【HPトップへ戻る】【二級ボイラー「合格セット」へ】

二級ボイラー試験-合格体験記

2015年02月28日 2月12日試験 無事合格しました

先日は二ボイラー「合格セット」の教材を送ってくださりありがとうございました。
おかげさまで無事、試験に合格しましたので、引き続き一級ボイラー「合格パック」を申込みしたいと思います。(山口)

1.「新重要問題200」「実戦問題200」

2回転程、使用しました。
 
2.目新しい出題

基本的な内容しか出題されていなかったように思います。

3.受験者に一言アドバイス

ボイラーの教本を深く読み込んでも、深い部分は問われない傾向にあるようです。
重要かつ基本的 な内容を押さえることが大事な試験だと思います。

「ボイラー協会の過去問」や「新重要問題200」、「実戦問題200」を押さえることが一番効率よく合格できる方法だと思 います。


2015年02月21日 2級ボイラー 無事に合格でした

本日、2級ボイラーの結果発表があり、無事に合格でした。
大変お世話になりました、ありがとうございました。(takahiro)

この勢いで次を目指したいと考えております。
つきましては、一級ボイラー「合格パック」ご注文をさせて頂きますので、宜しくお願い致します。
二級ボイラー「合格セット」中心の取り組みをご参考までに記載します。

1.「新重要問題200」、「実践問題200」

大まかには2周しました。間違えたところは、3〜4周。
これの他に公表問題の過去5年を2周しました。

2.新規の問題

特にないように思います。もうほとんどないはずの、「石炭の流動層燃焼」がまたでてました。

3.受験者に一言アドバイス

「新重要問題200」、「実践問題200」をやれば、試験問題は簡単に思えます。
「新重要問題200」の方が、今の問題には近いと思いますが、「実践問題200」をやっておけば、ちょっとひねくれた問題にも対応できると思います。


2014年12月25日 11/10 試験(九州) 二級ボイラー技士 合格

おかげさまで2級ボイラー技士、1発で合格しました。
「合格セット」を購入して試験まで日にちがなかったので(10日間)、無理かなあと正直、思ってました。
けど徹底して今回の問題集だけをやったおかげだと思います。
ありがとうございました。(koji )

1.合格セット

問題集が届いて試験まで2週間ほどでしたのでほぼ毎日暇を見つけては、2〜3時間程度、やってました。

2.本番試験

目新しい問題は、特にありませんでした。今回の問題集をとことんやれば9割はとれます。

3.受験者のみなさんへ

この問題集はすごいです。=合格のはや道です!=合格したかったらすぐ取り組みましょう!



2014年12月18日 引き続き、一級ボイラー技士試験を受験します

福島の hirosi です。
おかげさまで、一発合格することができました。

ご参考までに

1.私の勉強

試験の一週間前から、「新重要問題200」だけを5回程度廻し、過去問(3回分)を1回やりました。

2.皆様へ

 素人の私が、試験に一発合格できたのは「合格セット」のおかげです。
 新重要問題200を覚えてしまえば、必ず合格できます。
 後は、管理人様が言ってたように一番簡単な「法令」を得意科目にして点数を稼ぐことだと思います。

3.今後の目標

引き続き、一級ボイラー「合格パック」と一級ボイラー重要集を購入し、一級ボイラー技士試験を受験します。(来年1月21日)


2014年10月20日 10月4日 大分県出張試験 合格しましたー下

続きです。

3.試験当日について

試験当日は。「法令科目のまとめ」(暗記用)を再確認した程度です。

試験問題の難易度は、非常にやさしいと感じました。
回答、見直しをしても1時間かからず余裕がありました。


4.受験の感想

ネットの情報を見ると人より多くの時間をかけているので、最短の勉強でとなると参考にならないと思います。

回数を見ることが覚える近道だと思っているので、2級ボイラー技士試験(技術科目)、「法令科目のまとめ」、「間違った問題等」は10回くらい見ていると思います。


5.ご質問について

長々と「二級ボイラー試験-合格体験記」のように書いてしまいましたが質問に回答すると

1)「新重要問題200」、「実戦問題200」は、どの程度しましたか。 
 
「新・重要問題200」、「実戦問題200」新版、公表試験問題(H26.10)最新版は全体としては2回。

 ただし間違ったところ、正誤が明確にわからなかったような問題は5回以上繰り返しました。

 また合格セットについている「法令科目のまとめ」 (暗記用)は10回くらい見ていると思います。

2)目新しい出題
 特に目新しいと感じた問題はありません


3)受験者に一言アドバイス

 法令科目をどうやって勉強するか?を迷っていてこの合格セットにたどり着き、合格体験記を読み「新・重要問題200」、「実戦問題200」の問題の良さを感じて購入を決めました。

「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」ですらほとんど見ませんでした。

 同じようなことで、迷っている方がいるなら、良問題と法令科目のまとめが手に入る「合格セット」は買いだと思います。(2014/10/20 hiroshi )


2014年10月20日 10月4日 大分県出張試験 合格しましたー上

総勉強時間 約80時間(約2ヶ月)

1.参考書等について


・2級ボイラー技士試験(技術科目)(日本ボイラ協会出版)
 10回くらい見ていると思います。

・わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則
 二級ボイラー「合格セット」の「法令科目のまとめ」 (暗記用)を使用したのでほとんど使用しませんでした。

二級ボイラー「合格セット」
「新・重要問題200」、「実戦問題200」新版、公表試験問題(H26.10)最新版

 全体としては2回実施しました。ただし間違ったところ、正誤が明確にわからなかったような曖昧なところの問題は5回以上繰り返しました。

・「法令科目のまとめ」 (暗記用)
 10回くらい見ていると思います。

2.勉強法について

2級ボイラー技士試験(技術科目)と「法令科目のまとめ」 (暗記用)を5回くらい最初に繰り返して見ました。

2級ボイラー技士試験(技術科目)は要点を色づけされているのでそこを見ていくといった感じです。
(細部まで読み込んでるわけではありません)
それを5回くらい繰り返す。3回くらい見て覚えにくそうなところはメモ帳を使って隙間時間にみる。
5回読んでも全てを覚えているわけではありません。

その後「新・重要問題200」、「実戦問題200」新版、公表試験問題(H26.10)をやってみました。
うる覚えのため、正誤を迷った問題もありましたが、ほとんどの科目で9割以上正解しました。

その後、最初のやり方と同じで2級ボイラー技士試験(技術科目)と「法令科目のまとめ」を3日〜4日でひととおり見るのを続ける。

2週間後に、再度「新・重要問題200」、「実戦問題200」新版、公表試験問題(H26.10)最新版を解いてみました。
(全体を通して上記の問題を解いたのは、2回のみです。)

ほとんどの科目で9割以上とれましたが、今度は間違ったところ及び曖昧なところをチェックしておき、そこを重点的に毎日繰り返し確認しました。

間違いなく回答できるようになったら、最初と同じく2級ボイラー技士試験(技術科目)、「法令科目のまとめ」プラス「間違った問題等」を4日〜5日くらいのローテーション見ていきました。

メモ帳を使っての隙間時間勉強も継続です。



2014年09月27日 9月6日の青森出張試験  合格通知書が届きました

9月6日(土)の青森出張試験を受験し、先日合格通知書が届きました。

6月に購入させて頂いた「ボイラー図書」のおかげです。
はっきり言ってこれがなければ合格は無理でした。

「新・重要問題200」を6回、「実戦問題200」を3回まわし90点以上とれるまでやりました。

期間で言うと毎日はできませんでしたので、1箇月と半月程度です。

問題の内容は見たことがない問題が数問ありましたが、今でも覚えているのは溶接修理をした後の手続きの順番の問題です。
溶接検査−構造検査−落成検査
このような選択肢が5個ありまして、多分私は間違えました。

それ以外は覚えていないので、申し訳ありません。

しかし、結果的に合格できましたので
「ボイラー図書」をしっかりやれば何の影響もないということです。
本当に有難うございました。(jyun 2014/09/27)


2014年09月25日 9/6 2級ボイラー試験  合格しました

おかげさまで、2級ボイラー試験に一発合格することができました。

勉強期間が58日しかなかったので、まず標準テキストを1回読みました。
次に法令の規則を1回読みました。
次に、標準問題をテキストを読みながら解いていきました。

その後、「新・重要問題200」と「実戦問題200新版」を1回解きました。
解らないところは、テキストを読みながら、やりました。
試験日まで日数があまりなかったので、これで勉強は終わりでした。

練習問題を解いていると、だんだんと、出題される傾向が解ってきました。
試験当日、試験問題を解くのに、30分で終えることができました。

とにかく問題を沢山こなすことが、一番の近道のように思いました。
(keiichi 2014/09/25 )


2014年08月25日 山梨出張試験 一発合格しました!

8月2日実施の山梨出張試験無事合格しました。
教材は、二級ボイラー「合格セット」と教本以外は使っていません。

学習期間は2か月。ただ、集中して勉強すれば、2週間でも十分に合格レベルに到達すると思います。
ボイラーについては全くの素人だったので、やみくもに教本を読んでも全く頭に入りません。
しかし「新重要問題200」を解きながら、該当の箇所を教本で読むとどこが重要な個所なのかがわかり、とても効率の良い勉強ができたと思います。

勉強の仕方としては、
まず「新重要問題」の1章を終わらせた後、すぐに実戦問題の1章をしました。
こうすることで1章の全体像が何となくつかめた気がします。
同じように2章・3章と進み、4章の法令問題は後回しにしました。

この時点での理解度は50パーセント程度だったと思います。
2回目以降からは間違いの選択肢はもちろん、正しい選択肢もすべて覚えるつもりで臨みました。
3回回した後、「新重要問題」・「実戦問題」の法令をつぶし、実力を見るため過去問にトライしたところ、どの年も8割以上はとることができました。

あとは過去問で間違った問題だけをもう一度見直すことで、安心して本番に臨むことができました。

「合格セット」は素人を短期間で、最も効率よく合格レベルに到達させる素晴らしい教材だと思います。
本当にありがとうございました。(2014/8/25 フェルナント)


2014年03月27日 関東安全衛生技術協会で受験、合格しました

無事二級ボイラー技士試験に合格できました。
試験は 2/27木曜 関東安全衛生技術協会で受験しました。
市原市の会場は私の居所である埼玉県から かなり遠いので、前日五井駅の近くの五井グランドホテルに泊まって 試験に臨みました。
試験開始時刻は13:00からでした。

あいにくの雨というのに 私の受験した教室会場の欠席者は7名くらいで、ほぼ満席。。。。
一つの会場に140人くらいいたみたいです。

試験問題は 管理人様からいただいた問題テキストを一通りやっていたので 余裕で解答できました。
30分くらいで 全て解けました。
試験開始後 1時間は退室できなかったので それまで しっかり読み直しをしました。

自己採点では90%くらいは正解できたと思います。
ちょっと悩んだのは、
・リミットスイッチ
・ブレイク接点
・リングバーナー等の燃料噴射方式
あたりでしたが、この辺は消去法で何とか。。。。。。

他の37問は ほとんど 管理人様の「新・重要問題200」・「実戦問題200」や公表試験問題で網羅されていたので 本当に助かりました。
参考書も大切ですが 問題を解くことのほうが 重要だと実感しました。

合格発表は一週間後の3/6木曜日の午前、安全衛生協会のHPで確認いたしました。
いろいろと本当に有難うございました。
また近く一級ボイラー試験を受験したいと思っております。
その折には お力添えのほど 宜しくお願いします。
(hiroshi 2014/03/07)


2014年02月24日 試験、おかげさまで合格!

2/12の関東安全衛生技術センターの試験ですが、おかげさまで合格しました。
2/1に危険物乙4の試験も受けていたので、公開問題はほとんど2/2以降に勉強しました。

2級ボイラー技士を効率的に勉強出来たので、危険物乙4も2級ボイラー技士も両方合格出来ました。

1.「新重要問題200」、「実戦問題200」は3回くらいやりました。

2.今回の試験情報

ほとんど公開問題で出ていた項目の問題だったように思います。
ただし、公開問題と同じ項目ですが、まったく同じ問題ではなく、少し変えて出してあるようなものがありました。

(1)ボイラーの酸洗浄 
「酸洗浄の処理工程は、@前処理、A水洗、B酸洗浄、C水洗、D中和防せい処理の順に行う。」というのが正しい順番ですが、これの順番を最後をD酸洗浄として、これが誤っている文章として使用されていました。

(2)ボイラーの水面測定装置
「(A) 側連絡管は、管の途中にドレンのたまる部分がない構造とし、かつ、これを水柱管及びボイラーに取り付ける口は、水面計で見ることができる」
(B) 水位より(C) であってはならない。」というのが過去の公開問題で蒸気側連絡管の文章ですが、これの水側連絡管の文章の穴埋めが出ていました。

(3)ボイラーのばね安全弁から蒸気漏れがある場合の措置
「弁軸が曲がっている〜」という文章が入っていて、これを蒸気漏れの原因として、誤っているということを選ばせる問題が出ていました。

3.皆様へ

過去の公開問題で、正しい文章を誤った文章に変えて出題される場合がありますので、正しい文章もよく読んでおいたほうがよいと思います。(2014/02/24 tetu)


2014年01月26日 静岡地区試験 「新・重要問題200」が有効でした

静岡地区試験で無事合格し、免許状も受け取りました。

試験内容としては、公表問題より易しい感じがしました。
管理人様の問題集のおかげです。ありがとうございました。

試験対策は、過去問とテキスト(2級ボイラー技士教本、わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則)でOKです。

実技講習の先生も問題は必ず上記2冊から出ると言っていましたので、絶対必要です。ボイラ協会の問題集も購入しましたが、これは無駄でした。

現在、ボイラー取扱職に就いていますので、近い将来、1級取得を目指します。その時は、またよろしくお願い致します。(現在、危険物乙4試験勉強中です。今年は、消防設備士、冷凍機械責任者を受験予定です。)

1.私の勉強方法

平成17年から平成25年までの公表過去問を2回。
問題に出ている箇所を調べ、テキストにアンダーラインする。
各過去問には、解答が出ているテキストのページを記入する。

「実戦問題200」を1回。
「新・重要問題200」を3回。
(「実戦問題200」より「新・重要問題200」の方が有効であると感じました)

勉強期間は、3ヶ月。
本番試験問題は、易しいと感じました。

2.今後の方への私のアドバイス

過去問を繰り返し解くこと。
テキストは、2級ボイラー技士教本、わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則、ボイラー図鑑 を用意すること。
ボイラーの構造、動作を理解すること。
写真、イラストをよく見ること。
テキスト、問題集には、金を惜しまないこと。
試験前に実技講習を受けること。(重要項目、ボイラーの動き が分かります)
(2014/01/26 masa)


2014年01月23日 「新・重要問題200」を優先してやりました

1.「新・重要問題200」、「実戦問題200」の勉強

  「新・重要問題200」を優先しましたが、それぞれ6回くりかえし行いました。

2.新傾向問題の出題

「構造」に関して、過去問、「新・重要問題200」「実戦問題200」に登場しない、新しい問題が5題ほど出題されました。

必死だったので問題を記憶する余裕がなく内容は思い出せません。

3.皆様へのアドバイス

  個人差もありますが、「新・重要問題200」「実戦問題200」と直近の過去問5年分を最低4回以上やること。

 ・取扱い、燃焼、法令についての出題は、過去問や「新・重要問題200」「実戦問題200」と類似問題ですので、繰り返し勉強すれば合格点に達すると思います。

 ・構造はH26年1月15日の試験において、全くみたことがない問題が5題ほど出題されたので、さらに過去問をさかのぼり、重複していない問題にあたり、重要問題等で得た知識と組み合わせ消去法を使い対処すべきだと感じました。

