターゲットに選んだ店に万引き犯を送り込んでいたのである。真相を知った万引きGメン姉妹だったが、強盗犯3人組に輪姦されてしまう。最後は、店主のポケットに入っていたパーティグッズのクラッカーで、逆転勝利。

秘密捜査官の女
洗脳された巨乳諜報員
○過去に特別捜査局に逮捕されるが、優秀な腕を見込まれ、妹の高額な入院費の負担を条件に、監禁状態のままエージェントとなったミカ。捜査局長の命令により、監禁状態からの解放を条件に、犯罪組織の捜査を開始したミカだったが…。
◆犯罪組織の情報を掴んで意気揚揚と戻ってきたミカだったが、捜査局長にお仕置と称して辱められてしまう。本格的に犯罪組織の壊滅を狙って単独潜入したミカだったが、組織のボスに妹を拉致されており、妹がお気に入りの人形を見せられ、抵抗できなくなってしまう。まず、組織の男たちの肉棒を強制的にしゃぶらされ、次に両手を吊るされて、バイブ&伝マで責められてしまう。そして、逃走できないように媚薬効果のある幻覚剤を打たれ、ボスに辱められてしまう。気が付くと、いつの間にか特別捜査局に戻っていたミカは、ボスから解放の許可を得て、妹が入院する病院へと向かっていった。だが、ミカは知らなかった。ミカには、暗示を掛けられており、捜査局から離れるとフェロモンを分泌して、必ず特別捜査局に戻ってくる。今回は、その暗示と幻覚剤の相乗効果により、無意識にボスを暗殺していた。今回、ミカには新たな暗示を植え付けられていた。今回の件で殺されたミカの妹が、まだ生きていると…。最初の暗示で発情し、戻ってきたミカは、男2人に輪姦されるが、満足できずに自慰行為を続けるのであった。

女捜査官
拘束陵辱女肉売買
○闇金業者と人身売買組織との繋がりを探る為、闇金業者への潜入捜査を開始した女捜査官のエミは、格闘の末に借金のカタに売られそうになった少女を逃がしたのだが…。
◆人身売買組織のアジトでひと暴れしたエミだったが、かかってきた携帯電話から、逃がしたはずの少女が、クスリの禁断症状で闇金業者に戻ってしまった事を知る。闇金業者に戻ってきたエミは、薬物を打たれ、抵抗力を奪われて、少女の目の前で辱められてしまう。責任を感じた少女は、自らの命を絶ってしまう。その後、人身売買組織に引き渡されたエミは、両手を吊るされ、薬物と電マとバイブで調教が開始される。拘束から解放され、隙を突いて全裸で格闘して脱出を試みるも、禁断症状で戦意喪失し、更にクスリを打たれてしまう。完全に淫乱と化したエミは、人身売買組織のボスに辱められてしまう。最後は、仲間の捜査官が駆けつけて、人身売買組織は逮捕。そして、仲間の目に映ったのは、理性を失ったエミの姿だった。

非日常的悶絶遊戯
特撮ドラマのヒロインに
抜擢された女優、
あかりの場合
○深夜枠のセクシー系特撮ヒロインの主役に抜擢されたアカリ。衣装あわせでは、全裸に全身網タイツを着せられ、その上に露出が多いTフロント&Tバックのコスチュームを着せられていた。
◆戦闘員2名を交え、ディレクターから演技指導を受けるアカリ。股間がきわどいコスチュームなので、アクションの段階で股間にモザイクが…^^;。戦闘員に、背後から胸を掴まれる展開に驚いたりしたアカリだったが、演技指導の途中でディレクターの股間を蹴ってしまう。撮影を中断し、別室でディレクターを介抱するコスチューム姿のアカリ。どさくさ紛れに、アカリの股間をイタズラするディレクター。興奮を抑えきれなくなったアカリは、ディレクターと…。それから、数日後。両手を吊るされ、ベッドの上に両膝をついて座らされたヒロインを電撃棒で責められるシーンを演技指導を受けながら、撮影。そして、ベッドにXの形で拘束され、戦闘員に体を弄られ、悶えるシーンのリハーサルとテストを繰り返していたが、途中で休憩時間に。シーンの繋がりの関係で、ベッドに拘束されたまま、ひとりだけ残されたアカリ。そこに監督が戻ってきて、身動き出来ないアカリの体を、演技指導という名目で触り出す。またしても、興奮を抑えきれなくなったアカリは、今度は監督と…。アカリが上位になったとき、スタッフが監督を探しに現れるハプニングが…。スタッフの位置からは監督の姿が見えないので、アカリに問い掛けるスタッフ。監督のイタズラに耐えながら、その場を誤魔化すアカリ。最後は、顔射で終了。

女武術家アナルレイプ
犯されたプライド
○武道を悪用する非道武装集団「月の輪団」に父を殺されたシズカは復讐を誓い、月の輪団と因縁のある片腕の師匠の指導のもとで修行に励んでいた。本日の修行を終え、シズカがシャワーを浴びている間に…。
◆月の輪団の幹部が、片腕の師匠を襲撃し、惨殺。異変に気付き、道場に戻ったシズカの目の前にいた月の輪団の幹部は、父の仇だった。月の輪団の手下を撃退し、父の仇に立ち向かうシズカだったが、力の差は歴然。父の仇に左腕を斬られ、戦力が低下したシズカは、月の輪団の手下に辱められてしまう。月の輪団の仲間になる事を拒むシズカは、アジトに連行され、二人の男の肉棒をしゃぶらされ、バイブで責められ、指でアナルまで辱められてしまう。次に、両手を吊るされたシズカは、父の仇にムチで打たれ、伝マで責められてしまう。それでも、強情なシズカに対し、男二人は彼女の二つの穴を同時に辱めるのだった。残念ながら、逆転勝利は無し。

悲しきヒロインの宿命
遺伝子の悲劇2
THE BEST OF 青木玲のダイジェストからレビュー。
○遺伝子操作で生まれた無敵のスーパーヒロインであるレイに、意外な弱点が…。
◆ビーストの体液を浴びてスーパーパワーが発揮できなくなったレイは、ベッドに大の字で拘束され、彼女の弱点を熟知した男に辱められてしまう。そして、レイのスーパーパワーの回復を阻止する為、ビーストたちが彼女に精液をぶっかけるのだった。

コスプレ6本番
×オールごっくん
※該当シーンのみ抜粋。
○ある部屋に立てこもる犯人。その部屋の中で、犯人に投降を勧めるミニスカポリス。彼女は、両手を吊るされながらも、自分の立場をわかっていなかった…。
◆拘束され人質にされていても平然と振舞うミニスカポリスに業を煮やした犯人は、身動き出来ない彼女の股間を責め、最後は辱めるのだった。

吉沢明歩×
ボンテージQUEEN
※該当シーンのみ抜粋。
○仮面のヒロイン・アッキーは、拘束された仲間の中年男性を救う為、アジトに突入し、男たち3人を蹴散らしたのだが…。
◆アッキーが人質の拘束を解こうとした瞬間、蹴散らしたはずの男に薬を噴霧され、気絶してしまう。アッキーが目覚めると、自分自身が両手を吊るされて拘束されており、人質の姿が見えないことに気付いた。男は、身動き出来ないアッキーの肉体を弄り、バイブで責められてしまう。拘束を解かれたアッキーは、男たちの肉棒をしゃぶらされ、輪姦されてしまうのであった。最後は、残念ながら逆転勝利なし。ちなみに、最後まで仮面の姿で終了。

搾隷交渉人M-2
○秘密裏に違法ドラッグの捜査をしている敏腕女捜査官のジュン。公安から、人質奪還の極秘訓練に協力するように依頼され、参加した彼女だったが…。
◆極秘訓練で人質になっていたのは、ジュンの部下である青年で、彼の口から違法ドラッグの黒幕は公安捜査官だと知らされる。罠に落ちたジュンは、両手を拘束され、リモコンバイブを挿入されたまま、卑猥な腰振りダンスを強要される。強力な媚薬を打たれたジュンは、犯人にそそのかされた彼女の部下に辱しめられてしまう。その後、性奴隷としてSM的に調教されたジュンは、公安の慰安会で痴態を晒してしまう。残念ながら逆転勝利は無し。

麻薬捜査官、
堕ちるまで…
―屈服せず―
○某国から日本を経由して大量の麻薬が密輸されている情報を掴んだ国際麻薬取締情報局の捜査官アキナは、ある犯罪組織のアジトに潜入したが…。
◆死体を見つけたアキナだったが、戦い慣れた男に捕まってしまい、麻薬捜査官として司法取引を持ちかけるが拒否されて、辱しめられてしまう。それでも膣内に残った精子を犯人の手がかりとして上司に提出するほど気丈に振る舞うが、犯人たちの尾行に気付かないほど、ショックとを受けていた。その後、犯罪組織と繋がりのある男を尋問するアキナ。その時、彼の携帯電話に着信があり、アキナが出ると、あの男から司法取引の相談を持ちかけられる。罠と知りつつ、再びアジトに現れたアキナは、あの男に銃弾を撃ち込むが、事態を予測していた男は、防弾チョッキを装着しており、もう一人の男に銃を突き付けられたアキナは囚われの身に。アキナから麻薬取締情報局の情報を吐かせる為、拷問担当の男に預けられ、性的拷問の末、辱しめられ、漏らしてしまった情報から、麻薬取締情報局日本支部は壊滅状態に。アキナは最後の気力を振り絞って反撃を試みるが、男二人に輪姦されてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

潜入捜査官 II
○裏で依存性のある興奮媚薬剤を製造している大手製薬会社の社長秘書として潜入した女捜査官のシェリー。先に秘書として潜入していた同期の女捜査官から仕事を引き継いだシェリーは、外出中社長のパソコンからパスワードを入手したのだが…。
◆予定より早く戻ってきた社長をフェラで誤魔化すシェリー。その後、コンピューターに詳しい後輩男性捜査官と共に潜入するが、待ち伏せされていて捕まってしまう。身体をまさぐられたシェリーは、興奮媚薬剤を打たれた後輩に辱しめられてしまう。全裸の緊縛状態で監禁されたシェリーの目の前に現れたのは、仕事を引き継いだ同期の女捜査官だった。シェリーは、裏切り者の女捜査官から、バイブで責められ、ペニバンで辱しめられてしまう。その後、研究室で膣内に大量の媚薬を注入されたシェリーは、肉棒、バイブ、電マと連続で責められてしまう。そして、緊縛状態で拘束されたシェリーは、公開輪姦されてしまう。最後は、深夜の市街に破棄されたシェリーだったが、後日、リベンジを誓う彼女の姿があった。

巨乳戦隊
チチレンジャー
VS魔乳クイーン
ハマリオの逆襲
○201X年。興奮状態の乳房内のみで分泌される希少成分を狙って異星人ガンジバルが地球に侵攻。事件解決のために新科学調査機構の所長の元、極秘裏に結成された巨乳戦隊チチレンジャーにより、ガンジバルは劣勢に追い込まれていたのだが…。
◆所長に呼び出され本部に出頭したチチレンジャーブルーだったが、何者かに気絶させられてしまう。所長の席に座っていたのは、ガンジバルの戦闘員だった。漆黒の魔乳クイーン・ハマリオに通じている裏切り者により、ブルーは戦闘員たちに辱しめられてしまう。携帯電話からブルーの声色でチチレンジャーレッドを呼び出す戦闘員だったが、本物の叫び声により、不審に思うレッド。その頃、チチレンジャーオレンジは、裏切り者によって拘束されていた。裏切り者の正体、それは所長だった。所長の手で巨乳を玩ばれ、口で奉仕させられてしまうオレンジ。そして、罠と知りつつ仲間の元へ駆けつけたレッドだったが、人質を盾にされ、パワーアイテムを奪われてしまう。戦う力を失ったチチレンジャーは、戦闘員たちに辱しめられてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

美人捜査官 梨花
コールドケース

〜迷宮事件を解決せよ〜
○過去に発生した3億円強奪未遂事件の主犯がマンションに帰宅するのを男性捜査官と車内で張り込みする未解決専門の女捜査官リンカ。男性捜査官が買い出しで席を外している間に、留守だと思われたマンションから主犯が外出。単身で尾行するリンカだったが、ちょっと目を離した隙に、バイクで襲撃されるものの、彼女は銃を発砲して撃退する。その後、主犯の仲間が、捜査官だった父の仇だと判明した。それから3か月後、やっと見つけた彼らのアジトを張り込むリンカだったが…。
◆父の仇がアジトに戻ったことを確認すると、単身で突入するが、父の仇と手下二人に捕らわれ、父の仇に辱しめられてしまう。椅子に拘束されたリンカは、バイブと電マで責められてしまう。そして、ストリップショーを強要され、全裸になったリンカを主犯が辱しめる。最後は、油断した手下から拳銃を奪還して、逆転勝利。

囚われの人妻捜査官
○夫には内緒で捜査官を続けているミサに、裏で麻薬取引に関わっているサヤマ邸に潜入捜査の指令が届く。夫には、急な出張と偽ってサヤマ邸に秘書として潜入したミサだったが、サヤマの男は居るのかと言う問いに対し、彼氏とは別れたと答えると、愛人への誘いと共にサヤマに押し倒されてしまう。愛人となった事で信頼され、徐々に裏の仕事にも関わりだしたミサだったが…。
◆ある日、表の仕事で商談に現れたのは、何も知らない夫だった。夫の一言で嘘がバレたミサは、夫と共に捕まってしまう。目の前でミサが電マで責められている姿を見た夫は耐えられず、妻が潜入捜査官だった事を白状してしまう。捜査状況を吐かせる為、媚薬を飲まされたミサは、夫の目の前で輪姦されてしまい、捜査状況を白状してしまう。人質である夫の為に逆らえないミサは、オナニーショーを強要されてしまう。その後、姿が見えない夫の安否を気遣うミサの目の前に現れたのは、薬物で理性を失った夫の姿だった。獣と化した夫は、ミサに襲いかかる。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

女怪盗 女豹9
アルテミスの瞳
○悪人から金品を盗み、恵まれない子供たちに寄付する現代の義賊、女豹ことリンコ。ある日、元捜査官の父が経営するカフェに逃げ込んだ男が銃で撃たれ、カバンを奪われる事件が発生。男はリンコに「アルテミスの瞳」と言い残して死亡した。リンコは、現役捜査官の彼氏から、それが海外で盗まれた宝石であり、奪われたカバンの中身だった事を知る。
◆宝石強盗団のアジトへ盗みに入った女豹だったが、銃を突きつけられ、捕まってしまう。眠らされ、拘束された女豹は、男二人に辱しめられてしまう。宝石強盗団のボスは、過去に女豹の父親と因縁があり、父親をアジトに呼び出すように強要するが、女豹が強情な為、休む暇無く辱しめる。その後、性奴隷と化した女豹は、集まったお客たちの前で辱しめられ、お客たちにも輪姦されてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

女怪盗 女豹5
女豹と女豹ハンター
完全ノーカット版 女怪盗 女豹DX 2からのレビュー。
○共に幼い頃に両親を失い、マフィア幹部に本当の姉妹のように育てられていたが、成長した彼女たちは、それぞれが信じる正義を貫く為、凛子は義賊の女怪盗・女豹に、そして良子は国際警察の刑事となって、皮肉にも女豹捜査担当になり、女豹ハンターと呼ばれていた。ある日、ヒトラーの隠し財産のありかが隠されているという黄金像を持つ富豪、京極からTV越しに挑発された女豹は、予告状を送った。罠とも知らずに。
◆女豹の予告状により、黄金像を警備する女豹ハンター良子。たが、メイドが持ってきたお茶を飲むと、良子だけが眠ってしまい、黄金像は女豹に盗まれてしまう。黄金像を女豹に盗まれた責任を問われ、良子は京極の手下たちに輪姦されてしまう。京極の狙いは、最初から良子と凜子だった。TV越しに、良子を監禁していることを遠回しに女豹に伝える京極。京極邸の地下室から良子を救い出すが、あと一歩のところで突然、良子が悶え始めた為、凜子は捕まり辱しめられてしまう。京極の話によると、育ての親によって、凜子と良子の膣の奥底には小さな珠が隠されており、2つの珠と黄金像を組み合わせると、ヒトラーの隠し財産のありかが判明するらしい。良子の膣から珠を取り出した代わりに、接着剤付き超小型リモコンバイブを膣内に押し込まれていた。力ずくで取り出されることを嫌った凜子は、公開オナニーをして取り出したが、超小型リモコンバイブを押し込まれてしまう。黄金像の隠し場所を吐かせる為、良子と共に辱しめられてしまう凜子。最後は、理性を取り戻した良子と京極が相討ちとなり、凜子は2つの珠を奪って逃走。悪夢は終わったかに思えたのだが…。

芸能人
風間ルミ
デンジャラスプロレスラー
○元女子プロレスラーで、今はSMクラブの熟女系女王様であるルミ。ある日、多額の借金を抱えた後輩レスラーが、借金の形に痴態を撮影されている現場に遭遇。
◆ルミは、後輩の借金を肩代わりすると言って我が身を差し出し、後輩の前で辱められてしまう。これで借金がチャラになったと勘違いしているルミに対し、闇金融の男は苦笑混じりに、これは利子程度だと説明し、借金を全額返済する為に賭け試合の闇プロレスへの出場を持ちかける。久々の試合に備え、トレーナーと共に鍛え直すルミ。そして、常時場外乱闘試合である闇プロレスのゴングが鳴った。時折、優位に立つルミだったが、鎖で拘束され、コスチュームをボロボロにされ、乳房と秘部を観客に晒され、痛めつけられてしまう。最後は、相手の隙を突いたルミが、勝利を掴み取った。

黒人巨大マラ
VS 澤村レイコ
中出し失禁陵辱
レクイエム
○駐車違反の車をチョークでチェックするレイコだったが…。
◆車の持ち主らしい黒人たちが現れ、英語で話す彼らに日本語で説明するレイコだったが突然、車に押し込まれて拉致されてしまう。アジトに連行されたレイコは、問答無用で輪姦されてしまう。その後は、衣装を変えて辱しめられてしまうレイコ。最後は、首輪を填められて性奴隷と化したレイコの姿があった。

恥辱の女潜入捜査官3
全穴崩壊
○危険思想団体のアジトに潜入中の敏腕女捜査官のマキは翌日に行われる薬物取引の情報を掴み、上司に応援を要請するが、逆に別の捜査班への引き継ぎと撤収を命じられてしまう。上層部の態度に業を煮やしたマキは…。
◆その日の深夜に物的証拠を掴む為、アジトに侵入したマキは、捕まってしまう。仲間が救出に来ることを信じて、SM的な恥辱の調教に耐えるマキだったが、団体が入手した警察の内部資料により、自分が見捨てられたことを知る。失意のどん底に落ちたマキは、男に辱しめられてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

女スパイ 女狼
―哀愁のリベンジ―
○深夜、黒田特殊機器研究所に忍び込み、金庫から機密データを盗み出したサヤだったが、場違いな撮影ルームに戸惑っていると見張りに見つかり、銃撃戦の末に逃走に成功する。サヤの両親は、悪徳高利貸しだったクロダに騙され、会社を乗っ取られた末に自殺に追い込まれていた。復讐を誓ったサヤは、本社内のクロダの息子が管理する部署に表向きはドジなOLとして勤務していた。暗号化された機密データを解析するため、残業として会社に残り、社長室に潜入したサヤが見た機密データの中身とは…。
◆研究所の撮影ルームで、大物代議士が女性を辱しめている画像だった。そこに現れたのは、クロダの息子。彼は罪悪感から、研究所の撮影ルームでは、ネット会員制の凌辱ショー生中継が開催していることを教えてサヤを逃がそうとするが、クロダが現れてしまう。サヤは、クロダと彼の息子に辱しめられてしまう。クロダの息子に拘束を解かれたサヤは、彼を気絶させて逃走。準備を整えたサヤは、機密データと1億円の取引を持ち掛ける。待ち合わせ場所である研究所の撮影ルームに現れた代議士とクロダと息子。代議士にクロダの悪事を暴こうとしたが、サヤの両親を自殺に追い込んだ張本人は代議士だった。意外な話に動揺したサヤの隙を突いて、クロダの手下が銃を突き付けた。両手を拘束されたサヤは、電マとバイブで責められ、挙げ句の果てにクロダと代議士に辱しめられてしまう。最後は、クロダの手下を蹴飛ばして銃を奪還し、命乞いをするクロダと代議士に過去の悪事を懺悔させてから、今までの事は、会員以外の誰もが視聴して、もうすぐ警察が来ることを伝えると、怒ったクロダは手下の銃で発砲。だが、サヤを庇った息子に命中してしまう。息子を死なせてしまい、嘆くクロダ見届けると、サヤはその場を離れた。住んでいた場所を整理し、サヤの戦いは終わったかに思えたのだが…。

特殊捜査官、
堕ちるまで…
○テロ爆破事件の実行組織を追う女捜査官のフジサキ主任とマスミ。マスミは、組織のリーダーが起こしたテロで家族を失っていた。その彼女たちに、テロ組織に属する重要人物の暗殺指令が届く。テロ組織のアジトに到着した二人の女捜査官。殺気立つマスミを見張りに立たせ、アジトに単身潜入するフジサキだったが…。
◆激しい銃撃戦の末に捕まってしまったフジサキは、辱しめられてしまう。応援を呼ばずにフジサキを救出しようと、アジトに単身潜入したマスミも捕まり、辱しめられてしまう。それから三日後、銃を突き付けられた女捜査官たちは、レズ&ペニバンプレイを強要され、更にフジサキは辱しめられてしまう。フジサキは、組織の貢ぎ物として連行され、残されたマスミは、家族の仇である男に復讐心を煽られながら辱しめられてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

息子の為に戦う
筋肉母
○自分の生徒でもある息子がイジメを苦に自殺未遂を起こした為に退職を決意した体育教師のミツキは、教壇で最後の言葉を述べた。教師の職を辞して、息子を自殺未遂に追い込んだ生徒たちに復讐すると。そして、彼らの目の前でリンゴを握り潰し、宣戦布告をした。カツアゲグループの生徒一人を拉致したミツキは、彼の肉棒を弄びながら、彼らのたまり場の場所を聞き出す。そして、用が済んだ彼の尻に、トイレのスッポンの柄を突っ込んで去って行った。放置された彼を発見したのは、カツアゲグループだった。鍛え上げた筋肉を駆使して彼らのたまり場に潜入したミツキは、二人の生徒を拘束して恥辱を味あわせたのだが…。
◆リーダー格の生徒に背後からスタンガンで電気ショックを受け、気絶してしまうミツキ。両手を吊るされ拘束されたミツキは、電マやバイブで責められた挙げ句、彼らに輪姦されてしまう。そして、彼らの黒幕の前に連行されたミツキ。黒幕の正体は、同僚の男性教師だった。黒幕の挑発に乗り、上半身裸で対決するミツキ。たが、カツアゲグループに連行されて来た息子の姿を見た瞬間、隙が生じてミツキは敗北してしまう。最後は、息子の目の前で、ミツキが黒幕に辱しめられて終了。残念ながら、逆転勝利は無し。

女スパイ暴虐拷問室3
○家出少女を狙った人身売買を行っている地下組織があり、アジトの風俗店に潜入した諜報員が地下のレンガ塀の中に顧客データを隠すが、素性が発覚した為に消されてしまった。隠された顧客データを確保するため、囮捜査として風俗店の面接に来たレオナだったが…。
◆レンガ塀の地下室で男と面接するレオナは、服を脱ぐように指示されるが、恥ずかしさのため硬直し、視線は、怪しいレンガに向けてしまう。何かを察した男が席を外すと、レオナは怪しいレンガを調べようとするが、それは男の罠だった。レオナを椅子に縛り付け、彼女の正体を吐かせるための恥辱の責めが始まった。まずは、鼻フックをしながら鼻毛を抜かれ、次に乳首を筆と羽根で責められてしまう。椅子の拘束から解かれたレオナは、浣腸された末に、男に辱しめられてしまう。それでも強情なレオナは、三角木馬で責められ、日本古来の拷問である「石抱き」の刑で責められてしまう。最後は、緊縛状態で吊るされ、首にも紐を撒かれたレオナが、謝りながら放尿して終了。

潜入捜査官
○椅子に拘束され、電マで責められる若い娘。それは、特殊な超能力を買われ潜入捜査官に任命されたシオリの快楽責めに対する特訓だった。ある日、先輩捜査官のピンチを予知したシオリは、先輩捜査官が捜査している大手企業に派遣秘書として潜入し、予定通りに重役担当となった。潜入初日から、重役の肉棒を足や口や胸で奉仕して油断させ、その後の情報入手に役立たせた。
◆ある日、重役室で、酔った重役に押し倒されてしまったシオリだったが、極秘機密情報を入手することに成功した。翌日の深夜、物的証拠を入手する為、キャットスーツ姿で会社に潜入したシオリだったが、捕まってしまう。誰に雇われたのかを吐かせる為に、シオリはバイブや電マで責められてしまう。その後、アジトに連行され、全裸で拘束されたシオリは、先輩捜査官の目の前で、男たちに輪姦されてしまう。最後は、仲間の捜査官たちがアジトを包囲して、逆転勝利。

家政婦捜査官
○麻薬取引の疑いのある容疑者宅から物的証拠を掴む為、家政婦として潜入した人妻捜査官のマキ。
◆証拠の手がかりが容疑者の首にかかっている鍵だと睨んだマキは、マッサージと称して帰宅した容疑者に密着するが、押し倒されてしまう。一戦を交えた後、容疑者の鍵型を粘土で取ろうとしたマキだったが、容疑者に捕まってしまう。気絶したまま地下室に吊るされている間に、マキ捜査官の詳細な個人情報を調べられてしまった。捜査状況を吐かせる為、マキは電マやバイブで責められてしまう。次に、全裸M字開脚で椅子に拘束されたマキの下に寝かされていたのは、彼女の夫だった。強情なマキに対し、容疑者たちは拉致した夫に高圧電流を流し、更にマキの下半身を刺激して、夫の口へ強制放尿。人質となった夫の目の前で、マキは男たちに輪姦されてしまう。それから半年後、容疑者は取調室で罪を認めていた。マキ捜査官の目の前で…。

奴隷サーガ4
地獄のスコルピオン
○監禁されている会長の大事な女性を救出せよ。ただし、銃の使用禁止、更に誰も殺してはいけない。会長秘書の使命を帯びて、監禁場所に単身潜入した元傭兵のミカだったが…。
◆三人の戦闘員を相手に戦うミカだったが、銃の使用と殺しを禁止されている制約でトドメを刺せない為に、スタミナ切れで敗北し、捕まってしまう。身ぐるみ剥がされ、台の上にX字に拘束、更に頭部と両手両足に電極を装着されたミカは、高圧電流で責められて、主犯格の男に、正体と依頼主を問われる。(身体を仰け反らせて、悲鳴を上げる演技が旨い)口を割らないミカだったが、一本の電話でミカの正体が暴かれてしまった。人質に銃を突き付けられた緊縛姿のミカは、肉棒を口で奉仕させられてしまう。更に、鼻フック状態で辱しめられてしまい、低めの脚立にうつ伏せで、両手両足を拘束されたミカは、後ろの穴を責められてしまう。最後は、吊るされた人質にムチ打つ主犯格の男の前に、実戦経験のある会長が銃を構えて登場。主犯格の男は、両手で人質と会長に向けて同時に銃を突き付け、怯む会長の脚に発砲する。会長は、思わず銃を手放してしまう。主犯格の男が、会長にトドメを刺そうとした瞬間、ミカが会長の銃を拾って主犯格の男に向かって発砲し、逆転勝利。

女拳法家レイプ
犯されたプライド
凌辱遊戯
○武術抗争に巻き込まれ、殺人拳の使い手であるリューに父を殺されたアキコは、兄弟子を相手にして修行に励んでいた。アキコに全てを教えてくれた兄弟子だったが、父が狙われる原因となった最終奥義だけは教えてくれなかった。しかし、銃を持って敵討ちに行こうとするアキコの熱意に負けた兄弟子は、アキコの一族だけが使える最終奥義を伝授する。それは気功砲の一種でアキコが放つと、ほとんどの気力を失ってしまうので、リューと対峙するまで使わないよう、兄弟子に注意された。
◆リューのアジトに潜入し、戦闘員を蹴散らしたアキコは、格闘家と対決して勝利する。次に現れたのは、棒術使い。まずは、素手でアキコと対決する棒術使いだったが、彼女の強さに圧倒される。しかし、六尺棒を手に取った棒術使いは圧倒的に強く、アキコは敗北し、囚われの身に。壁にX字に拘束されたアキコは、格闘家にコスチュームをボロボロにされ、身体を弄ばれた挙げ句、辱しめられてしまう。次にM字開脚状態で緊縛拘束されたアキコは、棒術使いにバイブで責められてしまう。その後、棒術使いから、リューが会いたいと告げられる。リューの目の前に連行されたアキコは、隙を付いて最終奥義をリューの腹部に放つが、効かなかった。リューは、腹部に丈夫な板を隠して防御していたのだった。気力を使い果たしたアキコは、リューたちに輪姦されてしまう。最後は、駆けつけた兄弟子の前で、残された全ての気力を怒りに変えて放った最終奥義は、リューを吹き飛ばして逆転勝利。しかし、全ての気力を出し切ったアキコは…。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○大都市近郊で頻発する女性失踪事件。捜査の結果、人身売買の疑惑がある怪しい芸能プロダクションの存在が浮かび上がり、新しく配属されたマイ捜査官が潜入捜査の手始めに、面接を受けていた。見事に合格したマイの初仕事は、際どい極小水着でのグラビア撮影だった。事件解決のため、恥辱に耐えるマイの前に、ビデオカメラを持った覆面男が乱入。これで決定的証拠が掴めると、マイが内心で喜んでいると突然、撮影が中止になってしまう。実は、ある筋の情報から、マイの正体が知られていたのだった。
◆そんなことは露知らず、深夜の事務所に潜入したマイは、鉄格子に監禁された女性を発見する。監禁された女性を助け出そうとしたマイだったが、いつの間にか男たちに囲まれていた。社長の話で、マイは罠に填められたことを知る。男たちを蹴散らし、社長に銃を突き付けるマイだったが、彼女の後頭部に銃口を突き付けた人物が。それは、監禁されていたと思われた女性だった。予想外の伏兵の登場により、マイは囚われの身に。天井から両手を吊るされたマイは、腹にパンチで責められるが、効果が無いので、電マとバイブで責められしまう。監禁被害者役を演じた女性のアドバイスにより、マイは男たちに輪姦されてしまう。監禁被害者役を演じた女性の正体は、SMクラブの女主人で、マイはM男相手に女王様としての指導を受けることに。最後は、M男に押し倒されてしまうマイ。悶えるマイの姿に、もはや女捜査官の片鱗は何処にも無かった。

痴漢バスおとり捜査官
○ミニスカで、更に胸の谷間を強調した服を着てバスに乗るユマ。早速、痴漢の被害に遭うユマは、強制的に痴漢の肉棒を後ろ手で奉仕させられてしまう。痴漢のザーメンをハンカチで拭き取ると、痴漢に見せつけたのは、警察手帳。そう、ユマは痴漢専門の囮捜査官なのである。痴漢専門の囮捜査を発案した上司に言葉で慰められながらも、容疑者の物的証拠であるザーメンを確実に入手することを命じられる。
◆バスに乗ったユマは、後部座席に座るサラリーマンらしき男を挑発する。挑発に乗った男は、ユマを痴漢した挙げ句、辱しめて中出ししてしまう。ユマに警察手帳を見せられ、痴漢の現行犯として逮捕された男は、納得出来なかった。それから1ヶ月後、再び囮捜査で、数人の男性客が乗車するバスに乗ったユマに痴漢の手が伸びると、ユマは上司の言葉を思い出した。ユマが過去に逮捕した男たちに不振な動きがあると。不運にも上司の危惧は当たってしまった。突然、乗客全員から痴漢されてしまうユマ。そう、これはユマを狙った罠で、乗客はもちろん運転手までもが、過去にユマが囮捜査で逮捕した男だった。バスごと倉庫に連行されたユマは、男たちに嬲られ、電マとバイブで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。囮捜査が招いた凌辱事件にユマを気遣う上司だったが、予想に反してユマは、囮捜査を続けることを宣言する。後日、バスに乗って後部座席の男を挑発するユマは、囮捜査の名を借りた淫乱な女捜査官の姿だった。

くノ一凌辱伝
―影に生きるものの
運命―
○くノ一のホタルとサクラは、女忍頭を母親のように慕っていた。ある日、頭領が敵の忍者に殺されてしまう。敵の狙いは、ホタルが頭領に命じられて隠匿した黄金像。それには、隠し金山の在処を示す地図が隠されているのである。翌日、敵の忍者衆から襲撃されるホタルとサクラ。ホタルは、サクラに稲荷明神の祠の警護を命じる。稲荷明神に向かうサクラの目の前に、女忍頭が現れる。
◆事情を聞いた女忍頭は突然、サクラを気絶させると仲間の忍者を切り殺し、敵忍者に稲荷明神の捜索を命じた。なんと女忍頭は、先代から続く敵忍者の影であった。稲荷明神に到着し、敵忍者を蹴散らすホタルだったが、女忍頭に捕まってしまう。樹に縛り付けられたホタルとサクラ。黄金像が発見されると、敵忍者の幹部に発情の術をかけられたサクラは、ホタルの目の前で辱しめられてしまう。敵の隠れ家に連行されるホタルとサクラ。しかし、発見された黄金像は偽物だった。本物の黄金像の在処を吐かせる為、女忍頭はホタルを竹棒で叩き、傷口に塩を刷り込む。更にホタルとサクラは、木製ディルドで責められてしまう。それから女忍頭に吊るされたホタルは、木製ディルドで責められながら竹棒で叩かれ、痛みと快楽の間をさまようことに。秘部に媚薬を塗り込まれたホタルとサクラは、男たちの肉棒を口で奉仕。更に、女忍頭に誘発されたホタルとサクラは、お互いの秘部に塗り込まれた媚薬を舐めあうと、男たちに輪姦されてしまう。ホタルは、敵忍者の頭領に最後の望みとして、女忍頭との決闘を申し込む。決闘が決まると、ホタルは女忍頭に小声で黄金像の在り処を教える。外で女忍頭と対決するホタルとサクラ。サクラは、ホタル庇った為に女忍頭が放った秘術が直撃して死亡。最後は、女忍頭とホタルが同士討ちで終了。

アイドル潜入捜査官
○大慌てでトイレの個室に駆け込む地域安全課勤務のユウ。男性二人の話し声で、そこが男子トイレだと気づいたユウだったが、話の内容に聞き耳を立ててしまう。とある芸能プロダクションが依存性が高く性的興奮作用のある違法なクスリで、タレントを束縛している情報を掴み、誰を潜入させるかという話だった。声色を使って自己アピールした結果、ユウが潜入捜査することになった。ユウはアイドルとして、マネージャー役の先輩捜査官と共に潜入捜査を開始してから三ヶ月。物的証拠を掴む為、深夜の事務所に設置してある警報器のコンセントを外して、疑惑の若手スタッフの机を物色するユウだったが、見つけたのは電マだけだった。
◆そこへ、若手スタッフたちが戻ってきて見つかったユウは、酔ったふりをして、電マの使い方を尋ねる。若手スタッフたちは、ユウを相手に電マやバイブ、それにディルドの使い方まで実践するのであった。当てが外れたユウは、専務にセクシー路線に変更したいと誘惑すると、部長から媚薬を飲まされたと誤解される。有力情報を掴み、その場を離れようとするユウだったが、誤魔化しきれずに専務に抱かれてしまう。その日の深夜、黒のボディスーツに身を包み、再び事務所に侵入して部長の机を物色するユウは、怪しい錠剤を見つける。その時、人の気配が。怪しい錠剤をアナルに隠すユウだったが、隠した錠剤の影響なのか、身体に異変を感じて捕まってしまう。部長に拘束されたユウは、複数の男たちに肉体をまさぐられた挙げ句、男たちの肉棒を、口で奉仕させられてしまう。それでも屈しないユウだったが、部長に正体を暴かれてしまう。媚薬を飲まされた先輩捜査官が、吐いてしまったのだ。拘束されたユウは、部長と先輩捜査官に辱しめられてしまった。なんとか署に戻ったユウだったが、犯人を取り逃がした挙げ句、提出した怪しいクスリは単なる栄養剤だった。たが、今回の活躍が認められて正式に潜入捜査官に配属されるユウであった。

レイプの傷痕
―忘れられない凌辱―
※DVD2枚組み。プロローグが完全版。
◎1:鬼畜輪姦
◆女子校生グラビアアイドルのアヤは下校中に、連続強姦魔のオオクボに捕まり、辱しめられてしまう。それでも翌日には、気丈に振る舞うアヤだったが、サイン会に現れたキモいファンからオオクボに辱しめられた時の写真を見せられ、弱みを握られたことを知る。下校中のアヤの前に現れた脅迫者のキモいファンだったが、アヤの友達が庇って、アヤを先に帰らせる。その場を去るアヤの友達をオオクボが尾行する。オオクボの存在に気づき、彼の狙いに気づいたキモいファンも尾行を開始した。予想通り、アヤの友達は、オオクボに辱しめられてしまう。密かに一部始終を覗いていたキモいファンは、オオクボに見つかり、命乞いをする。放心状態のアヤは、オオクボに命じられたキモいファンにも辱しめられてしまう。病院に駆けつけたアヤは、帰りに3人のキモいファンたちに拉致されてしまう。両手を吊るされYの字に拘束されたアヤは、身体を弄ばれた挙げ句、キモいファンたちに輪姦されてしまう。まだ脅迫を続けるキモいファンを拒絶するアヤ。後日、写真週刊誌に、アヤが連続強姦魔に辱しめられる写真が掲載されてしまう。リポーターに囲まれたアヤは、カメラの前で連続強姦魔の特徴を話す。その模様をテレビで観ていたオオクボ。それがアヤの狙いだと気付かずに。ドラマの撮影場所に現れ、どさくさ紛れにアヤの控え室に押し入り、マネージャーを追い出すオオクボ。再び、オオクボに辱しめられてしまうアヤ。最後は、手元にあったナイフでオオクボに復讐したアヤであった。

◎2:強姦捜査官 真条彩 レイプの傷痕
○5年前、女子校生グラビアアイドルだったアヤは、連続強姦魔のオオクボに辱められたものの、ナイフで反撃した結果、オオクボは逮捕された。そして彼女は、「罪もない女性に自分と同じ思いをさせたくない」と願い、自ら強姦捜査官となっていた。女性の悲鳴を聞いたという警察への通報で、アヤが駆けつけた現場では、集団レイプ犯が若い女性を襲っていた。集団レイプ犯を蹴散らすアヤだったが…。
◆主犯格の男が逃走。資材置き場へ追い詰めたアヤだったが、そこに脱獄したオオクボが登場。オオクボが5年前に受けた傷跡を見せられ、アヤが過去のトラウマに襲われた瞬間、オオクボに押し倒されてしまう。そして、アヤと同僚捜査官のツーショット写真に憤慨したオオクボによって、アヤは辱められ、オオクボは集団レイプ犯の主犯格の男と共に逃走。警察署に戻ったアヤだったが、被害者が起訴しなかった為、集団レイプ犯の仲間たちは、釈放されていた。再び、集団レイプの犯行現場に遭遇したアヤだったが、今度は被害者が人質に。自分が被害者の身代わりになると交渉し、拘束されたアヤだったが、約束は破られ、アヤの目の前で被害者が辱められてしまう。そして、アヤも集団レイプ犯に辱められてしまう。一戦交えた男たちが一息ついた瞬間、アヤが銃を奪還。主犯格の男に銃を突きつけ、オオクボの居場所を吐かせる。その頃オオクボは、モデルが写真撮影中のハウススタジオへ潜入し、モデルを辱めてしまう。事件を知って駆けつけたアヤの恋人だったが、オオクボにボコボコにされてしまう。そこに、アヤが登場。抵抗すると、恋人が殴られる為、アヤは抵抗できずに、恋人の目の前で辱められてしまう。最後は、恋人が最後の力を振り絞って蹴った銃を、アヤが受け取って逆転勝利。

潜入教師
○生徒の失踪が続く学園に教師と生徒として潜入したアヤと弟。ある夜の教室、拉致されそうになった女子校生を逃がして、校長と仲間の男に銃を突き付けるアヤ。
◆だが彼女の行動は一歩遅かった。既にアヤの弟が彼らに囚われていたのである。立場が逆転した校長は、アヤに服を脱ぐ事を強要する。全裸になったアヤは、校長に電マやバイブで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。地下室の事務机の上に四つん這いに拘束されたアヤは、アナルを開発されてしまう。全裸で仰向けに拘束された弟の前に連れてこられたアヤは、弟とのセックスを強要された挙げ句、弟に中出しされてしまう。最後は、校長と仲間の男に前後から同時に辱しめられたアヤは、弟と共に海外に売り飛ばされてしまうのであった。

恥辱の女潜入捜査官4
屈辱拷問
○違法な薬物取引に関与の疑いがあるBARに、接待メイドとして潜入している薬物取締官のシズカ。客として現れた同僚から、明日には踏み込むと密かに連絡が入る。その時、客に扮した同僚のケータイを経由して、シズカに電話が。それは、マル暴の捜査官からで、シズカが潜入しているBARは、マル暴も関係しているので警告する内容だった。翌日の昼間、制服姿で同僚と共にBARに踏み込み、マスターに逮捕状を突き付けるシズカだったが…。
◆マル暴の捜査官が現れ、いきなりマスターを射殺。暴力団との癒着を確信したシズカだったが、マル暴の内通者だった同僚も射殺された挙げ句、囚われの身に。最初は、SM的な調教に耐えるシズカだったが、秘部に媚薬を塗られ、辱しめられてしまう。最後は、完全に性奴隷と化したシズカの姿があった。

女デカ
身代り凌辱
○社長令嬢と同伴の男性がテロ組織に拉致された。拉致対策本部に届いた犯行声明の映像には、椅子に拘束された社長令嬢の姿が映し出されており、テロの首謀者が政府の返答に24時間の猶予を与える内容を伝えると、拉致した男性を躊躇なく射殺した。
◆それから24時間後、テロ組織から新たな映像が届いた。そこには返答の無い政府に対して、見せしめの為に二人の兵士に辱しめられてしまう社長令嬢の姿が映し出されていた。最後に、24時間以内に返答が無い場合、今度は社長令嬢を射殺するという声明と共に。一刻の猶予も無くなった状況に対し、特殊捜査官のツボミに与えられた極秘任務は、24時間以内に人質の救出して、犯人たちを抹殺することだった。敵アジトに単身で潜入し、兵士3人を倒して人質と共に脱出を図るツボミだったが、待ち伏せしていた主犯格の男に気絶させられてしまう。見せしめに人質を射殺しようとする主犯格の男に対しツボミは、自分が身代わりになると懇願する。人質の命と引き換えに、ツボミは主犯格の男に辱しめられてしまう。上半身を縛られ、人質と共に鉄格子に監禁されたツボミ。見張りの兵士が、人質に手を出そうとしたので、ツボミは自ら進んで、口で奉仕する。最後は、ストレスを発散して油断した見張りの兵士を太ももで締め付けて倒し、犯人たちを全員抹殺。人質の救出に成功したツボミだった。

女流剣豪レイプ
犯されたプライド
凌辱免許皆伝
○ある流派の免許皆伝を認められた女剣豪のアキナ。彼女の前に現れた、ある組織の男が、別の流派から免許皆伝を認められた舎弟との他流試合を申し込む。拒否するアキナだったが、父親が人質に取られたことを知り、逆らえなくなってしまう。更に組織の男は、どさくさ紛れに、別組織とのトラブルを抱える舎弟を殺すように命じた。
◆木刀で舎弟と対決して打ち倒したアキナは、日本刀でトドメを刺そうとするが、躊躇して寸止めしてしまう。真相を話すと父親の命が危ないアキナは、別組織の仕業と思い込んだ舎弟に辱しめられてしまう。全裸にM字開脚で拘束されたアキナは、依頼主を吐かせるために、組織の男と舎弟に電マとバイブで責められてしまう。その後、アキナは床ディルドを挿入したまま、ゆっくりと竹刀の素振りをさせられたり、オナニーを強要された挙げ句、ディルドで責められてしまう。最後は、竹刀を奪って舎弟に真相を話すアキナだったが、作り話と思われてしまい、舎弟と組織の男に辱しめられてしまうのであった。

潜入捜査官
麻奈美
快感に耐え抜いて…
○急増する借金苦による自殺と悪徳闇金融の関連を探る為、借金苦のOLに扮して三百万円を借りた女捜査官のマナミ。その日の深夜、闇金融の事務所に忍び込んで顧客リストを持ち出そうとしたマナミだったが、見つかってしまう。
◆新入りの男と若手社員を蹴散らすマナミは、社長のスタンガンで気絶してしまう。手錠を填められ、潜入捜査官だと悟られたマナミは、襲ってくる不甲斐ない新入りの男を蹴飛ばすか、若手社員に力ずくで、ハメ録りされてしまう。黒のランジェリーに着替えさせられ、ベッドで新入りの男と二人きりになったマナミは彼を説得するが、撮影が始まってしまう。新入りの男を本気で抱いてあげるマナミ。一戦を交えたあと、新入りの男の耳元で囁くマナミ。マナミに誘惑された新入りの男は若手社員を殴って昏倒させると、顧客リストをマナミに託して逃走を助けるが、社長に射殺されてしまう。その後、マナミが入手した証拠をきっかけに捜査員たちが闇金融の事務所に踏み込んだが、もぬけの殻だった。

囚われの人妻捜査官
○捜査官という素性を隠して再婚したリョウコだったが、再婚を認めない義理の息子は、家出してしまう。麻薬密売の証拠を掴む為、組長の秘書として屋敷に潜入したリョウコ。たがある日、屋敷内の一室で組員となった義理の息子と出会ってしまう。
◆捜査官であることを明かして義理の息子を説得するリョウコだったが、秘密を守る代わりに、辱しめられてしまう。その後も潜入捜査を続けるリョウコだったが、過去に逮捕した男が現れ、正体が暴かれてしまう。ソファーに拘束されたリョウコは、過去に逮捕した男と組長に電マで責められた挙げ句、組長に辱しめられてしまう。秘部に媚薬を塗られたリョウコは、我慢できずオナニーをしてしまう。両手を吊るされたリョウコは、義理の息子の前で、過去に逮捕した男にバイブで責められてしまう。それでも耐えるリョウコだったが、義理の息子のバイブ責めで、逝かされてしまう。それでも耐えるリョウコに感心した義理の息子は、二人きりになった隙に彼女を逃がした。それから数日後、義理の息子の死体が見つかったと、警察から自宅に連絡があった。復讐に燃えるリョウコは仇を射とうと組長を襲撃するが、捕らわれてしまう。麻薬を打たれたリョウコは、過去に逮捕した男に辱しめられてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利は無し。

逃亡妻
〜NANAKO〜
○夫の借金の為に、人身売買組織の元締めの愛人になったナナコ。だが、元締めの借金を踏み倒した夫を救う為、ナナコは元締めを刺して、殺人罪で逮捕された。その後の捜査で夫が行方不明だと知ったナナコは深夜、留置所から脱走した。
◆駐車場で身を隠すナナコを見つけた作業着の男は、自分のバンに彼女を乗せると、温かいコーヒーを差し出す。親切な行為に疑いもせず、コーヒーを飲むナナコだったが、それには睡眠薬が入っていた。作業着の男の家に運ばれ、縛られたナナコは、作業着の男に辱しめられてしまう。それから数日後、作業着の男の家にひとりの刑事が訪れる。声を出せず、聞き耳を立てるナナコ。その彼女の耳に届いたのは、一発の銃声だった。ガレージに連行されたナナコは、組織の手下たちの肉棒を口で奉仕させられる。ザーメンまみれのナナコの前に現れたのは、死んだと思われた元締めだった。両手を吊るされたナナコは、ローターとバイブで責められてしまう。夫とは別の国に出荷されることになったナナコは、刑事と車で現れた元締めに辱しめられてしまう。最後は、車を奪ったナナコが、元締めと刑事に突っ込んで終了。

秘密捜査官の女
監禁飼育された
エージェント
○武器密輸データ持った秘書官が、ある組織に拉致された。データの回収と秘書官の捜索の指令を受けた特殊捜査官のユマは、内通者がいることを知らされる。ネットカフェで間接的に情報屋と接触しようとしたユマだったが、一発の銃声が聞こえると、すぐに店を後にした。
◆女子トイレのドアノブに清掃中の札を掛けたユマは、別の情報屋の男との接触に成功。身の危険を感じて値段をつり上げる情報屋に対して、ユマはパイズリと口で奉仕して情報を入手する。ユマが立ち去った後、この情報屋も射殺されてしまった。掴んだ情報から敵アジトに進入したボディスーツ姿のユマは、データが入っているはずのUSBメモリーを発見するが、それは罠だった。待ち伏せしていた男に銃を突き付けられ、ボディスーツを脱ぐことを強要されたユマは、仕方なく全裸ブーツ姿になり、机の上で股を拡げた。男が秘部に触れることを拒絶するユマだったが、秘書官が人質になっていることを告げられると逆らえなくなり、辱しめられた挙げ句、スタンガンで気絶させられてしまう。ボディスーツ姿で両手を吊るされたユマは、別のメガネ男に電マで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。銃を突き付けられ、死を覚悟したユマだったが、その時ケータイの着信音が鳴り響いた。メガネ男がケータイで話している隙に反撃を試みるユマだったが、失敗してしまう。拘束されて組織の男たちの前に座らされたユマは、彼らの中に拉致されたはずの秘書官を発見する。実は、彼は最初からテロ組織の人間であり、密輸データを入手する為に秘書官になるまで潜入していたのであった。銃を突き付けられたユマは、若者の肉棒を口で奉仕させられてしまう。個人情報で殺すのが惜しくなるほど優秀な捜査だと知られたユマは、調教目的で二人の男に輪姦されてしまう。最後は、堕ちて組織の為に活躍するユマの姿があった。

潜入捜査官
沢本あすか
凌辱レスキューミッション
○捕まった人身売買組織の男を救出して商品倉庫に同行した女スナイパー。彼女の正体は、人身売買組織の壊滅を目指す凄腕捜査官のアスカだった。出荷直前の商品を失った人身売買組織は、組織内に内通者がいることを察して、ナイフ使いが内通者の男を斬殺。更に内通者の疑惑があるユアを拘束した。
◆彼女こそ、アスカの部下である新人潜入捜査官だった。監禁されたユアは、臓器担当の男に辱しめられてしまう。連絡が途絶えたユアの身を案じるアスカの元へ、人身売買組織のアジトの場所が判明したとの情報が入る。アジトに単身で潜入するアスカだったが、エレベーターの人物に銃口を向けた瞬間、背後から首筋にナイフを突き付けられてしまう。囚われの身になったアスカの前に、首輪で繋がれた全裸姿のユアが連行されてきた。ユアとアスカ双方に知り合いかと尋ねるが、双方とも相手を知らないと答えた。ナイフ使いの男は、ユアの裸体にライターオイルを浴びせると、彼女の足元に太いローソクを置いた。逆らえなくなったアスカは、ストリップを強要される。全裸となり大股を広げたアスカは、ユアを危機から救うことに成功するが、両手を拘束された挙げ句、臓器担当の男とナイフ使いの男に輪姦されてしまう。全裸で椅子に拘束されたアスカは、ナイフ使いの男にペットボトルに入った塩水を飲まされた挙げ句、2本の電極を使った高圧電流で責められてしまう。今度は、M字開脚で緊縛拘束されたアスカは、臓器担当の男に高圧電流で秘部を責められてしまう。全裸でベッドに拘束されたアスカは、人種担当の男に辱しめられてしまう。最後は、ペットボトルの塩水をがぶ飲みして、コンクリート床に落としてしまうアスカ。人種担当の男がペットボトルを拾おうとした瞬間、2本の電極を水溜まりに落として、彼を感電させる。臓器担当の男に銃を突き付け、ユアの居場所を聞き出すと、彼に発泡。ナイフ使いの男と対決して辛くも勝利したアスカは、ユアの救出に成功したのであった。

搾隷交渉人M-3
○銃を持って人質を取り立て込もる犯人。警察の応援要請で呼ばれた極東捜査局零課警視・レナは、交渉役として犯人に近づくと、隙を突いて回し蹴りで犯人を倒し、人質の救出に成功した。
◆だが、レナは人質だったはずの男に注射を打たれ、眠らされてしまう。そう、これは最初からレナを誘き出す罠だった。目覚めたレナは、自分が人質となっており、テロの犯人たちによって極東捜査局に籠城し、捜査員たちが包囲している状況を知る。もちろん、犯人たちはニセのテロリストである。犯人は、レナに乳房丸出しのラバービスチェを着ることを強要するが、もちろん彼女は拒否をする。すると犯人は、包囲する捜査員たちがトランシーバーに暗号を伝えると、1発の銃声と共に捜査員が撃たれてしまう。捜査員に偽装した犯人の仲間のスナイパーが、ライフルで狙っているのである。仕方なくラバービスチェを着たレナは、両乳首に電極シールを張られた挙げ句、電流で責められてしまう。次に、マイクのスイッチが入ったトランシーバーを首に掛けられたレナは、電マと鼻フックで責められてしまう。Tシャツに着替えさせられたレナは、犯人から真の狙いを聞かされる。それは、世界中の犯罪組織が欲しがる、強くて勇ましい美女を捕まえて提供すること。それも、捕まえて調教する過程を撮影した映像を添えて。バイブを秘部に挿入されたレナは、ストリップショーを強要される。次に、セクシーな水着に着替えさせられたレナは、オナニーを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。散々SM的に責められたレナは、大きな注射器で浣腸されて…。

戦え!学園潜入捜査官
○ある自爆テロ事件の実行犯が通っていた高校に、転校生として潜入した忍者捜査官のツボミ。その高校は、前任者が潜入捜査に失敗していた。
◆男子トイレの個室で生徒の会話に耳をすますツボミは、裏事情を知る二人を見つけると、自白剤を含ませた口で、彼らの肉棒を奉仕してあげた。だが、彼らには、自白剤が効かなかった。校内で一部の男子生徒が仮面の教祖を崇める儀式を隠れ見るツボミだったが、彼女の元にドジな同級生の男子生徒が来てしまう。何とか誤魔化してドジな同級生を帰したツボミだったが、彼は信者に捕まってしまう。仮面の教祖の前に現れたツボミは、ドジな同級生を逃がすことに成功するが、教祖に催眠術を掛けられた挙げ句、辱しめられてしまう。教祖の正体は、催眠術が得意な生徒だった。もちろんツボミは、裏事情を探る為に催眠術に掛かったふりをしていたのである。軟弱な催眠術生徒を手コキしながら励ましたツボミは、テロの首謀者が体育教師だと知る。戦闘コスチューム姿でテロ組織と化した体育教師と生徒たちの前に現れたツボミは、襲い掛かる生徒たちを蹴散らす。残すは、体育教師ただ一人のはずだったツボミだったが、背後から何者かに気絶させられてしまう。両手を吊るされたツボミは、誘淫剤を秘部に塗られた挙げ句、体育教師にローターと電マで責められてしまう。更に集められた3人の生徒の肉棒を口で奉仕させられてしまう。そんなツボミの前に現れた、ドジな同級生。彼こそ今回の事件の黒幕であり、その正体は潜入捜査に失敗したと言われていた前任の忍者捜査官だった。拘束を解かれ、忍者捜査官と対決するツボミだったが、敗北した挙げ句、忍者捜査官と体育教師に輪姦されてしまう。最後は、催眠術生徒の協力で逆転勝利。

美人捜査官
連続絶頂アクメ地獄
○違法薬物取引を扱う組織を追って、日本の麻薬捜査局に現れた秘密捜査官のサラ。日本での相棒となった捜査官を伴って取引現場に踏み込んだサラだったが、相棒の捜査官に銃を突き付けられてしまう。そう、彼は組織の内通者だったのである。
◆両手を吊るされ、足首を固定されて、人の字に拘束されたサラは、媚薬を飲まされ、ハサミで服切り刻まれて下着姿にされてしまった挙げ句、小型電マで責められてしまう。X字に拘束されて、仰向けに寝かされた挙げ句、ブラジャーを切り取られて乳房が露になったサラは、二人の男の手で体中を愛撫された挙げ句、ローターと電マで責められてしまう。光る台の上に、尻を突き出す様にうつ伏せに拘束されたサラは、パンティをずり落とされた挙げ句、電マバイブ等で責められてしまう。椅子に全裸姿でM字開脚に拘束されたサラは、指とマッサージ機と電マバイブで責めらてしまう。最後は、完全に堕ちてしまったサラが、自ら組織の男に抱かれてしまうのであった。

女体拷問研究所
セカンド VOL.12
○女体拷問研究所、通称「女研」。それは、女性を拉致して快楽拷問の実験を行う卑劣な組織である。首都圏公安本部本部長の愛娘でもある女捜査官が女研の被害に遭う事件を発端に、女研対策本部を立ち上げて、何人もの女捜査官を送り込むが全て返り討ちにあい、女研対策本部は煮え湯を飲まされ続けてきた。一方、関西でも似たような事件が続発。女研との関連を探る為、関西からレイカ捜査官が上京すると、協力要請の為に女研対策本部に現れたレイカは、不甲斐ない現状に、愛情を持って苦言を呈した。情報漏洩を懸念する対策本部の主席捜査官だったが、彼女の不安は的中していた。密かに仕掛けられた盗聴機によって、彼女たちの話は女研に筒抜けだったのである。対策本部を出たレイカ捜査官は銃を突き付けられ、女研に拉致されてしまった。
◆椅子に座らされ、大股を広げた状態で拘束されたレイカ捜査官は、男たちに服の上から愛撫された挙げ句、電マで責められてしまう。光る台の上に仰向けに寝かされ、両手を広げた状態で拘束され、媚薬を飲まされたレイカ捜査官は、服を剥ぎ取られ、ローションを浴びせられると、複数の電マとローターで責められてしまう。開脚まんぐり返し状態で拘束されたレイカ捜査官は、指やバイブで責められてしまう。今度は、M字開脚状態で拘束されたレイカ捜査官は、電マバイブで責められた挙げ句、電動工具を改良した特製ディルドで責められてしまう。性的快楽を植え付けられてしまったレイカ捜査官は、自ら男の肉棒を求めてしまうのであった。

美少女ヒロイン凶悪拷問
快楽人形工房
天獄 Vol.2
○ある日の昼間、楽しくデートしているマイ。だが、彼氏が怪しい二人組に連れ去られてしまう。連れ去られた彼氏を追って建物に侵入したマイは、戦闘員たちに囲まれてしまう。覚悟したマイは、なんとレオタード忍者に変身した。刀を振り回して戦闘員に立ち向かうマイだったが、刀を打ち払われてしまい、両手を拘束された挙げ句、頭に怪しい機械を被せられて気絶してしまう。
◆上半身を縛られて、電マ付き三角木馬の上に吊るされたマイは、複数の電マで責められた挙げ句、媚薬を飲まされてしまう。目隠しをされ、台の上に仰向けで大の字に拘束されたマイは、男たちの手で弄ばれた挙げ句、ミニ電マで責められてしまう。そのままM字開脚にされたマイは、秘部を舌と指と電マで責められてしまう。白くて卑猥な水着を着せられ、両手を吊るされて人の字に拘束されたマイは、ローションまみれにされ、男たちの手で弄ばれた挙げ句、複数の電マと電マバイブで責められてしまう。虎がらのビキニを着せられ、M字開脚に緊縛拘束されたマイは、秘部に媚薬を注入された挙げ句、ローターや電マ・バイブで責められた末に、電動工具を改良したディルドで責められてしまう。最後は、快楽を植え付けられたマイが、男に抱かれてしまうのであった。

女の惨すぎる瞬間
麻薬捜査官拷問
女捜査官FILE12
月島愛の場合
○かつて凄腕麻薬捜査官として数多くの麻薬犯罪組織を壊滅に追いやり、現在は引退して人妻として暮らしているアイ。その彼女に昔使っていた情報屋から、妹が危ないとの情報がもたらされる。アイの妹は現役の麻薬捜査官であり、妹が追っている犯罪組織が活発化しているという内容だった。妹を心配したアイは急遽、現場復帰して情報を集めると、犯罪組織に内通している男のアジトに向かった。だが、それは過去にアイによって犯罪組織を潰された男の復讐だった。もちろん、情報屋もグルだった。
◆上半身を縛られて吊るされたアイは、身体をまさぐられ、服をボロボロにされた挙げ句、ローターで責められた末に、媚薬を飲まされてしまう。ベッドの上に仰向けの大の字で拘束された下着姿のアイは、ローションまみれにされ、下着を剥ぎ取られ、更に陰毛を剃られた挙げ句、複数の電マで責められてしまう。うつ伏せで、尻を付き出すように拘束されたアイは、菊門にグリセリンを注入された挙げ句、2つの穴をバイブと電マでで責められてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されたアイは、複数の電マで責められた挙げ句、電動工具ディルドで責められてしまう。最後は、自ら肉棒を求めて、男に抱かれてしまうアイの姿があった。

女体拷問研究所
セカンド VOL.8
○女体拷問研究所、通称「女研」。それは、女性を拉致して快楽拷問の実験を行う卑劣な組織である。前作で、女研の快楽拷問で逝き地獄に堕とされ、緊縛入院の末に現場復帰したチヒロ捜査官は、ユニット・クリムゾンの女スパイであるミライに、女研のアジトを特定するように依頼した。ユニットクリムゾンとは表沙汰になることが少ない性犯罪や凶悪犯罪を調査する秘密組織である。捜査の結果、とある雑居ビルのバーが怪しいと睨み、単身で潜入してアジトを突き止めたミライだったが、銃口を突き付けられた挙げ句、気絶させられてしまう。その後、かすかに何かを飲まされたような記憶が、ミライにはあった。
◆調査により、ミライが格闘家でもあることを知った所長は、賭け試合を持ち掛ける。それは、男と対決して勝てば解放するが、負ければ快楽拷問で逝き地獄を味わってもらうという内容だった。下着姿で男に立ち向かうミライ。最初は優勢だったミライだったが、あと一歩のところで急に力が抜けてしまい、敗北してしまう。ベッドの上に仰向けで両手両足を上下に伸ばした状態で拘束された下着姿のミライは、ローションまみれにされた挙げ句、男たちの手と電マで責められてしまう。開脚状態で緊縛拘束されたミライは、複数のローターと電マ、さらにバイブで責められてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されたミライは、媚薬を飲まされた挙げ句、電マとバイブで責められた末に、電動工具ディルドで逝き地獄に。逆さ開脚のYの字で吊るされたミライは、前と後ろの穴を責められてしまう。最後は、自ら肉棒を求めてしまうミライの姿があった。

