HOME>自転車事故の過失割合算定サポート

自転車事故の過失割合算定サポート

  1. 過失算定の武器は「情報」と「戦略」
  2. 平成20年2月29日名古屋地裁判決 自転車同士の事故
  3. 過失とその具体的内容
  4. 過失判断基準の「合理的平均人」
  5. 判例の過失割合判断の変更は可能
  6. 自転車同士の事故の過失割合の基本的な算定手順
  7. 自転車同士の出会い頭の事故の重要ポイント
  8. 自転車同士の出会い頭の事故の基本過失割合
  9. 自転車事故過失算定マニュアル:基礎:出会い頭の事故
  10. マニュアル:1:判例タイムズ:クルマ同士の出会い頭の事故の基本過失割合
  11. マニュアル:2:自転車同士の出会い頭の事故態様
  12. マニュアル:3:保険会社・弁護士の無知・悪質な嘘
  13. マニュアル:4:当事者双方の義務の重さ
  14. マニュアル:5:右方車の一時停止義務に潜む過失の押し付け
  15. 交差点での出会い頭の事故:一方が優先道路側の歩道を走行
  16. 交差点での出会い頭の事故:過失を押し付けられる事例
  17. 自転車事故の過失要素と過失修正
  18. 著しい過失と重大な過失
  19. 自転車事故の過失要素とその修正値
  20. 過失の程度の差を考えることの重要性「傘差し運転・片手運転」
  21. 過失要素の細分化検討と必要性
  22. 過失修正の基本的な検討要素
  23. 目に見えない過失要素の証拠確保
  24. 視力・視野狭窄等の眼に関する問題
  25. 自転車の徐行速度
  26. 高速度・スピードの出し過ぎ
  27. ヘッドホン・イヤホン・耳あて使用
  28. 二人乗り
  29. サイズ不一致・体格不適合
  30. 自転車同士の正面衝突事故:はじめに.
  31. 自転車同士の正面衝突事故の過失割合算定の基本
  32. 自転車同士の正面衝突事故事例
  33. 自転車同士の正面衝突事故の過失相殺と過失修正
  34. 事故発生現場の写真撮影のポイント
  35. 加害者を追い詰めるための事実確認の実践
  36. 自転車事故対歩行者の事故

過失割合算定の武器は「情報」と「戦略」

  • 情報は、事件・事故発生状況に関する事実関係等、法規制・損害賠償請求・過失等の知識、相手方・第三者の供述・証言の収集・確保と保持、その他一切を含みます。
  • 戦略は、事件・事故発生状況の的確な把握・整理をした上で、どのように情報を集め、情報をどのように使い、どのタイミングで出すかなどです。

仮に裁判になった場合には必ず事実認定がなされますので、事故発生状況・その他の事実関係をしっかりと押さえておくことが重要です。

自転車事故の高額損害賠償事例が増えているため、10%の過失修正でも大きな影響がでます。
適正な過失割合算定のためにも一般的・基本的な過失算定手順を知っておきましょう。

● 基本算定

  1. 事故態様から判例タイムズ等を使って基本過失割合を出す。
  2. 当事者の法令違反・不注意等の過失による修正を行う。

※ 要注意
判例タイムズの過失相殺基準を機械的に当てはめるだけ、相手の過失要素を単に並べ立てるだけなど「する・される」ことのないよう気をつけましょう。
これによって不利益を被る可能性があります。

過失算定はしっかりやりましょう。

  1. 事故発生状況を的確に把握・整理する。
  2. 過失要素を細分化して検討する。
  3. 客観的・主観的・状況等の証拠、実情、経験則等、明確な根拠を基に事実関係を整理する。
  4. 第三者にも分かり易く、事故発生状況に即した効果的な表現を用いる

● 歩行者と自転車・歩行者同士の接触事故の予防・回避に役立つ身体操作・立甲

下の動画のように肩甲骨を浮かし、立てる等できるようになると身体の自由度が増して楽になるのに加え、血行が改善して事故による怪我・疲労の回復にも効果大です(健康回復の実際)。

身体操作・肩甲骨操作・立甲の活用によって身体軸が安定します(一本歯の高下駄:12cmで確認)。

歩行者の方は歩道を通行中、自転車または歩行者同士で接触しそうな場合に、スムーズに転身・方向転換することで接触回避・衝撃を逃がすことなどに役立てることができます。

自転車運転者の方は、歩行者・自転車同士で接触しそうな場合の回避操作の向上と転倒防止や、身体の力の手足への伝達力が増すことによってより強くブレーキが掛けられるなどに役立てることができます。

親子で学ぶ自転車事故教室でも簡単な指導を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ページトップ

平成20年2月29日名古屋地裁判決 自転車同士の事故

まずはこの判例を確認する(判例のページに戻る)

相手方の法令違反等の過失要素を挙げて、

加害者側:「被害者には~の義務があったのにこれを遵守していなかった。危険行為だ。だから被害者には過失がある。○%の過失の修正がなされて然るべきだ。」

などと、相手の義務違反を並べるだけでは裁判長から「立証が薄い」と言われてしまいます。

事故発生状況を把握したら、後は「被害者自身の過失要素が損害結果にどのような影響を与えたか・どのように作用したか」を根拠をもって説明することが大切です。

裁判では「相手の過失のせいで事故に遭って怪我をしたから金払え」と言う方が、下記の列挙事項その他を主張・立証しなければなりません。

  1. 事故があったこと
  2. 相手の過失のせい
  3. 怪我したこと
  4. 損害
  5. その他

被害者は、これらについて実況見分調書・事故発生状況調査報告書等や病院の領収証等によって立証することになります。

さて、本判例においては、加害者は自らの責任もあることを認めた上で、
加害者側:「被害者の過失で被害が拡大してるんです。」
として過失相殺を主張したので、加害者はこの部分に注力してそれを立証しなければなりませんでした。

実際、本判例において、裁判所は「傘差し運転やサイズ不一致・体格不適合車運転等の過失要素が被害者にもあった」ことを認定した上で、それが事故の発生と損害の拡大に寄与したか否かについて判断をすることにしました。

また、裁判所は本件を「交差点での出会い頭の事故ではない」としていました。

つまり、加害者が交差点右折後に交差点進入以前の被害者と衝突した事故、つまり「対向進行する自転車同士の衝突事故」と認定していたのです。

実はそこに重要なポイントがあったのです。

登録者のみ:正面衝突等対向進行する自転車の過失を証明するポイント

発生状況を的確に把握・整理することは、事故に限らず暴行・傷害・いじめ等の事件においても有効ですから、早期段階からしっかりと必要な情報を集めておきましょう。

参考:歩行者同士の接触を原因とする暴行傷害事件

ページトップ

過失とその具体的内容

過失相殺を主張することは悪いことではありません。
当然の権利ですから、相手方の過失が考えられる場合にはそれらに対してしっかりと異議・指摘等行いましょう。

それでは、過失割合の問題を解決をするための重要なパーツを見ていきましょう。

  1. 過失とは
    「一定の結果発生を予見し、回避することが可能であったにも関わらず、その結果発生を回避すべき措置を取らなかったということ」です。

    過失は規範的要件ですので、それを基礎づける具体的事実が、民事訴訟においても主張・立証しなければならない要件事実となります。

    「過失」を悪用して被害者・加害者を騙す保険会社・弁護士が現実におりますので注意しましょう。
    → 登録者のみ:どう「悪用」をするのかを確認する
  2. 具体的要件事実と義務の具体的内容
    具体的な要件事実がどういうものなのかというと、
    「加害者に、結果を回避する義務が発生したこと」
    「加害者が結果回避義務を怠ったこと」
    の2つになります。

これらを自転車事故に当てはめて考えると、

  • 結果回避義務の発生は、
    「運転者が道路を走行する際には、衝突事故など起きないように法令等のルールを守って安全に運転する注意義務等が発生している」ということです。
  • 「結果回避義務を怠る」というのは、
    「前方不注視やハンドルブレーキ操作の不適切等の何らかの過失によって事故を起こしてしまった」ということです。

現状では交通事故に遭うと、自転車運転者は「結果回避義務を怠っていた」とほぼ決めつけられてしまいます。
たとえあなたが交通ルール・法令等を遵守していて実際は相手にぶつけられただけだったとしてもです。

自転車事故の過失割合の一般的・基本的な判断方法は、事故類型から判例タイムズ等の基準に当てはめて、まずは基本過失割合を決定します。
判例タイムズ等の過失相殺基準等、過去の事例と事故類型が同じであれば、とりあえず同じ基本過失割合とされることになります。

例えば、自転車同士の正面衝突事故が起きたとしましょう。

センターラインの無い道路で、対向進行してきた相手がセンターを越えてあなたにぶつかってきた場合です。
その場合、判例タイムズの基準にあてはめると、基本過失割合は「あなた:相手=20:80」です。

相手とすれ違い様、正に直前に相手が突然飛び出したため、避けきれずに衝突したとしても、あなたに20%の過失ありとされます。

これはまさに事故類型によって決め付けられた例と言えるでしょう。

これを覆すには、あなたが相手の過失を主張・立証しなければならないのです。
もし、この例で相手方が大怪我をした場合には、一方的にぶつけられただけのあなたの負担は増すばかりということになります。

だからこそ、しっかりとポイントを見極めなくてはなりません。
そのためには「過失」を正確に知る必要があります。

「過失」はあなたにとっての強力な武器になり得ますので、無料相談等利用して「過失」の説明を受けておくとよいでしょう。
その際は、必要な判例等の資料を用いて根拠を示すことのできる専門家を選ぶようにしましょう。

それでは、過失の判断基準を見ていきましょう。

ページトップ

過失判断基準「合理的平均人」

加害者の結果回避義務の具体的内容は、特定された加害者本人の具体的な能力を基準として定立されるもの(いわゆる具体的過失)ではありません

過失を判断する際に「人それぞれの能力を検討する」となると大変になってしまうので、判例も多数説も「合理的な平均人」を基準として過失を判断するとしています(いわゆる抽象的過失)。

これを簡単に言うと、「普通の人だったらすぐに分かるでしょ!」といったところでしょうか。

例えば、誰もが認める人並みはずれた自転車操作技術を身につけていたある者が片手運転をしていて、あなたと衝突事故を起こした場合を考えてみましょう。
そしてこう言うのです。

ある者:「俺の運転技術をもってすれば、片手運転でも普通の人よりはるかに安全に運転できる。危険な状態とは言えないんだから俺の片手運転は過失にはならない。だから過失相殺なんてされるいわれはない。」

もしこれが認められるのであれば、技術さえあれば何でもありになってしまうかもしれません。だからこそ、一律に「合理的な平均人」を基準として過失を判断するようにしているのです。

つまり、このような場合でも

あなた:「普通の人なら片手運転ではハンドル・ブレーキ操作が適切にできませんよ。それに、あなたが両手で運転していたら衝突を回避できたかもしれないでしょう。だから過失がありますよ。」

と言える訳です。

ただ、場合によっては「特殊な事情」も考慮される可能性がありますので、そこは注意が必要です。

ページトップ

判例の過失割合判断の変更は可能

相手方保険会社や弁護士の決まり文句に、よく「こういう判例がありますから。」というのがあります。
確かに判例があると、それを覆すのは大変な作業となります。
しかし判例は、あくまでもその時に訴訟の対象となった個別の事故事例についての判断です。
そのため、事故発生状況・具体的根拠に基づいて的確に異議申立や主張・立証ができれば、過去の判例における過失判断も変更することが可能となります。

たとえば、2004年当時の自転車同士の正面衝突事故において、

:「加害者の傘差し運転は本件衝突事故において重大な過失にあたる。」

と主張しましたが、日弁連の交通事故法律相談の弁護士複数名、相手方保険会社顧問弁護士などから、

弁護士ら:「それは判例からあり得ない。」

とさんざん否定されました。

なるほど、確かに判例タイムズ等では、傘差し運転等の片手運転を、せいぜい著しい過失程度と扱っているようです。
しかし、横浜地裁での損害賠償請求訴訟において、事故発生状況から的確に主張・立証を行い、相手の傘差し運転が重大な過失と認定された上で和解成立となりました。