また私は不合格だっ場合、模擬試験(東京)を受け、試験後の解説と新傾向を聞くつもりでいました。(hiromasa )


2013年12月17日 11/24福島県出張試験、無事合格できました!(2/2)

2.受験者に一言アドバイス

教本は使用していません。時間のある方は、教本で確認しながらやる選択もありますが、どのような形で誤っているのか、正しいものなのか、問題を通して覚えた方が早いと思います。

1回目から覚えるように努めるのがコツです。
覚える箇所は、まず優先的に誤っているもの。その後、正しい選択肢も覚えることが望ましいです。

本試験では、同じような問題も出ますが、違う選択肢としても出ますので、まるっきり、教材での正解肢だけを暗記していると、足元をすくわれます。

ボイラーの試験は、月一ぐらいに行っておりますが、私は、出張試験でしたので、年1回の試験でしたので、1回で合格すると決めてました。

また、試験傾向、時間配分を検討するため、過去問題を解くことをお勧めします。過去5年分ぐらいで十分だと思います。

「合格セット」教材はとても有効性がありました。
特に、「新・重要問題200」は徹底的につぶしてください。


そして、過去問題5年分ぐらいに目を通してください。

余力があれば、「実戦問題200」を解く感じでよかったかなと思います。

私は、自己分析で、4科目ほぼパーフェクトに行けました。
6割は余裕でいけますので、教材を信じて徹底的につぶしてください。
そこまでやれば、本試験で見たことのない問題が何問か出ても、その他で取れるので、心に余裕が生まれます。
また、ど忘れした問題も同様です。見たことない問題は捨てちゃっても問題ないです。

問題を1問でも多く解くことは推奨しますが、その前に、「新・重要問題200」を完璧に仕上げてください。(jyun)


2013年12月17日 11/24福島県出張試験、無事合格できました!(1/2)

11月24日に実施された福島県出張試験の結果ですが、昨日、合格発表があり、無事、合格することが出来ました。
本日、合格のハガキが来ましたので、早速、免許申請いたしました。

試験まで1週間前で二級ボイラー「合格セット」を受け取り、
実際には、5日間×3時間(計15時間)の学習期間でした。(jyun)


1.「新・重要問題200」、「実戦問題200」の勉強

 「新・重要問題200」、「実戦問題200」とも2回廻しました。

1日目:「新・重要問題200」の第1編を1回で覚える覚悟で1肢ごとにじっくり検討。
    2回目は覚えていない肢を再度確認。
    その後、「実戦問題200」の第1編を解き、間違った問題を再度暗記。

2日目:「新・重要問題200」の第2編を〜上記同じ。
3日目:「新・重要問題200」の第3編を〜上記同じ。
4日目:「新・重要問題200」の第4編を〜上記同じ。
5日目:「新・重要問題200」、「実戦問題200」の間違った肢を再確認。
     過去問題5年分を解き、誤った問題を再確認。


2013年11月18日 10/9  二級ボイラー技士の試験を受験

10/9 島根松江会場で二級ボイラー技士の試験を受験しました。


1.『試験を受けて感じた事』

今回公表問題と照合しましたが、正解以外の記述内容もしっかり
理解=覚えてないといけないと感じました。

例えば、今回
鋼製ボイラーの給水装置で問題で、給水内管の問題は、
今回溶接して取り外し出来ない・・・が出ており、正解は取り外しできるが正解。

つまり、解答選ぶ箇所が5か所あり、ついつい正解の箇所だけ見ますが、
上記の場合の様な 注目されない箇所の記述を変更=問題にする場合があるからです。

精査・検討され苦労された二級ボイラー「合格セット」を確実に実施・理解すれば、おのずから良い結果が待っていると感じました。


2.『勉強方法について』

管理人様が提示されている方法の実施はもちろんの事、

@ 当日の勉強開始前に、前日の間違った問題、たまたま正解した問題を「復習」。
A 公表問題の過去問を6年分実施      
この2点にも力を入れました。


最後に試験結果は、11/25日に分るのでご報告します。
受かっていれば、一級も受験しますのでその時は宜しくお願い致します。


2013年11月01日 10/6 出張試験 短期間で合格致しました

無事に10/6出張(秋田)試験に合格致しました。
短期間で合格が出来、感謝する次第です。

1.「新重要問題200」、「実戦問題200」学習ですが、
回答を見ながらで各2回、回答を見ないで各3回やりました。
学習期間は、1ヶ月弱です。

2.アドバイスとしては、
1問でも多く問題を解いて下さい。(kazu)


2013年10月24日 10/15試験 合格できました

有り難うございました。
2級ボイラ−技士合格できました。

10/15の試験は、内容は覚えていませんが、
4割が過去問と同じで、 過去問の選択の5つの内1つが替えて出題、
残りの2割があまり見覚えのない問題だったと思います。

「実戦問題200」と「新・重要問題200」を毎日数時間解いて自信が付きました。(fn)


2013年10月23日 100%、 「合格セット」のおかげです

おかげさまで、二級ボイラーの試験は合格しました。 ありがとうございました。
100%、 管理人様の「合格セット」のおかげです。


引き続き、来年の1/17の一級ボイラーの試験を目指します。


勉強ですが、

「新・重要問題200」、「実戦問題200」は、 約10回づつ行いました。

思いつくだけで、5箇所間違えました。
いづれも、 管理人様のテキストを細部にわたり、覚えておけば出来ました。

ただ、問題を数多くこなすのも必要ですが、その問題の中身をよく理解しておく事が必要であるとつくづく思いしりました。

見た事もない問題(制御装置の回路について??)もでましたが、運よく正解でして、ラッキーな面もままありました。

一級は、しっかりとすすめたいと思います。

素人の私が合格出来たのも、ひとえに 管理人様の「合格セット」のおかげです。(Hide)



2013年10月15日 満点はねらわなくてもいい

9月16日の二級ボイラー試験合格しました。

「新・重要問題200」、「実戦問題200」は、それぞれ5回ほどやりました。

2回は出来ない問題や気をつける必要がある問題をあぶりだし、3から5回はあぶりだした問題をまわしました。

受験者に一言アドバイスですが、
ボイラーのことが始めての人は問題をみてすぐ解答を見たほうがいいと思います。

設問で正しいものはどれかときかれているのであれば、正しいものを覚えてしまうようにしました。

満点はねらわなくてもいいと思います。(yasu)



2013年10月12日 「新・重要問題200」だけで何とか合格

ド素人で、ボイラーて言葉しか聞いた事ないレベルです。
9/8日から(毎日はしてない)「合格セット」で勉強させてもらいましたが、言葉の意味も内容もサッパリ分らないレベルでした。

が、自分なりに問題(解けないから答えと正解筋を見て憶える感じ)に取り組み、28日、試験を受けて10/11発表でした。

「実戦問題200」までは、時間がなく手は付けきれませんで、不安でしたが
「新・重要問題200」だけで何とか合格出来ました。
有難うございました。。

女性受験者はその日は1人だったので緊張しました。(まにゃん)


2013年10月12日 9/28 受験、おかげ様で合格できました。

9月9日のメール

どう勉強したらいいのか、さっぱり分からなくて、日にちもなくて。。で、
ネットでボイラー 短期学習とかで検索していて、「合格セット」にヒットしました。。
全く分らなくて不安なんですが、何度か受けて合格出来たらなぁと思ってます。。


10月11日のメール

おかげ様で合格できました!

9/28長崎NBCソシアで受験しました。
女性は2級、1級含めてこの日は1人でした。

ボイラーパーツの名称も聞いた事ないし、ボイラー室というのが存在するというレベルしか知らないド素人です。

受験希望の友人に付き合いで、3日間の実技講習とかに行きまして、これに行ったなら受験しないと勿体ないという気持ちだけで今回受験しました。

あり得ない動機で恐縮ですが、ほんの少しボイラーの事が分りましたので、学びになりました。

あまりにも分らな過ぎて、嫌で?毎日は勉強出来ず「実戦問題200」までは出来ませんでしたので、「新・重要問題200」だけを何回か繰り返しました。

殆ど、理解というより暗記に近い感じでしたが。。
試験では見た事ないような筋がいくつか有りましたが、正解が判明していたので迷いませんでした。
全部できました

問題用紙は回収されましたので、点数は分りません。
他のテキスト、過去問も持ってもいないので、こちらのだけしか使用してません。
すごい的中率だと感じました。

どうも有難うございました!(まにゃん)


2013年09月23日 2回目の受験 加古川試験合格しました

9月11日の加古川ボイラー試験、合格する事が出来ました。

青色の教本を8割ぐらいですが一通り読んで、半分理解出来ていた程度ですが過去問3年分の前期と後期を何回か繰り返しやり、あとは日にちがなかったので、
ここの「合格セット」を購入し、「重要問題200」と「実戦問題200」をやっただけですが合格する事が出来ました。

合格セットを購入前に受験した7月11日の滋賀の試験で40、60、60、60(ちなみにこの60点は理解して採れた60点ではなく、ほとんど運です)で不合格になってすぐの試験でした。

本当にありがとうございました。(実力と運)


2013年09月07日 合格セットの購入理由です

この合格セットは、職場の方からの強い推薦がありましたので購入いたしました。

職場の方(2名)もこの「二級ボイラー合格セット」を購入して、2級を取得したそうなので薦められました。

この方々は、現在、一級ボイラー技士です。
これが、私が購入した理由です。(yusei)


2013年08月22日 7/28 3年のブランクからの合格

2013年7月28日の二級ボイラー試験に合格しました。

今回三回目の合格でした(H21年の1回目は不参加。H22年の2回目はちょっと足りずに不合格)

前回から、3年のブランクがありましたので、心配でしたが、「実戦問題200」と「重要問題200」を全問正解できるくらい繰り返し解くというを実行しました。

おかげで久々に試験の「手ごたえ」を感じ、マークシートを提出するときは「よし合格した」と感じました。
(Kaoru)


2013年08月21日 7月28日受験, 二級ボイラー技士試験に合格

無事合格しました。いろいろ御助言ありがとうございました。
7月28日に受験した試験ですが、新傾向問題という見たこともない問題は有りませんでした。

「重要問題240」を繰り返し問題文が頭に入るくらい 繰り返し読んで 解答もすぐわかるくらいになればいいと思います。

ただし、過去問10回分を同時に解答及び解説をしたほうが より確実だと思います。
(実際の過去問を見ておけば試験会場であわてないと思います)

試験で悩んだのは 一言一句 少し言い方変えた(内容は同じなのに)場合の 問題が 各項目で 出たような気がします。
明らかにおかしい解答は消していくと 2個くらいに絞られてくるはずです。

そこで 重要問題とかを 熟読していると なんとなく、ああ・・これかなあ・・みたいな感じで 解答が導きだせると思いました。

誰でも苦手項目はあると思います。私の場合 試験中 悩んだのは そもままにいい加減に勉強した箇所が すべて そのまま残り 解答がどれかわからなくなりました。

苦手なことは 問題を 自分でまとめ 解答と解説を よく読めば ほぼ合格できると思います。

アドバイスになるかどうか わかりませんが 参考にしてください。(minoru)


2013年07月14日 私の受験勉強です(6月23日受験)

1.合格セットでの勉強
「重要問題200」だけを繰り返しました。全問正解できるようになるまでやりました。
問題によっては、1回しか解いていないものもありますし、5回くらい解いたものもあります。

この段階で、6月23日の試験を受験、合格しました。したがって、「実践問題200」はまったくやっていません。
6月23日の試験に不合格だった場合、7月11日の出張試験に向け「実践問題200」をやるつもりでした。

2.今回の試験で新傾向の問題など
6月20日投稿の「こなんさん」の書き込んでいた問題がすべて出題されていました。最新問題対応にブログ「合格への道標」は必読です。

3.受験者に一言アドバイス
色々な教材に手を広げず、信じたものひとつを完璧に仕上げれば合格できます。頑張りましょう。(syou)


2013年07月12日 7/4実施(近畿)の二級ボイラー技士試験に合格

当方、40過ぎの失業者で、6/4よりポリテクセンターのビル管理科に入所、最初に訪れる資格試験が二級ボイラー技士でした。

ポリテクに入所して7日間だけボイラーの授業があり、その後別の科目授業に。

受験日を7/4か7/26にするか迷いましたが、他の資格試験とダブって勉強するのは難しかったので、日はあまりないものの思い切って7/4に受験する事を選びました。

ポリテクで使用した教科書内の問題を解きながら、他の問題集を探していたところこちらの二級ボイラー「合格セット」を知り、6/10に購入させて頂きました。

@合格セット「重要問題200」×3回
A合格セット「実戦問題200」×3回
B平成21年上期〜平成25上期公表問題×各5回


をランダムにやって、最終的にすべて2〜3問の間違いまでになりました。

当日は、「実戦&重要問題200」の問題用紙に自分でその答えと理由を書き込んだ物と、「最新情報」、「法令まとめ」を持参しましたが、移動中はあまり復習できず。
おまけに何を血迷ったのか、JR加古川駅から試験場まで40分歩き、汗ダラダラで試験開始1時間半前に到着。
いまいち集中できないままの復習でした(苦笑)

実際試験を受けてみて
緊張もあったのか、えらく難しかった印象で、自己採点ではなんとか合格ラインはギリ越えてましたが不安いっぱいで試験を終えました。

一緒に試験を受けたポリテクの仲間も難しかったと同じ印象でした。

「もしかしたらヤバイかも・・・」と結果まで不安な毎日でしたが、合格できて本当によかったです。
「合格セット」のおかげです。

ただ、自分としてはもう少し時間がありじっくりやれればもっと不安感はなく試験にのぞめたと思います。

今後ボイラー免許を活用できる仕事につけるかどうかはわかりませんが、就職に向けてひとつの自信になったのは事実です。

合格だけでなく、勇気ももらいました。
本当にありがとうございます。
再就職、頑張ります。(nob)


2013年06月20日 良い教材を提供くださり、ありがとうございました

6月5日に「合格セット」を購入させて頂いた、こなんと申します。
教材のおかげで、6月12日に行われた2級ボイラー試験に合格することが出来ました。ありがとうございました。

勉強方法としては、

1)ボイラー協会の教本をザッと読み

2)過去問(公表問題)を最新のものから過去10回分、教本を見ずに各2回ずつやる(各回平均80点台)
 ※間違ったところは教本で確認

ここで「合格セット」を購入

3)「重要問題200」と「実戦問題200」を何も見ずにやる3回やった結果、全科目とも90点以上はとれました。

4)試験前日は、過去問と「重要問題200」、「実戦問題200」の間違ったところをやり直し

5)試験当日は、最新のその前の2回分の過去問をやって試験に臨みました。

 試験会場では、「二級ボイラー最新情報」と、「法令科目のまとめ」を待ち時間に読むくらいで、頭を落ち着かせることに集中しました。


問題は、過去問と同じものが結構出ており、30分弱で解き終わりました。

初見だと思われる問題は、

「一次空気及び二次空気の穴埋め問題(油・ガスだき燃焼における)」

【問】
(   )は、噴射された燃料の周辺に供給され初期燃焼を安定させる。
(   )は、旋回または交差流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、(   )で燃料を完結させる。