女体拷問研究所
セカンド VOL.10
○女体拷問研究所、通称「女研」。それは、女性を拉致して快楽拷問の実験を行う卑劣な組織である。女研によって逝き地獄に堕とされ、復讐を誓ったチヒロ捜査官だったが、彼女が送り込んだ女スパイも返り討ちにあい、別の女捜査官も被害に遭っていた。そこでチヒロ捜査官は、元特殊部隊隊長のマイに応援を要請した。だが、応援要請を拒むマイ。実はマイも過去に、女捜査官奪還作戦に失敗して、女研によって逝き地獄に堕とされた過去があった。最初は、要請を拒否したマイだったが、過去のトラウマを払拭するため、女研の情報収集を始めた途端、女研に拉致されてしまう。
◆椅子に縛り付けられたマイは、媚薬を飲まされた挙げ句、電マで責められてしまう。上半身を縛られ、吊るされたマイは、服を切り剥がされ、下着姿にされた挙げ句、複数の電マで責められてしまう。ベッドの上に仰向けで両手両足を上下に伸ばした状態で拘束されたマイは、下着を剥ぎ取られ、ローションまみれにされた挙げ句、ローターと電マ、さらにバイブで責められてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されたマイは、菊門にグリセリンを注入された挙げ句、2つの穴を責められてしまう。さらに秘部に、媚薬を注入されたマイは、電マとバイブで責められてしまう。最後は、快楽を植え付けられて、自ら肉棒を求めてしまうマイの姿があった。

戦え!
特命派遣女子社員
○闇の商社と戦う特命派遣会社のエージェント・リリ。ボスから、とある会社の不正経理が、闇の商社の資金源になっている疑いがあるので、潜入捜査の指令が下された。
◆リリは特命の前の確認として、ボスにローターとバイブで感度をチェックしてもらった。ドジなOLとして派遣されたリリは、社内の会話から事情を探る。深夜の会社に侵入したリリは、ブレスレットで変身すると、パソコンから機密情報を入手。闇の商社と関わりがある横川課長を呼び出すと、課長を押し倒したリリは、闇の商社の人物情報と現金の受け渡し場所を聞き出した。OL姿で受け渡し場所に潜入したリリだったが、待ち伏せされていた。ブレスレットで変身しようとしたリリだったが、隙を突かれて捕らわれてしまう。後ろ手に縛られたリリは、調教として電マとバイブで責められてしまう。全裸姿で牢屋に監禁されたリリだったが、ブレスレットで変身すると、牢屋を脱出。戦闘員を蹴散らし、戦闘技術を駆使して強敵を倒したリリは、闇の商社マンの精気を女体を駆使して吸い上げるのであった。

女捜査官アリサ
汚された白い肌
○凄腕の女捜査官アリサは、犯罪者から「白ヘビのアリサ」と呼ばれ、恐れられていた。新型化学兵器を巡るテロ事件を追う特捜班は、ある組織の男を重要参考人として尋問していた。やがて割り出されたアジトらしき廃墟に、単身乗り込んだアリサ捜査官だったが…。
◆銃を構え、待ち伏せしていた男たちに囲まれたアリサ。そう、これはアリサを狙った用意周到な罠だった。両手を吊るされたアリサは、男に辱しめられてしまう。全裸で緊縛拘束されたアリサは、男たちの肉棒を口で奉仕させられてしまう。後ろ手に縛られて監禁されたアリサだったが、拘束を解き、服を取り戻して脱出を試みる。外へ通じる扉を開けたアリサだったが、目の前には、特捜班が尋問していた男が立っていた。4人の男たちに囲まれて逃げ場を失ったアリサは、2人の男に輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女
被虐の巨乳エージェント
○日本各地でレイプ事件が続発していることをニュースが伝える中、秘密捜査官のソラは、最愛のパートナーと実戦訓練の末に、ベッドの上で一戦を交えていた。パートナーから、次の捜査対象の写真を見せられるソラ。写真の男は、最近頻繁に海外マフィアと接触し、国内でも勢力を伸ばしつつある謎の男であり、捜査内容は彼の正体を探ることだった。パートナーが車からサポートしながら、謎の男のアジトに潜入したソラだったが、パートナーが拉致されてしまう。秘密捜査官は機密保持のために拉致されたパートナーを見捨てるのがルールだが、ソラは単身で救出に向かってしまう。
◆椅子に縛り付けられたパートナーを解放しようとしたソラだったが、謎の男に銃を突き付けられ、捕まってしまう。両手を吊るされたソラは、自覚を失ったパートナーに電マで責められた挙げ句、謎の男に辱しめられた末に、薬剤を飲まされてしまう。黒の下着姿で緊縛拘束されたソラは、目の前に出された肉棒を拒絶して、自分のが何を飲まされたのかを問い質す。謎の男が扱っているのは、性欲を解放する薬で、日本各地でレイプ事件が頻繁しているのは、この薬が原因だった。パートナーの異常な行動は、この薬を飲まされた結果だと知ったソラだったが、パートナーは既にこの世にいないことを知らされる。大量の薬を飲まされたソラは、肉棒を口で奉仕させられてしまう。薬の効果で痴女と化したソラは、二人の男に輪姦されてしまう。最後は、残念ながら逆転勝利とパッケージのコスチューム姿は無し

欺かれた
人妻ボディガード
○とあるIT企業から、新システムの発表までの間、システム開発者であるオヅカの警護を依頼された人妻ボディガードのサキ。男性ボディガード二人に警護させてオヅカをトイレに行かせたサキだったが、階段ですれ違った男たちに違和感を覚え、オヅカたちが入ったトイレに向かった。サキがトイレに駆けつけた時には既に遅く、男性ボディガードたちは殺され、オヅカは拉致されてしまった。誘拐犯が載ったエレベーターを追って地下駐車場に向かい、誘拐犯たちに立ち向かうサキだったが、羽交い締めにされた挙げ句、睡眠薬スプレーを浴びせられて眠らされてしまう。
◆両手を吊るされたサキは、バイブで責められてしまう。オヅカと共に、テープで後ろ手に拘束されたサキは、トイレを要求。付き添いの男を誘惑して、彼の肉棒を口で奉仕した隙を突いて蹴倒すと、オヅカと共に逃走した。潰れた飲食店に逃げ込んだサキとオヅカ。サキが店内を物色している間に、オヅカは自分のケータイで誰かに連絡。厨房にいたサキは、二人の誘拐犯に辱しめられながらも、オヅカに逃げるように即す。彼女は気づいていなかった、今回の拉致事件の首謀者がオヅカであり、彼の狙いは会社が支払う身代金だということを。会社が支払った身代金により解放されたオヅカとサキは、数時間後に発表会が行われる会社に戻っていた。システムデータを持って辞めるつもりのオヅカは、サキを誘う。オヅカの誘いを断るサキだったが、彼を抱いてあげる。最後は、一発の銃声が鳴り響いた。

ロ●ータ刑事2
潜入捜査逆討伐!
侵された絶対領域
潜入捜査002
後藤リサ刑事
○敵地潜入
童顔で背が低いという特徴をいかして潜入捜査をする通称ロリータ刑事のリサ。今回のターゲットは、女子学生が買春を強要されている疑いのある耳かきエステマッサージ店だ。さっそくランジェリーメイド姿で潜入捜査を開始したリサは、裏で糸を引いている組事務所を突き止める。ブルマにワイシャツ姿で組事務所に単身で突入したリサだったが、ポンプ式水鉄砲で、しびれ薬入りの水を浴びせられて捕まってしまう。
◆快楽尋問、お前は誰だ!
立ち姿で拘束されたリサは、電マで責められてしまう。
◆屈辱のブルマ剥がし〜挿入拷問
ベッドに拘束されたリサは、バイブでも責められてしまう。
◆失われた理性!被虐のコスプレ、膣でイケ!
卑猥な水着を着せられたリサは、ローションまみれにされた挙げ句、責められてしまう。
◆究極拷問、電動ドリルが膣で暴れる!
開脚状態で拘束されたリサは、ディルドが装着された電動ドリルで、逝き地獄に堕とされてしまう。
◆肉棒拷問!ロリータ刑事が転落する瞬間
もはや、逆らう気力を失ったリサは、男の肉棒を喜んで受け入れてしまうのであった。

ミリオン・ドリーム
女子校生は
怪盗シスターズ
Blu-ray Special
○女子校生三姉妹、長女のシェリー、次女のユウ、三女のシオリは、亡き父の意志を継ぎ、叔父の指令で悪徳商家から金品を盗み、貧しい人たちに分け与える現在の女ネズミ小僧、その名も「怪盗シスターズ」である。ある夜、学校帰りに制服姿で盗みに成功した三姉妹だったが、三女のシオリが学生証を落としてしまい、誰かに拾われてしまう。
◆次女が作った揃いのキャットスーツで盗みに入った三姉妹だったが、三女のシオリが用心棒に見つかってしまう。三姉妹は、胸と口で用心棒の肉棒を奉仕して見逃してもらう。三女のシオリが彼氏に抱かれている間に、叔父の指令メールが届き、長女のシェリーと次女のユウが悪徳商家から金塊を盗み出す。一戦を交えた三女のシオリがシャワーを浴びている間に、彼氏が彼女のケータイを見てしまう。シャワーを浴びたシオリは、やっと指令メールに気づき、単身で忍び込んで、二人の用心棒に捕まってしまう。キャットスーツのまま開脚状態で緊縛拘束されたシオリは、電マと指で責められてしまう。その時、シオリのケータイに着信音が響いた。用心棒は、妹を助けたかったら、盗んだ物を持ってくるように要求する。約束通り、盗んだ物を持ってきた長女のシェリーと次女のユウは、二人の用心棒に辱しめられてしまう。眠らせた用心棒たちを拘束して逃走し、自宅に戻ってきた三姉妹。そこへ叔父から電話が。三姉妹の周囲にスパイがいる可能性を指摘される。三女であるシオリの彼氏が疑われ、自宅に呼ぶと隠し事がある様子。三姉妹は、女体を駆使して問い詰める。彼氏の隠し事とは、シオリの学生証を拾って隠し持っていたことであり、スパイ疑惑は晴れたのであった。

筋肉美人プロレスラー
デストロイシスターズ
※該当シーンのみレビュー
○リング上で、覆面レイプ魔一人に二人で立ち向かうデストロイシスターズ。優勢に戦いを進め、レイプ魔を尻に敷くデストロイシスターズだったが、もう一人のレイプ魔も参戦。
◆それぞれ、逆海老固めされたまま、下半身を脱がされて責められてしまう。コーナーポストで開脚状態で責められた挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

激闘!
ガールズ探偵物語
BLACK Cat
○女性従業員に違法な性的サービスを強要していると噂のある回春マッサージ店の潜入捜査を命じられたギャル探偵のミク。無事に面接を通過したミクは、研修を受ける事に。不正の証拠を掴む為にバッグの中の録音機をセットしたミクは、客の立場としてベッドに寝かされる。徐々に淫らなマッサージに移行する男性店員に、我慢の限界を超えたミクは、思わず蹴倒してしまい、店長に気絶させられてしまう。
◆囚われの身になり、媚薬を飲まされたミクは、身ぐるみを剥がされて電マやバイブ、更に電動工具ディルドで調教された挙げ句、二人の男に輪姦されてしまうのであった。

20コスチュームで
パコパコ!
※該当シーンのみのレビュー。
○林の中で何者かに追われ、逃走するクノイチだったが…。
◆突如、目の前に現れた三人の忍者に捕まったクノイチは、身体をまさぐられ、強制的に彼らの肉棒を口で奉仕させられてしまうのであった。

女剣士レイプ
犯されたプライド
凌辱愛玩人形
○大手ワンマン不動産企業の嫌がらせにより生徒がいなくなった道場を、彼氏と守る師範代のアサミ。担当者であり社長の息子が現れ、道場を掛けて剣道での勝負を申込む。対決したアサミは、見事な突きで勝利したのだが…。
◆気絶した社長の息子を秘書と彼氏が病院に運ぶ。それが、アサミを追い詰める罠とも知らずに。アサミの前に、男性秘書を連れた社長が現れ、息子が意識不明だと訴える。彼氏を人質に取られ、息子との結婚を強要される。仕方なく婚姻届けに捺印しようとしたアサミだったが、納得出来ない社長が趣旨を変更。胴着を脱ぐことを強要されたアサミは、秘書に辱しめられてしまう。息子が退院するまでに服従させようと、ソファーに全裸でM字開脚状態で緊縛拘束されたアサミは、電マ・ローター・バイブで責められてしまう。退院した息子から婚姻届けに捺印を強要されたアサミは、剣道での勝負を申込む。もちろん、アサミが負けたら捺印する条件で。正々堂々、剣道で対決して敗北してしまったアサミ。彼は剣道七段の腕前だった。彼氏を救う為、婚姻届けに捺印した失意のアサミは、夫となった男に抱かれてしまうのであった。

ロケットBBS
人気ナンバーワン
逆ショタ企画
戦隊ヒロイン
VSちびっこ催眠
○子供たちを追う怪人を、戦闘モードに変身して倒したゴウワンピンクとイエロー。彼女たちは気付かなかった。怪人の怨念が、ひとりの少年に宿り、催眠能力を与えたことを。
◆翌日、生活安全の課外授業の為、催眠少年の教室へ担任の男性教師と共に現れたピンクとイエロー。早速、授業を始めるピンクとイエローだったが、催眠少年が体調不良を訴える。寝ている担任を気遣い、イエローが保健室に連れて行く。催眠少年をレッドに見える暗示を掛けられたイエローは、少年の肉棒を口で奉仕してしまう。保健室に新たに現れた二人の少年を、ブルーとグリーンだと認識したイエローは、彼らの肉棒まで口で奉仕してしまう。その間に教室に戻った催眠少年。授業を進めるピンクに、女体の解説授業を提案する催眠少年。催眠少年を怒るピンクだったが、催眠術を掛けられてしまい、自らの肉体を使って女体授業を始めてしまう。全裸でバイブオナニーを始めたピンク。そこに戻ってきたイエローも全裸となってオナニーを始めてしまう。夢中で公開オナニーを続けるピンクとイエローは、少年たちに輪姦されてしまう。全裸で抱き合うピンクとイエローの側に、下半身を晒した爆睡中の担任を座らせて教室を去る少年たち。催眠が解けたピンクとイエローは、担任の仕業だと誤解してしまうのであった。
◆更に翌日、催眠少年を含む二人の少年に連れられた戦闘モードのピンクとイエローは、監禁されていた少年たちを救い出した瞬間、背後から殴られて気絶してしまう。犯人は、彼女たちをここに連れて来た二人の少年だった。そう、これは少年たちの罠だった。少年たちは、気絶している間にピンクとイエローのインナーを切り抜くと、彼女の乳房と秘部が露になってしまった。少年たちの手で女体を弄ばれている間、ピンクとイエローは敵に捕まって戦闘員たちの手で弄ばれ、電マで責められている夢を見ていた。目覚めたピンクとイエローだったが、首輪を付けられて少年たちに服従する暗示を掛けられたことを知る。少年たちのペットと化したピンクとイエローは、双頭ディルドで連結されて喘ぎ、少年たちに輪姦された挙げ句、放置されてしまうのであった。

酷隷の女戦士
第一章 DIVE
○表向きは、探偵事務所。だがその実体は、世に蔓延る諸悪を密かに葬る傭兵組織の支部である。本部から突然の配置転換により、兵器産業に手を染める謎の巨大複合企業への潜入することになり、表向きはコンパニオンとして前任者から担当を引き継いだ新人のアンナ。
◆本部から、ある物の奪還の指令を受けたアンナは、ボンテージコスチュームに身を包み、深夜の事務所に忍び込む。戦闘員に見つかり、トンファーで立ち向かうアンナだったが、闘いを制止した女幹部に気を取られた隙に、背後から銃を突き付けられて捕らわれてしまう。敵は、前々から傭兵組織の撲滅する機会を伺っていたのである。傭兵組織のコンピュータシステムに接続するパスワードを入手する為、Y字に吊るされたアンナは、腹部を警棒ノックされてしまう。開脚状態で床に寝かされたアンナは、秘部に挿入された金属ディルドにスタンガンで高圧電流責め。M字開脚状態で緊縛拘束されたアンナは、秘部に希塩酸を浴びせられてしまい、更に首を締め付けられながら、秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれたアンナだったが、銃を突き付けられて辱しめられてしまう。それから二週間後。拷問に耐え続けるアンナは、下着姿のM字開脚状態で緊縛拘束されて便器の上に寝かされていた。傭兵組織にアンナの所在を問うメールに対する返信の内容を聞かされる。それは、アンナの存在を否定するものだった。それでも傭兵組織を信じるアンナ。尿を浴びせられ、口の中に大量のザーメンを含まされたアンナは、バイブで責められた挙げ句、乳首に縛られた糸で引き責めされてしまう。乳房が露になったボンテージコスチュームを着せられたアンナは、カメラの前で浣腸された挙げ句、鼻フックで責められてしまい、我慢できずに噴射してしまう。最後は、こめかみに銃を突き付けられて終了。

アーマード・エンジェル
狂い哭く武装女兵士
女体秘奥炎上パニック
淫フェルノ-X
EPISODE-01
プロトタイプSHIZUKA
撃沈の巻
○西暦2XXX年、核戦争で荒廃した未来。有害物質が溢れ、盗賊が横行するなかで、身体を完全武装して無力な人たちに必要な物資を運ぶ共和政府組織SG(セーフティ・ガーディアン)。その中でも高エネルギー物資を活用した鉄壁の防御を誇る新型アーマーで活躍するアーマードエンジェルと呼ばれる女性部隊がいた。だが、ある極悪盗賊集団が兵器にも転用できる高エネルギー物資に目をつけ、新型アーマーの情報を集めて研究した結果、新型アーマーを強制解除する方法を発見していた。そして、アーマードエンジェル捕獲作戦が実行されたのである。隙を突かれて新型アーマーを本格稼働する前に気絶させられたアーマードエンジェルのシズカ。X字で拘束されたシズカだったが、力ずくで新型アーマーを剥がそうとした男は、防御機能の電撃を受けて撃退された。新型アーマーを本格稼働して拘束を解き、男たちを蹴散らすシズカだったが、電気パルスによって身を守るはずの新型アーマーが、身体の自由を奪う拘束具と化してしまった。
◆X字に拘束されて寝かされたシズカは、低周波責めされて媚薬を注射された挙げ句、電マで責められてしまう。後ろ手に縛られ、両足も縛られて前屈みに拘束されたシズカは、敏感に触られ、ホットパンツを脱がされた挙げ句、電マとバイブで責められてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されてソファーに寝かされたシズカは、秘部に媚薬を注射された挙げ句、手マン、バイブ、電マの連続責めで最高潮に達した瞬間、新型アーマーは強制解除されてしまった。全裸でX字に寝かされたシズカは、ローションまみれにされ、男たちの手でマッサージされた挙げ句、電マとバイブで責められてしまい、アナルまで責められてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されたシズカは、電動工具ディルドで逝き地獄を味わうことに。最後は、後ろ手に縛られたシズカが、二人の男に輪姦されてしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜温泉旅館湯けむり
殺人事件編〜
○ある朝、温泉旅館で女将の首吊り死体が発見される。所轄の刑事が自殺で結論付ようとした時、颯爽と現れたのが麻薬特捜のチヒロ。女将の遺体から麻薬成分が検出され、膣内からは数人の精子が残されており、麻薬絡みで殺害されたの可能性が出てきたのである。事件関係者は、第一発見者である不器用な使用人。女将の夫でもある若旦那。女将の義父にあたる大旦那。事件当日の客は、宿泊中のチンピラ、食事に来た若手企業社長、そして顔を隠して偽名で一泊した謎の男である。他人に正体を知られるのを避ける為、所轄刑事の事情聴取を隠れて聞くチヒロ。その後、チヒロは新しい女将として潜入捜査を開始した。
◆露天風呂に浸かる若旦那に裸で近づいたチヒロは、亡くなった女将が義父である大旦那と肉体関係にあったことを聞き出す。情緒不安定な若旦那に抱かれるチヒロだったが、それは精子を入手する手段だった。和室で大旦那に近づくチヒロ。チヒロの胸に手を伸ばす大旦那は、着物の下に隠した硬い物に触れる。恥らいを見せて背中を見せたチヒロは、座布団の下に銃を隠す。着物がはだけて乳房が露になったチヒロは、大旦那の肉棒を口と胸で奉仕させられる。もちろん、これも精子を入手する手段だった。密かに所轄刑事と接触するチヒロ。どうして、こんな無理な捜査をするのか納得出来ない所轄刑事にチヒロは、麻薬捜査官だった夫が潜入捜査中に殺害されたことを打ち明ける。提出した精子の内、亡くなった女将の膣内に残っていた物と一致したのは大旦那だった。しかし翌朝、大旦那は絞殺死体となって発見される。手がかりを失ったチヒロだったが、使用人からジュラルミンケースを渡される。手渡す予定の大旦那が亡くなったので、女将に預けたのである。密かに所轄刑事と接触したチヒロは、ケースの中身を見せる。それは、麻薬だった。チヒロは、事件関係者全員に手紙で取引を持ちかけた。危険な取引を前にチヒロは、所轄刑事に抱かれる。ケースを持って取引場所である和室に向かうチヒロに絡む事件関係者のチンピラ。彼が求めたのは、チヒロの肉体だった。チンピラの打ち倒し、取引場所に到着したチヒロ。そこには、若手企業社長が待っていた。中身を確認した社長はチヒロを疑い、彼女の後頭部に銃を突き付ける。そこに所轄刑事が現れ、社長に銃を突き付けた。着物を脱ぎ、ワイシャツとタイトスカート姿になったチヒロは、正体を明かして社長に銃を突き付ける。これで事件解決かと思った瞬間、所轄刑事の銃口はチヒロに向けられた。謎の男の正体は、所轄刑事だった。社長とグルで麻薬取引をしており、今回の殺人とは直接関係は無かった。秘部に麻薬を注射されたチヒロは、社長と刑事に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、社長と刑事は何者かに射殺されてしまう。連続殺人の犯人は、若旦那だった。クスリ漬けにされたチヒロは、旅館の一室に監禁されてしまうのであった。

酷隷の女戦士
第二章 IMPULSE 罠
○敵に捕まった挙げ句、失踪した妹分の報復するため、敵アジトに単身乗り込む秘密傭兵組織の凄腕構成員カオル。男たちを蹴散らすカオルだったが、物陰から聞こえてきた妹分の声に気を取られた隙に、後頭部を殴られて気絶してしまう。声の正体は、妹分の声を録音したICレコーダーだった。
◆両手を吊るされたカオルは、腹部を警棒でノックされた挙げ句、尻をムチで打たれてしまう。四つん這いにされたカオルは、手の甲を石で叩きつけられてしまう。爪先立ちを強要するピンヒールを履かされたカオルは、首に紐を巻かれたままでスクワットを強要され、更に首を絞めて尋問されてしまう。銃を突き付けられたカオルは、男に辱しめられてしまう。そこに薬物中毒となった女幹部が現れる。点滴で薬物を強制投与されるカオルは、女幹部と唇を重ねてしまう。M字開脚状態で緊縛拘束されたカオルは、手で秘部を責められてしまう。口に大型の漏斗を装着されたカオルは、大量のシャンパンを注がれた挙げ句、尿を浴びせられてしまう。床の上にふんどし姿でX字に寝かされたカオルは、手で秘部を責められた挙げ句、大量の溶けたロウを浴びせられてしまう。最後は、カオルのこめかみに銃を突き付けられるのであった。

女捜査官
深田梨菜
淫辱の罠(トラップ)
○麻薬捜査官リナに武術を指導してくれる憧れの女捜査官マキが潜入捜査中に失踪。単独捜査を開始したリナのケータイにマキの潜入捜査の内通者の男から連絡が入る。待ち合わせ場所であるホテルの一室に現れたリナは内通者の男に襲われるが、返り討ちにして取り押さえる。内通者の男から、マキが監禁されていることを知ったリナは、単身でアジトに侵入する。
◆鉄格子からマキを連れ出して逃走するリナだったが、待ち伏せされた挙げ句、マキを人質にされてしまう。服を脱ぐことを強要されてパンティ一枚の姿になったリナは、マキの目の前で4人の男に輪姦されてしまう。全裸で拘束されて薬物を飲まされたリナは、電マとバイブで責められた挙げ句、男の肉棒を口で奉仕させられてしまう。鉄格子の中に監禁されたリナだったが、服を持ってきた男を誘惑した隙に首を締め上げて倒した。鉄格子から逃走するリナの前に立ち塞がったのは、なんとマキだった。マキは敵に捕まったのではなく、寝返ったのであった。意外な真相に動揺したリナは、敵組織のボスに捕まってしまう。ベッドに連れて来られたリナは、敵組織のボスに辱しめられてしまう。最後は、組織を見限ったマキがボスを射殺。その場から立ち去るマキに銃口を向けるリナだったが、撃つことは出来なかった。

秘密捜査官の女
性開発された
美人エージェント
○中身は‘羊たちの沈黙’のオマージュ。女性を誘拐して性調教した末に売り飛ばす極悪犯罪組織が、財政界の有力者の令嬢を誘拐して多額の身代金を要求。特務捜査官のナナは、先輩捜査官と共に捜査で判明した監禁場所に突入するが、もぬけの殻だった。
◆建物内にいた怪しい男を事情聴取する先輩捜査官は、別の男に撃たれてしまう。囚われの身になったナナは、二人の男に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、先輩捜査官が最後の力を振り絞って男を射殺。このチャンスにナナも残りの男を射殺した。手掛かりを掴む為、独房に留置されている極悪犯罪組織に詳しい、‘博士’と呼ばれる男に捜査協力を依頼する。博士は、性調教師が誘拐事件に関わっている可能性を示唆する。男たちに辱しめられたことを洞察力の鋭い博士に悟られたナナは、心の隙を突かれて暗示をかけられてしまい、博士の目の前でオナニーをしてしまう。自らを性調教して欲しいと、性調教師の家に訪れるナナ。性調教師の隙を見て他の部屋を捜索し、誘拐された令嬢を発見したナナ。その後、怪しまれないように性調教を受けたナナは、性調教師に抱かれるが、彼を射殺して令嬢の救出に成功した。博士の元へお礼に現れたナナだったが、再び暗示をかけられてしまい、鍵を外して博士に抱かれてしまう。最後に博士は、ナナを鉄格子の中に残して立ち去るのであった。

女スパイ 女狼II
―哀しみの
サイレントシグナル―
○身寄りが少ない女性を雇い、性調教して娼婦として派遣する極悪人材派遣会社を壊滅させるため、派遣を依頼した会社にOLとして潜入した女スパイのサヤ。極悪人材派遣会社との契約書が部長のデスクにあることを突き止めたサヤだったが、部長の強引なセクハラに、思わず反撃してしまう。
◆深夜のオフィスにキャットスーツ姿で侵入したサヤは、契約書を超小型カメラで撮影。マイクロフィルムをカプセルに格納して秘部に隠したサヤだったが、部長たちが現れ、捕まってしまう。拘束されたサヤは、部下に秘部を調べられるが、隠した物は何故か見つからかった。秘部が濡れていることを指摘されたサヤは、3人の男たち輪姦されてしまう。手錠で繋がれたサヤだったが、彼女の秘部を調べた部下が現れ、手錠を外した。彼はサヤと同じスパイであり、彼女の監視役でもあった。そう、彼がサヤの秘部を調べた時、密かにカプセルを回収していたのだった。本部に戻ったサヤに新たな指令が。今度は、極悪人材派遣会社にモデルとして潜入して社長の愛人となり、調教ルームに超小型監視カメラを設置。被害者を性調教する場面を録画して、証拠を掴むことだった。今回、サヤをサポートする男性スパイは、過去に愛した元彼だった。サヤが社長に抱かれている間に、元彼が超小型監視カメラを調教ルームに設置。社長に調教ルームへ連れて来られたサヤは、目の前でキャットスーツに着替えさせられる。そう、社長はサヤがスパイだと見抜いていたのだ。惚けるサヤの前に連れて来られたのは、拷問を受けてボロボロになった元彼だった。彼は知らない男だと言い張るサヤに、社長は銃を手渡して男を射殺することを命じる。非情に徹し切れないサヤは、元彼と共に逃亡を図るが元彼が人質となってしまい、囚われの身に。両手を吊るされたサヤは、電マとバイブで責められた挙げ句、二人の男に輪姦されてしまう。最後は、自らが証拠となる為に、超小型監視カメラの前で性調教されるサヤの姿があった。

美人潜入捜査官
○変装を駆使して病院を潜入捜査して、闇の組織が関わる製薬会社の情報を入手。黒のラバースーツ姿で深夜の製薬会社に侵入したアイだったが…。
◆超小型カメラで資料撮影に夢中になっていたアイは、背後から気配を消して現れた男に銃を奪われてしまう。銃を突き付けられて服を脱ぐことを強要されたアイは、ブーツだけの全裸姿にされて秘部を調べられてしまい、隠した超小型カメラが見つかってしまう。隙を見て反撃を試みるアイだったが、両手を縛られて辱しめられてしまう。ラバースーツ姿で両手を吊るされたアイは、個人情報を調べられて男性経験が無かったことを知られてしまう。電マで責められたアイは、二人の男に輪姦されてしまう。電マと輪姦の連続責めに墜ちたアイは、闇の組織に寝返ってしまう。最後は、快楽を求めて3人の男に抱かれるアイの姿があった。

クリムゾンガールズ
囚われた女探偵たち
○電車内でナナ(管野さゆき)の美しさに思わず手を伸ばした瞬間、腕を捕まれて車内から引きずり出され、ナナとマキノ(浜崎りお)、アリサ(哀川りん)、ミツ(北川瞳)の4人に囲まれて鉄拳制裁を受けた末に見下された男は、4人に復讐を誓った。彼には意志の弱っている人間の心を少しだけ操る超能力を持っていた。
◆電車内でミツは、集団痴漢に襲われ、逝かされてしまう。ほぼ全裸にされたミツは、複数のローターと電マで責められてしまう。復讐男は、ミツのケータイ版でナナに喘ぎ声を聞かせ、拉致を宣言。超能力で洗脳されたミツは、復讐男に抱かれてしまう。ナナに、その様子を聞かせ、正体を明かさず宣戦布告すると、復讐男は、ケータイを切った。
◆アリサが自宅であるマンションの部屋に入ると、待ち伏せしていた男たちに襲われ、秘部に媚薬を塗り込まれた末に、複数のローターで責められてしまう。普通なら簡単に倒せる復讐男に押し倒されたアリサは、指で逝かされてしまう。洗脳されたアリサは、復讐男に抱かれてしまう。再びナナに電話した復讐男は、アリサの喘ぎ声を聞かせた。
◆ナナはケータイでマキノに警戒するが、マキノは拉致されてしまう。両手を拘束されたマキノは、複数のバイブと電マで責められてしまう。秘部に塗り込まれたマキノは電マとバイブで責められ、逝く寸前で止められてしまう。満たされない欲求の隙を突かれ、洗脳されたマキノは二人の男に抱かれてしまう。
◆復讐男は、人質を盾にナナを呼び出す。鉄格子の中には、自ら男を求める三人の姿が。復讐男の条件的は、30分間愛撫に耐えて、逝かなければ仲間を解放することだった。意志に反して逝ってしまったナナ。今度は、仲間の責めに耐えて逝かなければ、解放。複数電マ責めで逝かされてしまう。最後は、復讐男に辱しめられた挙げ句、見下されたナナだった。

女捜査官、藤本リーナ
〜武器密売組織を
壊滅せよ〜
○特殊捜査一課に配属されたリーナ捜査官。今回の任務は武器密輸組織の壊滅。極秘任務のはずだが、婚約者の捜査官に捜査状況を話してしまう。車で密輸組織を見張るリーナだったが、彼らに感ずかれてしまう。そうとは知らず功を焦ったリーナは、単身で潜入するが捕まってしまう。
◆銃を突き付けられたリーナは、男たちの肉棒を口で奉仕させられてしまう。監禁されても屈しないリーナは、男に辱しめられてしまう。婚約者の捜査官がリーナの救出に向かうが捕まってしまう。婚約者を救うために身体を差し出すリーナ。婚約者の目の前でリーナは、男に辱しめられてしまう。組織のボスは、2つの条件を提案した。それは、組織の仲間に入るか、それとも組織のペットになるか。それでも屈しないリーナは、ボスの肉棒を口で奉仕させられてしまう。婚約者に食事を与える条件として、ベッドで男に抱かれるリーナ。だが、彼女の犠牲も虚しく、婚約者は獄中死してしまうのであった。

秘密捜査官の女
牝犬と呼ばれた
巨乳諜報員
○秘密捜査官だった婚約者を目の前で殺され、復讐のために自らも秘密捜査官になったココミ。
◆美しさは弱点だと指摘されたココミは、局長に調教として辱しめられてしまう。婚約者を殺した組織が再び行動を開始。単身でアジトに突入したココミだったが、殺されたはずの婚約者が目の前に現れ、戸惑う隙に捕まってしまう。後ろ手に手錠で拘束されたココミは、男たちの肉棒を口で奉仕させられてしまう。婚約者は記憶捜査されて、過去の記憶を消されていた。両手を吊るされたココミは、婚約者にバイブと電マで責められてしまう。下着姿でマットの上に寝かされたココミは、別人と化した婚約者に辱しめられてしまう。婚約者が目の前で自殺したショックで意識不明になり、結果として局長の予想に反して生きて戻ってきたココミ。隔離された眼帯姿のココミは、実験体として快楽薬を注射され、カメラの前で二人の男に辱しめられてしまうのであった。

捜査官、堕ちるまで…
○凄腕捜査官のレイカは、掴んだ情報を元に潜入捜査した結果、暴力組織に大ダメージを与えた。レイカに苦汁を飲まされた暴力組織は、協力者である格闘家とサングラスの二人組にレイカの拉致を依頼。暴力組織の新たな情報があると呼び出されたレイカは、襲いかかるチンピラを蹴散らすが、格闘家の圧倒的な戦力差に屈服してしまう。実は、レイカに暴力組織の情報を流したのは、格闘家だった。このまま暴力組織に渡したら、彼らが内通者だと知れてしまうので、レイカの醜態をネットで流すことを提案した。
◆ベッドの上に大の字で拘束された下着姿のレイカは、性感マッサージで喘ぐ姿をカメラで撮られ、電マで責められてしまう。後ろ手に手錠で拘束されたレイカは、サングラス男に辱しめられてしまう。M字開脚で緊縛拘束されたレイカは、ローターで責められてしまう。逆らう気力を失ったレイカは、格闘家に辱しめられてしまうのであった。

痴漢バスおとり捜査官
○バスに乗車したミニスカのアカリは、背広姿の男の隣に立った。背広姿の男にお尻を触られた挙げ句、手コキまで強要されたアカリだったが、それは彼女の狙いだった。彼女の正体は、痴漢専門のおとり捜査官であり、手コキで放出されたザーメンが物的証拠だった。成果を上司に報告するアカリは、極悪な痴漢集団が猛威を奮っていることを知らされる。
◆数人の男性客がいるバス乗車して痴漢に遭うアカリだったが、いつもと様子が違った。実は、バスの乗客全員が極悪痴漢集団であり、彼らの狙いは、おとり捜査官であるアカリだった。罠に落ちたアカリは、彼らに輪姦されてしまう。その後遺症なのか、露出度の高い衣装でバスに乗車したアカリは、席に座る男性客を誘惑して抱かれた後に警察手帳を提示した。シャワーを浴びるアカリは、輪姦された事を思い出してオナニーをしてしまう。翌日、露出度の高い衣装で極悪痴漢集団がいるバスに乗り込むアカリ。輪姦された快感が忘れられず捜査官を辞めて、再びここにやって来たと言うアカリ。車内で極悪痴漢集団に弄ばれ、男に辱められたアカリは、廃倉庫で輪姦されてしまう。しかし、それは物的証拠であるザーメンを入手する為にアカリが仕掛けた罠だった。最後は、いつも通りにおとり捜査に励むアカリの姿があった。

潜入捜査官
女子校生コスプレ課
○常にOバックを履いている女子校生捜査官研修生のココミ。
◆制服姿でOバックパンティを履いたココミは、特訓として長官にアナルを開拓されてしまう。女子生徒の失踪事件が続く学校に、転校生として潜入捜査を開始したココミは、男子生徒の肉棒を口で奉仕して、違法薬物の入手先情報を入手した。深夜の校内にOバック・ラバースーツ姿で進入したココミだったが、覆面男に眠らされてしまう。手錠で拘束されたココミは、二人の覆面男たちに、ローターと電マ、更にバイブで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。精根尽き果てた覆面男の正体は、長官だった。そう、これは最終試験だった。見事に合格したココミは、アメリカ支部への赴任が決まったのであった。

忍道凌辱淫戯
○戦乱の世を過ぎた現代、忍道心華流15代家元シノブは、今は亡き師匠と共に陽玉と陰玉を封印した。陽玉は妖玉にして、主は強い妖術を操る力を手に入れる。陰玉は淫玉にして、埋め込まれた女は淫らの虜に堕ちる。だが半年前、争いを好む一番弟子が陰玉を奪って逃走した。一番弟子は、陰玉を使って姉弟子を拉致してシノブを呼び出した。陽玉を飲み込んだシノブが、妖術で一番弟子を圧倒。
◆しかし、裏切り者の弟子により、姉弟子の首に刃物を突き付けられてしまう。陰玉を飲まされたシノブは、一番弟子に辱しめられてしまい、陽玉まで奪われてしまう。力ずくで屈服させようと、弟子に丸一日辱しめられたシノブだったが、彼女の心は屈しなかった。一番弟子は、陽玉と陰玉の力で亡き師匠の姿に変身して陽玉を飲み込んだ。秘部に陰玉を埋め込まれたシノブは、亡き師匠に辱しめられてしまう。最後は、弟子たちの前で家元となった一番弟子の肉棒を口で奉仕するシノブの姿があった。

潜入捜査官 III
○麻薬潜入捜査官のシェリーは、サンドバッグを相手に格闘のトレーニング中。そこに二人の若者が襲いかかるが、シェリーは軽く蹴散らす。今度は、ちゃらけた中年男性が現れる。彼は、新しい相棒であり、シェリーの実力を試したのであった。相棒と共にボスに呼ばれたシェリーは、次の捜査内容を伺う。それは、ある建物への潜入捜査だった。そこは、過去に捜査官を何人も潜入させたか、唯一戻ってきたのが、今度の相棒だけだった。仲の良かった女捜査官から、ある情報を聞いていたことをほのめかすシェリー。その内容を問うボスに対しシェリーは、確証を得てないことを理由に内容を知らせなかった。相棒の忠告を無視して力ずくで潜入するシェリーは男たちを蹴散らすが、気配を消して背後から近づいてきた男に銃を突き付けられて捕まってしまう。
◆両手を吊るされ、尋問にも屈しないシェリーに対し、男は手段を変更。蟹縛りにされたシェリーは、男の両手に装着されたマッサージ器で責められた挙げ句、辱しめられてしまう。全裸で鉄格子の中に拘束されたシェリーの前に現れたのは、彼女に指令を与えたボスだった。彼は、麻薬組織の幹部であり、シェリーが女捜査官から聞いていた裏切り者の正体だった。どこまで組織の情報を掴んでいるかを吐かせるため、全裸で緊縛されて吊るされたシェリーを、ボスは電流で責める。それでも屈しないシェリーは、ボスに電マとバイブで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。数人の男たちの前に連れて来られた全裸のシェリーは、手錠で拘束されたまま、連続でイラマチオを強要されてしまう。中腰状態に緊縛されたシェリーは、股の下に固定されたディルドから腰を浮かせるために、滑車に繋がれた縄を引いて上半身を持ち上げていた。必死に耐えるシェリーだったが、じれったくなったボスに秘部を舐められた挙げ句、辱しめられてしまう。全裸でベッドに拘束されたシェリーだったが、隠れていた相棒に助けられる。戻ってくるなと忠告する相棒だったが、シェリーは聞く耳を持っていなかった。シャワーを浴び、ラバースーツに身を包んだシェリーは、銃で武装して再びアジトに潜入。相棒と合流し、組織の幹部に銃口を向けるシェリーだったが、相棒は彼女の頭に銃を突き付けた。男たちの前で椅子に縛り付けられたシェリーは、相棒にローターや電マ、更にディルドで責められてしまう。再び椅子に拘束されたシェリーは、二人の男に輪姦されてしまう。相棒の手で鉄格子に監禁されるシェリー。暴言を吐くシェリーに対し、相棒は真面目な顔で先輩として忠告する。「力任せだけではいけない。目的の為なら、味方さえも欺く。これが潜入の極意だ」と。処刑が翌日に決まったシェリーは、三人の男に輪姦されてしまう。再び、全裸で鉄格子に監禁されたシェリーの耳に聞こえたのは、一発の銃声。それは、相棒が幹部を射殺した結果だった。立場が逆転し、組織の部下にボスの行方を問い質すシェリーだったが、彼女の頭の中には性奴隷と化した自分の姿が浮かんでしまうのであった。

アイドル潜入捜査官 2
○違法薬物混入のあるお菓子メーカーに潜入捜査することになったユウ。彼女は、前回の潜入捜査でアイドルとして認知されていた。更に彼女は、専用の執事がいるお嬢様でもあった。捜査内容を聞いた執事は、最近頻発している若い女性の集団失踪事件に関係している可能性を示唆する。
◆執事の提案でユウは、予想される媚薬の対抗体物質を性感帯に塗り込まれる。お菓子メーカー現れたユウは、数種類の試作品の試食し、適格なアドバイスで信用を得ることに成功。自宅に戻ったユウは、股間の匂いを執事に嗅がせて、使用された媚薬を分析させる。しかし、それは執事も知らない媚薬の匂いだった。執事は、ユウのアナルにGPS発信器を挿入することを提案するが、彼女は頑なに拒否。媚薬効果で発情したユウを執事は、ローターとバイブで責め、抱いてあげる。再びお菓子メーカーで、提案した新商品を試食。発情したふりをしたユウは、担当者にフェラと手コキで奉仕してアジトの場所を聞き出した。自宅に戻ったユウは、執事が用意したダイエットカプセル薬を飲み、黒系のゴスロリに着替えてアジトに潜入。罠を掻い潜り?エレベーターに乗り込むユウだったが、到着したフロアで二人の男に見つかってしまう。二人に銃を向けるユウだったが、それはモデルガンだった。媚薬が効いているふりをしたユウは、2本の肉棒を口で奉仕する。潜入捜査官と疑われたユウは、上半身を縛られると電マで責められ、ディルドを挿入された挙げ句、マッサージ器の振動部にまたがることを強要されてしまう。いつの間にか、白いレオタードに着替えさせられたユウは、組織のボスに乳房と股間を隠している布を切り取られ、ローターやバイブ、更にディルドで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。鉄格子に監禁されたユウは、4人の男たちに輪姦されてしまうのであった。最後は、執事が用意したダイエットカプセルが、実は超小型GPS発信器であり、ユウは位置を把握した捜査官たちに救出され、犯人たちは逮捕されたらしい。

どじっ娘潜入捜査官
○とあるビルの中で麻薬取引があることを知った新米麻薬捜査官のチカは、1階店舗のマスコットのバイトとして潜入。パンダの着ぐるみ姿で屋上を探っていると、組織の男二人がタバコを吸いに現れる。物陰に隠れて様子を伺うチカだったが、見つかって事務所に連行されてしまう。
◆男たちに囲まれて尋問されたチカは、黙秘する。着ぐるみ越しに身体をまさぐられたチカは、イラマチオを強要されてしまう。その後、隙を見て逃亡したらしいチカは、ナース姿で登場。麻薬取引の影のボスらしい男が出張看護を受けているので、出張看護師として潜入したのだ。患者に紙コップを渡し、尿検査のサンプル採取に行っている間に、部屋を物色するチカだったが、見つかってしまう。その場を誤魔化すチカだったが、欲求不満だったので患者に押し倒されてしまう。派遣社員として潜入したチカは、夜の事務所に忍び込んで麻薬取引の情報が記録されたUSBメモリを発見するが、見つかってしまう。ソファーに押し倒されたチカは、二人の男にローターやバイブ、更に電マで責められてしまう。なんとか自宅に戻ったチカは、何故かオナニーを始めてしまう。確実な情報を掴み、ラバースーツ姿で銃を片手に取引現場に単独で突入するチカ。犯人たちを壁に向かせて物的証拠を押収しようと焦り、その場に銃を置いてしまったチカは、立場が逆転してしまう。誰から情報を得たかを吐かせるためにチカは、男たちに輪姦されてしまう。最後は、犯人たちの情けで、その場に放置されてしまうチカだった。

女怪盗 女豹10
幻の性像「異邦人」
○仮面の義賊「女豹」ことリンコは、考古学を専攻する妹と二人暮らし。自分の好きな女豹の正体が姉だとは、妹は気づいていなかった。女豹が次のターゲットに選んだのは、ある教団が所有する性像「異邦人」。決行日の昼間、偶然にも妹が、教団のコレクションを見学に訪れていた。見学を終え、帰ろうした妹だったが、儀式の生け贄として捕らわれてしまう。深夜、厳重な警備を掻い潜り、「異邦人」を確保した女豹だったが、下着姿で拘束された妹の姿を発見してしまう。警報が鳴り響く中、妹の拘束を解いて逃走を図る女豹だったが、男たちに出口をふさがれてしまう。襲いかかる男たちを蹴散らす女豹だったが、妹が人質にされてしまう。仮面を外された女豹は、思わず妹から顔を背ける。女豹の反応に何かを察した男が、女豹の素顔を妹に向けた瞬間、二人の関係が姉妹だと知られてしまう。
◆ソファーに押し倒された女豹は、三人の男たちに輪姦されてしまう。ブーツだけのほぼ全裸でM開脚で拘束され、バイブを挿入された女豹は、別室で妹が責められそうになる姿を画面で見せられる。妹の身代わりに服従を誓った女豹は、バイブで責められ、ローションまみれにされ、指やディルドで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。後ろ手に手錠で拘束された女豹だったが、周囲に人の気配が無くなると、ヘアピンで手錠を外し、妹の元へ。しかし、妹は快楽に溺れ、理性を失っていた。そこに逃走に気づいた男が襲いかかる。男たちを蹴散らす女豹だったが、スタンガンで倒されてしまう。両手を吊るされた女豹は、電マと指で責められてしまう。妹の前に連れて来られた女豹は、異常な光景を目撃する。全裸の妹が、生きたまま硬直していたのだ。教祖の話では、古代から伝わる性像で絶頂に達すると、挿入された女性は生きた性像になるという。女豹に用意された性像は、「異邦人」だった。ベッドに連れて来られた女豹は、三人の男たちに電マやバイブで責められ、輪姦された挙げ句、挿入された「異邦人」で逝ってしまう。最後は、教団のコレクションとして展示された女豹の姿があった。

凌辱探偵ファイル
CASE1:令嬢/アヤ
○名探偵の血を引くリーナの探偵事務所の前に倒れていた令嬢アヤ。アヤは、財産目的で結婚を迫る花園物産の御曹司から逃げていたのだ。話を聞いたリーナは、アヤを守ると誓うが…。
◆リーナの事務所に用心棒二人を連れた御曹司が押し掛ける。アヤの代わりに応対するリーナだったが、用心棒二人に奥の部屋に押し込まれてしまう。残されたアヤは、御曹司に辱しめられてしまった挙げ句、拉致されてしまう。奥の部屋には、縛られて身動きのできないリーナの姿があった。アヤを救うため、御曹司の元へ押し掛けるリーナ。そんなリーナに御曹司は、賭けを持ち掛ける。リーナが勝ったら御曹司はアヤとの婚約を諦めるが、御曹司が勝ったら、リーナは何でも言うことを聞く条件になった。勝負はロシアンルーレット。緊迫した勝敗の結果は、御曹司の勝ち。弾倉に込められた銃弾は空砲だった。服を脱ぐことを強要され、全裸になったリーナは御曹司の目の前で、二人の用心棒に輪姦されてしまう。手錠を填められた全裸のアヤとリーナ。リーナは、電マや手マン、更にバイブで責められた挙げ句、御曹司に辱しめられてしまい、アヤはアナルスティックとバイブで責められた挙げ句、用心棒に辱しめられてしまう。それから一ヶ月後、性奴隷ペットと化した全裸姿のアヤとリーナ。アヤの左手薬指には、婚約指輪が輝いていた。

女スパイ暴虐拷問室4
○表向きは健康飲料会社、裏では人身売買をしている悪徳企業がある。諜報員ユイに与えられた指名は、前に潜入した諜報員が赤いライトに隠したデータチップを奪還する事。営業の面接として潜入したユイは、男性面接官の前で全裸になることを強要される。ペンライトで身体の隅々までチェックされて面接に合格したユイは、隙を見て赤いライトを隅々まで探すが、データチップは面接官が持っていた。
◆椅子に縛り付けられたユイは、鼻フックを引っ掛けられ、鼻の穴を刺激されてクシャミを強要されてしまい、露になった乳房を責められてしまう。ギロチン台に拘束されたユイは、浣腸、イラマチオ、アナルファックと連続で責められてしまう。全裸でソファーに押し倒されたユイは、アナルファックとバイブで同時に責められてしまう。全裸で大の字に吊るされたユイは、羽根で責められ、身体中に洗濯バサミを挟まれた挙げ句、電マで責められてしまう。膝立ちで拘束されたユイは、両乳首などに電極を付けられて、高圧電流で責められてしまう。乳房縛りで吊るされたユイは、ムチで打たれ、寸止め首吊りで責められてしまう。死の恐怖に怯えたユイは、思わず自分がスパイだと認めてしまう。死は免れたユイだったが、彼女は性奴隷として海外に売られてしまう運命であった。

捜査官、堕ちるまで…
○悪徳金融会社の男たちが責務者である女性に借金返済を迫り、返済の代わりにアダルト映像の撮影を強行しようとする現場に単身で踏み込んだアメリ捜査官。しかし、被害者の女性が人質となり、アメリ捜査官は囚われの身に。被害者の女性と共に縛られて監禁されたアメリ捜査官だったが、拘束を解いて見張りを倒す。応援を呼ぶからと、拘束を解いた被害者をその場に残し、次々と男を倒すアメリ捜査官。なんとか建物の外に出たアメリ捜査官だったが、銃を持った男が待ち伏せしていた。そう、これはアメリ捜査官の希望を打ち砕くために彼らが仕掛けた罠だった。
◆ベッドの上で大の字に拘束されたアメリ捜査官は、目隠しをされ、電マで責められてしまう。手錠で後ろ手に拘束されたアメリ捜査官は、男に辱しめられてしまう。それでも心は屈しないアメリ捜査官。手錠で拘束された全裸のアメリ捜査官は、再び目隠しをされて2個のローターで秘部を責められてしまう。快楽に堕ちたアメリ捜査官は、自ら男を求めてしまうのであった。

潜入調査!!
興信所の母
○人妻で興信所の調査員であるユウナ。今回の浮気調査のターゲットである男性は、警戒心が強くて証拠が掴めないでいた。真面目な性格のユウナは、自宅でも仕事を優先してしまい、調査期間中は夫との夜の営みも中止する約束だった。
◆夫の横へ床に入ったユウナ。身体を求める夫にユウナは、仕方なく口で奉仕してあげる。満足して寝た夫に対し、中途半端に興奮して眠れなくなったユウナは、思わずオナニーをしてしまう。再び調査の仕事に戻ったユウナは、ターゲットが明日か明後日に来る予定の別荘に到着。項を焦ったユウナは、窓の鍵が開いていたので、浮気の証拠を掴むために別荘に侵入してしまう。別荘内を探索して応接室に到達したユウナだったが、背後から迫るターゲットに気づかなかった。左手の指輪で人妻と見抜かれ、不法侵入で弱みを握られてしまったユウナは、何を探っているのかを尋問され、服を脱いで下着姿になることを強要された挙げ句、口で奉仕させられてしまう。テーブルの上に拘束されたユウナは、バイブで責められてしまった挙げ句、拘束を解かれ、辱しめられてしまう。最後は、自宅に戻ったユウナが、夫を誘惑して終了。

奴隷捜査官
○かつて、ある暴力組織に両親を殺され、復讐を誓い捜査官となったユイ。最近、殺人事件の被害者が失踪する事件が頻繁。暴力組織の関与を疑うが、証拠が掴め無かった。そんなある日、暴力組織の男に婚約者を殺された幼なじみの女性が父親と共に失踪した。
◆暴力組織の男たちに輪姦された幼なじみが、ユイのケータイに助けを求めた。単独でアジトに侵入したユイは、輪姦されている幼なじみを発見。辱しめている男たちに銃を向けるユイだったが、背後から近づいたボスがムチで銃を叩き落とす。素手でボスに立ち向かうユイだったが、ねじ伏せられてしまう。ベッド上に全裸で拘束されたユイは、男たちに輪姦されてしまう。薬物を嗅がされ、眠らされたユイは、本人は知らずに身体の中に何かを埋め込まれてしまう。ユイの目の前では、二人の男奴隷の生死を掛けた、女奴隷によるフェラレースをやっていた。猿轡をされ、後ろ手に拘束されたユイは、幼なじみの目の前で辱しめられた挙げ句、バイブを装着されて放置される。次の男が現れ、幼なじみの首に小型のプラスチック爆弾を掛ける。10分以内にフェラで逝かせないと爆発すると知ったユイは、熱心なフェラで制限時間内に逝かせた。また別の男が現れ、ユイを辱しめるとバイブを装着して放置した。手錠で拘束されたユイは、隙を突いて人質3人と脱走を図るが、目の前に現れた男がリモコンスイッチをオンにすると、秘部に埋め込まれた装置により、突然の快楽に襲われ、腰砕けになってしまった。逃亡を図った奴隷のひとりが生死を掛けた毒ディルドルーレット(仮称)を強要される。毒ディルドルーレットとは、並べられた4本の内、1本に毒が塗られており、奴隷が1本選んで腰を落とす賭けである。奴隷が自ら選んで腰を落とし、ディルドを挿入。どうやらセーフらしいので逝かせると、文字通り昇天してしまった。耳栓と目隠しをされた幼なじみが、口の感触で父親当てゲーム。幼なじみは、見事に父親を当てる。幼なじみには、フェラで逝かせるように強要しながら、父親には逝ったら死刑だと警告する。幼なじみの必死なフェラで逝ってしまった父親は、絞殺されてしまう。乳房縛りで吊るされたユイは、ボスにムチで打たれ、イラマチオを強要される。幼なじみとユイは、浣腸された挙げ句、両手を吊るされて辱しめられてしまう。幼なじみとユイは、目の前の男奴隷の生死を賭けてフェラレースを強要された結果、ユイは負けてしまう。敗北したユイは、二人の男たちに輪姦されてしまう。最後は、完全に性奴隷と化したユイの姿があった。

恥辱の女潜入捜査官5
鼻畜拷問
○深夜の捜査研究所でデスクワークをするメガネの白衣女性が、仮面の男にナイフを突き付けられる。怯えていた白衣女性の態度が急変して、仮面の男を取り押さえた。彼女の正体は公安調査官のリナだった。窃盗常習犯である仮面の男を逮捕しようとした瞬間、彼は何者かに射殺されてしまう。銃弾を分析した結果、捜査官が使用しているタイプと判明。それは、内部犯行を意味していた。
◆深夜の捜査研究所で怪しい男に銃を突き付けるリナ。怪しい男の正体は組織犯罪対策課の課長だった。課長を問い詰めるリナだったが、課長の仲間に銃を突き付けられ、囚われの身に。両手を吊るされたリナは、腹部を課長に殴打される。上半身に拘束衣を着せられ、首輪と猿轡をさせられたリナは、容器に溜まったザーメンを飲まされてしまう。拘束衣を脱がされ、スポーツ下着姿になったリナは、何度も尻を叩かれてしまう。アームバインダーで両腕を後ろ手に拘束されたリナは、後ろ手を上に引き上げられた結果、右肩が脱臼してしまう。脱臼したままリナは、ロープで股間を持ち上げられたり、切り抜いたブラから露になった両乳首に電極を付けられて電流責め、更に鼻フックで拡張した鼻腔から媚薬を投与されてから、右肩をはめられた。媚薬が効いてきたリナは、辱しめられてしまう。ラバーレオタード姿で両手を吊るされたリナは、指やディルドで責められてしまう。全裸で緊縛拘束され、寝かされたリナは、バイブや電マで責められた挙げ句、「私はあなたの愛玩具です」と宣言させられてしまう。指でアナルを開拓されてしまったリナは、アナル生け花にされた挙げ句、ムチで尻を叩かれてしまう。最後は溶けたロウを全身に浴びせられ、電マで責められた挙げ句、一発の銃声が鳴り響いて終了。

どじっ娘潜入捜査官
○着ぐるみ姿で、あるビルに侵入する潜入捜査官のツボミ。着ぐるみは、商店街の福引きイベントのアルバイト姿であり、侵入したビルは、売春組織が関連している疑いがある場所だった。
◆人の気配に気づいて隠れるツボミだったが、見つかってしまい応接室に連行されてしまう。男たちに囲まれたツボミは、彼らの肉棒を口で奉仕させられた挙げ句、テープで両手両足を拘束されて放置されてしまった。それからなんとか逃走して売春組織が関連している疑いがある会社に派遣社員として潜入。誰もいないオフィスで、上司のパソコンから顧客リストをコピーしようとしたツボミだったが、上司に見つかり、辱しめられてしまう。実は、コピーしようとした名簿は、売春組織の顧客リストではなく同窓会名簿だった。ある学校の男性教師が売春組織との仲介役という情報を得たツボミは、水泳部の臨時コーチとして潜入。ロッカールームで教師のカバンを調べていると、持ち主に見つかってしまう。カバンの持ち主に、ローションを探していたと勘違いされたツボミは、ローションマッサージをされた挙げ句、口で奉仕させられてしまう。売春組織と仲介役が商談に使うバーにバーテンダーとして潜入したツボミ。睡眠薬入りカクテルで二人を眠らせて証拠資料を入手しようとしたツボミだったが、彼らは狸寝入りだった。M字開脚で拘束されたツボミは、ローターやバイブ、更に電マで責められてしまう。売春組織からの撤退決めた男は、仲介役に顧客リストの取引を持ち掛けた。取引場所と時間の情報を得たラバースーツ姿のツボミは、銃を片手に単身で取引現場に突入。男たちを後ろに向かせて物的証拠を押収しようとしたツボミだったが、傍らに置いた銃を奪われてしまう。立場が逆転したツボミは、男たちに輪姦されてしまう。最後は、可愛さに免じて解放されるツボミだった。

浣腸女刑事3
生贄魔肛地獄
○夫を地下組織に殺され、復讐のチャンスを伺う女刑事レイカ。地下組織に潜入中でレイカの事情を知る刑事から、組織のボスが襲撃されて極秘に、ある病院に緊急入院したとの連絡が入った。復讐するなら今だと。ラバースーツ姿で病院に侵入したレイカが、ボスを殺害しようとした瞬間、手下に見つかり、激しい銃撃戦の末に捕まってしまう。
◆ラバースーツ姿で緊縛されて椅子に座らされたレイカ。病院の場所は極秘だったので、誰が内通者かを尋問されるレイカ。発信器を隠し持っていないかと疑われたレイカは、ラバースーツの上から筆、刷毛、手でまさぐられる。ラバースーツのチャックを引き降ろされたレイカは、乳房と黄色のパンティが露になってしまう。乳房の上からローションを塗られたレイカは、両乳首に鈴を吊るされた挙げ句、股間を刺激されると、上半身をくねらせて鈴の音が鳴り響く。開脚させられたレイカは、パンティを剥がされて秘部を調べられた挙げ句、バイブで責められてしまう。あぐら縛りで拘束されたレイカは、アナルにワセリンを塗られてアナルビーズを押し込み、引き出される。秘部を筆で責められるレイカは、更にバイブでも責められると同時に、アナルまでバイブを挿入されてしまう。うつ伏せでお尻を突き出す格好にさせられたレイカは、浣腸されてしまうが結局、発信器は隠し持っていなかった。両乳首に鈴を付けたまま、全裸で乳房縛りで吊るされたレイカは、ムチでお尻を討たれてしまう。その頃には、急患だったボスが退院。組織が運営しているSMクラブで女刑事レイカを披露するために、部下に調教を命じる。ブレザー制服を中途半端に着せられたレイカは、鼻フックにM字開脚で拘束され、性感態を愛撫された挙げ句、手マンされてしまう。会員制のSMクラブでステージに立たされた首輪付きのレイカは、ランドセルが似合うコスプレ姿だった。観客の目の前でレイカは、二人の男たちに辱しめられてしまう。鉄格子に監禁されたレイカを救出しようとした内通者だったが、手下に見つかり、射殺されてしまう。鉄格子の中にいるのは、警察の犬ではなく、性奴隷のペットと化したレイカだった。

女コマンドー拷問収容所
姦獄の処刑人
○独裁国家と化した日本。黒ビキニにポンチョを羽織った女戦士マキは、男たちと共に投獄された仲間を救う為に強制収容所を襲撃。激しい銃撃戦の末に奥へ進んだマキだったが、仲間が人質に取られてしまう。銃を捨てて投降するマキだったが、人質は射殺されてしまう。
◆両手を吊るされたマキは、痛めつけられてアジトの場所を尋問される。力ずくの拷問に耐えるマキに対し、快楽拷問に変更する軍人たち。ポンチョを剥ぎ取られ、男たちに視姦されて悶えるマキ。筆で責められたマキは、白濁ローションで全身を弄ばれてしまう。全裸で後ろ手に緊縛されたマキは、男たちの目の前で辱しめられてしまう。丸棒責め等で連日、快楽拷問が続くマキに量刑が決まる。慰安婦となったマキは、ピストンディルドでフェラの特訓。更に鼻フックまで追加される。全裸で後ろ手に乳房縛りにされたマキは、こぶ縄渡りを強要される。手錠と首輪と鼻フックを填められたマキは、乳房と秘部が露になった卑猥な水着を着せられてダンスを強要されてしまう。最後は、胡座縛りで全裸拘束されたマキが、白濁ローションで全身を弄ばれ、回転ディルドで秘部を責められた挙げ句、お尻を平手で連打されて快楽に堕ちてしまうのであった。

コスッて熟女神 5
※該当シーンのみレビュー。脱がしは無し。
○ガ●ルに敗北し、腹部を踏みつけられてしまうチ●ンリー。
◆両手やチェーンで首を絞められたチ●ンリーは、意識が遠のきながら失禁してしまう。前屈みで両手を吊るされ、お尻を突き出す格好にされたチ●ンリーは、お尻を触られた挙げ句、叩かれてしまう。両手と右脚を吊るされたチ●ンリーは、バイブと電マで責められてしまう。拘束を解かれたチ●ンリーだったが、監禁されているサ●ラの映像を見せられる。人質を取られ、逆らえなくなったチ●ンリーは、辱しめられてしまうのであった。

