HOME>過失割合算定サポート

自転車事故の過失割合算定

自転車事故の適正な過失割合を算定するために何よりも重要なのは、事故発生状況の的確な把握・分析・整理を行うことです。

これができていなければ、自分の主張・立証に必要な客観的・主観的・状況等の証拠等を見極めることができず、その確保・保持も疎かになってしまいます。

そうなると、相手方や第三者(和解斡旋機関や裁判所等)を納得させることのできる「事故発生状況に即した的確な指摘・主張・説明」ができるはずもないことは言うまでもありません。

「事故発生状況の的確な把握・分析・整理」ができてこそ、故意・過失となる要素を細分化して検討し、クルマとは違う自転車の性質からくる過失要素等のポイントを押さえて的確な指摘・主張・説明が可能となるのだと念頭に置いておきましょう。

そうして得た情報を有効活用して最適な戦略を練り上げることが大切です。

そのためにも、自転車事故の過失割合を考える際に必要な知識を確認しておきましょう。

CONTENTS

  1. 過失算定の武器は「情報」と「戦略」
  2. 過失とその具体的内容
  3. 過失判断基準の「合理的平均人」
  4. 判例の過失割合判断の変更は可能

HOME:↑ ページトップ:→ 次へ