project lone wolf

project lone wolf



ここには、現実社会とインターネットを含めた、俺の現在の活動内容を読者の皆さんにお伝えし、記録していこうと思う。
なにぶん出来立てのウェブページだから、工事中が多い。勘弁してくれ。本当なら全部完成してから公開するほうがいいのかもしれんが、一日も早くインターネットで自分の声を伝えたくてな、いてもたってもいられなかったんだ。

構想中の計画や今後の予定も、どしどし掲載していくつもりなのでよろしく。



「祖国防衛軍」
プロジェクト

(完全版)

狼、米放送局のインタビューに吠える!

狼、雑誌「BURST」で、アウトロー達に吠える!

狼、ロフトプラスワントークライブで左右両翼に吠える夜!

狼、「正論新聞」で全有連の功績が認められる。








ホームへ戻る

「祖国防衛軍」プロジェクトひとまず完了!

俺は、「ヤクザは右翼から手を引け!」と常々言ってきた。 
それを具体的に形にするために、以前にもお話ししたとおり、広域指定を受けている23の仁侠団体の親分達に、手紙を送ったのだ。
 

 本当は日本全国全ての団体に送りつけたいところなんだが、何せそれだと切手代が馬鹿にならないだろう。自慢じゃないが、俺は宵越しの金はついぞ持ってないからな、ははは。それに、主要の団体に送れば、上から下へ水が流れるように話も伝わるだろう。

 手紙といっても勿論ラブレターではない。文面は要するに喧嘩を売っているんだな。先日、5通目の手紙をすべて送ったのだが、反応は様々だ。
 すぐに丁重な手紙を返送したところもあれば、突っぱねてきたところもあるし、未だ返事がこないところもある。返事がこないところは、おそらく手紙の真意を計りかねているのだろう。うるさいジジイだ、困ったものだ、と頭を悩ませているかもしれない。

 だが、実は俺が執筆している時に脳裏に浮かんでいるのは、手紙の 宛先人の親分達ではなく、その先代達の顔だ。

 例え、現役の彼等が俺の熱い想いを実感として受け止めてはくれなかったとしても、激動の時代を共有し、俺に意気を感じてくれた先代ならば、 「石井君、よくぞ言ってくれた!!」
と手を握りしめてくれるだろう。

 俺は尋常小学校卒で、自慢じゃないが学はない。 
だが、それを信じ、無い頭を振り絞り、祈りを込めて筆をとっている。

 この5通目を最後とし、手紙の全文、送り先リストとその返信状況を、皆さんの目の前にお出ししよう。 

ここをクリックしてくれ。

loading...

loading...