このことは、たとえ判例タイムズの基準等があっても、個別の事故発生状況によって過失の軽重が変わるという一つの具体例です。

ですから、相手方の過失要素の一つ一つに着目して過失の程度の差を明確にし(後述)、証拠・経験則等に基づく的確な主張・立証ができるように準備しておきましょう。

ページトップ

自転車同士の事故の過失割合の一般的・基本的な算定手順

自転車同士の事故の場合、軽車両同士ということで基本的には四輪車対四輪車の過失割合の算定基準を準用します。

しかし、四輪車対四輪車の過失割合の算定基準を用いるのが明らかに間違いの場合もありますので注意が必要です。

たとえば、十字路・T字路・丁字路などの交差点における自転車同士の出会い頭の事故の場合がそうです。
これに関しては、次の自転車同士の出会い頭の事故で解説します。

さて、交通事故・自転車事故の過失割合の算定・過失相殺率の認定基準としては、主に以下の三つが使われています。

  • 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(別冊判例タイムズ)
  • 交通事故損害額算定基準(青い本)
  • 民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)

ここで通常の「過失割合の算定方法」を簡単に見ておきましょう。
まずは以下の三つの算定手順を踏みます。

  1. 上記相殺基準の事故態様等(判例の事故類型だけではないので要注意)から「基本過失割合」を決定する
  2. 当事者の過失要素による修正をする(ここまでが基本算定)
    現在、多くの保険会社・弁護士がここまでの手順しか踏まずに過失割合を算定するので要注意です。
    なお、過失修正要素には、速度違反や徐行義務違反などの「個別的修正要素」と、著しい過失や重過失といった「一般的修正要素」がありますが、難しく考えずに「道路交通法等法令に違反する行為」や「事故の危険・原因につながる故意・不注意」などと考えておきましょう。
  3. 事故発生状況による個別の過失修正

※ 事故類型別の過失相殺基準に対する注意点

過失割合について、よく判例タイムズ等の過失割合が紹介されています。
しかし、判例を利用する場合は、その判決の「過失判断・事実認定」を明確にしなければなりません。
切り取られた一場面が同様であっても、他の条件が異なれば全く意味がありませんので、専門家に相談する際はその点の説明を求めるようにしましょう。

さて、例えば走行中に追突事故に遭った場合には、基本的には次のように算定します。

  1. 相殺基準の事故態様等から「基本過失割合」を決定する
    走行中の追突事故態様から「追突された側 対 追突した側 = 0 対 100」
    つまり、基本的に追突した側が100%悪いと考える訳です。
  2. 当事者の過失要素による修正をする
    例えば、追突された側が走行中に不用意な急ブレーキを掛けていた場合にはどうなるのでしょうか?
    この場合には、不用意な急ブレーキが追突された側の過失要素となり、
    「追突された側 対 追突した側 = 30 対 70」と、大幅に追突された側の過失が加算修正がなされます。

このように相手の過失要素によって過失割合が大きく変更されますが、以上はあくまでも基本的な算定手順ですので注意が必要です。

それでは、出会い頭の事故を見ながら適正な過失割合算定の考え方を見ていくこととしましょう。

なお、判例タイムズ等に明記されている基本的な過失相殺率(上記では「不用意な急ブレーキ=30%」)などは、実は全く関係ない事故類型の場面でも異議申立に活用することができます。

登録者のみ:判例活用法:基礎:異議申立サンプル文例1

ページトップ

自転車同士の出会い頭の事故の重要ポイント

自転車同士の出会い頭の事故においては、たとえ判例であっても過去のものはあまり役に立ちません
この理由はいずれ明確になりますが、ここで重要なのは、自転車同士の出会い頭の事故の過失割合の算定においては、判例タイムズの四輪車(クルマ)同士の基準をそのまま単純に当てはめるのは明らかな誤りだということです。
それを利用して右方車に過失を押し付ける保険会社・弁護士の嘘に騙されないよう注意しましょう。

※ 保険会社の提示過失割合「左方車:右方車=20:80」からの主な変更事例

  1. 左方車(優先道路歩道走行):右方車(被害者=依頼者)=70:30(2005年:自転車法令違反厳罰化前):後述
  2. 左方車(同幅員歩道走行):右方車(加害者=依頼者)= 90:10」(2008年)
  3. 左方車(優先道路歩道走行):右方車(被害者=依頼者)= 100:0」(2009年

自転車同士の出会い頭の事故に関しては、以下のような確認事項があります。

  1. 衝突地点
  2. 速度
  3. クルマ・歩行者の有無
  4. 衝突箇所
  5. 信号機の有無
  6. 一方が優先道路か否か
  7. 一時停止義務があるか
  8. 歩道上での事故か
  9. 歩道走行の場合、自転車通行可であるか
  10. クルマ同士の基準を用いても問題ない場所や状況か
    (ほとんどの場合、使えないのが現状です)
  11. その他法令違反があるか
  12. 法令に限らず、道路交通の上で特に注意すべきことはないか
  13. 相手の過失を主張する側が客観的証拠をもって立証できるか
  14. 当事者の主張が事故発生状況等の証拠からあり得ないものではないか
  15. 見えない過失があるか

これらの中で重要なポイントとなるのは1~3で、これらにおいてある条件を満たせば「左方車:右方車=100:0」もあり得ます。

最も重要なのは衝突地点で、これによって過失が大きく異なりますが、全てが決まる訳ではありません。
早とちりしないよう注意しましょう。

参考:後述自転車事故過失算定マニュアル:基礎:自転車同士の出会い頭の事故

なお、最善な方法は事故発生状況等により異なりますので、分からないことがある場合にはできるだけ早い段階で専門家へ相談することを検討しましょう。

※ 記載情報に関しては利用規約の通りです。
事例として紹介するのに許可等必要な情報もあり、全てを明記している訳ではありません。
HPの記載が全てだと思った挙句、自らの依頼者(当職の依頼者の相手方)に多大な不利益を被らせた専門家もおりますので、ご注意ください。

それでは、以下で自転車同士の出会い頭の事故の基本過失割合を見ておきましょう。

ページトップ

自転車同士の出会い頭の事故の基本過失割合

交差点での自転車同士の出会い頭の事故では、信号機がある場合は通常はそれに従いますので、見込み発進等がなければあまり揉めることはない場合が多いようです。

※ ただし、左方車・右方車双方が歩道走行の場合は要注意ポイントがあります。

しかし、信号機のない交差点での自転車同士の出会い頭の事故の場合、未だに右方車側に過失が押し付けられる傾向が強いので、以下に簡単な基本過失割合を列挙します。

過失割合の表示は「左方車:右方車」になります。
特に記載がなければ、双方が車道走行・同程度の速度になります。
「~」となっているのは、状況により変化することになるからです。

  1. 同程度の幅員の道路 90:10
  2. 左方車が優先道路 80:20
  3. 左方車が歩道 90:10~70:30
  4. 双方が歩道 60:40~40:60
  5. 右方車が歩道 90:10~80:20

なお、前述の通り、以下の三つにおいてある条件を満たせば「左方車:右方車=100:0」もあり得ます。

  1. 衝突地点
  2. 速度
  3. クルマ・歩行者の有無

1・2は決定的な過失要素であり、1によってそもそもの事故発生原因を作出している側がはっきりしますし、2によって左方車の1に関する言い逃れを封じることができます。
3は、クルマと自転車の違いから明白となることです。
それらを明確にしながら過失割合異議申立書で指摘しましょう。

● 交差点での自転車同士の出会い頭の事故における「左方車:右方車=100:0」の実例(裁判上の和解)
実録シリーズ「損害賠償請求事件12:自転車同士の出会い頭の事故:右方車側

ページトップ

自転車事故過失算定マニュアル:基礎:出会い頭の事故

はじめに

自転車事故で最も多い自転車同士の出会い頭の事故の事例を用いて、適正な過失割合の算定のための情報等について、可能な限り分かり易く説明していきます。

自転車同士の衝突事故の過失割合については、判例タイムズの四輪車(クルマ)同士の基準をそのまま単純に当てはめるのは明らかな誤りです。
まずはこれを知り、考え方の基礎をしっかりと確認することが何よりも大切です。

それでは、以下で過失算定の問題点等を見ていきましょう。

※ 個人向けマニュアル・専門家向けマニュアルの一部分を編集公開しています。
そのため、記載事項のみで全て対応可能ではありません。
悪用予防等公開に適さないものは登録者(要事故当事者の確認あり)のみ情報閲覧パスワードの取得が可能です。

ページトップ


1:判例タイムズ:クルマ同士の出会い頭の事故の基本過失割合

まずは最も基本的な事故類型である「信号機等の無い同幅員の交差点における四輪車同士の出会い頭の衝突事故」の基本過失割合を見てみましょう。

双方が同程度の速度の場合です。下図をご覧下さい。

四輪車同士の出会い頭の衝突事故の基本過失割合

この場合、双方が同程度の速度であれば、別冊判例タイムズの基準を用いた基本過失割合は「左方車:右方車=40:60」です。

これを検討してみると、同レベルの車両の「出会い頭の衝突事故」の過失割合の基本が見えてきます。

まずいろんなルールを取り払って考えると、同幅員の交差点における四輪車同士の出会い頭の衝突事故は、双方が同程度の速度であれば、基本的な過失割合は「50:50」から出発していることが分かると思います。
なぜなら、クルマには左方車が優先という基本ルールがあるからです。
クルマの左方車優先ルールによって、本来「50:50」である過失割合を、最初から10%修正しているのが別冊判例タイムズの「左方車:右方車=40:60」という基本過失割合です。

これが自転車だと、全く事情が異なります。
自転車同士の出会い頭の衝突事故は衝突地点の影響を大きく受けます。また、クルマと自転車の車幅の問題もあります。

ここで、上記のクルマ同士の出会い頭の事故の基本過失割合の状況図をもう一度確認して下さい。

左方車は道路のどの位置にいるのか?
自動車教習所でしつこくキープレフト言われます。当然、クルマが左側通行をしていることが前提です。

では、自転車は?
これはもちろん、原則車道左側端通行です。「中央より左側」という生易しいものではなく、左側端です(後述)。

もうお分かりでしょう。
自転車が車道の左側端を通行していた場合、左方車と右方車の双方が出会い頭の事故を起こすってどういう状態になりますか?
もちろん、双方は直進しています。その場合、下図のようになります。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

ズバリどっちが悪いでしょうか?

これはもちろん左方車です。

左方車優先というのは、もちろん自転車にもあります。
しかし、右方車は交差点に明らかに先入し、交差点を渡り終える所近くまで来ています。
この状況においても左方車が優先するならば、左方車は、右方車に次のように言えることになります。

左方車:「クルマの行き交う交差点の真ん中に停止して、自分を先に通せ。」

もちろん、こんな馬鹿なことは言えません。
交差点での事故における明らかな先入は、右方車の過失が減算されます。
これは、判例タイムズにも明記されている過失修正要素です。

交差点では横断を速やかに完了すべきです。
確かに交差点内において衝突の危険があれば、停止するなどして危険を回避する必要があることは言うまでもありません。
しかし、上記の状況では、まだ交差点に進入する前の状況である左方車が停止すべきです。
この状態で左方車が衝突したのであれば、これはもう左方車優先云々ではなく故意にぶつけにきたとしか考えられないような状況です。

さて、クルマ同士の出会い頭の事故の基本過失割合は「左方車:右方車=40:60」でした。
自転車同士の出会い頭の事故に、クルマ同士の判例タイムズの基準をそのまま当てはめられますか?

答えは、否です。

それだけでは微妙ですか?
では、さらに突っ込んでいきましょう。

ページトップ


2:自転車同士の出会い頭の事故態様

交差点での自転車同士の出会い頭の事故態様で最も多いのは、下記のような状況です。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

信号機等の無い同幅員の交差点・双方が同程度の速度における判例タイムズのクルマ同士衝突事故の基準との違いは、もうお分かりでしょう。

そうです。クルマ同士の基準においては、衝突前の段階で下記の事が前提となっているのです。

  1. 左方車は、法令違反をしていない。
  2. 左方車は、交差点において衝突の危険を高める行為もしていない。

その場合のクルマ同士の衝突事故の基本過失割合が「左方車:右方車=40:60」です。

しかし、自転車同士の事故の出会い頭の事故の多くの場合は、衝突前の段階で下記の状況にある訳です。

  1. 左方車は、法令に違反して「逆走」している。
  2. 交差点において、この行為こそが法令を遵守して走行する右方車との衝突の危険を最も高める行為である。

クルマで表せば、下記の状況で事故が起きたのです。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

どうですか? 危ないでしょう。クルマは本来は車道左側通行ですからね。

自転車はさらに悪いんですよ。それはなぜか?