捜査官、堕ちるまで…
○妹分の部下と共に高級官僚専門のコールガール組織の潜入捜査していたリンだったが、正体がバレて隠れ家に逃げ込む。二人の追手を倒すリンだったが、妹分の部下が人質に取られてしまう。実は、妹分の部下は正体を知られていたのだ。逆らえなくなったリンは、コールガールとして調教されることに。
◆下着姿でベッドへ大の字に拘束されたリンは、性感マッサージと電マで責められてしまう。ステージに立たされたリンは、観客の前でストリップとオナニーを強要されてしまう。観客の中央に用意したベッドの上でリンは、男に辱しめられてしまう。バスルームに連れてこられたリンは、男相手に泡踊りを強要され、辱しめられてしまう。最後は、オークションに賭けられてしまうリンだった。

潜入教師2
○いじめられ生徒を治療する保険医。その正体は学園を隠れ蓑にして犯罪行為を繰り返しているという校長の身辺調査をする為に潜入した捜査官。潜入教師リーナである。夜の校長室に侵入したリーナは、不正の証拠を探すが、何も見つけられなかった。
◆翌朝、保健室の机の上に封筒と段ボール箱が置かれていた。封筒の中身は昨夜、校長室を捜索するリーナの写真だった。段ボール箱の中身は、ケータイ、ケータイ用ヘッドセット、デジカメと三脚だった。段ボール箱にあったケータイに着信音が鳴る。男性らしき声の主は、自分が校長の反対勢力であり、リーナが潜入教師であることを知っていた。謎の男はリーナに取引を持ちかける。要求に応じれば、校長がしている不正の証拠を提出する。ただし逆らえば、校長にリーナが潜入教師であることを明かすと。謎の男の要求は、大金ではなく、リーナの痴態であり、彼女は24時間監視されており、不審な行動さえできなかった。耳にケータイ用ヘッドセットを装着したリーナは、三脚にデジカメをセットして自撮りストリップを強要される。全裸になったリーナは、机の上で開脚を強要された挙げ句、カメラに向かってお尻を突き出すように要求され、録画したデジカメは段ボール箱に戻して、指示通りに指定のロッカーに入れた。翌日、保健室の机の上に新たな段ボール箱が。箱の中身は、デジカメ、三脚、それに複数の大人のオモチャが入っていた。再びケータイに着信。今度は自撮りでオナニーを強要される。撮影が終わると、引き出しの中を確認するように指示される。そこには、不正の証拠が入っていた。今度は、夜中に全裸で白衣を羽織って、指定された教室に行くように強要される。指示通りに教室に現れたリーナは、二人の仮面の男たちに輪姦されてしまう。翌日、謎の男が新たな指示を受けたリーナ。そこに、いじめられ生徒が手提げ金庫を届けに来た。手提げ金庫には、不正取引の証拠が入っており、謎の男から暗証番号を入手する為に、いじめられ生徒を誘惑して抱いてあげる。金庫の中身は、不正取引の現場写真だった。最後の証拠を得る為、指示通りに一番お気に入りの下着を身に付けて指定されたマンションの一室に向かうリーナ。そこには、夜の教室にいた二人を含む三人の仮面の男たちがいた。輪姦され、ベッドに拘束されたリーナの目の前で仮面を外す三人目の男。彼の正体は、いじめられ生徒であり、ケータイの声の主だった。残る二人も生徒だった。最後は、校長と共に行方不明になる筋書きで、薬物を注射されてしまうリーナだった。

グラマラス
光沢全身タイツ
※該当シーンのみレビュー
○銃を片手に、ペンライトで辺りを警戒しつつ、単身で夜のアジトに潜入した女捜査官リンだったが、突然のスポットライトの眩しさにできた隙を突かれ、男に銃を奪われて捕まってしまう。
◆両手を吊るされ、服を剥ぎ取られたリンだったが、服の下には、下着の代わりに全身タイツが。それは、衝撃を受けた瞬間、その部分が硬化して銃弾を跳ね返す特殊な防弾タイツであり、男が分析したかった物だった。全身タイツの上から身体を撫でまわされたリンは、股間の穴から手マンされてしまう。特殊な素材を破壊するオイルを全身に塗られたリンは、拘束を解かれたものの、辱しめられてしまうのであった。

女捜査官
薬漬け性奴隷
○国家機密に関わる表沙汰に出来ない事件を扱う秘密捜査官ユナ。ある日、政府が隠蔽していた生物兵器研究所から、テロ組織に快感増幅剤が奪われ、その開発者も拉致されてしまった。その開発者の顔写真を見たユナは驚愕した。そこに写っていたのは、彼女の弟だった。
◆敵アジトに単身で乗り込んだユナだったが、弟を人質にされ、銃を手放してしまう。服を脱ぐことを強要され、全裸となったユナは、更にオナニーを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。快感増幅剤を注射されたユナは、ローターやバイブ、更に電マで責められてしまう。見張りの男にトイレを要求したユナだったが、男は拒否した為に、その場で放尿。見張りの男が驚いた隙に銃を奪い、弟と共に逃走を図る。炊事場に逃げ込んだユナだったが、弟が再び人質に。再び快感増幅剤を注射されたユナは、二人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

犯された美人警備員
○プライドが高く、若くして警備主任となったアキホは、強い女が好きな若いセフレと付き合っている。ある夜、警備中に覆面姿の不審人物を発見し、床に叩きつけたアキホは、無抵抗な男の肉棒を足で弄んだ。翌日、警備していた会社の社長から感謝状を貰うアキホ。アキホを視姦する社長に、アキホの部下である警備員が耳打ちする。
◆後日、感謝状をくれた社長から呼び出されるアキホ。社長は無抵抗の不審人物を暴行した件を警備会社に報告すると彼女を脅迫する。現在の地位を失うことを恐れたアキホは、社長に辱しめられてしまう。自宅に戻り落ち込むアキホは、やってきたセフレに弱音を吐いて、慰めて貰う。セフレは今度、アキホに会いたがっている友達を紹介すると言った。翌日、気を取り直して警備室に現れたアキホだったが、部下の警備員に力ずくで辱しめられてしまう。失意の中、自宅に戻るアキホだったが、そこには友達を連れたセフレが待っていた。友達にアキホがヤリマンだと告げていたセフレは、力ずくでアキホにイラマチオを強要するのだった。

秘密女捜査官
〜淫謀に囚われし
恥辱と快姦〜
○若い娘を拉致して調教し、海外に売り飛ばす人身売買組織に潜入した女エージェントが捕まった。その彼女と同期だったユズカにボスから、人質救出と人身売買組織の壊滅の指令が降る。二人の男性エージェントがサポートすると提案するがユズカは、足手まといだと単身で敵アジトに向かう。
◆その頃、人質となり大の字に拘束された女エージェントは、男たちに電マで責められていた。銃を片手に敵アジトに突入したユズカは、最悪の状態になった時の訓練と称してボスに辱しめられたことを思いだしていた。悪夢を振り払って、敵に銃口を向けるユズカだったが、銃を突き付けられた人質を見せられてしまう。囚われの身になったユズカは、男に辱めらながら、白濁色の男たちの欲望を顔に浴びせられる。両手を吊るされたユズカは、電マとバイブで責められてしまう。なんとか捜査本部に戻って来たユズカ。プライドの高いユズカは、恥辱の末に理性を失い、人質を含めた人身売買組織、全員を射殺していた。精神安定剤を与えられたユズカは、二人の男性エージェントに辱しめられてしまうのであった。

どじっ娘潜入捜査官
○着ぐるみ姿の潜入捜査官ハルキは、漫画喫茶で接触した情報屋から違法薬物を扱う組織のアジトの場所を掴む。

◆そのままアジトに直行して忍び込むハルキだったが、見つかってしまい、男たちにイラマチオを強要された挙げ句、縛られてしまう。

◆なんとか逃げ出したハルキは、組織の幹部が常連のキャバクラに、レースクイーン姿で潜入。幹部が席を外した隙にバッグから違法薬物の錠剤を発見したハルキだったが、幹部に見つかってしまう。頭痛薬を探してたとごまかすハルキだったが結局、幹部に辱しめられてしまった。

◆売人が通うコスプレエステにブルマ体操着姿で潜入したハルキは、パイズリと寸止めを駆使して、取引の日時と場所を聞き出した。

◆詳しい情報を掴む為、取引場所である占いの館に警備員として潜入したハルキ。取引が始まるまで待つハルキだったが、尿意が。仕方なく、その場で放尿するハルキだったが、男二人に見つかってしまう。ソファーにM字開脚で拘束されたハルキは、ローターとバイブ、更に電マで責められてしまい監禁されてしまう。その代わり、大取引の情報を掴んだ。

◆銃を片手にキャットスーツ姿で取引現場に単身で踏み込むハルキ。犯人たちを壁に向かせて証拠品を押収しようとしたハルキだったが、テーブルに置いた銃を奪われてしまう。実は情報屋が裏切っており、立場が逆転したハルキは、男たち二人に輪姦された挙げ句、放置されてしまうのであった。

私があなたを守るから。
悲しみのSP奴隷
○ある暴力組織の二代目に気に入られてしまった令嬢のアヤカ。その彼女につきまとうチンピラを撃退したのが、アヤカの両親に依頼された警備事務所の所長でもあるSPのアンだった。チンピラの報告を聞いた二代目は、アンもターゲットに含めた。自宅でくつろぐアヤカのケータイが鳴り、アンから渡す物があるから裏口に出てと指示が。疑うことなく裏口に出たアヤカは、二人のチンピラに拉致されてしまう。一方、表玄関で待つアンの前に現れたのは二代目だった。アン自身に手錠を嵌めさせると、アヤカを監禁している場所に連れてきた。
◆鉄格子の中には、磔にされた下着姿のアヤカと男がひとり。アンが逆らえば、アヤカが辱しめられてしまう為、服従するしかなかった。服を脱ぐことを強要され、全裸になったアンは、左手を手錠で鉄格子に拘束されてしまう。立ったまま身動きできないアンは30分間の責めに耐えられなかったらアヤカにも同じ責めを与える条件で、二代目にローターや電マで責められてしまう。アンが逝ってしまったので鉄格子の中では、アヤカが電マで責められてしまう。15分以内に口で逝かせないと、アヤカにイラマチオさせると二代目は、アヤカにフェラを強要。なんとか逝かせたが、時間切れを理由に、アヤカにイラマチオを強要する。ベッドに移動したアンは、二代目に辱しめられてしまう。二代目が鉄格子の男にアヤカを辱しめる許可を与えると、アンが身代わりを願い出る。鉄格子にアンは辱しめられてしまう。アンの調教場所に選ばれたのは、なんとアンの自宅だった。そこに現れたのは、調教担当の二人組だった。ベッドの上に大の字に拘束されたアンは、ローターやバイブ、更に電マで責められてしまう。拘束を解かれたアンは、二人に輪姦されてしまう。その途中、自宅にアンの彼氏が訪れる。二人組は、セックスフレンドと名乗り、彼氏の目の前で欲求不満を訴えながら辱しめられてしまう。アンの自宅連れて来られたアヤカは、調教されるアンを目の当たりにする。寝室で縛られ、寝かされた全裸のアンとアヤカ。拘束を解いたアンは、アヤカを連れて衣装のある部屋へ。だが、二代目と調教担当二人組に発見されてしまう。力ずくで脱出を試みるつもりのアンだったが、アヤカの痴態映像をネットに流すと脅迫されて逆らえなくなる。後ろ手に縛られ、ガラス板に立たされたアンとアヤカは、電マで責められてしまう。最後は、三人の男に輪姦されてしまうアンとアヤカの姿があった。

女スパイお女虎
悲しみの大陰唇
○表向きは若妻のミホ。その正体は、コードネーム・オメコと呼ばれるエージェントである。そんな彼女にボスから、オレオレ詐欺グループが臓器売買にも関わっている可能性がある為、潜入捜査を命じられた。
◆ビルの清掃員として詐欺グループのアジトに潜入したミホは、トイレで詐欺グループの若者をフェラとバイズリで誘惑して、詐欺グループの一員になることに成功。しかし、臓器売買は幹部以上が扱っていた。詐欺グループで最高額の利益を出したミホは、晴れて幹部に。若手幹部と共に、臓器売買の顧客リストがある葉山の別荘へ。若手幹部を誘惑して抱かれるミホ。若手幹部が眠った隙にミホは、顧客リスト入ったパソコンを調べる。パスワードを解析するミホだったが、若手幹部に見つかり、詐欺グループの地下牢に全裸で連行されてしまう。鉄格子の中には、拷問の影響で人間性を失いかけているペンダント男が、ペットとして扱われていた。ソファーに拘束されたミホは、ペンダント男に秘部を舌で責められてしまう。更にミホは、若手幹部にバイブと電マで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。隙を見て逃走するミホだったが、地下牢で見たペンダントに見覚えがあった。自室に戻ったミホは、若い頃に生き別れた兄に貰ったお揃いのペンダントを手に取った。それは、ペンダント男の物と同じだった。ボスに問い質すと、ペンダント男は間違いなくミホの兄であり、5年前にオレオレ詐欺のアジトに潜入したが、消息不明になっていたのである。兄の復讐を誓ったミホは、万が一に備えてボスにリモコンローター型爆弾を要求。秘部にリモコンローター爆弾を仕込み、首には兄から貰ったペンダントをして、銃を片手にキャットスーツ姿でアジトに突入するミホ。男たちに銃口を向けるミホだったが、兄の邪魔が入り、立場が逆転。死を覚悟したミホがリモコンのスイッチを入れた間、快楽に襲われて腰砕けになってしまう。実は、ボスが間違って普通のリモコンローターを渡してしまったのである。両手を吊るされたミホは、電マとバイブで責められてしまう。拘束を解かれたミホは、男たちに輪姦されてしまう。最後は、お揃いのペンダントでミホが妹だと認識した兄が男たちを殴り倒して逆転勝利。

犯罪捜査官
復讐の弾痕
○3年前、捜査官ミサキと後輩のハズキは、暴力組織に監禁されていた留学生イーリンの救出に向かうが、犯人はイーリンを射殺して逃走していた。イーリンの母リンエンと姉フェイフェイが来日して事件現場に献花する為、ミサキに護衛を依頼する。だが、リンエンが何者かに肩を撃たれてしまう。狙撃現場には、タバコの吸殻が落ちていた。吸殻のDNAからイーリンを監禁していた暴力組織の犯行と断定。ミサキは、逮捕に向かう。だがそれは、イーリンの遺族が中国マフィアと共に仕組んだ事だった。吸殻は暴力組織の幹部を拉致して入手した物であり、リンエンはわざと撃たれたのだ。
◆日本に留学したイーリンは、暴力組織に拉致され、輪姦され、調教として辱しめられた挙げ句、ソープで働かされていた。連絡が取れず、心配になった姉フェイフェイがミサキに助けを求めた結果、イーリンは帰らぬ人に。イーリン殺害犯を追うミサキだったが、殺害犯は何者かに狙撃され射殺されてしまう。狙撃手はフェイフェイだった。リンエンの元へ現状報告に向かうハズキだったが、フェイフェイに気絶させられてしまう。彼女たちの復讐は、まだ終わっていなかった。監禁されたハズキは、中国マフィアの二人組に輪姦されてしまう。捜査本部ではハズキの消息が掴めずにいた。手がかりを掴もうとリンエンが撃たれる映像を見直したミサキは、不審な点に気づいた。リンエンの視線が狙撃手に向いていたのである。その時、リンエンからミサキの行方がわかったとケータイに連絡が入る。全ての事情を察したミサキがリンエンの元へ向かうが、ハズキを人質に取られ、ミサキは囚われの身に。全裸になったミサキは、後ろ手に手錠を填められ、フェイフェイとハズキの目の前で二人の中国マフィアに輪姦されてしまう。イーリン遺族が不在中に中国マフィアの男たちに辱しめられるミサキとハズキ。だが、ミサキの目の前でハズキは絞殺されてしまう。そこまでは、イーリン遺族も望んでいなかった。いずれミサキも殺害されると知ったリンエンとフェイフェイがミサキを解放。最後は、激しい銃撃戦の末にミサキは勝利。しかし、リンエンとフェイフェイは凶弾に倒れ、帰らぬ人になってしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜I県Y市風俗ビル
一斉捜査編〜
○捜査官のナナは、仕事のパートナーと共に、犯罪の巣窟となっているある風俗ビルに踏み込むが、ビルの中には二人のアジア系風俗しか残っていなかった。風俗嬢を連行しようとした夫は、風俗嬢に射殺されてしまった。上司に捜査から外れることを説得されたナナだったが、逆に潜入捜査を申し出る。
◆ビル内の風俗店の面接を受けるナナは、店長からパンティ1枚に浴衣を羽織るように指示されて、フェラの指導を受ける。次は、浴室での泡踊りからマットプレイの指導。興奮して我慢出来なくなったと訴えたナナは、ベッドで店長に抱かれる。一戦を交えた後、店長から売春斡旋の事実を聞き出したナナは、店長に逮捕されるか、それとも闇風俗店に繋がる情報を出すかと、司法取引を持ち掛ける。闇風俗店の新人風俗嬢として潜入したナナ。ステージに立ったナナは、客の前でストリップショーを披露。次に下着姿になったナナ、オークションの品評会として、ステージ上で闇風俗店の店長に抱かれる。着替えた闇店長がオークションを始めようとした瞬間、ワイシャツにミニスカ姿のナナが人身売春で摘発を宣言し、闇店長に銃を向ける。ビル全体は、他の捜査官たちが包囲した。そこに現れたナナの上司が手を挙げると、別の捜査官が射殺される。全ての銃口は、ナナに向けられた。そう、黒幕はナナの上司だった。両手を吊るされたナナは、上司と闇店長に身体を弄ばれた挙げ句、乳首ピアスに糸でオモリを吊るされてしまう。オモリを外されて、スタンガンの電極を付けられたナナは、高圧電流で責められてしまう。拘束を解かれ、椅子に座らされたナナは、秘部に薬物を注入されて、性感態が過敏になった挙げ句、電マで責められてしまう。薬物の影響か、監禁されたナナは、火照った身体をオナニーしてしまう。ベッドで寝ていたナナは、上司と闇店長に輪姦されてしまう。最後は、闇店長によってオークションに掛けられるナナの姿があった。

秘密捜査官の女たち
特別編
仕組まれた
偽りのミッション
○人身売買組織のボスを追うエージェントのココミ、ルリ、アンリ。
◆だが、返り討ちにあったのか、三人のエージェントたちは眠らされ、両手を吊るされていた。彼女たちは、男たちから手マンとバイブで責められて、逝き地獄を堕ちる。そんな彼女たちに、人身売買組織のボスがある薬物を注射させる。それは、記憶を消す薬だった。薄れゆく意識の中、アンリの目の前に現れたボスは、アンリがよく知る人物だった。話は数日前に戻る。局長室に呼ばれたルリ、アンリ、ココミ。局長からルリとアンリに与えられた任務は、人身売買組織の活動拠点に潜入し、ボスのアジトがある島のデータを入手することである。二人が任務に向かったあと、任務を外されたココミは局長に理由を問い質す。その理由は、ココミの生き別れた弟が人身売買組織の中にいることが判明したため、私情が絡むと捜査の邪魔になると判断したからだった。ルリとアンリが活動拠点に潜入し、先へ進むが銃構えた二人組とにらみ合いになってしまう。その彼女たちのピンチを救ったのは、命令を無視したココミだった。ココミは、生き別れた弟が組織にいるらしいと二人に教えると、ココミと彼女たちの二手に分かれてデータを探すことを提案する。奥に進んだココミは、見事にデータ入手に成功。しかし、ルリとアンリは組織に捕まってしまう。男たちに乳房を弄ばれたルリとアンリは、淫媚薬を飲まされてしまう。感じやすくなってしまったルリとアンリは、イラマチオとパイズリを強要されてしまう。男たちが満足して部屋を出た隙にココミは、二人を救出した。ボスのアジトへの潜入を命じられたルリ、アンリ、ココミ。ルリとココミがペアとなり、アンリと二手に分かれて屋内に潜入。屋内にいた若者を押し倒し、銃口を向けて最後に言い残すことを聞くアンリ。運命のイタズラか、その若者はココミの弟だった。その時、彼の無線から、地下牢に侵入者を捕獲したと連絡が入る。地下牢には、ルリが捕まって爆乳を弄ばれていた。その彼女をココミが助けるとが、今度はココミが別の男に捕まってしまう。ルリとココミは、それぞれ男に辱しめられてしまう。その頃、アンリも別の男に銃を奪われてしまう。ココミの弟が退場した後にアンリは、男に辱しめられてしまう。そこにココミも連れて来られる。ココミは連続イラマチオ責め、アンリは男たちに輪姦されてしまう。男たちが去った後、意識が朦朧としているアンリに声を掛けるココミの弟。だが、事情を知らずに意識が朦朧としているココミが発砲。アンリの側に近づいたココミは、自分の手で弟を射殺してしまった事に気づくのであった。そして彼女たちは、ボスのアジト潜入指令までの記憶を消された。捜査局で、活動拠点のミスの処罰を言い渡されるルリ、アンリ、ココミ。それは、彼女たちの人格を破壊して、エージェントの再教育することだった。三人は、局長と二人の捜査員に辱しめられてしまう。彼女たちが逝き地獄に堕ちた後、局長は二人の捜査員を射殺する。その時、アンリは思い出した、人身売買組織のボスが局長であることを。最後は、ココミが撃った銃声が鳴り響くのであった

潜入捜査官
○ある闇組織を追っている特命捜査官のリサ。彼女の父は、特捜機関の長官である。母は父が捜査していた闇組織の事件に巻き込まれて亡くなっていた。
◆闇組織のアジトに単身で潜入したミニスカスーツ姿のリサだったが、待ち伏せされて銃を突き付けられてしまう。両手を吊るされたリサは、闇組織の手下に身体を弄ばれた挙げ句、銃を突き付けられながら、イラマチオを強要されてしまう。リサは、かつて先輩の男性捜査官と組んで闇組織を追っていた。しかし、黒幕の正体に迫った先輩捜査官は、消息不明に。捜査本部は、先輩捜査官が黒幕だと結論付けた。その先輩捜査官がリサの目の前に現れた。先輩捜査官は、黒幕の正体を明かした。それはなんと、リサの父である長官だった。その事実に気づいた先輩捜査官は、捜査本部を裏切り、消息を断っていたのである。驚愕の事実を知ったリサは、先輩捜査官に辱しめられてしまう。キャットスーツ姿で両手を吊るされたリサは、長官に送る為にビデオカメラで撮影されながら、ローターと電マで責められてしまう。リサの痴態映像を長官に送り付けて脅迫する闇組織のボスだったが、長官は娘の存在を否定して、リサを見捨てる。父親にも裏切られたリサは、闇組織のボスと手下の二人に輪姦されてしまうのであった。

美人潜入捜査官
○表向きは、コンビニのドジな女店員。その実態は、潜入捜査官のリュウ。自宅に戻ったリュウだったが、サポート役でもある夫から新しい任務を聞かされる。それは、大手商社のインサイダー取引の捜査だった。
◆不動産会社の営業として社長と接触し、誘惑に成功するリュウ。ホテルで社長がシャワーを浴びている間に、リュウは社長のケータイにデータ転送装置をセットする。データ転送の時間を稼ぐ為にリュウは、社長に抱かれる。一部始終を自宅で聴いていた夫は、複雑な心境だった。自宅に戻ったリュウは、夫の肉棒を口で奉仕してあげる。取引が近づいていることを知ったリュウは、警備員として夜の商社に潜入。目的地のオフィスに到着すると、警備服を脱いでキャットスーツ姿となったリュウ。パソコンから証拠となるデータを探るリュウだったが、背後から近づいた社長に銃を突き付けられて、囚われの身に。囚われてから5日目でも暴力に屈しないリュウ。壁に磔にされたリュウは、2本の電マで責められてしまう。なんとか耐えるリュウだったが、社長がカーテンを開けると、そこには夫がソファーに拘束されていた。愛する夫の目の前でリュウは、二人の男たちに輪姦されてしまう。連日、玩具や肉棒で調教され続けるリュウ。ギリギリで理性を保っていたリュウだったが、心の拠り所だった夫が目の前で射殺されて、リュウは精神が崩壊してしまう。ボンテージ・チャイナ服姿のリュウは、自ら肉棒を求めると三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

カワイイコスプレ
絶品スレンダーBODYを
味わう8変化
※該当シーンのみレビュー
○淫術を使い要人を暗殺せよとの密命を受けて屋敷に忍び込んだ現代のくノ一・ナナミ。だが、不覚にもあと一歩の所で失敗し、敵に追われる立場に。二人の仮面男と戦うナナミだったが、囚われの身に。
◆天井から両手を吊るされたナナミは、実験体として寝ている間に、身体に媚薬を塗り込まれていた。ローターと電マで責められるナナミは、二人の仮面男に両脚を持ち上げられてしまう。M字開脚状態になってしまったナナミは、2個のローターを秘部に挿入されたまま、電マで責められてしまい、逝かされてしまうのであった。

どじっ娘潜入捜査官
○麻薬捜査0課に配属されたココミは、課長から潜入捜査を命じられる。
◆ウサギの着ぐるみ姿でチラシ配布をしながらアジトの駐車場を探るココミだったが、二人の男に見つかってしまう。男子トイレに追い込まれたココミは、2本の肉棒を口で奉仕させられてしまう。
◆セーラー服姿でアジトの駐車場にコンタクトレンズを落としたという名目で男協力してもらい、アジトに潜入したココミ。隙を見て盗聴機を仕掛けたココミだったが、カバンの中にあったバイブで勘違いされて、男に辱しめられた挙げ句、仕掛けた盗聴機が機能していなかった。
◆水道局員としてアジトに潜入したココミ。メーター検針で汚れた制服を洗濯してあげるという甘い言葉に誘われて、屋内に潜入したココミだったが、ズボンを洗濯機に入れられてしまう。テープで鉄格子に拘束されたココミは、洗濯が終わるまで、ローターや電マ、更にバイブで責められてしまう。
◆レオタード姿で夜のアジト屋内に侵入したココミだったが、ソファーで寝ていた男に見つかってしまう。とっさに、ボスの依頼で派遣されたデリバリー風俗嬢だと偽ったココミは、男の肉棒をローションすまたで奉仕してあげる。
◆キャットスーツ姿で夜のアジト屋内に侵入したココミだったが、男たちに待ち伏せされていた。彼らのボスはなんとココミの上司である課長だった。課長は疑われない為にわざと、どじっ娘を選んで、自分の犯罪組織を捜査させていたのである。真相を知ったココミだったが、課長と男たちにぶっかけ輪姦されてしまう。最後は、やけになったココミが、犯罪組織が手に入れた違法薬物は全てグラニュー糖だと言うと、疑心暗鬼になった男たちは全員、違法薬物を口にして急性薬物中毒起こし、逆転勝利。

女剣豪レイプ
犯されたプライド
凌辱龍醒昇天
○兄を殺され、呪刀「嶺貞」を奪われた女子校生のミズキは、兄の仇が学園長を勤める武道学園に単身、乗り込んだ。心配した同級生の男子生徒が説得するが、ミズキは呪刀「嶺貞」があれば、先祖の血が覚醒すると信じ、説得に応じなかった。最初の相手は、空手師範代の男。刀を置き素手で戦うミズキは、空手師範代を圧倒して勝利を納める。
◆次の相手は、居合い斬り師範代。彼の手には、奪われた嶺貞が。激しい戦いの最中、刀が入れ替わる。覚醒の技を行うミズキだったが、何故か覚醒しなかった。動揺したミズキは、刀をはね飛ばされ、制服を切り裂かれた挙げ句、気絶されてしまう。両手を手錠で拘束されたミズキは、空手師範代と居合い斬り師範代に輪姦されてしまう。更にミズキは、ローターとバイブ、更に電マで責められてしまう。机に拘束されたミズキだったが、同級生が着替えを持って助けに現れる。再び説得する同級生だったが、居合い斬り師範代に刺し殺されてしまう。激しい怒りで覚醒したミズキは、妖術で空手師範代と居合い斬り師範代を倒す。呪刀「嶺貞」を手にしたミズキは、兄の仇である学園長と対決する。嶺貞の力を開放したミズキだったが、全身の力が抜けてしまう。ミズキは知らなかった、嶺貞は持つ者の生気を奪う刀だということを。動けなくなったミズキは、学園長に辱しめられてしまうのであった。

巨乳捜査官
淫具の運命
○ある暴力組織を検挙する為なら強引な捜査も辞さない、女捜査官のリオ。服役中である暴力組織の総長に宣戦布告したあと、部下の男性捜査官と共に組織を追い詰めていくリオ捜査官だったが、逆に拉致されてしまう。
◆手錠をされて監禁されたリオだったが、隙を見て男たちを蹴散らし脱走を試みる。しかし、ひとりの幹部には敵わず、倒されてしまう。スーツ姿で両手を吊るされたリオは、幹部に辱しめられてしまう。全裸でM字開脚状態に拘束されたリオは、拷問に屈して裏切った部下に、バイブとローターで責められた挙げ句、バイブを固定されたまま、放置されてしまう。それから三日後、全裸で両手を吊るされたリオは、部下を含む3人の男たちに輪姦されてしまう。看守がいる取調室で総長と壁隔たりなく接触するリオ。彼女の首の後ろには、調教済みを示す暴力組織のマークが刻印されていた。総長の指示通りに服を脱いで全裸になったリオは、看守の目の前で辱しめられてしまう。更にリオは、買収された看守の肉棒を口で奉仕させられてしまう。しかし、リオは諦めていなかった。我が身を玩弄されても密かに続けた捜査の結果、暴力組織は一斉検挙の末に壊滅。組織の幹部たちは、最高刑に処された。だが、調教された身体の記憶は、リオに多大なる影響を与えた。淫具と化したリオは、取調室で吐かせる為のフェラや、署内の共同浴場で同僚たちに泡踊りやパイズリ、更に手コキまでしてあげる。それでも、興奮が治まらないリオであった。

ちびっ娘潜入捜査官
○小柄な体型を生かして潜入捜査官となったツナ。
▽犯罪組織のアジトに潜入した、ちびっ娘捜査官は、悪者たちに捕まってしまいました。
◆捜査官の制服姿で鉄格子に拘束されたツナは、二人の男たちにローターや電マ、更に中型マッサージ機で責められてしまう。拘束を解かれたツナは、二人の男たちに辱しめられてしまう。

▽その後、なんとか逃れることのできた、ちびっ娘捜査官は、再び悪者のアジトに乗り込み、スク水戦闘服に変身して犯罪組織のボスと対決しました!!
◆一時退散して体勢を立て直し、再びアジトに乗り込んだツナが着ている制服を掴んで放り投げると、そこにはスクール水着に革ジャンを羽織った戦闘モードの彼女の姿があった。男たちを倒し、ボスと警棒で対決するツナだったが、警棒を弾き飛ばされて敗北してしまう。ローションまみれにされたスクール水着姿のツナは、ボスに辱しめられてしまう。

▽ボスとの戦闘に敗れ、再び辱しめられてしまった、ちびっ娘捜査官は、悪者たちの性奴隷にされてしまいました…
◆性奴隷にされてしまったツナは、ボスの計らいで犯罪組織の部下たちに輪姦されてしまうのであった。

女看守輪姦レイプ
○逆らう者には警棒制裁。囚人を足蹴にする最凶最悪な女看守メグリ。ある日、独房の囚人が突然、苦しみ出す。異変を知り、独房内の囚人に駆け寄ったメグリは、背後にいたベテラン看守に殴られて気絶してしまう。そう、これはベテラン看守と囚人たちが仕組んだ罠だった。
◆若手看守と共に、それぞれ椅子に拘束されてしまったメグリ。彼らの口は、ボールギャグで塞がれて言葉を発せられない状況である。二人の前に現れたのは、リーダー格の囚人、ベテラン看守、それに理性が乏しい覆面男だった。ベテラン看守は、大きな洋裁ハサミで若手看守の指を切り落とす。これからメグリが逆らうと若手看守の指が切り落とされてしまうので、彼女は服従を誓う。M字開脚状態で拘束されたメグリは、ローションまみれにされた挙げ句、ローターやバイブ、更に電マで責められてしまう。拘束を解かれたメグリは、覆面男に辱しめられてしまう。手錠で後ろ手に拘束され、廊下に放置されたメグリはバイブで責められながら、囚人たちの肉棒を口で奉仕させられてしまう。もはや性奴隷と化したメグリは、囚人たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女
心身を緊縛された
巨乳謀報員
○身寄りも無く、恋人を何者かに殺されたホナミは、政府の男にスカウトされて秘密捜査官になるための特訓が始まった。
◆それから1年後。今度は、調教訓練が始まった。乳房を縛られたホナミは、政府の男に巨乳を責められてしまう。ソファーの上にM字開脚状態で拘束されたホナミは、性的拷問の特訓と称して、政府の男に電マで責められてしまう。ミニスカスーツ姿で乳房縛りにされたホナミは、政府の男に辱しめられてしまう。任務をこなしながら、恋人の死の真相を探るホナミは、組織が厳重に隠蔽しているファイルの存在に気づく。サイバーテロに詳しい組織のハッカーを緊縛拘束し、フェラとパイズリと寸止めで、真相を掴もうとした瞬間、ハッカーは何者かに射殺されてしまう。政府の男から、恋人を殺した二人の男たちの写真を手渡される。二人がいる山奥のアジトを探るホナミは、外に出たひとりの男を追う。用を足す男の側に近づく赤いドレス姿のホナミ。ホナミは場所を間違えたデリヘルと称して、男を抱いてあげる。一戦を交えた後、キャットスーツに着替えたホナミが男に銃を突き付けるが、別の男がホナミに銃を突き付けた。天井から両手を吊るされたホナミは、二人の男たちに輪姦されてしまう。しかし、一戦を交えた後にホナミは、二人を射殺する。だが、ホナミは知らなかった。恋人を殺させたのは、政府の男であることを。

秘密女捜査官
〜堕ちゆく被虐の
美人エージェント〜
○局長から、前任の捜査官が消息不明になった人身売買組織の壊滅を指示されたリオ捜査官。
◆周囲には気が強いと思われているリオだったが、実は局長からパワハラを受けていた。会議室で局長を呼び出し、パワハラを拒否するリオだったが、逆に辱しめられてしまう。銃を片手に単身アジトに侵入したキャットスーツ姿のリオだったが、前任者の捜査官が人質にされたため、囚われの身に。後ろ手に縛られたリオは、イラマチオを強要されてしまう。拘束を解かれたリオは、3人の男たちに輪姦されてしまう。両手を吊るされたリオは、電マとバイブで責められてしまう。報告を受けた局長は驚いた。リオの活躍で人質は全員無事に解放。組織の男たちは、全員射殺された。だが、リオが負傷、更に精神も崩壊していた。捜査局の一室に監禁されたリオは、二人の捜査官に輪姦されてしまうのであった。

潜入調査!!
興信所の母
○病で倒れた夫の代わりに、結婚前に勤めていた興信所の調査員に復帰したレイコ。浮気調査のターゲットを追うレイコだったが、決定的な証拠が掴めないでいた。項を焦ったレイコは、ターゲットが使っている家に不法侵入してしまう。
◆浮気の手掛かりを掴む為、部屋の中を物色するレイコだったが、家族からケータイに連絡が。レイコが小声で通話中、ターゲットに見つかってしまう。違法行為で弱みを握られ、ケータイを奪われたレイコは、服を脱がされた挙げ句、イラマチオを強要されるシーンを撮影され、更に辱しめられてしまう。自宅の風呂場で洗い流すレイコだったが、久々の刺激に思わずオナニーしてしまう。脅迫者と化したターゲットにケータイで呼び出されたレイコだったが、彼女には妙案があった。手錠と首輪を装着されたレイコは、ターゲットにローターや電マで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。翌日、興信所で、依頼人であるターゲットの妻に決定的な浮気の証拠を見せるレイコ。それは、女性を抱いているターゲットの映像だった。そう、レイコは自分がターゲットに辱しめられている映像を隠し撮りして、浮気の証拠としたのだった。

下着泥棒
人妻囮捜査員
○夫と共に捜査員として正義の為に働くミホは、管轄内で多発する下着泥棒事件が許せなかった。しかし、係長はミホに別の任務を与える。だがミホは、係長の命に背き、密かに下着泥棒事件が多発する団地に住む人妻として囮捜査を開始した。
◆昼間、下着泥棒に視姦されているかもと想像して興奮したミホは、オナニーしてしまうが、その時に脱いだ下着を外に干した。深夜、ベランダに現れた覆面姿の下着泥棒の身柄を確保するミホ。一連の下着泥棒事件は、単独犯ではないことを察したミホは、下着泥棒の若者をフェラして、犯人の自宅であるマンションの一室を吐かせる。犯人宅の家宅捜査を始めるミホだったが、盗まれた下着は見つからず、素手で物色した為にネイルまで剥がれてしまった。主犯が別にいることに気づいたミホだったが、別の覆面姿の若者に襲撃されて気絶してしまう。後ろ手に拘束されたミホは、覆面姿の若者に辱しめられてしまう。翌日、係長と対峙するミホだったが、囮捜査には気づかれてない様子。しかし、ミホの爪の傷に気づいた係長は、ミホにガサ入れする時は、手袋をする様にアドバイスする。その夜、下着泥棒のアジトに単身で乗り込むミホ。そこは、係長の自宅だった。そう、主犯は係長であり、家宅捜査をするミホは係長に監視されていたのである。係長に手錠を掛けようとしたミホだったが、そこにミホが身柄確保して現在は拘置所にいるはずの下着泥棒が現れた。彼は証拠不十分として、係長に保釈されていたのだ。立場が逆転したミホは、係長と下着泥棒に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、係長と下着泥棒に手錠を掛けるミホ。そこに、同じく捜査員であるミホの夫が駆けつけると、犯人たちは観念するのであった。

犯罪捜査官外伝
哀しみの復讐者
○とある旅行代理店の店員が薦めるプランでアジア某所へ新婚旅行に出掛けたアスカは、滞在するホテルで夫と共に薬で眠らされ、拉致されてしまう。
◆監禁されたアスカは、観客の目の前で二人の男たちに輪姦されてしまう。牢屋に連行されたアスカは、先に捕まっていたリサとノリコに出会う。二人の話から、旅行代理店の店員が日本の暴力組織と繋がりがあり、彼女たちは日本人客の相手をさせられているという。リサは、観客の目の前で辱しめられた後、観客のひとりにも辱しめられてしまう。ノリコは、観客の目の前で浣腸された後、イラマチオを強要された挙げ句、排便してしまう。縛られた夫の目の前でアスカは、イラマチオを強要されてしまう。チャイナ服を着せられたアスカは、バスルームでソープランドプレイの講習と称して辱しめられてしまう。縛られた夫と観客の目の前でアスカは、イラマチオを強要されてしまう。その後、夫は絞殺されてしまい、夫の亡骸の隣でアスカは、男に辱しめられてしまう。専属性奴隷として売られたアスカは、ある屋敷に監禁されていた。後ろ手に拘束されたアスカは、イラマチオを強要されてしまう。ある日、ご主人様に抱かれたアスカだったが、ご主人様は突如現れた男に刺される。謎の男に頼み、夫の仇としてご主人様の止めを刺すアスカ。謎の男は、反日勢力に雇われた殺し屋だった。アスカは、殺し屋からテクニックを教わる。夫の仇を取る為に。まずは、顧客となっていた歯科医と医者に復讐したアスカ。その頃、リサとノリコは、観客の目の前で辱しめられていた。顧客だった政治家の前に現れたアスカは、彼を毒殺して姿を消した。例の旅行代理店の店員に会い、わざと新婚旅行と同じプランでホテルに泊まり、拉致されるアスカ。再び、アスカは、観客の目の前で辱しめられてしまう。鉄格子の中でリサとノリコに再会するアスカ。そう、アスカの目的は、彼女たちを救うことだった。後ろ手に拘束されたアスカは、観客の目の前で男に抱かれる。その頃、歯科医・医者・政治家連続殺人事件を追っていた刑事は捜査の結果、旅行代理店の店員にたどり着き、アジア某所にあるアジトに道案内させる。一方、アスカは、組織の男を相手にソープランドの練習をさせられるが、隙を見てペンダントに隠した針で組織の男を毒殺。銃を奪い去ったアスカは、リサとノリコを解放する。組織のボスと対峙するアスカだったが、刑事の邪魔が入る。リサとノリコに付き添ってアジトから去ろうとする刑事にライフルで狙う組織のボスだったが、アスカに射殺される。療養中のリサとノリコを見舞いに訪れるアスカ。病院の廊下で刑事とすれ違うアスカは逮捕を覚悟していたが、刑事はわざと見逃すのだった。

恥ずかしい失禁
羞恥で溢れだす
女警備員の泉
○護身術の訓練で男性警備員たちを圧倒する女警備員のハルキ。ある会社の受付を担当することになったハルキはセクハラしてきた男を思わず投げ飛ばしてしまうが、その男は警備している会社の社長だった。
◆自らの失態で深夜の交通警備担当になったハルキは、尿意を催す。近くにトイレが見つからず我慢の限界になったハルキは、駐車場の物陰に隠れて放尿するが、それを同僚に盗撮されてしまう。同僚が盗撮したハルキの放尿シーンを見た先輩警備員は、悪巧みを思い付く。打ち合わせと称して盗撮同僚と先輩警備員に会議室に呼ばれたハルキは、利尿薬入りのお茶を飲まされてしまう。ひとり残されたハルキは尿意を催すが、会議室に閉じ込められてしまう。仕方なく、その場にあったバケツに放尿するハルキだったが、そこに盗撮同僚と先輩警備員が現れる。放尿する姿を二人に見られてしまったハルキは、電マとバイブで責められた挙げ句、輪姦されてしまう。夜の社内を見回るハルキだったが、オフィス内で股間に仕込まれたローターの刺激で腰砕けになってしまう。そこに社長が現れ、股間を刺激されたハルキは、失禁してしまう。再び社長に失態を見せてしまったハルキは、社長からイラマチオを強要されてしまう。社長室でボールギャグを口に咬ませられ、両手をテープで拘束されたハルキは、社長に辱しめられてしまうのであった。

秘密女捜査官
〜淫欲に囚われし
孤高のエージェント〜
○極刑を下された女殺し屋のカホは、捜査局長に呼ばれると、解放を条件に極秘任務を与えられる。任務の内容は、人身売買組織の壊滅であり、カホが選ばれた理由は、彼女の妹が人身売買組織に捕まっていることだった。任務を承諾したカホは、秘密捜査官に任命された。
◆鉄格子の中でトレーニングを始めたカホだったが、局長に辱しめられてしまう。人身売買組織のアジトに突入したカホだったが、妹を人質にされて囚われの身に。両手を後ろ手に拘束されたカホは、数人の男たちにイラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたカホは、電マと指で責められてしまう。ベッドの上に大の字で拘束されたカホは、媚薬を注射された挙げ句、ボスに辱しめられてしまう。捜査員たちがアジトに突入した時には、カホの妹は既に死んでおり、その事実を知ったカホは、精神を崩壊していた。隠蔽目的で捜査局内に隔離されたカホは、二人の捜査員たちに輪姦されてしまうのであった。

女子校生捜査官
○ちょっとマヌケな父親と共に引っ越してきた娘のミオ。この親子の正体は潜入捜査官であり、ある学園に転校生として潜入する為、通学圏内に引っ越したのである。
◆さっそく登校したミオは、学園内に自分以外の女子がいない事に気づき、3人の男子生徒にフェラをして学園の秘密を聞き出す。それは、学園は理事長が支配しており、女子生徒の盗撮ビデオを売買して多額の利益を得ており、少しでも問題が起きると女子生徒に盗撮ビデオを見せて、黙らせていたのである。理事長の悪事の証拠を掴む為、キャットスーツで夜の職員室に侵入したミオだったが、そこに担任が現れる。その場を誤魔化す為にミオは、担任を誘惑して抱かれる。職員室の情事を監視カメラの映像で見た理事長は、ミオに刺客を送り込む。自宅で待ち伏せされたミオは、両手をテープで拘束されたまま、刺客に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、ケータイで理事長に勝利報告をする刺客を、手刀で倒すミオ。ミオから事情を聞いた父親は、単身で学園に侵入するが、理事長に捕まってしまう。理事長に学園へ呼び出されたキャットスーツ姿のミオは、理事長と裏切った父親に輪姦されてしまう。最後は、理事長と父親を手刀で倒すミオだった。

秘密捜査官の女
性奴隷にされた
巨乳エージェント
○犯罪に関わっていると思われる研究所を探る秘密捜査官のハナ。
◆研究所の所長だと思われる男が主催する船上パーティーの情報を掴んだハナは、ウェイトレスに変装してパーティーの準備に紛れて、超小型カメラを設置しているところをウェイターに見つかってしまう。内部査定の者だと偽り、ウェイターに協力を求めるハナは、彼をトイレに連れ込むと、前払いの報酬としてフェラとパイズリをしてあげた。パーティーの客として紛れ込んだハナは、主催者を誘惑して個室に誘われるが、落としたバッグから盗聴器を気づかれてしまう。ビジネスパートナーから、パーティーの様子を聞かせると誤魔化すハナに、主催者はもっといいのを聞かせてやると言って、彼女を押し倒した。主催者の話から、研究所の所長は彼の兄だと判明。項を焦ったハナは単身で研究所に侵入するが、用心棒に見つかってしまい、囚われの身に。両手を吊るされたハナは、用心棒に身体を弄ばれた挙げ句、辱しめられてしまう。M字開脚縛りで椅子に拘束されたハナ。監禁されている間、彼女の食事には新開発の媚薬が混ぜてあり、服用した女性は理性を失うほど感じやすくなるという。身動き出来ないハナは、新薬の効果を確かめるために電マで責められてしまう。所長室に連れて来られたハナは、性奴隷と化したのか、所長と用心棒の二人を求め、胡坐縛りにされて彼らに責められた挙句、縛りを解かれた彼女は二人に輪姦されてしまう。鉄格子の中で監禁生活を続けるハナは完全に性奴隷に堕ちたかと思われたが、周囲に誰もいなくなると、超小型無線機で状況報告をしつつ、鉄格子の鍵を外して潜入捜査を続けるのであった。

セーラー服捜査官
ザーメン媚薬遊戯の罠
○秘密捜査官の兄は、捜査局の命令で妹のリナをスカウトするが、拒否されてしまう。
◆兄の催眠術にかかったリナは、指示通りにフェラをしてしまう。捜査局に出頭して秘密捜査官に任命されたリナは、媚薬を扱う麻薬密売組織の捜査を命じられた。銃を片手に単身で麻薬密売組織のアジトに突入したリナだったが、兄が人質になっており、彼女は囚われの身に。銃を突き付けられたリナは、男たちからイラマチオを強要されてしまう。寝ている間に媚薬を注射されてしまったリナは、組織のボスに辱しめられてしまう。天井から両手を吊るされたリナは、電マとバイブで責められてしまう。その後、捜査官たちの突入で救出されたリナだったが、既に精神が崩壊しており、彼女の兄は捜査官によって処刑されていた。死亡扱いで隔離されたリナは、局長と先輩捜査官の二人に輪姦されてしまうのであった。

男子校潜入捜査官
○頻発する使用済みパンティ消失事件。捜査の結果、とある男子校に集められていることが判明。そこで、女子高生捜査官のツカサが変装して男子学生となり、転校生として潜入捜査を開始した。昼休みの保険室、父親が大手製薬会社の副社長で、あだ名が「お坊っちゃん」という生徒から、芳香剤の試作品を嗅がされるが、ツカサには何も感じなかった。
◆放課後の体育倉庫でパンティを嗅ぐ生徒を発見したツカサだったが、争った拍子に女だとバレてしまう。秘密を守り、更に情報を聞き出す為にツカサは、生徒を抱いてあげる。協力者となった生徒によると、愛液が染み込んだパンティに特殊な薬品を一滴垂らすと、男子だけに脱法ハーブのような効果がある気体が発生するという。黒幕だけが特殊な薬品を持っているらしいのだが、退学になってしまうので、正体を明かせないらしい。担任を疑うツカサは、テスト中に体調不良を理由に教室を抜け出すと、担任の机を物色して怪しい液体を回収する。保健室で履いているパンティに怪しい液体を指でこすり付けて試すツカサの姿を、お坊っちゃんが目撃。興奮したお坊っちゃんの頼みでツカサは、手コキとフェラをしてあげる。屋上でケータイ越しに経過報告するツカサ。そこに、お坊っちゃんが現れた為、物陰に隠れて座りションで誤魔化す。女子が好きな担任から話を聞き出す為、女子高生の姿に戻ったツカサは、担任を誘惑するが、彼は単なるアルコール中毒だった。間違いに気づいたツカサだったが既に遅く、興奮した担任に辱しめられてしまう。保健室で、協力者から抱かせることを条件に黒幕の正体を問い質すツカサだったが、プレイの準備として、両手をベッドに拘束されてしまう。そこに現れたのは、お坊っちゃんであり、彼が黒幕だった。女だと見破られていたツカサは、お坊っちゃんと協力者に輪姦されてしまう。最後は、自分のパンティと特殊な薬品を大量に使って逆転勝利。

痴漢バスおとり捜査官
○自ら痴漢おとり捜査官を志願したユイ。彼女には、痴漢を憎悪するきっかけとなった、悲惨な過去があった。
◆まだ女子大生だったユイは、バスの車内で痴漢に遭ってしまう。助けを求めた乗客たちに見てみぬ降りをされたユイは、痴漢に辱しめられてしまったのである。それから2年後、セクシーな衣装でバスに乗車したユイは、自らの肉体をおとりにして痴漢を現行犯逮捕した。逮捕した痴漢は、ユイが追っている極悪な「集団痴漢組織」の一員と判明。情報屋から集団痴漢組織が乗り込むバスを特定して乗車したユイ。しかし、そのバスはユイを貶める為、運転手と乗客がグルとなった「おとりバス」だった。罠に落ちたユイは、痴漢たちに輪姦されてしまう。逮捕した痴漢からの情報で、集団痴漢組織のボスが女子大生だったユイを襲った痴漢だと判明。ボスの所在を聞き出したユイは、上司宛に置き手紙を残し、最後の捜査に向かう。ボスが居るバスに乗り込むユイ。ボスの痴漢行為に耐えるユイだったが、ボスは彼女が痴漢おとり捜査官であることを知っていた。自らの手錠で両手を吊るされたユイは、痴漢たちに身体を弄ばれた挙げ句、電マで責められてしまう。廃墟に連行されたユイは、3人の痴漢たちに輪姦されてしまうのであった。

ピタコス☆カミシオ
4時間スペシャル
カワイイコスプレ3
※該当シーンのみレビュー
○女子プロレス
◆リング上でコーチ相手に果敢に立ち向かう女子プロレスラーのシオリ。しかし、大股開きでフォールされたシオリは、股間を電マで責められてしまう。絶頂に達してしまったシオリは、コーチに辱しめられてしまうのであった。

○キャットスーツ
◆盗まれた極秘データを奪還する為、建物に侵入するキャットスーツ姿のシオリ。しかし、仲間とはぐれたシオリは、別の建物に侵入してしまい、囚われてしまう。後ろ手に拘束されたシオリは、男に辱しめられてしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜黒い巨塔・
極東中央井上病院
潜入編〜
○夫婦揃って極東捜査局捜査官であるアヤ。ある日、夫が後輩と共に犯人の逮捕に向かうが、犯人は既に殺されており、更に夫が吹き矢の毒で脳死状態にされてしまう。夫の復讐を誓うアヤだったが、後輩は辞職を決意していた。使われた毒は新薬の可能性があり、吹き矢に使われた注射針から、入手先である病院が判明した。女医として潜入したアヤは、わざと腹部をケガをして入院していた若手捜査官から病院の内情を得る。
◆夜の病院で新薬の研究を医師から、開発中の新薬の情報を聞き出す為にパイズリと手コキで奉仕するアヤ。彼が研究していたのは、人間を仮死状態にする薬だった。更に捜査を進めると、病院内では臓器売買が行われていた。若手捜査官が入院している個室で戦闘準備をするアヤ。一人だけで現場に踏み込むつもりのアヤだったが、腹部をケガしている若手捜査官も同行すると言う。死をも覚悟している若手捜査官を、アヤは優しく抱いてあげる。現場に踏み込み、犯人たちに銃口を向ける若手捜査官とアヤだったが、後輩の元捜査官に背後から襲われ、立場が逆転してしまう。彼らは、捜査局が追う犯罪者を仮死状態にして臓器を摘出していたのだった。若手捜査官の応急措置と、アヤの夫を迎えに行っている間、手錠で両手を拘束され、手術台に寝かされたアヤは、理事長と院長にバイブで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。両手を手錠で拘束され、待合室のソファーに寝かされアヤ。そこに、脳死状態から生き返った車椅子の夫が連れて来られた。後輩の元捜査官からの誘いを断るアヤと夫。強情を張るアヤは、夫の目の前で後輩の元捜査官と新薬開発の医師に輪姦されてしまう。最後は、アヤと夫が新薬を注射されそうになるが、若手捜査官の決死の突入で混乱した隙にアヤが、後輩の元捜査官と新薬開発の医師に新薬を注射して逆転勝利。

20コス!
エスワン卒業!
※該当シーンのみレビュー
○秘密捜査官の女
◆敵に捕まり、手錠で鉄格子に拘束されたココミ。男に銃を突き付けられたココミは、身体をまさぐられてしまう。媚薬を無理矢理飲まされたココミは、イラマチオを強要されてしまうのであった。

マドンナ8周年記念作品
本格凌辱
サスペンス長編
8人の人妻潜入捜査官
〜狙われた特捜0課!!
淫欲の大捜査線〜
○特捜0課。それは、潜入捜査を行う政府直属の匿名機関である。ある日、捜査局内で局員が学生に銃殺される。同じ頃、捜査局の近くにあり、0課の元リーダーであるユミが店長の喫茶店でも、薬剤師が毒殺されてしまう。捜査本部にユミを含めた8人の女潜入捜査官が集められ、事件の捜査報告を受けることに。殺された薬剤師の遺留品には、新種の向精神剤があり、捜査局内で発砲した学生が服用していたことも判明した。こうして、特捜0課に本件の捜査が命じられた。疑惑の製薬会社の開発部にOLとして潜入したユウ。発砲した学生が通っていた男子校に女教師として潜入したレイコ。疑惑の製薬会社の取引先である病院にナースとして潜入したミサ。クラブのホステスとして潜入したリョウコ。ユミとチサトが、容疑者との取り調べを2時間だけ承諾された頃、0課の隠れ家であるマンションの一室にいた現リーダーのナナと、捜査局内で撃たれた夫の為に捜査から外されたナナコが、覆面姿の男たちが突入してきた。
◆取調室では、容疑者である学生に対し、ユミとチサトが女体を駆使して薬物と拳銃の入手ルートを聞き出した。クラブで薬物取引の現場を目撃したリョウコは、妹を呼ぶからと売人と顧客に乱交プレイを持ちかける。妹として現れたのは、男子校に女教師として潜入していたレイコであり、顧客は男子校の教師だった。銃を突き付けて売人と教師に押収した薬物を飲ませて効果を確かめるリョウコとレイコ。薬物の効果で意識が朦朧している売人と教師に、ボスの正体と薬物の使い道を問い質すリョウコとレイコだったが、彼らはしらを切る。強情な二人に対してリョウコとレイコは、女体を駆使した結果、薬物には洗脳効果があることが判明した。0課の隠れ家であるマンションの一室では、ナナとナナコが3人の覆面男たちに銃を突き付けられていた。そこへ、チサト、ユウ、ミサが現れる。予想外の事態に気をとられた3人の覆面男たちは、彼女たちに取り押さえられる。女捜査官たちは情報漏れを疑い、リーダーであるナナは、ナナコを疑い始める。女捜査官たちは手コキとフェラを駆使して尋問するが、彼らは何も話さなかった。仕方なく、銃を突き付けて尋問した結果、依頼人は捜査局の課長と判明した。その頃、リョウコとレイコによってユミの喫茶店に連行され、椅子に縛り付けられた売人と教師は、再び薬物を飲まされる。ユミ、リョウコ、レイコにパイズリで尋問された二人は、ボスの正体と計画内容を明かす。ボスの正体は、新手の暴力組織のトップであり、計画内容は不良生徒をクスリ漬けにして兵隊にし、病院で薬物を大量生産を目論んでいた。深夜の製薬会社で捜査局との繋がりを示すデータを見つけたユウだったが、男に銃を突き付けられ、イラマチオを強要された挙げ句、拉致されてしまう。病院では、ミサがナナコの夫の診断書を見つけた。そこには、重症だったはずのナナコの夫が、既に退院していることが記載されていた。そこに、腹痛を訴える男が現れる。男の狙いはミサだった。銃を奪われ、薬物を飲まされたミサは、電マで責められた挙げ句、拉致されてしまう。捜査局の重役室で課長に銃を突き付けるナナとナナコ。しかし、ナナコの銃口はナナに向けられた。裏切り者はナナコだった。そこに、重症だったはずのナナコの夫が現れる。立場が逆転したナナは、課長に辱しめられる側で、ナナコは夫に抱かれていた。暴力組織の事務所に監禁されたユウとミサは、男たちの目の前でレズプレイを強要された挙げ句、双頭ディルドでお互いを責めてしまう。捜査局重役室に連行されたユウとミサは、裏切り者がナナコだと知る。しかし、ナナコも騙されていた。事実を知ったナナコの目の前で、彼女の夫が射殺されてしまう。チサト、リョウコ、レイコ、ユミの4人が捜査局重役室に突入。8人揃って、犯人たちに銃口を向ける。形勢逆転かと思われたが、背後から組織の男たちが大勢現れ、女捜査官たちは囚われの身に。銃を奪われた8人の女捜査官たちは、5人の男たちに辱しめられてしまう。最後は、女捜査官たちの策略により、逆転勝利。

秘密女捜査官
〜淫欲に翻弄されし
気高き
美人エージェント〜
○上司から、拉致女性人身売買組織の壊滅を命じられた秘密女捜査官のジェシカ。
◆常日頃、男を見下しているジェシカだったが、裏社会から秘密女捜査官に引き抜いてくれた上司には逆らえず、辱しめられてしまう。敵アジトに潜入したジェシカは、拉致された女性を庇いながら逃走を試みる。しかし、激しい銃撃戦の最中、パニックを起こした女性がジェシカの元を離れ、敵に捕まってしまう。人質を取られたジェシカは、囚われの身に。縛られたジェシカは、銃を突き付けられてイラマチオを強要されてしまう。男たちに身体を弄ばれたジェシカは、組織のボスに辱しめられながら、イラマチオを強要されて、ぶっかけられてしまう。両手を吊るされたジェシカは、組織のボスに電マで責められてしまう。仲間の捜査官たちが突入した時には、組織のボスは既に逃亡しており、人質の女性は死亡していた。快楽責めの果てに心神喪失となり隔離されたジェシカは、二人の捜査官たちに輪姦されてしまうのであった。

美人捜査官
淫具の運命2
○捜査課の課長に就任した女捜査官のメグミ。彼女の父親は、上層部の幹部だった。闇組織捜査の陣頭指揮を執るメグミだったが、一向に進展しなかった。功を焦ったメグミは、単身でアジトに踏み込むが、格闘の末に銃を奪われてしまい、囚われの身に。
◆両手を吊るされたメグミは、身体を弄ばれてしまう。両手を拘束されたメグミは、男たちに輪姦される姿をビデオカメラで撮られてしまう。全裸で監禁され、男たち慰み者にされていたメグミだったが、駆けつけた捜査官たちによって救出された。捜査医に秘部を検査されたメグミは、十数人の男に辱しめられたと診察される。もちろん、診察で人数が把握出来るはずもなく、実際には押収した映像から把握したのである。4人の男たちの前に連れてこられたメグミは、捜査協力のお礼として、男たちに輪姦されてしまう。今度は、捜査官たちの慰み者となったメグミ。もはや、性奴隷と化したメグミは、今回の首謀者である部長に抱かれてしまう。彼がメグミを調教した目的は、彼女の父親を失脚させることだった。

国家機密諜報部員
エージェントの女
特訓凌辱の日々
○優秀なエージェントだった父を早くに亡くし、父の友人に引き取られたエリカ。父の同僚でもあった義父に、自らエージェントになる事を誓ったエリカだったが…。
◆最終段階として、女エージェントとしての試練を受けることになったエリカ。男性教官の目の前で全裸となったエリカは、男を誘惑する目的として、オナニーを強要された挙げ句、教官と、もうひとりの男に輪姦されてしまう。訓練で若手を蹴散らすエリカだったが、教官には敗北してしまい、敵に捕まった名目で拷問訓練を受けることに。上半身裸のまま鎖で緊縛拘束されたエリカは、電流責めにされてしまう。次に、パンティ一枚にされ、ソファーに開脚状態で緊縛拘束されたエリカは、電マと指で責められてしまう。男女二人で行動するエージェントは時として、監視されている事を前提にして、恋人として抱かれることがある。その最終試練としてエリカの相手に選ばれたのが、なんと彼女の養父だった。冷静さを失ったエリカは、養父に辱しめられてしまう。結果として私情を捨てきれなかったエリカは、エージェントとして失格。通常、不合格者は記憶を消されるが、エリカは養父の性奴隷として隔離されてしまうのであった。

