自転車事故・交通関連事件に関するサポート一覧

自転車事故の過失割合算定サポート

  1. 過失割合の基本算定と判例の過失割合の変更
  2. 過失とその具体的内容
  3. 自転車事故の過失要素とその修正値
  4. 自転車事故:過失割合算定のための基本マニュアル
  5. 自転車事故:回避動作の向上

過失割合の基本算定と判例の過失割合の変更

自転車事故による高額な損害賠償事例の増加により10%過失が修正されるだけでも大きな影響が出ますので、一般的・基本的な過失算定手順を知っておきましょう。

  1. 事故態様から以下のような相殺率認定基準をを用いて「基本過失割合」を決定する。
    1. 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(別冊判例タイムズ)
    2. 交通事故損害額算定基準(青い本)
    3. 民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)
  2. 当事者の過失要素による修正をする(ここまでが基本算定)。
    なお、過失修正要素には速度違反や徐行義務違反などの「個別的修正要素」と、著しい過失や重過失といった「一般的修正要素」がありますが、難しく考えずに「道路交通法等法令に違反する行為」や「事故の危険・原因につながる故意・不注意」などと考えておきましょう。
  3. 事故発生状況による個別の過失修正

※ 事故類型別の過失相殺基準に対する注意点

過失割合について判例を利用する場合は、その判決の「過失判断・事実認定」を明確にしなければなりません。
切り取られた一場面が同様であっても他の条件が異なればほとんど意味がありません。

※ 自転車同士の事故

軽車両同士ということで基本的には四輪車対四輪車の過失割合の算定基準を準用します。
しかし、四輪車対四輪車の過失割合の算定基準を用いるのが明らかに間違いの場合もありますので注意が必要です。
例えば十字路・T字路・丁字路などの交差点における自転車同士の出会い頭の事故の場合がそうです。

自転車事故:過失割合算定のための基本マニュアル

● 判例の過失割合の変更

これは可能です。その理由として下記のようなことが挙げられます。

  1. 裁判においては、裁判官が認定した事実に基づいて判決がなされること。
  2. 裁判官の思考方法として、基本的にまず動かし難い事実を決めてから経験則で仮説を立て、証拠で裏付けるという方法(経験則に反する場合はその主張立証が必要)を取っていること。
    主張立証・突っ込み方・説明等が上手くいかず、挙証責任のある原告が不利益を被っている事例が多々あります。
  3. 裁判所は、当事者の主張していないことを判決の基礎にできないということ。
    過去の判例において過失認定の際に考慮されていないものがあるということです。

上記を踏まえて事故発生状況・事実関係等を整理しておけば、示談段階で相手方・保険会社等が提示する過失割合の綻びをつくことができます。
過失の定義等は判例等によって確立していますので、個別の事件・事故においては下記のことが重要になります。

  1. 事件・事故発生状況を的確に把握し、客観的・主観的・状況等の証拠、実情、経験則等、明確な根拠を基に事実関係を整理する。
  2. 過失要素を細分化して過失の程度の差を明確にする。
  3. 第三者にも分かり易く、事故発生状況に即した効果的な表現を用いる。

注意点としては、事故態様によって着目すべきポイントが変化することです。

自転車事故で揉めてしまって裁判所のご厄介になった場合には、被害者が加害者の不法行為責任について主張・立証しなければなりません。
その際には相手方の過失を完璧に立証する必要はありません。
裁判長に「なるほど、確かにそうかもしれないな。」といった心証を持ってもらえれば、相手方の過失を認めてもらえる可能性があります。

● 自由心証主義

民事訴訟法第247条:
裁判所は、判決をするに当たり、口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果をしん酌して、自由な心証により、事実についての主張を真実と認めるべきか否かを判断する。

稀に、被害者や加害者が相手方保険会社・弁護士から提示された過失割合に対して異議申立をした際に、
相手方保険会社・弁護士:「あなたがそれを事実だと主張するのなら、『合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証』か『合理的な疑いを超える証明』が必要ですよ。」
などと言ってくる者がいますが、民事訴訟の場合の必要な証明の程度は、下記のように刑事訴訟よりも緩やかな基準になっています。

● 昭和50年10月24日最高裁判決「必要な証明の程度」

訴訟上の因果関係の立証は、一点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、経験則に照らして全証拠を総合検討し、特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる高度の蓋然性を持ちうるものであることを必要とし、かつ、それで足りるものである。