前述した通り、自転車は原則車道左側端通行という法律上の義務があるからです。
クルマのように「中央より左側」という生易しいものではなく、左側端、つまり、もともとクルマよりも厳しく通行場所が制限されているという事実がある、ということです。

左方車の本来の通行すべき場所は下図の通りです。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

そうであるのに、こんなとこ(下図)走って事故を起こしちゃまずいだろう、という訳です。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

左方車がルールさえ守っていたら、上図の衝突地点で事故は100%起こりません
双方が徐行してなかろうが、前方不注視だろうが、です。
そして、左方車の逆走自体は「故意」に行われています。

左方車:「自分が車道の右側端を走行していることを知りませんでした。」

なんて、そんなバカなことは通用しません。そうなると今度は、

左方車:「車道の右側端を走行せざるを得ない場合もある。」

などと主張する者がいますが、残念ながらそれも通用しません。

もしそんなことを言われたのなら、ぜひ「衝突回避のために右側端通行をやめる、もしくは自転車を押して歩く」という選択をせず「交差点で衝突の危険性を高める行為を続けざるを得ない場合がどういうものなのか」を説明してもらいましょう。

ちなみに、そのような場合には自転車を降りて押している方が大勢いらっしゃいます。
事故が発生した以上、ルール違反をしていた者にペナルティが科されるのが当たり前(因果関係は必要)です。

上記以外にも、交差点での徐行義務等や右方車の予見可能性・回避措置義務等のいろいろな問題があります。
しかし、それらは過失の修正をする段階で検討すべきことであり、クルマの場合もそうです。

ここでは、交差点での自転車同士の出会い頭の事故の多くが、左方車が交差点において衝突の危険性を最も高める違法行為をしていたということが、前提としてあるということを知っておきましょう。
また、衝突の危険回避の容易さは、車幅・操作性等クルマと自転車では大きく異なることが挙げられます。

さて、そうであるなら自転車同士の出会い頭の事故の基本過失割合は「左方車:右方車=100:0」なのか、というと、それは早計です

その理由は以下で明らかになりますが、ここでは、ある条件によって左方車:右方車=100:0もある、ということを知っておきましょう。

さて、左方車のルール違反がなければ「上図の衝突地点で事故は100%起こらない」のですから、この時点でも、あなたはやはり突っ込んでみたくなるでしょう。

という訳で、上図の事故態様と類似した他に法令違反等はない事例で、某海上火災保険会社の担当者と顧問弁護士に突っ込んでみました。

もちろん、物事には聴き方や文章の書き方というものがありますから、目的に応じて後の問題解決に活用できる文章の内容・構成等を考え、かつ失礼のないようにする必要があります。

登録者のみ:質問書サンプル文例1

また、「最初から必要以上に詳しく聴かない」ということも大切です。
理由の一つは、質問に対する相手の対応如何によって相手の誠実さ等を量り、その後の闘い方を決定するためです。
また、場合によって相手の悪質さ・不誠実さを立証するための証拠になることがあるからです。

他にも理由がありますが、ここでは割愛します。

さて、これに対してどういう回答がされたのかというと、下記の通りです。
※ 保険会社・弁護士の対応等は、相談者等にご協力いただいて「保険会社・弁護士等の事故類型別対応事例集」に蓄積しているものです。

  1. 「軽車両同士、双方に安全運転注意義務・回避義務がある。交差点で右側通行をする自転車があることくらいあなたは予測(予見)できたはずです。 そうであるなら、あなたは事故が起きないように安全に運転して衝突を回避すべきでした。回避できなかった以上、あなたにも過失がありますよ。」
  2. 「左方車の右側通行はそれほど問題はない。道路の右側を走行している自転車なんていっぱいいる。
    自転車の運転には免許制度がないため、道路交通法規が一般には周知徹底されていない。だから自転車同士の事故にこれを適用すべきではない。」

上記の回答には、保険会社・弁護士の無知や悪質な嘘によるものが含まれています。
このような対応は、自転車同士の出会い頭の事故に限らず出てきますので注意が必要です。

以下で、上記対応への対処法を見ていくこととしましょう。

ページトップ


3:保険会社・弁護士の無知・悪質な嘘

前記の回答には、保険会社・弁護士の無知や悪質な嘘によるものが含まれていますので、もう一度よく見てみましょう。

  1. 「軽車両同士、双方に安全運転注意義務・回避義務がある。交差点で右側通行をする自転車があることくらいあなたは予測(予見)できたはずです。 そうであるなら、あなたは事故が起きないように安全に運転して衝突を回避すべきでした。回避できなかった以上、あなたにも過失がありますよ。」
  2. 「左方車の右側通行はそれほど問題はない。道路の右側を走行している自転車なんていっぱいいる。
    自転車の運転には免許制度がないため、道路交通法規が一般には周知徹底されていない。だから自転車同士の事故にこれを適用すべきではない。」

ここであなたは「過失」について正確に知る必要があります。
過失を知らないということは、「過失ではない行為」と区別することができないということです。
難しいですが、事故の当事者にとっては大変重要です。

過失とは
「一定の結果発生を予見し、回避することが可能であったにも関わらず、その結果発生を回避すべき措置を取らなかったということ」です。

これが判例の立場です。

ここ、とても重要です。

その理由は、悪質な保険会社や弁護士が、あなたを騙すために策を弄する部分の一つだからです。
法律のプロ中のプロである弁護士が「過失」を正確に知らないはずはありませんから、前記のように言われたのであれば悪質な輩の可能性があると考えてよいでしょう。
保険会社の場合には、判例タイムズなどの機械的な当てはめしかできない担当者の無知の場合が多くありますので、その点を念頭に置いておきましょう。

自転車同士に限らず、クルマ同士、自転車対歩行者の交差点での出会い頭の事故は、こういう輩の大好物です。
他には、例えば、相手がいきなり飛び出したために「危ないっ。」と思った瞬間に衝突されて回避する間もなかった場合などに当てはまります。

上記1の発言の何が問題なのか、あなたは気づくことができますか?

「過失」はあなたにとっての強力な武器になり得ますので、しっかりと「過失」を確認しておきましょう。

それでは、簡単に見ていきましょう。
上記の保険会社・弁護士の発言は、「予見可能性を重視」する考え方です。
簡単に言うと、

  1. 結果が起こるかもしれないと予見さえできれば、それに基づいて回避すべき義務があった。
  2. 結果が発生した以上、結果発生の回避が可能であったかどうかにかかわらず、過失がある。

とする考え方です。

この考え方は、全くのもらい事故、例えば居眠り運転などが原因で、追突・センターラインを突然超えてきた対向直進車に正面衝突されたりなど、回避が不可能だった場合にも、道路交通の上ではそれすら予見可能であるとして、広く過失が認められる結果となる訳です。

しかし、判例の立場はそうではありません。

判例は、権利侵害という結果を回避する注意(措置・行為)義務に違反することが過失である、という「結果回避義務違反説」をとっています。
これは、昭和53年8月3日の東京地方裁判所判決から判例の立場として定着し、平成18年3月13日の最高裁判決もこれを支持しています。

裁判所は、予見可能性を前提として、結果回避のために適切な措置をとるべき注意義務(結果回避措置義務)に違反していないかを判断します。
つまり、結果発生の予見可能性があれば、運転者に「過失がある可能性が生じているので過失の有無を検討する」が、予見可能性がなければ、運転者に「過失なし」と判断される訳です。

結果回避義務の違反を判断する前提として「予見可能性の存在を必要とする」ことは、上記東京地裁判決
「(過失とは)その終局において、結果回避義務を言うのであり、かつ、具体的状況の下において、適正な回避措置を期待しうる前提として、予見義務に裏づけられた予見可能性の存在を必要とする」
から明白です。

ですから、「結果が発生した → 過失あり」とはなりませんし、また、「回避できなかった過失がある」などと簡単に言えるはずがない訳です。

しっかりと事故発生状況の把握・整理をした後、三つの条件を満たすか否かを判断することが大切です。

登録者のみ:出会い頭事故における過失を左右する「三つの条件」を確認する

さて、それでは、過失の判断基準はというと?

「合理的平均人」、つまり「普通の人だったらすぐに分かるでしょ!」ということです。

それに上記の場合を当てはめるとどうなりますか?

  1. 左方車は、交差点において、車道の左側端を走行する右方車と出会い頭で衝突する可能性を「容易に」予見することができた。
  2. その回避は、左方車が道路交通のルールを守るだけで「容易に」回避できた。
  3. にもかかわらず、左方車は、逆走という交差点での出会い頭の衝突事故発生の危険を高める違法行為をやめることなく(結果回避行為を取らず)交差点に進入した。
  4. 結果、右方車と衝突した。
  5. 左方車が道路交通のルールを遵守していれば、本件事故は絶対に起こることはなかった。
  6. 左方車が損害を賠償すべきだ。

と、なる訳です。
左方車が違法行為を継続することによって、衝突事故発生の危険が高まっている点が重要です。

対して、右方車は適法に車道の左側端を走行しているのですから、それを非難される謂れはない訳です。

ここでは、事故発生状況が下図の通りでした。

自転車同士の出会い頭の衝突事故

2の発言に対しては、下記のように言うことになります。

  1. 左方車の法令違反は厳然たる事実。
  2. 法が周知徹底されてないから適用すべきでない、は論外。
    法を知らなければ許されるということはない。無法者天国か。
    そもそも、いつから法の適用の是非を自由に決定できるようになったんだ。
  3. 左方車は、右側通行(違法行為)自体を認識している。
  4. 左方車の違法行為がなければ、本件の衝突地点で100%事故が起きていない。
  5. 違法状態を継続して交差点に進入した左方車の行為は、交差点において法令を遵守する者(右方車)との衝突の危険性をもっとも高める行為だ。
  6. そんなことは合理的平均人ならば、容易に理解できる。
  7. 結果発生は容易に回避可能 → ルールを守るだけ。
  8. 無法者と法令遵守者の事故において、法令遵守者に過失を押し付けるな。

とはいっても、「(右側通行に)問題はない・法を適用すべきでない」なんて平気で言う輩ですから、もうひと押しほしいところですね。

どう異議を申し立てれば、くだらない言い逃れをされないかというと、異議申立サンプル文例1(登録者のみ)の通りです。

さて、たとえあなたが「過失」を正確に知らなくても、相手方の言う「回避できなかった過失」について、以下の疑問が湧いてくるのではないでしょうか?

仮に「回避できなかった過失」があるならば、下記のように言えるはずです。

  1. 安全運転注意義務・(相手方の言う)回避義務は、双方にある。
  2. 「回避できなかった過失」があるなら、当然双方にある。
    右方車の過失が0と言っている訳ではない。
  3. 双方の過失は、相殺される。
    相殺しても0にはならず、むしろ左方車の過失が残る。理由は後述

さらに突っ込んでいく前に、重要な情報を一つ。

「法令違反がない = 過失がない」ではないということ。
これについては、まだ詳しく掘り下げる必要はないでしょうから、さらっと。

● 上記の理由は、道路交通法は「抽象的な危険」を「どのように防止するか」という観点から定められているため、信号無視等の具体的な違反に限らず、客観的にみて注意が十分でない運行をした場合等にも「過失はある」と考えられるためです。

ちなみに、日本車は世界最高水準の安全性があります。
衝撃を感知してエアバッグも飛び出して運転者や同乗者を守ってくれます。

自転車はというと、通常はエアバッグベストなど着用していない生身の人間です。衝突して転倒する事故がよくあります。
下手をしたら走行中の乗用車等に巻き込まれたりしますから、クルマ同士の事故と変わりないくらいか、それよりも危険性が高いと言えるかもしれません。

より注意を要すべき者は一体誰であったのか、それを明確にしていくことが大切です。

それでは、左方車・右方車双方の安全運転注意義務・回避措置義務の過失を相殺しても、「なお左方車に過失がある」理由を以下で見ていくこととしましょう。

ページトップ


4:当事者双方の義務の重さ

さて、安全運転注意義務と回避措置義務は双方にあると言いました。
ここでは、「無法者と法令遵守者の義務がまったく同じなのか」ということが問題になります。

結論はというと、「そんな訳あるか!」となります。

もう少しきちんと言うと、
「違法行為を継続することで衝突の危険性を高めている者は、法令遵守者に比べ、結果発生を回避するために必要な措置を取るべき相応の義務が発生していると考えるのが相当である」
となります。

  • 右方車
    交差点に至る前の段階で違法行為がない。
    そのため、交差点において通常の注意を払えばよい。
  • 左方車
    交差点に至る前の段階で衝突の危険性を高める違法状態にある。
    そのため、交差点において通常の注意義務に加えて違法行為を直ちにやめるべき義務が発生していた。