剣道教師
○各校から問題児となった生徒が集まる高校の教師は武術の有段者が教師の必須条件であり、女教師のユキは剣道の有段者だった。
◆ある日、ロッカールームでユキ先生は、婚約者と絡む姿を生徒に隠し撮りされてしまう。隠し撮りの映像をネタにユキ先生が呼び出された放課後の教室には、三人の生徒たちが待っていた。リーダー格の生徒が隠し撮り映像を賭けて、ユキ先生に三本勝負を挑む。ただし、ハンデとして股間にリモコンローターを装着する条件で。下着姿で戦うユキ先生は、ブラを剥ぎ取られながらも、なんとか1勝する。次の試合では、最初からローター全開にされ、動きが止まったユキ先生は、手錠で後ろ手に拘束され、竹刀で股間を刺激されてしまう。電マ責めに耐えきれずに負けを認めてしまったユキ先生は、リーダー格の生徒に辱しめられてしまう。三人の生徒たちに昼休みの体育倉庫に呼び出されたユキ先生は、バイブで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。放課後の教室に呼び出され、全裸となったユキ先生は、机の上に立てられたディルドに跨がってオナニーを強要された挙げ句、その姿を撮影されてしまう。風呂場でユキ先生は、生徒泡踊りを強要されてしまう。怪しげな倉庫に呼び出され、全裸で後ろ手に拘束されたユキ先生は、電マとバイブで責められた挙げ句、三人の生徒たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女2
裏切りと凌辱のテロル
○敵アジトに単身で突入し、激しい戦闘の末に拉致された社長夫人の救出には成功したが、行動隊長と思われる男に逃げられてしまった、エージェントのアキホ。しかし、彼には見覚えがあった。前作で自ら銃殺したバディ(相棒)に代わって新たにアキホのバディとなった老刑事から受け取った履歴書を確認した。行動隊長は元同業者であり4年前、アキホを襲うが反撃された挙げ句、怪我を負って辞職していた。その行動隊長が関わっているのが、媚薬効果のある合成麻薬の密売組織だった。再び、拉致された被害者を救うためにキャットスーツ姿で単身、密売組織のアジトに乗り込むアキホを監視カメラで見つめる組織のボスは、行動隊長の推薦もあって、彼女を服従させることを決めた。
◆戦闘員を蹴散らし、鉄格子の中のベッドを確認した結果、これが罠だと気づいたアキホだったが、スタングレネード(非致死性手榴弾)の衝撃波で戦闘能力が著しく低下した為に幹部に倒されて、囚われの身に。気絶してベッドに寝かされたアキホは、行動隊長と幹部の二人に輪姦されてしまう。院長であるボスの病院で分娩台に全裸でM字開脚状態に拘束されたアキホは、合成麻薬の点滴を射たれ、悶えてしまう。両手を吊るされ、ボールギャグを咬ませられたキャットスーツ姿のアキホは、合成麻薬を呑まされた挙げ句、電マとバイブで責められてしまう。再び、麻薬を注射されたアキホは、ボスに悪の道へ勧誘されるが、拒否した為に辱しめられてしまう。監禁された鉄格子の中で禁断症状を訴えるアキホに、麻薬を持った幹部が近づく。油断した幹部を絞殺して鉄格子から逃亡したアキホの目の前に現れたのは、バディである老刑事だった。だが、彼はアキホの味方では無く、麻薬密売組織の内通者だった。再び、囚われの身になったアキホは、接待としてボスのお得意様3人からイラマチオを強要されてしまう。ボスからアキホの処刑を依頼され、銃を託された行動隊長。病室のベッドで眠っていたアキホは、行動隊長の一方的な愛情を訴えられた末に辱しめられてしまう。アキホを処刑せずにわざと銃を残したままその場を去る行動隊長。しかし、直後に銃声が。行動隊長は、ボスに撃たれていた。アキホが、ボスに銃弾を浴びせた瞬間、病院が爆発。しかし、炎の向こうでボスが立ち上がった。彼は、防弾チョッキを着ていたのである。余裕の笑みを浮かべながら、その場を立ち去るボス。アキホは、行動隊長を抱えながら避難するのであった。

潜入調査!!
興信所の母
○久々に興信所の仕事に復帰した人妻のシホリ、昔は優秀な調査員だったのだが、今回は不倫調査中のターゲットから決定的な証拠が掴めずにいた。
◆功を焦ったシホリは、証拠を掴むためにターゲットが住む家に無断で侵入してしまい、見つかってしまう。婚約指輪から人妻だと知られしまい、不法侵入の弱みを握られたシホリは、脅迫者と化したターゲットに辱しめられてしまう。風呂の中で辱しめられた記憶を追い出そうとするが、今まで味わったことの無い快楽を肉体が覚えていて、思わずオナニーしてしまう。深夜、ケータイで脅迫者に呼び出されたシホリ。パンティ一枚で首輪とボールギャグを装着され、開脚状態にされたシホリは、秘部を指で弄ばれてしまう。四つん這いにされたシホリは、アナルにバイブを挿入されてしまう。イラマチオを強要されたシホリは、脅迫者に辱しめられてしまい、堕ちてしまうのであった。

三穴拷問鬼イカセ
アナル潜入捜査官
○生物兵器の製造を企むテロ組織により誘拐された若き研究員を救出する為、敵アジトに侵入した女捜査官のリナだったが…。
◆実は、誘拐された若き研究員はリナの恋人であり、彼女はいつもの冷静さを失い、焦っていた。背後から銃を突き付けられ、捕まったリナは、イラマチオを強要されてしまう。隙を突いて逃走したリナは、ガラス越しに恋人の姿を確認するが、一時退散するしか無かった。仲間と共に敵アジトに侵入したキャットスーツ姿のリナだったが、仲間との連絡が途絶えてしまう。ボスに銃を突き付け、恋人の居場所を問い質すリナは、背後から銃を突き付けた男を押し倒して銃を奪い、双方に銃を突き付ける。だがそこへ、手下に銃を突き付けられた恋人が現れ、リナは囚われの身に。乳房縛りで、後ろ手に拘束された全裸のリナは、恋人の前で男に辱しめられてしまう。全裸で分娩台に拘束されたリナは、淫薬をアナルに塗り込まれてしまう。薬物の効果で発情したリナは、ローターと電マで性感帯を刺激された挙げ句、2本のバイブで秘部とアナルを同時に責められてしまう。キャットスーツ姿となったリナは、理性を失った恋人と手下に、前後から同時に責められ、最後には三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密女捜査官
〜獄に堕ちた
美巨乳エージェント〜
○捜査局の所長から、単身で武装犯罪組織に拉致された人質の救出という極秘任務を命じられた女捜査官のミノリ。
◆会議室に所長を呼び出して不倫関係を精算しようとしたミノリだったが、今までの恩義を押し付けて精神的に束縛された挙げ句、辱しめられてしまう。単身、キャットスーツ姿で敵アジトに突入したミノリだったが、人質を盾にされて囚われの身に。銃を突き付けられたミノリは、男たちに囲まれてイラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたミノリは、電マで責められてしまう。大の字でマットの上に拘束されたミノリは、媚薬を注射された挙げ句、組織のボスに辱しめられてしまう。散々辱しめられて理性を失い、組織のボスを射殺したミノリ。捜査局に保護され、隔離されたミノリは、二人の捜査員に輪姦されてしまうのであった。

痴漢
人妻囮捜査員
○人妻捜査員のサヤは、夫と共に電車内で頻発する悪質な痴漢を捜査していた。
◆容疑者を現行犯逮捕する為に夫婦で車内に乗り込むとサヤは、監視役の夫から離れて待機していた。夫からの一報で容疑者確保に向かおうとしたサヤだったが、被害者をビデオ撮影する悪質な集団痴漢に遭い、捜査活動を妨害されてしまう。お尻が露になったサヤだったが、逃走を図る集団痴漢の実行犯のひとりを取り押さえる。逮捕した痴漢が所有していたDVDには、集団痴漢に遭う被害者の姿、それに拉致された全裸の女性を抱こうとする「先生」と呼ばれる男の姿があった。集団痴漢には裏があると睨らみ、上司に進言しようとしたサヤだったが、別の事件を優先された為、単独での捜査を決意した。前に集団痴漢に遭った時刻の車両に単身、囮として乗車したサヤは、二人の痴漢を現行犯で逮捕しようとした瞬間、大勢の痴漢に襲われ、両手を吊るされてしまう。口を塞がれ、乳房と秘部が露になったサヤはビデオカメラの前で、ローターと電マ、更にバイブで責められた挙げ句、放置されてしまう。フラフラとなって帰宅したサヤを介抱して事情を知った夫は、捜査の協力を申し出る。再び車両に乗り、夫から離れた場所で囮になるサヤ。狙い通りに集団痴漢に遭い、夫の助けを求めようとしたサヤだったが、銃を突き付けられてしまう。抵抗が出来ずに夫から隔離されたサヤは、男に辱しめられてしまう。列車が駅に停車すると、ホームに逃走したサヤだったが、代わりに夫が拉致されてしまう。仲間を拉致された捜査局はGPSが途切れた場所を周辺に捜索を開始。廃工場にある敵アジトに単身突入したサヤだったが、銃を突き付けられて囚われの身に。集団痴漢組織の実態は、人身売買組織であり、全ては今回のターゲットであるサヤを貶める罠だったのである。縛られた夫の目の前でサヤは、電マで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたサヤは、乳房と秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれたサヤは、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

秘密捜査官の女
巨乳諜報員の崩壊と
涙の理由
○秘密捜査局の凄腕女エージェントのアンジェは、幼い頃に父親に置き去りにされたことが、発作が起きるほどのトラウマとなっていた。
◆犯罪組織の手掛かりを掴む為にマンションの一室に侵入したアンジェは、入室した若者を手コキとフェラで骨抜きしてパスワードを吐かせると、パソコンから情報を入手した。入手した情報から麻薬組織のアジトが判明。局長からアジトへの突入を命じられたアンジェだったが、追加情報で麻薬組織に父親が関わっていることを知らされると、発作を起こしてしまう。捜査局内のドクターから、発作を止める薬を処方して貰っているが、今回は効き目がなかった。発作の影響で男を求めてしまうアンジェは、局長に辱しめられてしまう。相棒と共に敵アジトに突入したラバースーツ姿のアンジェだったが、相棒が負傷してしまう。それでも任務を続行するアンジェだったが、敵に捕まってしまう。手錠で拘束されたアンジェは、男たちからイラマチオを強要されてしまう。アンジェが連行された場所には、薬物で理性を失い、拘束された父親がいた。父親の前で麻薬組織のボスに身体を弄ばれたアンジェは、ボスと理性を失った父親に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、父親はボスに射殺されてしまう。ブラウス姿で両手を吊るされたアンジェの前に、拘束されて人質となった局長の姿があった。実は、ドクターが裏切り者であり、処方されていた薬は、常習性の媚薬だった。事実を知ったアンジェだったが、ドクターを含む三人の男たちに、ローターとバイブ、それに電マで責められてしまう。理性を失ったアンジェは、ドクターに辱しめられてしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜欺かれたテロリスト
・成りすましCA編〜
○夫と共に国際空港捜査局に勤めるミク。ある日、テロリストが空港を占拠。事件に遭遇したミクの夫も負傷して、人質のひとりになってしまった。更にテロリストは、妨害電波で空港の機能を麻痺させる。そこでミクは局長に提案し、CAとなって怪我人の身代わりと身代金の受け渡しに向かった。
◆怪我をした夫と接触したミクだったが、身体検査と称して辱しめられてしまう。しかし、そのおかげで夫は解放された。見張りの男をイラマチオで油断させると銃を奪って反撃し、人質を逃がすことに成功する。更に別の男も銃を突き付けながら口で奉仕して、死と快楽の狭間に追い詰めて気絶させる。妨害電波を発生させているアンテナを撤去しようとしたミクだったが、スタンガンの電流が流れるトラップで気絶してしまう。両手を吊るされ、正体を暴かれたミクは、電マとバイブで責められてしまう。そんなミクの前に現れたのは、捜査局の局長だった。局長は、親しげに話しかけるテロリストを射殺した。テロリストの黒幕は局長であり、大事件を解決した手柄と知名度を使って、大きな野望を叶えようとしていた。拘束から解放されたミクは、局長とテロリストのひとりに輪姦されてしまう。最後は、一戦を交えたあとにスタンガンを奪って逆転勝利。

中出し10連発 2
潜入捜査官編
○表向きは恋人とラブラブなOLのシオリ。たが、その実態は潜入捜査官だった。ある日突然、恋人が行方不明になってしまう。恋人を拉致した相手を見つけるために、バニーガールに扮して、実行犯と思われる男から話を聞き出した。
◆酔った男を階段の踊り場に連れ出すと、手がかりと彼のケータイを奪い、フェラとパイズリで奉仕して誤魔化した。キャットスーツ姿となったシオリは、恋人の監禁場所に潜入。恋人の拘束を解いて銃を手渡し、隠れるように指示する。シオリが隠れている場所に、ひとりの男が現れる。みつかって仲間を呼ばれることを警戒したシオリは、男を誘惑して抱かれる。一戦を交えたあと、男が寝ている好きに逃亡しようとしたシオリだったが、リーダー格の男に見つかってしまう。M字開脚に緊縛拘束されたシオリは、ローターとバイブ、更に電マで責められしまう。全裸でマットレスに寝かされたシオリは、数人の男たちに輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、男たちが股間の痛みを訴え始める。こんなこともあろうかとシオリは、男性ホルモンに反応して相手を痺れさせる薬物を、秘部に仕込んでいた。シオリは恋人を連れて、その場を去るのだった。

秘密捜査官の女
終わらない快楽拷問
完全版
○武器密輸組織に妻を殺された若手捜査官と組むことになった秘密捜査官のサキ。強引な捜査の末にアジトの場所が判明したのだが、復讐に燃える若手捜査官が置き手紙を残してアジトに向かってしまう。
◆ラバースーツ姿でアジトに潜入したサキだったが、囚われの身に。休む暇も無く、辱しめられてしまうサキ。両手を吊るされたサキは、電マとバイブで責められてしまう。その後、捜査局が踏み込んで救出されたサキだったが、快楽責めの末に理性を失っていた。捜査局に隔離されたサキは、三人の捜査官たちに輪姦されてしまうのであった。

陵辱女捜査官
媚薬肉奴隷
○とあるバーで、常連客から色仕掛けで麻薬を扱っている場所を聞き出したハルキ。陰で様子を伺い、襲いかかるマスターを倒したハルキの正体は、敏腕捜査官だった。単身で倉庫に潜入し、格闘の末に手下を追い詰め、バーの常連客に銃を突き付けるハルキだったが、彼女も背後から銃を突き付けられて、囚われの身に。
◆暴力に屈しず、大量の酒にも負けないハルキだったが、電マで責められた挙げ句、麻薬を射たれてしまう。ベッドに拘束されたハルキは、男に辱しめられてしまうが、一戦を交えた後に男を倒し、脱出を試みる。意識が朦朧しながらも階段を昇るハルキだったが、到着したボスに捕まってしまう。再び、麻薬を射たれたハルキは、イラマチオを強要されてしまう。謎の液体を乳房と秘部に塗ることを強要されたハルキは、その液体が媚薬だと知らされる。媚薬の効果で発情したハルキは、ボスとボディーガードに輪姦されてしまう。最後は、ハルキの太股に埋め込まれたマイクロチップでアジトの位置を掴んだ捜査官が踏み込んで、逆転勝利。

萌え萌えコスプレ7
※該当シーンのみレビュー
◇GAMEコス
○最後の宝箱を開けて秘宝を見つけたマリンだったが、そこに最後のボス(二人の男)が現れた。
◆逃亡を試みたマリンだったが、回り込まれてしまった。力ずくでラスボスに辱しめられてしまうマリンだったが、ラスボスが精力を使い果たして、逆転勝利。

人妻諜報員は夫を狙う。
○武器密輸組織のボスに嫁いだ若妻のショウ。実は彼女の正体は、武器密輸組織をマークする為に送り込まれた捜査局のエージェントだった。近いうちに、核弾頭の起爆コードの取引があることを掴んだショウは、恋人であるエージェントに情報を伝えると、行動を開始した。
◆組織に内乱を誘発する為にショウは、ボスの右腕となっている男を誘惑して抱かれる。ボスの右腕と共に反乱を起こすショウだったが、彼女の正体は暴かれており、恋人も捕まっていた。撃たれた恋人の目の前でショウは、男たちからイラマチオを強要されてしまう。瀕死の恋人を逝かせたら解放するという条件を飲み、必死にフェラするショウだったが、無残にも恋人は亡くなってしまう。黒い下着姿で両手を吊るされたショウは、電マとバイブで責められてしまう。ベッドに連れてこられたショウは、ボスとボスの右腕の男に輪姦されてしまう。最後は、武器密輸組織に新しいボスが誕生し、ショウは新しいボスの手で……。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○日本には海外マフィアも恐れる治安捜査局。そこの凄腕の潜入女捜査官のショウは、アジア系マフィアのアジトに突入した。彼女を性奴隷として陥れる罠とも知らずに。
◆男たちに銃を突き付け、ケータイで応援を要請しようとしたショウだったが、背後からスタンガンで気絶させられ、拉致されてしまう。X字に吊るされたショウは、身体検査と称して服を切り裂かれ、乳房と秘部が露になってしまう。拘束を解かれたショウは、二人の男に輪姦されてしまう。全裸で後ろ手に拘束されたまま鉄格子に監禁されたショウは日々、イラマチオを強要されていた。監禁されて3日後、イラマチオする時に懇願して拘束を解いてもらったショウは、男を倒して全裸で逃走を試みる。出口を探すショウの前に捜査局の管理官が現れる。管理官が裏切り者だと気づいたショウだったが、気絶させられてしまう。ベッドに両手両足を拘束されたショウは、強力な媚薬を飲まされてしまう。目隠しされ、ボールギャグを噛まされたショウは、ローターとバイブ、更に電マで責められてしまう。拘束を解かれたショウは、ボスに辱しめられた挙げ句、輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女
女子校生は陰惨な
正義に強姦される
○尊敬する父みたいな捜査官になるため、同期の男性と共に格闘術を習う女子校生のカナ。
◆学校帰りにカナは覆面姿の二人組に拉致されてしまう。カナを拉致した二人組は、カナの父と同じ組織の人間であり、彼らの言い分では、権力争いに敗れたカナの父が、カナの同期生を拉致して失踪したらしい。父親の居場所を吐かせるために後ろ手に拘束されたカナは、バイブで責められてしまう。ベッドに寝かされたカナの前に父のライバルが現れ、実はカナの父親は義父だと知らされる。銃を突き付けられたカナは、義父のライバルに辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、義父の居場所を教えて殺害を命じた義父のライバルだったが、カナに射殺される。ラバースーツ姿でアジトに到着したカナは、見張りの二人組をフェラで油断させて拘束した。義父と三人の仲間たちの前に銃口を向けたカナだったが、銃を弾き飛ばされてしまい、囚われの身に。両手を吊るされたカナは、ローターと電マで責められてしまう。拘束を解かれたカナの目の前には、瀕死の重症で虫の息となった同期生が横たわっていた。気力を失ったカナは、義父を含めた4人の男たちに輪姦されてしまう。最後は、義父が裏切って仲間を射殺。真実を話そうとした義父に向かって銃を放つカナだった。

コスッて熟女神 6
※該当シーンのみレビュー(完全着衣作品)
○魔導師に戦いを挑んだセー●ージュピターだったが…
◆手錠でベッドへ大の字に拘束されたセー●ージュピターは、魔導師に胸の膨らみを弄ばれた挙げ句、鎖で首を絞められて悶え苦しむ姿を晒してしまう。お尻を突き出す格好で人の字に吊るされたセー●ージュピターは、強力な媚薬を飲まされた結果、お尻を揉まれたり、指で恥丘を弄ばれただけで悶えてしまう。立ち姿で人の字に吊るされたセー●ージュピターは、バイブで責められてしまう。快楽責めに堕ちてしまったセー●ージュピターは、自ら魔導師の肉棒を求めてしまい、喜んでフェラしてしまう。拘束を解かれたセー●ージュピターは、自ら魔導師を求め、辱しめられてしまうのであった。

スーパーボディ
×ピタコス
SPECIAL
※該当シーンのみレビュー
○政府が極秘に開発している細菌兵器に関わっている化学者が、テロ組織に拉致されてしまった。化学者の救出を命じられた潜入捜査官のジュリアは、ラバースーツ姿でテロ組織のアジトに侵入したのだが、彼女の存在は気づかれていた。
◆銃を突き付けて背後から近づく男を投げ飛ばし、奥に進むジュリアだったが、待ち伏せしていたテロ組織のボスに銃を突き付けられ、囚われの身に。ラバースーツを破かれて豊満な乳房と秘部が露になったジュリアは、バイブと電マで責められてしまう。逝き地獄を味わったジュリアは、テロ組織のボスに辱しめられてしまう。一戦を交えたあとテロ組織のボスは、安否を気にしていたジュリアの元へ拉致被害者を目の前に連れて来る。拉致被害者の無事を確認したジュリアは、隙を突いて銃を奪い、テロ組織のボスを射殺するのだった。

もっともあぶない
二人の人妻囮捜査員
〜悪質な
女子寮盗撮事件を
解決せよ!〜
○違法風俗店を摘発した結果、行方不明事件が続発している女子寮を隠し撮りした大量のDVDが見つかり、身柄を確保した風俗嬢の中に行方不明だった女子社員が居た。盗撮と行方不明事件の関連を探るため、捜査員のアカリとレンは社員として、男性捜査員の二人は管理人と清掃員に扮して潜入捜査を開始した。
◆疑惑の女子寮は、闇組織が設置した盗撮カメラによって階段・廊下や各個室はもちろん、共同浴室からトイレの個室まで監視されていた。共同浴室での入浴を終え、ひとりで脱衣場に現れたアカリは、突然現れた男に銃を突き付けられ、辱しめられてしまう。一方、話を聴くために女子社員の部屋を訪れたレンは、待ち伏せしていた男に辱しめられてしまった挙げ句、女子社員を連れ去られてしまう。捜査の結果、拉致された女子社員が監禁されているアジトが判明。銃を片手にアジトへ突入したアカリとレンだったが、監禁された被害者たちを目の前にして、待ち伏せしていた男たちに捕まってしまう。鉄格子に両手を拘束されたアカリとレンは、ローターやバイブ、更に電マで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。別の場所に監禁されたアカリとレンは、二人同時に辱しめられてしまう。最後は、堕ちて風俗嬢となったアカリとレンの姿があった。

秘密捜査官の女
真実と嘘に
玩ばれたカラダ
○銃を片手に敵アジトから脱出を試みる秘密捜査官のリアだったが…。
◆1ヶ月前、泣きついてきた女性を洗脳・調教して資金源にする邪悪な教団の潜入捜査を命じられたリア。男たちにボロボロされた被害者を装い、教団の指導者に助けを求めたリア捜査官だったが、儀式として仮面の信者相手にイラマチオを強要されてしまう。リア捜査官の反応を見た指導者は、特別治療の必要性を訴える。ラバースーツ姿でM字開脚姿に緊縛拘束されたリア捜査官は、電マで責められた挙げ句、指導者に辱しめられてしまう。数日後、洗脳が完了したと判断されたリア捜査官は、教団のバスルームでソープ嬢として働かせられた。そして現在、悪事の証拠を掴み、脱出を試みたリア捜査官だったが、指導者に捕らわれてしまう。それは5年前、新人捜査官の頃に何者かに拉致されて辱しめられたあと、心の救済を求めてこの教団に入信。実は、全て教団の仕業だと知り、教団から逃亡した記憶が蘇ってきた。しかし、指導者から秘密捜査官とは偽りの記憶だと指摘され、混乱したリア捜査官は、指導者に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、捜査官を名乗る二人の男か突入。安堵したリア捜査官は、深い眠りに落ちる。目覚めたリア捜査官は、全身網タイツの上にラバービキニ姿で両手を吊るされていた。現実と妄想の区別がつかないリア捜査官は、まだ囚われの身だった。再調教としてリア捜査官は、二人の男に辱しめられてしまうのであった。

犯されたプライド
地下凌辱デスマッチ
○首都機能を関西に移した近未来の日本。格闘系特務捜査官のノゾミは、銃を片手に敵アジトに潜入。拉致された男性を見つけるか、彼の首筋には遠隔操作用起爆装置が埋め込まれており、デスマッチで敗北するか逆らうと、リモコンボタンで即死するという。戸惑うノゾミ捜査官だったが、背後からスタンガンで気絶させられてしまう。
◆ベッドの上で目覚めたノゾミ捜査官は、首筋に起爆装置を埋め込まれたことに気づく。そこに現れたのは上司だった。救われたと安堵するノゾミ捜査官だったが、実は卑劣なデスマッチを運営していたのは上司だった。上司が握るリモコンで激しい頭痛に襲われたノゾミ捜査官は、上司の正体を知る。服を脱ぐように命じられ、下着姿になったノゾミ捜査官は、上司に押し倒されるが、デスマッチの時間に救われる。ノゾミ捜査官の対戦相手は、拉致された男だった。格闘の末に勝利を掴むノゾミ捜査官だったが、敗北者が埋め込まれた起爆装置で抹殺される姿を目の当たりにする。残酷なデスマッチに生き残ったノゾミ捜査官は、上司に辱しめられてしまう。連戦連勝のノゾミ捜査官は、同時に辱しめられる日々も続いていた。快楽に溺れ始めたノゾミ捜査官は、上司にローターやバイブ、さらに電マで調教されてしまう。上司を裏で操る男からデスマッチも潮時だと言われ、ノゾミ捜査官の最終試合が決定した。強敵にもなんとか勝利したノゾミ捜査官は、自ら上司の肉体を求めてしまう。鉄格子の中で熟睡するノゾミ捜査官に、三人の男たちが襲いかかる。ノゾミ捜査官は、上司に売られてしまい、彼女の起爆リモコンも譲渡されていた。逆らうことは死だと悟ったノゾミ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密女捜査官
〜獄に堕ちた
美巨乳エージェント〜
○テロリストに殺害された夫の復讐する為、銃を片手にアジトへ突入するラバースーツ姿の秘密捜査官カオリ。激しい銃撃戦となったカオリだったが、催眠ガスにより気絶してしまう。
◆手錠で拘束されたカオリ捜査官は、眼帯の男に辱しめられてしまう。男たちに囲まれたカオリ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。両手両足を鎖で拘束されたスポーツ下着姿のカオリは、媚薬を注射されてしまい、サングラス男に発情して抱かれてしまう。ラバースーツ姿で両手を吊るされたカオリ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。その後、応援に駆けつけた捜査官たちに助けられたカオリ捜査官だったが、任務失敗の責任で隔離されてしまう。任務と私情を混同したペナルティとしてカオリ捜査官は、二人の看守に輪姦されてしまうのであった。

ドスケベ美少女の
タップリ初中出し
※該当シーンのみレビュー
○羽交い締めにされて男たちの前に連れて来られた女捜査官のマキ。
◆身動き出来ないラバースーツ姿のマキ捜査官は、電マで責められた挙げ句、5人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

触手アクメ 12
○西暦202X年。これは、人類を脅かす触手に立ち向かう、少女戦士たちの物語である。
◆ショットガンで武装して周囲を警戒していたヒビキだったが、触手に巻きつかれて辱しめられてしまう。そこにアカネが現れ、超能力で触手を撃退すると、放心状態のヒビキを救出して、安全な場所に避難させると、別の仲間を探しに行った。その頃、別の場所では、マシンガンで武装して周囲を警戒していたミナミだったが、彼女も触手に襲われ、辱しめられてしまうが、アカネが触手を撃退する。避難していたヒビキだったが、触手の精神攻撃で洗脳されてしまい、自ら触手を求めてしまう。触手に直接戦いを挑み、撃退するアカネ。ミナミのテレパシー能力を使って触手の本拠地を探ろうとしたアカネだったが、既にミナミは洗脳されており、自ら触手を求めてしまう。誰も救えずに落ち込むアカネは、触手に身を捧げて、忘れていた記憶を思い出す。実は、彼女の超能力は触手から与えられたものであり、抵抗勢力である少女戦士たちを探して触手に差し出すように洗脳されていたのである。ヒビキ、ミナミ、アカネの三人は、触手の快楽に溺れてしまうのであった。

クリムゾン×
ムーディーズ
コラボ作品
女潜入捜査官マリア
○孤児だったマリアは、特殊部隊を率いる会長のに育てられ、才色兼備で最強の女捜査官に成長した。彼女の初任務は、違法な薬物を取引している疑いがある企業の社長秘書として潜入し、犯罪の証拠を掴むこと。ただし、潜入捜査を悟られない為に「か弱い普通の女」を演じることを命じられた。
◆社長秘書になる為、二人の男性秘書に面接を受けるマリアだったが、試験という名目で感じやすい身体を弄ばれた彼女は、彼らに輪姦されてしまう。なんとか秘書として雇われたマリアだったが、まだ社長に会えなかった。秘書室のパソコンから大量データをコピーして女子トイレの個室から本部へ転送していたマリアだったが、一部始終を覗いていた清掃員に見つかってしまう。得意な格闘術で清掃員を圧倒するマリアだったが、背後から近づく男にスタンガンを押し付けられ、気絶してしまう。後ろ手に拘束され、椅子に座らされたマリアは、秘部に新薬の興奮剤を挿入され、イラマチオを強要されてしまう。興奮剤の効果で抵抗できないマリアは、清掃員に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、興奮剤の効果が薄れたマリアは、清掃員を殴り倒して逃走する。会長からの連絡で薬物取引の現場にラバースーツ姿で潜入するマリア。男たちを蹴散らすマリアだったが、興奮剤の副作用で身体の動きが鈍り、閃光弾で視界を奪われて囚われの身に。再び秘部に興奮剤を挿入されたマリアは、男たちに輪姦されてしまう。両手を吊るされたマリアは、首筋に麻薬を射たれた挙げ句、電マとバイブで責められてしまう。調教されて抵抗する気力を失ったマリアは、社長に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、マリアの前に現れたのは、彼女の育ての親でもある会長だった。実は、マリアが捜査していた違法薬物は、特殊部隊用に開発された恐怖心を抑える薬の副産物であり、彼女は人体実験の調査対象として送り込まれたのが真相だった。激しい調教に堕ちたマリアは、会長の性奴隷と化したのだった。

黒人巨大マラ
VS 細川まり
巨尻陵辱!!
○黒人ドラッグ販売組織が活動拠点にしていると噂がある雑居ビルを訪れた潜入捜査官のマリ。彼女には黒人から受けた忌まわしい過去があった。
◆当時、自宅に訪れた黒人男性にテレビの修理を依頼したマリだったが、苛立つ彼にイラマチオを強要されてしまったのである。そして現在、疑惑の雑居ビルに潜入したマリ捜査官だったが、背後から近づいた男に部屋へ押し込まれてしまう。黒人の男たちに囲まれたマリ捜査官は、彼らに輪姦されてしまう。見張りの黒人男性を相手にマリ捜査官は、お尻を使った素股で奉仕した隙に逃亡を図る。雑居ビルをさ迷うマリ捜査官だったが、男に見つかってドラッグを飲まされてしまう。ドラッグの効果で発情したマリ捜査官は、自ら望んで輪姦されてしまうのであった。

ハードボイルド
レズビアンシリーズ
潜入捜査官
○女同士で愛しあうリュウとリコは、潜入捜査官である。彼女たちに与えられた任務は、製薬会社に潜入して密かにドラッグを精製している犯人を捕まえること。昼間は研究員として潜入捜査を始めた二人。夜中のオフィスにラバースーツ姿で潜入したリコ捜査官は、鍵付きの引き出しの中を探るが、証拠は見つからなかった。その時、彼女は気がつかなかった。犯人であるサリナが一部始終を見ていたことを。翌日、上司のサリナが他人に触らせない引き出しの存在に気づいたリコ捜査官は、先輩であるリュウ捜査官に報告する。
◆再び、ラバースーツ姿で夜のオフィスに潜入したリコ捜査官だったが、背後からクスリを嗅がされ、気絶してしまう。目隠しされ、M字開脚状態で椅子に緊縛拘束されたリコ捜査官は、媚薬ドラッグを飲まされた挙げ句、サリナに性感帯を責められながら、尋問される。痴態を撮られ、拘束を解かれたリコ捜査官は、バイブで責められてしまう。尋問に耐えたリコ捜査官を放置してサリナが立ち去ったあと、様子を伺っていたリュウ捜査官が救出する。翌日の夜、ラバースーツ姿でオフィスに潜入したリュウ捜査官だったが、同じくラバースーツ姿のサリナが待ち伏せていた。お互いに銃を突き付けて対峙していたリュウ捜査官だったが、一瞬の隙に押し倒されてしまい、媚薬ドラッグを飲まされてしまう。薬物効果で抵抗できないリュウ捜査官は、サリナに秘部を責められてしまう。勝利を確信して油断したサリナは、応援に駆けつけたリコ捜査官に銃を突き付けられる。媚薬ドラッグを飲まされたサリナは、二人の女捜査官に性感帯を責められて、報復される。無事に犯人を確保し、ベッドで絡み始める二人の女捜査官だったが、この仕事に耐えられなくなったリュウ捜査官は、二人で逃げることを提案するが拒絶されてしまう。失意のリュウ捜査官は、彼女を残して姿を消すのであった。

人妻旅情捜査官
〜連続失踪事件を
追って…〜
○本土で発生した女子校生連続失踪事件を追って、日本最南端のある島にたどり着いたミワコ捜査官は、地元捜査官の警告を無視して単身、捜査を開始した。
◆夜の市街地で路地裏を捜査しようとしたミワコ捜査官だったが、背後からの一撃で昏倒してしまう。両手を手錠で拘束され、空き店舗に連れ込まれたミワコ捜査官は、仮面の男に銃を突き付けられてアルコール度数の高い酒を呑まされた挙げ句、辱しめられた末に放置される。仮面の男は、特徴的なペンダントを身に付けていた。なんとか宿泊先に戻ったミワコ捜査官だったが、捜査を諦めていなかった。昼間、特徴的なペンダントを頼りに怪しいサングラス男を追跡したミワコ捜査官は、リーダーらしき男がいるアジトを突き止め、地元捜査官に応援を要請する。だが、地元捜査官も誘拐犯グループの仲間だった。事実を知ったミワコ捜査官だったが、誘拐犯たちに銃を突き付けられ、囚われの身に。手錠で拘束されたミワコ捜査官は、媚薬を飲まされた挙げ句、電マとバイブで責められてしまう。首輪で拘束されたミワコ捜査官は、媚薬の効果で胸や股間のかゆみに耐えられずにバイブを受け取るが、それだけでは物足りなかった。自ら肉棒を求めてしまうミワコ捜査官は、二人の男に輪姦された挙げ句、海外に売られてしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜時効直前!!
14年ぶり奇跡の
カムバック捜査編〜
○今から14年前。夫と共に反政府組織のアジトに潜入したサナエ捜査官だったが、夫が被弾し、容疑者たちは逃亡という大失態を犯してしまう。夫の殉職と自身の妊娠を期に捜査官を辞めたサナエ。現在は、息子が通う学校の保健室に勤務しているサナエに、捜査官への復帰が命じられる。14年前に活動していた反政府組織のメンバーが続けて殺害される事件が発生していたのである。
◆捜査の手掛かりを掴むため、逮捕された反政府組織のリーダーを猟奇的な尋問の末に殺害した罪で逮捕された医師と面談室で面会する。交換条件としてガラス越しにオナニーを見せつけたサナエ捜査官は、猟奇医師から今回の件は時効を待つ裏切者を制裁していることと、ターゲットにされた裏切者を誘き寄せる方法を教えられる。誘き寄せられた裏切者の反政府組織の幹部を尋問するサナエ捜査官だったが、男は14年前にサナエ捜査官が裸で悶える姿を覚えているという。そんな記憶がないサナエ捜査官は、男を押し倒して逆レイプしてしまう。自分に封印された記憶があることに気づいたサナエ捜査官は、封印を解くために鉄格子の中で猟奇医師に抱かれる。猟奇医師は密かにサナエ捜査官の髪から、ヘアピンを抜き取る。反政府組織の裏切者を案内人にしてアジトに潜入したラバースーツ姿のサナエ捜査官だったが、裏切者は行動隊長に捕まってしまう。行動隊長と対峙したサナエ捜査官は、封印された記憶を思い出した。それは、被弾して瀕死の重傷を負った夫の目の前で、サナエ捜査官が行動隊長に辱しめられた挙げ句、夫の命を救えたなかった記憶だった。無残な記憶を取り戻し、戦意を喪失したサナエ捜査官は、行動隊長と裏切者に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、サナエ捜査官と裏切者に両手で銃を突き付けた行動隊長だったが、何者かに射殺される。実は、猟奇医師がヘアピンを使って脱獄していたのである。今回の主犯である行動隊長が死亡した結果、事件は解決となった。

特務捜査官、氷室紗耶
プライドは
淫らに濡れ堕ちて
○訳ありで表立ってできない裏捜査専門の特務捜査官サヤ。今回の任務は若い女性を拉致して調教する人身売買組織の壊滅である。
◆アジトらしき怪しい建物に単身で潜入したサヤ捜査官は、最近撮られた拉致被害者の写真を見つけると、近くに隠れていた逞しい男に銃を突き付けるが、背後から二人の男に銃を突き付けられて囚われの身に。羽交い締めにされて身動きが取れないサヤ捜査官は、たくましい男に辱しめられてしまう。全裸にされたサヤ捜査官は、アナルまで辱しめられてしまう。ベッドに大の字で拘束されたサヤ捜査官は、バイブと電マで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。調教として連日、辱しめられ続けるサヤ捜査官。それから何日か経ったらある日、特務捜査官室宛に一枚のDVDが届く。その中には、プライドが高かったサヤ捜査官が、男たちに輪姦されて快楽に溺れる姿が映っていた。

秘密女捜査官
〜淫謀に踊らされし
悲劇のエージェント〜
○兵器開発を目的に拉致された化学者でもある父を救うため、銃を片手にテロリストのアジトに潜入したラバースーツ姿のアイ捜査官。
◆激しい銃撃戦の最中、アイ捜査官は、周囲に撒かれたガスで気絶してしまう。ベッドに拘束されたアイ捜査官は、ボスに父を人質にされ、抵抗できずに辱しめられてしまう。両手を吊るされたアイ捜査官は、電マで責められてしまい、ゲームオーバー。そう、これはゲームの世界である。制服姿で再スタートしたアイ捜査官は、鉄格子から父親を救出して、脱走を試みる。しかし、父親が撃たれ、アイ捜査官は囚われの身に。男たちに囲まれたアイ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。ベッドで眠るアイ捜査官は、媚薬を射たれて発情しなから、辱しめられた末にゲームオーバー。ガンマン姿で再スタートしたアイ捜査官は、父親を閉じ込めている鉄格子の鍵を解除しようとしたが、銃を突き付けられて、囚われの身に。銃を突き付けたのは、裏切者の捜査官だった。父親を服従させる為に、二人の裏切者は、アイ捜査官を輪姦するのだった。

女捜査官
薬漬け性奴隷
○非合法ドラッグを追い、密売組織が隠れ蓑にしている病院へ、銃を片手に潜入した特殊捜査官のアスカ。
◆無線で、既に潜入している捜査官に指定された待ち合わせ場所である病室を訪れたアスカ捜査官だったが、潜入捜査官が人質にされて、彼女は囚われの身に。銃を突き付けられたアスカ捜査官は、男たちにイラマチオを強要されてしまう。男に押し倒されそうになるアスカ捜査官だったが、潜入捜査官に救われ、逃亡するが、彼は拉致されてしまう。再び、病院に潜入したアスカ捜査官は、密売組織のボスに銃を突き付け、拉致された捜査官の行方を問う。しかし、アスカ捜査官の背後から銃を突き付けたのは、拉致されたはずの捜査官だった。そう、彼はドラッグ漬けにされた挙げ句、裏切者になっていたのである。媚薬効果のあるドラッグを射たれたアスカ捜査官は、裏切者と密売組織のボスに輪姦されてしまう。一戦を交えた後、アスカ捜査官は裏切者の手助けで、その場から逃走する。病院内をさ迷うアスカ捜査官だったが、ドラッグの副作用で身体が思い通りに動かず、またも囚われの身に。再度、ドラッグを射たれたアスカ捜査官は、電マとバイブで調教されてしまい、快楽の虜に。性奴隷と化したアスカ捜査官は、密売組織を裏で操る政治家に抱かれてしまうのであった。

人妻潜入捜査官
〜違法SMクラブに
消えた夫・
決死の捜索編〜
○夫婦揃って捜査局に勤めるユウは、誰もが認める優秀な捜査官である。そんな妻に対し、劣等感がある夫は、功を焦って脱走犯が経営するショーパブに潜入するが、その実態は薬物と洗脳を利用したSM売春組織であり、夫は姿を消してしまう。上司から事情を知らされたユウ捜査官は、夫の行方を追って、潜入を試みるのであった。
◆ショーパブの経営者に認められてたユウ捜査官は、与えられた錠剤を服用すると、店長相手に女王様プレイで尋問し、アジトの場所を聞き出す。スーツ姿で銃を片手にアジトへ潜入したユウ捜査官は、鉄格子の中でM男と化した夫を発見。中にいた女性を逃がすユウ捜査官だったが、夫は逃げること拒否する。洗脳を解くためにユウ捜査官は、夫を押し倒し、抱かれる。夫と共に逃走しようとするユウ捜査官だったが、夫が捕まり、彼女自身も逃がしたはずの女性たちに、取り押さえられてしまう。現れた経営者の話では、服用した錠剤は違法薬物ではなく、ただの強壮剤であり、彼女たちは自分の意思で、アジトに留まっているという。夫の目の前で、ブラウスの上から乳房縛りで吊るされたユウ捜査官は、両乳首に重りを吊るされた挙げ句、電マとバイブで調教されてしまう。首輪で繋がれ、性奴隷と化したユウ捜査官は、夫の目の前で経営者に服従し、辱しめられてしまう。一戦を交えた後、経営者は夫に、取引を持ち掛ける。ユウ捜査官の身柄を渡す代わりに、逃亡の手助けをする条件をのんだふりをした夫は、経営者を倒すのだった。

秘密捜査官の女2
堕ちていく
裏切りのエージェント
○前作で敵の手に堕ちた秘密捜査官のユマ。
◆首を手枷で固定され、足枷で自由を奪われたラバースーツ姿のユマ捜査官は、組織のボスに辱しめられてしまう。しかし、ボスに気に入られたユマ捜査官は服従し、ボスの女になっていた。それから一年が経った。ある日、組織の若手が取引に向かう途中、何者かに麻薬を奪われてしまう事件が発生。再度、麻薬を用意して取引に向かわせた若手を、ユマが車に誘う。若手に飲み物を与えたユマは、彼にフェラしてあげると、飲み物に仕込んだ睡眠薬で、彼は夢の中へ。その間にユマは、ライフルで取引相手を射殺する。そう、ユマは捜査官である使命を失っていなかったのである。若手に取引失敗の原因を問い質すボスとNo.2。その時、ボスのスマホに何者かから、取引相手の射殺体を撮った画像が送られる。取引に失敗した若手が邪魔した相手を指し示そうとした瞬間、ユマが射殺。画像の送り主を探し出すとボスに訴えて、行動を起こす。だが、送られた画像は、もう一枚あり、そこにはライフルで狙うユマの姿があった。画像を送りつけたのは、取引相手の組織だった。ラバースーツ姿で取引相手の組織のアジトに潜入したユマだったが、待ち伏せしていた二人の男に捕まってしまう。両手を吊るされたユマは、電マで責められてしまう。拘束を解かれたユマは、二人の男に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、ユマは二人を射殺して、ボスの元へ。だが、そこにはNo.2しかいなかった。No.2に成果を報告したユマだったが、彼に薬物を射たれてしまう。実は、No.2はボスを射殺して、権力を奪っていたのだ。網タイツ&ラバー下着姿で後ろ手に拘束されたユマは、No.2に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、ユマは自分が射たれた注射器でNo.2を眠らせ、手錠でベッドに拘束すると、捜査局に任務完了の報告をするのだった。

中出し10連発
潜入捜査官編
○密かに裏組織と取引している疑いのある企業にOLとして潜入した女捜査官のマキ。
◆ある夜、オフィスのPCで、犯罪の証拠となるデータを入手しようとしたマキ捜査官だったが、若手社員に見つかってしまう。トイレで若手社員を誘惑したマキ捜査官は、彼を抱いて協力させる。会議室で資料を片付けていたマキ捜査官だったが、二人の社員に正体を知られており、銃を奪われた挙げ句、二人に辱しめられてしまう。二人の社員によって椅子に縛り付けられたマキ捜査官だったが、何者かによって二人の社員は射殺され、彼女は更衣室に監禁されてしまう。乳房縛りで後ろ手に拘束されたマキ捜査官だったが、二人の見張りを誘惑し、フェラで油断した二人の見張りを倒すと、ロッカー隠していたラバースーツに着替えた。銃を片手にオフィスへ突入したマキ捜査官だったが、銃の弾丸は空砲になっていた。後頭部を殴られ、気絶したマキ捜査官は、テープで後ろ手に拘束されて、椅子に座らされる。数人の男たちに身体を弄ばれるマキ捜査官の前に現れたのは、誘惑した若手社員であり、実は彼が黒幕だった。事実を知ったマキ捜査官だったが、黒幕を含めた数人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

潜入捜査官
○夫と共に違法薬物を追う人妻捜査官のキミカ。上司から、違法薬物の入手経路を突き止める為、夫は容疑者である組長が率いる暴力組織に通じる運び屋として潜入を命じられ、何故か、キミカ捜査官は今回の潜入捜査から外されてしまった。組長宅を訪れた夫は驚愕する。妻のキミカ捜査官が独断で、家政婦として潜入していたのである。
◆組長の部下から素性を疑われた夫だったが、キミカ捜査官の機転により、夫が取引相手と会うことに。個室キャバレーで取引を成立させた夫は、現れたホステスがキミカ捜査官だったので再び驚く。キミカ捜査官に薬物を無理矢理飲ませようとした取引相手をなだめた夫は、銃を突き付けられて素性を疑われてしまう。夫の危機を救うため、取引相手を誘惑し、薬物を口にする。夫の前でキミカ捜査官は、取引相手に辱しめられてしまう。家政婦として組長宅を探っていたキミカ捜査官だったが、組長の部下に怪しまれてしまう。手錠で拘束されたキミカ捜査官は、組長の部下二人にイラマチオを強要されてしまったが、催涙スプレーを使い逃走する。その間、夫は驚くべき違法薬物の出所を突き止める。本部に戻ったキミカ捜査官は、上司に銃を突き付けながら、違法薬物の入手ルートを説明する。それは、捜査局が売人から押収した違法薬物を上司が組長に横流しする代わりに、末端である売人を逮捕するという禁断の無限ループだった。このシステムを夫は納得したという上司の言葉に動揺したキミカ捜査官は、銃を奪われてしまい、手錠で拘束されてしまう。立場が逆転したキミカ捜査官は、上司に辱しめられてしまうが、彼女は屈しなかった。上司と組長の取引現場に突入したキャットスーツ姿のキミカ捜査官だったが、夫は脚を撃たれ、上司は射殺されてしまい、彼女は組長の部下に捕まってしまう。組長に違法薬物を飲まされたキミカ捜査官は、バイブと電マで責められてしまう。傷ついた夫の前でキミカ捜査官は、組長と部下に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、油断した部下が夫に倒され、不測の事態に驚く組長に銃を突き付けるキミカ捜査官だった。

本物ヒールプロレスラー
魔虎魅 悪ぶってても
お前処女だろ!!
妊娠孕ませ生中出し
10連発デスマッチ!!
※該当シーンのみレビュー
○女子ヒールプロレスラーのマコミを迎えた変則マッチ。対戦相手は、プロレスに関しては素人に近い覆面レスラーと、スキンヘッドのヘビー級レスラーのタッグ。
◆覆面レスラーとヘビー級レスラーのセクハラ攻撃に対し、果敢に立ち向かうマコミだったが、スタミナ切れとなってリングのコーナーに追い詰められてしまう。ヘビー級レスラーに、乳房と秘部を責められたマコミは、抵抗出来なくなり、フォールされてしまう。敗北したマコミは、対戦したレスラーたちを含む、数人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密女捜査官
〜魔淫に溺れし
孤高のエージェント〜
○ある化学者がテロリストに拉致されてしまう。化学者の娘であるカオリ捜査官は単身、ラバースーツ姿で銃を片手に、敵のアジトへ潜入した。
◆激しい銃撃戦でテロリストたちに立ち向かうカオリ捜査官だったが、催涙ガスで動きが鈍り、囚われの身に。手錠で後ろ手に拘束されたカオリ捜査官は、男に辱しめられてしまう。大の字に吊るされたカオリ捜査官は、因縁のあるテロリストのボスに電マとバイブで責められた挙げ句、射殺されてゲームオーバー。そう、ここはゲームの世界だったのである。カオリ捜査官は、制服姿で再スタート。今度は、見張りを倒し、父親を連れて逃走を試みるカオリ捜査官だったが、倒された見張りの男が、最後の気力を振り絞って放った銃弾が父親に命中してしまい、彼女は囚われの身に。男たちに囲まれたカオリ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。眠らされたカオリ捜査官は、テロリストのボスに媚薬を射たれてしまう。媚薬の力に屈したカオリ捜査官は、テロリストのボスに辱しめられた末にゲームオーバーとなってしまう。カオリ捜査官は、ブラウス&タイトスカート姿で再スタート。今度は、無事に父親を連れてアジトの外へ逃げ出し、二人の捜査員と合流。しかし、彼らは裏切り者だった。逃げ場を失ったカオリ捜査官は、囚われの身に。ベッドに連れて来られたカオリ捜査官は、二人の裏切り捜査員たちに輪姦されてしまうのであった。

女捜査官、堕ちるまで…
○何かの事件に巻き込まれた同僚の行方を追っているナオミ捜査官だったが、今日も手掛かりが掴めずにいた。
◆自宅に戻ったナオミ捜査官は、上司からの電話で、現場から同僚捜査官が辱しめられた痕跡が見つかったことを知らされる。ベッドで眠りに就いたナオミ捜査官だったが、物音に気づいて各部屋をチェックする。寝室に戻ったナオミ捜査官は、不法侵入した男に襲われた挙げ句、銃を奪われてしまう。不法侵入者の言葉から、彼が同僚捜査官を拉致して辱しめた挙げ句殺害した犯人だと判明したが、ナオミ捜査官は銃を突き付けられていた。猿ぐつわをされ、手錠で後ろ手に拘束されたナオミ捜査官は、殺害犯に辱しめられてしまう。手錠で両手を拘束されたまま、居間に連れて来られたナオミ捜査官は、オナニーとイラマチオを強要された挙げ句、再び辱しめられてしまう。一戦を交えた後、殺害犯のケータイが鳴る。話の内容から、殺害犯はケータイの相手から指示されて行動しているようだった。ケータイの相手の対応に苛立った殺害犯は、テーブルの上に銃を置いてケータイの相手に怒りをぶつける。隙を突いて銃を奪い返したナオミ捜査官は、殺害犯の肩を撃って逮捕した。それから2年後。最高裁で、殺害犯の判決が出る日が訪れたが、共犯者の正体は依然として掴めずにいた。上司と合流したナオミ捜査官は、殺害犯を最高裁に連行しようとしていた。殺害犯と共に車に乗り込んだナオミ捜査官だったが、上司が仲間の捜査官に発砲し、彼女は拉致されてしまう。実は、共犯者の正体は上司だった。裏組織と繋がりがあった上司は、多額な報酬を得る代わりに、女捜査官に執着する殺害犯にターゲットを紹介していたのであった。天井から両手を吊るされたナオミ捜査官は、殺害犯に身体を弄ばれてしまう。拘束を解かれたナオミ捜査官は、殺害犯に辱しめられた挙げ句、肩を撃たれてしまう。激しい痛みに襲われたナオミ捜査官は、強力な鎮痛剤という上司の言葉を信じて、与えられたカプセル剤を飲んでしまう。しかし、それは強力な媚薬だった。全裸で、ベッドの上に大の字の形で拘束されたナオミ捜査官は、上司に辱しめられてしまう。椅子に乳房縛りとM字開脚状態で緊縛拘束されたナオミ捜査官は、ローターとバイブで責められてしまう。椅子からベッドに移されたナオミ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。媚薬と調教で、快楽の虜となったナオミ捜査官は、快楽を欲して、自らオナニーをしてしまう。もはや性奴隷と化したナオミ捜査官は、殺害犯と上司に輪姦されてしまうのであった。

レイプ狂い
○人手不足の警察署に配属されたキャリア組のエリート捜査官であるアカリ。逮捕した被疑者の取り調べを頼まれたアカリ捜査官は、今回の実務が初めてあり、被疑者は暴力組織の男だった。
◆取調室で単身、被疑者の目の前で調書を書いていたアカリ捜査官だったが、被疑者に鉛筆を奪われてしまう。首筋に鉛筆を突き付けられたアカリ捜査官は、被疑者に辱しめられた挙げ句、逃げられてしまう。自分に屈辱を与えたレイプ犯を捕まえる為、アカリは潜入捜査官となり、レイプ犯の行方を掴む為に暴力組織のフロント企業に狙いをつけた。フロント企業の社長秘書の面接を受けるアカリ捜査官だったが、彼女を潜入捜査官だと疑う面接官に辱しめられてしまうが、なんとか採用される。社長室に呼ばれたアカリ捜査官は、社長に命じられるままフェラや、全裸となって辱しめられてしまう。一戦を交えた後、社長が退室した隙にアカリ捜査官は、資料を物色した結果、レイプ犯の潜伏先が判明した。銃を片手に建物の地下室を探るアカリ捜査官は、とうとうレイプ犯を発見する。レイプ犯の顔に銃を突き付けたアカリ捜査官だったが、背後から近づくレイプ犯の弟分に気を取られてしまい、銃を奪われてしまう。立場が逆転したアカリ捜査官は、レイプ犯と弟分に輪姦されてしまうのであった。

LOVE FINAL
○過去に、不正な書類から社員の横領を暴いた実績で、社内の悪事を捜査する特命内部調査員に任命されたOLのマユカ。前作で、社員の中にいる連続婦女レイプ魔の逮捕を命じられたマユカは、身体を張って容疑者たちを捜査するが、一番怪しい男は、同じ特命内部調査員だった。だが、彼の情報から、レイプ魔の次のターゲットは、マユカ自身だと判明した。不安を感じたマユカは、自宅を訪ねてきた彼氏と、風呂場で抱き合う。
◆翌日、裏仕事の同僚から、あとで被害者の女性から、マユカのケータイに連絡が入ると言われたが、その話を誰かに聞かれてしまう。二人で非常階段を駆け上がり、不審者を追うが、逃げられてしまう。夕方、再び打合せをする約束をしたマユカは、仕事に戻る。仕事中、マユカのケータイに被害者からの電話が。給湯室に場所を移したマユカは、ケータイ越しに事件の詳細や犯人の特徴を聞き出し、被害者に犯人逮捕を誓うが、その事を何者かに聞かれてしまう。席に戻ったマユカは、聞き出した犯人の特徴をメモ用紙に書き出すが、あまりにも情報が少ないので、書いたメモ用紙をゴミ箱に捨てて帰宅。だが、その捨てたメモ用紙を、何者かが拾い上げた。翌日、仕事中にちょっと席を外すマユカだったが、彼女の飲み物に、何者かが薬物を混入する。何も知らずに飲み物を口したマユカのケータイに、彼氏から帰りが遅くなると連絡が入る。突然、異常な睡魔に襲われ、仕事に支障をきたしたマユカは、仕方なく早退する。ふらつきながらも、なんとか帰宅したマユカだったが、鍵を架ける余裕も無く、とうとう爆睡してしまう。そこに、ビデオカメラを持った男が侵入。爆睡したまま服を脱がされ、乳房と秘部が露にされたマユカは、口の中に肉棒を押し込まれ、その姿を撮られてしまう。翌朝、スーツ姿のまま、何も知らずにベッドで目覚めたマユカの隣では、いつの間にか帰ってきた彼氏が寝ていた。その頃、早朝の会社では、レイプ魔の手掛かりを掴んだ裏仕事の同僚が、マユカに連絡を取ろうとするが、何者かに背後から殴り倒されてしまう。まだ体調が戻らないマユカは、仕事に向かう彼氏を玄関で見送ったあと、ドアの新聞受けにDVDが投函された事に気づく。再生したDVDには昨夜、爆睡中に撮影された、マユカの姿が映し出され、同封されていたメモ書きには、「この映像をばらまく」と書かれていた。恐怖に駆られたマユカは、ドアの鍵をかけようとしたが一歩遅く、レイプ魔の侵入を許してしまう。レイプ魔の正体は、マユカと同じ職場にいるイケメン社員だった。痴態映像で脅迫されたマユカは、全裸でオナニーを強要されてしまい、電マで責められてしまう。仕事を終え、戻ってきた彼氏の前には、猿ぐつわと手錠で拘束されたマユカの姿があった。何かを必死に訴えようとするマユカだったが、彼氏は背後からレイプ魔に殴り倒されてしまう。両手を手錠で拘束された全裸のマユカは、縛られた彼氏の前で、レイプ魔に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、辱しめられるマユカの姿に興奮している彼氏の股間に気づいたレイプ魔は、拘束を解いてマユカにフェラをさせる。疲れてベッドで寝ている二人を残し、キッチンでひと息つくレイプ魔だったが、突然の停電で室内が闇に包まれた瞬間、レイプ魔の悲鳴が聞こえ、再び明かりが灯ると、気絶したレイプ魔が縛り付けられていた。翌朝、出社したマユカは、拘束されていた裏仕事の同僚を救出すると、レイプ魔を無事に逮捕したことと、今回仕掛けたトラップを説明した。実は、彼氏役の男は、マユカが雇ったアルバイトであり、彼と過ごしたマンションの一室も、レイプ魔を誘い込む罠だったのである。こうして事件を解決したマユカは、新たな指令を受け取るのだった。

童貞泥棒
チェリーキャッツ
凌辱編
『バッコンバッコン
大乱交スペシャル』
○20XX年。童貞から放たれる優秀な精子を狙う三姉妹がいた。その名は、「童貞泥棒チェリーキャッツ」前作では、童貞たちに襲いかかり、見事に優秀な精子を収集していた彼女たちだったが突然、謎の組織に拉致されてしまう。
◆両手を吊るされた、黒パンティ一枚だけの三姉妹は、三人の男たちに身体を弄ばれた挙げ句、電マで責められてしまう。別室のベッドに連れて来られたサワは、ディルドとバイブで責められてしまう。両手は首輪付きの拘束具、さらに両足も拘束され、別室で立たされたハナは、二本のスティックローターで責められてしまう。別室で、後ろ手に拘束されたホナミは、複数のローターで責められてしまう。それぞれ、別々の鉄格子に監禁されていた三姉妹は、六日後に監獄島へ連行される。グレーのタンクトップ&パンティ姿で集められた三姉妹は、五人の仮面男たちにイラマチオを強要された末に輪姦されてしまう。調教された三姉妹は、自ら望んで男たちに抱かれていくのだった。

イキ我慢選手権
※該当シーンのみレビュー。アドリブドラマです。
○アドリブ捜査官ツカサ〜イキガマン責苦のミッション〜
◆単身、黒いライダースーツ姿でアジトに潜入したツカサ捜査官だったが、あえなく捕まってしまう。両手を首の後ろで拘束され、ソファーに座らされたツカサ捜査官は、ローターと電マで責められてしまう。拘束を解かれ、ベッドに連れてこられたツカサ捜査官は、電マで責められるが絶頂寸前で散々焦らされた挙げ句、男に辱しめられてしまうのであった。

囚われの
人妻アナル捜査官
○夫婦揃って正義を守る人妻捜査官のシホ。ある日、巨大麻薬組織の捜査に向かった夫が、クスリ漬けにされた末に廃人同然の姿でシホの前に現れると息を引き取った。復讐を誓ったシホは、巨大麻薬組織に新入り「運び屋」として潜入したのだが…。
◆教育係にベッドへ連れてこられたシホ捜査官は、薬物の隠し場所として、秘部とアナルを調べられた末に、アナルを辱しめられてしまう。運び屋の仕事を続けて信頼を得てきたシホ捜査官は、立ち入り禁止の物置部屋で証拠となる薬物入りコンドームを発見するが、幹部と部下が近づいてきたので、とっさにアナルの中に隠す。その場を誤魔化そうとするシホ捜査官だったが、アナルに隠した薬物が、彼女の下半身を刺激する。薬物の在庫を調べられたシホ捜査官は、意識朦朧になりながらも、幹部が彼女の素性を知っていたことに驚愕する。実は、夫のケータイによって、シホ捜査官の正体は最初から知っており、在庫の麻薬入りコンドームに罠が仕掛けられていたのである。下着姿で監禁されたシホ捜査官は、見張りの男にイラマチオを強要されてしまう。応接室に連れてこられたシホ捜査官は、幹部と部下に輪姦されてしまうのだった。

ハニートラップ
○女体を駆使して任務を遂行する女スパイのジェシカ。そんな彼女の新たな任務は、拉致された研究員の奪還。彼は、革新的な新薬を開発したので狙われたのである。
◆誘拐の実行犯を尾行するジェシカ。バーで酔いつぶれる誘拐犯を誘惑するジェシカは、物陰に誘い込むとフェラと手コキで油断させて、彼のケータイを入手して事件前後に連絡した相手を特定した。ピザの宅配人を装い、指令を出したマンションの一室で応対に出た若者にジェシカは、おつりを忘れた代償に抱いてあげた末に手掛かりを掴んだらしい。拉致を依頼した製薬会社に、就職の面接として現れたジェシカは、応対に現れた警備員を誘惑し、フェラした好きに鍵の束を盗み取る。立ち入り禁止の札が掛かった部屋を見つけたジェシカだったが、そこに社長が通りかかる。社長室で、社長じきじきに面接を受けるジェシカは、差し出された飲み物を口にする。実は、ジェシカが口にした飲み物には、拉致された研究員が開発した強力な媚薬が含まれており、彼女の正体も暴かれていたのである。媚薬効果で発情したジェシカは、社長に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、薬物で堕ちたはずのジェシカは、社長を拘束する。実は、飲み物を口にしたジェシカは、隙を見て別の容器に吐き出していたのである。無事に研究員を奪還したジェシカは、ホテルの一室で彼を抱いてあげるのであった。

狙われた
キャンパス探偵
○表向きは、婚約者とラブラブな女子大生のセイラ。だが、彼女の裏の顔は探偵だった。今回は、小さな不動産会社社長から、妻の浮気調査を依頼された。
◆婚約者と一夜を共にした翌日、妻の尾行を開始したセイラは、遠方にあるビルの屋上から、浮気現場を録画撮影しながら興奮してしまい、思わずオナニーしてしまう。依頼主に結果を報告したセイラだったが、逆上した依頼主に襲われそうになるが、なんとかなだめる。依頼主は、浮気現場に向かい、探偵を使って事実を掴んだと凄むが、妻は動揺もせずに夫をあしらい、退散させる。入浴中のセイラに電話があり、婚約者から会社をクビにされたと伝えられ、怒りを買ってしまう。実は、妻の浮気相手の男は、セイラの婚約者が勤めていた会社の社長であり、彼も探偵を雇ってセイラにたどり着いたのである。翌日、依頼主から妻と離婚すると伝えられたセイラは、思わず婚約者との一件を話してしまい、傷ついた者同士で思わず抱き合ってしまう。何者かに覗かれていることも知らずに。さらに翌日、道路沿いを歩いていたセイラは、何者かに拉致されてしまう。高級マンションの一室に連れてこられたセイラは、後ろ手に縛られており、そこには妻がいた。身動き出来ないセイラは、二人の男たちに身体を弄ばれ、喘ぎ声を婚約者にケータイ越しで聴かれてしまう。そこに、妻の浮気相手と婚約者が、依頼主を連れて現れる。婚約者を前にしてセイラは、依頼主に辱しめられてしまう。ベッドに連れてこられた全裸のセイラは快楽の虜となり、妻の浮気相手に辱しめられてしまうのであった。

