project lone wolf

project lone wolf




「祖国防衛軍」
プロジェクト

(完全版)








ホームへ戻る

狼、米放送局のインタビューに吠える!

俺は先日、アメリカ・シカゴのFMラジオ局WBEZ (http://www.wbez.org/) の取材を受けた。
日本人のアイデンティティに関するルポを作成したいと考えているWBEZのプロデューサー、アンドレア・ウェンゼルさんが取材のため来日し、俺のこのホームページを見て、インタビューを申し込んできたのだ。

アメリカの、それもシカゴとなりゃ断るわけにもいくまい。何故かって?俺が青春を過ごした場所、といえば聞こえがいいんだが、要するにだな、俺が前代未聞の凶暴ギャングとして「夜の市長」を勤めさせていただいた郡山は、別名「日本のシカゴ」と呼ばれていたんだ。近頃じゃウイーンと日本のどこそことが「音楽の姉妹都市」なんてことをやっているが、シカゴと郡山とは、いうなればギャング姉妹都市だったってわけだ。俺は不思議な縁を感じたよ。
(このことをウェンゼルさんに言ったら顔がひきつっていたがな)

日本では憲法や天皇、国防、国旗、国歌、そして対アジア関係等の問題が、どうしてこうもタブー視され、議論さえもまともに行われる土壌が形成されにくいのか、という疑問を起点として、日本の教育システムや、今世紀における日本人のアイデンティティの構築を考えたいというウェンゼルさんの意向は、約2時間にわたるインタビューに結びついた。

イカついカウボーイが来るのかと思っていたら、麗しい女性プロデューサーだった。ちょっと調子狂っちまったよ。

残念ながらシカゴのFM放送なので、日本で直接聴くことはできないものの、放送終了後にウェンゼルさんがテープを送ってくれるという約束なので、日本語訳を加えて後日、このホームページで公開する予定だ。

俺はアメリカにも言いたいことは山ほどある。俺のこのページも、ゆくゆくは英語版(内容は日本語版とは違うものにするつもりだ)公開も考えなくちゃならんな。

loading...

loading...