タイトル 古代織の部屋ゆう
メール
ライン
原始機で錦
古代織の部屋ゆう ご案内
アクセスカウンター
カウンター

What's New!

裂き織の部屋

お知らせ   10月31日でau one netからwebcrowへ移ります。それまではどちらからも検索できます。
         11月からはwebcrowのみになりますのでご了承ください。

常陸国風土記に出てくる倭文(静織)ってどんな織物だろう。
そんな疑問から静織や古代の織を調べ始めました。
「古代織の部屋 ゆう」では、静織りを頭に置きながら 
古代には原始機で 原始布と言われる布が織られたこと
素材にカラムシや葛を使った草の布や,シナや楮から繊維を取った木の布が織られたこと、
古代の織はよく紐や細帯に利用されたという3点を主に取り上げるよう心がけました。
 
古代の手織りの世界は奥が深く、まだまだ未熟な状態ですが、
今まで 調べた事や紀行文、また手織の作品等の紹介をいたします。

7月から新しいメールになりました

自然を愉しむ
ゆうゆう覚書