最悪の場合を想定して早い段階から訴訟にも対応できるようにしておくべきです。
相手があまりに不誠実で平気で嘘を吐く輩の場合には、それが誰であろうと徹底抗戦する覚悟を持たなければなりません。
自身のみならず、大切な家族のためにもです。

さて、著しい過失や重過失といった一般的過失修正要素は通常予定されているものですから、それを考慮して過失相殺を行うのは当然のことです。
過失の加算要素を相手方や第三者に説明等する際は、しっかりとした根拠を示す方がより効果的です。
そのため、自転車事故の過失要素を事故発生状況・現場等から細分化して個別に検討・調整を繰り返し、さらにランク分けを行って適正な過失修正表等を作成することをおススメします。
相手方の過失が明確となる他、あなた自身の過失に気付くこともできるでしょう。
なお、自身に過失がある場合には「認めるべきところは認め、誠意をもって謝る」ことが大切です。

NEXT:過失とその具体的内容

目次へ戻る

過失とその具体的内容

  1. 過失とは
    「一定の結果発生を予見し、回避することが可能であったにも関わらず、その結果発生を回避すべき措置を取らなかったということ」

    過失は規範的要件ですので、それを基礎づける具体的事実が、民事訴訟においても主張・立証しなければならない要件事実となります。
  2. 具体的要件事実と義務の具体的内容
    具体的な要件事実がどういうものなのかというと、
    「加害者に、結果を回避する義務が発生したこと」
    「加害者が結果回避義務を怠ったこと」
    の2つになります。

これらを自転車事故に当てはめて考えると、

  1. 結果回避義務の発生は、
    「運転者が道路を走行する際には、衝突事故など起きないように法令等のルールを守って安全に運転する注意義務等が発生している」ということです。
  2. 「結果回避義務を怠る」というのは、
    「前方不注視やハンドルブレーキ操作の不適切等の何らかの過失によって事故を起こしてしまった」ということです。

現状では交通事故に遭うと、たとえ自転車運転者が交通ルール・法令等を遵守していても「結果回避義務を怠っていた」とほぼ決めつけられてしまいます。
ですから、これを根拠をもって否定できるか否かがカギとなります。

なお、過失を判断する際は「合理的平均人」を基準とします。

加害者の結果回避義務の具体的内容は、
特定された加害者本人の具体的な能力を基準として定立されるもの(いわゆる具体的過失)ではありません

過失を判断する際に人それぞれの能力を個別に検討すると大変になってしまうので、判例も多数説も「合理的な平均人」を基準として過失を判断するとしています(いわゆる抽象的過失)。

簡単に言うと「普通の人なら~だ。」と判断することになります。

● 著しい過失と重大な過失

  1. 著しい過失
    通常想定されている程度を超えるような過失のことです。
  2. 重大な過失
    最高裁判例によれば、
    「通常人に要求される程度の相当な注意をしないでも、わずかの注意さえすれば、たやすく違法有害な結果を予見することができた場合であるのに、漫然これを見過ごしたような、ほとんど故意に近い著しい注意欠如の状態を指すものと解するのを相当とする」
    とされています。

    これを簡単にいうと「ほんの少し注意をすれば簡単に結果が分かるのに、それすらしないこと」といったところでしょうか。

    ちなみに一般的な民事上の重大な過失の意味は「一般人に要求される注意義務を著しく欠いた場合のこと」です。

NEXT:自転車事故の過失要素とその修正値

目次へ戻る

自転車事故の過失要素とその修正値

自転車事故における過失要素と、その修正値に関して主なものを以下に列挙します。
ただし、あくまでも目安でこれが絶対という訳ではありません。
なお、過失の修正が問題になるのは、それが事故発生原因や被害の拡大等について相当因果関係がある場合に限りますので注意が必要です。

過失修正値に幅があるのは、個別の事故において当事者の過失の程度に差が生じるからです。
過失の程度に関しては、過失修正要素の細分化検討によるランク分けを行うことで明確にできます。