黒人巨大マラ
VS 高橋美緒
汚された潜入捜査官
○黒人ドラッグ密売組織が溜まり場にしているバーに客として潜入した女捜査官のミオ。
◆密売組織の男を誘惑しようとしたミオ捜査官だったが、男たちに怪しまれてしまい、イラマチオを強要されてしまう。男たちが満足した隙に逃走するミオ捜査官だったが、独りの男のポケットに手紙を忍ばせる。手紙を渡した男と待ち合わせしたミオ捜査官は、アジトに誘われる。誘惑しようとしたミオ捜査官だったが、そこに三人の男たちが現れる。罠と気づいたミオ捜査官だったが既に遅く、男たちに輪姦されてしまう。監禁されたミオ捜査官は、首輪で繋がれてしまい、ディルドオナニーを強要された挙げ句、鼻フックしたままで犬のように食事させられてしまう。男が持参したドラッグを飲まされたミオ捜査官は、我慢しきれずにフェラとパイズリで奉仕してしまうが、満足した男に彼女は耳打ちする。組織のリーダーの前に現れたミオ捜査官は、内部分裂を狙って耳打ちした男をリーダーに襲わせるが、撃退されてしまう。最後の賭けに負けたミオ捜査官は、リーダーを誘惑して抱かれるのであった。

女捜査官、堕ちるまで…
○検挙率No.1の凶悪犯罪地区保安支部で女性捜査官盗撮疑惑があり、その為の潜入捜査を任された女捜査官ユイ。
◆凶悪犯罪地区保安支部に配属されたユイ捜査官だったが、そこは男尊女卑の思想が凝り固まっていた。相棒の男性捜査官と共に連続強姦魔を追うユイ捜査官は、格闘の末に強姦魔の身柄確保に成功するが、何故か相棒が射殺してしまう。実は、ここの保安支部では、法で裁ききれない犯罪者を彼らの判断で抹殺していたのである。内勤専門にされてしまったユイ捜査官だったが、逆にこれを利用して各部屋に仕掛けられた隠しカメラを確認する。ベテラン捜査官から内部捜査の協力を得られたユイ捜査官は、彼から証拠映像が入ったディスクを受け取るが、刑事部長と相棒に見つかり、銃を突き付けられてしまう。シャワー室に連れてこられたユイ捜査官は、相棒にイラマチオを強要されてしまい、保健室のベッドで辱しめられてしまう。両手を手錠で拘束され、M字開脚状態にされたユイ捜査官は、バイブで責められた末に痴態を撮られてしまう。拘束を解かれたユイ捜査官は、ベテラン刑事の命を救う代わりに、服従を誓わされ、刑事部長に辱しめられてしまう。一戦を交えた後も休む暇もなく、若手捜査官二人に輪姦されてしまう。放心状態のユイ捜査官の前に、人質だったはずのベテラン刑事が現れる。最初から罠だったことに気づいたユイ捜査官だったが既に遅く、ベテラン刑事にも辱しめられてしまうのであった。

おばさん捜査官は
見た!
〜違法生肉・
闇取引の真相編〜
○見た目は普通のおばさんだが、その正体は凄腕女捜査官ユウコ。彼女に与えられた任務は、表向きは普通の精肉業者だが、実態は「違法生肉売買組織」を摘発する証拠を掴むことだった。
◆組織がアジトとして使っている屋敷に、家政婦として潜入したユウコ捜査官。家政婦の仕事をしながら内部調査をしていたユウコ捜査官は、組織のボスが収納庫に保管した内部資料を盗み読みすることに成功する。失敗続きで落ち込む若手社員を女体を駆使して励ましたユウコ捜査官は、違法生肉の保管場所を聞き出すことに成功する。違法生肉の隠し場所は、意外にも屋敷内の冷蔵庫に隠されている事が判明した。キッチンにある冷蔵庫から違法生肉を発見したユウコ捜査官だったが、そこへボス直属の部下が現れる。実は、屋敷内には各部屋に盗聴器と隠しカメラが、更に冷蔵庫の扉には、センサーが仕掛けられていたのである。正体を見破られたユウコ捜査官は、応接室に逃げ込むが、追いかけてきた直属の部下に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、直属の部下が居なくなった隙にユウコ捜査官は、フラフラになりながらもキッチンに戻り、冷蔵庫のコンセントを抜いた。監禁されたユウコ捜査官は、ボスに銃を突き付けられ、辱しめられてしまう。一戦を交えた後、違法生肉で勝利の祝杯をあげるボスだったが、突然苦しみだす。このチャンスを待っていたユウコ捜査官は、銃を奪い返してボスに突き付ける。冷蔵庫のコンセントを抜いて、違法生肉を食中毒に導いたユウコ捜査官の策略による逆転勝利だった。

爆乳くノ一
ムッチリ忍法帖
〜不伊知流女忍者
・美月&ゆり〜
○忍者たちを操り、悪事を働く首領の抹殺を命じられた女忍者のミツキとユリ。
◆首領の居場所を探る為、屋敷周辺を探るミツキとユリだったが、忍者たちに見つかってしまう。襲いかかる忍者たちを斬り倒し、逃走するミツキとユリだったが、不注意で武器を手放した瞬間、一人の忍者に刀を突き付けられてしまう。ピンチに陥ったミツキとユリは、忍法で敵の動きを封じると、フェラとパイズリで首領の居場所を聞き出した末に昇天させる。夜の屋敷に潜入した全身タイツ姿のミツキとユリは、温泉に浸かる首領の姿を見つける。首領の背後に迫ったミツキとユリだったが、気配を察した忍者たちに囲まれ、囚われの身に。乳房縛りで拘束されたミツキとユリは、刷毛と電マで責められてしまう。台の上に張り付けにされたユリは、秘部に媚薬を刷り込まれ、ディルドで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。後ろ手に拘束されたユリは、忍者に辱しめられてしまう。一方、後ろ手に拘束されたミツキは、秘部に媚薬を刷り込まれた末に、三角木馬に股がり、ディルドで責められてしまう。三角木馬から降ろされたミツキは、忍者に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、隠し持った手裏剣で忍者を倒したミツキは、ユリの救出に向かう。猿ぐつわと緊縛で拘束されたユリを見つけたミツキは、彼女の拘束を解こうとしたが、それは首領の罠だった。天井から投じられた網で動きを封じられたミツキとユリは、首領から媚薬を浴びせられてしまう。媚薬効果で発情したミツキとユリは、首領に辱しめられてしまうが、最後は忍法で首領を抹殺して逆転勝利。

本物美少女柔道家、
ナマ中出し15連発を
かけたレイプ死合!
身長153cmだけど
二段で処女しかも
Gカップ!
※該当シーンのみレビュー
○負け越したら輪姦される条件で5人の男と試合をすることになった美少女柔道家のミサト。
◆対戦相手は、白帯が2人と黒帯が3人。白帯の2人は、正々堂々の勝負で倒したミサトだったが、黒帯の3人は彼女の性感帯を狙ってきた。快楽攻撃に屈し、黒帯3人に負けてしまったミサトは、電マで責められた挙げ句、男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密潜入捜査官
板垣あずさ
凌辱拘束尋問アクメ
○一度見たものを全て記憶する能力に特化し、全ての機密情報を脳内に蓄積している潜入捜査官のアズサは、上司でもある父親の指令で、闇組織のアジトに潜入し、情報を覗いた彼女は驚愕した。その内部情報には、アズサ捜査官が所属する捜査本部と闇組織が、裏で繋がっている証拠だった。
◆捜査本部の黒い噂について話していた父親を心配し、本部に戻ったアズサ捜査官は、背後から男に銃を突き付けられてしまう。瞬時に振り向き、お互いに銃を突き付けあうアズサ捜査官だったが、父親の居場所を知るために銃を手放す。他に武器を隠し持っていないかと疑われたアズサ捜査官は、ほぼ全裸となったが、さらに秘部の中まで調べられてしまう。男を誘惑し、我が身を差し出したアズサ捜査官は、一戦を交えたあとに父親の居場所を聞き出すと、密かに奪い返した銃で、男を射殺する。ラバースーツ姿で父親が監禁されている場所に潜入したアズサ捜査官だったが、あっさりと捕まってしまう。彼らの目的は、アズサ捜査官が記憶している全ての機密情報だった。両手を吊るされたアズサ捜査官は、バイブと電マで責められてしまう。父親に会わせるという言葉を信じて、目隠しされたアズサ捜査官は、台の上に寝かされた男に対して、指示通りに口で奉仕する。強制的に台の上の男に股がり、腰を動かされたアズサ捜査官は突然、目隠しを外されると驚愕した。自分が股がった相手は、猿ぐつわを噛まされ、台の上に拘束された父親だった。銃を突き付けられたアズサ捜査官は、脅された父親に辱しめられてしまう。ドラッグを射たれ、首輪で繋がれたアズサ捜査官は、禁断症状に耐えられず、男たちにイラマチオを強要されてしまう。ドラッグ漬けとなり、逆らう気力を失ったアズサ捜査官は、2人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

スーパーボディ
×ピタコス
SPECIAL
※該当シーンのみレビュー
◇くノ一
○秘宝を手に入れる為に城に忍びこんだ……と、思っていたくノ一のヒトミだったが……。
◆天井裏から落ちてしまい、二人の男たちに縛られてしまったヒトミは、ここが温泉宿であると、二人の宿泊者から説明される。身動き出来ないヒトミは、電マで責められた挙げ句、二人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

クリムゾン×
ムーディーズ
クリムゾンローズ
エリカ編
○「痴漢撲滅団体ROSE」。その実態は、美貌と肉体に誘発された痴漢を脅し、示談金をせしめるという悪魔のような美女集団である。その中でも抜群のスタイルでラバースーツ姿のエリカは、今日も痴漢から示談金をせしめていた。謎のメガネ男が全て見ていたことを知らずに。
◆再び電車に乗り、痴漢を誘発するエリカだったが、謎のメガネ男の手によって乳房が露になってしまう。大胆に痴漢の責めにペースを崩されたエリカは、豊満な乳房を弄ばれてしまう。やっと駅に到着すると、いつものペースを取り戻したエリカは、痴漢である謎のメガネ男を連れ出した。誰もいない場所で許しを請う謎のメガネ男から提出した財布を調べたエリカだったが、中身は空だった。訳が分からず、謎のメガネ男を問い詰めるエリカだったが、逆に淫乱願望を指摘され、動揺してしまう。心に隙が生まれたエリカの額に、謎のメガネ男が思念を送り込む。そう、謎のメガネ男は超能力者だったのである。抵抗する気力を失ったエリカは、超能力者に辱しめられてしまう。この敗北によりエリカは、封印していた忌まわしい過去を思い出していた。それは2年前。建設会社のOLだったエリカは、職場で上司に痴漢された挙げ句、辱しめられていたのである。その忌まわしい記憶を超能力者に見られているとも知らずに。今度は、ラバーワンピース姿で電車に乗り込み、いつもの通りに誘発された痴漢を連れ出したエリカだったが、それは超能力者の罠だった。両手を吊るされたエリカの周囲に集まった男たちは、彼女に示談金をせしめられた被害者だった。身動き出来ないエリカは、電マとバイブで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。超能力者により理性を失ったエリカは、囮となった男に辱しめられた末に、被害者たちに輪姦されてしまうのであった。

W
美しき暗殺者
○最強の暗殺組織が所有する洗脳マシンによるマインドコントロールを受けて冷徹なスナイパーとなったアキホは、組織の情報を売っている裏切り者を抹殺する為、敵のアジトに潜入したのだが……。
◆アキホが目撃した事実は違っていた。裏切り者と思われていた男は、妹のユマを人質に取られていたのである。敵を倒したアキホは、組織から兄妹の抹殺を命じられるが、兄を守ろうとするユマの姿を見て情を取り戻す。拘束されたユマを解放しようとしたアキホだったが、組織の閃光弾で撹乱し、スタンガンで気絶してしまう。手錠で後ろ手に拘束されたアキホと兄の目の前で、ユマが男に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、兄は射殺。組織は、ユマを拉致すると、アキホをその場に残して、敵アジトを爆破した。組織は、拉致したユマを洗脳と戦闘訓練により、3年の月日を経て、組織一の新たな女スナイパーに仕立てていた。爆死したと思われたアキホは、爆破から逃れて生きていた。洗脳から解放されたアキホは、3年前に公安刑事の協力者を装い、抱かれた末に抹殺した記憶を取り戻していた。3年前、救いの手を差し伸べてくれた医師の診察を受けたアキホは、病院内に響く銃声を耳にする。実は、暗殺組織のターゲットが、病院に立て籠り、ユマが突入したのである。診察室に乗り込んだユマが見たものは、人質になった医師たちと、女に銃を突き付けるターゲットの姿だった。人質もろともターゲットを抹殺せよとの命令に躊躇するユマの目の前で、銃を突き付けられた女がターゲットを投げ飛ばして、人質だった医師たちを逃がした。そう、彼女はアキホだったのである。ユマの洗脳を解くために彼女に立ち向かったアキホだったが、組織の男に拉致されてしまう。だが、アキホの策略通りに、消されたはずのユマの記憶に変化が表れだしていた。組織のアジトに連れ戻されたアキホと、抹殺命令に躊躇したユマは、両手を吊るされ、媚薬を射たれた挙げ句、バイブと電マで責められてしまう。拘束を解かれたアキホとユマは、男たちにイラマチオを強要されてしまう。再び洗脳マシンに掛けられたアキホは、見張りの男を誘惑するが、洗脳されていなかった。見張りの男を倒し、ユマを助けようとしたアキホだったが、洗脳が解けていないユマが襲いかかってきた。激しい乱闘の末に体力を使い果たしたアキホとユマは、お互いの実力を認めあった。しかし、そこに男性スナイパーが登場。二人が立ち向かうが歯が立たず、二人は彼のベッドに連れて行かれる。疲労困憊のアキホとユマは、男性スナイパーに辱しめられてしまう。一戦を交えた後、隙が生まれた男性スナイパーは、彼女たちに射殺される。捕まえたアキホを組織に差し出すユマ。男たちに囲まれたアキホとユマは、彼らに輪姦されてしまう。一戦を交えた後、アジト内で爆発が起きる。そう、これは彼女たちの策略だった。アキホとユマは武器を奪い、アジトを殲滅するのだった。

秘密女捜査官
〜淫獄に堕ちた哀しき
巨乳エージェント〜
○新型兵器の開発者がテロリストに拉致されてしまった。開発者の娘である女捜査官のツバサは単身、ラバースーツ姿で敵のアジトに潜入した。これはゲームの世界である。
◆激しい銃撃戦となったアジトの中でテロリストたちに立ち向かうツバサ捜査官だったが、催涙ガスで意識を失い、囚われの身に。ベッドに大の字の形で拘束されたツバサ捜査官は、男に辱しめられてしまう。両手を吊るされたツバサ捜査官は、電マとバイブで責められた末に銃殺されてゲームオーバー。ミニスカ制服姿で再挑戦したツバサ捜査官は、鉄格子に立ち塞がる見張りの男たちを倒し、父親と共に逃走を図る。だが、倒された見張りの男が最後の気力で放った銃弾が父親を直撃し、ツバサ捜査官は囚われの身に。男たちに囲まれたツバサ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。鉄格子の中のベッドで眠るツバサ捜査官は、男に媚薬を射たれてしまう。媚薬効果で発情したツバサ捜査官は、男に抱かれた末に射殺されてゲームオーバー。白いブラウス&ミニスカ姿で再挑戦したツバサ捜査官は、無事に父親を連れてアジトから脱出に成功する。だが、そこには裏切り者の後輩捜査官二人が待ち構えており、ツバサ捜査官は囚われの身に。ベッドに連行されたツバサ捜査官は、裏切り者の二人に輪姦されてしまうのであった。

触手に溺れて―
女捜査官、
闇に葬られた真実
○とある病院では、入院患者が緑色の粘液を残して姿を消す、謎の連続失踪事件が起きていた。捜査官のユカは、上司と共に事件を追っていた。医師への事情聴取は上司に任せたユカ捜査官は、協力的なナースから夜間に病院の地下から怪音が聴こえるとの情報を得る。鑑識からは、緑色の粘液は、天然の媚薬だと判明する。
◆上司から、何故か捜査を外されたユカ捜査官は、単身で夜の病院に潜入する。銃を片手に地下フロアを探っていたユカ捜査官だったが、医師に見つかり、咄嗟に銃を後ろに隠して、その場を誤魔化そうとするが、銃を奪われてしまう。医師に銃を突き付けられたユカ捜査官は、何かを隠していないかと疑われ、服を脱ぐことを強要されてしまう。全裸となったユカ捜査官は、デジカメのフラッシュと、突然現れた男に驚く。脅迫するネタとしてユカ捜査官の裸体を撮ったのは、彼女の上司だった。上司と医師から′アレ′について何処まで知ったかを問われたユカ捜査官だったが、彼女は答えられる訳が無かった。追い詰められたユカ捜査官を救ったのは、警備員を連れた、協力的なナースだった。翌日の昼間、協力的なナースからユカ捜査官に連絡があり、裸体を撮ったデジカメの隠し場所の情報を得る。その夜、再び病院に侵入したユカ捜査官は、裸体を撮られたデジカメと被害者リストを入手する。そこに協力的なナースが現れ、医師が来るので地下フロアへ逃げるように勧められる。銃を片手に地下フロアを探っていたユカ捜査官だったが、左足に触手が巻き付き、ある部屋に引きづり込まれてしまう。身動き出来ないユカ捜査官は、露にされた乳房と秘部を触手で責められてしまう。粘液まみれとなったユカ捜査官は、快楽に耐えながら、なんとか逃げだした。デジカメと被害者リストをその場に残したままで。自宅でシャワーを浴びていたユカ捜査官は、触手で味わった快楽が忘れられずに、思わずオナニーをしてしまう。忘れ物を思い出したユカ捜査官が協力的なナースに連絡を取ると、それはナースステーションで預かっているという。再び病院に戻ったユカ捜査官は、ナースステーションで、協力的なナースの正体を知る。彼女の正体は、触手の宿主だった。新たな宿主に選ばれたユカ捜査官は、無数の触手で責められてしまう。翌朝のナースステーションには、放心状態のユカ捜査官と、名札付きのナースの服だけが残されていた。そのまま入院したユカ捜査官のお腹には、新たな生命が宿っていた。

触手アクメ 13
○世は戦国時代。戦乱に紛れて邪悪な触手生命体「うつぼ丸」が黒巫女タマズサを連れて、密かに勢力を拡大していた。師範から命を受けた三人の女剣士、サクラ・ユイ・コトネが、「うつぼ丸」退治に向かったのだが……。
◆洞窟内で「うつぼ丸」と戦うサクラだったが、刀を奪われてしまい、辱しめられてしまう。快楽責めに墜ちかかったサクラだったが、加勢に現れたコトネに救われる。傷ついた「うつぼ丸」は、黒巫女タマズサの精力で回復する。敵の本拠地である屋敷を探索していたユイは、「うつぼ丸」の奇襲に遭い、触手責めの快楽に堕ちてしまう。黒巫女タマズサの隠れ家にたどり着いたコトネだったが、触手責めの反応で、処女だと気づかれてしまう。完全に拘束された処女のコトネは、触手によって散らされてしまうが、気力を振り絞って本体を攻撃。だが、黒巫女タマズサの妖術により、逃げられてしまう。敵の本拠地である屋敷にたどり着いたサクラだったが、ユイに拉致されてしまう。完全に拘束されたサクラは、触手責めの快楽に堕ちてしまう。敵の本拠地で「うつぼ丸」に立ち向かうコトネだったが、ユイとサクラによって捕まってしまう。全裸のユイ・サクラ・コトネの三剣士は、粘液まみれにされながら、触手責めにされてしまう。性器触手の快楽を一身に受けようとした黒巫女タマズサだったが、触手で絞殺されてしまう。「うつぼ丸」は、処女を奪ったコトネを選らんだのである。「うつぼ丸」に辱しめられたコトネだったが、最後の気力を振り絞って本体を倒すのだった。

被虐の女スパイ
○色仕掛けで近づいた闇組織のボスを銃殺した女スパイのマナミだったが、異変に気づいた男たちに捕まってしまう。
◆天井から吊るされたギロチン型拘束具で首と両手首を拘束されたマナミは、ローターと電マで責められてしまう。ベルト式ブランコに拘束されて吊るされたマナミは、宙に浮いた状態で男に辱しめられてしまう。分娩台に拘束され、鎖帷子を着せられたマナミは、高圧電流の激痛と電マ&バイブの快楽の連続責めで意識を失ってしまう。気絶したマナミの口に男は、錠剤媚薬を飲ませる。下着姿でソファーに寝かされていたマナミは、媚薬効果で発情して、オナニーをしてしまう。監視カメラで覗かれているとも知らずに。監視カメラで覗いていた男が、マナミの前に現れる。彼の正体は、本物のボスだった。そう、マナミが銃殺したのは影武者だったのである。事実を知ったマナミだったが、ボスに辱しめられてしまう。一戦を交えた後、銃を見つけて拾い上げたマナミがボスに銃を向けると、ボスも銃口をマナミに向けていた。このストーリーは、一発の銃声と共に終わった。

美人潜入捜査官
○ラバースーツ姿で敵アジトに潜入した女捜査官のミクニは、襲いかかってきた男を倒し、肉棒を弄ぶが……。
◆調子に乗りすぎたミクニ捜査官は、別の男に銃を突き付けられてしまう。立場が逆転したミクニ捜査官は、二人の男たちに輪姦された挙げ句、放置されてしまう。仲間の男性捜査官に救出されたミクニ捜査官は、自身の弱点を克服する特訓を決意し、復讐を誓う。両手を吊るされたミクニ捜査官は、電マ&バイブ責めの特訓を受ける。ベッドに連れて来られたミクニ捜査官は、男に辱しめられる特訓を受ける。OLとして潜入したミクニ捜査官は、一人目の復讐の相手をへし折る。二人目の男を拘束したミクニ捜査官は、彼の肉棒を弄び、身体を張って復讐を果たすのだった。

女捜査官が捕まって
絶頂拷問
※「潜入捜査官 愛来ゆう」は、本作品のアナザーストーリーとなっており、一部ストーリーがリンクしています。
○同僚の男性捜査官と共に犯人が隠れているアジトに潜入した女捜査官のシオリ。
◆隠れていた犯人に銃口を向けるシオリ捜査官だったが、同僚捜査官に銃を突き付けられてしまう。そう、犯人と同僚捜査官はグルであり、彼らの狙いはシオリ捜査官だったのである。椅子に縛り付けられて、痛め付けられるシオリ捜査官だったが、屈することは無かった。後輩のユウ捜査官を誘き出そうとシオリ捜査官のケータイで呼び出そうとしたが、連絡は取れなかった。暴力に屈しないシオリ捜査官だったが、強引に媚薬を飲まされてしまう。そう、彼らは快楽拷問に切り替えたのである。一本の竹にまたがった状態で縛られた裸のシオリ捜査官は、電マで責められてしまう。ひとつの拘束具で両手首と両足首を拘束された全裸のシオリ捜査官は、男たちからイラマチオを強要されてしまう。両手を後ろ手にされ、尻を突き出すように腰まわりを壁のような拘束具で固定されたシオリ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。便器のタンクに横顔を乗せて、尻を突き出す形で緊縛拘束された全裸のシオリ捜査官は、秘部を弄ばれた挙げ句、辱しめられてしまう。開脚状態で鉄パイプに拘束されたシオリ捜査官は、ローターにディルド、さらに電マで責められてしまう。片足を上げた状態で宙吊り緊縛されたシオリ捜査官は、犯人に辱しめられてしまい、乳房縛りでマットレスに降ろされて、さらに辱しめられてしまう。鉄格子で両手を吊るされたシオリ捜査官の前に、彼女を助けようとアジトに潜入して囚われの身となったラバースーツ姿のユウ捜査官が連行されてきた。ユウ捜査官は、媚薬を飲まされていた。全裸に開脚状態のまま、両手両足を手錠で拘束された二人の女捜査官は、電マで責められながら、イラマチオを強要されてしまう。拘束を解かれた二人の女捜査官は、二人同時に辱しめられてしまう。一戦を交えた後にシオリ捜査官は、二人の男たちが油断している間に二丁の銃を奪って、ユウ捜査官と共に逆転勝利。

潜入捜査官
※「女捜査官が捕まって絶頂拷問 神咲詩織」は、本作品のアナザーストーリーとなっており、一部ストーリーがリンクしています。
○予知能力ある女捜査官のユウは、先輩のシオリ捜査官を慕っていた。
◆ある朝、ユウ捜査官は、自身が鉄格子の中でイラマチオを強要される姿を予知してしまう。薬物レイプ魔が現れるというBARに客として潜入したユウ捜査官は、男性客がオーダーしたカクテルを差し出される。その時、超能力が発動したユウ捜査官は、男性客がカクテルに薬物を仕込む姿を予知する。この男性客がターゲットだと確証したユウ捜査官は、わざと敵の策略に乗って、意識を失ってしまう。目覚めたユウ捜査官は、ガムテープで口を塞がれ、両手両足をビニールテープ縛られて別室に横たわっていた。男が呼んだ仲間が来る前に事態を打破したいユウ捜査官は、わざとパンティを濡らして、口を塞いでいたガムテープを剥がさせる。男を誘惑したユウ捜査官は、後ろ手に拘束されたまま、フェラと手コキで奉仕して、拘束を解かせる。自由の身になったユウ捜査官は、彼女主導で抱いてあげる。一戦を交えたあと、ユウ捜査官は、男を手錠で拘束し、任務完了した。自宅に戻り、シャワーを浴びたユウ捜査官は、ケータイの着信を無視して眠ろうとしていた。それが、囚われの身となったシオリ捜査官のケータイからだとも知らずに。その後、超能力が発動したユウ捜査官は、快楽拷問を受けるシオリ捜査官の姿を予知する。ラバースーツ姿となったユウ捜査官は、銃を片手に予知能力で見た鉄格子に潜入するが、シオリ捜査官の姿は無かった。手掛かりを掴もうと現場を調べようとしたユウ捜査官だったが、男に銃を突き付けられてしまい、反撃を試みるが押さえ込まれてしまう。両手を吊るされたユウ捜査官は、乳房と秘部を弄ばれた挙げ句、辱しめられてしまう。再び、両手を吊るされたユウ捜査官は、目の前に現れた男を見て、イラマチオを強要された予知映像を思い出した。別室に連行されたユウ捜査官は、全裸で両手を吊るされたシオリ捜査官と出会う。全裸にされ、開脚状態で向かい合わせに座らされた二人の女捜査官は、双頭電マに喘ぎ、イラマチオを強要されてしまう。拘束を解かれた二人の女捜査官は、二人同時に辱しめられてしまう。一戦を交えた後にシオリ捜査官は、二人の男たちが油断している間に二丁の銃を奪って、ユウ捜査官と共に逆転勝利。

エロガキの時間
※該当シーンのみレビュー
◇[辺見麻衣 泥棒編]
○夜の邸宅に忍び込み、金品を求めて居間を物色するセクシーな女泥棒、マイ。ロフトから二人のエロガキが覗いていることも知らずに。
◆ロフトへ上がる螺旋階段を四つん這いで登るマイだったが、エロガキに挟み撃ちにされ、両手を縛られてしまう。ソファーに拘束されたマイは、大人たちを呼ばないことを条件に服従を誓わされる。逆らえなくなったマイは、スティックローターや電マ、さらにバイブで責められてしまい、逝かされた末に解放される。二人のエロガキが寝た頃を見計らって、マイが戻ってくる。自分だけが責められたのが許せないマイは、二人のエロガキと3Pするのだった。

スーパーボディ
×ピタコス
SPECIAL
※該当シーンのみレビュー
○不覚にも囚われの身となり、両手を吊るされたラバースーツ姿の秘密捜査官ユリア。
◆身動き出来ないユリア捜査官は、男から秘部に媚薬を塗り込まれてしまう。薬効で発情し、拘束を解かれたユリア捜査官は、男に辱しめられてしまうのだった。

バウンティハンター
復讐の決意
○過去に殺し屋らしき男に辱しめられ、その男への復讐を誓ってバウンティハンター(賞金稼ぎ)となったユキコ。そんな彼女へ、復讐相手の消息情報がもたらされた。
◆復讐相手が潜伏しているという日本最南端の島に到着したユキコは、地元の若い女性から袋詰めの揚げ菓子を貰い、人の優しさに触れる。島内を歩き回り、復讐相手を探すユキコだったが、空腹となり、先ほど頂いた揚げ菓子を食べると、激しい睡魔に襲われてしまう。目が覚めたユキコは、海岸に生えた木の枝に両手を吊るされており、彼女の目の前には、揚げ菓子をくれた女とアホな弟がいた。そう、これはアホな弟の欲望を満たすために姉が仕掛けた罠であり、揚げ菓子をあげたユキコを、姉弟が密かに尾行していたのである。身動きが出来ないユキコは、アホな弟に辱しめられてしまう。一戦を交えた後にユキコは、油断した姉弟を倒す。姉弟から逃れたユキコの前に突然、復讐相手が現れる。腕力で立ち向かうユキコだったが、復讐相手に首を絞められた末に気絶してしまい、拉致されてしまう。屋外で両手を吊るされたユキコは、秘部を弄ばれてしまう。小屋に連行されたユキコは、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。無人の採石場に連行されたユキコは、全裸で大の字に両手を吊るされてしまう。秘部や乳房を弄ばれ、拘束を解かれたユキコは、復讐相手に青姦されてしまう。最後は、油断した相手から銃を奪い、復讐を遂げるユキコだった。

秘密女捜査官
〜堕ちゆく誇り高き
美人エージェント〜
○ここはゲームの世界。特殊兵器の開発に関わっている父親がテロリストに拉致された女捜査官のミクは単身、敵のアジトに侵入した。
◆テロリスト相手に激しい銃撃戦を繰り広げるラバースーツ姿のミク捜査官だったが、身体の自由を奪うガス兵器によって、囚われの身に。手錠で後ろ手に拘束され、マットレスに寝かされたミク捜査官は、テロリストの幹部に辱しめられてしまう。両手を吊るされたミク捜査官は、男に電マとバイブで責められた挙げ句、処刑されてしまう。制服姿で再挑戦となったミク捜査官は、見張りを倒して父親を鉄格子から解放するが、倒された見張りが最後の気力を振り絞って撃ち放った銃弾が、父親に命中してしまう。瀕死の重傷となった父親の近くでテロリストたちに囲まれたミク捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。ベッドで熟睡する下着姿のミク捜査官の腕に、テロリストのリーダーは媚薬を注射する。異変に気づき、目覚めたミク捜査官だったが、媚薬効果で発情してしまい、テロリストのリーダーに辱しめられた挙げ句、処刑されてしまう。ミニスカ・ワンピース姿で再挑戦するミク捜査官は、無事に父親を連れて敵アジトから脱出するが、テロリストのスパイである制服姿の二人の捜査官が待ち伏せしていた。別室に連行されたミク捜査官は、二人に輪姦されてしまうのであった。

女捜査官、堕ちるまで…
―怨恨のアナルレイプ―
○海外の犯罪組織の日本進出を阻止するための秘密捜査組織「シャドーポリス」で凄腕女捜査官のレイコ。ある日、捜査関係者しか知らないレイコ捜査官のケータイに犯人から、拉致した女捜査官との取引を持ちかけられる。男性上司に相談するレイコ捜査官だったが、拉致された女捜査官が内通者だと疑い、協力を拒む。拉致された捜査官を信じるレイコ捜査官は、彼女に埋め込まれた特殊なGPS発信器を便りに単身、監禁場所に突入するが、拉致された女捜査官の姿は無かった。襲いかかる男をねじ伏せるレイコ捜査官だったが、背後からスタンガンで襲撃され、気絶してしまう。
◆両手を吊るされたレイコ捜査官は、二人の男たちに強力な利尿剤を飲まされ、今まで掴んだ捜査情報を吐かせるために電マで責められた結果、放尿してしまう。拘束を解かれ、ベッドに連行されたレイコ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまう。水や食事を与えられず、M字開脚状態で拘束されたまま、電マとローターで絶頂寸前まで責められるレイコ捜査官だったが、人質の命と引き換えに捜査情報を話してしまう。捜査情報を暴露したお礼として、レイコ捜査官は電マ責めで逝かされてしまう。全裸で首輪を繋がれたレイコ捜査官だったが、食事を持ってきた男の隙を突いて銃と服を取り戻し、人質が監禁されているという部屋に侵入したが、背後から筋肉弛緩剤を射たれてしまう。レイコ捜査官を襲ったのは、今回の黒幕であり、過去に彼女が壊滅させた麻薬組織のボスだった。全ては、自分を貶めるための罠だと知ったレイコ捜査官だったが、彼の協力者に驚く。それは、彼女の上司だった。レイコ捜査官が気を失った隙に、彼女の奥歯に仕込まれた特殊なGPS発信器を外されてしまう。強力な催淫剤を飲まされたレイコ捜査官は、三人の男たちに輪姦された末に、堕ちてしまうのであった。

秘密捜査官の女
美しき金髪エージェント
○某国で鍛えられ、現在は危険な存在として秘密組織の地下独房に監禁されている凄腕国際エージェントのティア。両親の顔も知らないティアを娘として育ててくれた博士が、テロリストに拉致されてしまった。秘密組織の研究にも関わっている博士を救出するために白羽の矢が立ったのが、ティアである。
◆鉄格子の中でトレーニングするティアの前に、看守が現れ、指令のために釈放が伝えられる。危険な物を隠し持っていないかと、身体検査と称してティアは、看守に辱しめられてしまう。秘密捜査官に任命され、博士の救出を命じられたティアは、心の支えである博士の救出を誓う。銃を片手にテロリストのアジトに潜入するティアだったが、博士を人質に取られて囚われの身に。手錠で後ろ手に拘束され、逆らうことも出来ないティアは、二人の男たちに輪姦されてしまう。両手を吊るされたティアは、電マとバイブで責められてしまう。疲労困憊で熟睡してしまったティアは、媚薬を射たれてしまう。薬効で発情してしまったティアは、テロリストのリーダーに辱しめられてしまう。助けるはずの博士に命懸けで助けられたティアだったが、彼女は心の支えを失ってしまう。任務失敗の報復と博士を失った贖罪としてティアは、秘密組織の男たちに輪姦されてしまうのであった。

THE SUPERBODY
FIGHTERS
-二人の強き女格闘家-
○特殊組織の正式隊員になるために、激しい訓練を続けるティアとソフィア。彼女たちに伝授された最終奥義は、身体を張って男を射精した瞬間を狙って暗殺する必殺技である。極悪麻薬組織の潜入捜査を賭けての実技試験が始まった。
◆チャイナ服のティアは、鬼教官と絡み合い、レオタード姿のソフィアは、局長と抱かれあう。実技試験の結果、ソフィアだけが合格し、鬼教官と共に極悪麻薬組織の潜入捜査が決定。ティアは、捜査から外されてしまった。鬼教官と共に極悪麻薬組織に潜入したソフィアは、師範から柔道の特訓を受けることに。だが、師範は二人の正体を知っており、鬼教官は暗殺されてしまう。その時、姉妹同然となっていたティアは、ソフィアのピンチを察して駆けつける。師範相手にソフィアとティアは、女体を駆使して昇天させた。この結果、ティアも合格となった。ホステスとなったティアとソフィアは、極悪麻薬組織の関係者が通うキャバレーに潜入。関係者を誘惑したソフィアは、フェラとパイズリでアジトの場所を聞き出した。敵アジトに潜入したティアとソフィアの前に現れた極悪麻薬組織のボス。彼の正体は、局長だった。意外な展開に隙が出来たティアとソフィアは、それぞれ辱しめられてしまうが、相手を倒す。最後は、二人が女体を駆使して極悪麻薬組織のボスを倒すのだった。

美しき潜入捜査官
集団レイプ輪姦
○犯罪組織に監禁されている女性たちの救出を命じられたユナ、リサ、ハルキの女捜査官たち。夜中に3人でアジトへ向かうはずだったのだが……。
◆リサ捜査官のケータイに、女性の声で恋人が病院に運ばれたとの連絡が入る。集合時間には合流することを了承してもらい、電車で病院に向かうが、それは犯罪組織が仕掛けた罠だった。2人の男たちに拘束されたリサ捜査官は、乗客の目の前で3人目の男に辱しめられてしまう。集合時間になってもリサ捜査官が現れず、心配するユナ捜査官のケータイに男の声でリサ捜査官を預かったと脅迫電話が入る。リサ捜査官の機転により、犯罪組織の仕業と知ったユナ捜査官は、ハルキ捜査官と共にラバースーツ姿で犯罪組織のアジトに侵入する。物置代わりの鉄格子の中には、拉致された一般市民の全裸女性と猿ぐつわと緊縛拘束された全裸のリサ捜査官が寝かされていた。拘束を解こうと鉄格子に入ったユナ捜査官だったが、ブルーシートに隠れていた男に銃を突き付けられ、2人共囚われの身に。逆らえないユナ捜査官とハルキ捜査官は、同時に辱しめられてしまう。全裸で媚薬を射たれた3人の女捜査官たちは、電マとバイブ等で責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。それでも、男たちが油断していることを見逃さなかったユナ捜査官は、残っていた二人の男たちを倒す。リサ捜査官は手荷物から取り出したのは、ラバースーツ。3人揃ってラバースーツ姿となった女捜査官たちは、拉致された女性と共に鉄格子から出るが、そこには銃を持った男たちが待ち構えていた。銃を蹴飛ばし、反撃する女捜査官たちだったが、拉致された女性にナイフを突き付けられ、3人の女捜査官たちは再び囚われの身に。抵抗出来なくなり、媚薬効果が続いている3人女捜査官たちは、6人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

2穴触手
〜追憶の捜査官〜
○数多くの若い女性が行方不明になっている事件を追う女捜査官のアズサは、ラバースーツ姿で、本件に関わっている秘密組織のアジトの地下室に踏み込んだが……。
◆誰もいないアジトから手掛かりを掴む為、残されたノートPCを開いたアズサ捜査官だったが、そこには彼女を嘲笑うメッセージが表示されていた。メッセージを読み続けるアズサ捜査官に、触手が絡みつく。自由を奪われたアズサ捜査官は、ラバースーツを脱がされ、触手イラマチオを強要されながら、首を絞められて気絶してしまう。アズサ捜査官が目覚めると、彼女は下着姿で、両手足をチェーンで鉄格子に繋がれていた。逃れられないアズサ捜査官は、触手に辱しめられてしまう。全裸で放置されていたアズサ捜査官は、逃走を試みるが、脚に絡みついた触手に引きずり戻され、触手にアナルを辱しめられてしまう。快楽に溺れたアズサ捜査官は、触手に秘部とアナルを同時に辱しめられてしまうのであった。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○表沙汰に出来ない事件を捜査するシャドーポリスの女捜査官カオリは、指名手配中の人身売買組織のボスが、かつての部下と接触するとの情報を得た。
◆上司からの指令で現場に向かったカオリ捜査官だったが、待ち伏せしていた二人の男たちに捕まってしまう。両手を吊るされたカオリ捜査官は、電マで責められてしまう。拘束を解かれたカオリ捜査官だったが、二人の男たちに輪姦されてしまう。捜査情報を得るため、全裸にされたカオリ捜査官は連日、電マで責められてしまう。鉄格子に監禁されたカオリ捜査官だったが、水を飲ませてくれた男を誘惑し、隙を突いて銃を奪い、ボスの居場所を聞き出す。しかし、それも罠だった。部屋に踏み込むカオリ捜査官だったが、彼女が飲まされた水には筋肉弛緩剤が含まれていた。力が出せなくなったカオリ捜査官の前に、彼女の上司と人身売買組織のボスの二人が現れた。そう、彼らはグルであり、全てはカオリ捜査官を貶めるための罠だったのである。男たちの目の前でカオリ捜査官は、上司に辱しめられてしまうのであった。

潮吹き美少女戦隊
E-BODY
○とある町に、正義の為に戦う二人の女戦士がいた。愛のE-BODY戦士である女子校生のミツキと水のE-BODY戦士であるウェイトレスのサキ。彼女たちはお互いの存在に気づいていなかった。
◆ミツキが通う学校では、女子生徒の体操着が盗まれる事件が頻発していた。体育の時間にミツキが隠れていると、ひとりの男性教師が体操着を物色、若い匂いを嗅いだ教師はブルセラ怪人となってしまった。愛のE-BODY戦士に変身したミツキは、性技を駆使して邪悪な精気を発射させると、教師は元に戻るのだった。◆バイトを終え、ファミレスの更衣室で着替えたサキの前にギター怪人が現れた。水のE-BODY戦士に変身したサキは、性技を駆使して戦うと、精力を使い果たした怪人は消滅するのだった。◆サキがバイトしているファミレスで宿題をしていたミツキ。そんな彼女たちの前に、野生怪人が登場。サキとミツキは、極小水着コスチュームのE-BODY戦士に変身。初めて、お互いの存在を知る。共闘して野生怪人に立ち向かう二人は、乳房と秘部を弄ばれてしまうが、W潮吹きで倒すのだった。◆幹部が差し向ける戦闘員を蹴散らすE-BODY戦士のミツキとサキ。幹部が逃げ込んだガレージの修理工の正体が首領だった。ミツキは幹部、サキは首領に性技を駆使して立ち向かう。首領の強い精力に劣勢となるサキだったが、幹部を倒したミツキが加勢して、首領を倒すのだった。

秘密捜査官の女
巨乳スパイを呑み込む
淫虐の罠
○銃弾を弾く試作段階の強化スーツを着て、恋人である捜査官と共に実証実験を行う新人女捜査官のアイカだったが、試作品には腹部の強度に難があり、彼女はダメージを負ってしまう。
◆アイカ捜査官の潜入捜査に向かった恋人が、犯罪組織に囚われてしまう。杖の老捜査官から、病院に監禁されていると聞いたアイカ捜査官は単身、新人ナースに扮して潜入する。鉄格子に監禁されている恋人を見つけたアイカ捜査官だったが、背後からクスリを嗅がされ、気絶してしまう。病室のベッドで、一時的に記憶を消す点滴を射たれるアイカ捜査官は、医師に辱しめられてしまう。一戦を交えた後にアイカ捜査官は、油断した医師を絞殺して逃走する。試作段階の強化スーツを持ち出そうとするアイカ捜査官だったが、杖の老捜査官に制止され、恋人は犯罪組織のアジトに連行されたことを知らされる。杖の老捜査官の警告を無視して、強化スーツ着用でアジトに突入するアイカ捜査官だったが、恋人を人質に取られてしまい、ダメージを負っている腹部を集中的に痛めつけられてしまい、彼女も囚われの身に。ラバースーツ姿のアイカ捜査官は、男たちからイラマチオを強要されてしまう。鉄格子に監禁されている恋人の目の前でアイカ捜査官は、男に辱しめられてしまう。両手を吊るされたアイカ捜査官は、電マとバイブで責められた挙げ句、ドラッグを射たれてしまう。鉄格子に監禁されたアイカ捜査官だったが、食事を持ってきた男を誘惑して銃を奪い、逃走を試みるが、再び捕まってしまう。ベッドに拘束されたアイカ捜査官は、ラバースーツを穴だらけにされ、恋人の前で二人の男たちに輪姦されてしまう。一戦を交えた後、恋人が最後の気力を振り絞って反撃し、アイカ捜査官をその場から逃がした直後、その部屋が爆発する。しかし、体力を消耗しすぎたアイカ捜査官は、男たちに追い詰められ、銃を頭に突き付けられてしまう。そこへ、杖の老捜査官が現れ、仕込み杖で男たちを一刀両断。仕込み杖の刀を受け取ったアイカ捜査官は、恋人の復讐を果たすのだった。

99cmHcup超美巨乳
女子プロレスラー
刃流花HARUKA
男禁制の世界から
鮮烈AVデビュー!
しかも撮影中に
処女が判明しそのまま
ロストヴァージン!
性感開発自主トレで
初激イキ
爆乳で
初パイズリクラッチ
リングで孕ませ
初中出し7連発!
※該当シーンのみレビュー
○敗北したら辱しめられることを条件に、男性の覆面レスラーと無制限1本勝負で闘う女子プロレスラーのハルカ。
◆レフリーのセクハラを拒絶しながら、格闘するハルカだったが、スタミナ切れになってしまう。敗北してしまったハルカは、四角いリングの上で、男たちに輪姦されてしまうのであった。

潜入捜査官
○とある秘密組織の捜査のために帰国した女捜査官のミオ。久々に同僚でもある彼氏とキスしたミオだったが、潜入捜査の指令が。だが、その彼氏に秘密組織の魔の手が忍び寄っていた。
◆秘密組織に関わる男が宿泊しているホテルの一室に浸入し、アジトの手掛かりになりそうな物を物色していたミオ捜査官だったが、男に見つかってしまう。男を誘惑したミオ捜査官は、性技を駆使してアジトの場所を聞き出す。アジトに潜入したボディスーツ姿のミオ捜査官だったが、待ち伏せされて囚われの身に。男たちに囲まれたミオ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。捕まったミオ捜査官の前に、彼氏が連行されてくる。怪しいクスリを飲まされた彼氏は、人格が変わってしまう。両手を吊るされたミオ捜査官は、別人格となった彼氏に辱しめられてしまう。椅子に縛り付けられたミオ捜査官は、スティックローターや電マ、さらにバイブで責められてしまう。全裸にされたミオ捜査官は、別人格の彼氏と組織の男に輪姦されてしまう。快楽に堕ちたかのように見せかけて油断させたミオ捜査官は、組織の男にクスリを飲ませて、彼氏と共に窮地を脱するのだった。

絶体絶命アクメ凌辱
強き孤高の最強女戦士
○剣闘士が戦う時代、2つの王国が戦争になっていた。聖剣を手にした王女剣士ルリカの圧倒的な戦力は、敵国の脅威になっていた。窮地に陥った敵国は、ルリカの元へ暗殺集団を差し向けるのであった。
◆暗殺集団の執拗な攻撃にスタミナを使い果たしたルリカは、囚われの身に。ギロチン台へ前屈みに拘束されたルリカは、3人の男たちに輪姦されてしまう。鉄格子の中に監禁されたルリカは、催淫毒を分泌する触手に責められてしまう。ギロチン拘束具で吊るされた全裸のルリカは、男たちの手による執拗な絶頂寸止めに耐えきれず、奴隷になることを承諾してしまう。性奴隷と化したルリカは、4人の男たちに輪姦されてしまう。その間に、膠着状態となった両王国は、平和協定を締結。本人の意思とは関係なく王位継承問題に巻き込またルリカは、見捨てられてしまうのであった。

美人潜入捜査官
○大病院の院長のお嬢様で潜入捜査官のルリに上司から指令が下る。最近、性欲に歯止めが利かない男たちの犯罪が頻発。容疑者たちの共通項として、ある病院が浮かび上がり、彼らはそこで洗脳実験の被験者にされた疑いが出てきた。その疑惑の病院の院長は、ルリ捜査官の父親の病院から追放された過去があった。ルリ捜査官は、女医として潜入捜査を開始したのだが……。
◆ベッドの上で洗脳中の患者を発見したミニスカ・スーツ姿のルリ捜査官だったが、患者に抱きつかれた隙に、院長によって洗脳マシンを頭部に装着されてしまう。抵抗の末、なんとか洗脳マシンから逃れたルリ捜査官だったが、今度は患者が人質に取られてしまう。院長の指示でルリ捜査官は、公開オナニーを強要されてしまうが、院長が油断した隙に、その場から逃れた。銃を片手に院長室へ突入したボディースーツ姿のルリ捜査官だったが、院長の肉棒を見た瞬間、動揺してしまう。それは、洗脳マシンの影響だった。戦意を喪失したルリ捜査官は、院長に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、院長が目を離した隙に、ルリ捜査官は姿を消した。捜査局に戻り、精密検査を受けたルリ捜査官だったが、脳波には異常が無く洗脳の証拠を示せなかった。上司に警察手帳を叩きつけ、単独で病院に突入したボディースーツ姿のルリ捜査官だったが、心配のあまり彼女の後を追っていた上司が人質に取られてしまう。抵抗出来ないルリ捜査官は、上司の肉棒をフェラとパイズリで奉仕させられてしまう。分娩台に拘束されたルリ捜査官は、男たちに乳房と秘部を弄ばれ、バイブで責められてしまう。椅子に拘束されたルリ捜査官だったが、見張りの男を誘惑して、その場から逃れる。監禁された上司と患者を救い出そうとしたルリ捜査官だったが、彼らは既に洗脳されていた。白衣の男たちも加わり、自由を奪われたルリ捜査官は、彼らに輪姦されてしまうのであった。

処刑遊戯2013
○今から14年前、女捜査官のアキコは、捜査中に上司に裏切られ、辱しめられた末に妊娠してしまう。しかし、妊娠を受け入れたアキコ捜査官は、上司の太ももに銃弾を放ち、彼を逮捕した。そして現在。捜査官の仕事を続けながら単身、娘を育て上げたアキコは、捜査部長に昇進し、新たな署で男女二人の部下と共に日夜、人々の平和の為に働いていた。
◆ある日の夕刻、署長から所定の場所に行くように頼まれたアキコ捜査部長だったが、その日は娘の催しと重なっており、男女二人の部下が気を利かせて代わりに現場へ向かった。その後、アキコ捜査部長のスマホに、部下の女捜査官から着信があったが、連絡が取れなくなっていた。異変を感じたアキコ捜査部長は、位置情報で居場所を特定すると、銃を片手に建物の中に潜入した。男性捜査官が拘束されている部屋で、男に弄ばれている女捜査官を助けようとしたアキコ捜査部長だったが、背後から別の男に襲われ、囚われの身に。銃を奪われたアキコ捜査部長は、二人の男たちに輪姦されてしまう。別室に連行されたアキコ捜査部長の前には、全裸で男に弄ばれる女捜査官と違法薬物中毒になっている男性捜査官の姿だった。男たちは、アキコ捜査部長が薬物中毒の男性捜査官に抱かれる姿をビデオで撮影することを要求。それを拒否したアキコ捜査部長だったが、その代償として女捜査官が辱しめられてしまう。自己嫌悪に陥ったアキコ捜査部長は、薬物中毒の男性捜査官に辱しめられてしまい、その痴態を撮られてしまう。一戦を交えた後、油断した男たちから銃を奪い、黒幕の正体を吐かせようとしたアキコ捜査部長だったが、背後から殴られて気絶してしまう。彼女を殴り倒したのは、なんと薬物中毒だったはずの男性捜査官だった。パンティ一枚の姿で目を覚ましたアキコ捜査部長の前にいたのは、署長だった。実は、男性捜査官の薬物中毒は演技であり、署長の手下であった。さらにアキコ捜査部長の前に現れたのは、14年前に彼女を辱しめて服役した元上司だった。署長と元上司は長年の悪友であり、元上司が出所したことをきっかけに、アキコ捜査部長への復讐が開始されたのである。抵抗するアキコ捜査部長だったが、逆らうと娘に危機が迫ると脅迫されてしまう。逆らえなくなったアキコ捜査部長は、元上司と男性捜査官に輪姦されてしまうのであった。

女子校生捜査官さくら
生徒が消える進学塾
○ブレザーの制服姿が似合うサクラは、女子校生スパイである。最近、成績優秀な女子校生が行方不明になる事件が頻発しており、その事件に大手塾の塾長が関与している疑いが出てきたが、内偵捜査をしていた女子校生スパイ(サクラも馴染みの学校の先輩)との連絡が途絶えていた。サクラの任務は、塾の生徒として潜入し、塾長室に盗聴マイクを仕掛けること。難易度が高い塾の試験に合格し、塾長室で進路相談を受けるふりをしながら、テーブルの裏に盗聴マイクを仕掛けたサクラだったが……。
◆ある条件を飲めば、学費はもちろん生活費まで援助を受けられる制度があると言われ、サクラの先輩もその制度で海外留学していると説明される。このまま退室すれば任務完了だったのだが、消息不明になっている先輩の手掛かりを掴みたいサクラは、条件付き制度の詳細を塾長に伺うと、それは海外に売り飛ばすことだった。塾長室から逃れようとしたサクラだったが、塾長から銃を向けられてしまい、仕掛けた盗聴マイクを破壊されてしまう。実は、前任の先輩がスパイの詳細を吐いてしまっていたのである。監禁されたサクラは、塾長に辱しめられてしまう。オークションにかけられたサクラは、落札者である男たち二人に輪姦されてしまうのであった。

おばさん捜査官は
見た!
〜ママチャリ窃盗団の
陰謀を暴け編〜
○大きい息子を持つ人妻のマコは、優秀な潜入捜査官である。ある日、マコ捜査官が上司から渡された資料には、ここ数ヶ月で「ママチャリ」の窃盗事件が異常に多発しているデータだった。組織的な犯罪だと睨んだマコ捜査官は、一計を案じた。
◆囮のママチャリを仕掛けたマコ捜査官は、窃盗犯を追跡して、盗難ママチャリ倉庫にたどり着く。窃盗犯を誘惑して抱かれたマコ捜査官は、一戦を交えた後に手刀で窃盗犯を倒すと、拘束してアジトに案内させた。アジトでは二人の若者が、ママチャリでの発電を強要されていた。それも若者のひとりは、マコ捜査官の息子だった。事態が把握出来ないマコ捜査官の前に現れた主犯は、息子の同級生だった。彼は、究極のエコエネルギーとして、ママチャリを使った人間発電を強要していたのである。理解不能な状況に戸惑うマコ捜査官は、窃盗犯に羽交い締めにされてしまう。身動き出来ないマコ捜査官は、電マで責められてしまう。マットレスの上でマコ捜査官は、主犯と窃盗犯に輪姦されてしまう。主犯と窃盗犯によってペット用の檻に監禁されてしまったマコ捜査官だったが、奮起した息子が窃盗犯を倒して彼女を解放する。殴られ続ける息子を救うためにマコ捜査官は、ママチャリを使って主犯を倒して事件は解決した。自宅に戻ったマコ捜査官は、全身で息子を慰めるのであった。

バウンティハンター
決別のとき
○幼い頃、賞金首だった両親を殺したバウンティハンターに拾われた少女は、女賞金稼ぎと成長し、罪滅ぼしを終えた師匠は、彼女の前から消えた。
◆賞金首の横領犯を追って、南の島の採石場に現れた女賞金稼ぎ。横領犯を追い詰めた女賞金稼ぎだったが、隠し持っていた銃を突きつけられてしまう。立場が逆転した女賞金稼ぎは、横領犯に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、女賞金稼ぎは、油断した横領犯を倒す。クライアントの元へ横領犯を連行しようとした女賞金稼ぎだったが、彼女たちの前に師匠が現れ、獲物を奪おうとする。師匠と対決する女賞金稼ぎだったが、弟子に銃を突きつけられてしまう。自由を奪われた女賞金稼ぎは、師匠と弟子からイラマチオを強要されてしまう。その場から立ち去ろうとした師匠だったが、女賞金稼ぎが賞金首になったという一報が入り、彼女は囚われの身に。両手を吊るされた女賞金稼ぎは、師匠と弟子にローターで責められ、乳房と秘部を弄ばれてしまう。アルコール度数の高い酒を呑まされた女賞金稼ぎは、師匠と弟子に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、油断した弟子を絞殺した女賞金稼ぎは、奪った銃で両親の仇を撃つのだった。

CHANGE
○とある男子校の女教師アスカは、封印を解かれ、人間に憑依した悪魔と対峙した瞬間、魔法戦士フォンテーヌとして覚醒。聖なる心の魔力で、悪魔を退治した。
◆魂となった悪魔が完璧な肉体を復活させるには、フォンテーヌから魔力を奪う必要があるが、前作で仲間を倒された悪魔が悪巧みを思いつく。連続婦女暴行殺人犯という良心の欠片も無い、悪魔にとって最高の憑依体を手に入れると、フォンテーヌに上級戦闘員を差し向け、現在の彼女の戦闘力を調べる。自宅で過ごすアスカ先生のケータイに悪魔から、彼女の知り合いを拉致したとの脅迫電話が。拉致された知り合いを解放させる交換条件を飲んだアスカ先生は、指示通りに放課後の教室で、競泳水着姿で男性教師を誘惑し、口で奉仕してあげる。拉致された知り合いが解放され、安堵したアスカ先生だったが、再び悪魔から脅迫電話が。そう、拉致されたのは一人だけでは無かった。再び、交換条件を飲んだアスカ先生は、三脚ビデオカメラの前で、指定されたローターと電マでオナニーを強要されてしまう。無事に拉致された知り合いが解放されたものの、性的快楽を覚え始めたアスカ先生に、悪魔から挑戦状が。現場に駆けつけたアスカ先生は、フォンテーヌに変身。今まで受けた屈辱を怒りとして上級戦闘員をパワー全快で倒し、全ての魔力を放って悪魔を攻撃した。しかし、悪魔は倒せなかった。実は、フォンテーヌのパワーの源である清らかな心が、悪魔の策略で汚されてしまった為、戦力が落ちていたのである。魔力を使い果たし、変身が解除されてしまったアスカ先生は、転送された学校の倉庫で、悪魔に辱しめられてしまうのであった。

女体拷問研究所
OUTSIDE BEHIND
THE MASK
EPISODE-01
悶絶仮面
〜伝説の女王様〜
○近年、若い女性が突如行方不明となり、連絡が途絶える事件が日本全国で多発していた。インターポールからの情報により、国際的人身売買組織の関与が濃厚になっていた。そして、日本での窓口として疑われたのが、ある化粧品輸入会社である。しかし、どうしても証拠が掴めなかった。そこで、化粧品会社社長と接触している可能性が高い企業舎弟に狙いを絞った。調査の結果、企業舎弟はSMクラブに通う趣味があることが判明。特殊捜査官のリンダは、最近姿を消した伝説の仮面女王様に扮して、企業舎弟との接触のチャンスを伺っていた。
◆伝説の仮面女王様として現れたリンダ捜査官は、噂を聞きつけた企業舎弟に怪しまれないようにプレイに徹した結果、次は企業舎弟の家でプレイする約束をした。しかし、企業舎弟の本当の趣味は、気高く振る舞う女を屈服させることであり、長年の経験から今回の女王様は潜入捜査官と疑い、社長に連絡を取っていた。再び、仮面の女王様に扮したリンダ捜査官は、拘束した企業舎弟に筋弛緩剤を飲ませようとするが、突然現れた社長と手下に銃を突き付けられ、自ら筋弛緩剤を飲まされてしまう。後ろ手に乳房縛りで吊るされたリンダ捜査官は、電マで責められてしまう。更に片足も吊るされ、開脚状態にされたリンダ捜査官は、電マで秘部を集中的に責められてしまう。分娩台に開脚状態で拘束されたリンダ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。両手を拘束されてベッドに寝かされたリンダ捜査官は、企業舎弟に辱しめられてしまう。監禁されたリンダ捜査官の前に現れたのは、社長と企業舎弟、それに本物の仮面女王様だった。そこへ銃を持った二人組が登場。彼らは、女体拷問研究所の人間だった。さらに本物の仮面女王様も彼らの仲間だった。彼らのターゲットはリンダ捜査官だった。女体拷問研究所に連行されたリンダ捜査官は、全裸でベッドへX字に拘束され、ヘッドホンと目隠しをされる。媚薬を飲まされたリンダ捜査官は、男たちの手と電マ、さらにはディルドやバイブで果てしない快楽責めにされてしまう。快楽の虜になったリンダ捜査官は、白仮面の男に辱しめられてしまうのであった。

女忍
残酷史
抜け忍×えりりか
○高い身体能力で忍者を斬り倒すくノ一のマユは、伊賀の抜け忍である。
◆マユには、農民として暮らしている双子の姉のイトがいた。三日前、伊賀の首領はマユの影武者としてイトを使うことを提案。期日までに姉を連れてくることを命じる。姉の様子を見にいったマユだったが、目の前で姉が何者かに拉致されてしまう。姉を拉致したのは、彼女の存在を知った幹部忍者だった。乳房縛りで後ろ手に拘束されたイトは、幹部忍者に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、イトは自害してしまい、幹部忍者は首領に斬殺される。姉が死んだことを知らないマユは、彼女を救うために抜け忍になったのである。姉を取り戻すため、首領と対決するマユだったが、敗北して囚われの身に。後ろ手に拘束されたマユは、ふんどし一枚の姿にされてしまう。全裸で胡座縛りにされ、仰向けに寝かされたマユは、陰口に擦った山芋を塗られてしまう。陰口のかゆみに悶えるマユは、首領からズイキで責められてしまう。かゆみ止め剤を得るためにマユは、かゆみ止めを塗られた首領の肉棒を口で奉仕させられてしまう。かゆみを止める名目でマユは、首領に辱しめられてしまう。再び、全裸で緊縛拘束されたマユは、首領からローソクとムチで責められてしまう。首領から拘束を解かれたマユは、反撃を試みるが、返り討ちにあい、死に際に姉の死を知らされるのであった。

触手アクメ 14
○触手生命体に侵略された地球。触手生命体に辱しめられた女子校生のツナだったが、屈しない心が奇跡を起こし、美少女剣士として覚醒。戦闘スーツに身を包み、ビームサーベルで触手生命体と戦っていた。孤独に戦っていたツナだったが……。
◆触手生命体に辱しめられた女子校生のコハルも美少女剣士として覚醒。コハルと出会ったツナだったが、自ら身を投じて快楽を味わってから敵を倒す方法が理解できず、物別れに終わった。コハルのことが気になり、隙が生まれたツナは、触手生命体の不意討ちに遭い、ビームサーベルを奪われてしまう。抵抗手段を失ったツナは、触手生命体に辱しめられてしまうが、奪われたビームサーベルを取り返して、反撃に成功。その頃、触手生命体に身を捧げ、快楽を味わいながらビームサーベルで刺そうとしたコハルだったが、彼女の両手を触手が拘束し、ビームサーベルを奪われてしまう。抵抗手段を失ったコハルは、果てしない快楽責めに堕ちてしまう。迷った末に改めて説得しようとコハルの元へ向かったツナだったが、堕ちた彼女に襲われ、敗北してしまう。全裸となった二人の美少女剣士は、触手生命体に辱しめられてしまう。しかし、コハルは完堕ちしていなかった。触手生命体の子を宿したコハルは、ツナに願いを託す。ビームサーベルを手にしたツナは、コハルの身を貫く。その時、子を失った触手生命体の本体が、我を忘れて目の前に現れた。それが、コハルの真の狙いだった。触手生命体の本体をビームサーベルで貫き。勝利したツナ。しかし、悪夢は終わらなかった。

巨乳捜査官
○テロ組織に盗まれた国家機密データファイルを奪還する為、アジトに侵入したラバースーツ姿の女捜査官のチグサは、機密データが納められたノートPCを発見するが、横から銃を突き付けられ、後頭部を殴打されて気絶してしまう。実は、機密データを開くにはIDが必要であり、それを入手する方法を模索していた頃に、チグサ捜査官が現れたのである。
◆両手を吊るされたチグサ捜査官は、くすぐり責めにされた末に、ムチで打たれてしまう。前屈みに吊るされたチグサ捜査官は、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。立ったまま、大の字に拘束されたチグサ捜査官は、生理現象に我慢出来ず、そのまま放尿してしまう。拘束を解かれたチグサ捜査官は、男たちからイラマチオを強要されてしまう。開脚状態で拘束されたチグサ捜査官は、沸騰したオイルを浴びせられながら、電マで責められてしまう。拘束を解かれたチグサ捜査官は、男たちから輪姦された末に、IDを吐露してしまう。IDを入力し、機密データが解放されてしまった……かと思われた次の瞬間、機密データは全て削除されてしまい、チグサ捜査官の逆転勝利で幕を閉じるのであった。