「溶接検査の穴埋め問題」

【問】
溶接によるボイラーは、( )検査に合格した後でなければ( )検査を受けることができない


初見の問題以外は迷うこともなく答えられ、落ち着いて試験を終えることが出来ました。

過去問だけのやっても合格できる方が居るのかもしれませんが、私は、科目ごとに50問ずつまとめられた管理人さんの教材が合っていました。

それは、不得意な内容についても、繰り返し解答する中で覚えられたからではないかと思っています。

繰り返しにはなりますが、良い教材を提供してくださり、ありがとうございました。



2013年04月05日 「最小の努力」で合格に導いていただきましたー2/2

続きです------

私の場合、自分で印刷するのは面倒(・・・というか、直ぐに勉強はじめないと間に合わない?との理由からですが)なので、プリントアウトした方でお願いしたのですが、これが正解だったようです。きちんと整理されてファイリングしてありますので、とてもスムーズに勉強に入れました。

勉強時間

 具体的な勉強時間は、平日で2時間前後、土・日で4時間程度の約10日間ですね。「重要問題200」、「実戦問題200」は3回転、これら以外は2回転しかできませんでした。

皆様へ

 僭越ですが、私から今後受験される方へアドバイスできることがあるとしたら、「他の事は気にせずに、この重要問題、実戦問題に集中すること」でしょうか。

 分かりやすい解説つきの回答(多分コレが一番ミソだと思いますが)、しかもテキストの掲載ページまで親切に載っている、ここまで至れり尽くせりの図書はない!と思います。

 私は、テキスト(教本)や法令集等は購入していませんが、管理人様のボイラー図書のおかげで、実際に合格することが出来ました。

 ハッキリいってしまえば、「満点を取る必要のない」試験なんですよね。
 まさに、「最小の努力」で合格に導いていただきまして、感謝、感激しております。
 本当に、ありがとうございました!! (2013/04/05 knkkzktmk)




2013年04月05日 「最小の努力」で合格に導いていただきましたー1/2

受験日  平成25年3月15日
受験会場 中国四国安全衛生技術センター
結 果  合格
投稿者  knkkzktmk

経緯

 私が二級ボイラー技士免許を取得したいと思ったのは、昨年12月初旬でしたが、普段は畑違いの仕事をしており、ボイラーについては全くの素人。そこで、実技講習を先に受講することにして、年末の講習会に参加することから、勉強をはじめました。

 その後、2月の初旬に、無料で過去問が掲載されているHPを発見して、過去問(前期・後期)を過去5年分(H24からH20まで)3〜4回ほど回して、70〜80%以上の正解率になったところで、2月20日実施の試験を受験したのですが・・・

結局、構造30点、取扱70点、燃料・燃焼50点、法令60点、計210点で「不合格」という、惜しい?(悔しい?)結果となりました。

再挑戦

 そこで、モチベーションが下がらないうちに・・・と、翌月の再挑戦を決意。

それはいいんですが、このままでは合格する自信がないし・・・と、あれこれネットで検索して、管理人様のHPにたどり着きました。

合格された諸先輩の皆さんのコメント等を拝見し、迷わず購入したのが3月初め。管理人様の迅速な対応のおかげで、合格セットはすぐに届き、即勉強を開始することが出来ました。

続く-----


2013年03月03日 「合格セット」のおかげ 一発合格

2月20日に五井で受験し、本日合格通知を受け取りました。
思いもかけぬ「一発合格」でしたので驚くと同時に喜んでおります。
これも「合格セット」のおかげです。


今までの経過報告

「二級ボイラ」の準備を始めたのが1月10日頃のことです。

まずオーム社の「漫画で分かる二級ボイラ試験」を買ってきました。
これである程度雰囲気が理解できましたので次にボイラ協会の「二級ボイラ技士教本」と公表問題を3冊買ってきました。

教本は今読めば何の違和感もないのですが、初心者には大変読みにくい本に思えました。

それでオーム社の「これだけマスター二級ボイラ技士試験」を入手して勉強した次第です。

10日ほどかけて3冊の参考書を読んだわけですが、とても試験を受けられるような気持にはなれませんでした。

焦るような気持ちでネットを渉猟し、偶然出会ったのが「合格セット」でした。「これならいけるんじゃないか?」と思い注文した次第です。

結果的にこのときの感触は正しかったと思います。
これ以後は「合格セット」中心に勉強しました。

「実戦問題200」「重要問題200」とも3回まわしました。

事前にテキストを3冊読んでいましたので、初回でそれぞれ80点を超えることができました。間に協会の教本に目を通しまして、2回目は平均で90点くらいでした。

ここで、1回目、2回目で誤った問題のみをテキストでよく確認して3回目に臨みました。3回目はほぼ満点近く取れるようになっていました。

この時点でタイムアップとなり本番の試験に臨んだわけですが、半分くらいは初めて遭遇する問題であったような気が致します。


アドバイス

是非試験の前に「実技講習」に受けられることをお勧めしたいと思います。

言い古された言葉ですが「百聞は一見に如かず」です。


2月20日に受験して合格発表の翌日から実技講習ととんとん拍子に事が運んでうれしい限りです。この勢いで一級にも挑戦したいと思います。(akira)


2013年01月27日 一級ボイラー試験も「合格パック」でお世話になります ー3


2.出題問題について

類似問題が多かったというか、1問以外は類似しかなかったです。

少なくとも今回の受験で見たことがないような問題は1問程度です。(ガスバーナの種類)
うろ覚えですが、たしかこんな問題です。

問「次のうちガスバーナの説明として誤っているものはどれか」

(1)ボイラー用としてのガスバーナは、予混合型方式を利用したものが多い
(2)センタータイプバーナとは・・・・・・(2行程度の説明文)
(3)リングタイプバーナとは・・・・・(説明文)
(4)アニュラタイプバーナとは・・・・・(説明文)
(5)スパッドタイプバーナとは・・・・・(説明文)

ここは、予想外で認識力が甘かったのでさんざん悩まされましたが、(1)がどうみても怪しかったので(1)にしました。たしか予混合ではなかったと思うので。


3.今後の受験する方へ

 今後ボイラー技士2級試験に臨まれる方は、初学者・学生にはじまり社会人になられている方さまざまおられるとは思いますが、十分基礎を理解しつつ過去問傾向を捉えると比較的スムーズに取得できる資格であると思いますので、頑張って挑戦していただきたいと思います。

私の場合は、ボイラーに関わっている仕事をしているわけでもなく、学生時代にボイラーを専門とした勉強もしたことがない畑違いの分野でしたので、完全に初学者として勉強を始めました。

それでも、毎日コツコツ1か月程度勉強を積み重ねることによってこのたび合格することができました。

また、教材である「合格パック」のおかげということが大きかったと思います。なぜなら実際の試験問題がみたことのある問題ばかりだったからです。

重要なのはいかに短い時間で効率よく勉強を行えるかだと思っています。

この教材はまさしくその通りで、試験の傾向をよく捉えているまとまった教材であるとつくづく思わされました。

ですので、今後受験される方にも私はこちらの「合格パック」を強くお勧めします。


2013年01月27日 一級ボイラー試験も「合格パック」でお世話になります ー2

11.過去問平成24年4月公表版(1回目)

12.過去問平成24年10月公表版(1回目)

※正解率は二つとも80%程度でした。2回目から2日間経過(合計で3週間経過)

13.実戦問題200・重要問題200(3回目)

※正解率は95%程度。1〜2問程度迷ったり間違ったりするところがチラホラあったのでチェック

※3回目は2日間経過(このあと、途中3日休んでしまい遅れが生じる)

14.過去問平成24年4月・10月公表版(2回目)

※正解率は1問間違えるか間違えないか程度。1日で二つとも通し

15.実戦問題200・重要問題200(4回目)・過去問類(3回目)・法令科目のまとめ

※正解率は100%、1日で全てを通し(合計で480問をぶっ通しで解いたので、そのあとダウンしました)

※このとき大体は、4〜50問解く時間が15分程度とすごくスムーズでした。

※いただいた「法令科目のまとめ」でじっくり読み込み頭の中を整理してました。この日だけ勉強時間10時間

16.見直し

※「△」の箇所の見直しを再度行う(このとき「×」はすでになし)
※2日間経過、1日の勉強時間1時間程度

17.試験前日は準備のみ

※体の体調を整えたり、試験会場のチェックや受験票等の忘れ物がないか準備してました(インフルエンザが増えてきているじきでしたので用心のため)

※勉強はこの日はしてません。のんびりして落ち着いて過ごしてました。

18.試験当日(勉強はなし、ノートを軽く5〜10分ぐらいチェックした程度)

※試験会場到着後、余計な事を考えず頭を真っ白にしてましたが、不安感は拭えませんでした。

※燃料と燃焼で1問、関係法令で1問の合計2問で迷う箇所があった程度で、他はこれまでやってきた類似問題ばかりで悩むような問題ではなく、サービス問題だと思うようなものばかりだった。

よって、満点ではなかったかもしれませんが、少なくとも95%程度は確実に取れたと思います。(by isita)



2013年01月20日 一級ボイラー試験も「合格パック」でお世話になります

先週ボイラー技士2級の試験が行われ、本日合格発表でしたが、 おかげさまで無事に合格することができました。この「合格セット」のおかげです。

この調子で約1ヵ月後にあるボイラー技士1級試験にも挑戦しようと思い、再びこちらで是非お世話になります。


1.「合格セット」の勉強方法

下記のような流れで勉強しました。(長くてすいません・・・)
結果的には、4回ですね。過去問は3回です。

1.実戦問題200構造のテーマ1(1回目)

2.回答・解説や教本をみて理解できるまでチェック(教本にマーカーを引いたり、ノートに書き込んで覚えたり)

※間違ったところには問題の横に「×」、正解かどうかにかかわらず迷ったところには「△」、理解してるところには「○」を記入してわかりやすくしてました。(最初は「×」と「△」ばかりでした・・・)

3.構造のテーマ2(1回目)
4.2と同じ

5.構造のテーマ3(1回目) 以後繰り返し
     ↓
6.実戦問題200取扱いのテーマ1(1回目) 構造のやり方の繰り返し

7.実戦問題200燃料と燃焼、関係法令(1回目) 繰り返し

8.重要問題200構造→取扱い→燃料と燃焼→関係法令(1回目) 繰り返し

※1回目の正解率は平均的に30%程度の知識力しかない程度でした。

※ここまでで、一日3〜4時間ぐらいで2週間経過したという感じです。休んだ日もありましたが、その分次の日に倍の時間やってました。(ノートに記録をつけてやってたので)

9.実戦問題200(2回目) 一通りすべて通し

10.重要問題200(2回目) 一通りすべて通し

※2回目の正解率は平均で80〜90%程度まで上昇しましたが、「×」と「△」がまだ残っていた重点的に勉強して再度理解を深めてました。(フリージングスペース・火炎検出器・運転操作手順・脱酸素剤などなど)

※2回目は、1回目の時より時間はかかってないので、1回目から5日間経過(1日の勉強時間は同じ)


2013年01月18日 1月8日受験 「合格セット」の繰り返しで合格

お陰様で無事合格することができました。(kazu)

正月を挟み10日間で「合格セット」を3回、過去問2回行いました。
短期間で不安だらけでしたが、ほぼ7割は正解できたと思います。


1.出題問題について

正直あまり覚えてないのですが、構造で火炎検出器の問題が出ました。
「合格セット」とほぼ同じでしたので安心して対応できました。

取扱・燃料・法規に関しては、「合格セット」の問題とほぼ同様でしたので、無難に解くことが出来ました。


2.今後の受験者の皆様へ

私の場合、最初は「標準問題集」を解いていました。
しかし、全く過去問と内容が合わないことに気付き、急遽ネットで検索して「合格セット」購入に至りました。

最初はこれだけで果たして合格できるのかと不安もありましたが、以前購入された方のコメント及び、管理人様のアドバイス通りに問題を解いてはテキストで調べるを繰り返してみました。

「重要問題200」・「実戦問題200」を2回繰り返したあと、過去問を解いてみたところ6割の正解率でした。

これで自信がつき、合計3回繰り返した後、過去問を解いたところ8割の正解率となり、安心して試験にのぞめました。

あのまま「標準問題集」を解いていてはおそらく不可だったと思います。

「合格セット」の繰り返しで9割正解を得られればまず問題無いと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

引き続き1級にチャレンジしたいと思いますので、
その際はまたお世話になります。



2013年01月01日 合格セットで一発合格

12月14日試験 一発合格することができました


合格セットの勉強方法

実戦問題200、重要問題200を繰り返し4回ほどやりました。その中で不得意な問題を絞り暗記するまでくりかえしました。


今後受験する方へのアドバイスです

まずは「合格セット」の問題を解きながら、わからない部分はボイラー教本を見ながら頭にいれていく方法がいいと思います。

自分は初めての受験ということもあり、本屋さんで数冊ボイラーに関する問題集を買ったり、ボイラー協会の発行する過去問題とか試験前の講習にも参加してお金も使いました。

その後ネットで二級ボイラー「合格セット」のことを知りました。

実際の試験ではほとんど「実戦問題200」、「重要問題200」と同じような問題が出題されました。

勉強時間をあまり取れない方には是非この「合格セット」がいいと思います。
(satoru)


2012年09月20日 9月10日試験、合格しました!

6月に「合格セット」をお願いしました。おかげさまで合格しました。ありがとうございました。アドバイス通りにやった御蔭で、9年越しの目標が一つクリアできました。

1.「重要問題200」、「実戦問題200」
  2ヶ月で各7回まわしました。



2.新傾向の問題など
  自動制御、固体燃焼の燃焼方式、一次空気と二次空気、ファンについて等(いずれも私の苦手分野です)


3.受験者の皆様へ

 ・満点を取る必要はない。合格基準(40問のうち各科目4点以上かつ合計24点以上(16問以下の不正解))とれば合格出来る。
 ・試験はサービス問題・普通レベル・難問(新傾向の問題)で構成されているが、サービス問題・普通問題で24問稼げばよい。

 *28問は正解できたと思い、解答用紙を提出しました。(hiroshi)


2012年08月05日 合格しました!すぐに1級を受験するつもりです

平成24年7月24日受験、合格通知書が届きました
おかげさまで昨日、合格通知書が届きました。ありがとうございました。すぐに1級を受験するつもりです。

1.「重要問題200」と「実戦問題200」は、いずれも90点位はとれるようにやりこみました。

 間違えたところは、何回も重点的にやり、確実に覚えました。
ただやはり、諸先輩方がおっしゃっていたように、「教本」が一番重要なので、何回も読む事をおすすめします。


2.私は平成24年7月24日に「東北安全衛生技術センター」で受験をしたのですが、今までと傾向が違うなーと感じた問題は・・・

@よく見る問題としては、対流伝熱×、放射伝熱○というのが多かったような気がしますが、
今回の問題は・・・  熱伝導× 熱伝達○

(1)伝熱作用は熱伝導、熱伝達、放射伝熱の三つに分けることができる。
(2)液体や気体が固体壁に接触して固体壁との間で、熱が移動する現象を熱伝導という。
(3)空間を隔てて相対している物体間に熱が移動する現象を放射伝熱という。
(4)固体壁を通して高温流体から低温流体へ熱が移動する現象を熱貫流又は熱通過という。
(5)熱貫流は一般に熱伝達及び熱伝導が総合されたものである。

Aあと、組み合わせ問題で間違っているもので、最後5番の問題が思い出せないのですが、

(1)主安全制御器  ー  安全スイッチ
(2)火炎検出器   ー  バイメタル
(3)水位検出器   ー  電極棒
(4)圧力調整器   ー  ベローズ
(5)         ?