修正値が最大になるような場合は、いくつかの過失要素が重複した場合や程度が著しい場合などとお考えください。
その差の明確な根拠等に関してはご相談ください。

  1. 夜間無灯火 20~30
  2. 二人乗り 10~30
  3. 高速度・スピードの出し過ぎ 10~30
  4. ジグザグ・ふらつき運転 10~30
  5. 徐行義務違反 10~20
  6. 曲乗り運転 20~30
  7. 片手運転 10~20
  8. 傘差し運転 20~30
  9. 犬の散歩(犬の大きさも考慮する) 20~30
  10. 携帯電話使用 20~30
  11. 前方不注視 10~30
  12. 低視力・視野狭窄 5~30
  13. 整備不良車 5~30
  14. 傘固定具使用 5~10
  15. ヘッドホン・イヤホン・耳あて使用 5~10
  16. 警音器(ベル)の使用・不使用 5~20
  17. 飛び出し 10~30
    なお、歩行者の「飛び出し」が問題となる場合は「小走り以上の速度」を考えます。
    通常の歩行速度の場合には「進出」ということになります。
  18. サイズ不一致・体格不適合・サドルが高く足が届かない等 5~10
  19. 飲酒運転 20~30
  20. 買い物袋をハンドルに掛けた運転 5~20

以上で全てではありませんが、これらについて考慮するようにしましょう。

その他、過失に関する問題点等について判例のところで事例等紹介しておりますので、確認しておくとよいでしょう。

NEXT:自転車事故:過失割合算定のための基本マニュアル

目次へ戻る

自転車事故:回避動作の向上

● 肩甲骨・股関節操作:重心移動・転身・方向転換:事故回避動作の向上

自転車運転者・歩行者のそれぞれが衝突回避動作を楽に行えるような状態を心がけることで事故の防止に役立てることができます。

自転車運転者であればハンドルの持ち方を変えるだけで肩の力みが抜けて把持力が向上し、咄嗟の場合のブレーキ操作も楽にできるようになります。

歩行者であれば自転車が多い場所での歩き方を変えるだけで重心移動がスムーズになって回避し易くなり、仮に衝突した場合でも衝撃を逃がし易くなります。
日頃から下動画のように重心を確認しながらゆっくりと転身・回れ右・足を踏み出してからの重心の入れ替え等を行うなどしておくとよいでしょう。

  1. まずは足を前後に開いて左右にゆっくり一回転。
  2. 足を踏み出して180度転身。
  3. 足を前後に開いて180度転身。
  4. 足を後ろに引いて180度転身。
  5. 重心を左右に少しずつズラしながら身体の向きを適当に変えてみる。
  6. 転身から歩き出す。

などして、股関節に乗る感覚を楽しむようにしましょう。

肩甲骨面からの簡単なコツは下記の通り(右に方向転換をする場合)。

  1. 左肩甲骨を軽く外転させる。
  2. その状態を保持したまま肩甲骨を下げる(骨盤も連動)。
  3. 左肋骨が上から順番に前に押し出される。
  4. その流れにまかす。

感覚が分からない場合などは、たとえば次のように操作・意識します。
軽く肩鎖関節を前斜め下方向に下げて肩甲骨を下方回旋(肘が横のため)させ、肋骨のずれる動きを引き出して流れにまかせて腸骨の閉じる動きの連動で方向転換する。
肩甲骨と骨盤は連動するので特に気にすることはありません。

なお、転身・方向転換の際の天敵は「上下動」です。
上下動を抑えるためには、有名な「天から吊り下げられたる」姿勢で立つという意識です。
これに深く踏み込む必要はありません。
要は、身体に鉛直双方向の力が掛かっており、バランスを取りながら立っている、ということを知っておけばよいだけです。

これが分かりづらい場合には、
「身体において上向き・下向きに動いている部分を知覚し、そのバランス取るために緊張・弛緩が働いている部位を把握し」、
それを心がけておくとよいでしょう(軽身術)。
自分自身で知覚・確認ができることですから、もっとも時間短縮ができるでしょう。

さて、簡単なコツとしては、肘から肩甲骨を引き離す意識で肩甲骨を拳上させて重心を上げた後に、
その外転+上方回旋で広背筋・前鋸筋等を適度に引き締めて体幹を安定させることです。
これに、忍体「操術」:軽身術の意識・操作を加えれば、上下動はほぼなくなります。

上記のYOUTUBE動画では頭部を削っていましたので、その点が分かり易いように下に頭部が移っている動画を貼り付けました。
上下動が極力抑えられていることがお分りいただけると思います。
カメラの自動露光とハゲのせいで自動明度調節が鬱陶しいですが。

