HOME自転車事故>自転車対歩行者の事故の高額賠償裁判例

判例に関して

判例の判断基準はその後に大きな変更がなければ「他の事件の裁判」でも考慮されます。

本ページ掲載判例が以前のものであっても、その後にその判断基準に基づいて判断されたもの(和解等を含む)もあります。

「過去の判例だから現在は意味がない」とは限りません。

自転車対歩行者の事故の高額賠償裁判例

●平成10年大阪地裁判決

68歳老女が歩道上で信号待ちをしていたところ、17歳未成年の自転車が前方不注視で衝突し、老女が転倒して大腿骨を骨折、後遺障害8級の障害を残した事例。

老女の損害として、約1,800万円を認容。このうち、逸失利益は、就労可能年数を約7年として中間利息を控除、約700万円。

なお、裁判所は未成年者の両親の責任を否定しました。

●平成14年の名古屋地裁判決

白線内を歩行中の老女が電柱を避けて車道に出た際、無灯火で対向進行してきた14歳中学生の自転車と衝突したケースで、老女が頭部外傷による後遺障害2級の障害を残した事例。

老女は、中学生の両親の監督責任を追及しましたが、裁判所は加害中学生の責任を肯定するも、事故歴などなく、普段問題行動などなかったことなどから両親の監督責任を否定しました。

この判決で老女の過失割合15%と既往症の減額20%が適用されましたが、中学生の損害賠償金は合計 約3,120万円になりました。

●平成17年の横浜地裁判決

54歳の看護師女性が市道を歩行中、無灯火の上、携帯電話を操作していた16歳女子高生に追突され、被害者女性は手足に痺れが残って歩行困難になり職も失った事例。

裁判所は、加害者女性(判決時19歳)に約5,000万円の支払いを命じた。

なお、ここでも加害者の父親の責任は否定されました。

●平成17年の大阪地裁判決

53歳女性が同僚に声を掛けられてビル敷地の植込みの間から歩道上に出た際に、業務中の男性の自転車と衝突して転倒し、腰椎を骨折、後遺障害併合10級及び腰部脊柱変形の障害を残した事例。

損害として、約808万円を認容。

被害者の女性は、植込みの間から出る際に左右の安全確認をしなかったものとされましたが、特に走ることもなく、公開空地という歩道上で衝突したため、歩行者に過失相殺を認めず、自転車が100%悪いと判断されました。

なお、ここで問題となっている植込みは高さが低く、自転車側に前方不注視がなければ歩行者に気付かないといったことはないとされたための過失判断です。

この点、もし歩行者が隠れていて気付きにくい状況であった場合には、歩行者に10~20%の過失を認定した判例も結構ありますのでご注意下さい。

自転車事故の損害賠償額が高額なものとなる以上、10%の過失の加算・減算で大変な負担の増減が生じることが分かるでしょう。

自転車事故の適正な過失割合の算定は、損害賠償において重要なポイントとなっています。

参考として自転車事故の過失割合以下の各ページを確認しておいてください。

特に下記はを中心に確認しておくと、対応のポイントが分かると思います。

参考:
実況見分・現場検証
事件・事故発生状況調査報告書作成サポート
歩行者同士の接触事故・事件解決サポート
相手方、加害者・被害者・弁護士の嘘への対処法

あなたが望んでいなくても、相手の対応によっては裁判も必要となるかもしれません。

最悪の場合も考え、自転車事故の損害賠償請求訴訟・裁判で主張・立証すべき要件事実や具体的内容・方法等についても確認しておきましょう。

参考:→ 自転車事故の裁判・訴訟

HOME:↑ ページトップ:→ 次へ