という問題が出ました。参考になればよろしいのですが・・・(shigeru)


2012年06月22日 2回目の挑戦 合格です (具体的な取組)

最初に教本の内容をしっかり定着させる為に、「実践問題200」「重要問題200」を解きながら、教本の対応する箇所にアンダーラインを付けて読み込む作業を3回繰り返しました。

「実践問題200」「重要問題200」各々の解答解説には関連する項目や注意点、間違えやすい内容などを自分なりに書き加えていきました。

そうすることで解答解説がオリジナルのミニ教本になっていきました。

その後は教本や解答を見ないで解く作業を3回繰り返しました。90パーセント以上正解できるようになった時点で、過去に行なわれた試験問題で力試しをしました。

試験直前には「合格セット」に添付されていた最新情報と試験情報に相当する箇所の教本を再度復習した上で、本番に臨みました。

管理人様の教材に集中することが一番大切だと感じましたね。


2012年06月21日 2回目の挑戦 合格です

6月13日、2回目の挑戦となる2級ボイラー試験に臨みました。

前回は書店で見つけた参考書と問題集で準備した後、受験となりましたが、全く試験に対応できず不合格となってしまいました。

今回は管理人様の教材とアドバイスに従って、実戦・重要問題200と教本を平行して読み込み、基礎が身についてきた頃から問題のみに集中し、繰り返し取り組みました。

おかげさまで合格することができました。本当にありがとうございました。

管理人様の教材が秀逸だったことと、近年の試験情報が提供されたレジュメがとても役にたちました。

今思えば、最初から管理人様の教材から取り掛かれば良かったな、と思っているところです。

試験自体は終わりましたが、「合格セット」の教材は様々な書き込みや汚れでシワくちゃになってはいるものの、私にとっては宝物のように感じられ大切にとっております。

いつか1級にもチャレンジできたら、という思いもありますね。

管理人様、本当にありがとうございました。
管理人様が精魂こめて作られた教材のおかげです。
(長崎県 yuji)


2012年05月31日 5月18日の試験、余裕で合格できました

4月に二級ボイラー「合格セット」を購入しました。
5月18日の試験、おかげさまで、余裕で合格できました。
間を置かず1級にもチャレンジします。
よろしくお願いします。(kazu)

今後の受験者への参考になれば幸いです。

1.「重要問題200」「実戦問題200」は、3回位回したと思います。
 その他に、ネットで仕入れた公表過去問(H16〜)も3回程度回しました。
 加えて、「重要問題200」等をやりながら「教本」の出典箇所に当たるほか、数回読み込みました。

2.今回の出題についての感想。
 「重要問題200」「実戦問題200」だけでなく、H16〜の過去問を回していても、見たことのない枝問(用語も含めて)が結構あったと感じました。 覚えている範囲で、
1)教本p3下3〜2行目を正解枝とする問題(飽和蒸気の比エンタルピ)
2)酸露点と云う用語がある枝があった(低温腐食)
  ※燃焼ガス中の硫酸蒸気が伝熱面に凝縮しはじめる温度を酸露点という

 しかし、「重要問題200」「実戦問題200」等を回して、且つ、「教本」を読み込んでいれば、対処可能と思いました。
 「教本」の「あの当たりに書いてあったな」と思った問題が幾つかありました。

3.受験者へのアドバイス
 1)数年程度の過去問を回すだけでは不十分、できるだけ遡った方が無難。
 2)過去問、「重要問題200」「実戦問題200」等を回すことは当然として、「教本」を読み込むことが大切。
   そうすれば、新作問題にも何とか対処できると思います。



2012年04月27日 無事に合格です

本日4/20試験の発表があり、無事に合格できました!
講習を未受講のため、ボイラーのことは何も知りませんでした。

「重要問題200」「実戦問題200」のおかげです。
この問題集の計400問だけを3回繰り返しました。

ボイラーのことは受かってからもできると思うので。
問題と答えだけをほぼ暗記しました。

問題をひねられると、どうしょうもないですが、今回もそのままの出題でした。

とても良い問題だと思います。ありがとうございました。


2012年02月12日 無事に合格しました

二級ボイラー技士の試験は1月30日に受験し、無事に合格しました。

教えていただいたとおり、合格セットの設問を一つずつ学習していきました。
問題集は本当に良くできていると思います。


1.勉強方法

「重要問題 200」「実戦問題200」は、3回ずつ行いました。
まちがった場合は、どこが違っているのかを教本で調べて復習しました。


2.受験者へ一言

最初から問題に取り掛かって進めていくのがいいと思います。
一回目の問題は教本で正解を調べながら実施したため、時間がかかりました。
最初は、ほとんど正解取れませんが、二回目と繰り返していくと正解率が上がっていきます。
本当に良くできた問題集だと思います。


2011年12月23日 二級合格セットのおかげで、無事合格

二級合格セットのおかげで、12月の試験に無事合格することが出来ました。

試験までに「重要問題200」「実戦問題200」を6回転やり、間違いを教本で確認しながらおぼえて、95%の正解率まで達しました。


仕上げにこちらのサイトの合格判定テストを受け、初見で両方85%の正解率で本番にのぞみました。

ちなみに教本と一緒に買った標準問題集は、まったくやりませんでした。


構造と取り扱いが難易度が高かったです。
過去問でも見たことない問題が数問出ました。

逆に燃料と法令は、「重要問題200」「実戦問題200」をきっちりやれば満点近く取れます。


2011年10月02日 お陰様で自信を持って試験に挑みました

先月「二級ボイラー図書」を購入させていただきました。

9月6日の試験は、おかげさまで無事に合格することが出来ました。
本当に感謝しております

初めて目にすることが多いので、最初は勉強の仕方も分かりませんでした。

二級ボイラー図書を購入させていただいた後は、勉強方法のアドバイスをいただいたこともあり、全く迷いがなくなったため、勉強に集中することが出来、自信を持って試験に挑みました。

丁度1カ月の勉強期間でしたが、「重要問題200」、「実践問題200」は全て100点取れるほどになり、いただいた過去問と他の過去問題も解きましたが、応用が利くので100点もしくは100点近くの点数を必ず出すことが出来ました。


私の場合、必ず前日の復習をやってから次に進んでいくやり方でしたので、最後になるほど勉強時間が増えてしまいましたが、終わった時には完全に覚えることが出来ました。

あまりに早く覚えてしまったため、受験までの残り2週間は忘れないように実践問題、重要問題、過去問題を復習をする日々でした。

受験に受かるだけでなく100点を目指す場合にはペース配分も大事だと思いました。

今回の試験は難しかったとの声が私の周りでは多かったですが、決してそうは思いませんでした。

出来れば間を開けずに一級ボイラー技士の試験も受けたいのですが、実務の方が忙しくなって参りますので、来月以後に一級ボイラー図書を購入させていただく予定です。

今後とも宜しくお願い申し上げます。(mako)




2011年06月29日 関東の試験で合格しました

先般、「二級ボイラー合格パック」を購入し、6月13日の関東の試験で合格をいたしました。

HPでどなたかもレビューされていましたが、1.構造や2.取扱が難しい、
というか教本の細部まで確認を求められているので、総合的な理解をしていないと得点できないのだということが改めて分かりました。

其の他は、制御量と操作量の関連であったり、「乾き度1」の飽和蒸気、バーナの火炎の強さ、などの問題であったと記憶しております。

1.合格セットでの勉強
当方の場合は、講習からかなりの日数が空いていたのとあまり試験慣れていないため、購入から試験まで3か月を設定して、「実戦問題200」・「重要問題200」併せて5〜6回は廻したと思います。

各問題の選択肢を正誤を確認しながら精読し、疑問に感じたところを「教本」で確認する、といったところです。
3〜4回繰り替すと、試験問題の論点が把握できるようになり、その行間を教本による確認作業で埋めることにより知識が定着していったと思います。

2.今後の受験者へのアドバイス
「実戦問題200」・「重要問題200」で基本的な知識を習得したら、過去の公表問題をH18あたりから繰り返し解いていきます。
確かに、過去の公表問題から、選択肢や文章の細かい箇所を変えて、5〜6割は出題されていたように思います。
また、試験場で未見の問題がいくつか出題されると焦りが生じて緊張します(自分もそうでした)。が、確実に得点できる箇所を押さえられれば、合格圏内は十分狙えると思います。

1.「構造」2.「取扱」は、今回出題された内容から、教本の文章を一字一句ほぼ確実に理解・取得しないと、得点がとりにくくなるのではないか、と感じました。

「構造」では主にボイラーの自動制御に関する知識、
「取扱」ではボイラー各装置(送気・給水など)の操作手順の部分です。



2011年06月21日 無事、合格しました!

五井で6月13日に行われた試験結果が本日20日に発表になりました。
おかげさまで試験勉強した甲斐があり無事合格することができました。


試験内容
伝熱管に関する問題と鋳鉄製ボイラーのハートフォード法に関する問題が出ました。

総体的には
(3)燃料および燃焼に関する知識と(4)関係法令に関しては
「重要問題200」・「実戦問題200」に類似する過去問題に近い内容であったたため楽勝でしたが、

(1)ボイラーの構造に関する知識と(2)ボイラーの取り扱いに関する知識に関しては難問が多く、
過去問に近いものも少なく5割近くが目新しい問題で苦戦をしました。

(1)(2)が50%前後、(3)(4)が80%前後で(3)(4)の貯金でなんとか合格した感じがします。
特に法令はきっちり覚えた為、ひねり問題にもついていけました。

今後は(1)(2)がより細かいところを設問してきているので新しい対策が必要になる様な気がします。

申し込んだ「合格セット」は非常に参考になりました。
自分ひとりの参考書中心の勉強では合格は厳しかったと思います。




2011年06月01日 引き続き一級ボイラーを受験します

5月11日〜13日まで実技講習を受け、すぐ5月20日の二級ボイラ−の試験 に申込み、合格しました。
今、二級ボイラーの免許申請中で、震災の影響で時間がかかるそうです。
免許証が届き次第、一級ボイラーを受験する予定です。

二級ボイラーの勉強ですが、普通に皆さんが行う方法でやったと思います。
まず、「合格セット」の問題を眺めましたが、基本ができてませんので、全然わからなかったです。
それで、二級ボイラー教本の構造から順番に大事な所をすべて、マーキングをし、2週間程度大体頭に叩き込みました。

それから、「合格セット」の問題を解いていきましたが、1回目は70%程度でした。
間違いやすい所を再度チェックし、重要問題、実戦問題を繰り返し3回ほど勉強し、85〜95%までできるようになりました。

後は、少し、インターネットの過去問を少々勉強しましたが、
「合格セット」をがっちり勉強すれば、70〜80%はとれるでしょう。

私は4月15日頃「合格セット」を購入し、
ボイラーの実技講習を5月11日〜13日に申し込みましたが、
大体その頃に8割程度マスターしていたと思います。
6月に受験しようと思ってましたが、思い切ってすぐ5月の試験を受けてみました。

実技講習では、3割程度しか参考にならなかったと思いますが、圧力計のコック、水面計のコックなど、
起動について、給水弁など非常に参考になったのもあり、試験で迷わなかったです。

試験では、全然勉強しなかったシーケンス制御回路の電磁継電気など数問でましたが、
今回の試験で、私は、構造が一番出来が悪かったと思います。
自己採点で、完全にできたのは、6問ほどでした。

「合格セット」と合わせボイラー教本及び安全規則を照らし合わせて勉強すれば、合格すると思います。
(11/06/01 masa)


2011年02月18日 二級ボイラー試験に合格

1月26日試験

1.二級ボイラー試験合格しました!


1月26日の二級ボイラー試験に合格しましたのでお知らせします。
今回は二回目の試験ということで、購入した二級ボイラーの図書を中心に勉強してきました。
一回目の試験では最初の「構造」のみ不合格でしたので、この科目を重点にして勉強した結果、合格できました。

実際の試験でも「構造」の問題はちょっと分からない問題もあり不安でしたが、試験後に答え合わせをするとぎりぎりで合格かなというような感じでした。
送られてきた「免許試験結果合格通知書」には点数が記載されていないのですね。
(何点で合格したのか知りたかったのですが残念)

今考えると、二級ボイラーの図書がなければ合格は難しかったと思います。本当にありがとうございました。 (nao)


2.二級ボイラー技士試験結果

1月26日愛知会場合格でした
「実戦問題240」「重要問題240」と「マンガでわかる二級ボイラー」のみでの挑戦でしたが、90%以上の正解だったと思います。

ボイラーについて全くの素人でしたが教材の問題を[ひたすら解く]単純な勉強方法で難なく?合格。
平日30分の休日60分の1ヶ月間の準備期間でした。


管理人様の教材のおかげです。ありがとうございました 。(入門者)



2011年02月06日 1月26日の受験体験-4

6.これから受験される50代以上の方々へ

・超ド素人の私にも、合格することができました
・記憶力のないおやじが、技術系の方、若い方には勝てるわけありません
・自分たち一人で生きているわけではありません、色々なハプニングが途中あります
・試験1週間前にインフルエンザにかかりました、予防接種で最小の被害でしたが、、

・受験の動機はそれぞれですが、一つアドバイスは、健康最優先で、学習することです
・詰め込みはNGです、焦りもストレスになります、睡眠を十分にとりたいものです
・時間も記憶力もない方は、管理人様のプリントだけに専念すべきです
・標準問題集も、教本もいりませんよ、だって、余裕がないんですから、そもそも

・試験会場にはあきらかに70代の方もいらっしゃいました
・若い香水プンプンのお嬢様もいらっしゃいました、、
・私の職場は女性の職場で、講習会でも男性ばかりでしたので、ちょっと意外でした、、
・香水とか色気とかに動揺してはいけませんよ、、(笑)


色々綴りましたが、それはもう、正直、大変な2カ月間でしたが、勉強する習慣が身についたのが、最大の収穫でした。
管理人様の教材に巡り合わなければ学習すること自体が無理でしたし、ましてや、合格など論外でした。。
メールで叱咤激励をいただいたことも私にとっては、本当にありがたかったです、、
管理人様、本当に本当にありがとうございました!(hirosi)


2011年02月06日 1月26日の受験体験-3

3.自己採点の結果

・運が見方したのか、1問を除き、すべて学習した範囲から出題される
・3回見直し、1時間後に、試験会場を後にする

・帰宅して、間違ったのは、フロート式水位検出器の一日一回以上、ブロー行うの定番問題でした。
決め手となる選択肢に、
「水銀スイッチ閉の場合は電気抵抗が 無限大か抵抗ゼロか」という、常識のある方には、何の問題もない選択肢と、
「継電室のカバーを外し、べローズの破損による水漏れをチェックする」この選択肢に、大いに動揺され、非常識の私は間違いました。。
・採点結果が公表されていませんが、マークシートのミスがなければ、満点マイナス1問の結果でした。 
運が見方としか思えません。。


4.試験場で思いましたこと

・JR五井駅は遠かったです、バス20分、本当に何もないところですね
・試験会場までの旅費は、大変です、、
・JR五井駅から歩ける距離ではありません
・JR五井駅から寄り合いタクシーの勧誘がうるさいです

・試験会場の教室が広くて、黒板を見るのに眼鏡を換えてました
・プロジェクターが途中にありましたが、老眼のおやじには辛かったです
・一教室150名びっしりでした、、風邪がひどいです、皆さん
・マスクは必需品です、うつされないため用で
・売店が試験会場にあり、カップヌードルとかパンも現地で買えます


5.「重要問題240」「実戦問題240」のおかげです!!