● 肩甲骨・股関節操作:重心移動・転身・方向転換_2

なお、転身の際にかかる身体の緊張・弛緩等の知覚・確認等は、腕に負荷のかかる木刀などを持って正面打ち等行うとよいでしょう。
注意点としては、あまり速く行わないよう下動画程度の速度に抑え、木刀を振り下ろした際に背骨がバネのように衝撃を逃がしていることを確認することです。
肘を外に向けながら腕を挙げ、その脇をくぐる様にしてみるなどいろいろ試すとよいでしょう。

実際は忍体“操術”:肩・肘関節の操作によって広背筋に伸張性収縮を生じさせ、股関節の外旋に繋げるようにします。

● ゆっくりしゃがむ

ゆっくりとしゃがんで「背骨の動き」を確認しておきましょう。
注意点としては、足裏全体を床にしっかり着けて踵を浮かさないように行うことです(※ 踵をつけたまましゃがめない方は次の動画へ)。

指導の際には、八通りほどのしゃがみ方を試してもらいますが、とりあえずは以下の三通りをやってみてください。
この時の背骨の「コクッコクッ」とズレていく感じを知覚するようにします。

  1. 最初は、顔を下に向けて、頭とお尻でバランスを取りつつ、太腿裏を伸ばしながらしゃがみます。
  2. 次は、顔を前に向けたまま顎を出すようにして、首・肩とお尻と膝でバランスを取りつつ、しゃがみます。
  3. 最後は、膝とお尻でバランスを取りつつ、しゃがみます。

● まっすぐしゃがむ

踵を床や地面につけたまましゃがめない方の多くは、足首が硬いせいではない場合がほとんどです。
下動画程度に足首が曲げられるのであれば、しゃがむ際に気をつけるべきポイントを知るだけで、特殊な場合を除いてすぐにできるようになります。
実際、子供会・老人会等において簡単な説明を聞いただけで踵をつけたまましゃがめるようになる方がほとんどです。

簡単な注意点としては、下記の通りです。
なお、それぞれに明確な理由と作用がありますが、詳細は大和神流活法:忍体“操術”:壱式:身体調整の該当箇所をご覧ください。

  1. 息を吐きながらしゃがむ。その際、長く吐くことが好ましいので「はぁー」よりも「ふぅー」の方がやり易い。
  2. 顔はカンペル平面を保持する。
  3. 肩甲平面を意識する。
  4. 1の呼気によって身体に必ず生じる鉛直双方向の動きを知覚する。特に上方向の動きに注意を向ける。
    さらに軽身術の身体操作を加えるとなお楽に行うことができる。

● 一本歯高下駄の活用

肩甲骨を操作して股関節までを繋ぎ、股関節に乗る感覚が分かってきたら一本歯の高下駄を活用してその感覚を高めておきましょう。
最初は下写真の高さ12cmのものが適していると思います。

一本歯の高下駄

● 肩甲骨操作・立甲の活用:走る・一本歯高下駄

まずはその場で軽く走ったり跳ねたりするなどしてみましょう。

● 一本歯高下駄エクササイズ

ついでにゆっくり適当に歩いて静止し、腕を回しながら歩くなどして感覚を確認しておきましょう。

● 一本歯高下駄:前蹴りでの確認

忍体“操術”零式:湧水を用いて身を軽くすると腕・胴体・足の接続が容易になります。
一本歯の高下駄を履いて軽く左右の前蹴りを行い、その際に頸椎・肩甲骨・股関節のチェックするようにしましょう。

慣れてきたら、対象物と地面を身体を媒介に下写真のようにしっかりと繋ぐように心がけて蹴るようにしましょう。
そうすることで、軸がブレることなく芯を通すように蹴ることができます。

一本歯高下駄トレーニング_前蹴り 一本歯高下駄トレーニング_前蹴り 一本歯高下駄トレーニング_前蹴り 一本歯高下駄トレーニング_前蹴り
一本歯高下駄トレーニング_回し蹴り 一本歯高下駄トレーニング_回し蹴り 一本歯高下駄トレーニング_回し蹴り 一本歯高下駄トレーニング_回し蹴り
一本歯高下駄_後ろ回し蹴り 一本歯高下駄_後ろ回し蹴り 一本歯高下駄_後ろ回し蹴り 一本歯高下駄_後ろ回し蹴り

関連・詳細等:大和神流忍術:忍体“操術”

目次に戻る