埼玉県川口市税理士/吉田正一
医療専門税理士の違い

                                                                                  

医療経営
チェックリスト
こちらをクリック


税理士吉田正一



事務所
川口市栄町2-12-23-3階
電話 048-256-3425
FAX 050-3156-0876






医療経営QA/目次


病医院の会計について ←クリックして下さい
(1)債務超過を解消したい (2) 粉飾決算は見抜かれるか (3)MS法人の決算書の信頼性を高めたい 
(4)金融機関の評価を上げるための試算表づくり (5)金融機関の評価を上げる決算書 
(6)赤字決算時において金融機関の評価を下げない工夫 (7)中小会計要領の考え方 (8)成長医院の決算書の見方

医院経営チェックリスト ←クリックして下さい
(1)医院運営リスク (2) 医療法人運営 (3)経営リスク

会計ソフトについて ←クリックして下さい
(1)会計ソフトの導入前の留意点 (2)よく使う会計科目について 
(3)自社で試算表を作成するメリット 
(4)会計ソフトの低コスト経理効果、不正経理の発見・予防効果

会計基準について ←クリックして下さい
(1)医療法人会計基準 (2)病院会計準則のメリット (3)病院会計準則の貸借対照表
(4)病院会計準則の損益計算書

税務調査について ←クリックして下さい
(1)税務調査の拒否 (2)税務調査の省略 (3)調査で見る書類 (4)租税回避としての生命保険 
(5)税金のルール

業務マニュアルについて ←クリックして下さい
(1)業務のマニュアル作成ポイント (2)業務のマニュアル長続きのコツ 
(3)電子帳簿によるコスト削減(=スペース削減)

病医院の経理について ←クリックして下さい
(1)窓口現金管理のポイント (2)在庫管理のポイント (3)人件費の税金の注意点 
(4)院長が使う経費を管理するポイント 
(5)預金通帳を効率的に管理運用するポイント (6)市販の会計ソフト、給与計算ソフトのポイント 
(7)予算管理のポイント (8)窓口負担金の未収を発生させない工夫

病医院の借入について ←クリックして下さい
(1)銀行との付き合い方 (2)医療法人とMS法人の資金調達方法 
(3)医療法人とMS法人の借入管理の方法 (4)MS法人にしか出来ない借入方法

人件費管理について ←クリックして下さい
(1)人手不足解消のポイント (2)人手不足解消策の長期的視点 
(3)病院会計準則の人件費管理  (4)変動損益計算書の人件費管理
(5)総額人件費管理による昇給額の決め方 (6)所定外賃金(残業手当)が多い場合 

在庫管理について ←クリックして下さい
(1)職員啓蒙のポイント (2)在庫管理の工夫例 

医療法人制度について ←クリックして下さい
(1)医療法人のメリット、デメリット (2)医療法人の相続対策(平成19年3月以前設立)
(3)医療法人の税金以外の魅力 (4)医療法人なりだけでは節税していない
(5)現金帳簿を作れないのに医療法人なりしない方がいい
(6)持分あり医療法人の相続税不安 (7)二重課税対策

院長夫人・分院長 ←クリックして下さい
(1)院長夫人の役割 (2)院長夫人に必要な勉強 (3)院長夫人が注意すべきこと
(4)夫婦が医師の場合 (5)分院長の役割 (6)理事長夫人のお金の話 (7)職員定着率

事務長について ←クリックして下さい
(1)事務長の定年退職後の組織形態 (2)高齢事務長の引退を促す (3)事務長の経理不正
(4)事務長の不正疑惑 (5)資金繰り表の必要性

患者サービスについて ←クリックして下さい
(1)中断患者の改善策 (2)患者層分析の方法 (3)患者アンケート方法 (4)行政指導

個人医院について ←クリックして下さい
(1)青色申告 (2)個人医の売上金額 (3)損益計算書の見方 (4)経費と家計費の違い

事業承継について ←クリックして下さい
(1)事業承継の失敗例 (2)事業承継まで行うこと (3)誰に事業承継するか (4)M&Aのポイント
(5)複数人の後継者への事業承継

事業再生、売却、解散について ←クリックして下さい
(1)赤字経営の改善策 (2)医療法人の売却 (3)医療法人の解散前 (4)医療法人の解散
(5)手形による支払に注意 (6)手形が決算困難の場合

医師の相続について ←クリックして下さい
(1)相続税改正 (2)国外の財産を保有する場合 (3)公正証書遺言 
(4)子息の医学部の捻出と税金 (5)有効な相続対策 (6)相続対策のコツ 

MS法人について ←クリックして下さい
(1)MS法人による薬局経営 (2)薬局撤退