・何の誇張もなく、一から十まで、管理人様のプリントのおかげです!!
・簡潔ながら、ポイント解説は、一番役に立ちました、、
・重要問題、実戦問題で、基礎をしっかり学習できたのがよかったです
・公表問題も12回分やって正解でした、解説がよかったです


2011年02月06日 1月26日の受験体験-2

2.勉強方法

講習会で疲れ果て、会社には嘘ついて欠勤した私は、帰宅して何気にWebで検索したところ、管理人様のページを発見ししました。
合格体験記を読みながら、ひょっとしたら、自分にはこういう実践形式のほうがあっているかも?と思い、すぐに注文しました。
試験も、こんな状態ながら、1月26日に申込みました。。

勉強をはじめる前に、自分のような非技術系、記憶力低下、老眼の進んだ人間が、どうしたら合格点の6割とれるか? これを丸一日かけて真剣に考えました。

・平日は30分、休日は4時間勉強する
・睡眠は十分とる
・6割合格をとることに専念する(←欲ばらない)
・教本、講習会テキスト類は使わない(←私には教本は無理でした)

・管理人様のプリントの解説をよく読む(←簡潔で、老眼の私にも一番役たちました)
・最初から気張らない
・最初の2週間は、プリントをぱらぱら読み、専門用語に慣れる
・次に答にはじめから○をつけ、それをすべて「音読」する
・次にやさしいもの、できないものにマーカーをつける

・全体を通して、問題に挑戦する、1回目は6割ほどの正答率
・3回ほど、この作業を繰り返す
・今度は、選択肢すべてに○、×をつける、それを「音読」する
・選択肢にすべて、難易度、理解度に応じ、マーカーで色分けする
・この作業を試験直前まで繰り返す、計5回転実施

・「実戦問題240」、「重要問題240」合計480問だけを見れば、全問正解までの正答率にする
・試験まで3週間前に、公表問題を12回分、購入し、ちょっと見てみる
・実戦、重要ができていれば、公表は8割以上、解答できると判断する
・ここの時点で、こんなおやじでも、理解度、安心度が急に開けてきた感じ
・公表問題は、最終的に5回転、選択肢も含め、実戦、重要ともに、合計960問実施
・全問正解できないと、振り出しに戻る方式で、緊張感持たせ、演習する

・試験直前1週間前には、公表問題1回分が15分で解答できるレベルとなる、
・試験5日前には、960問、この管理人様のプリントからそのまま出題されたら最低限とれるレベルになる
・普段神様を信じない私が神様に祈りをささげたのも、この5日前、、(汗)
・自信はないが、ここから出題してくれという思いで試験日を迎える


2011年02月06日 1月26日の受験体験-1

1.受験の動機 

40年前に英検2級を取得した、典型的な50代なかばの無資格おやじです。
平凡なサービス業に勤務し、夜勤、日勤の不規則な生活で、これまでそれでも生きてきました。

昨年11月、お客様が話したボイラーの話に何もついていけなかったことがきっかけで、数日後、会社には
3日間病欠を理由に欠勤し、講習会へ参加しました。

ところが、講習の内容にまったくついていけず、2日目には、腹痛をおこし、「まんがでわかるボイラー2級試験」を書店で慌てて買いました。

この「まんがでわかる」本も、内容は講習会レベルで、結局、最初のページで断念しました。
講習初日に焦って買った「標準問題集」も新品のまま最後まで開くことはありませんでした。。。

講習会で一番役に立ったのは、3日目の実技で、実際のボイラーを見れたことでした。(hirosi)



2011年01月26日 二級ボイラー、受験してきました

1月26日 二級ボイラー試験受験

本日(1/26)受験してきました。
恐らく、満点マイナス1問、合格だと思います。

「実戦問題240」「重要問題240」計480問、公表問題12回計480問。

合計960問を5回転させて、テキストなし、このプリントのみ。
選択肢まで960問、全問正解となるまでやりました。 この教材のおかげです!!


1問、 恐らく初めての問題がでました。
それは、フロート式水位検出器の一日一回以上、ブロー行うとかの定番問題ですが、

決め手となる選択肢に、
「水銀スイッチ閉の場合は電気抵抗が 無限大か抵抗ゼロか」の部分と、
「継電室のカバーを外し、べローズの破損による水漏れをチェックする」この2分が問題分でした。
常識のある方でしたら、電気抵抗を選んでいましたが、
非常識、ど素人の私は、書き直してしまいました、、、無念です。。。

私の部屋150席、若いお嬢さんが3,4名いらして、私の両隣に座り、香水ぷんぷんで、大変迷惑でした。恐らく学生さんですね。

2か月前、HPで偶然知った管理人様の教材でしたが、
これだけを信じて、毎日やってこられたことはとてもうれしいですし、大変感謝申し上げます。


試験は3回、見直してきましたので、どうみても、マイナス1問です。
あとは過去問の繰り返しでした。燃焼室熱負荷は、2年前にも出ていましたし、何も問題はありませんでした。
本当にド素人でもできましたね、、、



2011年01月22日 二級ボイラー 3回目の挑戦

三度目の正直

3回目でやっと二級ボイラー技士の試験去年の12月に合格しました。
やっと合格した者がアドバイスをするのはおこがましいですが、

1回目の失敗
講習で購入した標準問題集を解いて満足して試験に望んだのですが、
実際の試験内容は、全く違うので全く感でしか答えをマークシートにつけることしかできませんでした。
つまり全く頭に合格する戦略の覚え方をしてなかったのです。
因みに1回目の合格率は、63パーセントでした。

2回目の失敗
管理人様の二級ボイラー「合格セット」をネットで拝見し購入しました。
自分で過去の公表試験問題をまとめあげるのは、時間と印刷代を含めても、労を多くやる気が継続しないのは、わかっていたので非常に助かりました。
又このときの失敗も、問題をやりきって満足したことです。
因みに2回目の合格率は44パーセントでした。

不合格の通知には、各項目の点数が出ます。
「取り扱い」と「法令」は、各70点取れてたのですが、「構造」は20点で前回比±0。
「燃料・燃焼」は、40点で前回比+10点で不得意な科目は伸び悩みました。
得意科目は30点も増えているのにです。


3回目  

この反省を生かして、得意科目は100点取れるよう過去問題を反復で納得できる迄繰り返し解きました。
不得意科目もなるべく40点から60点が最小限取れるよう、反復で過去問題を解きました。


どうしても頭に残らない暗記ものは、解答にラインマーカーを引いて記憶できるように試験に合格できる勉強をして望みました。
因みに3回目の合格率は、62パーセントです。
今は、ボイラーを取り扱う最低限の資格に合格してほっとしてます。


私のアドバイス

まず試験に失敗しても間を開けず続けて試験を受けることをこれからの受験者にお薦めします。

試験は、毎回同じ試験をアレンジして出しています。
管理人様の過去問題を反復して別ノートに回答して覚えれば、誰でもいつかは取れると信じています。
本当にお世話になり、ありがとうございました。



2010年11月18日 短期間のシビアな受験でした

11月9日受験の二級ボイラー技士に無事受かることできました!
今回ボイラーの構造部分が難しくちょっとだけ心配でしたが、受験番号が載っていてホッとしました。(ryu)

実技講習の日程が10/21〜23、本試験が11/9という大変シビアな受験でした。

私はこれまで「作業環境測定士」「衛生管理者」「潜水士」等安全衛生技術試験協会が行う試験には何度か受験しておりましたので、過去問を効率よく勉強すれば何とかなるだろうと考えておりました。

また、10月初に「建築物環境衛生管理技術者」を受験しており、ボイラー関連が試験範囲になっておりましたので、ボイラーの種類くらい頭にあったと思います。


1.勉強内容

「重要問題240」「実戦問題240」を科目ごとに2回ずつ行いました。
(例、重要問題:ボイラーの構造→実戦問題:ボイラーの構造)
その後、「法令科目のまとめ」を一通り勉強しました。
ここまででだいたい一週間くらいです。

その後は、ボイラー協会で買ってしまった「標準問題集」をやらないもったいないので、無理矢理一通り二日程かけて行いました。

その後は、念のため、公表過去問をH16〜H21の前後分を一通り行い、当日の午前中はH20とH21の過去問を軽く見直して挑みました。


2.試験問題

「液体や気体が固体壁に接触して、その間に熱の移動が行われることを熱伝道という。」
「○○を使用することによって、1次側の蒸気圧力及び蒸気流量にかかわらず2次側の蒸気圧力がほぼ一定に保たれる。」
 (○○は減圧弁でなかったことだけは確かです)

その他
「熱及び蒸気に関する問題」
「炉管の設置方法は溶接とねじ込み式が用いられる」
「ガセットステーはブリージングスペースに設置する」
「容積式流量計は流量が歯車の回転数の二乗に比例する」
という問題があったと思います。


3.受験者へのアドバイス

安全衛生技術試験協会のように類似問題が多く出題されるような試験では、やはり問題数をいかに多くこなすかということに尽きるのではないでしょうか。

今回活用させて頂いた「重要問題240」「実戦問題240」は類似問題が2〜4問続くので、一度やるだけでもかなり頭に残ると思います。

後は、公表過去問は3年分は一通りやっておいたほうがいいと思います。


2010年11月10日 素晴らしい教材にご縁

10月11日に実施された二級ボイラー試験無事合格できました!
実質40日間だけの勉強でしたが、お陰様で6回繰り返すだけで合格できました。

当初は「標準問題集」で勉強する予定でしたが、素晴らしい教材にご縁を頂き短期合格を果たせました。

出題は、
基本的には「重要問題240」「実戦問題240」の類題が40%以上だったと思います。
残りの問題もすべて勉強の一例1)〜8)でテキストに戻りながら理解を深めていれば正解できた問題ばかりだったと思います。

「標準問題集」だけで受験してたら短期合格は無理でしたね。二級ボイラー「合格セット」のお陰です。


1.出題について

@鏡板について問う問題
「球面殻、環状殻、円筒殻から構成されるのは皿形鏡板である。」
殻部から構成される鏡板があるのは覚えていたが、それが皿形鏡板だったのかどうか悩んだが、消去法で正解!

A制御量と操作量の組合せ問題(テキストp88・表1.4)
「標準問題集・構造・問112」の類似問題
制御量の項目は同じで操作量の項目が少し違っていた。

B空気比の関係式
「理論空気量をAo、実際空気量をA、空気比をuとすると、u=A/Aoいう関係が成り立つ。」

戴いた最新情報でテキストの関係式(A=uAo)をしっかり覚えていたので式が変形されていたが落ち着いて正解!


2.今後の受験者へのアドバイス

この「合格セット」で必ず合格できます。勉強の一例1)〜8)を信じて実行してみてください。

できれば4科目中2科目、総得点アップを狙える得意科目を作ってください。
私の場合はテキストのボリュームが少ない「燃料及び燃焼」と「法令」(『法令科目のまとめ』のお陰)でした。

時間に余裕があれば、直近の公表問題をもう少し多く、また得意科目の固めに「標準問題集」の該当科目をやっておけば完璧かと・・・
(hirosi)


2010年09月20日 最短期間で合格しました

8月31日に北海道で行われた試験を受験し、無事に合格することが出来ました。

国家試験を受験するのは20年ぶりだったのと、マークシート方式が不慣れだったので一寸緊張しました。

「合格セット」でコツコツと勉強したおかげで、自信を持って解答することが出来ました。
やはり8割方は過去問題から出題されていたと思います。

7月末に図書購入させていただいた時点で、ボイラーの知識は全く無かったのですが、8月上旬にボイラー講習受講し、月末試験で合格するのを目標としていましたので、

図書の過去問は、ほぼ100%回答できるように繰り返しました。

「2級ボイラー合格セット」を購入させてもらい最短で合格することが出来ました。ありがとうございました。

今後は、1級ボイラー技士にも挑戦してみようかと思っています。 (tadasi)


2010年09月16日 東北の出張試験に合格

ボイラーの問題を初めて見た時の絶望感。
「二級ボイラー合格セット」が届いた3月からの勉強の日々。
合格セットが無ければ見当違いの勉強をしてたはず。
合格セットは、膨大な過去問や標準問題から選ばれた問題がぎっしり詰まった優れた教材と確信しました。

まともに勉強してる人に申し訳ないという気もします
自分の感想では、合格セットと教本で充分合格できると思います。。


これから受験される皆さんも頑張って下さい。
( tooi)


2010年05月02日 合格セットで効率的な勉強

平成22年4月21日(水)千葉県五井で受験
本日合格通知が送付されました
 
ボイラ協会の試験標準問題集では、解答のみしか書いていないため、なぜ正解なのか間違いなのかが理解できません。

教本を読めば解るのでしょうが、時間がない場合はなかなか先に進めません。

やはり、管理人様が作成された、解説、教本のページまで記載してあるテキストを使って勉強をするのが、短時間で理解でき効率がよいと思います。

ホームページにも同様のアドバイスが記載されていたと思いますが、

テキストの正解に疑問がある場合は、教本を見て理解するようにしました。

・「漸開弁、急開弁」、「給水弁、逆止め弁」が出てくる問題では、
どちらがボイラーに近いのかが教本では説明文だけなので、配管図を書いて理解するようにしました。

・安全弁の問題は、節炭器、ボイラー本体、過熱器の3種類のうちでどの安全弁が先に動作するかとの問題が何パターンかありました。

これも、説明文だけでは理解しにくいので、1番目、2番目、最後に動作と、動作順序の図を書いて覚えました。

あとは、頂いた3種類のテキストを3〜4回解いて、理解できないだけを問題を抜粋してひとつのテキストにして、さらに3〜4回勉強しました。
(ワードで作成されたテキストなので、貼り付けでまとめました。)


正確な試験問題はお伝えできませんが、思い出して、テキストに類似問題がないかさがしました。

別添のワードのファイルにテキストをコピーさせていただき、出題内容を記載しましたので、参考にしていただければと思います。




2010年04月29日 2010年4月21日 合格体験記

北海道安全衛生技術センターで4月21日に行われた試験で、二級ボイラー技士試験に合格出来ました。
「2級ボイラー合格セット」にしぼって勉強しましたので参考まで。

試験内容
試験問題自体は8割楽勝で、あとの2割は多少迷いましたが、結局9割以上は正解だったと思います。
1時間は退席不可でしたので、ゆっくり全問解きました。
マークシートへの転記と、見直しをしても1時間30分ぐらいで退席しました。

試験まで
4月21日に試験を受けることを目標として、3月末に「2級ボイラー合格セット」を購入しました。
そして、受験資格を得るためにボイラ協会へ実技講習の申し込みもしました。
使用したのは、「2級ボイラー合格セット」、教本、わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則のみです。

まず教本をザッと読もうとしましたが、わからないのを読むのが苦痛で、はじめの20〜30ページで挫折しました。
そこで、1日1科目(60問)実戦問題を解きながら教本にマークしていきました。