左方車は違法行為を継続したまま交差点に進入した訳ですから、過失相殺の後、なお左方車に過失が残ることになるという訳です。

上記の説明には、明確な根拠となる最高裁判例が存在します。
これを用いて異議申立を行うと、文例2の通りになります。
登録者のみ:異議申立サンプル文例2

当事者の義務の重さを考える際には、先行行為に基づく義務の存在を考えるようにしましょう。

それでは、「衝突地点」に加えて突っ込むことで「左方車:右方車=100:0」を可能にした条件2について、簡単にみておきましょう。

ページトップ


5:右方車の一時停止義務に潜む過失の押し付け

さて、あなたが左方車の右側通行という法令違反を指摘し、上記のように突っ込んだとしても、加害者側弁護士は簡単には譲歩しません。
そのような弁護士が次に何を持ち出すのかというと、下記の通りです。

弁護士:「交差点では徐行義務があります。そうであるならば、あなたが加害者を確認した時点でブレーキを掛けて止まっていれば衝突しなかったはずでしょう。
結局あなたは回避できなかったんですから、そこに何らかの問題があったということです。交差点では右側通行をしている自転車もいると予見・認識して、一時停止するなりして、しっかり左右確認を行うのが当たり前ですよ。
そういった安全確認を行わなかった、つまり安全運転注意義務に違反しているという法令違反があなたにもあるでしょう?
自分には過失がないなんて、それは欲張り過ぎというものですよ。」

これは、2010年の自転車同士の出会い頭の事故の異議申立書作成業務実例におけるに相手方弁護士の発言です。

出会い頭の事故が起きたというだけで、ありもしないことを右方車にあったと決めつけて発言してくる輩がいます。

  1. 徐行していない
  2. 右側通行をしている自転車もいると予見・認識していない
  3. ブレーキを掛けてもいない
  4. 一時停止をしていない
  5. 安全確認をしていない

全くとんでもありません。
本事例で右方車は上記を全て行っていたのに事故が起きたのです。
この発言によって、被害者は徹底的に争うことを決めたのです。

さて、同一人物・同事務所といった訳でもないのに、加害者側弁護士は面白いように同じような主張をしてきます。
そのため、異議申立に必要な情報を知ってさえいれば本人自身で対応が可能です。

参考:裁判上の和解・示談:裁判上・裁判外の和解書・示談書例

上記に対しては、

「交差点の出会い頭の事故において右方車がルールを遵守して左側端を徐行していた場合、右方車の一時停止が問題となる場合はほとんどない、ということを説明できればいいのです。

事実、本事例では被害者本人が裁判所に民事調停を申し立て、「左方車:右方車=100:0」で裁判上の和解が成立しています(実録シリーズ「損害賠償請求事件12:自転車同士の出会い頭の事故:右方車側」)。

あなたが既に専門家に相談されているのであれば、上記のポイントを前もって確認しておきましょう。

自転車同士の交差点の出会い頭の事故の過失算定マニュアルはまだまだ続きますが、とりあえずここまで。
以上のポイントをさらに活かす方法に関しては、下記をご参考ください。
実例を基に具体的な対応・サンプル文例・その他を明記しています。

自転車同士の出会い頭の事故:右方車の一時停止義務に潜む過失の押し付け

参考:交差点における自転車ミラーの有用性

ページトップ

出会い頭の事故:一方が優先道路の歩道を走行

交差点での自転車同士の出会い頭の事故において、優先道路側の歩道を相手方(左方車)が走行していた場合、右方車が何ら法令に違反する行為をしていなくても、相手方保険会社・弁護士から過失を押し付けられます。

実際に下記のような実例(2005年:自転車法令違反厳罰化前)があります。

  1. 信号の無い交差点で自転車同士が出会い頭で衝突。
  2. 相手方(左方車)は、四車線ある広い国道側の歩道を走行。
  3. 右方車Aは、センターラインのない狭い道の左側端を走行し、一時停止標識の所で一旦停止。
    塀で隠れていた左側安全確認のため自転車に跨ったままゆっくりと前に進み(歩行速度よりも遅い)、確認できる位置へ。
  4. そこへ相手方がAの前輪左側に衝突し、Aは転倒、頭に怪我を負った。
  5. 相手方(左方車)は、そのまま数メートル進んで停止。
  6. 通行人が119番通報し、相手方はただ見ていただけ。
交差点での自転車同士の出会い頭の衝突事故:一方が優先道路の歩道を走行

● 相手方保険会社の対応

別冊判例タイムズの「クルマ同士の交差点における直進車同士の出会い頭事故」【57】「一方に一時停止の規制がある場合(双方が同程度の速度)」の過失割合のコピーを添付し、過失割合「左方車(相手)対 右方車 = 20対80」と断定。

相手方保険会社:「別冊判例タイムズでそういう基準があるんですから、どの専門家に言っても過失割合は変わりませんよ。」

と、損害額の二割賠償を提示して譲歩しない姿勢を明示。

● 右方車Aの対応

市役所・弁護士等・日弁連交通事故相談センターの無料相談、有料の弁護士相談等を利用し、相手方保険会社からの資料を提示して過失割合を確認するも、弁護士から下記のように言われる。

弁護士:「その事故態様なら、それが妥当なんじゃないですか。どうしてもって言うなら、裁判をやって裁判所に認めてもらわないとダメなんですよ。一時停止したって証拠があるの?それが証明できなきゃ難しいよ。」

その後、「自転車の歩道走行時の歩道中央から車道寄り徐行」という相手方の義務を指摘した際の保険会社の対応も全くお話になりませんでした。

ここで重要なのは情報とその活かし方です。
「歩道中央から車道寄り徐行」というのは必要な情報の一つですが、十分ではありません。

● 本実例の結果

「相手方対A=70対30」に変更。長期化を嫌ったAがそれを承諾して示談成立(2005年)。

交差点での出会い頭の事故で一方が優先道路の歩道を走行中の事故でのトラブルは数多くあります。

しかし、ポイントさえ知っていれば専門家に頼らずとも本人で過失異議申立や過失割合変更は簡単にできる場合があります。
そのための実例における事故発生状況調査報告の中身とポイントを実録損害賠償請求事件1~3:交差点での出会い頭の事故:一方が優先道路:過失変更実例で簡単に説明します(上記自転車事故過失算定マニュアル:基礎:出会い頭の事故と同様の形式)。

下記三つの実例を基に、出会い頭事故において過失を左右する「三つの条件」についてもその詳細を明記しています。

  1. 上記実例
  2. 左方車対右方車(加害者=依頼者)=90対10(2008年)
  3. 左方車対右方車(被害者=依頼者) = 100対0(2009年)

ページトップ

出会い頭の事故:過失を押し付けられる事例

交差点での自転車同士の出会い頭の衝突事故:被害者幼児の親に過失を押し付けられる事例

事故発生日時:平成26年○月○日、午前11時頃
事故発生現場:東京都某所、信号のない交差点

加害者:30代男性X
損害:自転車後部凹損

被害者:5歳女の子Y
損害:転倒による右膝挫傷の全治5日間

事故発生状況:交差点出会い頭の衝突で、30代男性Xが道路を直進中、道路右側を走行してきた5歳女の子Yが交差点に一時停止することなく進入したため、Xがブレーキを掛けて停車したところに衝突し、転倒して傷害を負った事例。

さて、本事例における加害者(30代男性X)と被害者(5歳女の子Y)の過失割合は、何対何が妥当なのでしょうか?

被害者側保険会社が提示した過失割合は、判例タイムズのクルマ同士の交差点の出会い頭の事故【68】:同幅員の交差点「右折車が左方車である場合」を用いて「加害者:被害者=40:60」でした。
しかし、この事故態様で判例タイムズのクルマ同士の交差点の出会い頭の事故の基準を用いるなら、【73】「直進車:右折車=15:85」で考えるべきでしょう。

その上で三つのポイントを指摘・主張すれば、他の過失要素がない限りXの過失はほぼ確実に0になります。

● 本実例の結果

保険会社提示過失割合:当初:「加害者:被害者=40:60」

異議申立後:「加害者:被害者=20:80」

調停:Xは異議申立内容をそのまま主張:「加害者X:被害者=0:100」

ちなみに保険会社・被害者である5歳女の子の親の言い分は下記の通りです。

  1. 保険会社:「自転車左側通行の道路交通法改正については、未だ一般に浸透していないから、右側通行を責めるのは無意味だ。」
  2. 保険会社:「5歳の女の子に責任能力はない。まだルールが分からない子供なんだから、あなたがもっと気を付けてれば避けられた事故だったでしょ。あなたには大人としての責任と過失があるんですよ。事故を防げなかったんだから。」
  3. 保険会社:「本来、左方車の方が優先なんですよ。」
  4. 女の子の親:「子供なんだからルールを知らない。大人の方が気を付けるのが当然。幼児や高齢者は交通弱者で過失が減算されるんだし。」

本件に対する対応等に関しては、実録損害賠償請求事件4:交差点での出会い頭の事故:被害者幼児の親に過失を押し付けられる実例で簡単に説明します。

上記の事故態様で女の子側が過失100を免れるためのポイントと根拠についてもその項目を明記して解説しています(「幼児=交通弱者(5~10程度減算の可能性)」という理由ではありません)。

ページトップ

自転車事故の過失修正

自転車事故・交通事故において過失割合・過失相殺が問題となっている場合には、相手方の過失要素を的確に指摘して明確な根拠をもって過失の修正を主張することができなければ大きな損失を被ります。
ですから、被害者・加害者を問わず、事件・事故発生状況を的確に把握・整理して過失としっかり向き合うことが大切です。

以下で自転車事故の過失要素とその修正に必要なパーツを見ていきましょう。

ページトップ

著しい過失と重大な過失

著しい過失や重大な過失といった一般的過失修正要素は主張立証が大変なので、その違いをしっかりとみておきましょう。

  • 著しい過失
    通常想定されている程度を超えるような過失のことです。
  • 重大な過失
    最高裁判例によれば、
    「通常人に要求される程度の相当な注意をしないでも、わずかの注意さえすれば、たやすく違法有害な結果を予見することができた場合であるのに、漫然これを見過ごしたような、ほとんど故意に近い著しい注意欠如の状態を指すものと解するのを相当とする」
    とされています。
    これを簡単にいうと「ほんの少し注意をすれば簡単に結果が分かるのに、それすらしないこと」といったところでしょうか。

    ちなみに一般的な民事上の重大な過失の意味は「一般人に要求される注意義務を著しく欠いた場合のこと」です。

これらを踏まえて、加害者の過失がいずれであるか、またそれに近い場合と言えるかなどを考慮しながら異議・指摘・主張していくことになります。
その際はできるだけ分かり易いカタチにして、相手方のみならず第三者が見ても「なるほど」と思われるような工夫をすることが大切です。

加害者や相手方弁護士・保険会社は常に損害賠償額を低く抑えようと画策します。
重大な過失や著しい過失をないものとしたり、単純な過失だと平気で主張し、加害者の過失割合を低く抑えて算定した損害額を提示してくるので細心の注意が必要になります。

相手方に誤魔化されないようにするためには、自転車事故の過失要素や過失修正、相手方の過失の指摘・主張の方法等しっかりと理解しておく必要があります。

ページトップ

自転車事故の過失要素とその修正値

自転車事故における過失要素と、その修正値に関して主なものを以下に列挙します(あくまでも目安で、これが絶対という訳ではありません)。
なお、過失の修正が問題になるのは、それが事故発生原因や被害の拡大等について相当因果関係がある場合に限りますので注意が必要です。
損害発生に無関係の事由は当然のことながら考慮しません。

過失修正値に幅があるのは、個別の事故において当事者の過失の程度に差が生じるからです。
過失の程度に関しては、過失修正要素の細分化検討によるランク分けを行うことで明確にできます(後述)。
これによって相手方・保険会社の提示した過失割合に対して的確な指摘・主張等が可能になりますので必要に応じてご相談ください。
下記の修正値において最大値になるような場合は、いくつかの過失要素が重複した場合や程度が著しい場合などとお考えください。

● 自転車事故の過失要素とその修正値

以上で全てではありませんが、これらについて考慮するようにしましょう。

ページトップ

過失の程度の差を考えることの重要性
「傘差し運転・片手運転」

自転車同士の衝突事故で一方が傘差し運転をしていた場合、過失は何%加算されることになるでしょうか?