美人潜入捜査官
○大病院の院長の娘で潜入捜査官のナツメは、人体実験の疑いがある病院に女医として潜入していた。
◆人体実験されている患者を発見し、連れ出そうとした白衣姿のナツメ捜査官だったが、副作用で性欲旺盛となっていた患者に襲われてしまう。操られているだけの患者に手出し出来ないナツメ捜査官は、口で奉仕した直後、その場から逃れる。自分の部屋に追い込まれたナツメ捜査官は、ラバースーツ姿となって反撃。別の被害者を連れ出そうとするが、副作用の激しい彼に辱しめられてしまう。猿ぐつわと全裸で車椅子にM字開脚状態で緊縛拘束されたナツメ捜査官は、媚薬を押し込まれた秘部を電マと指で弄ばれてしまうが、男たちが部屋を離れた隙に、仲間に救われる。難を逃れたナツメ捜査官だったが、今度は父親が敵に拉致されてしまう。再び、敵のアジトに駆けつけたナツメ捜査官だったが、父親の目の前で輪姦されてしまう。大病院とナツメ捜査官は、敵の手に堕ちてしまうのであった。

潜入捜査官
○若い女性を洗脳調教して売春や人身売買をおこなっている闇組織のアジトへ、銃を片手に侵入するアスカ捜査官。送られてきた動画には、捕まった先輩男性捜査官が射殺される瞬間が映し出されていたが、射殺される寸前にアジトの場所の手掛かりを残していたのである。
◆だが、アスカ捜査官は待ち伏せされており、囚われの身に。ほぼ全裸で開脚状態に緊縛拘束されたアスカ捜査官は、電マとバイブ、さらにディルドで責められてしまう。両手をベッドに拘束されたアスカ捜査官は、闇組織のボスに辱しめられてしまう。銃を突き付けられたアスカ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたラバースーツ姿のアスカ捜査官の前に現れたのは、射殺されたはずの先輩捜査官だった。そう、彼は裏切者だったのである。身動き出来ないアスカ捜査官は、裏切者に辱しめられてしまう。全裸のアスカ捜査官は、ローターが並べられた三角木馬の果てしない快楽責めに堕ちてしまう。逆らう気力を失ったアスカ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

女捜査官拷問調教
仕組まれた罠
〜敵アジト単独潜入
監禁拘束
女体陵辱ファック
生中出し
○秘密捜査官のユナは、潜入捜査中に消息不明となった仲間のミサを救うため、影で人身売買をしている敵のアジトに侵入したのだが……。
◆襲いかかるチンピラを倒し、撃ち合いになったユナ捜査官だったが、隙を突かれて銃を奪われてしまい、囚われの身に。彼らは、秘密捜査官が誰の命令で動いているのかを知りたがっていた。両手を吊るされたユナ捜査官は、ムチと電マで責められてしまう。拘束を解かれたユナ捜査官は、敵のボスに辱しめられてしまう。全裸で手錠をされたユナ捜査官は、ミサの命を盾にされ、幹部の前でオナニーを強要されてしまう。首輪で繋がれたユナ捜査官は、チンピラにペットとして扱われ、イラマチオを強要されてしまうが、奉仕直後に彼を倒す。アジト内を捜索したユナ捜査官は、縛られたミサを発見する。ミサの拘束を解いたユナ捜査官だったが、ミサの力ずくなレズプレイに巻き込まれてしまう。一戦を交えた後、逃走しようとしたユナ捜査官だったが、裏切り者のミサにより、再び囚われの身に。分娩台に開脚状態で緊縛拘束された下着姿のユナ捜査官は、自白剤を射たれ、電マ、高圧電流、さらにバイブで責められてしまう。拘束を解かれたユナ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

くノ一
中出しレイプ輪姦
○邪悪な者が手にすると世界が滅ぶと伝えられる妖刀を守護する現代のくノ一、カゲロウ。
◆妖刀を狙う悪忍軍団に襲われ、果敢に立ち向かうカゲロウだったが、多勢に無勢で囚われの身に。手錠で自由を奪われ敵のアジトに連行されたカゲロウは、男たちからイラマチオを強要された挙げ句、木製ディルドと電マで責められてしまう。ベッドに押さえつけられたカゲロウは、スキンヘッドの男に辱しめられた挙げ句、秘部に媚薬を塗り込まれてしまう。男たちによって身動き出来ないカゲロウは、彼らに輪姦されてしまうのであった。

潜入捜査官
○違法薬物を開発している犯罪組織が毎週、人体実験をしている場所の情報を同僚の男性捜査官から得た女捜査官のクリスは単身、ラバースーツ姿で潜入したのだが……。
◆静かすぎることに異変を感じ、捜査情報の漏洩を疑うクリス捜査官だったが、背後から殴打され、意識を失って囚われの身に。実は、ある男から捜査情報が筒抜けになっていたのである。手錠で拘束されたクリス捜査官は、新開発の媚薬を飲まされてしまい、二人の男たちからイラマチオを強要されてしまう。ベッドに拘束されたクリス捜査官は、男に辱しめられてしまう。両手を吊るされた全裸のクリス捜査官は、裏切り者の同僚捜査官と犯罪者たちから、ローターとバイブ、さらに電マで責められてしまう。媚薬と調教で理性を失ったクリス捜査官は、二人の男たちから輪姦されてしまうのであった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
○違法薬物を開発・販売している犯罪組織を追う女捜査官のミスズは、上司から得た情報を元に単身、闇取引が行われる夜の廃工場に潜入したのだが……。
◆銃撃戦の最中、ミスズ捜査官は、背後から銃を突き付けられ、囚われの身に。両手を吊るされたミスズ捜査官の前に現れたのはなんと、上司だった。実は、ミスズ捜査官が追っていた犯罪組織の黒幕は上司だったのである。上司は、ミスズ捜査官が何処から犯罪組織の情報を得たのかを知りたがったのである。自由を奪われたミスズ捜査官は、上司に辱しめられてしまう。人質となった同僚の男性捜査官の目の前でミスズ捜査官は、露になった秘部を小型マッサージ機で責められてしまう。薬物を秘部に挿入されたミスズ捜査官は、人質の同僚の舌で薬物を摘出して貰う状況に陥る。銃を突き付けられたミスズ捜査官は、人質となった同僚相手にイラマチオをして、制限時間内にイカせることを強要されてしまう。力ずくで拘束されたミスズ捜査官は、命と引き換えに脅迫された同僚に辱しめられてしまう。再び、両手を吊るされたミスズ捜査官は、媚薬を射たれてしまう。拘束を解かれたミスズ捜査官は、電マとバイブ、さらに電動工具ディルドで責められてしまう。快楽責めと薬物で放心状態のミスズ捜査官は、男たちに輪姦されてしまうのであった。

女スパイ拷問調教2
捕らわれた
美人潜入捜査官
淫虐の電流失禁拷問
強制生中出し
○上司の警告を無視して、刑事だった父を殺した裏社会のフィクサーに秘書見習いとして潜入した女捜査官のヒカリ。
◆正式な秘書になるため、全裸となったヒカリ捜査官は、フィクサーから健康チェックと称して、ライトペンで身体の隅々まで調べられた結果、無事に合格。深夜、ラバースーツ姿でアジトに潜入したヒカリ捜査官だったが、フィクサーと用心棒に見つかってしまう。撃ち合いとなり、応戦するヒカリ捜査官だったが、弾切れとなってしまい、囚われの身に。両手を吊るされたヒカリ捜査官は、ムチで打たれ、高圧電流で責められてしまう。全裸の開脚状態で分娩台に拘束されたヒカリ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。吊るされた分娩ハンモックに開脚状態で拘束されたヒカリ捜査官は、フィクサーに辱しめられてしまう。下着姿で監禁されたヒカリ捜査官は、媚薬を射たれてしまい、我を忘れてオナニーをしてしまい、用心棒からイラマチオを強要されてしまう。手足を拘束された、黒いランジェリー姿のヒカリ捜査官の前に現れたのは、彼女の上司だった。そう、全てはヒカリ捜査官を陥れる罠だったのである。真相を知ったヒカリ捜査官だったが、上司とフィクサーに輪姦されてしまう。最後は上司が突き付けた銃を奪い、フィクサーと上司を撃って逆転勝利。

潜入捜査官
○ライフルを構えたラバースーツ姿の潜入捜査官リカは、フェラとパイズリの報酬で情報屋から得た情報によって居場所を特定したターゲットである犯罪組織のボスを捉えるが、ターゲットに付き添っている美女に気配を察知されてしまい、タイミングを逃してしまう。
◆銃を片手に敵アジトに潜入しようとしたリカ捜査官だったが、背後から銃を突き付けられてしまう。銃を奪われたリカ捜査官は、裏路地で男に辱しめられてしまう。アジトに連行され、磔にされたリカ捜査官は、大量のローターと電マで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。夜になり、見張りが居なくなった頃、ボスに付き添っていた美女がラバースーツ姿で現れる。そう、彼女は潜入捜査官のクリスだったのである。リカ捜査官を助けようとしたクリス捜査官だったが、それは罠だった。両手を吊るされたリカとクリスは、二人同時に電マで責められてしまう。拘束を解かれたリカとクリスは、媚薬を飲まされ、二人同時に辱しめられてしまうのであった。

秘密捜査官の女
剥ぎ取られた
ボディースーツ
○父親を殺したテロリストのボスに立ち向かう為、女戦士となったユウリは、ある組織の地下牢に監禁されていた。
◆そのテロリストが活動を再開したので、組織はユウリを秘密捜査官に任命した。地下牢のユウリは、呼びに来た看守に、ボディチェックと称して辱しめられてしまう。ラバースーツ姿で敵アジトに潜入したユウリ捜査官は、激しい銃撃戦の末に、奥深くまで進むが、待ち伏せされた末に首を絞められ、気絶してしまう。手錠で後ろ手に拘束されたユウリ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまう。両手を吊るされたユウリ捜査官は、電マで責められてしまう。媚薬を射たれたユウリ捜査官は、父の仇であるテロリストのボスに辱しめられてしまう。任務失敗により組織から見捨てられたユウリ捜査官は、テロリストたちのペットとして、彼らの肉棒を口で奉仕するのだった。

凌辱ぶっかけレイプ!
アヘ顔輪姦Wピース
○バッドエンディング王国と戦う正義のヒロイン「プリティーピース」こと、ヤオイは外でスケッチ中、覆面男に背後からクスリを嗅がされ、拉致されてしまう。
◆ベッドに拘束されたヤオイは、覆面男に辱しめられてしまう。ショックで気を失ったヤオイは、バッドエンディング王国に連れ去られてしまうが、なんとかプリティーピースに変身。果敢に立ち向かうプリティーピースだったが、多勢に無勢で再び囚われの身に。ソファに手錠で繋がれたプリティーピースは、股間を肉棒で押し付けられ、弄ばれてしまう。両手を縛られたプリティーピースは、数人の覆面男たちに股間を弄ばれた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。幹部の赤鬼の前に連行されたプリティーピースは、反撃を開始。覆面男たちを蹴散らし、赤鬼に必殺技を放つプリティーピースだったが、バッドエンディング王国では、効果が少なく、消耗も激しくてスタミナ切れに陥ってしまった。力を失ったプリティーピースは、覆面男たちに電マで責められた挙げ句、赤鬼に辱しめられてしまうのであった。

黒人巨大マラ VS
元山はるか 23歳
○違法薬物を扱う黒人グループがアジトとして使っている可能性が高いバーに客として潜入した女捜査官のハルカ。
◆ひとりの黒人男性を誘惑したハルカ捜査官は、彼の部屋のベッドで抱かれる。一戦を交えたあとにハルカ捜査官は、男が寝ている隙に、バーの鍵を手に入れる。侵入したバーを捜索して違法薬物を発見したハルカ捜査官だったが、二人の黒人男性に見つかってしまう。二人に捕まったハルカ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたハルカ捜査官は、違法薬物を飲まされ、鼻フックで責められたり、乳房や秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれたハルカ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまう。キャミソール姿で鉄格子の中に監禁されたハルカ捜査官は、クスリ漬けにされてしまう。理性を失ったハルカ捜査官は、渡された電マでオナニーしてしまう。二人の男たちたちがハルカ捜査官を始末しようと、監禁している鉄格子に向かうと、見張りの男が、何者かに殺されていた。理性を失ったハルカ捜査官には無理だと結論に至った二人は疑心暗鬼となり、片方が裏切り者と疑われ、撲殺されてしまう。残った一人がハルカ捜査官を檻から連れ出し、目を離した瞬間、背後から彼女に殴り倒される。実は、鉄格子の中で見張りの男からイラマチオを強要されている隙に、偽クスリにすり替えていたハルカ捜査官の逆転勝利で幕を降ろすのだった。

巨乳捜査官
○拳銃密売組織を追う女捜査官のユイは、密かに横流しを計画。実際には、彼らが密輸した拳銃の横取りを狙って動いていた。
◆ホステスに扮したユイ捜査官は、拳銃密売に関わる二人組に近づき、次回の取引場所を盗み聞きする。倉庫に侵入したラバースーツ姿のユイ捜査官は、隠された密輸拳銃を発見するが、密売組織の二人組に捕まってしまう。囚われの身となったユイ捜査官は、男に辱しめられてしまう。両手を吊るされたユイ捜査官は、くすぐりとムチ打ちで相互に責められてしまう。壁に磔にされたユイ捜査官は、尿意を我慢出来ずに、放尿してしまう。床を汚した罰としてユイ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。M字開脚状態で拘束されたユイ捜査官は、媚薬オイルを塗りたくられた挙げ句、電マで責められてしまう。ベッドの上に押さえつけられたユイ捜査官は、数人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女
凌辱と復讐のレクイエム
○試合を目前にした格闘家が、所属するジム内で何者かに射殺された。恋人のキララは復讐を誓ったのだが……。
◆遺体が運ばれた病院でプロモーターに出会ったキララは、今回の件は試合相手側から持ちかけられたイカサマ試合を拒否した結果だと聴かされる。自らの手で復讐したいと訴えるキララに根負けしたプロモーターは、裏家業である死刑執行取締役の名刺を見せる。裏の顔を見せられたキララは、その証拠としてプロモーターから銃を突き付けられてしまう。逆らえなくなったキララは、プロモーターに辱しめられてしまうが、代わりに銃を託される。思い出の場所であり、殺害現場でもあるジムに戻ってきたキララだったが、覆面集団に襲われてしまう。両手を吊るされ、椅子に座らされたキララは、猿ぐつわをされ、ローターと電マで責められてしまう。手錠を填められたキララは、彼らからイラマチオを強要されてしまう。キララが白濁まみれになった頃、ジムに所属する若手格闘家が現れ、覆面集団を追い払い、彼女を介抱する。恋人と同期だった格闘家も現れ、介抱されるキララだったが、同期の格闘家は彼女のバッグから銃を見つけてしまう。暗殺事件の黒幕と疑われたキララは、彼らに輪姦されてしまう。一戦を交えた後、同期の格闘家が自分を殺害する計画を聞いたキララは、密かに銃を取り戻す。プロモーターと親しいことを匂わす同期格闘家の言葉に戸惑いながらもキララは、彼を射殺する。銃を片手に黒幕がいるというアジトに侵入したキララは、襲いかかる覆面男たちを撃ち倒していくが、背後からクスリを噴霧されてしまい、眠らされてしまう。手錠をされ、鉄格子の中に監禁されてしまったキララは、覆面男たちを誘惑して手錠を外させ、鉄格子から出して貰う。フェラと手コキで覆面男たちを油断させたキララは、隙を突いて銃を奪うと、覆面男たちを鉄格子の中に監禁した。奥へ進むキララだったが、捕まってしまい黒幕たちの前へ連行される。そこには、イカサマ試合を要求した監督と、前に彼女を介抱した若手格闘家、それにプロモーターの三人がいた。そう、全てはプロモーターが書いた筋書きだったのである。事実を知ったキララだったが、彼ら三人に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、良心の呵責に耐えきれなくなった若手格闘家が、監督とプロモーターを撃ってから自身のこめかみを撃ち抜き、自殺する。思わぬ形で復讐を遂げたキララだったが、プロモーターは死に際に彼女へ銃口を向けるのだった。

衝撃解禁!!
黒人と美熟女
2014正月SP
※該当シーンのみレビュー
○究極の一品を狙うくノ一・カナは、とある屋敷に忍び込む
◆奥座敷に隠されていた究極の一品であるドーナツを口にしたカナだったが、そこへ屋敷を守る黒人三人組が登場。ひとりを斬り倒すカナだったが、残る二人に力ずくで刀を奪われてしまう。囚われの身となったカナは、二人組に輪姦されてしまうのであった。

黒人SM奴隷File.04
罠に堕ちた女警備員
○ビル警備員のマリナは、地下を見廻りに行くと、そこには怪しげな黒人男性の姿があった。
◆事務所に連れて行こうとしたマリナ警備員だったが、背後から近づいた仲間の黒人男性に殴打され、気を失ってしまう。 彼らは、金庫を狙って穴を掘っていた強盗団の手下だった。ボスの元へ連行されたマリナ警備員は、彼ら三人からイラマチオを強要されてしまう。鉄格子に磔にされたマリナ警備員は、乳房と秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれたマリナ警備員だったが、後ろ手に乳房縛りにされた挙げ句、彼ら三人に輪姦されてしまう。鉄格子に監禁されたマリナ警備員は、グラサンの若者相手に鼻フックで吊られながら、イラマチオを強要されてしまう。一戦を交えた後、グラサンの若者相手に救いを求めるマリナ警備員だったが、彼はボスには逆らえないと拒否されてしまう。後ろ手に乳房縛りされ、前屈みで吊るされたマリナ警備員は、ムチで打たれてしまう。片足を上げた状態で吊るされたマリナ警備員は、三人からローソクと電マで責められてしまう。後ろ手に乳房縛りにされたまま、グラサンの若者に鉄格子まで連れて来られたマリナ警備員だったが、彼に好意があると告白して、熱い口づけを交わす。拘束を解かれたマリナ警備員は、グラサンの若者相手に和姦する。翌日、グラサンの若者は仲間とボスを絞殺して、マリナ警備員に下着を渡す。先導するグラサンの若者についていくマリナ警備員だったが、隙をついて彼を棍棒で殴打する。最後は、捕らえたグラサンの若者を警察に引き渡すマリナ警備員だった。

秘密捜査官の女
巨乳エージェント
恥辱の報酬
○表向きには、極刑になったはずの女戦士・シヲンは、捜査局の地下牢に監禁されていた。捜査局は、殺された父親の復讐相手が率いる麻薬組織を壊滅させれば、極刑を赦すという条件で、シヲンを秘密捜査官に任命した。
◆地下牢に監禁されているシヲンは、二人の看守たちから、逆らうと任命を剥奪すると脅迫され、抵抗出来ずに輪姦されてしまう。銃を片手にラバースーツ姿で麻薬組織のアジトに突入したシヲン捜査官、激しい銃撃戦の末に奥へ進むと待ち伏せされ、囚われの身に。ホールドアップの形で両手を吊るされたシヲン捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。水分を与えられない状態で監禁されたシヲン捜査官は、少しだけ水分を与えられてから、交換条件として、イラマチオとパイズリを強要されてしまう。睡眠中に媚薬を射たれてしまったシヲン捜査官は、父親の仇である組織のボスに辱しめられてしまう。任務失敗に終わったシヲン捜査官は、組織に見捨てられた末に、麻薬組織の性奴隷ペットとして、男たちに輪姦されてしまうのであった。

美人潜入捜査官
○女捜査官のユイは、非合法なクスリを扱っている製薬会社にOLとして潜入するために面接を受けるのだが……。
◆制服のサイズを調べるという名目でユイ捜査官は、服と下着を脱ぐように命じられる。全裸となったユイ捜査官は、乳房と秘部を弄ばれてしまう。なんとかOLとして潜入したユイ捜査官だったが、上司からイラマチオを強要されてしまう。恥辱に耐えながらも場所を特定した秘密研究室に潜入したラバースーツ姿のユイ捜査官だったが、同僚の男性社員に尾行されていた。実は、彼もこの製薬会社を潜入捜査していた公安捜査官だった。手柄を奪われると思った公安捜査官に文句を言われるユイ捜査官だったが、そこへ製薬会社の用心棒たちが乱入。公安捜査官を人質に取られたユイ捜査官は、囚われの身に。分娩台にM字開脚の状態で緊縛拘束されたユイ捜査官は、性欲暴走剤を飲まされた研究員に辱しめられてしまう。3人の薬物中毒患者の前に連行されたユイ捜査官は、薬物を飲まされたあとに拘束を解かれる。襲いかかる患者たちを蹴散らすユイ捜査官だったが、薬効で動きが鈍ってしまい、彼らに乳房や秘部を弄ばれてしまう。そのまま放置されていたユイ捜査官だったが、研究室に侵入した2人の公安捜査官に助けられる。人質となった公安捜査官の元にたどり着いたユイ捜査官と2人の公安捜査官は、その場にいた首謀者を追い詰めるが、そこに性欲暴走剤が噴霧されてしまう。薬効で自由がきかなくなったユイ捜査官は、性欲が暴走した3人の公安捜査官に輪姦されてしまうのであった。

孕ませられた
潜入捜査官
○違法媚薬で人身売買をしている密売組織に拉致監禁されている女性の救出を命じられた女捜査官のアズサは、仕事を優先するあまり、彼氏との溝が出来つつあった。
◆敵のアジトに潜入したラバースーツ姿のアズサ捜査官は、見張りを倒して女性を救出しようとしたのだが、捜査局の動きを警戒していた男たちに銃を突き付けられ、囚われの身に。違法媚薬を射たれたアズサ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまう。全裸で首輪を繋がれたアズサ捜査官は、電マで責められてしまう。ボスの前に連行されたアズサ捜査官は、見せられた画面の中に拘束された彼氏の姿を見つける。実は、ネットで配信されたアズサ捜査官が辱しめられる映像を観た彼氏が、彼女を救おうとした為に捕まってしまったのである。逆らえなくなったアズサ捜査官は、鎖を外されてボスに辱しめられてしまう。一戦を交えた後、アズサ捜査官は、油断したボスを倒す。再びラバースーツ姿となったアズサ捜査官は、ボスに銃を突き付け、人質交換を交渉する。彼氏に銃を突き付けていた組織のNo.2は、人質となっていたボスを射殺してしまう。交渉の材料を失ったアズサ捜査官は再び違法媚薬を射たれ、彼氏の目の前で、四人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

わるいおとなに
だまされちゃった
乙女凌辱
※該当シーンのみレビュー
○怪しい覆面男を追い詰めた婦警のエリカだったが……
◆背後から別の覆面男に羽交い締めにされたエリカは、股間にリモコンローターを仕込まれ、何故か電気ショックで気絶してしまう。M字開脚状態で椅子に縛り付けられたエリカは、ローターとバイブ、更に電マで責められてしまう。後ろ手に拘束されたエリカは、覆面男に拘束を解かれながら辱しめられてしまう。一戦を交えた後、密かに覆面男を後ろ手に縛っていたエリカの逆転勝利。

人妻車掌痴漢電車
〜晒された制服の
内に秘めた肉欲〜
○大手鉄道会社の女車掌である人妻のナナは、自ら囮となって痴漢を捕まえた。痴漢行為を目撃して証言してくれた正義感あふれる若者にナナは、好感を覚えた。
◆数日後、通勤中の電車内で痴漢に遭うナナだったが、その正体は証言者である若者だった。若者の意外な行為に戸惑いを隠せないナナは、彼の痴漢テクニックにより、今まで味わったことのない快楽に溺れてしまう。駅に降りたナナだったが、若者痴漢に男子トイレの個室へ連れ込まれ、辱しめられてしまう。仕事を終え、ロッカールームで私服に着替えたナナだったが、辱しめられた時に味わった快感が忘れられず、思わずオナニーしてしまう。翌朝の通勤電車内でナナは、若者痴漢にリモコンローターを仕込まれたまま、仕事を強要されてしまう。快楽に耐え、なんとか仕事を終えたナナだったが、人が居ない場所でイラマチオを強要されてしまう。終電が終着駅に到着し、寝ている客を起こす制服姿のナナだったが、その客は若者痴漢だった。若者痴漢の指示通り、彼を乗せたまま、車庫に停車させたナナは、車両内で若者痴漢に抱かれる。再び囮となり、期待するナナだったが、下手くそなテクニックに幻滅し、痴漢を捕まえるのであった。

ミリオンドリーム2014
絶対戦体ミリガーZ
宇宙生命体イカモンと
‘イカ’セ大決戦
スペシャル
☆ミリオンドリーム2014 絶対戦体ミリガーZ 宇宙生命体イカモンと“イカ”セ大決戦スペシャル レッド:星美りか イエロー:佐倉絆 グリーン:坂口みほの ブルー:クリスティーン
○平和を乱す宇宙生命体イカモンと戦う、美少女戦士ミリオンガールズZのレッド(リカ)、イエロー(キズナ)、グリーン(ミホノ)、ブルー(クリスティーン)の4人。
◆美少女戦士たちに苦戦するイカモンとイカモンクイーンは、対抗策としてイカ魔人を召喚した。イカモンを追った美少女戦士たちは、罠とも知らずに二手に別れてしまう。建物内を捜索するブルーとグリーンだったが、漂うイカ臭い匂いに気絶してしまう。変身が解けて両手を吊るされたグリーンとブルーは、イカ魔人に辱しめられてしまう。別の建物を捜索していたレッドとイエローだったが、漂うイカ臭い匂いの媚薬効果で腑抜けになってしまい、イカ魔人に辱しめられてしまう。イカ魔人に対抗するため、4人はハケ水車や舐めダルマの特訓を受ける。4人揃ってイカ魔人に立ち向かう美少女戦士たちは、性技を駆使して雪辱を果たすのだった。

聖美少女戦士
セーラースワン
○秘宝を魔族に盗まれた女神は、ひとりの女子高生に聖なる力と秘宝の奪還を託した。変身した彼女の名は、聖美少女戦士セーラースワン。
◆魔族から女神の秘宝を取り戻したセーラースワンだったが、彼らは諦めることなく、彼女が通う学園を襲撃した。戦闘員を蹴散らすセーラースワンだったが、突如現れた凌辱ハンターの怪光線でダメージを受け、敗北してしまう。鉄格子の中のベッドに拘束されたセーラースワンは、コスチュームの上から胸と股間を弄ばれてしまい、喘いでしまう。分娩台に拘束されたセーラースワンは、電マとバイブで責められてしまう。ギロチン台に拘束されたセーラースワンは、怪人に辱しめられてしまう。拘束を解かれたセーラースワンだったが、怪人に力ずくで辱しめられてしまった結果、快楽の虜となって堕ちてしまうのであった。

犯された着衣ボディー
※該当シーンのみレビュー
○敵に捕まり、縛られて拉致されてしまった、ラバースーツ姿の女捜査官マオ。
◆両手を吊るされたマオ捜査官は、媚薬を飲まされ、ラバースーツの上から亀甲縛りにされた挙げ句、秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれたマオ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

カラダを武器にする、
女機密工作員
セクシーコマンダー
○女子大生のシュンカは、特別捜査官である。今回の指令は、落ちこぼれが集まる高校の生徒たちの成績が急激にアップした原因を究明する事である。
◆女子校生となって潜入したシュンカ捜査官は、怪しい薬剤を入手する。それは、服用するだけで学習能力を飛躍的にアップさせるが、大量に摂取すると全ての記憶を失うという恐ろしい副作用がある事が判明した。シュンカ捜査官は薬剤を管理している男性教師を誘惑する。一戦を交えた後、シュンカ捜査官は薬剤の入手ルートの情報を掴む。薬剤を運んでいる業者に接近したシュンカ捜査官は、誘惑して口で奉仕してあげる。放心状態となった業者から薬剤の仕入れ先を聞き出したシュンカ捜査官は、ナースとして病院に潜入する。入院患者を相手にフェラしてあげたシュンカ捜査官は、高評価となって院長の信頼を得ることに成功する。院長室で二人きりになったシュンカ捜査官は、院長を誘惑する。一戦を交えた後、院長が爆睡している隙にシュンカ捜査官は、薬剤の取引場所と日時の情報を掴むと、その場から立ち去る。実は、院長が眠ったふりをしていたとも知らずに。取引場所である建物に潜入したシュンカ捜査官だったが、背後からクスリを嗅がされ、気を失ってしまう。手錠で鉄格子に拘束されたシュンカ捜査官は、三人の男たちに尋問される。怪しい薬剤を見せられたシュンカ捜査官は、思わず反応してしまう。怪しい薬剤は、院長が開発した新薬であり、彼の目的は薬剤で配下となる医師たちを集め、最終的には全世界の病院を傘下に納めることであった。やっと真相を掴んだシュンカ捜査官だったが、三人の男たちに輪姦された末に、大量の薬剤を飲まされて、全ての記憶を失ってしまうのであった。

美人潜入捜査官
○排卵促進剤の盗難事件と、連続強姦魔による事件に関連があると睨んだ女捜査官のミスズは、製薬会社を訪れた。
◆研究施設で不審な動きをする清掃業者を捕まえたミスズ捜査官は、主犯格の強姦魔がいるアジトの場所を掴む。銃を片手にアジトに侵入したミスズ捜査官は、強姦魔に銃を突き付けるが、乱入した産業スパイたちに邪魔をされ、手錠で後ろ手に拘束されてしまい、排卵促進剤を飲まされてしまう。実は、強姦魔は研究施設からの横流しと、一般女性を使った人体実験をしていたのである。更に、ミスズ捜査官は覚えていなかったが、実は強姦魔と面識があった。強姦魔は、ミスズ捜査官が高校生だった頃の担任だったが、更衣室から彼女の下着を盗んだことを気づかれ、蹴倒された挙げ句、懲戒免職になった過去があった。薬の副作用で力が出ないミスズ捜査官は、強姦魔に辱しめられてしまう。食事を持ってきた男を誘惑し、口で奉仕してあげたミスズ捜査官は、拘束を解いてくれた彼を倒すと、銃を取り返した。研究施設内のを捜索するミスズ捜査官だったが、筋力弛緩ガスを浴びせられてしまい、男たちから乳房と秘部を弄ばれてしまう。強姦魔が担任だった時の教室に連行されたミスズ捜査官は、高校時代に見下していた落ちこぼれの同級生たちに輪姦されてしまうのであった。

巨乳潜入捜査官
○ヤンキーだったジュリアは、電車内で触ってきた痴漢を取り押さえたことがきっかけで、特務捜査官にスカウトされた。
◆強盗や露出狂、ひったくり犯など、小悪党を逮捕してきたジュリア捜査官に新たな任務が。薬物を使って女性の自由を奪い、人身売買をしている疑いのある町工場に潜入し、証拠を掴むことである。秘書として町工場で面接を受けたジュリア捜査官は、採用の条件として、社長に乳房を弄ばれてしまう。深夜、工場内を捜索したジュリア捜査官は、証拠が入っている金庫を見つけるが、暗証番号を知らなかった。翌日、社長室でお茶を飲みながら、社長を待っていたジュリア捜査官は、現れた社長の前でラバースーツ姿に変身して、力ずくで問い詰める。だが、ジュリア捜査官が飲んだお茶には、媚薬効果のある麻薬が仕込まれていた。薬効で力が出せなくなったジュリア捜査官は、社長に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、社長が電話で、次の人身売買の取引の話をしている隙にジュリア捜査官は、姿を消した。人身売買の取引場所に潜入したジュリア捜査官だったが、それは彼女を陥れる罠だった。クスリを嗅がされたジュリア捜査官は、脱力感に襲われてしまう。そこへ現れたのは、前に取り押さえた痴漢だった。逆らう力が出せないジュリア捜査官は、痴漢に辱しめられてしまう。椅子に縛り付けられたジュリア捜査官は、過去に逮捕した小悪党たちに輪姦されてしまうのであった。

女捜査官拷問調教2
囚われた
美人エリート捜査官
悲しみの女体拷問絶叫
生中出し陵辱ファック
○女捜査官のユミは、一年前に内通者の捜査情報漏洩によって、最愛のパートナーである女捜査官を目の前で射殺した闇の組織に復讐する機会を伺っていた。
◆係長から、闇の組織の取引情報を得たユミ捜査官は、情報漏洩を危惧して、単独で潜入を命じられる。ラバースーツ姿で銃を片手に取引現場に潜入したユミ捜査官だったが、手下に見つかってしまう。銃撃戦となり、手下を蹴散らすユミだったが、文字通り一網打尽になってしまう。後ろ手に拘束されたユミ捜査官は、乳房と秘部を弄ばれた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。下着姿のユミ捜査官は、媚薬効果のある自白剤を射たれてしまい、オナニーしてしまう。下着姿で鉄格子の中に監禁されたユミ捜査官の前に現れたのは、死んだはずのパートナーだった。そう、実は捜査情報を漏洩していたのは彼女であり、射殺事件は、内通者とバレる前に姿を消す為の芝居だったのである。思わぬ形でパートナーに再会したユミ捜査官だったが、そのまま久しぶりのレズプレイに発展してしまう。一戦を交えたあと、ユミ捜査官を逃がそうとするパートナーだったが、彼女の裏切りを想定していた部下に、今度は本当に射殺されてしまう。乳房縛りにされ、両手を吊るされたユミ捜査官は、二人の男たちに電マとバイブで責められてしまう。拘束を解かれたユミ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまう。ドレス姿にされたユミ捜査官は、処刑の前に組織のボスに辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、周囲が捜査員に包囲されたことを知ったユミ捜査官は、突入した係長から銃を受け取ると、復讐を果たすのだった。

潜入捜査官
残虐2穴イキ地獄
○表向きは男性向けエステだが、実際には密かに売春させている疑惑がある風俗店への潜入捜査を命じられたアンリは、面接がおわった直後に客の相手をさせられてしまう。
◆客をベッドに寝かせたアンリ捜査官は、ラバースーツ姿となって客と従業員を身柄確保しようとするが、背後から銃を突き付けられてしまい、囚われの身に。開脚状態で台に固定されたアンリ捜査官は、電マと指とバイブで秘部とアナルを責められてしまった挙げ句、アナルに媚薬を塗られてしまう。拘束を解かれたアンリ捜査官は、男にアナルを辱しめられてしまう。目隠しされながら、ベッドへ大の字に拘束されたアンリ捜査官は、ラバースーツを剥ぎ取られ、男たちの手でオイルマッサージをされながら、アナルを電マとバイブで集中的に責められてしまう。両手を拘束され、お尻をつき出す格好にさせられたアンリ捜査官は、男たちの指で秘部とアナルを同時に責められた挙げ句、浣腸された末にバイブでアナルを責められてしまう。拘束を解かれた全裸のアンリ捜査官は、二人の男たちに秘部とアナルを同時に辱しめられてしまうのであった。

黒人SM奴隷File.02
女スパイ煉獄調教
○一匹狼の諜報員であるユウは、今回の依頼主である製薬会社から、ある外資系製薬会社への潜入調査を依頼された。
◆裏で麻薬ビジネスをしていることを掴んだユウは、黒人の経理部長が常連にしているバーで一緒に呑みつつ、視線は彼のノートパソコンに注がれていた。経理部長がトイレに行った隙にノートパソコンを調べたユウは、麻薬ビジネスの資料を見つけるが、背後から様子を伺っていた二人の黒人たちに拉致されてしまう。実は、このバーが麻薬ビジネスのアジトだったのである。身ぐるみを剥がされ、全裸になったユウは、後ろ手に拘束されたまま、イラマチオを強要されてしまう。全裸で鉄格子へ磔にされたユウは、麻薬ビジネスの首謀者でもある経理部長に尋問され、拘束を解かれた代わりに、ムチで痛めつけられた末に、辱しめられてしまう。鉄格子の中に監禁されたユウだったが、決して依頼主を吐こうとはしなかった。経理部長は、優秀な諜報員であるユウを洗脳し、逆スパイとして利用することを決断。ユウの父親に彼女の所持品を送り付け、ラジオのインタビューで娘を心配する父親の声を聴かされたユウは、服従を誓わされてしまう。逆さ吊りでムチを打たれたユウは、降ろされたものの、今度はローソクで責められてしまう。電マで責められたユウは、男たちに輪姦されてしまう。父親宛てに、自分は元気だという複数の手紙を書かされたユウは、この時には気づいていなかった。これが、行方不明の捜査を終わらせる為の策略だということを……。こうしてユウは、彼らの性奴隷に堕ちてしまうのであった。

秘密女捜査官
○麻薬組織に父を殺されたローラは復讐を誓い、女戦士となったのだが、現在は
捜査局に身柄を拘束され、地下牢に監禁されていた。活動を再開した麻薬組織に対して捜査局は、ローラを特別捜査官に任命した。
◆地下牢に監禁されているスポーツ下着姿さんローラは、二人の看守たちに、最後の身体検査という名目で、輪姦されてしまう。銃を片手に、麻薬組織のアジトへ突入したラバースーツ姿のローラ捜査官は、激しい銃撃戦を繰り返しながら、奥へ進む。待ち伏せされ、前後から銃を突き付けられたローラ捜査官は、囚われの身に。後ろ手に拘束され、水も食料も与えられずに監禁されていたローラ捜査官は、水と食料の交換条件としてイラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされたローラ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。下着姿で眠るローラ捜査官は、組織のボスに媚薬を射たれてしまう。組織のボスに弄ばれ、抵抗するローラ捜査官だったが、媚薬効果で自ら肉棒を求めてしまい、辱しめられてしまう。任務に失敗し、捜査局に見捨てられたローラ捜査官は、麻薬組織の性奴隷として、男たちに輪姦されてしまうのであった。

潜入捜査官
○上司が運転するクルマで、裏組織のアジト近くまで送ってもらったラバースーツ姿の女捜査官アイは、直前になって、裏組織に行方不明となっていた兄が関わっていることを知らされる。
◆銃を片手にアジトへ侵入するアイ捜査官だったが、彼女の存在はすでに知られており、捜査情報が漏洩していることを悟る。物陰から様子を伺うアイ捜査官だったが、背後から男に殴打され、気を失ってしまう。囚われの身となったアイ捜査官は、強力な媚薬を飲まされてしまい、男たちに乳房と秘部を弄ばれながら、イラマチオを強要されてしまう。別室に連行されたアイ捜査官は、拘束された兄と再会するが、そこに裏切り者の上司が現れる。身動き出来ない兄の目の前で、アイ捜査官は裏切り者の上司に辱しめられてしまい、一戦を交えた直後に兄は射殺されてしまう。大の字に磔にされたアイ捜査官は、ローターとバイブ、さらに電マで責められ、調教されてしまう。快楽の虜となったアイ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

美しきスーパーボディ
潜入捜査官
○上司のクルマで、敵のアジト近くまで送ってもらった女捜査官のミユは、潜入する直前になって、今回の件に彼女の父親が関わっている可能性を示唆された瞬間、幼い頃に家族が巻き込まれた凶悪事件のトラウマで発作が起きてしまい、捜査局のドクターから貰ったクスリを服用した。
◆上司と共に、銃を片手に敵のアジトに侵入したミユ捜査官だったが、上司とはぐれてしまった挙げ句、拘束された仮面の男が尋問される姿に視線を奪われた隙に、背後から殴打され、気を失ってしまう。両手を吊るされたミユ捜査官は、乳房を弄ばれながら、ディルドで責められた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。尋問されている男が父親だと思い込んでいるミユ捜査官だが、それはドクターから貰ったクスリの影響であり、男の正体は敵の仲間だった。拘束を解かれたミユ捜査官は、二人の男たちに輪姦されてしまう。下着姿で目覚めたミユ捜査官は、目の前に捜査局のドクターがいるので、救出されたのかと思ったが、実はドクターが敵から送り込まれたスパイだった。目の前で上司を射殺され、媚薬を射たれたミユ捜査官は、ドクターに辱しめられてしまうのであった。

ヒロイン・ブレイカー
気高きファイターが、
やがて悪の手に
堕ちて…
※レーベルは違うが、内容はベイビーエンターテイメント。
○対犯罪組織の特殊部隊に所属する敏腕隊員のアスカは、捕らえた小悪党を非合法な尋問して、敵アジトの情報を掴むが、それは彼女を陥れる罠だった。
◆銃を片手に単身、敵アジトに侵入する私服姿のアスカ隊員だったが、待ち伏せしていた男たちから挟み撃ちで逃げ場を失い、囚われの身に。自由を奪われたアスカ隊員は、男たちに輪姦されてしまう。その後、救出されたアスカは、病室で療養していた。部隊の方針で、捜査権を剥奪されたアスカ隊員だったが、自分を辱しめた奴らに復讐するため、ラバーコスチューム姿で、再び敵アジトに潜入する。駆けつけた同僚に安堵するアスカ隊員だったが、それは仲間ではなかった。裏切り者により再び囚われの身となったアスカ隊員は、台に拘束されると媚薬を飲まされてしまう。身ぐるみ剥がされたアスカ隊員は、電マとディルドで責められてしまう。M字開脚状態に拘束されたアスカ隊員は、電動工具ディルドで責められ、果てしない快楽地獄で調教されてしまう。完全に堕ちてしまったアスカ隊員は、男に辱しめられながら、喜びを感じてしまうのであった。

スパイラルハニー
○逃走する戦闘員を追って、廃車工場にたどり着いた正義のヒロイン、スパイラルハニー。
◆次々と襲いかかる戦闘員たちを蹴散らすスパイラルハニーだったが動きが鈍った瞬間、戦闘員が放った秘密兵器によって、彼女は自由を奪われ、囚われの身に。コスチュームの上から乳房を弄ばれ、電マで責められたスパイラルハニーは、イラマチオを強要されてしまう。強力な媚薬を射たれてしまったスパイラルハニーは、二人の戦闘員たちに輪姦されてしまう。コスチュームを剥ぎ取られたスパイラルハニーは、自身のコスチュームで絞殺され、全裸で放置されてしまうのであった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
○麻薬捜査官のユイは、違法な常習性媚薬を扱う犯罪組織を単独で追っていた。
◆上司である管理官から犯罪組織の取引情報を得たユイ捜査官は、取引現場に潜入するが、待ち伏せしていた男たちに囚われてしまう。ギロチン拘束具で吊るされたユイ捜査官の前に現れたのはなんと、管理官だった。実は、ユイ捜査官が追っていた犯罪組織を裏で操っていたのが、管理官だったのである。今まで得た情報を吐かせようと、痛めつけられるユイ捜査官だったが、彼女の意思は強かった。拷問に屈しないユイ捜査官は、管理官に辱しめられてしまう。吊るされたまま眠ってしまったユイ捜査官は、乳房を揉んでいる男を蹴り倒す。だが、その男は、ユイ捜査官を救出しようとアジトに侵入したが、我慢できずに彼女に手を伸ばしてしまった後輩捜査官だった。ユイ捜査官の不手際で人質となってしまった後輩捜査官を使って、管理官がゲームを持ち掛ける。制限時間内に後輩捜査官を射精させないと、彼の命が奪われると知ったユイ捜査官は、男たちの前で後輩捜査官を奉仕して条件を満たすが、時間切れにされてしまい、徒労に終わってしまう。常習性媚薬を投与され、電マとバイブで調教されたユイ捜査官は、男たちに輪姦されてしまうのであった。

ヤンキー捜査官
○世間を揺るがす連続自爆テロ事件が頻繁。その実行犯の中には、スケバンのアユが慕う兄もいた。兄の性格上、自分の意思で事件を起こす人物ではないことは、周知の事実だったので、彼が通う学園に疑惑が持ち上がった。そこで、アユが特別捜査官として潜入した。
◆転校生となったアユ捜査官は、改造銃を持って襲いかかる番長を返り討ちにして尋問した結果、この一件に優等生が関わっていることを知る。番長の協力で、優等生と仲間たちのアジトに連行アユ捜査官は、化学教師が爆弾作りと洗脳に関わっていることを知る。仲間たちに絶対服従の意思を確認する優等生だったが、迷いがある番長を自爆テロの実行犯に指名する。洗脳されそうな番長を庇い、身代わりとなったアユ捜査官は、洗脳装置の効果を気力で跳ね返すが、その代わり体力を奪われてしまう。動けなくなったアユ捜査官は、男たちの目の前で、指示された番長に辱しめられてしまったあと、洗脳マシンで記憶を書き換えられてしまう。授業中の机で目覚めたアユ捜査官は、理不尽な化学教師を殴りかかるが、力が発揮できず、生徒たちに拘束されてしまう。身動き出来ないアユ捜査官は、化学教師や生徒たちから、イラマチオを強要されてしまう。全裸で分娩台に拘束されたアユ捜査官は、強力な媚薬を射たれると、バイブや電マ、さらにローターで責められたあげく、ふたたび洗脳マシンて記憶を書き換えられてしまう。ロッカールームで目覚めた体育着姿のアユ捜査官は、心配して現れた番長の目の前でオナニーしてしまうが、絶頂に達したことで、洗脳が解けた。優等生を追い詰め、化学教師に鉄拳制裁を与えようとしたアユ捜査官だったが、洗脳効果により、彼には逆らえなかった。媚薬を射たれたアユ捜査官は、優等生と化学教師に辱しめられてしまうのであった。

潜入捜査官
○不覚にも潜入した犯罪組織のアジトで捕まってしまった潜入捜査官のキズナ。実はそれが、彼女の狙いだった。
◆隠し持っていた媚薬スプレーで男を発情させ、立場を逆転させたキズナ捜査官は、相手を押し倒し、下半身を使って快楽責めにして服従させることに成功。無事に任務を果たし、上司に報告したキズナ捜査官だったが、新たな指令が下り、さらに強力な媚薬スプレーを与えられた。深夜、秘書として潜入した会の社長室に隠しカメラを仕込み、社長のノートパソコンで使っているコードやパスワードを入手したキズナ捜査官は、その夜に再びラバースーツ姿で社長室に浸入。難なく、機密情報のコピーに成功したキズナ捜査官だったが、背後から銃で殴打されてしまう。遠くなる意識の中で、背後の男を見たキズナ捜査官は、意外な人物に驚きと疑問を交差しながら、気を失った。その男とは、キズナ捜査官の上司だったのである。後ろ手に拘束されたキズナ捜査官は、銃を持った社長にイラマチオを強要されてしまう。全裸のM字開脚状態でソファーに縛りつけられたキズナ捜査官は、裏切者の上司によって、彼女に与えられた強力な媚薬スプレーを浴びせられ、ローターと電マで責められた末に、大量のローターを乳房と秘部に触れる位置で固定されたまま、放置されてしまう。男たちが待つロングソファーに、ラバースーツ姿で連行されたキズナ捜査官は、4人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

女忍
○人知れず悪を倒してきた忍者一族のくノ一、ジュリア。今回のターゲットは、表向きは製薬会社の社長だが、裏では違法薬物で私腹を肥やしている男。問題は、彼をガードしているのが、抜け忍となった彼女の兄であり、簡単には手を出せなかった。
◆ジュリア弟子が兄の動きを封じてる隙に彼女は、社長室でターゲットを誘惑。フェラとパイずりをしている隙に、ノートパソコンから、取引情報をコピーすることに成功した。弟子と共にその場を離れようとしたジュリアだったが、片目の男が立ち塞がった。彼もジュリアの弟子だったのだが、真剣勝負で敗北し、隠し持った銃で背後を狙うという卑怯な手口に怒った彼女に片目を斬られ、姿を消していたのである。圧倒的な剣術の差で、片目の男を追い詰めるジュリアだったが、参戦してきた兄には歯が立たず、囚われの身に。全裸でベッドに拘束されたジュリアは、片目の男に辱しめられてしまう。首輪で繋がれたジュリアは、違法薬物を製造している男たちから、イラマチオを強要されてしまう。分娩台に拘束されたジュリアは、ローション媚薬を塗られてしまい、ローターとバイブ、さらに電マで責められてしまう。放置されたジュリアを救ったのは、兄だった。ジュリアを弟子に託した兄は、再び戻っていった。任務を引き継いだ弟子が、取引場所である電車内でターゲットを狙うが失敗。しかし、電車に乗り込んだジュリアがターゲットを狙い、追い詰めるのだが、弟子が人質になってしまい、自由を奪われてしまう。取引商品である、感度が上がる違法薬物を射たれたジュリアは、強迫された弟子に辱しめられてしまう。アジトに拘束されたジュリアだったが、人がいなくなった隙に、弟子によって解放される。再び、ターゲットを狙うジュリアだったが、彼女の前に塞がったのは、違法洗脳薬を射たれた片目の男と兄だった。追い詰められたジュリアだったが、弟子が命を捨てて庇ったおかげで、二人に致命傷を与え、再びターゲットを追い詰める。しかし、違法洗脳薬によって、半ゾンビと化した二人に拘束されたジュリアは、違法洗脳薬を射たれた末に、二人に輪姦されてしまうのであった。

超乳万引き捜査官
○業界内でも伝説の存在と化しており、幾多の万引き犯を現行犯で取り押さえてきた万引きGメンのヒトミ。
◆大手企業のエリート社員なのだが、万引き常習者でもある男を取り押さえ、バックヤードに連行したヒトミは、歯止めの効かない相手の制裁として、彼が勤務する企業に現状を伝えてしまう。その結果、懲戒解雇となった元エリートは、ヒトミを逆恨みする。いつものように、万引き犯を取り押さえ、犯人が万引きした商品を自分のバックに入れてから、バックヤードに連行しようとしたヒトミだったが、その彼が周囲の客にヒトミが万引き犯であり、彼女のバックから先ほどの商品を取り出して見せる。事情を説明しようとするヒトミだったが、彼女が商品をバックに入れる決定的瞬間を撮った男性客が現れ、店側の信頼も失ってしまう。その男性客こそ、今回の罠を仕掛けた張本人である元エリートだった。立場が逆転してバックヤードに連行されたヒトミは、元エリートに辱しめられてしまい、さらに今まで取り押さえてきた万引き犯のリストまで奪われてしまう。椅子に縛り付けられたヒトミの前に現れたのは、過去に彼女によって取り押さえられた万引き犯たちだった。股間にリモコンローターを仕込まれたヒトミは、突然襲う快楽に耐えながら、パトロールさせされる。再び、快楽に耐えながらパトロールをするヒトミだったが、元万引き犯の一人に物陰でイラマチオを強要されてしまう。それから4日後、深夜の店内でヒトミは、バイブを挿入されたまま、四つん這いに歩かされていた。連日、調教され続けたヒトミは、男たちに輪姦されてしまうのであった。

黒人巨大マラ VS
現役黒帯空手家
○修業旅から帰ってきた黒帯女空手家のミクは練習生たちから、近所の黒人兵施設の男たちによって、道場が事実上占領されていることを知る。道場に現れたミクは、襲いかかる男たちを倒し、退散させる。
◆退散した黒人兵たちは、格闘術の得意なリーダー格を連れてくる。リーダー格を相手に果敢に攻める柔道着姿のミクだったが、スタミナ切れで敗北してしまう。まともに動けないミクは、最初に倒した3人の黒人兵たちに輪姦されてしまう。解放された翌日、テーブル席で練習生たちと対応策を考えながらも、敗北に落ち込むミクだったが、そこに現れた2人の黒人兵たちにイラマチオを強要されてしまう。黒人兵たちの溜まり場に連行されたミクは、鼻フックで責められ、オナニーを強要された挙げ句、首輪で繋がれてペット扱いされた末に、放尿させられてしまう。それでも雪辱を果そうと、トレーニングを続けるミクは、強敵を詳しく知るために、自らリーダー格を誘惑し、抱かれる。再び、柔道着姿で現れたミクは、襲いかかるサブリーダー格を倒す。再び、リーダー格と対峙するミクは、柔道着を脱ぎ捨てる。全裸となり、過去の敗因である恥じらいを捨てたミクは、闘いに集中して、リーダー格を倒す。勝利したミクは、自身をペット扱いにした2人に屈辱を与えるのだった。

風俗ビル潜入捜査官
○とある風俗ビルには違法快楽薬が作られているという疑惑があり、唯一の女捜査官であるマミが潜入を命じられた。
◆偽の履歴書を持参してビル内のファッションヘルスの面接を受けたマミ捜査官は、店長を相手に、パイずり、スマタ、さらにフェラの指導を受けて、風俗嬢として潜入に成功する。風俗嬢として、客から風俗ビルの情報を集めるマミ捜査官だったが、スマタで満足する程度の客では、限度があった。そこで、常連客が好む本番プレイをすることを決心したマミ捜査官は、再び店長に本番プレイの指導を受ける。本番プレイを始めたおかげで、開店当初からの常連客を紹介されたマミ捜査官は、相手をしながら詳しい情報を聞き出していく。常連客だから知っている、この店で起きている不可解な事件の情報を得るための交換条件として、オナニーを披露させられながら、過去に風俗嬢たちが行方不明になっていることを知る。常連客にバイブで責められながらもマミ捜査官が得た情報は、風俗ビルの地下室に怪しい男たちが出入りし、店長が違法快楽薬の売買に関わっていることだった。ついに念願の情報を得られた喜びと初めて味わった快楽に我慢出来なくなったマミ捜査官は、自ら望んで本番プレイで絶頂する。さっそく、地下室のドアを調べようとしたマミ捜査官だったが、店長が現れたので、その場を何とか誤魔化して退散する。捜査局の上司に今まで得た情報を報告したマミ捜査官は、突入用の銃を与えられる。しかし、違法薬物組織もマミ捜査官の正体に気づいていた。組織のボスは、マミ捜査官の客として幹部を差し向ける。客として現れた幹部から、組織の詳しい情報を聞き出したマミ捜査官は、それが彼女を誘き出す餌だとも知らずに、本番プレイで奉仕してあげる。ラバースーツ姿で銃を片手に地下のアジトに侵入するマミ捜査官だったが、男たちが待ち受けていた。激しい銃撃戦の末、男に銃を突き付けるマミ捜査官だったが、店長が人質になってしまい、彼女は囚われの身に。実は、店長もグルだったのである。両手を吊るされたマミ捜査官は、痛めつけられても屈しなかった。次の手段として、違法快楽薬を飲まされたマミ捜査官は、身ぐるみ剥がされて、男たちから電マとバイブで責められてしまう。薬効で快楽の虜となったマミ捜査官は、男たちからイラマチオを強要されながら、ボスに辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、勝利を確信した組織のボスに銃を突き付けたのは、全裸で男たち全員を倒したマミ捜査官だった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
○頻発している若い女性の怪死事件を追う特務女捜査官のリサは、事件の裏に違法な快楽薬の存在と、関係性を疑う医院にたどり着く。
◆派遣されたナースとして潜入したリサ捜査官は、医院にある怪しい扉の先を疑う。銃を片手に深夜の医院に潜入したミニスカ姿のリサ捜査官は、院内を彷徨く怪しい男たちに気付かれずに大部屋へ向かうが、入院患者が消え、異変に気付いたドクターが隠れていた。怪しい男たちと銃撃戦を交わすリサ捜査官だったが、ドクターを人質にされ、囚われの身に。両手を吊るされたリサ捜査官は、痛めつけられても屈しない。秘部を露にされ、弄ばれたリサ捜査官は、制限以内に人質となったドクターを射精させないと、彼の命が失われるので、口で奉仕する。何とか制限時間以内にクリアしたリサ捜査官だったが、今度は脅されたドクターに辱しめられてしまう。ドクターと共に手錠で拘束され、監禁されたリサ捜査官だったが、ブーツに隠していたアイテムで、いとも簡単に手錠を外す。ドクターの拘束も解き、脱走を試みようとしたリサ捜査官だったが、彼に後頭部を殴打され、気を失ってしまう。そう、ドクターも敵の仲間だったのである。分娩台に拘束され、電流責めにされたリサ捜査官は、違法快楽薬を射たれてしまい、バイブと電マで責められてしまう。両手を吊るされ、乳首にローターと股間に電マを固定されたリサ捜査官は、更に違法快楽薬を射たれてしまい、複数の電マで責められてしまう。クスリ漬けにされたリサ捜査官は、男たちからイラマチオを強要された挙げ句、組織の幹部に辱しめられてしまうのであった。

女捜査官拷問調教3
裏切りのシナリオ〜
敵アジト単独潜入
監禁拘束極限肉体拷問
薬漬け陵辱ファック
生中出し
○特別女捜査官のアユミは、通院という形式で、医者から処方箋という名目の指令書を受け取る。今回の指令は、多額の身代金を要求する国際テロ組織に拉致された同胞の救出及び連絡である。
◆アジトの場所を掴む為、アユミ捜査官は、国際テロ組織と繋がりがある男を誘惑して押し倒し、手掛かりを掴むことに成功する。ラバースーツ姿でアジトに侵入したアユミ捜査官は、人質の拘束を解いて逃走を試みるが、見つかってしまい、激しい銃撃戦に。だが、アユミ捜査官に銃を突き付け、銃撃戦を終わらせたのは、人質だったはずの男だった。そう、全ては狂言誘拐だったのである。両手を手錠で拘束されたアユミ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。両手を吊るされて、媚薬を射たれた下着姿のアユミ捜査官は、ムチ打ちと性感帯の快楽責めを交互に受けてしまう。拘束を解かれたアユミ捜査官は、男に辱しめられてしまう。疲れて眠ってしまったアユミ捜査官は、媚薬を射たれてしまい、渡されたバイブでオナニーをしてしまう。後ろ手に緊縛拘束されたアユミ捜査官は、人質だった男にローソク責めにされた挙げ句、拘束を解かれてイラマチオを強要されてしまう。油断した男を締め上げ、こちら側の人質として逃走を試みるアユミ捜査官だったが、テロは容赦なく人質になった男を射殺してしまう。M字開脚状態でソファーに緊縛拘束されたアユミ捜査官は、電流責めにされた挙げ句、電マとバイブで責められてしまう。手枷、足枷をされたアユミ捜査官は、テロ組織の二人に輪姦されてしまうのであった。

巨乳潜入捜査官
○正義感の強いヤンキーのメグリは、わざとぶつかって因縁を付けてきたチンピラを殴り倒す場面を目撃したスーツ姿の男から、特別捜査官にスカウトされた。露出狂や下着泥棒等の小悪党を次々と捕まえ、実績を積んだメグリ捜査官に、本格的な潜入捜査の指令が。表向きは製菓会社だが、裏では合成媚薬を使った人身売買組織から、犯罪を実証する証拠の入手と囚われている女性の救出だった。
◆秘書の面接として、ミニスカ・スーツ姿で社長室に現れたメグリ捜査官は、先輩秘書から胸の膨らみに乗せたチョコを、社長に食べさせる行為をやらせられ、試験には合格する。興奮した社長に巨乳を弄ばれてしまうメグリ捜査官だったが、社長室の電話が鳴って、その場は救われる。ラバースーツ姿で深夜の社長室を探るメグリ捜査官だったが、怪しい金庫を開けられず、退散する。翌日の昼間、社長を誘惑して金庫を開けさせたミニスカ・スーツ姿のメグリ捜査官は、中から取り出したチョコを食べさせられる。メグリ捜査官を押し倒そうとした社長は、ラバースーツ姿に変身し、正体を明かした彼女に反撃される。たが、メグリ捜査官が口にしたチョコには、合成媚薬が仕込まれており、徐々に力が出せなくなってしまう。薬効で戦えなくなってしまったメグリ捜査官は、社長に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、社長が油断した隙にメグリ捜査官は、金庫内の人身売買の資料と共に姿を消した。入手した資料から、女性の監禁場所を特定したメグリ捜査官は、ラバースーツ姿で侵入すると、男たちを蹴散らして、鉄格子の中から女性を連れ出す。任務成功と思ったメグリ捜査官だったが、救出した女性からクスリを嗅がされてしまう。実は、監禁された女性を演じていたのは先輩秘書であり、全てはメグリ捜査官を捕らえる為の罠だった。再び、薬効で力が出せなくなってしまったメグリ捜査官は、組織の男に辱しめられてしまう。ロングソファーにM字開脚状態で緊縛拘束されたメグリ捜査官の前に現れたのは、過去に倒したチンピラ、露出狂、下着泥棒の三人組だった。身動き出来ないメグリ捜査官は、小悪党三人組に輪姦されてしまうのであった。

くいこみ仮面
巨乳圧搾絞り
拷問しばき鞭
○世間から隔離された、驚異の進学率を誇る全寮制の学園。その実態は、テストで合格点に到達出来なかった生徒を、仕置き教師たちが制裁を加えるという恐怖支配だった。今日も放課後の教室で、合格点に到達しなかったガリ勉男子生徒に制裁を加える仕置き教師たち。そこに現れたのは、豊満な乳房を露にしながらも、レスラーマスクとふんどしで素顔と股間を隠した正義のヒロイン、その名は「くいこみ仮面」。羞恥心で潜在能力を発揮したくいこみ仮面は、仕置き教師たちを倒し、ガリ勉男子生徒を逃がすと、姿を消した。
◆負傷した仕置き教師たちは、くいこみ仮面は、学園内の関係者だと絞り込み、目に焼き付いた彼女の肉体から、生徒会長のシオリが疑われた。椅子に縛り付けられ、くいこみ仮面と疑われたシオリは即座に否定するが、彼女の言葉を信用しない仕置き教師たちは、拷問という名目の調教を始める。乳房縛りで吊るされたシオリは、股間を縛られた末に電マで責められてしまう。天井に吊るされた滑車を経由した重りで食い込む股間のロープに悶えながらムチで打たれ、乳首を責められてしまう。全裸で両手を吊るされたシオリは、乳房を洗濯バサミだらけにされながら、三角木馬で責められてしまう。豊満な乳房を板で挟まれたシオリは、乳房をローソクで責められながら、コブ付きロープを股がって歩かされてしまう。快楽を覚えてしまったシオリは、放課後の教室で、仕置き教師たちの前にオナニーを披露するが、その姿を扉隙間から覗く者が居り、仕置き教師に見つかってしまう。それは、くいこみ仮面に助けられたガリ勉男子生徒だった。後ろ手に乳房縛りにされたシオリは、ガリ勉男子生徒に辱しめられてしまう。結局、くいこみ仮面の正体は掴めなかったが、シオリは生徒から完璧な性奴になっていた。