その後実技講習に3日間通いましたので、ここで実物を見れたのはよかったと思います。
そして今度は、1日1科目(60問)重要問題を解きながら教本にマークしていきました。
教本は、通して読みませんでしたが、マークしながら読むことになりますので、結局1回以上読んだことになるのではないかと思います。

残り1週間となり、実戦問題、重要問題を解いてみましたが、結果は半分正解でした。
このとき不正解の部分をノートに書いて、書いたものは都度見るようにしました。

その後もう一度、実戦問題、重要問題を解くと9割正解できましたので、
公表問題21年4月、10月分をやってみると、こちらも9割正解できました。
この後もう1回転させましたので実戦問題、重要問題は4回はやりました。

時間もありませんでしたので、他の問題はやりませんでしたが、実戦問題、重要問題は基本部分ですので、
試験に合格するにはこれで十分かと思います。6割で合格ですので。

アドバイス
勉強を進めると「2級ボイラー合格セット」以外の問題も挑戦したくなりますが、
少なくとも「2級ボイラー合格セット」をこなすことにより合格することはできました。

時間のない方は、「2級ボイラー合格セット」にしぼって勉強するとよいと思います。(fop)


2010年02月07日 私の合格までの取り組み

先月12月15日に2級ボイラー合格セット図書を注文購入差せて頂き、1月27日に受験しました。

そして本日、見事『合格』しました。
この合格も『2級ボイラー合格セット図書』のおかげだと思います。ありがとうございました。

2級ボイラーに合格したので1級ボイラーに挑戦しますので、よろしくお願いします。


2級ボイラー合格に関して、合格までの取り組みと実際に「合格セット」から出た問題をご報告差せて頂きたいと思います。

合格までの取り組み
12月15日に2級ボイラー「合格セット」を入手してから約1ケ月、毎日、朝と夜各1時間程度合格セットを解きました。

最初は全く問題が解けなく自暴自棄になりましたが、1日各分野10問だけはこなして行こうと楽な気持ちに切り替えました。

2週間位経った辺りから徐々に5割位理解出来る様になりました。
試験前日までには実戦、重要問題を20回繰り返し問題を解き、9割出来るまで行きました。

実際の試験では実戦、重要問題から何問か出題されていました。
出題されなかった問題でも、合格セットは9割は理解出来ていたので対応することが出来ました。
本当に合格セットに感謝致します。

受験される方々へ
「合格セット」図書を信じて出来ない問題があっても飽きらめず毎日コツコツと時間をかけて真剣に問題を解いて行けば嬉しい結果となるはずです。
絶対に2級ボイラー技士免許が欲しいと思う気持ちを忘れないで下さい。(taka-埼玉)


「合格セット」図書から出題されたものは…

1.「実戦問題240」から
構造…問55
取り扱い…問18・30
燃焼…問34の(5)がファンと低圧気流霧式になっていた
法令…問42

2.「重要問題240」から
構造…問16
取り扱い…問6
法令…問17

3.平成21年4月増補の「最新情報」から
3…伝熱
14…蒸気トラップ
11…清缶剤の目的、りん酸ナトリウムと炭酸ナトリウムの使用目的

4.新規問題
教本P270の燃焼室負荷の数値が出ました。
油・ガスバーナー400〜1200に対して微紛炭バーナーは…と言う問題でした。


2009年12月24日 皆様へのご参考までに

本日(12/21)、2級ボイラーの合格発表があり合格していました。
11月から賞味3週間勉強しただけで合格はラッキーでした。
ちなみに私の勉強方法は 「マンガでわかる2級ボイラー試験」 と「二級ボイラー合格セット」のみです。

ボイラー技士教本と今回の問題集をやれば当然100%合格できます。
(当たり前ですので若い方はこれがベストです)
但し 小生のような50を過ぎた記憶力の衰えがある人にこのボイラー教本全暗記は無理であり酷です。

そこで、全くの素人は 「マンガボイラー」を丸々暗記して(これも出来ない人は試験はあきらめて下さい)下さい。 面白く書かれてありますが、要点が全て凝縮されています。 誰でも理解できます。

マンガ本と「二級ボイラー合格セット」を全て覚えて下さい。  
そして問題集の解答・解説部分はボイラー教本の該当ページがかかれてありますので、それは教本で必ず覚えてください。

要するに 中心は「マンガボイラー」+「合格セット」、副読本的に教本それとイメージで「ボイラー図鑑」も購入してください。これで完璧です 
 
「合格セット」には解答・解説と教本ページが書かれてありますが、大切なのは教本の解答部分だけではなく、その前後1〜2ページもついでに読まなければ駄目です。(例 解答が圧力噴霧式バーナであれば解答のバーナーだけではなく、全てのバーナーをついでに覚える)


そして、最後に完全に取れる章を作ってください。 私は「法令」 と 「燃料及び燃焼」 は完全を期しました。
理由は簡単です。 簡単に覚えられるからです。 
「ボイラーの構造」 と 「ボイラーの取扱い」 はページ数も多く大変です。

 
勉強方法は
初心者 全くの素人ですから最初は理解できなくてもいいので、 「マンガボイラー」を1週間で2-3回繰り返し読んで下さい。
これが意外と大変ですがこれが出来れば、次週から直に「合格セット」を開始してください。
 
早くて2週間 遅くても3週間で合格できます。
但し、毎日自分にノルマを課して必ず最低2時間 土曜日 日曜日は全てボイラーに費やしてください。

この方法でおこなえば1発で合格します。
是非、この問題集を信じて勉強してください。
非常に類似した問題が多く出されています。(seiji)


2009年10月21日 試験問題自体は楽勝でした

9月に行われた出張試験で、2級ボイラー技士試験に合格出来ました。
年齢的に中年の私でも1回で合格出来たのは、「2級ボイラー合格セット」のおかげです。
管理人様に感謝致します。有難う御座いました。

試験問題自体は楽勝でした。
時間にして試験開始から15分間少々で、全問解き終わりました。
残りの試験時間はマークシートへの転記と、見直しに費やしました。

試験内容
8割位は「2級ボイラー合格セット」からの、類似問題でした。
本当に良く製作された合格セットです。

私の勉強時間
出張試験でしたので試験までに、時間が有りましたので、結構勉強出来ました。
「2級ボイラー合格セット」の全問題を、丁度、20回転しました。
後は並行してインターネットから、H13〜20年度迄の公表問題を、引っ張り出して全て15回転位、解きました。
試験前日は休日でしたので、一日かけて全問題をやり、パーフェクトでした。ですから本番試験も楽勝でした。

「2級ボイラー合格セット」は、本当に「神がかり的な教材セット」だと思います。
私は「コレが有ったから合格出来た。」と、断言出来ます。
試験合格を目指す皆様方も、ぜひ勉強して合格して下さい。頑張って下さい!


2009年10月01日 合格しました!

8月29日に行われた山梨の出張試験で合格することが出来ました。

準備期間が1ヶ月半ほどしかなく、テキストを流し読みした後、合格パックの「実戦問題240」、「重要問題240」を各3回、過去問を2回解いたところで、試験日となってしまいました

ほとんどが問題集で目にした問題だったので、たぶん8割〜9割は正解だったと思います。

資格試験で合格するための最大のポイントは、質の高いよい教材を入手することだと思います。

その点、この実戦問題、重要問題はお世辞抜きで本当にすばらしい教材でした。(tougen)


2009年09月22日 結果連絡です-2

1.試験の感想

見慣れない問題というか、選択肢の中に見慣れない用語が多かったですね。私の勉強不足と言えばそれまでですが。

圧力計(ブルドン管)に関する選択肢で「ブルドン管とダイアフラムを組み合わせて〜」とか、
「教本」で探すには難しい選択肢が混ざっており、過去問しかやっていないと対応に苦慮するような感じでした。


2.受験者の皆様へ

ここで購入した「実戦問題240」・「重要問題240」や「公表問題」をやり、掲示板等で最新情報をチェックすればまず間違いないと思います。

特に時間をあまり取れない方にとって、「合格セット」は合格への最短の方法になるでしょう。

ろくな解説のある市販の問題集が皆無と言って良い状況ですので、ここのHPを知らなかったらと厳しかったと思います。

特にHP上の最新情報は試験にまんま出てたので思わずニヤニヤしました。

今日合格通知も郵送されてきました。本当にお世話になりました。(yasumasa)


2009年09月20日 結果連絡です-1

7月末に「合格セット」を購入し、9月7日に受けた二級ボイラー試験無事受かりました。

・今回の試験は最初の構造の問題(1〜10問目)が見慣れない問題ばかりで苦戦しましたが、他は直前に管理人様のHP等チェックしていたのでかなり助かりました。

・おそらく法令以外は8割、法令は9割はいけたと思います。問題は構造のとこだけでした・・・。

ボイラ協会が出してる問題集は短期でやるには使い難く、
「重要問題240」「実戦問題240」はワード形式でしたので加工も出来、使い勝手が良かったです。

・結局、授業の合間や休憩時間などに合計3回ぐらい通してやりました。

・試験当日は問題集の正答率の低いののまとめ&掲示板に書かれていたことを、簡単にまとめたものを試験直前まで見直して心をおちつけました。

・実際の試験では構造の10問を解いた所で、「おいおいこんなに難しいのか・・・」と青ざめましたが、
それ以降は特にひっかかることもなく、

13:30から始まった試験は3回見直しても14:30前には終わり、そのまま帰りました(ちょっと優越感・・・)。

おかげさまで、全体としてかなり勉強の時間を短縮できたと思います。(yasumasa)


2009年07月12日 引き続き、一級ボイラーを受験します

5月に「二級ボイラー合格セット」を購入し、7/1に受験、7/8無事に合格しました。


1.「重要問題240」「実戦問題240」の勉強

私は最初に目を通すときに、問題編の余白に答えその他を書き込みしました。
2回目以降も判断の理由になる事等書き込んでいきました。

それを繰り返し、1周目は1週間ほどかけて、
2周目以降は徐々に時間を短縮して,
合計6回ほど回しました。

技士教本は買っていなかったので、ボイラー図鑑やその他のテキストを随時参照していました。


2.今後の受験者の皆様へ

問題集を何回も見ているうちに答えを覚えてしまって、つい「流して」しまう感じになりがちになりますが、

スピードは増しても、1問ずつ大切に確信を持って解答できるようにするとよいと思います。

PCの前でやっているときは、たとえば数字だけまとめるエクセル表を作ったり、新鮮な気持ちで行える工夫もよいいと思います。(josyo)


2009年07月09日 二度目の正直

7月1日市原にて受験し、昨日HPで確認、おかげさまで合格することができました。


5月中旬に講習受講&合格セット購入&学習開始。
6月9日に受験一度目。

6月16日不合格、各教科40点を超えていたが、平均がなんと55%。1問どころかあと半問に泣いた。


再度勉強にとりかかる。(当たり前だが必死でやった。)

7月1日受験二度目意気揚々と試験会場に。
(しかしなにやら前回より難易度が上がったような。ありえん。自信喪失。また落ちた!?)

7月8日震える思いでHP確認。合格していた。
信じられず時間ごとに何度も確認というアホなことをしてしまった。

(あとで見たら自分の番号だけ消えてるような気がして)家族に呆れられる(笑)
だめだとあきらめていただけにこれは本当に嬉しかった。


■学習方法

@ボイラー協会出版の『二級ボイラー技士教本』を熟読
A『重要問題240』⇒5周
B『実戦問題240』⇒5周
C『過去問(H21.04)』&『(H20.10)』5周

私は特に構造と、燃焼が弱かったので重点的に勉強し
いずれも9割できるようになっていました。


■これから受験される方へ

『油断大敵!!一にも二にも理解が大事』

6月9日と7月1日の2級ボイラー試験は、私がバカなだけなのかもしれませんが、簡単とは言えない内容のものでした。

試験は回によって難易度や出題傾向が変わるとはきいていましたが、正直、合格の手応えが感じられず。
今後どうなるか分かりませんが、傾向としては難易度は下がっていません。

過去問をバッチリやっていても見慣れない設問だらけの試験に当たってしまう事も考えられます。
過去問二つあわせたような理解度を試すようなものも出ていました。

基本は問題を繰り返しやることなのですが、
教本もあわせて熟読し、管理人さまの言うところの
「深く掘り下げ」をして理解を深めることがなにより大事だと思います。

しかし、なんといっても合格セットの力は偉大です。
こちらのサイトを見つけていなかったら私は更に迷宮深く迷い込んでいたと思います。

私のような中年でも合格できました。本当にありがとうございました。
引き続き、2級の知識があるうちに1級を取ってしまおうと思っています。(by koba)


2009年06月19日 6月9日試験 合格しました。

6月9日二級ボイラー合格しました。
私の受験体験をご参考までに記します。

1.受験勉強について

テキスト(「重要問題240」「実戦問題240」)は、トータルで5回は繰り返しやったと思います。

2.出題について

ほとんどがテキストからの中から出題してましたが、1,2問は教本から出ていました。

3.受験者へのアドバイス

経験上、試験日によっても少しは試験問題は変わってくるとは思いますが、テキストを繰り返し勉強して理解をしておけば間いなく合格すると思います。

教本もある程度目を通しておいたほうが良いです。

時間に余裕があっても安心していると試験当日に記憶が忘れてしまいます。
試験日から逆算していかに当日までにコンディションを合わせられるかが重要です。

あとは、当日試験では何より落ち着いて問題を解いてください。

分からない問題は後回しで分かる問題を先にバンバン解いてください。
そうすれば自然とリラックスして落ち着いていけます。

試験まであんまり緊張しないで1問1問を確実に記憶して頑張ってください!!
(by sugi)


2009年06月05日 5月19日に受験、合格しました!

1.試験への取り組み

「重要問題240」と「実戦問題240」を5回ほど繰り返し行いました。

5回目になると問題を覚えてしまい問題を最後まで読まずに解いていたので、それはそれで問題があるのかも知れませんが・・

試験前日に公表問題の18年前半と19年後半を解いて380点と390点でしたので、前日は早めに切り上げ就寝しました。


2.新傾向問題?
ボイラーの構造だけが結構ひねった問題でした。
・ステーに関した問題
・減圧装置の問題
・給水内管の問題
が練習問題になかった。(忘れていただけかもしれませんが・・)


3.今後の受験者の皆様へ
「二級ボイラー合格セット」を購入した際の説明で、初めは「教本を見て問題を解いた方が良い」と書かれてありましたが、それに尽きます。

間違えた問題は教本を使って確実に理解する事が合格への早道かと思います。


2009年06月04日 5月19日試験,合格しました。

購入させて頂いた問題集で5月19日の試験に合格しました。

1.勉強方法

「重要問題240」と「実戦問題240」を5回ほど繰り返し行いました。

5回目になると問題を覚えてしまい、問題を最後まで読まずに解いていたので、
それはそれで問題があるのかも知れません。

2.新傾向問題?
ボイラーの構造だけが結構ひねった問題でした。

・ステーに関した問題と
・減圧装置の問題と
・給水内管の問題が
練習問題になかった。(忘れていただけかもしれませんが)。

3.今後の受験者へ
二級ボイラー「合格セット」を購入した際の説明で、
「初めは教本を見て問題を解いた方が良い」と書かれてあったと思いますが、それに尽きます。

さらに間違えた問題は、教本を使って確実に理解する事が合格への早道かと思います。(by oku)


2009年05月29日 二級ボイラー試験、合格致しました!