実は私自身が「過失10%加算しか認めない」と強硬に主張する加害者側保険会社の顧問弁護士と揉めたことがあります。

弁護士:「加害者の傘差しによる片手運転は安全運転注意義務違反の過失にあたり、これをもって加害者の片手運転の過失は評価され尽くしているから、せいぜい著しい過失にとどまるのが相当である。」
と横浜地裁での損害賠償請求事件において答弁書でもこの主張を展開しました。

本当に「片手運転の過失 = 傘差し運転の過失」で加害者の過失が評価され尽しているのでしょうか?

答えは「否」です。
評価され尽くしていません。
保険会社・弁護士の言い分は、傘差し運転を安全運転注意義務に違反する行為という一事として片付けており、過失の程度の差を全く考えていないものです。

傘差し運転の方が、通常の片手運転よりバランスが悪くなることは明白です。
運転者は雨に濡れない様にすることにも気を取られますし、傘で視界も制限される。
加えて雨風が強ければ、それはもう通常の片手運転とは比べものにならないくらい正常なハンドル操作が困難でしょう。
これらを運転者本人も十分に理解しているはずです。
そういった事実を無視して、単純に「片手運転の過失 = 傘差し運転の過失」としたのではいい加減過ぎます。

後述しますが、地形・場所・意識などの要素をしっかりと検討する必要があるのです。
これらを複合的に考えて過失の程度を明確にしなければ、相手方の本当の過失は判りません。
過失要素を細分化して検討することで、被害者がなすべき主張・立証も明確になってきますし、単なる過失・著しい過失・重大な過失などの判断にも大きな影響を与えるものになります。

● 保険会社の傘差し運転の過失の取扱い

保険会社では、傘差し運転を単純な過失と取り扱うことがほとんどです。
被害者が頑張って主張・立証しても、過失の程度の差を明確にできなければ、著しい過失と認められればいい方です。
何故かというと、クルマの場合のハンドルやブレーキ操作の不適切が著しい過失の具体的例として挙げられているからです。
つまり、傘差しによる片手運転は、ハンドルやブレーキ操作の不適切であり、著しい過失にとどまると言ってくる訳です。

これを理由として、これまで多くの保険会社が傘差し運転を単純な過失、よくて著しい過失としか判断しませんでした。
保険会社:「自転車だからクルマのハンドルやブレーキ操作の不適切ほど危険ではない。」
として、「傘差し運転 = 単純な過失」で済ますケースが現在も多いようです。

しかしこれは、はっきり言って間違いです。
その理由の一つは、単純な片手運転でもハンドル・ブレーキ操作の不適切に当たるからです。
片手運転だと、ハンドル・ブレーキを適切に操作することができないことは、子供にだって分かります。
相手方は「ハンドル・ブレーキを適切に操作することができないことを知りながら、片手運転をしてあえて危険な状態を作り出している」訳です。

前述したように、傘差し運転は、通常の片手運転よりも適切なハンドル・ブレーキ操作をより困難にすることは明白です。
同じ片手運転でも過失の程度に差が生じているのですから、この点をしっかりと主張・立証していくことになります。

損害賠償請求においては、ある行為が過失として認められた場合とそうでない場合では大きな差が生じます。
だからこそ、過失の指摘・主張ポイントを知ることが大切なのです。

ページトップ

過失要素の細分化検討と必要性

自転車事故で揉めてしまって裁判所のご厄介になった場合には、被害者が加害者の不法行為責任について主張・立証しなければなりません。
その際には相手方の過失を完璧に立証する必要はありません。
裁判長に「なるほど、確かにそうかもしれないな。」といった心証を持ってもらえれば、相手方の過失を認めてもらえる可能性があります。

● 自由心証主義

民事訴訟法第247条:
裁判所は、判決をするに当たり、口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果をしん酌して、自由な心証により、事実についての主張を真実と認めるべきか否かを判断する。

稀に、被害者や加害者が相手方保険会社・弁護士から提示された過失割合に対して異議申立をした際に、
相手方保険会社・弁護士:「あなたがそれを事実だと主張するのなら、『合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証』か『合理的な疑いを超える証明』が必要ですよ。」
などと言ってくる者がいますが、民事訴訟の場合の必要な証明の程度は、刑事訴訟よりも緩やかな基準になっています。

● 昭和50年10月24日最高裁判決「必要な証明の程度」

訴訟上の因果関係の立証は、一点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、経験則に照らして全証拠を総合検討し、特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる高度の蓋然性を持ちうるものであることを必要とし、かつ、それで足りるものである。

最悪の場合を想定して早い段階から訴訟にも対応できるようにしておくべきです。
相手があまりに不誠実で平気で嘘を吐く輩の場合には、それが誰であろうと徹底抗戦する覚悟を持たなければなりません。
自身のみならず、大切な家族のためにもです。

さて、著しい過失や重過失といった一般的過失修正要素は通常予定されているものですから、それを考慮して過失相殺を行うのは当然のことです。
過失の加算要素を相手方や第三者に説明等する際は、しっかりとした根拠を示す方がより効果的です。
そのため、自転車事故の過失要素を事故発生状況・現場等から細分化して個別に検討・調整を繰り返し、さらにランク分けを行って適正な過失修正表等を作成することをおススメします。
相手方の過失が明確となる他、あなた自身の過失に気付くこともできるでしょう。
自身に過失がある場合には「認めるべきところは認め、誠意をもって謝る」ことが大切です。

さて、仮に裁判になった場合、「事故状況等から、当然認めてもらえるだろう。」と考えてしまうかもしれませんがこれが大きな落とし穴なのです。
裁判所が「判決の基礎」とすることができるのは当事者が主張した事実のみであり、当事者が主張しない事実は、たとえ証拠調べの結果、その事実の存否につき裁判所が確信を抱いたとしてもそれを判断基準とすることはできないのです。

それ故、過失修正要素を検討した上で資料を整理して適切な主張・立証をしていくことが大切なのです。
自転車事故において、裁判所がこれまでに自転車や歩行者の過失として「どういう行為を問題視しているのか」、「どのような注意義務違反が重視されているのか」等を予め調べ、それに沿った主張・立証を行うことが重要になります。

ページトップ

過失修正の基本的な検討要素

過失修正をするための基本的な検討要素は、大体12項目ほどに絞られます。

  1. 規則要素
  2. 地形要素
  3. 場所要素
  4. 路面要素
  5. 時間要素
  6. 感覚・身体要素
  7. 行為要素
  8. 意識要素
  9. 年齢要素
  10. 自転車要素
  11. 特殊要素
  12. 天候要素

※ 上記過失要素の検討項目の中身とその具体例については過失修正 : 細分化検討に明記しています。

事故当事者の「感覚・身体要素」については、過失割合の変更に大変重要な要素であるのに、よく見落とされているものです。
場合によっては、行政機関等に対して情報公開請求を行うなどして情報収集をする必要がありますので、専門家に確認・相談するなどしましょう。

上記項目を検討し、項目別に修正根拠等を明確にしながら過失ポイントを計上していくと、同時に二・三要素に引っ掛かる行為の過失ポイントが高くなって過失の程度の差がポイント数というカタチで明確となる訳です。
こうすることで、相手方に対する説明が容易になります。
問題は、どういったものが過失ポイントとなるかについてですが、判例の過失認定資料や、裁判上・裁判外の和解などで得た経験による過失認定資料等を活用することが重要です。

ページトップ

目に見えない過失要素の証拠確保

過失には、目に見えるものと見えないものがあります。
見えていても気付き難いものであったりすると、その過失を指摘・主張・立証するのは困難を極めます。
見えないものになると尚更ですから、事故が起きた時にすべき確認事項を知識としてもっておきましょう。

さて、相手の不注意といったものも目に見えませんが、事故発生状況からその度合いなど大体のことが分かるものです。
しかし、すぐに証拠を押さえないと闇の中に消えていく過失要素もあります。
例えば、「ブレーキの故障」は、事故の要因として大きな問題になります。
ブレーキが全く効かないのであれば「そのせいで衝突した」と言えるだけでなく「そんな危ない自転車に乗っている」こと自体も問題となるでしょう。

それでは、「ブレーキの効きが甘い」といった場合には、どうでしょうか?
これは、事故直後にその場で確認しなければ見ただけでは分からないことです。
程度によりますが、この場合も相手方が「それを知りながら自転車に乗る」ということが問題です。
そのような自転車に乗っていれば、衝突回避に支障が出ることは容易に理解できることだからです。
つまり、「危険であることを承知した上で自転車に乗り、結果として事故を起こした」ということになる訳です。

これが「単なる過失」と言えるのか、という問題です。
これを的確に指摘・主張することが必要になります。
「ブレーキの効きが甘い」ということはあくまでも一例に過ぎません。
他にも「見えない過失要素」や「見逃しやすい過失要素」は存在しています。

自転車事故・交通事故の過失を算定する際は、このような「見えない過失要素」に気付くことができるか否かが大変重要です。
以下の「視力・視野狭窄等の眼に関する問題」も確認しておきましょう。

ページトップ

視力・視野狭窄などの眼に関する問題

クルマ・バイクの運転免許取得には十分な視力が必須です。
自転車に免許がないとはいえ、適正な視力が必要であることは言うまでもありません。

それではまず、クルマ等の免許取得要件である視力を見てみましょう。
なお、特に「裸眼」と書いていなければ、眼鏡やコンタクトによる矯正視力も含みます。
以下はいずれも「1または2」であることが必要です。

● 普通免許

  1. 片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上見えること
  2. 片目が0.3以下の場合は、他眼の視力が0.7以上で、視野が左右150°以上あること

● 原付、小型特殊

  1. 矯正、または裸眼視力が両眼で0.5以上あること
  2. 片目が見えない場合、他眼の視野が左右150°以上あること

道路交通には上記のような最低限必要な視力が求められています。
「自転車に乗るのに視力なんて関係ない」などとは到底言えることではありません。
自転車は軽車両ですから最低でも原付、小型特殊と同様の視力が必要と考えられます。
これを満たさなければ、自転車に乗ること自体が危険行為となりえます。

視力が低いことは本人自身が一番よく分かっていることです。
その場合に、低視力が一因であるような態様の衝突事故が発生した場合には当然責任が生じると考えられますから、

相手方:「あなたは、自転車運転に支障が出る(前方がよく見えていないなど)低視力でありながら、自転車に乗って公道を走行するという危険な行為をあえて行っていましたね。本件においてはそれが大きな要因の一つですから、あなた自らが招いた結果と言えるんじゃありませんか。」

と、突っ込まれても仕方ありません。
また、低視力が一因となっている場合で、その加害者が未成年者であれば、親の指導・監督義務も問うことができるでしょう。

なお、事故の当事者は、相手方にある程度の視力があっても、それだけで眼の問題を放置してはいけません。
他に気を付けるべきことがあります。
高齢者に多いのですが、眼の病気によって視野狭窄などが起こっている場合があるからです。

緑内障などは、40歳以上の約30人に1人、つまり約220万人の緑内障患者がいるとされています。
緑内障は、眼圧の上昇が原因であると考えられていましたが、実際には、正常眼圧であっても緑内障になるケースが多く、今では緑内障全体の70%以上を正常眼圧緑内障が占めるほどになっています。
正常眼圧緑内障などの症状は、ある程度進行するまで気付かないため、失明の大きな原因となっているほどです。

事故の当事者が目の異常を感じていながら放置していた場合には、明らかに過失があると言わざるを得ません。
視力・視野狭窄などは目に見えません。
だからこそ、事故発生後には必ず確認作業が必要になるのです。

ページトップ

自転車の徐行速度

自転車通行可の歩道上を走行する自転車と歩行者の事故では、よく自転車の徐行義務違反が問題となりますので、問題解決の材料として自転車の徐行速度について知っておきましょう。

裁判所は、クルマの徐行速度について「ブレーキ装置を操作してから1m以内で停止する速度」として大体時速10km以下を目安としています。
しかし、これをそのまま自転車には当てはめるのは間違いです。
自転車の徐行速度についてはいろいろ意見が分かれています。
いくつか例を挙げると、

  • 歩行者の速度と同様に時速4km程度
  • 歩行者の速度から考えて時速7km程度

だとかがあります。

この点、国土交通省のサイト上の参考資料の中に「時速6~8km程度」という記述がありますからこれがもっとも信用できる情報でしょう。
そうであるならば、次の点が問題になるかと思います。
時速6~8km程度の速度で走る自転車がブレーキ装置を操作したら、一体何m以内で停止できるのか?