痙攣アクメ痴獄
※該当シーンのみレビュー
○麻薬王の暗殺に失敗し、囚われの身となった女スパイのイザベラ。
◆監禁されたイザベラは、今日も覆面男三人組に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、そこに現れたのは、ペットと化したM男を連れた麻薬王であり、その姿を見たイザベラは、あの時の悪夢がよみがえった。イザベラが放った銃弾で頭部を負傷した麻薬王だったが、その反動で彼の巨根が常時、勃起したままになり、反撃された彼女は、辱しめられた結果、現在に至っているのである。再びイザベラは、麻薬王に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、部下たちが殺害されていることに気づく麻薬王だったが、彼の首もとにもナイフが。その持ち主は、麻薬王のペットと化してたM男であり、実はイザベラの仲間であった。結果として陽動作戦となり、麻薬王の殺害に成功したイザベラは、仲間と共にその場をあとにするのだった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙
○快楽薬を扱う麻薬組織への潜入捜査中、消息を絶ったユイ捜査官は現在、囚われの身となり薬漬けにされて組織のボスに辱しめられていた。それから三ヶ月後、同僚のアイ捜査官は、消息不明のユイ捜査官の生存を信じて、上司である管理官を説得するが、彼は消極的だった。何故なら、麻薬組織のボスと管理官が同一人物だったからである。消極的な管理官の反応に違和感を覚えたアイ捜査官は、極秘に単独捜査を開始した。
◆その頃、管理官に快楽薬を射たれたユイ捜査官は、オナニーしてしまう。管理官と共にアジトに侵入したアイ捜査官は、最悪の事態.を想定して、今回の潜入捜査の件を2日後に自動で本部にメール送信されることを報告する。二手に分かれての潜入捜査を命じられたアイ捜査官は、激しい銃撃戦になるが、管理官が人質にされてしまい、囚われの身に。ギロチン拘束具で吊るされたアイ捜査官は、仮面の男に辱しめられてしまう。鉄格子の中のベッドに拘束されたアイ捜査官の前に現れたのは、ペニスバンドを装着したユイ捜査官だった。身動き出来ないアイ捜査官は、ユイ捜査官に辱しめられてしまうが、密かに隠し持っていた中和剤を口移しで飲ませることに成功した。薬物中毒から解放されたユイ捜査官は、ラバースーツ姿となって、鉄格子の中のアイ捜査官を救出に現れる。逃走する管理官に発砲するユイ捜査官は、彼が黒幕だとアイ捜査官に伝える。アイ捜査官の拘束を解くユイ捜査官だったが、男たちに銃を突き付けられ、再び囚われの身に。快楽薬を射たれた二人の女捜査官は、男たちに電マとバイブで責められた末に、輪姦されてしまう。だが、直前に服用した中和剤により、正気を保った二人の女捜査官は、管理官を逮捕するのだった。

キュンキュン仮面
○覆面の悪徳理事長が経営するエクシオール学園では、理事長の私設戦闘員が女生徒たちに悪さをしていたが、顔を隠して体を隠さないキュンキュン仮面が得意なヌンチャクで彼らを撃退していた。業を煮やした理事長は、行動を開始した。
◆水泳部のリナは、先に帰るマネジャーのマユカを見送ると、スクール水着のまま、ストレッチを始めた。そこへ、二人の私設戦闘員を引き連れた覆面理事長が現れ、リナが校則違反をしたと言いがかりをつける。身に覚えがないリナが反論すると、嘘を言っていると決めつけられ、お仕置きとして乳房と秘部を弄ばれてしまう。理事長の肉棒が、リナの秘部に迫る直前、彼女は逃走。廃車置き場を逃走するリナと、それを追う二人の私設戦闘員たち。リナの姿を見失った私設戦闘員たちの前に立ち塞がったのは、キュンキュン仮面だった。得意なヌンチャクで私設戦闘員たちを倒すキュンキュン仮面だったが、先に帰ったはずのマユカが理事長に捕らわれており、抵抗出来なくなったキュンキュン仮面は、囚われの身に。鎖で拘束されたキュンキュン仮面は、屋外で理事長に乳房と秘部を弄ばれてしまう。拘束を解かれ、屋外の黒マットに寝かされたキュンキュン仮面は、マスクを剥がされそうになるが、外れなかった。媚薬線香を嗅がされてしまったキュンキュン仮面は、我慢出来ずにオナニーしてしまう。媚薬効果を実証してしまったキュンキュン仮面は、媚薬を塗られたディルドで責められてしまい、逝ってしまう。再び、マスクを剥がされそうになるキュンキュン仮面だったが、少しだけ緩くなったが、まだ外れなかった。このまま逝かせ続ければ、マスクが剥がせると確信した理事長と私設戦闘員たちは、キュンキュン仮面を輪姦する。一戦を交えた後、キュンキュン仮面はマスクを剥がされてしまう。正体を暴かれたキュンキュン仮面は、ふらふらになりながらも、その場から逃げ去るのであった。

美しきスーパーボディ
潜入捜査官
○新人だったアカネ捜査官に、手取り足取り格闘術を指導してくれて愛しい人となり、作戦前に絡みあった上司が、犯罪組織のアジトに潜入するも消息不明になってしまった。
◆銃を片手に敵アジトに潜入したアカネ捜査官は、上司が犯罪組織の仲間として扱われている姿を目撃する。襲いかかる男たちを容赦なく射殺し、銃を突き付けた男に幹部の元へ案内させたアカネ捜査官だったが、組織幹部と親しげに談笑する上司の姿に動揺してしまい、背後から殴打され気絶してしまう。手錠で拘束されたアカネ捜査官は、二人の男たちにイラマチオを強要されてしまう。媚薬を射たれたラバースーツ姿のアカネ捜査官は、組織幹部と最初から組織の人間だった上司に輪姦されてしまう。組織の黒幕である某国の兵士にアカネ捜査官は、銃を突き付けられ、媚薬を射たれた末に辱しめられてしまう。一戦を交えたあとにアカネ捜査官は、近くにあったレンガで兵士を背後から殴打し、奪った銃で射殺すると、姿を消した極悪上司の行方を追うのだった。

姦全犯罪クラブDX
○学校に通う女生徒や女教師を狙う「姦全犯罪クラブ」の実態調査と壊滅を目的に生徒として潜入したマヤ。だが、彼女の存在は、既に気づかれていた。画面の向こうにいる仮面の首領と、校内で実権を握っている総統が、マヤ捜査官への対抗策を練っていた。
◆犯罪グラブの一員と思われる用務員をテープで後ろ手に縛り、銃を突きつけて尋問するマヤ捜査官だったが、彼は無関係だと訴える。用務員に背を向け、思案するマヤ捜査官だったが、密かに拘束を解いた彼に襲われ、銃を奪われてしまう。立場が逆転してしまったマヤ捜査官は、イラマチオを強要されてしまう。用務員が欲望を発散した隙に銃を奪い返したマヤ捜査官は、再び尋問を開始。観念した用務員は、犯罪グラブの情報ならユキという女教師から聞いた方が早いと言い、高笑いする。これ以上、尋問しても無駄と悟ったマヤ捜査官は、用務員の腹部を撃ち、ユキ先生を探しに行く。だが、用務員は死んではいなかった。マヤ捜査官忍び込んだ職員室の奥に見える応接室では、ユキ先生が犯罪グラブの男に辱しめられていた。あまりの出来事に、固まっていたマヤ捜査官だったが、ユキ先生たちの一戦が終わった直後に、男の腹部を撃って、助けに向かう。辱しめられても屈しないユキ先生の姿に尊敬の念を抱いたマヤ捜査官は、正体を明かそうと考える。ユキ先生の提案で、別の場所に移動する二人。死体だけが残された応接室だと思われたが、実際には彼も生きていた。実は、犯罪グラブの男たちは、こんなこともあろうかと、防弾チョッキを着ていたのである。学校の屋上で正体を明かしたマヤ捜査官に対し、ユキ先生は校内にある犯罪グラブのアジトの場所を知っていると告げる。単独潜入を思案するマヤ捜査官だったが、ユキ先生は教師として潜入に協力すると宣言。それも、マヤ捜査官が狙われているので、彼女の制服を着用しての陽動作戦を提案した。銃を構えてアジトに突入する制服姿のユキ先生とラバースーツ姿のマヤ捜査官だったが、ちょっとした油断から、ユキ先生に銃が突きつけられ、二人は囚われの身となり、別々の場所へ連行されてしまう。監禁されたマヤ捜査官は、総統に辱しめられてしまう。別室では、ユキ先生が二人の男たちに輪姦されてしまう。両手を吊るされた透け透けスクール水着姿のマヤ捜査官の前に現れたのは、射殺したはずの用務員だった。身動き出来ないマヤ捜査官は、用務員と彼の部下二人にローターで責められてしまい、ザーメンまみれにされてしまう。その直後、室内のテレビ画面に仮面の黒幕が登場し、用務員たちにマヤ捜査官をアジトに連行するよう命じる。制服姿で後ろ手に乳房縛りにされたマヤ捜査官が連行されるが、彼女は自分の事よりも、ユキ先生の安否確認を優先させた。意味深な含み笑いでマヤ捜査官の望みを叶える総統は、室内に居た仮面の黒幕を紹介する。そう、この仮面の黒幕こそ、ユキ先生の名を騙った女である。全ては、黒幕の余興だったのである。衝撃の事実に理解不能に陥ったマヤ捜査官は、犯罪グラブの男たちに輪姦されてしまう。楽しい余興が終わってしまった黒幕は、二人の男たちを押し倒すのだった。

宇宙捜査官
アリス
○宇宙テロリストを追って地球にたどり着いた宇宙捜査官のアリスは、3人のテロリストを追いつめる。逃げ場を失ったテロリストたちに反撃されるアリス捜査官だったが、構えたレーザー銃で彼らを倒す。
◆だが、テロリストの仲間が、アリス捜査官の後方から麻酔銃で狙っていた。ちょっとした油断から、気配に気づくのが遅れたアリス捜査官は、麻酔レーザーを浴びてしまい、レーザー銃を落としてしまう。動きが鈍くなってしまったアリス捜査官は、テロリストに首を絞められてしまい、気絶してしまった。両手を吊るされたアリス捜査官は、テロリストたちに服の上から胸と股間を弄ばれてしまう。ミニスカを捲られ、白のパンティが露にされてしまったアリス捜査官は、電マで責められてしまい、パンティを湿らせてしまう。後ろ手に拘束されたアリス捜査官は、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。連絡を絶ったアリス捜査官の無線機から、彼女からの応答を問う仲間の声が響くが、その彼女は全裸のまま、後ろ手にクサリで拘束されていた。テロリストたちに拘束を解かれたアリス捜査官は、彼らの肉棒を口で奉仕するのであった。

原作・中華なると
ヤク漬け悦楽コミック
実写化!!
女捜査官
調教連鎖
◆学園の校長室でデスクワークをしていたユリは、目の前に現れた叔父に驚愕する。叔父のクロカワは、ユリを辱しめようとしたところを、警戒していた女刑事たちに現行犯で逮捕され、現在は収監されているはず……だったのに!媚薬を射たれてしまったユリ校長は、クロカワに辱しめられてしまう。満足げなクロカワは感慨に耽っていた。何しろユリが若い頃に、クロカワが性的イタズラをしたのが調教の始まりだったからである。校内には、出所が近いという情報を得た女刑事のミユキが、教師として潜入していたのだが、教師たちの前でユリ校長がクロカワを紹介したことで、初めて異変に気づく。銃を片手に校長室へ侵入したミユキ捜査官は、椅子の上で快楽に酔いしれるユリ校長を見つける。呆然とするミユキ捜査官の首筋に何かが刺さる。刺されたのが吹き矢だと気づいたミユキ捜査官は、次々放たれる吹き矢を避けると、背後の扉から現れた用務員に羽交い締めされてしまう。とっさの判断で窮地を脱したミユキ捜査官は、倒した用務員に銃を突きつけながら、クロカワに協力者がいることを察した。吹き矢の筒を持って現れたクロカワに銃を突きつけるミユキ捜査官だったが、刺さった吹き矢には麻酔薬が仕込まれていた。意識が朦朧とするミユキ捜査官は、クロカワにクスリを射たれてしまう。その夜、クロカワのマンションに連行されたミユキ捜査官は、全裸で吊るされていた。身動き出来ないミユキ捜査官は、クロカワにクリと乳首を責められてしまい、媚薬を射たれてしまう。ベッドに拘束されたミユキ捜査官は、クロカワに辱しめられてしまい、バージンを奪われてしまう。一戦を交えたあと、拘束されたままのミユキ捜査官の前に現れたのは、ボンデージ姿のユリ校長だった。ベッドで身動き出来ないミユキ捜査官は、ユリ校長からレズプレイで調教されてしまう。そのまま監禁され、クロカワに調教されるミユキ捜査官だったが、彼女の上司である捜査主任のミドリが突入して、クロカワは身柄確保され、ミユキ捜査官は救出された。だが、何故かクロカワは釈放されてしまった。校長室でユリ校長を快楽責めにするクロカワの元へ現れたのが、彼を釈放させた悪徳弁護士のキノシタだった。そう、彼こそがクロカワの協力者だったのである。そこへ、ミユキ捜査官が乱入。クロカワは、ミユキ捜査官へ賭けを提案。ミユキ捜査官とクロカワでエッチ勝負し、彼らを先に逝かせたら、ユリ校長を解放する条件となった。緊縛され、クロカワの快楽責めに耐えるミユキ捜査官だったが、彼の策略でユリ校長も参戦し、絶え間ない二人の快楽責めに、ミユキ捜査官は堕ちてしまう。捜査本部に現れたミユキ捜査官の変化に気づいたミドリ捜査主任は、外出したミユキ捜査官がクロカワと待ち合わせしていたことに驚愕する。尾行してたどり着いたラブホテルに潜入したミドリ捜査主任は、窓口越しに警察手帳を見せて、老人らしき声の主から、二人が入った部屋を聞き出す。言われた部屋に突入したミドリ捜査主任だったが、背後から現れたのはキノシタだった。そう、キノシタの狙いはミドリ捜査主任だったのである。罠だと気づいたミドリ捜査主任だったが、キノシタにクスリを射たれてしまい、気を失ってしまう。パンスト&パンティ姿で両手を吊るされたミドリ捜査主任とキノシタには、過去に因縁があった。それは、キノシタがミドリ捜査主任にセクハラしながら求婚したが、反撃された末にフラれたことだった。キノシタによって、吸盤ローターで両乳首を、スティックローターで秘部を責められたミドリ捜査主任は、快楽に敗北してしまう。拘束を解かれたミドリ捜査主任は、媚薬を射たれて、キノシタとクロカワに輪姦されてしまい、余りの快楽に理性を失ってしまう。性奴隷と化したミユキ捜査官とミドリ捜査主任は、喜んでクロカワを奉仕してしまう。ウエディングドレス代わりの白いセクシー下着を着たミドリ捜査主任は、二人だけの寝室で、キノシタとの結婚式を挙げると、濃厚に絡み合った。その後、ミユキ捜査官は、校長室でユリ校長とレズプレイに酔いしれ、ミドリ捜査主任は、署内の一室でキノシタの吸盤ローターで両乳首を責められ、快楽に酔いしれるのであった。

格闘美少女
LinLin
○秘伝の格闘五倫書を守る美少女格闘家のリンリンは、悪の格闘組織である黒闘会館に狙われていた。
◆素手での格闘で敵の男たちを蹴散らすリンリンだったが、背後からクサリで拘束され、囚われの身に。二人の男たちにコスチューム越しに乳房を、赤いパンティ越しに股間を弄ばれたリンリンは、イラマチオを強要されてしまう。アジトに連行されたリンリンは、二人の男たちにローターと電マで責められてしまった挙げ句、輪姦されてしまう。リンリンに魅了された男たちは、格闘五倫書よりも彼女を性奴隷にすることを選ぶのだった。

美少女戦隊
アクトレンジャー
vs
モラハラ窓際
コンプレックスモンスター
○会社・家族・女子校生たちから軽蔑されたサラリーマンたちは、秘密結社「悪式害社ブラック」を結成。インモラルパワーを駆使して、女子校生たちを拉致していた。そんな悪の秘密結社を殲滅するため、純潔をパワーに変えて戦う3人の女子校生たちがいた、その名は「美少女戦隊アクトレンジャー」。
◆街中で怪しい男に追われる女子校生。その頃、授業中だった女子校生のマリカとコトリは、腕時計型アイテム経由で博士から敵の出現の連絡を受け、仮病を使って教室を抜け出し、現場へ急行。実は、怪しい男に追われていたのは、囮となったミクだった。三人揃ったところへ、戦闘スーツデータが転送。彼女たちは、アクトレッド・マリカ、アクトブルー・ミク、アクトイエロー・コトリに変身。アクトレンジャーに戦闘員たちを倒された怪しい男は、怪人ゼツボ係長に変身。怪人ゼツボ係長に圧倒されるアクトレンジャーだったが、必殺技で撃退するのだった。だが、敵の専務である悪の科学者に抜かりはなく、昆虫型小型カメラにアクトレンジャーを追跡させていた。アクトレンジャーの秘密基地で昆虫型小型カメラが捉えた正義の科学者は、敵の悪の科学者と瓜二つだった。そう、彼らは双子の天才科学者だったのだが、悪に染まった兄を止めるため、弟が純潔をパワーに変えるイノセントシステムを開発したのである。だが、悪の科学者はアクトレンジャーの純潔を奪う作戦を既に開始していた。自身の才能に自信があるミクは、学校の屋上で特務捜査局の男からスカウトされるが拒否する。その頃、初めてラブレターを貰ったコトリは待ち合わせ場所の教室でキスを迫られていた。スカウトに失敗した特務捜査局の男は、正体を現した。それは、SM部長キンバクだった。その頃、コトリにキスを迫った男も油断から正体を明かしてしまう。彼は電動課長バイブネーターだった。それぞれ、アクトブルー・ミク、アクトイエロー・コトリに変身し、戦う二人。二人の元へ向かおうとするアクトレッド・マリカだったが、ゼツボ係長が立ち塞がる。幹部たちを圧倒するアクトブルー・ミクとアクトイエロー・コトリだったが、悪の科学者によってインモラルワールドに引きずり込まれてしまう。インモラルワールド、そこはインモラルパワーが100倍になる邪悪な空間だった。圧倒的なインモラルパワーに動けなくなったアクトブルー・ミクは、SM部長キンバクに辱しめられてしまう。同じ頃、アクトイエロー・コトリも電動課長バイブネーターに辱しめられてしまう。倒したゼツボ係長を秘密基地に連行したアクトレッド・マリカだったが、ブルーとイエローの消息は依然としてつかめなかった。そこへ、悪の科学者から二人を拉致したから、ゼツボ係長を連れてアジトへ来いとの通信があった。指示通り、ゼツボ係長を連れてアジトに現れたアクトレッド・マリカは、隙を突いてブルーとイエローの元へ駆け寄り、必殺技を放とうとするが、すでに純潔を奪われた二人はパワーを失っていた。幹部たちの合体技に倒れたレッドとブルーとイエローは、ゼツボ係長と電動課長とSM部長に辱しめられてしまう。手術台に拘束されたアクトレッド・マリカは、欲望解放マシンで理性を失いかけたところをゼツボ係長に辱しめられてしまい、堕ちてしまう。全裸のミクとコトリがバイブで責められている時、彼女たちの前に現れたのが、ブラック社員と化したハルカであり、彼女は二人の前でオナニーしてしまう。アジトで、ブラック社長がアクトレンジャーの秘密基地へ襲撃に向かうと宣言した時、専務である悪の科学者がハルカを使って社長を倒し、新たな指導者として名乗りをあげる。ブルーとイエローの処刑を命じられたマリカだったが、二人の友情の力によって理性を取り戻す。そこへ、正義の科学者から新たなアクトレンジャースーツデータが転送される。今度のスーツは、敵と同じインモラルをパワーに変えるシステムだった。新しい武器で係長・課長・部長を倒したアクトレンジャーだったが、彼らは欲望の力で何度も甦る存在だった。悪の科学者がインモラルワールドに逃げ、アクトレンジャーも引きずり込まれてしまう。アクトレンジャーに迫る係長・課長・部長に対し、彼女たちは彼らの欲望を断ち切ることを決意し、彼らを押し倒す。性技を駆使したアクトレンジャーの活躍によって、悪式害社ブラックは壊滅するのだった。

SEXY STEALER
秘密の女怪盗伝説
-噂のブロンド、
屈辱昇天淫獄-
○誘惑してホテルの一室に誘い込んだ中年男性がシャワーを浴びてる隙に、彼の財布から全てのキャッシュカードを抜き取り、姿を消したブロンド髪の美女。彼女の正体は、裏で悪事を働いている者から犯罪の証拠を盗み、大金を頂く「女怪盗SSS(スリーエス)」。カードを盗まれた中年男性は、裏の悪事で荒稼ぎしているという噂がある私立学園の理事長である。別宅に住む天才ハッカーの妹にカードデータを送信し、口座情報を調べた結果、ある事務所から愛人の口座に大金が振り込まれていることが判明。理事長を次のターゲットに確定したスリーエスは、犯罪の証拠を掴むため、学園に潜入することにした。
◆黒ウィッグと黒ブチメガネで変装し、女教師として潜入したスリーエスは、理事長室で理事長と面談しながら、横目で室内で資料がありそうな場所を探っていた。ある日の放課後、妹に似た生徒から相談したいと言われ、教室で事情を聞こうとしたスリーエスだったが、体育教師から理事長が呼んでると告げられ、邪魔されてしまう。再び理事長室を訪れたスリーエスは、クラスの成績が落ちているという苦言と、妹に似た生徒が家庭の事情が複雑で財政難なので、近づくなと警告される。理事長室を出たスリーエスは、仕掛けた盗聴機を通じて、理事長と体育教師の会話を盗み聞きする。彼らは、弱みがある女子校生に多額の報酬を交換条件に、裏のショービジネスへ斡旋しており、次のターゲットは妹に似た生徒だった。その夜、理事長室に侵入したスリーエスは、斡旋した名簿と裏帳簿を盗み出す。翌朝、名簿と裏帳簿を盗まれた理事長のケータイに、高額で取り引きを持ちかける女から脅迫される。脅迫に屈した理事長は、指定された口座に言われた金額を振り込む。これで、いつものスリーエスなら仕事が終わりなのだが、彼女は妹に似た生徒を悪の手から救い出す決意を固めていた。翌日の夜、女教師として裏のショービジネスに向かったスリーエスは、主催者に生徒の解放を条件に身代わりを申し出ると、緊縛拘束されてローターで責められてしまう。ソファーにM字開脚状態で緊縛拘束されたスリーエスは、電マで責められて、秘部をバイブで激しく責められたことで、彼女の黒ウィッグが外れてブロンドの髪が露になり、理事長にカードを盗んだ女だと気づかれてしまう。目隠しされたスリーエスが連れて来られたのは、学園の保健室。裏ショービジネスの主催者は、このブロンドの髪の女が噂の女怪盗だと気づき、彼女を調教しようと企む。強力な媚薬を飲まされたスリーエスは、輪姦され、電マとバイブで責められた末に、また輪姦されてしまう。一方、姉と連絡がつかなくなった妹は事情を察し、学園名義で、妹に似た生徒の口座への入金と、孤児院に2億5千万の寄付をして、マスコミへリーク。こうして、理事長の悪事が露見するのだった。

変身戦隊
レインボーファイブ
○日本征服を企む黒騎士団が関東地区の5箇所に核爆弾をセットした。変身戦隊レインボーファイブの5人は、分担して核爆弾を捜索。レインボーピンクこと、ベッキー松島は、廃車置き場で核爆弾を発見したのだが……。
◆露骨にセットしてある核爆弾から、これがレインボーファイブを分断させる罠だと悟ったベッキーは、通信機で仲間に伝えようとするが、妨害電波で通じない。そこへ、黒騎士団の幹部と戦闘員の二人が現れ、ここが黒騎士団のアジトだと紹介する。愛用の光線銃で立ち向かおうとしたベッキーだったが、敵アジト圏内では彼女の武器が機能しなかった。襲いかかる戦闘員にダメージを与えたベッキーは、幹部を追い詰めるが、ダメージを回復した戦闘員に背後から羽交い締めにされてしまう。ブラウスのボタンを外されたベッキーは、幹部にブラジャー越しに乳房を弄ばれ、ホットパンツの中に手を差し込まれて、股間を責められてしまう。レインボーファイブのリーダーを捕らえたという幹部は、ベッキーが課題をクリアすれば解放してやると条件を突きつける。ベッキーに与えられた課題、それは戦闘員の肉棒を奉仕して、3分以内に発射させることであった。条件を飲んだベッキーは、フェラと手コキを駆使して発射させる。3分以内に発射させたことを知り、安堵したベッキーだったがみぞおちを殴打され、気絶してしまう。アジト内に拉致され、ロープで張り付けにされたベッキーは、幹部にブラジャーを剥ぎ取られてしまう。乳房を弄ばれたベッキーは、下半身を露にされてしまい、電マで責められてしまう。拘束を解かれたベッキーは、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまう。幹部の邪悪な白濁液を中出しされてしまったベッキーは、黒騎士団に忠誠を誓ってしまうのであった。

セーラー服捜査官
校内の標的は優等生M
○とある高校の優等生、ミナミは授業中に気を失ってしまう。本人は知らないが、実は手術により、一部の記憶を消されており、その副作用が出始めたのである。このままでは、ミナミが全ての記憶を失ってしまうと知った兄は、彼女に事実を語り始める。殺された義父と、自分たちが秘密捜査官であることを。
◆両親を殺され、孤児だった二人を引き取ったのが現在の秘密捜査官での上司であり、兄妹は秘密捜査官となった。両親の復讐を誓った兄妹は、両親を殺した犯人を行方を追って捜査を始める。銃を片手に、殺人犯の居場所を知っている男を追って深夜の教室にたどり着いたミナミ捜査官は、形勢逆転され、辱しめられてしまったのである。全ての記憶を取り戻したミナミ捜査官は、兄と共に復讐捜査を再開した。JKリフレに新人として潜入したミナミ捜査官は、店長の肉棒を手コキとフェラを駆使して、満足させて信用させることに成功した。銃を片手に、敵のアジトへ突入し、殺人犯と対峙するミナミ捜査官だったが、兄が人質になっていた。動揺するミナミ捜査官は、背後から近づく覆面男にスタンガンを撃たれ、気絶してしまう。手錠で拘束されたミナミ捜査官は、覆面男にイラマチオを強要されてしまう。実験として開発中の媚薬を射たれた兄妹は、意思に反して殺人犯の目の前で、近親相姦してしまう。再び、媚薬を射たれてしまったミナミ捜査官は、男たちに電マで責められた挙げ句、輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、殺人犯に銃を突きつけられるミナミ捜査官だったが、射たれたのは殺人犯だった。ミナミ捜査官が輪姦されている間に、理性を取り戻した兄が、復讐を果たしたのであった。

潜入捜査官
○違法媚薬を開発しているという噂のある病院に、ナースとして潜入した女捜査官のサヤカは昔、任務失敗で窮地に陥った時、相棒だった男性捜査官が彼女を庇って敵組織に捕まった隙に、彼女はその場から脱出出来たが、彼は消息不明になってしまうという過去があった。
◆夜中の診察室で、懐中電灯を片手に証拠書類を探すナース姿のサヤカ捜査官だったが、医師に見つかってしまう。書類の記入漏れに気づいて探していたと誤魔化したサヤカ捜査官だったが、医師に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、医師が開発中の違法媚薬のことを漏らしたお陰で、サヤカ捜査官は確証を得る。翌日の深夜、銃を片手に院長室へ侵入したラバースーツ姿のサヤカ捜査官は、再び証拠書類を探していたが、そこへ仲間を連れた院長が現れる。院長に銃口を向けるサヤカ捜査官だったが、彼女は自身の腹部に狙撃手が狙っていることを示す赤いレーザーポインターの存在に気づき、銃を置いて両手を挙げる。抵抗出来なくなったサヤカ捜査官は、クスリで眠らされてしまう。眠りから目覚めたサヤカ捜査官は、ラバースーツ姿のまま、分娩台に拘束されていた。手術着姿の医師と無口な助手に違法媚薬を射たれたサヤカ捜査官は、ローターとバイブ、さらに電マで責められてしまう。意識を失う寸前、医師が呼んだ助手の名前に、彼が消息不明となった元相棒だと気づく。手錠で両手を拘束され、マットレスに寝かされたラバースーツ姿のサヤカ捜査官の前に、実験体として入院患者3人が、元相棒に連れられてくる。元相棒に説得を試みるサヤカ捜査官だったが、自意識が存在しない彼に、再び違法媚薬を射たれてしまう。薬効で性欲が高まってしまったサヤカ捜査官は、自ら肉棒を求めて、入院患者たちにイラマチオされてしまう。マットレスに全裸でうつ伏せに寝ているサヤカ捜査官に、院長と元相棒が近づく。またしても、違法媚薬を射たれてしまったサヤカ捜査官は、院長と元相棒に輪姦されてしまう。一戦を交えた後、轟く2発の銃声。サヤカ捜査官が隠し持っていた銃で、院長と元相棒を倒すのだった。

特別捜査官、
堕ちるまで…
○人身売買組織に捕らわれた人質の奪還を命じられた女捜査官のアイ。だが、彼女は知らなかった、その組織のボスが因縁の相手だということを。
◆ミニスカ・スーツ姿で銃を片手にアジトに潜入するアイ捜査官だったが、銃を突きつけた相手に接近戦で銃を弾き跳ばされてしまう。それでも、見事な格闘術で襲いかかる男たちを倒していくアイ捜査官だったが、銃を突きつけられて、囚われの身に。部下から届いた画像のアイ捜査官の姿にほくそ笑む、組織のボス。それは3年前、ボスの目の前で弟が、新人だったアイ捜査官に射殺された経緯があり、彼女への復讐の機会を伺っていたのである。両手を吊るされたアイ捜査官は、二人の男たちに乳房と秘部を弄ばれてしまう。革手錠で拘束され、ソファに押し倒されたアイ捜査官は、バイブと電マで責められてしまう。救出するはずだった人質と共に地下牢に監禁されたアイ捜査官。その彼女の目の前で、人質が辱しめられようとしていた。目の前で起きる惨劇を防ぐため、身代わりを申し出たアイ捜査官は、人質の目の前で二人の男たちに輪姦されてしまう。人質の隣の鉄格子に監禁されたアイ捜査官は、痙攣を起こしてしまう。ボスに連絡を取った男が看病しようと、アイ捜査官の拘束を解いた瞬間、彼女は男を倒す。そう、アイ捜査官の痙攣は、彼女渾身の演技だったのである。鉄格子の鍵を入手したアイ捜査官は、人質と共に脱走を試みるが、階段で組織の男たちに見つかってしまい、人質は連れ去られてしまう。その後は、後ろ手に拘束されたまま、口だけでの食事を強要されてしまう。そんな状況でも、アイ捜査官は脱走する体力を維持するために完食していた。食後、アイ捜査官の前に現れたのは、彼女に弟を殺された組織のボスだった。拘束を解かれたアイ捜査官は、初めて身体の異変に気づく。そう、アイ捜査官の食事には、強力な媚薬が仕込まれていたのである。意思に反して発情してしまうアイ捜査官は、組織のボスに辱しめられてしまうのであった。

特命JK捜査官の
痴漢撲滅
おとり大作戦!?
○とある高校に転校してきた女子校生のユラ。その実態は、痴漢Gメンに配属された新人捜査官である。初登校時、通学路の脇道でイジメの現場を目撃したユラ捜査官は、乱入してイジメられた男子生徒を救う。授業中、担任の中年男性教師が下心見え見えで近寄ってきた時、ユラ捜査官のスマホに本部召集メールが届く。体調不良を理由に授業を抜け出し、痴漢Gメン本部に到着したユラ捜査官は、上司から単独での囮捜査を命じられる。囮捜査の手順は、ユラ捜査官が囮となり、言い訳出来ないぐらい確実に触られたところで、カバンからカメラを取り出して証拠となる現場写真を撮影し、犯人を逮捕するのである。
◆痴漢出没情報があったバスに乗り込んだセーラー服姿のユラ捜査官は、被害に遭っている女子校生を逃がし、入れ替わる。さっそく痴漢に遭うユラ捜査官だったが、確実に証拠を掴むため、我慢してチャンスを伺う。痴漢の手がユラ捜査官のパンティの中に入ったところで、左手でカバンからカメラを取り出そうとした瞬間、その手を別の男に掴まれてしまう。その男は痴漢の弟であった。痴漢の弟は、激しく咳き込んで他の客をバスから追い出してしまう。乳房と秘部を露にされてしまったユラ捜査官は、痴漢兄弟に逝かされてしまう。復讐を誓い、上司に無断で痴漢兄弟がいる電車に乗り込んだユラ捜査官は、彼らに逮捕すると宣戦布告する。だが、先日の痴態を知る痴漢兄弟により返り討ちにされてしまったユラ捜査官は、彼らに輪姦されてしまい、上司から弱点を克服するまで、囮捜査を禁じられてしまう。放課後の教室でユラ捜査官は、イジメの現場から助けた男子生徒に礼を言われる。ちょうど、自身の性的弱点になやんでいたユラ捜査官は、彼を押し倒して猛特訓を始めてしまう。弱点を克服したことを証明するため、痴漢役の上司相手にユラ捜査官は突然、口での奉仕を始める。口の中で白濁色の欲望を受けとめたユラ捜査官は、油断した痴漢役の上司を捕獲して、再び囮捜査の許可を得る。日本各地の女子校生が被害を受けている史上最強の痴漢犯が現れるバスに乗ったユラ捜査官は、座席で寝たふりをして、痴漢が現れるのを待ち伏せする。思惑通り、痴漢に遭うユラ捜査官は、ギリギリまで我慢してから、犯人にカメラを向ける。なんと、痴漢犯は下心見え見えだった男性教師だった。意外な犯人に戸惑うユラ捜査官は、開き直った痴漢教師に、ネクタイで両手を縛られてしまう。自由を奪われたユラ捜査官は、痴漢教師に辱しめられてしまう。一戦を交えた後、勝利を確信した痴漢教師だったが、性の喜びを知り、まだ満足していないユラ捜査官に押し倒されてしまう。逆襲された痴漢教師は精根を使い果たして、ユラ捜査官は逆転勝利するのだった。

女捜査官拷問調教4
哀しみの連鎖〜
高身長172cmの
悲鳴絶叫拘束
高圧電流拷問
屈辱まみれの
潮吹き生中出し絶頂
○特捜の中でも上層部しか存在を知られていない孤高の女捜査官イチカが待ち伏せしていると、情報通りに麻薬の売人が現れ、その場で現行犯逮捕した。
◆売人が逮捕され、大事な商品が押収されたことに愚痴る密売組織のボスに、何故かイチカ捜査官をよく知る熟女が秘策を与える。密売組織に潜入している父親から、次の取引場所の情報を得たイチカ捜査官は、興奮を抑えきれずにオナニーしてしまう。ラバースーツ姿で、地下の取引場所に潜入したイチカ捜査官だったが、男が彼女を待ち伏せしていた。罠だと気づいたイチカ捜査官は、応接室に逃げ込み、激しい銃撃戦となる。そこへ、組織のボスが熟女に銃を突きつけながら現れる。その熟女は、イチカ捜査官に潜入捜査術の全てを教えてくれたリョウコ先輩だった。人質を取られ、降参したイチカ捜査官は、リョウコ先輩が敵の仲間だと知り、驚愕する。実は、捜査官だったリョウコが、組織のボスに囚われ、彼らの激しい責めに屈したのである。後ろ手に拘束されたイチカ捜査官は、リョウコ先輩にペニバンで責められた末に、レズプレイを強要されてしまう。一戦を交えたあと、イチカ捜査官を逃がそうとしたリョウコ先輩だったが、組織のボスに射殺されてしまう。天井から伸びる鎖で、大の字に吊るされたイチカ捜査官は、高圧電流と電マで交互に責められた末に、バイブでも責められてしまう。薬物を射たれ、首輪に鎖で繋がれたイチカ捜査官は、ペットのように四つん這いで歩かされしまう。禁断症状に陥ったイチカ捜査官は、薬物欲しさに床に固定されたディルドでオナニーを披露してしまう。薬物を射たれたイチカ捜査官は、組織のボスと部下に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、銃を腰に刺した部下が油断して、放心状態のイチカ捜査官に背を向けて座ると、彼女が銃を奪い、部下と組織のボスに発砲するのだった。

潜入捜査官
○アプリコットというコードネームの潜入女捜査官は、人身売買組織の全貌を暴くため、彼らが開催する秘密の変態パーティへの潜入に成功する。
◆人身売買の証拠資料を手に入れ、地下駐車場で襲いかかる男たちを倒したラバースーツ姿のアプリコット捜査官は、愛車の白いオープンカーからミッションコンプリートの連絡をした直後、サングラスの男から銃を突き付けられてしまう。男を挑発したアプリコット捜査官は、口で奉仕した直後に相手を倒す。だが、別の男にも銃を突き付けられてしまい、囚われの身に。ソファーで目覚めたラバースーツ姿アプリコット捜査官は、何故か身動き出来ないことに気づき、目の前にいる催眠術師から、自分が深い催眠状態にいると知らされる。術師の暗示で全身を性感帯にされてしまったアプリコット捜査官は、彼に辱しめられてしまう。分娩台に開脚状態で緊縛拘束されたアプリコット捜査官は、少しだけ催眠状態を解かれる。自我を取り戻したアプリコット捜査官だったが、二人の男たちにローターやバイブ、さらに電マで責められてしまう。首輪で繋がれたアプリコット捜査官は、変態パーティに招かれてしまう。身ぐるみ剥がされ、全裸にされてしまったアプリコット捜査官は、術師の暗示には逆らえずに、五人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

人妻囮捜査痴漢電車
〜肉体に潜む
歪んだ欲望を
暴かれて〜
○夫が管轄する路線で頻発する痴漢。その犯人が伝説の痴漢師だという情報を掴んだ人妻鉄道警備員のチトセは、今日も囮捜査で痴漢を捕まえるが、またしても別人だった。その一部始終を伝説の痴漢師が観察しているとも知らずに……。
◆再び、囮捜査中のチトセのお尻に、痴漢の手が忍び寄る。言い訳出来ないように、もう少し我慢して捕まえようとしたチトセだったが、親切な男が痴漢の手を掴んで、追い払ってしまう。親切な男に礼を言うチトセだったが、彼女は知らなかった。その親切な男こそ、伝説の痴漢師だったのである。再び、囮捜査を始めたチトセは、背後に立った伝説の痴漢師の早業で、秘部に媚薬を塗られたことに気づかなかった。媚薬効果で火照り始めたチトセは、伝説の痴漢師のテクニックで逝かされてしまう。なんとか冷静さを取り戻したチトセが、痴漢犯だと確信して掴んだ手は、女性客だった。夫の職場でひと休みさせてもらいながらも自己嫌悪に陥ったチトセは、早退することに。帰り道の途中、前を塞ぐようにクルマが止まり、チトセは伝説の痴漢師に拉致されてしまう。両手を手錠で拘束されたチトセは、廃工場に連れ込まれて、辱しめられてしまう。数日後、電車内での囮捜査を再開したチトセだったが、伝説の痴漢師のテクニックに興奮してしまい、彼と共に途中下車してしまう。駅の男子トイレの個室でチトセは、乳房と秘部を弄ばれてしまい、イラマチオを強要されてしまう。帰宅したチトセは、帰りが遅くなるという夫のメールを受け、先に布団に入るが、肉体に植え付けられた快楽が忘れられず、電車内の乗客たちが見つめる中で、伝説の痴漢師に辱しめられる妄想を描いてしまい、思わずオナニーしてしまう。翌日、電車に乗り込んだチトセは、まだ何もしていない伝説の痴漢師を現行犯で逮捕した……が、これは自身を拉致したことの仕返しだった。ソファーがある部屋に場所を移した二人は、激しく絡み合う。その後のチトセは、電車内で伝説の痴漢師との痴漢プレイを楽しむのだった。

犯された護身術講師
○か弱い女性が身を守るために護身術教室を開いたナナミだったが、実際には男女区別なく指導していた。だが、テレビ取材で「美しすぎる護身術講師」と紹介されてしまった結果、女性よりも男性の生徒の方が増えてしまう結果となっていた。
◆ある日、授業を終えて教室の掃除を始めたナナミ先生の前に、今日教わった護身術がよくわからないという男性の生徒が現れた。親切心から、結果として個人レッスンをしてしまうナナミ先生だったが、この件が悲劇を招く要因なるとは知るよしもなかった。個人レッスンを受けた男は、全裸のナナミ先生にスパーリングして貰う妄想を思い浮かべていた。実は、生徒の中には格闘技経験者が居り、密かにナナミ先生を屈服させる機会を伺っていた。格闘技経験者から授業後の個人レッスンを懇願され、断ろうとしたナナミ先生だったが、妄想男の個人レッスンの件を持ち出され、承諾するしかなかった。仕方なく個人レッスンを始めたナナミ先生だったが、格闘技経験者には護身術で反撃出来ず、力ずくで辱しめられてしまう。次の護身術教室を何事も無かったように指導するナナミ先生だったが、授業後に再び格闘技経験者が現れる。挑発されたナナミ先生は、格闘技経験者に立ち向かうが、勝てる訳もなく力ずくでイラマチオを強要された挙げ句、またしても辱しめられてしまう。それでも護身術教室を続けるナナミ先生だったが、生徒たちの間では彼女に対する悪い噂が流れ始めていた。その時、時期を見計らっていた格闘技経験者がナナミ先生を襲い、生徒たちの目の前で彼女が敗北してしまうと、幻滅した女性の生徒たちは辞めてしまう。その後も、格闘技経験者に辱しめられ続けた結果、とうとう護身術教室に通う生徒は、いなくなってしまった。自宅のベッドでふて寝するナナミ先生だったが、そこに格闘技経験者が現れ、新たな商売を勧めて、客を紹介する。それは、あの妄想男であり、彼は格闘技経験者に金を払っていた。格闘技経験者に力ずくで押さえつけられたナナミ先生は、妄想男に辱しめられてしまうのであった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
○合成麻薬の一種である快楽薬の副作用と思われる女性の死亡事件が多発し、非公認部隊の女捜査官リコは、密売組織を専門に追っていた。ある日、個室で自主トレ中のリコ捜査官の元へ、直属の上司である管理官が現れる。管理官から、密売組織の中に内通者がいるらしいと告げられたリコ捜査官だったが、それは薄々感付いていた。驚かないリコ捜査官に密売組織の捜査状況を聞き出そうとする管理官だったが、彼女は答えをはぐらかす。それ以上の詮索を諦めた管理官は、リコ捜査官に密売組織の黒幕が現れるというバーの資料を託して去っていった。
◆客としてバーのカウンター席に座ったリコ捜査官の隣には、半年前に姿を消した同僚でもある恋人が座っていた。思わぬ形での再会に油断したリコ捜査官は、バーテンと常連客の二人に銃を突きつけられる。男たちの腕を振り払い、恋人と共に店から逃走するリコ捜査官。遠くへ逃げるつもりだったリコ捜査官だったが、恋人の提案により、近くの廃ビルにある階段の最下部に逃げ込む。様子を伺うリコ捜査官だったが、何故か恋人はスマホを触っていた。特別任務で姿を消したのではと恋人を問い質すリコ捜査官だったが、逆に説明を求められてしまい、彼に事情を話す。そこへ、密売組織の男たちが乱入、リコ捜査官は逃走に成功するが、恋人は捕まってしまった。ラバースーツ姿となったリコ捜査官は、部下の男性捜査官と共に密売組織のアジトに潜入。二手に分かれて捜査を始めたリコ捜査官だったが、激しい銃撃戦に巻き込まれる。応戦するリコ捜査官だったが、人質となった恋人を盾にされ、囚われの身に。ギロチン拘束具で吊るされたリコ捜査官の前に現れたのは、上司である管理官だった。そう、この密売組織の黒幕は管理官だったのである。再び、捜査状況を聞き出そうとする管理官だったが、リコ捜査官は口を閉ざす。業を煮やした管理官によってリコ捜査官は、辱しめられてしまう。恋人と共に拘束監禁されたリコ捜査官は、見張りの男を誘惑し、口で奉仕して油断した相手を倒し、自らの拘束を解く。恋人の拘束を解いたリコ捜査官だったが、その彼に殴打されて気絶してしまう。両手を吊るされたリコ捜査官は、恋人が裏切者だと薄々感付いていたが、真実を認めたくなかったのである。そんなリコ捜査官の前に、後ろ手に拘束された部下が連れて来られる。リコ捜査官の真下に顔が来るように仰向けに寝かされた部下の前には、彼女がまたいだ脚の中央にある秘部が丸見えになっていた。身動き出来ないリコ捜査官は、秘部を弄ばれた挙げ句、電動サンダーで責められてしまう。部下の口を土台に立てられたバイブにリコ捜査官は、力ずくで強制的に騎乗位させられてしまう。拘束を解かれ、ソファーに力ずくで開脚状態に押さえつけられたリコ捜査官の秘部に、カプセル剤が挿入されてしまう。制限時間内に取り出さないとリコ捜査官がショック死すると脅迫された部下は、必死に舌を使って彼女の秘部から、カプセル剤を取り出すことに成功する。今度は、制限時間内に部下を射精させないと彼の命を奪うと脅迫されたリコ捜査官は、必死に手コキとフェラを駆使して、なんとか射精に成功する。再び、ソファーに力ずくで開脚状態に押さえつけられたリコ捜査官を相手に、部下へセックスを強要するが、彼は頑なに断ってしまい、撃たれてしまう。最悪の事態を目の前にしたリコ捜査官だったが、射殺された部下の代わりに、恋人に辱しめられてしまう。再び、両手を吊るされたリコ捜査官は、とうとう快楽薬を射たれてしまい、バイブと電マで責められてしまう。拘束を解かれ、ソファーに力ずくで開脚状態に押さえつけられたリコ捜査官は、電動工具ディルドと電マで責められてしまう。クスリと調教で理性を失ったリコ捜査官は、身ぐるみを剥がされ、全裸で自ら管理官の肉棒を求めて、辱しめられてしまう。最後は、両手を吊るされた全裸のリコ捜査官は、快楽薬を射たれて撤収されたアジト内に放置されてしまうのであった。

潜入捜査官
残虐2穴イキ地獄
○エリート女捜査官のエマへ、本部から緊急連絡が入る。麻薬組織の仕入れ担当が急に帰国して、組織のアジトで組織のボスと取引をおこなうという情報を掴んだので、先行して取引現場を押さえて欲しいという指令だった。
◆ラバースーツ姿のエマ捜査官は銃を片手に麻薬組織のアジトに潜入し、取引がおこなわれている部屋のドアの隙間から、様子を伺う。実は、見た目は古くさいビルだが、構内には最新式の赤外線センサーが張り巡らされており、人の出入りを逐一チェック出来るシステムになっていたのである。心配性の仕入れ担当に小声で説明を終えたボスは、ドアの隙間から様子を伺うエマ捜査官を呼び入れる。ボスと仕入れ担当に銃を向けるエマ捜査官だったが、背後に隠れていた男に羽交い締めにされてしまい、薬物を射たれて気絶してしまう。ラバースーツの上から後ろ手に乳房縛りにされ、「人」の字に吊るされたエマ捜査官は、ローターやスティックローター、さらに電マでラバースーツの上から責められてしまう。ラバースーツの股間にあるチャックを開けられたエマ捜査官は、指で秘部とアナルを責められてしまう。台の上にお尻を付き出す形で緊縛拘束されたラバースーツ姿のエマ捜査官は、ラバースーツの股間部分を切り取られて、秘部とアナルが露になってしまう。秘部をスティックローターや電マで責められながら、アナルを手やバイブ、さらにディルドで責められながら、開発されてしまう。後ろ手にされ、露になった巨乳ごと乳房縛りで吊るされたエマ捜査官は、仕入れ担当に媚薬を飲まされてしまい、乳房と秘部とアナルを責められた末に、アナルを辱しめられてしまう。ソファーにM字開脚状態に緊縛拘束された全裸のエマ捜査官は、秘部とアナルを同時に、指やバイブ、さらに電マ・ディルドで責められてしまう。拘束を解かれたエマ捜査官は、ボスと仕入れ担当に、前と後ろから同時に辱しめられてしまうのであった。

潜入捜査官
○ラバースーツ姿で単身、銃を片手に犯罪組織のアジトに潜入した女捜査官のユメ。
◆到達したフロアを仕切っていると思われる男を背後から殴打し、気絶させたユメ捜査官は、手探りで男の持ち物を探る。目的の鍵の束を見つけたユメ捜査官だったが、密かに近づいていた幹部に銃を突きつけられてしまい、手持ちの銃を奪われてしまう。幹部は気絶していた男を蹴り起こして銃を渡すと、ユメ捜査官を逃がさないように命じる。逃げ場を失ったユメ捜査官は、幹部に辱しめられてしまう。後ろ手に拘束され、短いロープでターンテーブルに繋がれて膝立ちの格好で座らされたユメ捜査官は、覆面男二人組へのイラマチオを強要されてしまう。分娩台に開脚状態で緊縛拘束されたユメ捜査官は、媚薬ローションを浴びせられた末に、ローターやバイブ、さらに電マで責められ、調教されてしまう。後ろ手を拘束され、マットレスに寝かされたラバースーツ姿のユメ捜査官は、三人の男たちに輪姦されてしまうのであった。

女将校・アイアンレディ
〜屈辱の陵辱輪姦〜
○戦時中、敗戦色が濃くなってきた独裁国家の女将校エミリは、部下のレイと共に、私腹を肥やしている上官の証拠を掴むチャンスを伺っていた。
◆捕虜に対し、色仕掛けで迫るレイと、金蹴りも容赦ないエミリ将校が尋問していると上官が現れ、情報分析の名目でレイを連れて行く。エミリ将校のアイコンタクトで時間稼ぎを命じられたレイは、上官に服従を誓い、口で奉仕する。その間に、エミリ将校は上官の部屋から証拠資料を入手することに成功する。証拠を掴んだエミリ将校は、部下たちに上官の身柄確保を命じるが、彼らはすでに上官の配下となっており、逆に捕まってしまう。抵抗するエミリ将校だったが、そこへ囚われの身となったレイが連行されてくる。レイを人質に取られたエミリ将校は、上官に辱しめられてしまう。エミリ将校は、レイと共に鉄格子の中へ監禁されてしまう。色仕掛けが得意なレイは、見張りを誘惑して抱かれながらも、エミリ将校に鍵と銃を密かに渡す。一戦を交えた後、エミリ将校は脱走に成功し、見張りを追い払う。レイはマシンガンを部下たちに向け、エミリ将校は上官に銃を突きつけるが、戦地から戻った軍曹に背後から銃を突きつけられてしまい、再び囚われの身に。ほぼ全裸のエミリ将校は上官と軍曹。さらに部下からも輪姦されてしまう。その後、戦地から逃走しようとした上官たちは、包囲されて全滅。エミリ将校とレイは、ほぼ全裸だったおかげで、囚われた民間人と認識されて保護されたのだった。

ヤンキー捜査官
○学級崩壊が日常茶飯事の学園に転校してきたスケバンのアイカ。教室でイジメられて裸にされたメガネの男子生徒を救ったアイカの正体は、潜入捜査官である。世間を騒がす違法なクスリ、その売買取引現場を防犯カメラが撮影。その映像をスマホで確認するアイカ捜査官は、密売人をクラスの中に見つける。そう、この学園の生徒が密売人であるためにアイカ捜査官は、このクラスに転入したのである。
◆めんどくさいことが嫌いなアイカ捜査官は、密売生徒を屋上に呼び出して、ストレートにクスリのことを問う。何も知らないという密売生徒に背中を向けたアイカ捜査官は、彼に銃を突きつけられ、逆に問われてしまう。密売生徒に、銃を突きつけながら身体を触られるアイカ捜査官は、いきなり彼の唇を奪い、その隙に銃も奪う。屋内の階段の踊り場に密売生徒を連れてきたアイカ捜査官は、自慰を強要して逆視姦する。自慰行為が終わったあと、尋問を続けようとしたアイカ捜査官だったが、そこへ学園長が現れ、銃を没収されてしまう。密売生徒と共に学園長室に招かれたアイカ捜査官は、学園長が入れたコーヒーを口にし、それを見た密売生徒がクスリのことを問われたと、訴える。すると、学園長が背広のポケットからクスリの入ったケースを取りだし、学園の経営が厳しいため、生徒を使って密売しているという。クスリ密売に関わる学校にだけ転校を続けている潜入捜査官の噂を聞いていた学園長から正体を見破られたアイカ捜査官は、立ち向かおうとしたが、腰砕けになってしまう。そう、アイカ捜査官が口にしたコーヒーには、クスリが仕込まれていたのである。力を出せないアイカ捜査官は、密売生徒に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、アイカ捜査官は、クスリの錠剤を飲まされてしまい、途切れた記憶を書き換えられてしまう。気がつくと、アイカ捜査官が授業中にうたた寝していたことになっていた。アイカ捜査官が教室を見渡すと、授業中にも関わらす、またメガネ男子生徒が裸でイジメられていた。イジメを無視して授業を続ける担任に鉄拳制裁しようとしたアイカ捜査官だったが、繰り出した鉄拳は軽々と彼に受け止められてしまう。実は、担任もクスリ密売の仲間だったのである。まだ、クスリの効果で実力を発揮出来ないアイカ捜査官は、クラスの生徒たちに身ぐるみ剥がされ、裸体にイタズラ書きされつつ、ローターや電マ、さらにバイブで責められてしまった挙げ句、再びクスリの錠剤を飲まされてしまう。気がつくと、スクール水着姿のアイカ捜査官は、プール施設でシャワーを浴びていた。そこへ、海パン姿の担任が現れ、アイカ捜査官の隣でシャワーを浴び始める。何故か、担任の股間が気になってしまうアイカ捜査官は、我慢出来ずに夢中でフェラを始めてしまう。担任の白濁色の欲望を受け止めたアイカ捜査官は、気を失ってしまう。セーラー服姿で保健室のベッドに寝かされていたアイカ捜査官は、メガネ生徒に解毒剤を飲まして貰い、全ての記憶を取り戻す。メガネ生徒の兄は、この学園の先生だったのだが、クスリの件を知ってしまい、学園長に消されたのである。メガネ生徒に復讐を託されたアイカ捜査官は、密売生徒から、力ずくで学園長の居場所を聞き出す。校内でチンピラたちにクスリを密売していた現場に、アイカ捜査官が乱入。チンピラたちを蹴散らしたアイカ捜査官は、逃げた学園長を追いかける。学園長を追い詰めたアイカ捜査官だったが、そこへメガネ生徒を人質にした担任が現れる。武器を捨てたアイカ捜査官は、学園長から大量のクスリを飲まされてしまい、腰砕けになってしまう。追い払われるメガネ生徒を見送ったアイカ捜査官は、学園長と担任に輪姦されてしまうのであった。

縛り拷問覚醒
悪魔の生贄
○人身売買の疑惑がある会社に、OLとして潜入した女捜査官のイチカ。職場に女性は、ベテランのお局様だけだった。
◆仕事中、怪しい男性社員をミニスカで誘惑するイチカ捜査官だったが、逆に媚薬を塗り込んだ肉棒で辱しめられてしまう。怪しい社員が入れてくれたお茶を飲んだイチカ捜査官だったが、それには利尿剤が仕込まれていた。突然襲いかかってきた尿意に我慢するイチカ捜査官だったが、限界をこえてその場でお漏らししてしまう。相手の狙いを掴んだイチカ捜査官は、怪しい男性社員に服従し、髪と口を使って奉仕してあげる。怪しい男性社員に商品として信用されたイチカ捜査官は、ある部屋で組織のボスに会わせられる。それはなんと、ベテランのお局様だった。ボスに秘部をチェックされたイチカ捜査官は、ストリップを強要されてしまう。セクシーに服を脱ぎ、全裸になったイチカ捜査官は、ボスの信用も得ることに成功する。ボスがいた部屋に人身売買の極秘データがあると睨んだイチカ捜査官は、ラバースーツ姿で潜入し、室内を物色。隠されていたメディアを見つけたイチカ捜査官だったが、背後から近づいてきた男性社員に縛られてしまう。身動き出来ないイチカ捜査官は、秘部に媚薬を塗られてしまい、辱しめられてしまう。開脚状態で緊縛拘束されたイチカ捜査官は、依頼主を吐かせる為に、媚薬を浴びせられ、電流と電マで相互に責められてしまう。全裸開脚状態で緊縛拘束されたイチカ捜査官は、ローソクで責められてしまう。お尻を突き出す格好で立たされたイチカ捜査官は、お尻をムチで打たれ続けた結果、耐えきれずに屈してしまう。全裸で首輪に繋がれたイチカ捜査官は、男性社員のペット扱いで、オフィス内を四つん這いで歩かされる。自分の席に近づいたイチカ捜査官は、男性社員が背中を見せている隙に、隠して置いた銃で彼を射殺。そう、全てはイチカ捜査官の演技だったのである。首輪を外したイチカ捜査官は、男性社員が持っていた極秘データのメディアを抜き取って、その場から立ち去るのだった。

特命捜査官、
葉月鏡花
悪鬼の狂宴
○亡くなった母親が残した多額の借金の返済に苦労しながらも、大学受験を控えた女子校生の妹と暮らす女刑事のキョウカ。だが、彼女の真の正体は、多額の危険手当の代わりに特捜本部の任務で潜入捜査する特命捜査官である。
◆今回、上司からキョウカ捜査官へ与えられた任務は、クスリを利用した売春組織のアジトに潜入し、余計なことはせずに彼らの極秘データを入手して持ち帰ること。本格的な捜査は、その極秘データを分析してからだという上司の言葉に、キョウカ捜査官は納得はしていなかった。妹が寝静まった頃、ラバースーツ姿となったキョウカ捜査官は、銃を片手に売春組織のアジトに潜入。無事に極秘データを入手して、静かにアジトから立ち去ろうとしたキョウカ捜査官だったが、クスリ漬けにされ、叩かれながら辱しめられる女性の悲鳴を無視出来ず、威嚇射撃と格闘の末に被害女性を救出した。翌日、上司に呼ばれたキョウカ捜査官は。極秘データを入手した売春組織を捜査しないことを知らさせる。その理由は、特捜本部の幹部が、さらに大きな犯罪の証拠を掴むために売春組織を懇意しているからだという。スッキリしないキョウカ捜査官は、気分転換を兼ねて下校途中の妹とスマホで会話していると突然、妹の悲鳴が。必死で妹の名前を呼ぶキョウカ捜査官のスマホから聴こえてきたのは、聞き覚えのある売春組織の幹部の声だった。拉致された妹との交換条件通り、キョウカ捜査官は単身、ラバースーツ姿でアジトに現れた。人質に取られた妹の目の前でキョウカ捜査官は、幹部に辱しめられてしまう。妹と共に鉄格子の中へ監禁されたキョウカ捜査官だったが、食事の配給で扉が開かれた時を狙って反撃し、奪った銃を幹部に突き付ける。その場から妹を逃がしたキョウカ捜査官だったが、背後からクスリを射たれてしまい、気絶してしまう。ベッドに寝かされたキョウカ捜査官は、クスリの作用で力が出せなくなっていた。自由を奪われたキョウカ捜査官は、電マとバイブで責められた挙げ句、身ぐるみ剥がされた末に輪姦されてしまう。その日から連日、クスリと調教の日々が続いたキョウカ捜査官は、理性を失った性奴隷と化していた。性奴隷として鉄格子の中に監禁されているキョウカ捜査官の前に現れたのは、彼女の上司だった。理性を失っているキョウカ捜査官に上司は、残酷な事実を伝える。それは、特捜本部と売春組織が司法取引し、裏社会の情報を流す代わりに売春組織の存続を許可することだった。その結果、キョウカ捜査官は、特捜本部に見捨てられたのである。あの生意気なキョウカ捜査官がどこまで堕ちたかが興味津々な上司に、売春組織はリクエストに応じる。かつての上司の目の前でキョウカ捜査官は、輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、我慢出来なくなった上司にキョウカ捜査官は、辱しめられてしまう。しかし、昔から見覚えがある顔を目の前にしたキョウカ捜査官は、意識が遠のいていく。……妹に揺り起こされたキョウカ捜査官は、いつの間にか自宅でうたた寝していた。何か悪い夢を見ていた感じがするキョウカ捜査官だったが、妹が大学合格したと知り、二人で喜ぶのだが……そこまでが夢だった。再び、現実に戻ったキョウカ捜査官は、ずっと上司に辱しめられていた。だが、夢を見たお陰で理性を取り戻したキョウカ捜査官は、脱ぎ捨てられた上司の服に手を伸ばす。奪った銃でキョウカ捜査官は、上司を射殺し、売春組織の男たちに銃弾を浴びせるのであった。

黒帯2段の空手技で
瞬殺のはずだったのに…
現役空手家女子大生
集団痴漢レ×プ
○空手道12年、黒帯2段の女子大生現役空手家のカナエ。板割りや正拳瓦割りを実演して、実力を披露。今回の対戦相手は……。
◆路線バスに潜む痴漢である。まずは、護身術を使っての痴漢撃退法を見せて貰う為、痴漢役である胴着姿の男性が参加。模擬戦でも、カナエ選手は容赦なく、痴漢役の男性に護身術で撃退する。ダメージを与えてしまった痴漢役の男性に、謝罪も込めて手コキしてあげる。ミニスカ姿で、痴漢が潜む路線バスに乗り込んだカナエ選手は、つり革に掴まって周囲を警戒する。カナエ選手のお尻を手の甲から触り始めた男が手のひらで触り始めると、痴漢と確信した彼女は、護身術で見事に撃退。再び周囲を警戒していたカナエ選手だったが、胸を触られた隙を突かれた瞬間、痴漢の手がパンティの中へ滑り込み、手マンされてしまう。痴漢のテクニックで反撃出来ないカナエ選手は、その場で辱しめられてしまう。バス停で降りたカナエ選手は、インタビュアーにリベンジを誓う。再び路線バスに乗り込んだカナエ選手は、前回の反省からか、今度は黒帯胴着姿でつり革に掴まり、周囲を警戒する。だが、今回は、乗客全員が痴漢だった。奪われた黒帯で、両手をつり革に縛り付けられてしまったカナエ選手は、ローターやバイブ、さらに電マで責められてしまう。拘束を解かれたカナエ選手は、腰砕けになってしまう。戦意を喪失してしまったカナエ選手は、痴漢たちにイラマチオを強要された末に、輪姦されてしまうのであった。

SUPER爆乳BODY
コスプレイヤー6変化
※該当シーンのみレビュー
○白胴着の男と三本勝負で対決するチ○ンリー。一本目は、チ○ンリーが勝利し、白胴着の男の股間を踏みつける。
◆二本目の対決を始めようとしたチ○ンリーだったが、白胴着の男が股間を押さえて痛みを訴える。ちょっとやり過ぎたかと心配したチ○ンリーは、白胴着の男に近づくが、それが彼の狙いだった!力ずくで寝技に持ち込まれ、自由を奪われたチ○ンリーは、白胴着の男に辱しめられてしまうのであった。

元海外モデルの
爆乳Iカップ堪能
ボン!キュッ!
ボンデージ!
※該当シーンのみレビュー
○脱獄犯を追って地下室の階段を降りたボンデージ捜査官エリー。背後の奥で人の気配を感じたエリーが振り向くと、隣室に繋がるドアが揺れていた。思わずドアに向かって銃口を向けるエリー捜査官だったが、彼女のこめかみに、脱獄犯の拳銃が突き付けられてしまい……。
◆クッション高めの椅子に、開脚状態で緊縛拘束され、手錠で繋がれた両手は頭の後ろに固定、目隠しもされたエリー捜査官は、乳房と秘部を露にされてしまい、ローターや電マ、さらにバイブで責められてしまった挙げ句、脱獄犯の指先に塗られた媚薬を、秘部の奥に塗り込まれてしまう。椅子の拘束を解かれたエリー捜査官は、脱獄犯に辱しめられてしまうのであった。