4月に「2級ボイラー試験 合格セット」を購入させていただきました。

本日、5月19日に実施いたしましたボイラー技士試験の結果が公表されました。結果ですが・・・合格致しました!

この合格には、多くの方のご協力、応援があったのですが、やはり決め手は「合格セット」でした。

試験勉強の取り組み方に迷っていた私にとって、こちらの教材は正に渡りに船でした。

他の方のご意見にもありましたように、
1問1問を教本で調べながら勉強して、
試験日までに、重要問題集を6回くらい、実戦問題集と過去問題を2回くらいやりました。

おかげさまで、試験日の前にWEBで公開問題を解いてみましたところ、およそ9割以上は正解でしたので意気揚揚と試験に臨むことが出来ました。

ただ、やはりそこは実戦。
なかなか解けない問題もいくつかございまして、試験終了時には、解けなかった問題が2問程、怪しい問題が6問くらいありました。

それでも、7〜8割は出来たと言い聞かせ、本日の合格発表を待ちました。

その7〜8割が、この問題集で網羅されていた問題でしたので、この教材の凄さが実感できました。

およそ一ヶ月間の受験準備でしたが、効率よく、またボイラーの知識もかなり吸収でき、大感謝の一言でございます! ありがとうございました!


2009年05月28日 「合格セット」だけで合格しました

5月19日に受験した二級ボイラーの試験の発表が、あり無事、合格しました。

二級ボイラー技士試験、今回初めての受験でしたが、「合格セット」だけを使って勉強しました。

4月28日,二級ボイラー技士合格セット購入。
その後2週間(1日5〜6時間平均)の勉強期間を経て、一発合格できました。(受験地域:中部)

教本を参考にした以外、他の教材は全く使わなかったです。
なので、この教材がなければ、当然合格することなど出来なかったです。

知識ゼロだった私にとって、この教材がすべてだったと思います。

そして、ボイラー技士資格の取得は念願だったので、合格できて本当に感激でした。

価格もリーズナブルですし、他の方にもおすすめ出来る教材だと思います。


2009年05月26日 5月19日試験合格しました。

4月28日,二級ボイラー技士合格セット購入。
その後2週間(1日5〜6時間平均)の勉強期間を経て一発合格できました。(受験地域:中部)

自己予想正解数
構造5〜6 取り扱い6〜7 燃焼4 法令9〜10
多分ギリギリの合格だったかもしれません。

燃焼がわからない問題続出であせりました。(練習はしたが自分のど忘れ、というのもありましたし、まったくなじみがなくお手上げな問題もありました)

とはいえ、法令は、ほぼ全問合格セットの範囲内で出題されていたと思いますし、もしかして自分にとってはラッキーな(?)試験内容だったかもしれません。

つい最近までは知識ゼロの私でした。
なので管理人の教材がなかったら何も始まらなかったし、合格もできなかったと思います。
管理人様、ありがとうございました。(by MA)


2009年04月28日 4月21日 中部センター 合格できました!

私の場合はあまり時間がとれませんでしたが、
管理人様の「実戦問題240」、「重要問題240」を繰り返し行いました。

わからない所はチエックして教本を見てノートに書きました。

勉強があまり出来ない日でも寝る前の30分〜1時間でもいいので、こつこつと教本を読み、繰り返した事です。
その後90%ぐらいできるようになりました。

試験は合格の自信はありましたが、取り扱いのアルカリ腐食と低温腐食に混同して間違えた所もありました。
1回で合格できました。 

この問題集は、本当に私にとってはなくてはならないものでした。

初めて挑戦される方も、この問題集を繰り返しておこなえば確実に力が身につきますし、早く合格したい方には最適です。(by ken)


2008年12月14日 二級ボイラー試験、合格しました!

勉強は順調に進み、「重要問題240」、「実戦問題240」をしっかり覚え、実力だめしに公表問題(H20前〜H18の5回分)を解いたら、いずれも90%以上の正解をとれるぐらいになりました。

本番の試験では、わからない問題はほとんどなく、90%以上はとれた実感です。
大部分が問題集の記述でカバーされているので消去法で対応できるし、しっかりとやれば合格点はまず間違いないです。

今回の短期間での合格には、この管理人様の問題集は絶対にはずせませんでした。
すばらしいものを、リーズナブルな価格で提供していただきありがとうございました。


1.私の勉強方法について

試験までの勉強(2週間)
(1)実戦問題240・・・3回
・まず教本を見ながら解きました(1周)
・次に何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(2周)
・次に何も見ずに解き、この段階で正解率90%になりました(3周)

(2)重要問題240・・・2回
・何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(1周目ですでに80%の正解率でした)
・もう一周させ、この段階で正解率90%になりました(2周)

(3)公表問題(H20前〜H18の5回分)・・・1回
・実力だめしに解いて、正解率がすべて90%以上でした

(4)最後に、自分の間違えた問題と知識の弱い部分を「マイプリント」にまとめ、しっかり覚えて試験にのぞみました(この作業がけっこう効いたと思います)


2.今後の受験生の皆様へ

合格のポイントは、
「実戦問題240」や「重要問題240」を使って、自分のよく間違える問題や知識の弱い部分を仕分けて、そこを重点的に覚えることです。

この2冊の問題集は本番の試験の記述を大部分カバーしているので、しっかりやっておけば、自信をもって解答することができ、合格点はまず間違いないです!(by takeshi-08/12/14)


2008年12月12日 二級ボイラー試験、合格しました!

先日、12月3日にボイラー二級の試験を受け、本日(12/12)合格通知がきたのでご連絡します。

おかげさまで、勉強は順調に進み、
「重要問題240」、「実戦問題240」をしっかり覚え、実力だめしに公表問題(H20前〜H18の5回分)を解いたら、いずれも90%以上の正解をとれるぐらいになりました。


本番の試験では、わからない問題はほとんどなく、90%以上はとれた実感です。

・油だきボイラーの手動による点火操作で、バーナが上下に配置されている場合は、上方のバーナから点火する→誤り

中には、上記のような問題もありましたが、大部分が問題集の記述でカバーされているので消去法で対応できるし、しっかりとやれば合格点はまず間違いないです。


今回の短期間での合格には、この管理人様の問題集は絶対にはずせませんでした。

すばらしいものを、リーズナブルな価格で提供していただきありがとうございました。


私の勉強方法について

1.試験までの勉強(2週間)

@実戦問題240・・・3回

・まず教本を見ながら解きました(1周)
・次に何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(2周)
・次に何も見ずに解き、この段階で正解率90%になりました(3周)

A重要問題240・・・2回

・何も見ずに解き、解答をしっかり読みました(1周目ですでに80%の正解率でした)
・もう一周させ、この段階で正解率90%になりました(2周)

B公表問題(H20前〜H18の5回分)・・・1回
・実力だめしに解いて、正解率がすべて90%以上でした

C最後に、自分の間違えた問題と知識の弱い部分を「マイプリント」にまとめ、しっかり覚えて試験にのぞみました(この作業がけっこう効いたと思います)


2.今後の受験生の皆様へ

合格のポイントは、

「実戦問題240」や「重要問題240」を使って、自分のよく間違える問題や知識の弱い部分を仕分けて、そこを重点的に覚えることです。

この2冊の問題集は本番の試験の記述を大部分カバーしているので、しっかりやっておけば、自信をもって解答することができ、合格点はまず間違いないです!(by takeshi)


2008年09月23日 二級ボイラー技士試験、合格しました!

おかげさまで二級ボイラー技士試験、合格しました。
(8月26日 関東センター)

1.「重要問題240」「実戦問題240」の勉強について

試験の一週間前までほとんど勉強しておらず、真剣にやり始めたのは、そこからでした。

とりあえず一日2科目ずつやる、と決めて、2日間で1周やりました。

問題を解いて、その該当箇所の教本を読むというやり方です。

正直、1日2科目はきつかったですが、3〜4時間かけたと思います。

そのあと、同じ方法で2日間でもう一周やりました。
さらにやろうとしたら、もうその時点で、ほとんどの問題が解けることに気付きました。
自分でも予想外で、驚いたことを覚えております。

その後は、理解が不足していると思われる部分の教本を読むぐらいで、あまり勉強してないです。(ホームページに載っていた最新の公表問題を一回やったぐらい)

試験前日は、1時間もやらなかったと記憶しています。本番の試験も30分で解き終わってしまいました。


2.新しい傾向の問題について

ボイラーのあと、すぐ消防設備士の勉強に取りかかり(9月20日が試験でした)、もうほとんどどんな問題がでたか覚えていないのですが、一問だけ。

“ボイラーの次の部分を変更しようとするとき、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要のあるものはどれか。”
という問題が出たと思います。

私の知る限りでは、必要の無いものはどれか、というパターンしか見たことが無かったので意外でした。

選択肢は、据付基礎・燃焼装置があったと思いますが、あと2つはもう忘れてしまいましたが煙管や水管といった定番のものではなかったと思います。

私は煙管・水管・ステー・管板ぐらいしか覚えてなかったので、ちょっとあわててしまいました。

お役に立てれば幸いです。
続けて一級に挑戦するので、よろしくお願いします。(by hide)


2008年08月25日 高校生ですが、合格に向け勉強します!

先日、「二級ボイラー合格セット」を購入し、

高校生でボイラーに関して全く無知の自分でも、無事に合格することが出来ました。

自分の勉強方法としては、

1ヶ月前ぐらいから毎日1時間程度勉強しました。

方法としては、「合格セット」に記載されていた

-------------------------------------------------
1)まず、テキストをザッと読む。(少しずつ)
2)「実戦問題240」を使い、読んだ箇所について教本を見ながらやってみる。
3)これを繰り返す。
4)「重要問題240」も同様にやる。
5)「実戦問題240」「重要問題240」を何も見ずにもう一度やる。
6)全科目とも 90点以上になるまで、繰り返しやる。(3〜4回はやっているようです)
7)「公表問題」を研究し、間違った問題は教本(テキスト)で調べる。  
-------------------------------------------------

↑の方法でやりました。

最初は全く合格できないと思ってましたが、
この教材をやっていただけで合格までたどり着けました。

すばらしい教材ありがとうございました。(by fikk)


2008年08月08日 二級ボイラー試験、勉強方法とアドバイス

私の体験談としてお伝えさせていただきます。

数ヶ月前、二級合格パックをお送りいただき、ありがとうございました。
7月18日に京都での出張試験を受験、合格しました。

問題の詳細は忘れてしまいましたが、すべて「重要問題240」・「実戦問題240」そのままか、多少アレンジしている程度でした。

90点になるまで繰り返し勉強すれば絶対合格します。
46歳の私が受かったのですからまちがいありません。

なお、受験者は200名弱、退出の際は受験票に書き込みがしていないか、チェックされました。


1.二級ボイラーの勉強方法

教本を熟読することも大事ですが、やはり、

「重要問題240」、「実戦問題240」を徹底的にこなし、
何が問われているのか、自分で把握することが大事だと思います。
問題を見たら反射的に答えが出せるまで、繰り返し解いて下さい。

社会人の方は時間がとれないと思いますが、たとえばクリアファイルで一部分を持ち歩くなどして細切れの時間を有効に活用してください。

朝または昼休みに30分程度でも毎日解くと必ず実力はついてきます。まず3日、続いて3週間、さらに3か月(時間があれば)やってみてください。


2.受験者へのアドバイス

努力は必ず報われます。

○あと、げんをかついでもいいと思います。
私は1回不合格でしたので、あえて受験会場を変更しました。
 
○試験時間は3時間と長すぎるくらいです。最初の30分が勝負です。
わかる問題からどんどんマークしていってください。

○それから、会場へ着くのは早いにこしたことはありません。
私は試験開始1時間近く前に着きました。そうするとなんとなく落ち着いてきます。

○これ以外にも、だまされたと思って自分がいいと思うことは何でもやってみてください。
 
○それと、ボイラーだけでなく、他の資格を受験してもモチベーションを保つのにいいと思います。
私は現在、危険物取扱者全種類合格(これまでに2種類合格しました)と電験三種合格(非常に厳しいですが)を目指しています。

みなさまがたの参考になれば幸いです。(by syunn)


2008年08月05日 二級ボイラー試験、私の勉強方法をご紹介します

8月4日、千葉で受験をしてきました。

私の勉強方法を簡単にご紹介しておきます。(by tomo)


1.主力となってくるのは「重要問題240:実戦問題240」です。


一番初めに教本をパラパラと見ていきます。
(ここまでは憶えるのでは無く見ておく程度です)


2.重要問題240を解いてみる:1日1科目(60問位を解くだけ)
 
※当然ですが、正解率はボロボロです。これでもOK!
 
採点作業で私は教本に確かに書いてあるな・・程度の確認しかしておりません。


3.構造・取扱い・燃焼・法令を各1回行ったら2回目に突入 
 
2回目も間違った所が教本に書いてある事を目視で確認する程度。


4.3回目に突入、かなり回答や問題自体を憶えてしまうが何より自分の正解率が上がって行く事を楽しむ。

 採点時に教本を開く回数が減っていく


5.重要問題240と同様に実戦問題240を行う→3回


6.公表問題をやってみる。

ここで今までの問題と違う表現である事に気付くので、重要問題240と実戦問題240は基本的な内容を記憶させる程度でしか無い事を理解した。


7.この後にボイラー実技講習3日間を受講する。 

実に3日間は有意義であったと思われます。

講師の言っている事や内容が問題で馴染んでいた事ばかりだったので理解も十分に出来、かつ教本や図鑑もじっくり読む機会になりました。
 
講師の言っている「前回のテストに出ていたよ・・」などの内容も、「重要問題240・実戦問題240」に繰り返し出題されている事ばかりなので、自分の行っている問題を繰り返し解いていく事の有効性を感じました。


8.再び「重要問題240・実戦問題240及び公表問題」を1サイクル行う。
 
この段階で正解率90%位になっていました。


9.ボイラー協会の模擬テストを受験して腕試しをする。 

午前に本番同様のテストを行い、午後は解説の時間。
非売品のテキストをもらう。(学習のポイントと出題傾向)

模擬試験結果は400点中380点で受験者中トップでビックリしました。


10.模擬テストの3日後、千葉県にて試験本番を迎える。

 自信のある回答数は、
 構造:6 取扱い:7 燃焼:9 法令:9


2008年04月26日 二級ボイラー試験 無事一発合格

先日 4月3日のボイラー2級試験を受験し、無事一発合格することができました。
めちゃくちゃ嬉しいです。努力したかいがありました。


1.勉強方法


「重要問題240」、「実戦問題240」とも9割ほど理解できるまで繰り返し行いました。各問題集とも5回以上繰り返しおこないました。

法令に関しては、「法令のまとめ」を丸暗記できるくらいまで何度も見たり書いたりしました。
  
勉強期間は、3ヶ月です。一日最低2時間は行いました。
  
1週間のうち全く勉強しない日を一日設けてそれ以外は勉強しました。
  
週末は一日8時間ほど勉強しました。2時間勉強して30分休憩(トイレや肩を回したり体操したりなど)を繰り返し行いました。


2.アドバイス

構造に関する試験では過去問に無い新しい問題が多く、非常にあせりました。

「重要問題240」、「実戦問題240」に関する事柄を「2級ボイラー技士教本」できちんと確認理解していたら大丈夫だと思います。

法令の問題は、ほぼ過去問から出題されていました。
 
一人で受験勉強をするのは不安なことがいっぱいだと思いますが、
合格したことをイメージして頑張ってください。(by hiroaki)