もちろん、舗装された平坦な道路や坂道、砂利道などの道路状況によって変わってきますが、そこはやはり一般的に考えるべきでしょう。
という訳で、市販されている自転車速度計を利用し、道場の教え子達の協力を得て実験してみました。
もちろん、自転車運転者が「前後輪両方のブレーキをしっかりと掛ける」のが前提条件です。 その結果としては、概ね「ブレーキ装置を操作してからの停止するまでの距離0.3~0.5m以内」といったところでした。
もっとも、これは簡単な実験結果ですので参考までのものです。

実際は、過失要素の細分化検討による場所要素を加えて考えるなど、自転車事故解析等が必要となる場合がありますので注意が必要です。

自転車の徐行義務違反は、徐行すべき場所でそれをしていなかった場合に問題となります。
どういったものが違反とされ、過失を問われるのか?
これは、自転車の徐行義務が課されている場所を考えれば簡単に分かることでしょう。
自転車の徐行速度は「場所」にもよりますが、クルマの1m以内よりも厳しいものであることを知っておきましょう。

ページトップ

高速度・スピードの出し過ぎ

自転車事故において相手方の速度を立証することは容易ではありません。
自転車事故の解析を徹底的にやる場合に特に重要となるポイントは7つありますが、これに関しては数学・物理等の知識も必要になります。
「クルマと自転車の事故」・「クルマと歩行者の事故」で衝突地点を推定する際に用いることが多いので、ここでは割愛します。

自転車事故の高速度・スピードの出し過ぎが問題の場合、とりあえず簡単にできる下記を確認しておきましょう。

  1. 事故直前にコンビニなどの防犯カメラに映っていないか
  2. ブレーキ痕が残っていないか
  3. 目撃者に証言してもらえないか

そういった証拠がある場合でなければ、相手方の「スピードの出し過ぎ・高速度走行」を主張・指摘して立証するのは困難を極めます。
しかし不可能ではありません。
むしろ、相手がスピードの出し過ぎ・高速度走行を認めないことが被害者にとってありがたい場合もあります。

自転車同士・自転車対歩行者の事故の相手方がスピードの出し過ぎ・高速度走行を認めない場合には、あなたがある確認の仕方(登録者のみ)さえ知っていれば、逆に相手方から有利な情報を引き出すことができます。
交通事故、とりわけ自転車事故の専門家であればこの方法を知っているでしょうから、相談・依頼されている専門家等に教えてもらってください。
これだけであなたの負担が減ります。

ページトップ

ヘッドホン・イヤホン・耳あて使用

※ この部分の記載が当初のままのテキストでした。更新作業等確認が行き届かず申し訳ありませんでした。
なお、自転車事故対応マニュアルに関しましては、改正等に対応して更新しておりましたのでそのままご利用いただけます。

さて、警音器は、以下のように使用場所・機会が限られています。

  1. 左右の見通しのきかない交差点
  2. 見通しのきかない道路の曲がり角、又は見通しのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所
  3. 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等で指定された区間で1・2に該当する場合
  4. 危険を防止のためにやむを得ないとき

見通しの悪い道路・状況等に応じて、周りから警音器で注意を促されることがあります。

このような場所を通行する場合、危険を回避するために相応の注意をしておく(警音器の音等聴ける状態で運転する等)必要があると言えます。

事故状況によって、大きな過失とされる場面もありえますので注意が必要です。

下記のような主張をされた場合を考えておきましょう。

ヘッドホン等使用者:「ヘッドホンをしていたけど音量を小さくして周りの音が聞こえるように気を付けてたし、実際に聞こえていたからヘッドホンの使用は過失にはならないよ。」

ヘッドホン・イヤホン等によって耳を塞げば、それをしない場合に比べて周囲の音がやはり聞こえ辛くなりますし、音楽等聴いていればなおさらです。

見通しのきかない交差点などで事故が発生し、それ以外に問題となるような法令違反等がなくて揉めてしまった場合には、事故発生時にヘッドホン・イヤホン等を使用していた事実はマイナスの判断材料とされる場合があります。

実例としては、住宅街にある狭い道路の曲がり角での出会い頭の事故があります。
双方とも徐行速度でその他法令違反等ありませんでしたので、過失割合「50:50」となりそうなところでしたが、一方の一言(登録者のみ)で結局「40:60」で和解が成立しました。

● 交差点における自転車ミラーの有用性

ミラーはきちんと使えば大変有用です。

道交法の厳罰化以前、住宅の塀で左側の見通しがきかない交差点での自転車同士の出会い頭の事故で、歩道の右端を通行していた相手方左方車と衝突して過失を押し付けられそうなところをミラーのおかげで難を逃れた方がいらっしゃいます。

依頼者は病気で聴力が低下した方で、それを知った保険会社の担当者からそこを責められたのです。

依頼者:「自転車ミラーで安全確認を行っていた。」

と反論するも、

保険会社:「交差点での出会い頭の事故でどうやって自転車ミラーで安全確認ができるのか。」

と、お話にならないとのことでした。

自転車ミラーの一般的な使い方と、クルマと自転車の違いを図解した結果、過失割合「相手:依頼者=90:10」で和解が成立しました。

登録者のみ:サンプル文例:自転車同士の出会い頭の事故:聴覚異常・ミラーでの安全確認

当初、依頼者は大層ご立腹でしたが、「相手方をミラーの使い方も分からないハズレ」と思うことで余裕が生まれたようでした。

何事にも当たり外れがありますから、自転車を運転する際には事故に遭わないよう十分な注意をすることが大切です。

ページトップ

二人乗り

二人乗りが原因で事故が起きた場合の加害者の過失について、
あなた:「二人乗りは危ない行為だから、加害者に過失があります。」
と言うのでは、ちょっと弱い感じがします。
ですから、しっかりと指摘・主張の仕方も検討する必要があります。
以下で、簡単に二人乗りの過失について考えてみましょう。

二人乗りをすると積載重量を超えている場合も含めて走行が不安定になる。
ハンドル操作が困難な場合もある。

こんなことは、通常の理解力を有する者であれば容易に理解できる。

そうであるのに加害者は故意に二人乗りをして危険な状態を作り出した。

過失の判断基準は合理的平均人だ。

このような危険な状態で道路を走行すれば、適切な回避行為が行えずに衝突の危険性が高くなることは合理的平均人は容易に理解できる。

加害者はそういった危険を知りながら、あえてその危険な状態で走行し続けた挙句、ハンドル操作を誤って被害者に衝突して傷害を負わせた。

以上の理由から、加害者の過失は○○な過失として○○%の過失相殺がなされるのが相当である。

以上のように「判例から、過失は合理的平均人を基準として判断すべきであるから、~となる。」のようなカタチで相手方の過失を指摘するようにするとよいでしょう。
なお、上記はあくまでも簡単なものですから、実際の事故発生状況によってその取扱い等しっかりと確認するようご注意ください。

※ 上記以外の「自転車の二人乗り」における危険性の指摘方法「二人乗りによる危険性証明の手引き

ページトップ

サイズ不一致・体格不適合

自転車事故の過失の中に、サドルが高くて地に足が届かない場合などサイズ不一致・体格不適合の自転車運転による(裁判所が過失判断理由としてよく挙げる)不安定走行があります。
サドルが高い自転車で代表的なものといえばロードレーサー等でしょう。
街でもよく見かけますが、サドルが高く地に両足が届かないであろう者がほとんどです。

それに乗っていることにケチをつけているのではありません。
「サドルが高い = 過失がある」と言っているのではなく、その状態で事故に遭うと「原因と結果に因果関係があればマイナス要因とされてしまう場合がある」と言っているのです。
なぜなら、サドルが高く地に足が届かない自転車に乗っていて事故にあった者の不安定さを問題視して過失を認定している判例があるからです。

もちろん、損害発生・拡大という結果とサイズ不一致・体格不適合との間の因果関係の有無が問題となります。
因果関係がなければ特に問題にはなりませんが、ある場合にはその状態で事故を起こしてしまうとなかなか言い逃れができませんので注意が必要です。

ところで、サイズ不一致・体格不適合の自転車運転を過失と判断する理由として、裁判所が多く挙げているのが、
裁判所:「走行の不安定性、つまり、安定走行だったのであれば事故の発生やその結果・損害の拡大などを回避できた可能性が高いといえる。」
というものです。

そんなの言いがかりだ!」という方もいるでしょう。
実際、下記のような裁判所の過失判断があります。

● 平成19年3月5日東京地裁判決

赤信号により双方が一度停止し、青信号になってから被害者男性(タクシー運転手)が横断して加害者の横をすれ違おうとしたところ、加害者男性がよろけたためにX地点で接触し、被害者が信号機の鉄柱に顔をぶつけたという「交差点付近の歩道上での自転車同士のすれ違い様の接触事故」の事例で、発生状況を簡単な図にすると下記のようになります。
なお、双方とも他に特に問題となる過失はありませんでした。

交差点付近の歩道上での自転車同士のすれ違い様の衝突事故

この事故は、停車していた加害者が急にバランスを崩してよろけなかったならば起きませんでした。
この事故発生状況において裁判所が過失割合をどう判断したかというと、被害者:加害者=40:60です。
「・・・??? これは一体どういうことなのか?」
と思われたでしょう。
裁判所の過失判断の理由は下記の流れでした。

  1. 加害者がよろけなかったら、被害者は怪我をしなかった
  2. 加害者に責任あり
  3. でも、本来自転車は車道通行だ
  4. 接触事故の起きた歩道の状況(加害者が停車中・信号の鉄柱)から考えると、被害者が通る幅が狭かった
  5. 被害者は加害者とギリギリですれ違うことは容易に認識できた
  6. 被害者が両足が地につかない高さのサドルの自転車に乗っていたという不安定性も考えてみた
  7. 損害は公平に分担しないとね
  8. そうだ、4割減額しよう

「・・・ええ~っ!? 被害者のサドルの高さはあまり関係ないんじゃないですか?」
と思われた方がいるでしょう。

そもそも被害者は加害者にぶつからないよう走行していました。
加害者がよろけなかったならば被害者は転倒することはなかったはずです。
この発生状況で「サドルの高さのせいで被害が拡大した」なんて被害者にひどい仕打ちをしてるようですが、上記が裁判所の判断だったのです。

このように、サドルが高くて地に足が届かない場合などの自転車運転者の身体とのサイズ不一致・体格不適合による自転車運転の不安定性は、被害者にとっても大きな問題となりますので注意が必要です。

さて、自転車乗りの方から下記のご意見が寄せられます。

「サドルが高くて地に足が届かない場合でも、ある一定の速度で走行していれば不安定走行にはならない。むしろ速度を抑えることが危ないんだ。」

確かにその通りだと思います。
しかしそれは、ある条件・状況下では言ってはいけない場合があり、逆に過失が大きくなる場合があるので注意が必要です。

自転車同士の事故の高額賠償裁判例に戻る

ページトップ

自転車同士の正面衝突事故:はじめに

自転車同士の正面衝突事故は対面したカタチであるため、
双方にそれ相応の過失(前方不注視・適切な回避措置懈怠等)がある
決めつけられる傾向にあります。

2004年、実際に証拠調べもしないうちから、

横浜地裁女性裁判長:「これはもう正面衝突ですから過失は半々でいかがですか?」

と和解を促されたことがあります。
しかし、即時に事故発生状況を説明し、不自然な点を指摘して口頭弁論期日を続行して加害者:被害者=100:0で和解した経験があります。

自転車同士の正面衝突事故の場合、弁護士はすぐに「損害の公平な分担」を持ち出して「加害者:被害者=100:0」の過失割合を回避しようとしますが、過失相殺によって「100:0」になる場合も当然あります。
自転車同士の正面衝突事故においては「センターラインの有無」による基本過失割合の割り当てができない場面が多いので、しっかりと事故発生状況の把握・整理を行うようにしましょう。

法令等遵守して走行していたあなたに、相手が一方的にぶつかってきたというのに事故態様が正面衝突というだけで過失を押し付けられている方は、独りで悩まずにご相談ください。

ページトップ

自転車同士の正面衝突事故の過失割合算定の基本

自転車同士の正面衝突事故の場合の過失割合算定には、軽車両同士として「四輪車同士」の事故の過失算定基準を用いるのが通常で、まずは基本過失割合を判断し、それに修正を加えていくことになります。