AV引退×クリムゾン
エロ漫画家に囚われた
沖田杏梨
○喫茶店に女流漫画家クリムゾンを呼び出した沖田杏梨は、AV引退を伝える。コラボ作品でもお気に入りだった女優だけに、事前の相談もなく引退を告げられたクリムゾンによって、漫画の世界に飛ばされた杏梨は……
※該当シーンのみレビュー
◆「ガールズファイト」の世界に飛ばされ、マヤとなった杏梨は、トレーニング道場で目覚めた。トレーニング道場から出ようとしたマヤだったが、黒帯の男が立ち塞がり、対決を挑まれる。ここから出るには黒帯の男に勝つしかないと悟り、立ち向かうマヤだったが、敗北の末に辱しめられてしまうのであった。

スーパー黄金比BODY
コスプレイヤー
発射まで着たまま
5変身SEX
※該当シーンのみレビュー
○約束の時間通りに決闘の挑戦を受けた相手のトレーニングルームを訪れたテ○ファ。
◆序盤はテ○ファが優勢だったが、背後を取られてしまい、手錠で両手の自由を奪われてしまう。豊満な乳房を露にされ、集中的に責められたテ○ファは、感じてしまい、戦えなくなってしまう。別室に拉致され、マットレスに寝かされたテ○ファは、ローターと電マで責められた挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

スーパー黄金比BODY
コスプレイヤー
発射まで着たまま
6変身SEX
※該当シーンのみレビュー
○1対1で傭兵と対決するキ○ミィ。
◆しかし、圧倒的な実力の差で壁に追い詰められてしまったキ○ミィは、腹部を殴打されて気絶してしまい、傭兵に抱えられて別室へ。手錠で両手を拘束されたキ○ミィは、ロングソファーに寝かされていた。目覚めて事態を把握したキ○ミィだったが、乳房と秘部を弄ばれ、ローターと電マで責められてしまうのであった。

スーパー黄金比BODY
コスプレイヤー
発射まで着たまま
6変身SEX
※該当シーンのみレビュー
○銃を片手に敵アジトの敷地内に潜入したビキニ系コスチュームの女アーミー・アオイだったが、男にライフル銃を突き付けられてしまう。所持していたナイフで反撃を試みるアオイだったが、返り討ちで腹部を殴打されて気絶してしまい、男に抱えられて屋内に連行されてしまう。
◆後ろ手に手錠で両手を拘束され、乳房縛りで自由を奪われたアオイは、尋問という名目で、バイブで責められてしまう。乳房縛りは解かれたものの、相変わらず後ろ手に手錠で拘束されたアオイは、マットレスの部屋に連行されて、男に辱しめられてしまうのであった。

SUPER爆乳BODY
コスプレイヤー6変化
※該当シーンのみレビュー
○対戦相手の男に波動拳を放つサ●ラ
◆気絶した男を背にして、その場から去ろうとしたサ●ラだったが、背後から羽交い締めにされてしまう。そう、男は気絶したふりをして、油断したサ●ラを襲い、捕獲するチャンスを伺っていたのである。両手を縛られ、マットレスに寝かされたサ●ラは、男に乳房と秘部を弄ばれた挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

スーパーボディ×
ピタコス
SPECIAL
※該当シーンのみレビュー
○不覚にも囚われの身となり、鉄格子に両手を手錠で吊るされてしまった、ラバースーツ姿の女捜査官アイ。
◆男に無理矢理、錠剤の媚薬を飲まされてしまったアイ捜査官は、豊満な乳房を弄ばれてしまう。媚薬効果で敏感になってしまったアイ捜査官は、男に黒のパンティを剥ぎ取られ、秘部を弄ばれてしまう。鉄格子から降ろされ、手錠のままベッドに連行されたアイ捜査官は、男にイラマチオを強要されてしまうのであった。

ヒロイン大輪姦
スーパークイーン
○事件を追う新聞記者アスカ。その正体は、正義のヒロイン、スーパークイーンである。そんな彼女の元へ、地球から遠く離れた辺境の星から、村人を次々と惨殺する悪霊怪人を倒して欲しいと、使者が助けを求めてきた。承諾したアスカは、上司にスーパークイーンの密着取材を名目に出張の許可を貰った。
◆捧げられた生け贄の女に迫る悪霊怪人は、思わぬ反撃を喰らう。そう、生け贄に扮していたのは、スーパークイーンだった。一進一退の攻防の末、悪霊怪人を倒したスーパークイーン。村長から礼をしたいと言われたスーパークイーンは、この村を取材したいと希望する。思わぬ申し出に困惑する村人たちに、その話は祝杯をあげてからということに。実は遥か昔、この星には原住民がいたのだが、開拓者である村人の祖先たちが持つ特殊能力を使って原住民たちを屈伏させて全滅、この星を占拠したのが史実であり、スーパークイーンが倒した悪霊怪人は、全滅した原住民たちの怨霊だったのである。祝杯の宴を終えたスーパークイーンは、何故か力が出せなくなっていた。自身の異変に戸惑うスーパークイーンに、村長は彼女が呑んだ酒にしびれクスリを仕込んだことを告げて、史実を打ち明ける。取材は諦めるというスーパークイーンだったが、村長は特殊能力を使って彼女を服従させ、この村の守護神にするという。彼らの特殊能力、それは彼らの生殖器には媚薬効果があり、辱しめられた相手は快楽に溺れてしまうのである。村人たちから、乳房と秘部を弄ばれたスーパークイーンは、若者に辱しめられてしまう。村人の特殊能力で快楽の虜となったスーパークイーンは、村人たちに輪姦されてしまうのであった。

巨乳ヒロイン
乳縛中出し
○自ら怪人を造り上げ、戦闘員たちを引き連れて、人々の平和を脅かす眼帯の博士。今日も、ビルの屋上で若者を襲撃。平和を守る組織から連絡を受け、ビルの屋上に向かう為、通路へ向かうミニスカ・スーツ姿が、そこにも戦闘員たちが。戦闘員たちの攻撃を避けたアユミは、その場で変身ポーズを決めると、彼女から発生した光の衝撃波で、戦闘員たちは全滅。屋上に現れたのは、白いレオタード姿となった、愛と正義のハイレグヒロイン・アユミだった。
◆これまで、67体の怪人を倒してきたアユミは、戦闘員たちを蹴散らし、余裕の笑みを浮かべる。だが、眼帯博士は、切り札である怪人68号を召喚。恐るべきパワーで圧倒されたアユミは、渾身のキックを放つが、ダメージを与えられなかった。素早い動きに強敵を見失うアユミは、背後に気配を感じ、振り向いた瞬間、腹部に強烈な一撃をくらってしまい、戦闘不能になってしまう。敵のアジトになっている廃病院のベッドで目覚めたアユミだったが、腹部に受けた大ダメージで、力が出せず、フラフラだった。歩くのもやっとの状況で、その場から離れようとしたアユミだったが、眼帯博士が立ち塞がる。眼帯博士に立ち向かうアユミだったが、逆に反撃されてしまい、レオタードの上から後ろ手に乳房縛りにされてしまう。眼帯博士にレオタードの上から乳房を弄ばれたアユミは、イラマチオを強要されてしまう。診察台にはレオタードの上から乳房縛りにされたアユミが、頭の上に両手首を縛られ、M字開脚状態で緊縛拘束されていた。身動き出来ないアユミは、怪人68号に乳房と秘部を弄ばれてしまう。M字開脚から解放されたアユミだったが、怪人68号に辱しめられてしまう。白いチューブトップとパンティ姿で両手を吊るされた乳房縛りのアユミは、ブロワー(落ち葉を吹き飛ばす強力送風機)や電マで、乳房を重点的に責められてしまう。パンティ一枚の姿で後ろ手に乳房縛りで吊るされたアユミは、全身にローション媚薬を浴びせられてしまい、怪人68号と戦闘員たちの手によって全身に塗られてしまう。眼帯博士の指で秘部の中に媚薬を押し込まれたアユミは、さらに媚薬ローションを塗ったバイブで責められてしまう。吊りから解放されたアユミは、媚薬効果で、戦闘員たちの肉棒を口で奉仕してしまう。乳房縛りのまま、その場に放置されたアユミだったが、そこに仲間の男性が現れる。スーパーパワーの源である白いレオタードを失い、落胆するアユミだったが、仲間の男性は新たなレオタードを託す。赤いレオタード姿となったアユミは、スーパーパワーが復活し、眼帯博士への反撃を開始。立ち塞がる戦闘員たちを蹴散らしたアユミは、今まで以上のパワーが発揮出来ることを実感し、今度はパワーで怪人68号を圧倒し、金蹴りを食らわして、逃げた眼帯博士を追う。しかし、怪人68号は倒されていなかった。出口に繋がるドアが開かず、焦る眼帯博士を追い詰めたアユミは、拳を振り上げる。思わず身構える眼帯博士だったが、何故か聞こえてきたのはアユミの喘ぎ声。怪人68号によって背後から乳房をわしづかみにされたアユミは、肉体に残っていた媚薬効果で感じてしまい、パワーが発揮出来なくなっていたのである。再び、後ろ手に乳房縛りで拘束されたアユミは、怪人68号と眼帯博士に輪姦されてしまう。再び、ビルの屋上で戦闘員たちが若者を襲撃。そこに現れた白いレオタード姿のアユミは、若者……の首をへし折ってしまう。そう、愛と正義のハイレグヒロインだったアユミは、悪の性技の怪人69号に堕ちたのだった。

巨乳捜査官
逆さ吊りアナル拷姦
○事件発生の連絡を受け、上司のデスクに駆けつけた女捜査官のアンナ。内容は、代議士拉致誘拐事件であり、犯人は過去にアンナ捜査官によって壊滅した犯罪組織の生き残りで、今まで遺体が見つからず、消息不明だった男らしい。アジトの場所は特定出来たものの、捜査局に内通者がいる疑いがある。さらに、代議士拉致誘拐事件は非公表なのでアンナ捜査官、単独での潜入捜査を命じられた。
◆銃を片手にアジトへ潜入したアンナ捜査官は、地下の一室に拘束された代議士が身柄確保に成功。しかし、銃撃戦になってしまい、階段下で応戦しながら、上司に応援要請。現場に駆けつけた上司に銃口を向けられたアンナ捜査官は、初めて彼が内通者だと知るが既に遅く、囚われの身に。ギロチン台に前屈みに拘束されたアンナ捜査官は、実行犯に乳房を弄ばれた挙げ句、巨大な注射器で浣腸されながらイラマチオを強要されてしまう。パンティ一枚の姿にされたアンナ捜査官は、上司からローソクで責められながら、細めのディルドでアナルも責められてしまう。パンティ一枚の姿で後ろ手に乳房縛りにされたアンナ捜査官は、Vの字に逆さ吊りにされてしまい、実行犯からムチで打たれた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。逆さ吊りから降ろされたアンナ捜査官は、実行犯に辱しめられてしまう。パンティ一枚の姿で乳房縛りにされたアンナ捜査官は、分娩台にM字開脚状態で緊縛拘束されてしまい、高圧電流で責められてしまう。身動き出来ないアンナ捜査官は、電マやバイブ、さらにアナルバイブで責められてしまう。目隠しされたアンナ捜査官は、手錠と足錠で拘束されていた。上司と手下二人の三人にアンナ捜査官は、前と後ろ、さらにイラマチオまで同時に責められながら、輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、放心状態の目の前に銃口を突き付ける上司。だが、この状況でも反撃のチャンスを伺っていたアンナ捜査官は、突き付けられた銃を奪うと、手下二人と上司に銃弾を放つのだった。

くノ一
中出しレ×プ輪姦
○とある調査会社で働くOLのリサ。今回、調査会社に依頼されたのは、裏賭博組織の壊滅。そう、実は調査会社とは仮の姿で、実は密かに平和を守る正義の忍者組織である。指令を受けたリサは、くノ一となって組織の裏賭博場に潜入した。
◆見張りの男に刀を突き付け、裏賭博を仕切る幹部の居場所を問い質したリサは、彼に濃厚なキスをして薬物を飲ませた。幹部に刀を突き付け、裏賭博の終了を辞めるよう説得するリサだったが、彼は笑いながら首謀者に電話で確認して、案の定拒否される。幹部のふざけた態度に業を煮やしたリサは、彼を鉄格子に磔にする。そこへ、組織の手下たちが銃を片手に幹部を取り返そうと襲いかかる。素早い動きで彼らを翻弄し、刀で倒すリサだったが、いつの間にか幹部が居なくなっていた。動揺するリサは、手下たちに追い詰められるが、なんとか撃退するものの、気配を消していた幹部から、こめかみに銃を突き付けられて、囚われの身に。鎖で鉄格子に大の字に磔されたリサは、着物の帯を解かれると、胸に巻いたさらしと褌姿だった。幹部に乳房と秘部を弄ばれたリサは、手下たちの手によって、ビニールテープや紐で、乳首やクリトリスにローター、秘部には電マが固定されてしまい、悶えてしまう。褌一丁で後ろ手に手錠で拘束されたリサは、手下たちにイラマチオを強要されてしまう。忍び装束で鉄格子の中に監禁されたリサは、海外に売り飛ばそうとする裏賭博の首謀者に品定めされる。手錠で拘束されたまま、鉄格子から出されたリサは、首謀者に辱しめられてしまう。全ての着衣を剥ぎ取られたリサは、手下たちによって白濁液まみれになりながら、首謀者と幹部二人に輪姦されてしまうのであった。

犯されたプライド
暴虐のサンドバッグ
○我流でトレーニングしてきた女キックボクサーのカオル。強敵との試合が決まったカオルは、我流だけでは勝てないことを察し、伝説の名トレーナーのジムを訪れるが、そこには酒に溺れた白髪の男だけだった。そう、彼こそが、かつて名トレーナーと謳われた男だった。指導を頼むカオルだったが、白髪の名トレーナーは断る。簡単に諦められないカオルは、毎日通い続けて説得する。再びジムを訪れたカオルは、勝手にシャドーボクシングを披露すると、横目で見ていた名トレーナーは、思わず問題点を指摘してしまう。こうして、カオルは、伝説の名トレーナーから指導を受けることになった。
◆名トレーナーが不在のジムで自主トレしていたカオルだったが、そこにチンピラ二人組が訪れる。正体不明の二人にカオルは、名トレーナーが不在だと伝えると、彼らは彼女の肉体を品定めするような視線を浴びせて立ち去る。実は、伝説の名トレーナーは、ヤミ金から多額の借金を抱えており、ジムを訪れたチンピラ二人組は、取立屋だったのである。名トレーナーだけのジムを訪れ、借金返済を催促するチンピラ二人組だったが、カオルを抱かせてくれたら、利子を付けずに猶予をやると、条件を持ちかける。名トレーナーが不在で、自主トレするカオルの前に、再びチンピラ二人組が現れる。一緒にトレーニングしようと触ってくるチンピラに、思わず鉄拳を放つカオルだったが、もう一人のチンピラに羽交い締めにされてしまい、鉄拳を喰らったチンピラに辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、羽交い締めのチンピラもカオルに迫るが、壁の裏で様子を伺っていた名トレーナーが止めに入る。事情を知ったカオルだったが、名トレーナーを信じ、そのまま指導を受け続けることに。数日後、名トレーナーとキックの練習をするカオルたちの前に、またしてもチンピラ二人組が現れ、借金返済の催促をする。前回は、名トレーナーに邪魔されたチンピラが、カオルを抱かせてくれたら、また利子無しの猶予をやると条件を出す。今度は断ろうとする名トレーナーだったが、事情を知ったカオルが自ら条件を飲むことに。調子に乗ったチンピラの指示で全裸となったカオルは、その場で名トレーナーと共にキックの練習をさせられてしまう。チンピラに視姦されたカオルは、名トレーナーの前で辱しめられてしまう。試合当日、名トレーナーの指導のおかげで、周囲の予想に反し、強敵に勝利したカオル。再び、名トレーナーのジムに訪れたカオルは、感謝の言葉と続けて指導をお願いする。さっそく名トレーナーから体幹を鍛えるトレーニング法として、カオルは後ろ手に縛られるが、疑う余地は無かった。そこに、ビデオカメラを持ったチンピラ二人組が現れるまでは。実は、試合結果を見たチンピラ二人組と名トレーナーが密談を交わしており、知名度が上がったカオルの痴態動画を撮影して販売する代わりに、今までの多額の借金をチャラにする裏取引が成立していたのである。事実を知ったカオルが名トレーナーを問い詰めるが、彼はその場から逃走してしまう。解放を賭けて対戦を挑まれたカオルは、キックを放つが、後ろ手に拘束されたままでは、実力を発揮出来るはずも無かった。やがて、スタミナ切れとなったカオルは、チンピラ二人組に輪姦されてしまい、その一部始終を撮影されてしまうのであった。

堕ちた美人囮捜査官
○捜査局の女性上司から、単独での潜入捜査を命じられた新人麻薬捜査官のミコト。潜入先は、裏で大量の麻薬を密輸している疑いのある小規模な家具輸入会社である。無事にOLとして潜入したミコト捜査官だったが……。
◆夜中に専務のノートPCを調べたミコト捜査官は、麻薬取引に関する大量のメールを見つけ、USBメモリへのダウンロードを開始する。ダウンロード終了直前、麻薬組織の若者に見つかってしまったミコト捜査官は、とっさにUSBメモリを引き抜く。しかし、隠し持っていたUSBメモリを奪われ、潜入捜査官かと鎌をかけられたミコト捜査官は、思わず認めてしまう。素性を知った若者にミコト捜査官は、辱しめられてしまい、痴態動画をスマホで撮影されてしまう。全裸で監禁されたミコト捜査官は、専務と幹部、さらに若者の三人に乳房と秘部を弄ばれ、イラマチオを強要されてしまう。電マでの公開オナニーを強要されたミコト捜査官は、専務に辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、連絡が途切れたことを心配した女性上司からミコト捜査官のスマホに電話が。喘ぎ声を我慢しながら、女性上司に連絡が遅れたことを謝罪したミコト捜査官だったが、連絡を終えた直後、残る二人に輪姦されてしまい、今後は社畜にされてしまう。2杯カクテルが置かれた小さな丸いテーブルで、専務がスマホに録画されたミコト捜査官の痴態動画を親しげに見せていた相手は、なんと捜査局の女性上司だった!そう、実は捜査局の女性上司と麻薬組織は裏で繋がっており、金銭の代わりに上質な麻薬と何も知らない魅力的な女捜査官とを物々交換していたのである。何も知らずに調教されたミコト捜査官は、ゲストに呼ばれた大得意先の男の前でバイブを使ったオナニーを披露する。公開オナニーを終えたミコト捜査官は、大得意先の男と輸入会社の男たちに輪姦されてしまうのであった。

秘密捜査官の女
誇り高き
復讐エージェント
○深夜の捜査局のトレーニングルームで、ひとり自主トレをする秘密捜査官のナミ。そこに上司が現れ、犯罪組織の仲間である天才ハッカーが入手した秘密捜査官名簿データがオークションにかけられるという。そこで、犯罪組織のアジトに潜入し、オークションが始まる前に名簿の流出を阻止せよとの命令だった。天才ハッカーの顔を唯一知っているナミ捜査官と彼には、浅からぬ因縁があった。
◆それは一年前、犯罪組織壊滅ミッションの最中、恋人である男性捜査官が天才ハッカーに捕まり、拘束。恋人の命と引き換えにナミ捜査官は、彼の目の前で辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、天才ハッカーは、卑劣にも恋人を処刑しようと銃口を向けるが、そこに催涙弾が放り込まれ、銃撃戦になってしまう。その間に、天才ハッカーは逃走。身動き出来ない恋人は、銃撃戦に巻き込まれて死亡。ナミ捜査官も重症を負ってしまい、さらに恋人を殺されたショックから、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発作に襲われる後遺症が残ってしまった。犯罪組織のアジトの場所を掴むため、娼婦に扮したナミ捜査官は、顔と居場所が特定されている犯罪組織の男に接触。廃墟に誘ったナミ捜査官は、男が後ろを向いた隙に、ワイヤーロープを手にして背後に近づこうとするが、振り返った男が手にしてたのは拳銃だった。思わず、PTSDの発作で恐怖に陥るナミ捜査官の姿を見た男は、死の恐怖に怯える娼婦だと思い、自身が望むシチュエーションとなり、銃口を突きつけながら、イラマチオを強要する。白濁色の欲望を口で受けとめたナミ捜査官は、男が再び背を向けた隙を狙って、手にしたワイヤーロープで絞殺し、所持品からアジトの場所を突き止めた。銃を片手に犯罪組織のアジトに潜入したナミ捜査官だったが、組織のボス、幹部、さらに天才ハッカーに取り囲まれた途端、PTSDの発作が起きてしまい、囚われの身に。実力が発揮出来ないナミ捜査官は、ボス、幹部、天才ハッカーの三人に輪姦されてしまう。ラバースーツ姿で両手を吊るされたナミ捜査官は、手下たちの手で身体中をまさぐられてしまう。乳房と秘部を露にされたナミ捜査官は、ボスに電マ、バイブで責められてしまう。吊りから降ろされたナミ捜査官は、手下たちからイラマチオを強要されてしまう。両手を手錠で拘束されて、鉄格子の中に監禁されたキャミソール姿のナミ捜査官は、手下たちによって、天才ハッカーの仕事部屋に連行される。手錠を外されたナミ捜査官は、天才ハッカーからナイフを突き付けられながら、イラマチオを強要されてしまう。天才ハッカーが、あまりの気持ち良さに油断した瞬間、ナミ捜査官は彼がナイフを握っている腕を取ってひねり、彼自身の手で腹部を刺した格好で、刺殺する。近くにあった銃を手にしたナミ捜査官は、名簿データが入ったノートパソコンを全弾使って撃ち抜く。銃声で異変に気づいたボスによって、ナミ捜査官は、再び囚われの身に。ベッドルームの椅子に拘束された下着姿のナミ捜査官は、大量のクスリを点滴され、さらに媚薬も射たれてしまう。拘束を解かれ、身ぐるみ剥がされたナミ捜査官は、ボスに辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、周辺が騒がしいことに気づいたボスは、アジトが捜査官たちによって包囲されていることを知り、その場から逃走。そう、予定されたオークションが開かれないことでナミ捜査官の任務が成功したことを知った捜査局が、改めて犯罪組織壊滅ミッションを開始したのである。ベッドルームに突入してきた上司にマシンガンを託された全裸のナミ捜査官は、ふらふらになりなからも部屋を出ると、マシンガンを連射するのだった。

機密捜査官
残虐ミッションと
拷問キメセクの罠
○指令により、単独で銃を片手に人身売買組織のアジトに潜入したハイレグ・ラバースーツ姿の女捜査官のリク。
◆銃撃戦となり、応戦するリク捜査官だったが、しびれ薬ガスを撒かれてしまい、身体の自由を奪われて囚われの身に。マットレスの部屋に連行されたリク捜査官は、男たちに輪姦されてしまう。X字に吊るされたリク捜査官は、組織のボスに電マとバイブで責められてしまう。極度の疲労からか、グレーのスポーツブラとパンティ姿で熟睡するリク捜査官だったが、組織のボスに媚薬を射たれてしまう。組織のボスに襲われるリク捜査官だったが、強力な媚薬効果により、自ら求めてしまう。媚薬の快楽に溺れたリク捜査官は、再びハイレグ・ラバースーツ姿となって、男たちにイラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

潜入捜査官
残虐中出しイキ地獄
○凄腕女捜査官サリュウに与えられた指令。それは、若い女性を辱しめ、強制的に自身の一族を増やそうとする鬼畜集団の壊滅である。
◆銃を片手に敵アジトに潜入したラバースーツ姿のサリュウ捜査官は、ボスと二人の手下が密談している部屋を見つけ、様子を伺う。ボスの野生的な嗅覚で気づかれたサリュウ捜査官は、三人組に銃口を向けながら、逮捕を宣言する。挑発するボスに銃口を向けたサリュウ捜査官だったが、二人の手下に取り押さえられ、銃を奪われてしまい、囚われの身に。その場で乳房と秘部を弄ばれたサリュウ捜査官は、彼らにイラマチオを強要された挙げ句、輪姦されてしまう。鎖に繋がれた手錠で両手を拘束されたサリュウ捜査官は、精子を混ぜ込んだ食事を、ボスに無理矢理食べさせられた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。M字開脚状態でパイプに緊縛拘束されたラバースーツ姿のサリュウ捜査官は、ボスに乳房と秘部を弄ばれた挙げ句、バイブと電マ、さらに電マ・ディルドで責められてしまう。ベッドに、ほぼ大の字に緊縛拘束されたサリュウ捜査官は、着ていたラバースーツをハサミで切り剥がされてしまう。全裸にされたサリュウ捜査官は、秘部を弄ばれた挙げ句、バイブと電マで責められてしまう。診察台に全裸でM字開脚状態に緊縛拘束されたサリュウ捜査官は、バイブと電マ、さらに電マ・ディルドで責められてしまう。絶え間ない調教による快楽責めに堕ちたサリュウ捜査官は、黒いマットレスの上で、ボスに辱しめられながらも、快楽に溺れてしまうのであった。

潜入捜査官 翔
犯罪の海に堕ちる
美しき人魚
○某警察機構で迷宮入りとなった事件の資料整理を担当している事務職のショウ。だが、その実態は敵の懐に忍び込み、悪事の証拠を掴む潜入捜査官である。
◆一報を受け、上司から受けた指令は、表向きは輸入会社だが、その裏では武器の密輸及び売買の疑いがある組織のアジトに潜入し、証拠を掴むことである。その頃、密輸組織のアジトでは、専務が仕入れてきた武器を販売担当の二人に託していたが、彼らも某警察機構が動き出したという情報を掴んでいた。販売担当の二人は、電話セールスで、次々に商談を成立。一段落したところへ現れたのは、ピンクのドレス姿のショウ捜査官。実は、販売担当の兄貴分は、仕事場に出張ホステスを呼ぶことを、入手した通信記録から判明しており、ショウ捜査官はチャンスを伺っていたのである。販売担当二人組に缶ビールを呑ませ、彼らが居眠りした隙に、離れたテーブルに布で隠した銃器をデジカメで撮影する。そこに専務が現れたので、トイレを探していると誤魔化し、教えられた場所に向かおうとするショウ捜査官だったが、専務が、当社の「商品」に興味があるのかという問いに、彼女は思わず「鉄砲」には興味が無いと口を滑らしてしまう。専務と販売担当二人組に銃口を向けられたショウ捜査官は、とっさにスカートをめくって、太ももを露にする。太ももに視線を奪われた販売担当二人組を蹴散らし、銃撃戦に。販売担当二人組と専務の銃を弾き飛ばし、優位に立ったショウ捜査官だったが、隠れていた4人目の男にスタンガンを撃たれて気絶してしまう。隠れていた4人目の男、それは社長だった。手錠で両手を拘束されたショウ捜査官は、乳房を弄ばれた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。白濁色の欲望を発散させた隙を突いて、テーブルの上に無造作に置かれていた拳銃を奪うと、販売担当の兄貴分を射殺。弟分に銃を突き付け、アジトから逃れようとしたショウ捜査官だったが、専務は彼女の上司を拉致してきた。人質交換の交渉を試みるショウ捜査官だったが、専務は躊躇せずに弟分を射殺し、彼女は切り札を失って、再び囚われの身に。鉄格子に磔拘束されたショウ捜査官は、社長から仲間にならないかと誘われる。仲間になれば、上司の命は救われ、大金が手に入ると言われたショウ捜査官は、交渉に応じない。社長は専務に、ショウ捜査官が交渉に応じるようにしなさいと命じて、その場を去る。磔拘束から解かれたものの、両手を手錠で拘束されたショウ捜査官は身ぐるみ剥がされ、専務に辱しめられてしまう。全裸で両手を手錠で拘束されたまま、マットレスの上で眠るショウ捜査官だったが、戻ってきた社長にも辱しめられてしまう。一戦を交えた後、上司に合わせてと懇願するショウ捜査官だったが、知らされたのは、残酷な現実だった。上司は既に殺され、何処かの河川に遺棄されたことを。心の支えを失ったショウ捜査官は、最後の交渉も拒否するのだった。

潜入捜査官、
堕ちるまで…
○ホステスのリンは、初めての客から地下売春組織への勧誘を受ける。その売春組織の客には有名人も多く、リンが耳打ちされて聴いた名前も、誰もが知る有名人だった。話の内容から事実だと確信したリンは、男を逮捕。そう、リンは売春組織の壊滅を目指す、潜入捜査官である。
◆逮捕した男から、有名人が多く通う地下売春組織の存在が明らかになったと上司から告げられたリン捜査官は、直ちに売春婦として組織への潜入捜査を命じられる。売春組織の首謀者から、ホテルの一室で客を待つように言われたリン捜査官。さっそく現れた客へ、先に風呂で待つように仕向けたリン捜査官は、客が脱いだ背広から抜き出した名刺で、彼が大手建設会社の社長だと知る。バスタオルを巻いて、客の背中を流しながら仕事の話を聞き出すと、なんと売春組織の客には大臣を務める大物政治家も居り、その繋がりで新たな仕事を請け負ったという。重要な証言を得たリン捜査官は、客を一撃で気絶させた。その後、売春組織の顧客名簿を奪い、男たちに追われるリン捜査官だったが、手下たちを蹴散らし、銃を抜こうとした首謀者より先に銃口を突きつけ、彼らを逮捕した。ただ、入手した名簿には、大手企業の社長たちや現職大臣を務める政治家たちの名前が並んでおり、いろんな意味で危険なリストだった。この捜査には根回しが必要だと言われたミニスカ・スーツ姿のリン捜査官は、上司に連れられた料亭で、大物政治家と面談する。活躍を称賛されたリン捜査官だったが、今回は、やり過ぎだったと非難される。そこに現れたのは、逮捕されたはずの首謀者。思わず立ち上がるリン捜査官だったが、何故か上司から羽交い締めにされてしまう。実は、上層部の判断で今回の件は無かったことに。さらに、この件に関わったリン捜査官は、記録上では最初から存在しなかったことにされていた。あまりの仕打ちに腰砕けになってしまったリン捜査官は、首謀者の手に。大物政治家の前で、荒縄によって、服の上から後ろ手に乳房縛りで吊るされたリン捜査官は、銃を奪われ、乳房と秘部を電マとディルドで責められてしまう。手錠で両手を拘束されたリン捜査官は、売春組織アジトのベッドに投げ出され、首謀者に辱しめられてしまう。黒のパンティと白のTシャツ1枚の姿のリン捜査官は、鎖に繋がれた手錠で拘束され、鉄格子の中に監禁されていた。首謀者から、調教の時間と称して、鉄格子に両手を頭の上に吊るされたリン捜査官は、Tシャツを切られて露になった乳房を弄ばれ、手マンで責められてしまう。調教された黒い下着姿のリン捜査官は、料亭の布団の上で、大物政治家に辱しめられてしまうのであった。

みづなれい
衝撃引退作
黒人凌辱
コスプレヒロイン
☆みづなれい衝撃引退作 黒人凌辱コスプレヒロイン
※該当シーンのみレビュー
○強き相手を求め、旅をしながらストリートファイトを続けるチ●ンリーは、挑戦者の男を倒し、この街にも強き相手が居ないのかと落胆していた。
◆そこに、黒人のボクサー系ファイターのパ●ソンが現れ、挑発してきた。さっそく、対決するチ●ンリーだったが、パ●ソンにダメージを与えられず、逆に腹部を強打されて、腰砕けになってしまう。敗北を認めたチ●ンリーは、パ●ソンにトドメを刺すことを頼むが、彼はそれを断る。パ●ソンによって屋内のロングソファーに運ばれたチ●ンリーは、彼に辱しめられてしまうのであった。

スーパー黄金比
筋肉BODY
コスプレイヤー
発射まで着たまま
5変身SEX
※該当シーンのみレビュー
○黒い球体から100点を獲得しないと、元の世界に戻れない異空間に隔離されたマコト。今回もセクシーな戦闘服で異星人を倒すミッションが開始された。
◆下級異星人を拳銃で倒していくマコトだったが、上級異星人にはダメージを与えられず、逃げられてしまう。マシンガンを手にしたマコトだったが、背後から上級異星人に乳房を鷲掴みにされてしまい、思わずマシンガンを手放してしまう。感度が高い乳房を責められ、反撃出来ないマコトは、上級異星人に辱しめられてしまうのであった。
○制服姿の如月ハ●ーは、怪人に襲われる。
◆隙を見て、キューティーハ●ーに変身するが、怪人は弱点を知っていると余裕の笑みを浮かべる。怪人に立ち向かうキューティーハ●ーだったが、感度が高い胸を揉まれてしまう。なんとか快楽に耐え、その場から逃走するキューティーハ●ーだったが、ロングソファーに遮られてしまう。ロングソファーに押し倒されたキューティーハ●ーは、怪人に辱しめられてしまうのであった。

女捜査官拷問調教 8
監禁拘束
徹底蹂躙される
美人エージェントの肉体
※デジャヴ注意(台本流用による)
○特捜班のエースである女捜査官のユイ。
◆自宅で、事件発生の連絡と上司から本部への出頭要請を受けたユイ捜査官は、久々の大事件捜査の予感に興奮し、思わずオナニーしてしまう。本部に出頭したユイ捜査官は、過去に彼女が壊滅したテロ組織が復活し、代議士が誘拐されたことを知る。実は、ユイ捜査官がテロ組織を壊滅した時、ひとりの男の死体が見つからず、生死不明となっていたのである。その生き残りがテロ組織の首謀者となり、代議士を誘拐。さらに捜査員の中に内通者がいるとの情報があるので、ユイ捜査官に単身での潜入捜査が命じられたのである。銃を片手にアジトに潜入した、紫のラバースーツ姿のユイ捜査官は、地下の一室に監禁されていた代議士の拘束を解く。代議士と共に階段を上るユイ捜査官だったが、戦闘員に見つかり、銃撃戦に。地下の階段の奥で上司に応援要請の連絡をしたユイ捜査官だったが、駆け付けた上司が銃口を向けたのは彼女自身だった。そう、実は上司が内通者であり、全てはユイ捜査官を捕らえるための罠だったのである。前屈みでギロチン台に拘束されたラバースーツ姿のユイ捜査官は、首謀者に尻をで打たれ、合間に股間を弄ばれてしまい、上司からイラマチオを強要されてしまう。黒の下着姿で壁に両手を吊るされたユイ捜査官は、上司から下着を全て剥ぎ取られ、ペンライトで全ての穴という穴を調べられた挙句、強力な媚薬を注射されてしまう。拘束を解かれたユイ捜査官だったが、薬効には逆らえず、その場でオナニーしてしまう。ピンクのパンティ1枚の姿で目隠しされ、分娩台にM字開脚状態で緊縛拘束されたユイ捜査官は、首謀者から電マとバイブでの快楽と高圧電流による激痛を、交互に責められてしまう。調教を終え、分娩台から降ろされた緊縛状態のユイ捜査官は、首謀者に辱められてしまう。紫の下着姿で両手両足を拘束され、ボールギャグを銜えさせられたユイ捜査官は、調教された証として上司とテロ組織の幹部の前に連行されてしまい、彼らに輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、ユイ捜査官は、油断した幹部がソファの上に放置していた銃を奪い、上司と幹部を射殺し、再び姿を消した首謀者に雪辱を誓うのであった。

潜入捜査官
残虐2穴イキ地獄
○日頃からランニングで心身を鍛えている女捜査官のウタの元へ、本部から出頭要請の連絡が入る。黒のラバースーツ姿となったウタ捜査官に与えられたのは、それは闇ルートでい合法ビデオを販売及び違法薬物を密輸している疑いがある企業があり、その密輸に関係していると思われる男性が帰国。アジトで犯罪企業の頭領と密輸犯が接触する機会を見計らい、密輸取引の現行犯逮捕という指令である。
◆密輸犯を尾行してアジトに侵入し、頭領と密輸犯が情報交換をしている部屋に忍び込み、密談を録音していたウタ捜査官だったが、彼は彼女の存在に気づいていた。銃を突き付け、現行犯逮捕を宣言するウタ捜査官だったが、隠れていた密輸犯の部下たちに襲われた隙に銃を奪われた挙句、薬物を注射されてしまう。両手を頭の後ろに拘束され、開脚状態で押さえつけられたウタ捜査官は、カメラの前でラバースーツのジッパーを降ろされ、露わになった乳房と秘部をローターと電マで責められてしまう。拘束を解かれ、黒いマットレスに押し倒されたウタ捜査官は、頭領に辱められてしまう。分娩台にM字開脚状態で緊縛拘束されたウタ捜査官は、ラバースーツと黒のパンティをハサミで切り剥がされてしまい、アナルを指で挿入されながら、電マとバイブで責められた揚げ句、電マディルドで2穴を同時に責められてしまい、最後に放心状態で放尿されてしまう。黒いマットレスに全裸で放置されたウタ捜査官は、頭領と密輸犯の二人に前後から同時に辱められてしまうのであった。

新井梓の、
いっぱいコスって
萌えてイこう!
※該当シーンのみレビュー
○ある大企業で部長の秘書をしているOLのアズサは、合併に関する極秘資料が無造作にデスクの引き出しに仕舞われる場面を目撃する。実は、彼女の正体は産業スパイである。
◆深夜の会社に侵入したラバースーツ姿のアズサは、あっけなく極秘資料を手にするが、警備員に見つかってしまい、異変に気づいた部長も現れ、侵入者が秘書だと気づく。他に盗んだ資料が無いかという名目でアズサは、乳房と秘部を弄ばれてしまう。尋問という名目でアズサは、部長と警備員に輪姦されてしまうのであった。

特務捜査官
破滅への絶頂
○若い女性の連続不審死事件に共通する、新しい化学成分が配合された催淫剤。その事件を専門に追い続ける特務捜査官のイロハ。実は、最初の犠牲者が身内だったのである。
◆現場付近に残された車から今回の被害者の手荷物を発見したイロハ捜査官は、失われたスマホの位置情報から事件現場となったビルを特定。ビルの屋上で被害者のスマホを発見したイロハ捜査官は、屋内で未使用の催淫剤を発見するが、男に銃を突き付けられてしまう。前から壁に押し付けられた格好で立たされたイロハ捜査官は、男にお尻を撫でられてしまう。隙を突いて脚で反撃したイロハ捜査官だったが、その際に脚を痛めてしまい、犯人を逃がしてしまう。手がかりとなる未使用の催淫剤を入手したイロハ捜査官は、分析を依頼している最中にビルの所有者を知り、思わず一言「繋がった……」。実は、ビルの所有者は大学教授であり、最初の犠牲者となったイロハの姉は、その際に教授の助手だったのである。犯人に催淫剤を無理矢理注射された姉は、辱しめられた挙げ句、絞殺され、心中事件として偽装されて処理されてしまったのである。葬儀以来久しぶりに大学教授と面談したイロハ捜査官は、姉の事件について問い質すが、次の予定があるからと追い返されてしまう。上司から、証拠不十分で教授への本格的捜査は無理だと言われたイロハ捜査官が、悶々としていると、前から彼女に好意を抱いていた若い科捜研担当がオフレコで未使用催淫剤の分析結果を伝える。実は、催淫剤の成分の中に、現在は廃院となっている病院が所有していた薬物があり、故人となったその病院の院長が教授の身内だったのである。無理矢理サポート役を命じた若い科捜研担当を車に残し、夜の大学に侵入したイロハ捜査官は、教授の部屋で証拠となる薬品を見つけるが、そこに教授が現れ、サポート役も実行犯に銃を突き付けられて連行されてきた。姉が助手として勤務していた頃、教授はアルツハイマー病を発症。このままでは地位も名誉も失うことを悟った教授は、独自に特効薬を作り、自らに注射。アルツハイマー病には著しい効果があったのだが、副作用として強力な催淫効果もあったのである。今度は催淫剤としての効果を確かめたくて、自らに注射した直後、イロハ捜査官の姉でもある助手に力ずくで注射し、理性が崩壊したなが最初の事件の真相だったのである。人質を取られ、教授に銃を突き付けられたイロハ捜査官は、ミニスカを剥ぎ取られ、黒パンストを破かれて、白いパンティが露になってしまう。デスクの上でM字開脚を強要されたイロハ捜査官は、教授に股間を間近で視姦され、素股とイラマチオを強要されてしまう。イロハ捜査官が口で奉仕している最中、教授と実行犯は催淫剤を注射し、人質を殴打して気絶させると、二人は彼女を連れて移動。入院患者用浴室に連行されたイロハ捜査官は、上着を剥ぎ取られ、少しだけ残った湯を浴びせられてしまう。実は、浴室の湯の中には催淫剤が混ぜられていたのである。身ぐるみ剥がされたイロハ捜査官は、教授と実行犯に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、満足した教授は、その場から去り、実行犯は放心状態になっているイロハ捜査官の股間に顔を埋める。脚を使って実行犯を絞殺したイロハ捜査官は、ブラウス&パンティ姿で教授の部屋に向かったが、人質の姿が無かった。デスクの裏で教授の死体を発見したイロハ捜査官は、状況が理解出来ずに混乱している最中に背後から男にクスリを嗅がされ、気絶してしまう。全裸の仰向けでベッドに寝かされ、右手を手錠で拘束されたイロハ捜査官は、自身がサポート役の科捜研担当に拘束されたことを知る。彼は科捜研に来る前は、教授の下働きをしており、教授が起こした事件を一部始終、目撃していたのである。告発よりも教授への脅迫を選択した彼は、催淫剤の物的証拠を隠滅するために科捜研担当に。そこに現れたのがイロハ捜査官である。教授が持っている催淫剤を手に入れるチャンスを伺っていた彼は、イロハ捜査官を巧みに誘導して罠にはめ、その隙に教授を殺害したのである。事実を知ったイロハ捜査官だったが既に遅く、科捜研担当に催淫剤を注射されてしまう。薬効に逆らえず、思わずオナニーしてしまうイロハ捜査官は、電マで責められてしまう。拘束を解かれたイロハ捜査官は、イラマチオを強要された挙げ句、辱しめられてしまうのであった。

人妻囮捜査痴漢電車
〜公然羞恥で
貶められた肉体〜
香西咲
○とある私立高校では、電車で通う女生徒が痴漢に遭う被害が続発していた。校長に依頼された人妻捜査員のサキによって、痴漢は現行犯逮捕され、女生徒への被害は激減していった。
◆ある日、連絡を受けたサキ捜査員は、校内を歩いて校長室に向かうが、一人の男子生徒が尾行していることに気づかなかった。校長から、人妻に快楽を与える伝説の痴漢魔の正体が校内の男子生徒らしく、ことが公になる前に解決して欲しいという内容にサキ捜査員は、囮捜査をすることを承諾して部屋を出る。尾行していた男子生徒がドア越しに盗み聞きしていたとも知らずに。そう、彼が問題の痴漢魔生徒なのである。被害者の共通点であるミニのタイトスカートを履いて囮捜査をするサキ捜査員だったが、痴漢魔生徒が気配を消して背後立ち、一瞬の早ワザでスカートを捲り上げ、パンティの中に手を滑り込ませ、指に塗った媚薬を秘部に塗り付けたことに気づかなかった。痴漢魔生徒からお尻を責められるサキ捜査員は、媚薬効果で感じてしまい、最後は腰砕けになってしまう。痴漢魔生徒の正体を暴けなかったサキ捜査員だったが、彼の珍しい腕時計だけは目に焼き付けた。授業中の校内を歩き回り、腕時計の主を探すサキ捜査員だったが見つからなかった。授業中、図書室で休憩していたサキ捜査員だったが、そこに一人の男子生徒が現れ、彼の左腕には例の腕時計があった。目撃者を装い、痴漢魔を逮捕するのかと問われたサキ捜査員は、痴漢を辞めさせるのが目的だと答えると、彼は図書室の鍵を閉めた。図書室に監禁されたサキ捜査員は、痴漢魔生徒に辱しめられてしまう。帰りの電車の中で痴漢魔生徒から事情を聞くサキ捜査員は、彼がターゲットにしているのは性的に欲求不満に陥っている人妻だけだと言われ、自身も該当者だと気づかされる。翌朝、満員電車のドアの前で、痴漢魔生徒の横に立つサキ捜査員は、他に痴漢被害が及ぶことを避けるため、彼の要求に応える。パンティを降ろされ、露になった秘部を責められたサキ捜査員は、火照った身体を抑えられず、彼と共に下車。あいにく、男子トイレは混雑していたので、女子トイレの個室で、乳房と秘部を弄ばれた挙げ句、イラマチオを強要されてしまう。自宅に戻り、夫が寝るベッドで横になったサキ捜査員だったが、何故か電車の乗客たちの目の前で、痴漢魔生徒に辱しめられる姿を妄想してしまう。思わずその場でオナニーしそうになったサキ捜査員だったが、理性を取り戻して、水を飲みにキッチンへ。だが、我慢出来なくなったサキ捜査員は、テーブルの角に股間を擦り付けて、疑似痴漢プレイしてしまい、とうとうオナニーしてしまう。翌朝、痴漢魔生徒との痴漢プレイで、自分が快楽に酔いしれていることに気づいたサキ捜査員は、授業中にも関わらず、彼を連れてロッカールームへ。痴漢魔生徒に、これが最後だと承諾させたサキ捜査員は、彼と激しく絡み合う。その結果、彼の痴漢行為が無くなり、改心したことを仮名にして校長に報告。再び、電車内で囮捜査を始めたサキ捜査員は、さっそく痴漢に遭うが、これから快楽を楽しもうとした時、男子生徒が痴漢魔を確保。その男子生徒こそ、元痴漢魔生徒である。身柄確保された犯人を横目に見ながら、もう少し快楽を味わいたかったというサキ捜査員だった。

痴漢Gメン24時
美乳オトリ捜査官
涼川絢音
○痴漢Gメンとなったアヤネに上司から指令が下る。バスで通学する女子校生を狙う痴漢魔を逮捕せよ。
◆セーラー服に着替えたアヤネ捜査官は、相棒である先輩男性捜査官と打ち合わせ。内容は、囮となったアヤネ捜査官が痴漢に遭うと、少し離れた相棒に指定ポーズで合図を送り、彼がビデオカメラで痴漢行為を撮影し、動かぬ証拠を得てから逮捕する段取りである。さっそく、相棒と共にバスに乗ったアヤネ捜査官は、女子校生が痴漢に遭っている現場を目撃する。バス前方に相棒を待機させたアヤネ捜査官は、被害者と入れ替わる。囮となったアヤネ捜査官は、さっそく痴漢に遭い、相棒に合図を送ろうとするが、そういう時に限って彼はよそ見をしていた。仕方なく、自らの手で逮捕しようと、手錠を取り出したアヤネ捜査官だったが、拘束プレイを希望していると勘違いした痴漢魔に奪われてしまう。つかまり棒に手錠で繋がれてしまったアヤネ捜査官は、痴漢魔に秘部を弄ばれた挙げ句、逃げられてしまう。リベンジする為、ブレザー制服姿となったアヤネ捜査官は、相棒にビデオカメラを持たせて、再び囮捜査を開始。例の痴漢魔の手がアヤネ捜査官に伸びた瞬間、女性客から叫び声が!思わず萎縮する痴漢魔だったが、女性客が指摘したのは、ビデオカメラを持っていた相棒だった。隠し撮り犯と誤解された相棒が車外に連れ出されてしまう。痴漢魔の正体を突き止めようと、下車した彼を尾行するアヤネ捜査官は、彼を追って廃墟の中に。実は、尾行に気づいていた痴漢魔に背後から抱きつかれたアヤネ捜査官は、乳房と秘部を弄ばれてしまう。ただでさえ敏感な体質のアヤネ捜査官は、快楽責めに耐えきれず、思わず痴漢魔に許しを請うてしまう。射精させてくれれば、逮捕されてやるという痴漢魔の言葉を真に受けたアヤネ捜査官は、口で奉仕するが、結局は辱しめられてしまう。一戦を交えたあと、痴漢魔は口約束を反古して、逃走してしまう。上司から、痴漢捜査を外されたアヤネ捜査官は、弱点である敏感体質の改善を決意。水色のV字水着姿となったアヤネ捜査官は、相棒から痴漢プレイと電マ責めによる特訓を受ける。フェラの経験不足を痛感したアヤネ捜査官は、相棒を口と手で奉仕し、白濁な欲望液を口で受け止める。だが、アヤネ捜査官は、さらにフェラを続けると、限界を越えた相棒は腰砕けになってしまい、彼女は身柄確保に成功する。次は実戦テストとしてアヤネ捜査官は相棒と共に、若者と老人の痴漢常習犯がいるバスに乗り込み、痴漢Gメンだと名乗る。逮捕を逃れようとバス乗降口に向かおうとする痴漢魔たちだったが、相棒が阻止。フェラテクを駆使したアヤネ捜査官は、二人の逮捕に成功し、再び捜査に復帰する。今度は、女子校生を狙う若者痴漢魔二人組の逮捕を命じられる。相棒と共にバスに乗り込んだテニスウェア姿のアヤネ捜査官は、最後部座席の中央に、若者痴漢魔二人組に挟まれた女子校生を発見。すぐに女子校生と入れ替わったアヤネ捜査官は、囮捜査を開始。証拠映像を撮影しようと待機していた相棒だったが、降りる人たちによってバスから押し出されてしまう。二人組から乳房と秘部を弄ばれてしまったアヤネ捜査官は、彼らに輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、満足した痴漢魔二人組だったが、アヤネ捜査官はまだ満足していなかった。精力を使い果たした若者痴漢魔二人組は、アヤネ捜査官に逮捕されるのであった。

BLACKDEVIL
〜爆乳拷問〜
本真ゆり
○とあるビルのドアの前で、裏社会の社長が部下に、イタリアマフィア繋がりで手にいれた、超レアな腕時計を自慢。その超レアな腕時計を狙って、階段の踊り場に隠れて様子を伺う、ラバースーツ姿の女。彼女こそ、裏社会では噂の女怪盗レディ・カメレオンである。
◆部屋に入った二人を追い、ドアの隙間から様子を伺うレディだったが、背後から肩を叩かれ、いつの間にか囚われの身に。両手を吊るされたレディは、社長に尋問されるが解放を要求。ラバースーツ越しの爆乳から、この女が最近噂の女怪盗だと気づいた社長は、公開処刑と称してネット生中継を始める。しらを切るレディだったが、背後からラバースーツ越しに爆乳を弄ばれてしまう。乳房を露にされたレディは、乳首を集中的に責められてしまう。両膝と胸囲をラップで巻かれたレディは、胸の谷間からローションを注がれ、乳房に塗り込まれた挙げ句、股間に電マを差し込まれたまま、放置されてしまう。終わらない快楽責めに耐えられなくなったレディは、気絶してしまう。ラバースーツから乳房をさらけ出したレディは、両膝をついてお尻を突きだし、前屈み状態で緊縛拘束されていた。身動き出来ないレディは、両乳首にローター付きクリップを挟まれ、責められてしまう。お尻のラバースーツを切り取られたレディは、黒のTバック越しに電マで秘部を責められてしまう。Tバックを降ろされたレディは、バイブと電マで同時に責められてしまう。社長に手マンで責められたレディは、2本の電マで秘部を集中的に責められてしまうが、堕ちなかった。乳房と秘部が露になった卑猥な赤い透け下着姿のレディは、ベッドに大の字で拘束されていた。ローションまみれにされ、男たちの手で肉体をまさぐられて喘ぐレディは、さらに電マで秘部を責められてしまう。ネット視聴者の要望によりレディは、電マ・ディルドで責められてしまう。全裸のレディは、分娩台に開脚状態で緊縛拘束されていた。身動き出来ないレディは、乳房を電マで、秘部を手マンで責められてしまう。ここでもローションまみれにされたレディは、電マで秘部を集中的に責められてしまう。さらにレディは、挿入されたバイブに電マ押しあてられるという合体技で責められてしまう。次に電マ・ディルドで責められたレディだったが、さらに電動工具ディルドで責められてしまう。果てしなく続く快楽責めにレディは、とうとう堕ちてしまう。拘束を解かれた全裸のレディは、自ら肉棒を求め、社長に辱しめられてしまうのであった。

女捜査官拷問調教12
千乃あずみ
○新たな地区の捜査部に配属された女捜査官のアズミ。実は、この捜査部には裏組織との癒着があるという噂があり、彼女の前に配属され、噂の真相を追っていた若手男性捜査官が消息不明となっていたのである。そう、アズミの正体は、身内の犯罪を暴く潜入捜査官である。
◆デスクワークをするアズミ捜査官は、部長が人柄の良いことから、課長が怪しいと睨む。皆が帰ったあと、ひとり残ったアズミ捜査官は、トイレの水洗タンクに隠しておいたラバースーツに着替えて、本格的に捜査を開始。倉庫の中で、失踪した捜査官のシステム手帳を発見したアズミ捜査官だったが、課長が待ち伏せしていた。失踪事件に関与している課長と銃撃戦となったアズミ捜査官は、密かに接近して彼に銃を突き付ける。裏組織との繋がりを認めた課長を逮捕しようとしたアズミ捜査官だったが、部長から銃を突き付けられ、雇い主を吐かせるために囚われの身に。両手と首をギロチン拘束で立たされたラバースーツ姿のアズミ捜査官は、裏組織のアジトに連行されると、裏組織の首謀者が待っていた。膝をつき前屈みにされたアズミ捜査官は、首謀者お尻をムチで打たれつつ、時には股間と爆乳を責められてしまう。失踪した捜査官が生きていると知らされたアズミ捜査官だったが、イラマチオを強要され、口内に射精されてしまう。白い拘束服で両腕の自由を奪われ、監禁されたアズミ捜査官は、首謀者から強力な媚薬を射たれてしまう。拘束服を剥ぎ取られ、全裸にされたアズミ捜査官は、ペンライトで全ての穴を調査されてしまう。そこへ後ろ手に拘束された失踪捜査官が連行されてきた。首謀者は、失踪捜査官の命を賭けてのゲームを提案。制限時間内に、口を使って失踪捜査官を射精させたら彼の命を助けるという条件を飲んだアズミ捜査官は、必死に口で奉仕する。なんとか制限時間内に射精させたアズミ捜査官だったが、首謀者は時間切れと称して失踪捜査官を射殺し、彼女の努力は無駄になってしまう。下着姿で後ろ手に乳房縛りで拘束されたアズミ捜査官は、首謀者に下着を剥ぎ取られ、敏感になった乳首を責められてしまう。ローソクで責められたアズミ捜査官は、首謀者に辱しめられてしまう。白いリクライニングシートにM字開脚で緊縛拘束され、乳房縛りと卑猥な下着姿のアズミ捜査官は、ローターで責められてしまう。快楽責めに喘いだアズミ捜査官だったが、次は高圧電流で責められてしまい、さらには電マで責められてしまう。電マ・ディルド責めと高圧電流責めを交互に受けたアズミ捜査官だったが、口を割らず、あきらめた首謀者は死刑を決意し、殺す前に協力者たちへのご褒美に。部長と課長の前には、両手を手錠で拘束され、開口具を噛まされた、赤いキャミソール姿のアズミ捜査官が放置されていた。強力媚薬を射たれたアズミ捜査官は、徐々に拘束を解かれながら、二人に輪姦されてしまう。一戦を交えたあと、銃声が響き、課長が射殺される。アズミ捜査官の上司が助けに入ったのである。課長の銃を奪ったアズミ捜査官は、部長と首謀者を射殺するのだった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
水野朝陽
○目覚めると、両手を吊るされていた白Tシャツに黒革のミニスカ・ジャケット姿のアサヒ捜査官は、記憶をたどり始める。最近、若い女性の怪死事件が頻発しており、事件の背後に違法な快楽薬の密売が絡んでいることが判明。取引場所としている疑いがあるバーに客として潜入したアサヒ捜査官は、2年前に捜査局から姿を消した元恋人に再開する。捜査局も知らない極秘任務で姿を消したという元恋人にアサヒ捜査官は、今回の捜査内容を問われるが、教える訳が無かった。突然、バーテンダーと客たちに銃を突き付けられたアサヒ捜査官は、元恋人を人質に取られてしまう。隠し持っている武器を出すように言われたアサヒ捜査官だったが、彼女は持っていないと反論する。脱いで証明しろと言われたアサヒ捜査官は、出入口を背にして上着とインナーを脱ぎ、ブラジャー姿を晒して両手を挙げる。男たちが油断した隙に、ブラジャーの背に隠していた銃で天井に発砲したアサヒ捜査官は、男たちが怯んだ隙に元恋人を連れてバーから逃走。廃校の教室に逃げ込んだアサヒ捜査官は、こんな時に元恋人が自身のケータイを操作していることに気づく。今回の件を元恋人も捜査していると信じたアサヒ捜査官は、彼にバーの情報を得たルートを教えてしまう。そこに、銃を持った男たちが現れ、銃撃戦に。元恋人を逃がすアサヒ捜査官だったが、弾が尽きた頃に彼が人質になってしまう。元恋人の言葉に従い、アサヒ捜査官は、単身で逃走する。元恋人を奪還するため、白Tシャツに黒革のミニスカ・ジャケット姿のアサヒ捜査官は、銃を片手に単身、廃校の教室に潜入する。教室の中央に、猿ぐつわされ、椅子で眠る元恋人に駆け寄るアサヒ捜査官だったが、それは密売組織の罠で、彼女は銃と唇を奪われ、囚われの身になったことを思い出した。
◆密売組織のアジトで、両手を吊るされたアサヒ捜査官は、情報元を吐かせようと痛めつけられるが、黙っていた。そこに、元恋人を連れた幹部が現れ、彼を救いたかったら誠意を見せろと、ある課題を出す。5分以内に元恋人を射精させろと言われたアサヒ捜査官は、口で奉仕して、なんとか課題をクリアする。次は3分以内に射精させろとの課題に、アサヒ捜査官は全裸で公開オナニーを強要させられてしまい、再び口で奉仕して、再び課題をクリアする。男たちにロングソファーへ押さえつけられた全裸のアサヒ捜査官は、バイブと電マで責められた挙げ句、辱しめられてしまう。中出しされてしまったアサヒ捜査官は、瓶のビールで膣内を洗浄されてしまう。手錠され、ロングソファーで横になったアサヒ捜査官は、元恋人と話していると、見張りの男がうるさいと忠告する。さっきので股間がウズウズすると見張りの男に訴えたアサヒ捜査官は、彼に秘部を舐めさせた隙に太ももで絞殺。見張りの男から鍵を奪い、手錠を外したアサヒ捜査官だったが、背後から元恋人に殴打され、気絶してしまう。そう、元恋人は裏切り者であり、最初から密売組織の仲間だったのである。再び手錠をされた全裸のアサヒ捜査官は、快楽薬を射たれてしまう。電マで責められたアサヒ捜査官は、男たちにイラマチオを強要されてしまう。廃校の教室で再び快楽薬を射たれたアサヒ捜査官は、幹部に辱しめられてしまうのであった。

くいこみ失禁捜査官
監禁倒錯オムツ奴隷
翔田千里
○深夜、細菌兵器を密かに開発している疑いのある研究所へ夫と共に潜入した、赤いラバースーツ姿の人妻捜査官チサト。
◆二手に分かれて物的証拠を探すが発見出来ず、時間切れで合流ポイントに向かったチサト捜査官だったが、夫が女ボスの人質になっており、彼女は吹き矢で首に薬物を射たれ、囚われの身に。ほぼ大の字に手錠で吊るされたチサト捜査官は、女ボスに乳房と秘部を弄ばれ、こぶ縄と電マで股間を責められてしまう。ボールギャグを噛まされ、全裸の乳房縛りで後ろ手に吊るされ、竿竹にまたがったチサト捜査官は、調教担当の男にムチで打たれ、股間の竿竹で責められてしまう。両手を吊るされた全裸のチサト捜査官は、ベルト上に繋がった、こぶ縄で股間を責められてしまう。続けて手マンで責められたチサト捜査官は、2本の筆とスティックローターで乳首と股間を責められてしまう。会員制SMクラブの舞台上に紙オムツ姿で後ろ手に吊るされたチサト捜査官は、観客の前に晒されてしまう。カニ縛りにされたチサト捜査官は、観客の前で開脚状態にさせられ、スティックローターと電マで責められてしまう。手錠で拘束され、舞台に立たされたベビードレス姿のチサト捜査官は、カメラの向こうに拘束された夫がおり、逆らうと夫が拷問されるという女ボスの説明を受け、お触りタイムの恥ずかしい自己紹介をさせられてしまう。逆らえないチサト捜査官は、観客の前で公開オナニーを強要させられてしまう。観客のリクエストにより、四つん這いにされ、ピストンマシンで責められながら、奴隷契約書にサインと宣言させられてしまう。カメラの向こうにいる夫に謝罪と言い訳を終えると、観客たちに輪姦されてしまう。さらに調教されたチサト捜査官は、完全な性奴隷に堕ちてしまうのであった。

麻薬捜査官
ヤク漬け膣痙攣
春原未来
○密売組織に囚われた仲間の男性捜査官の救出を上司に訴える女捜査官のミキだったが、無情にも却下されてしまう。諦めきれないミキ捜査官は、単身での潜入を決意するが、それは敵に筒抜けだった。
◆銃を片手に敵アジトへ潜入するブラウス&ミニスカ姿のミキ捜査官は、見張りの男たちを蹴散らし、囚われていた男性捜査官の拘束を解く。銃撃戦の末、敵の男に銃を突き付けたミキ捜査官だったが、彼は余裕の笑みを浮かべる。再び、男性捜査官が人質にされたことに気づいたミキ捜査官は、銃を奪われて囚われの身に。ギロチン拘束具に吊るされたミキ捜査官は、情報源を吐かせようと、組織のボスから木刀で殴打されてしまう。痛みに耐えたミキ捜査官だったが、下着を剥ぎ取られ、バイブで責められてしまう。ロープを緩められ、開脚状態でソファーに座らされたミキ捜査官は、秘部にビールを噴射注入されてしまう。再び吊るされたミキ捜査官は、連れて来られた人質が股下を見上げる状態で、手マン、さらに電動サンダーで責められてしまう。口にディルドを噛ませた人質の顔にミキ捜査官は、男たちに力ずくで挿入とピストン運動をさせられてしまう。拘束を解かれたミキ捜査官は、制限時間内に人質を射精させることを強制され、必死に口で奉仕する。制限時間内に射精させたミキ捜査官だったが、今度は彼女がターゲットにされてしまう。制限時間内に射精を強要された人質にミキ捜査官は、辱しめられてしまう。両手を吊るされたミキ捜査官は、違法快楽薬を射たれてしまう。敏感になってしまったミキ捜査官は、電マとバイブで責められてしまう。拘束を解かれ、さらに違法快楽薬を射たれたミキ捜査官は、さらに電マとバイブで責められた挙げ句、男たちに輪姦されてしまうのであった。