修正要素には、速度違反や徐行義務違反などの個別的な修正要素と、著しい過失や重過失といった一般的な修正要素があります。
この点の判断は、専門家でも全ての者が一定の判断を下すことは難しいのですが、現場状況や事故時の当事者の状況を詳しく調べることでより正確な判断に導くことが可能となります。
過失相殺は、適正な損害賠償請求をするためにはとても重要なことですから、慎重に分析を進めるようにしましょう。

過失割合算定は通常次のような手順で行います。

  1. 事故態様による基本的な過失割合の判断
  2. 個別的な修正要素の判断
  3. 一般的修正要素の判断

ここで注意してほしいのは、加害者側保険会社の行う過失割合判断が事故態様による基本的な過失割合の判断までしかされていないことが多々あるということです。
これに対抗するためには、しっかりと過失や過失相殺等に関する情報に目を通しておくことが大切です。

さて、自転車同士の正面衝突事故における発生状況の把握で最も重要なのは、実況見分でも重要となる【・・・】(登録者のみ)です。
自転車同士の出会い頭の事故とは異なり、衝突地点ではありません。
この点を明確に理解しておかないと、いろいろと痛い目を見る羽目になりますので注意が必要です。

それでは、自転車同士の正面衝突事故で保険会社から過失を押し付けられた被害者の損害賠償請求事件の実例を見ていくことにしましょう。

ページトップ

自転車同士の正面衝突事故事例

● 事故発生状況概要:

被害者が神奈川県相模原市の大沼地下道に至る坂道を下っている途中、傘差し運転で対向進行してきた加害者が突然被害者の前に飛び出して正面衝突した事例。

事故発生月日:7月8日14時頃
事故現場:大沼地下道付近(写真は被害者が坂に進入する直前の場所)

自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道前

天候:小雨

被害者の損害状況:全治4ヶ月の右腕橈骨骨折、頭部打撲、頚椎捻挫
自転車の故障:前輪フレーム変形、ブレーキ破損、前輪パンク

加害者の損害状況:全治5日間の左手薬指打撲
自転車の故障:カゴが歪んだ程度

下記は事故発生状況調査報告書に添付した事故発生現場の縮図で、実況見分で特定された位置関係を示したものです。
本件においては、当職が神奈川県警相模原南警察署交通課の巡査二名による実況見分に立ち会って、写真撮影とその場で当事者に確認も行っています。
なお、当事務所作成の事故発生状況調査報告書には事故発生状況分析や過失割合算定等に関して明記し、付属書類として添付します。

衝突地点:×,加害者の進行方向:↓,被害者の進行方向:↑

※ aとbについて
加害者がaの位置にいた時に、被害者がbの位置にいたもので、実況見分で双方の記憶が合致して特定に至った位置関係です。

ちなみに、縮図左側の歩行者用通路には学校帰りの小学生三人が横列で歩いていました。
位置は被害者転倒位置の真横辺りで、これも実況見分時に両当事者の供述の合致があったものです。

さて、ここでこの事故に関わった者たちの無責任な過失割合判断を紹介しておきましょう。

  • J大学職員たち:
    この事故の両当事者は同じ美術大学に通っていましたが、そこの学生支援センターの職員たちは、自転車同士だから過失割合は「50対50」と両当事者に吹き込んで示談交渉を混乱に陥れました。
  • T保険会社担当者:
    この大学の学生保険であるT海上担当者は、自転車同士で正面衝突だから基本が「50対50」と両当事者に説明し、被害者が加害者の傘差し運転を指摘すると、加害者の過失を70%としてそれ以外は応じないといったものでした。
  • 実況見分を行った警察官:
    これはもう論外と言ってもいいでしょう。
    加害者が警察官に過失割合を聞いた際、「加害者対被害者=70対30くらいじゃないの。」と答えただけのものです。
    そもそも警察は過失割合を判断することはできません。

ちなみに、J大学の職員達・T海上保険担当者に対して被害者が過失割合判断の根拠の説明を求めても「自転車事故だから」の一点張りで何の根拠も示しませんでした。
このような者達を相手にすると無駄な時間だけが過ぎていきますので、過失割合に精通している専門家の利用を検討しましょう。

本実例は、最終的に被害者が横浜地裁相模原支部に損害賠償請求訴訟を提起して裁判上の和解で決着しました。

事故発生直後に被害者から連絡を受けて事故発生状況調査報告書作成のために対応し、加害者の言動も直接見聞きし、録音もしていました。
つまり、加害者を最初から知っている訳ですが、その態度の急変とその後の被害者に対する嫌がらせの悪質さには本当に驚かされました。

本件が訴訟に至ってしまったのには、それ相応の理由があるのです。

さて、保険会社が上記過失割合を譲らず、加害者もそれに乗っかりました。
そしてこう言い放ったのです(もちろん録音済み)。

加害者:「自分は悪くない。傘差し運転なんてみんなやってる。謝罪をすると自分だけが悪いと認めたことになるから謝罪はしません。」

両当事者は同美大に通う4年生で、共通の友人もおり、お互いが就職活動と卒業制作に追われていました。
お互いがそういう大変な時期・事情を十分知っていたのです。

腕を骨折した被害者はリハビリ期間を含めて完治に4か月掛かり、大事な夏の時期にまともに就職活動や卒業制作に取り組めなかった訳です。
加害者は、それを知りながら上記のように言ってのけたのです。

さらに許せないのは、損害賠償金額が相応の額(日弁連基準で算出)になると、

加害者:「保険会社が50:50と言ってる。自分は悪くない。」

と繰り返し、逆に自分が被害者のふりをして、被害者と共通の友人に、

加害者:「正面衝突でお互い悪いのに、私に一方的に過失を押し付けて損害賠償請求をするの。」

などと吹き込んで(友人から加害者の発言内容を聴き、それを録音)、被害者を孤立させるなどしたため、被害者は加害者の過失を明確にするため、仕方なく在学中に訴訟を提起するに至ったのです。

すると、友人たちと接触の機会の多かった加害者は(被害者は通院・怪我のため卒業制作・課題等に時間が掛かり友人と接触機会がなかった)、またもや、

加害者:「大事な時期に訴えられた。大変な時期なのに、それでいろんなことが手につかない。」

と被害者面をしたのです。

そして、事故発生状況を知りもしない友人から、被害者のもとに以下の内容のメールが届きました。

友人:「たかが自転車事故でこんな大事な時期に友達を訴えるなんておかしんじゃないの。あんた(被害者)とは絶交だから。」

被害者と当職には共通の知り合いがその大学におりましたので、その状況を知った当職が、嘘を吹き込まれた方たちに直接会って事故発生状況等を実況見分結果の写真等を用いて説明して友人たちに事実を伝え、事を理解された方たちは今も被害者と付き合いがありますが、聞く耳を全く持たなかった者もいて被害者は本当に悲しみました。

正に息を吐くように嘘を吐く輩がいる訳です。

しかもこの加害者、自分の発言や友人たちの証言等録音されていることを知らなかったためか、後に被害者に手紙で「謝罪ができなかった理由」を言い訳するためにさらに嘘を吐きました。

驚いたことに、手紙には「西嶋法務事務所のせいで謝罪ができなかった。」と明記されていました。
なぜ当職のせいになるのか、みなさんも不思議に思われたことでしょう。
なんでも、当職が事故現場や自転車損傷部位の確認や実況見分に立ち会うなどしたために、右も左も分からない加害者は緊張して謝罪ができなかったのだと、呆れたことを書き連ねていました。

その他詳細は割愛しますが、これには被害者も私も怒りました。
という訳で、本件の和解成立後の二か月の後に、今度は私が直接加害者を明確な証拠を添付して訴えました。
加害者は、まさか手紙まで証拠に使われるとは思っていなかったのでしょう。
すぐに加害者から「請求額を全額支払う」と電話があり、入金確認後に訴えを取り下げました。

ものの分別のつく年齢になってからも、なんでも人のせいにしたり平気で嘘を吐く者が実際におりますので、事件・事故の実例における他人の経験・対応・対処等を知ることは大変重要です。
それを知ればその情報を活用できる、つまり他人の経験値の幾ばくかを自分に上乗せできるようなものですから、日頃から可能な範囲でそういった情報の収集を行うようにしましょう。

それでは、以下で過失割合の判断手順をみておきましょう。

ページトップ

自転車同士の正面衝突事故の過失相殺と過失修正

それでは、前述した過失割合の算定手順を踏みながら本事例の過失割合を見ていきましょう。

1.事故態様による基本過失割合の判断

正面衝突ですから、センターラインのある場合とない場合の二つの基本があります。
自転車専用通行路にはセンターラインがありませんでしたから、どちらがセンターを越えてきたのかが問題となります。
なお、自転車専用道には本来方向による規制はないので逆走は問題となりませんが、本実例においては、被害者・加害者の双方ともすれ違う直前まで自身からみて自転車通行路の中央より左側を走行しており、双方ともそれを明確に認識していたので「どちらがセンターを越えて相手の進路上に飛び出したのか」を重視することになる訳です。
この時点で「加害者対被害者 = 80対20」となります。

無知なJ大学の職員たちは別として、保険会社の主張はあっさりと覆せましたね。
しかしこの事故、さらに問題となる過失があるでしょう?

2.個別的な修正要素の判断

そうです。加害者が傘差し運転をしているということです。
つまり、加害者には片手運転というハンドル・ブレーキ操作を適切に行えない状態であったという安全運転義務違反があります。

しかも、単なる片手運転ではなく傘差し運転ですから、バランスが悪いし前も見づらい、そういう危険な状態を加害者自らが作り出している訳です。
しかも本実例においては、過失が確実に加算される自転車事故における傘差し運転とのコンボ要素があります。
そして衝突をした。
加害者が衝突を回避できなかったことに関して、明らかに被害者よりも過失があるといえる状態ですから、加害者に加算要素ありで修正されます。

3.一般的修正要素の判断

加害者は、上図のa地点で、対向進行してくるb地点の被害者に気付いています。
それなのに被害者の通行していた自転車専用通行路の左側(加害者からは右側)の被害者の進路上と明確に認識していた側で衝突しています。

加害者は本当に被害者に気付いていたんでしょうか?
と言っても、加害者が衝突前に被害者を確認・認識していたことは、既に実況見分によって確認・特定されています。
そうであれば、故意にぶつけにきたとしか言えない状況です。
とりあえず真相は置いておくとして、ここから「著しい過失・重大な過失」などの一般的な過失要素を検討していくことになります。

なお、もちろん被害者の過失も検討しましたが、本件では特に被害者に問題はありませんでした。
この時点で、まだ加害者対被害者が「50対50」、「70対30」と言えるでしょうか?
普通に考えれば言えないはずですが、J大学の学生支援センター職員達は、自転車同士だから50対50を強硬に主張し、口を出す権利など全くない職員達が「示談で片付けろ」の一点張りで、こんな大学に通う学生たちが本当に気の毒になりました。
そんな援護があってか、加害者は自分の過失を認めないどころか、被害者に怪我をさせたことについてすら謝罪しませんでした。
驚くべきその理由をきっちり録音しておきました。

加害者:「学生支援センターの人たちが50対50って言ってるし、傘差し運転なんてみんなやっています。それに、謝罪をすると自分だけが悪いと認めることになるからできません。」

傘差し運転とある過失要素とのコンボによって本件事故がいかに悪質なものになっているのかも理解できずにこのような不誠実な言動をし、前述の通り、加害者でありながら被害者になりすまして友人たちに嘘を吹き込むような者が相手だったため、被害者は仕方なく徹底的に闘う覚悟を決めたのです。

余談ですが、J大学の学生支援センター職員達、センター長・教授・事務職員の三名は、何の権利もないのに実にやりたい放題をしました。
元々当事者間で事故発生状況の事実確認をすることで合意していたのに、加害者がJ大学の学生支援センター職員にそれを報告すると、「学生支援センター内でやれ。」と強引に場所を決めた挙句、事実確認中に横から口出するなどして妨害し、何の権利もないのに「調停にしろ」と発言するなど、全くお話になりませんでした。
もちろんこれも録音していたのでその一部を紹介しましょう(あまりにひどい内容のため紹介できない教授の発言もありますが)。


・・・略
被害者側:「警察の実況見分でこの位置関係が特定されましたが、(前記および別の事故発生状況図・写真等の資料を出して)これで間違いありませんか?」
加害者:「警察の実況見分で言ったのがそれならそうです。」
被害者側:「あなたはこの位置で被害者を確認していた。ところが事故が起きた時には被害者の進路上に飛び出してることが分かりますよね。」
加害者:「飛び出してません。」
被害者側:「実況見分で特定された衝突位置がここですよ。」
加害者:「よく分からないです。」
被害者側:「実況見分で双方の記憶が合致した位置ですよ。あなたと被害者の依頼で私も立ち会っていたでしょう。警察が確認した後に私も確認しましたよね?」
加害者:「はい。」
被害者側:「これがその位置ですよ。」
加害者:「はい。」
事務職員「そんなことより、正面衝突なんだからお互い悪いでしょ。」
被害者側:「いいえ。軽車両同士の事故で位置関係も実況見分で特定されていますから、基本が20:80になるでしょうね。それに加害者は傘差し運転をしていましたから最低でも10:90になるでしょうね。」
事務職員:「そんな専門的なことはいいんですよ。二人ともここの学生で、学生保険使うんだから、我々としては半々でということですよ。」
被害者側:「そうですか。被害者はきちんとされない場合には訴訟も辞さないということでしたから、そのように本人に言ってください(被害者が急用で遅れていた)。」
事務職員:「いやいや、訴訟じゃなくて調停でやってください。」
被害者側:「私は事故発生状況調査報告書のために双方に依頼された事実確認に来ただけです。そういう話でしたから。どうするかは本人が決めることですよ。私にその権限はありませんから。」
事務職員:「それでもうちは調停でやってほしいんですよ。」
被害者側:「私が決めることではないんです。あなたにもその権利はありませんよ。こちら(加害者)にお願いされたんですか?」
事務職員:「そうじゃありませんけど。」
被害者側:「ところで(加害者との事実確認を進める)」
・・・中略
センター長:「(突然席を立ってパーテーションスペースから出て、支援センター内にいた被害者の友人で私の知り合いでもある学生に)お話にならないよ。こんなこと(事実確認)警察か裁判でやれってんだよ。おかしいんじゃないの。」
被害者側:「(それはお前だと思いながら)今日は当事者間で実況見分で特定された位置とか発生状況を整理して事実確認をするって話だったはずですが。」
加害者:「はい。」
被害者側:「どうも勘違いしてる人がいますね。あなたは事実確認をする気がないんですか?」
加害者:「あります。」
T海上保険担当:「まあ今日はとりあえずこれで。」
被害者側:「そうですね。本人もまだですし、今日はお疲れ様でした。」
・・・以下略


加害者とは自転車損傷部位の確認や警察の実況見分の際にも会っていますし、そもそも当事者双方からお願いされた事実確認だったのですが、この時加害者があまり言葉を発しなかったことやその様子を不審に思っていました。
後日その理由を知って驚きました。
実は加害者も大学での事実確認を職員達に妨害されたと感じていたため、後日、当事者双方と上記会話にある双方の友人、私の四人でマクドナルドで事実確認を行ったのです。
その際に加害者から、学生支援センターの職員や教授に「余計なことをしゃべるな」と口止めされていたと聞かされた訳です(録音済)。
こんな美大に通っている学生たちが本当に気の毒になりました。
このような事が現実にありますから、無関係の者を事実確認等に同席させないように注意しましょう。

ページトップ

事故発生現場の写真撮影のポイント

事故発生現場の写真を撮影する際には注意すべきポイントが結構あります。
これらについては、実際に事故発生状況を把握するために撮影した写真とそれを撮影する理由を示した方が分かり易いでしょうから、ここでは基本的なものを見ていきましょう。

1.事故発生の直前と発生時の位置関係

事故発生前の状況は大切ですから、実況見分でも当然聴かれます。
その際には「相手を認識した位置」・「特に相手を意識した位置」等として特定されることになりますから、これを明確にするための写真撮影は欠かせません。

という訳で、本件の実況見分において加害者が「被害者を認識した位置」として特定された場所から写真を撮影し、その際の被害者の位置が分かるようにしておきましょう。
人にお願いして事故発生状況を再現した場面やカタチの撮影も実際にやりますが、「位置」を重視する場合には下記写真のようにするだけで十分です。

加害者(赤●)が被害者(青■)を認識した位置より撮影。Xは衝突位置。

自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道

そして、この状況を被害者側(青■)からも撮影します。

自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道

さて、双方とも自転車道の中央より左側を走行しており、双方ともそれを明確に認識していた訳です。
そして上記の下の写真で写した自転車から分かるように、自転車同士がすれ違うに十分な道幅がこの自転車道にはあります。
そうなると、双方が取るべき衝突回避のための行為は自転車道のなお左端に寄ることであって、それ以上は特に必要ありません。
ところが、こういった正面衝突事故の場合に加害者側の保険会社や弁護士は、
保険会社:「停止すれば衝突しなかったのに、ブレーキを掛けて停止するなどの回避行為をしなかった被害者にも過失がある。」
などと平気で主張します。
もちろん本実例においても加害者側保険会社・弁護士は実際にそう主張しました。

どうでしょうか?
止まる必要があったと思いますか?

私は「ない」と思います。
本実例のような状況でいちいち停止していたら通常の道路交通がままならず、後続車にも迷惑を掛けるなどむしろ危険が増すでしょう。
そもそも双方が相手を確認・認識した後に「衝突を回避するために(自分から見て)自転車道の左端に寄った」と主張しており、被害者がそれをしたことについては実況見分で双方の記憶が合致して特定された位置関係等からも明白です。

加害者が上記写真赤●の位置から左端(被害者から見て右端)に寄ったことも、被害者がそれを確認していたので、双方の記憶・主張が合致していた訳です。
そうであるのに、被害者だけに「停止するなどの回避行為をしなかった過失がある」などと、何をバカなことを言ってるのか全く理解に苦しみます。
ですから、下記のように突っ込んであげなくてはなりません。なお、下記だけではありませんのでご注意ください。

被害者:「失礼ですが、過失相殺をご存知ですか? 事故態様は対向進行中の正面衝突です。双方とも相手を確認・認識した後に左端に寄るという同様の回避行為を行っています。
私にブレーキを掛けて停止しなかった過失があるというのであれば、加害者にも全く同じ過失があるはずですね? 相殺されて0になるのではないですか?」

なお、実況見分における双方の主張は下記の通りでした。
被害者:「突然加害者が目の前に来たので、咄嗟にハンドルを右に切って回避しようとしましたがぶつかりました。左の歩行者専用道には小学生が横列で歩いていたので、左には避けられませんでした。」

加害者:「坂を上ろうとペダルを漕いだ時に、被害者が突然目の前にきたので避けようとしましたがぶつかりました。歩行者専用道を4人の小学生が横列で歩いていたのは知っています。」

ちなみに、小学生が横列で歩いていたのは下記写真の□の場所で、歩行者専用道いっぱいに広がった状態で被害者側に向かって歩いていました。

自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道

実況見分での位置関係とそれまでの加害者の供述から、「加害者が被害者の目の前に飛び出している」ことを確認すると、
加害者:「どうしてぶつかったのか分かりません。私だけが悪いんじゃありません。保険会社の人も大学の支援センターの人もお互い様だって言ってます。正面衝突だから○○さん(被害者)にも回避義務があるはずです。」
と繰り返し、全くお話になりません。
被害者の回避行為について上記の通り説明し、加害者の回避行為を確認しても、
当職:「あなたの取った回避行為を教えてください。」
加害者:「目の前にきた被害者を右に避けたんですけど、突然だったのでぶつかったんです。」
当職:「衝突位置は自転車道の中央から被害者側で間違いないんですよね?」
加害者:「はい。」

そして「正面衝突なんだからお互い様だ」と延々とループさせるのです。

相手が不当な言い逃れをするのであれば遠慮は無用です。
事実確認方法を一工夫して、相手の嘘・悪質さが浮き彫りとなるようにしてあげましょう。
そのために必要なことは以下の三つです。

  1. 事故発生状況の的確な把握
  2. 過失の細分化検討
  3. 異議の整理

また、それに応じた事故発生現場付近の撮影が必要となる場合がありますので注意が必要です。

事故態様が明確な場合には、自転車運転者や歩行者が言い逃れをするパターン・ポイントは大体決まっています。
加えて事実確認を行った際の相手の主張を聴けば、後に言い逃れをするであろうポイントは簡単に分かりますから、それを利用できるようにしておきましょう。

悪質な言い逃れをしたり平気で嘘を吐くような輩を相手にする場合、そのために気を付けるべき重要ポイントやそれ相応の闘い方が必要になります。
当事務所は、自転車・交通事故に限らず暴行傷害・いじめ・なりすまし詐欺事件等の実例において、そういう相手やその嘘に同調しさらに捏造を加える弁護士たちを相手に闘って損害賠償を勝ち取ってきた業務経験・私自身の裁判経験等からそういった手法の研鑽を重ね、ポイントを押さえれば誰でもすぐに実践できる闘い方をマニュアル化しています。
本実例の加害者も、その悪質さゆえに見事にハマってくれましたので、そういった手法についても簡単に説明します。

2.追加で撮影すべき重要ポイントの見極め

写真撮影は、個別の事故の発生現場・状況によって必要な写真等の撮影場所・位置等が変わってきますので注意が必要です。

本実例においては「加害者が事故発生現場に至るまでの道のり」です。
その理由は、加害者が自らの過失を言い逃れようとするために「何を認めて何を認めたがらないのか」という点を押さえれば見えてくるでしょう。

自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道
自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道
自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道
自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道
自転車同士の正面衝突事故現場写真:大沼地下道

ここで、加害者側の主張(録音情報・準備書面等訴訟資料から抜粋)も見ておきましょう。

● 加害者側の主張

  • 動いている者同士でお互い様だから、過失割合は50:50が相当である。
  • 仮に、傘差し運転の過失が問題になるとしても、センター越え(ハンドル操作ミス)に含まれるから最悪でも過失割合は被害者:加害者=20:80であり、そこから下記の過失を考慮すべきである。
  • 被害者は、ブレーキを掛けて停止すれば衝突を回避できた可能性があるのにそれをしておらず、衝突している以上被害者には安全運転注意義務違反がある。

これはもう言いがかりどころか、平気で人に罪をなすりつける○○○そのものです。
特に○○○の弁護士には注意が必要です。
あなたが本実例と同様の状況で相手方にこのような主張をされたのであれば、「言いたい奴にはいわせておけ」などとは絶対に思ってはいけません。
相手がやっていることをしっかりと指摘してあげましょう。

基本的な過失相殺基準に加えて、適正な過失割合を算定するための重要なポイントを押さえれば、自ずと相手の悪質さが浮き彫りになります。
以下で、それを簡単にみていきましょう。

ページトップ

加害者を追い詰めるための事実確認の実践

事実確認をする際は、後のことも考えて裁判での当事者尋問にそのまま利用できるように配慮することが大切です。
相手があなたに対して悪質・不誠実な言動を繰り返したり嘘を吐いているのであれば、それもうまく活用します。
それでは、本実例で実際に行った事実確認の一部を 見ていきましょう。

まずは 、既に実況見分時に特定された位置関係やその際に加害者が述べたことなど「加害者が否定できないこと(はいと答えるであろうこと)」の中から必要なものをピックアップして聴きましょう。
太字部分は少し強調する部分です。

  1. これが警察の実況見分であなたと被害者の記憶が合致して特定された位置関係です(マーキングチョークの写真も添付)。
    これに間違いはありませんね?
  2. あなたはaの位置から、bの位置にいた被害者をしっかりと確認した。
    間違いありませんか?
  3. 傘で見えなかったということはなく、あなたは前方をしっかり見ていたんですね?
  4. あなたは被害者とぶつからないように左端に寄ったんですね?

以上が本人で簡単にできる「種まき」です。
相手が誰であろうが、絶対にこちらの「加害者の悪質さを際立たせる」という目的を悟られることはありません。
そんな目的があるなんて上記からは分からないですよね?
加害者は「自分に過失があるなんて思っていない上、あったとしてもそれを言い逃れたい」のですから、その部分を活用します。

大切なことは「これだけ聴いたら必ず間を置く」ことです。
一日で終わらせたい場合には、わざと上記確認を終えたら一旦中断する、例えばトイレや昼食等の休憩を入れるとか(そういう時間帯を選ぶ)すればよいでしょう。
上記確認にはしっかりとした意味があり、これだけで加害者はこの後の被害者の突っ込みに言い逃れができなくなります。
「そんな馬鹿な」と思うかもしれませんが、要はやり方次第です。

さて、次に聴く内容も、もちろん決まっています。
・・・以下略

この続きは自転車事故過失算定マニュアル:基礎:自転車同士の正面衝突 に明記しています。

ページトップ