2008年04月12日 二級ボイラー試験合格しておりました

4月3日に恵庭で試験を受けてきました。

勉強の期間が短くて不安でしたが、譲っていただいた問題集のおかげで、非常に効率よく学習できました。


1.勉強方法

@「重要問題240」
A「実戦問題240」 

両方の問題集を5回ほど。さらに平成16年度から19年度の過去出題問題を5回ほど。
          
参考書はオーム社出版「合格一直線!二級ボイラー試験」。

学習時間は1日平均3時間位です。


2.受験者へのアドバイス

「重要問題 240」と「実戦問題 240」を繰り返し実施して、
正解率が9割以上になれば合格圏内だと思います。


それほど、洗練された素晴らしい問題集です。

単に答えの暗記では無く、頭の中でボイラーのしくみや構造をイメージしながら問題を解くと覚えやすいと思います。

但し問題集に良く出てくる記号・単位・数値は全て暗記しました。

私の場合、参考書が少々古かったので、出来るだけ最新のものを使用した方がよろしいかと思います。

皆様の今後のご参考になれば幸いです。(by satoru)


2008年04月11日 4月3日の試験無事に一発合格

20数年前の高校時代にとりあえず講習だけ受けていました。

今年の2月末に上司より試験を受けろとの指示があり本屋さんの本で勉強を始めましたが、内容、説明などに不満があり、お世話になった次第です。

「重要問題240」、「実戦問題240」を繰り返しやることで徐々に理解出来ました。

20数年前の講習など受けていないのに等しい状態で、1ヶ月の短期間で一発合格出来たのは、やはり重要問題、実戦問題に巡りあえたからだと思います。大変お世話になりました。

もし一級を受けるようなことがあれば又、お世話になりたいと思います。


1.勉強方法

「重要問題240」を1回やりその後答え合わせして間違った、悩んだところをもう一度調べ直し再度行う。この繰り返しで3〜4回程度やりました。

「実戦問題240」も同様です。

「法令科目のまとめ」ですが実戦問題;重要問題を繰り返している内にほとんど覚えていますので、試験三日前に確認程度で使用しました。


2.アドバイス

試験会場に行ってビックリしましたが、会場に入ってからもほとんどの人がテキストを読んでいて、異様な雰囲気がありました。雰囲気に巻き込まれないようにマイペースでリラックスした方が良いのでは、と思います。

「重要問題240」、「実戦問題240」をやっていれば試験問題は十分に出来るので、自信を持って受験すれば良いと思います。

10問の内4問間違っても合格できる
ので、気持ちに余裕を待ってやれば良いと思います。(by tanaka)


2008年01月31日 二級ボイラー試験結果報告です

近畿安全衛生技術センターにて1月16日に受験を致しました結果、無事合格することが出来ました。

実質、働きながらの4日間しか勉強できませんでしたが、分けて頂いた問題集のみを集中して解いたせいか、試験も1時間で退出でき、とても助かりました。


1.問題集の利用について
・1/11〜1/15 までの正味4日間の勉強期間でした。
・1/16 試験当日(電車の中で公表問題に目を通す)

○総括しますと、重要問題は約2回半、実戦問題は2回通して学習したことになります。

学習の最後の方は、解答を導き出すのもスムースになり、試験問題が記憶に定着するのが、実感できました。ちょっとギリギリでしたが・・・


○重要問題および実戦問題を初回に実践したときには、正解率は1割にも満たず、どうなってしまうのかと思いました。

そこで焦らず、解らなかった問題は、教本を丁寧に読みながら理解することを心がけました。(実際この時が、一番しんどかったです。)
  
反復学習をすることによって、問題と解答を記憶に定着させるのと、苦手問題を発見し、それを集中して繰り返すことによって、最終的には9割の正解率をもって試験に挑みました。


2.今後のアドバイス

@解らない問題は、必ず教本を読み理解する。
(できれば集中力の発揮できる状態時に)

A問題集の前後に、同類および類似問題が並んでいても手を抜かない。

B繰返し問題を実践することにより、本番でストレートに解答を導き出せなくても消去法で、解答が浮かび上がる。

C本番では「6割出来れば合格」と思う。(完璧を目指さない???)

D「実戦問題240」・「重要問題240」は9割出来きるように!  
  

皆さんもおっしゃる通り、
「実戦問題240」・「重要問題240」の9割をこなせるようになれば、必ず合格する と思います。

市販の問題集等も立ち読みしましたが、問題数の絶対量が違いますので・・(by hira)


2007年11月23日 「合格セット」で一発合格しました

今年の7月に二級をとりまして、「教本」もなしで、
問題集(一級ボイラー試験「合格セット」)だけで一発合格することができました。ありがとうございました。
今回は燃料及び燃焼の問題がかなり難しくて心配しましたが、他は余裕でできました。

試験まで2ヶ月の期間がありましたので、最初の3週間は「精選問題200」を集中してやりました。
二級試験の直後でありましたが、最初は40〜50%の正解しかなく、最後にはアドバイスにあったように90%正解できるようになりました。

次いで「精選問題168」をやりましたが、60%位の正解率でした。これも90%は理解できるようになったのが残り一ヶ月をきっていました。
その後H19年の2回分の公表試験問題をやり80%位の正解率でした。

その後も上記の問題集を繰り返し実施し、「精選問題」「公表試験問題」とも95%以上正解できるようにしました。
「計算問題の完全攻略」は10日位前に完全に攻略しました。
「法令科目のまとめ」は、直前にポイントとなる数値と届出関係のまとめを覚えました。
これはうまくまとめられていて大変参考になりました。

今回の試験には計算問題が少なかったのが残念でしたが、「教本」を見てないので難しい計算がでても困りますが…。
後はネットで拾えたH15年以降の公表問題を一通り目を通しました。(答えがないので参考に見た程度ですが)

管理人様の「合格セット」を完全にマスターすれば大丈夫だと思いました。
それと今回の燃料・燃焼のようにひねった問題もあるので、直前の協会が出している公表問題をマスターしていれば、
より完全かと思いました。


2007年10月19日 二級ボイラー 「これから受験される方へ」

私は随分遠回りな道を辿りました。
最初3日間の講習会に出て、二級ボイラー技士教本から自分のノートを作り(これで数ヶ月要した)

その後は会社で提携している通信教育を受けたのですが、今から思えばこれがひどかった!
テキストも模擬問題も大変レベルが高く、まるで文系のおばさんには読んでいても全く判らない状態でした。

ギブアップしかけた時に「こちらの問題集」を知り、ようやく光明が見え今日受験できた次第です。
特に法令に関しては、管理人様の纏めていたのが一番判り易く感じました。

勉強方法については他の皆様と大差ないですが、やはり「どこを間違えたか」の復習は大事です。


以下自分で効果あった方法は・・・

@引っ掛けワードを欄外に記入
(例:蒸気トラップで「ドレン」の横に「×懸濁物、きょう雑物」と書く)

A自分で判り易く一覧表を作る
(例:火炎検出器、制御量と操作量、バーナの種類など)

B問題を何回もやると、決まって間違える所あるのでその統計を取り、試験直前はそれをA4一枚程度に纏め書きする。
(私は試験会場向かう途中それだけに目を通しました)

C受験生の様ですがゴロ合わせ
(例:検査と諸届の申請先で使用検査は都道府県労働局長、所轄〜労働局長は「製・溶・構・免」と覚える。後は自動的に所轄〜署長となる訳で。)

Dここの掲示板を読む(笑)
改めて読み返すと、結構同じ問題があちこちで出ている! ちゃんと読んでいたら、もう少し点数上がったかも。

とりあえず、受験はひと段落しましたがビッチリ書き込んだノートは私の宝物です。


2007年06月20日 2級ボイラー技士試験に無事合格 !

管理人様の問題集のおかげで6/12の2級ボイラー技士試験に無事合格できました。ありがとうございます。

引き続き1級の勉強を開始したいと思いますので、問題集を注文させて頂きます。

1.問題集での勉強方法
・「重要問題240」
・「実戦問題240」
・「実戦問題160」
・「法令科目のまとめ」

問題集は各5回程回しました。問題集を解いて、間違った所や不明な点は教本で何回も確認し、理解に努めました。

3回目位から、だいぶ理解が深まった気がします。

ボイラ協会の標準問題集も実は購入していたのですが、全く使用していません。
標準問題集を注文してしまった後でこのサイトを知ったのでもうちょっと前に調べておけばよかったと後悔しています。


2.受験者へのアドバイス

今回(6/12)の試験は「1:構造」の分野で全く見たことのない問題が4〜5問有り、非常にあせりました。多分、6割とれていなかったと思います。他の3分野は各8割程正解できていたと思います。

今後受験する人へのアドバイスですが、
とにかく「この問題集を9割」は正解できる様何回も繰り返すことで、十分合格圏内に到達出来ると思います。


2007年06月17日 重要問題をやっていれば合格できます

TA氏(兵庫県)から「二級ボイラー合格体験記」を頂きました。

2級に関しては管理人様からの問題(2級フルセット)と教本だけを使用して、合計30時間ほどの勉強で合格できました。ありがとうございました。


 【私の勉強方法】
(勉強時間の総合計:1880分=約30時間)

第1ステップ
@2級ボイラー「技士教本」を意味がわからなくても読み進め、全体を把握しました。 (計455分)
  
読み進めただけですので理解は20%もできていませんが、全体を一通り見たことにより精神的に余裕ができました。

第2ステップ
@「重要問題240」をやりました。、
間違った所や確認しておきたいと思ったところを教本と「法令科目まとめ」で確認しながら進めました。(計380分)

A「実戦問題160」を同様にやりました。(計230分)
B「実戦問題200」を同様にやりました。(計280分)

第3ステップ
頂いた公表問題を本番のつもりでやりました。(5月22日/試験前日)

@「公表問題H17-4」 (36/40=90点)(問題20分、解説35分)
A「公表問題H17-10」(32/40=80点)(問題25分、解説45分)
B「公表問題H18-4」 (33/40=82点)(問題25分、解説40分)

第4ステップ
@「重要問題240」の復習(計120分) 
 復習=答えを1回目で書き込んでいるので、○の文を確認し、×の文はなぜ誤りなのかの確認をした。

A「実戦問題160」の復習(75分)
B「実戦問題200」の復習(110分)
C公表問題H17-10の復習 (20分)
D公表問題H18-4 の復習 (20分)

第5ステップ
@試験場では、試験直前まで重要問題の間違った問題だけを集中的に復習しました。


【受験後の感想】
☆受験後の感想は、重要問題をやっていれば合格できると思いました。

重要問題等で見たことのない問題が5問ほどありましたが、見覚えのある問題だけしっかりやれば合格点は余裕で取れます。

教本の丸覚えや他の問題集に手を広げないで重要問題に絞ってるほうが効率的だと思います。

☆教本や問題集を何分でできたかをメモ用紙に記録しておき、再度やるときに1回目よりも短時間でできるように集中して取り組むと効率的です。

試験が間近になり、残された時間で何ができるかを考えた時に、今まで勉強した記録を残していると役立ちます。

管理人さんありがとうございました。 1級でまたお世話になります。


2007年05月29日 二級ボイラー 無事合格しました!

本日インターネットでの合格発表があり無事合格しました。
やはり、管理人さんの問題集のおかげです。ありがとうございました。

@私の場合試験まで一ヶ月ありましたので、

問題集は、みなさんの教え通り毎日1時間から2時間ぐらい勉強しました。日曜日など時間がある時は長く勉強しました。

問題集は合計5回
くらいしました。


Aみなさんにアドバイスするとしたら

「法令科目」で他の科目(ボイラーの構造、取り扱い、燃料及び燃焼)をカバーした感じです。

法令は法律なのでひっかけ問題は作りにくい感じがしたからです(数字や決まり事を覚える)。

当日の試験は問題集と同じ問題も出ましたが、問題集を少しひねった問題も出ました。

ひねり問題に対応するために必ず深く掘り下げた後で、ボイラー技士教本を隅までをじっくり読むと内容の理解が深まると思います。

管理人さんは本当に親切で丁寧にわからないことも教えてくださります。感謝です! また一級の試験の時にはよろしくお願いします。


2007年03月16日 二級ボイラー/一発合格することができました!

無事、一発合格することができました。

○勉強方法

期間が10日程度しかなかったため、『購入した図書のみ』をひたすらやりました。

「重要問題240(以下重)」1章→2章→1章、2章→3章→1章、2章、3章→4章→1章、2章、3章、4章と、

「実戦問題240」も同じように『とにかく繰り返し』やりました。


○受験した感想

「重要問題240」「実戦問題240」解説付 を正解率100%の状態で、

@実際に出題された問題は(ここからは私的です)3割程度で5割が問題が一緒で、
A回答の選択肢5つのうち3つが同じで残り2つが見たこともない言葉・説明文で、この2つのうちから正解を選ぶかたちでした。
Bそして残りの2割が問題、回答ともに見たこともない言葉・説明文でした。

初めて受験したので比べることは出来ませんが、私的にはすごく難しく感じました。受験後は、「今回はダメだなぁ」とおもうくらいでした(汗


○結果としては合格できたのですが、気持ちよく受験後を迎えたいのであれば「教本」も購入し、勉強したほうがいいのかなと思いました。


2007年01月27日 二級ボイラー技士試験の報告

おかげさまで、二級ボイラ−技士試験の合格通知書が、本日送られてきました。

試験問題ですが、50%は実戦問題と同じものが出題されていて、20〜30%が内容を変えた問題で、残りがひねくれた問題だった様な気がします。


【1】出題された問題

1)ボイラーの構造

1.温度について間違っているもの。

2.温水ボイラ-の使用配管を選ばせる。(  )と(  ):教本P79

3.オンオフ動作、ハイ・ロ−オフ動作、比例動作、積分動作の説明で間違っているもの。:P91〜94

2)ボイラーの取扱い

1.空気量が多い場合は、炎は(  )(  )を呈し炉内は明るい。:P148

2.工業分析についての説明。P227

3.高発熱量と低発熱量について?P228

3)燃料と燃焼

1.特殊燃料で廃タイヤ、産廃キ物、都市じんかい、固形化燃料の発熱量の高い物の選択。P240,241

2.窒素酸化物(NOx)の発生抑制方法。P267

3.ばいじんの低減対策の説明。P267

4.油だきボイラ−の燃焼条件。P269

5.平衡通風の炉内圧は大気圧よりわずかに(  )調整するのが普通。:P277

4)関係法令

1.ボイラ−の伝熱面積に参入しないもの。(空気予熱器を選ばせる):第2条

2.ボイラ−取扱作業主任者が行うべき業務で定められてないもの。:第25条


【2】使用した二級ボイラ−図書
 
@「重要問題240」
A「実戦問題240」解説付
B「実戦問題160」 

C「法令科目のまとめ」
D二級ボイラー技士公表試験問題(H18.10)
E二級ボイラー技士公表試験問題(H18.04)
F二級ボイラー技士公表試験問題(H17.10)


【3】勉強の仕方

全図書を5回ほど繰り返し取り組みました。(毎日1〜2時間ほど)

勉強方法は、まず「重要問題240」を「二級ボイラ−技士教本」及び「法令科目のまとめ」で照らし合わせながら理解出来るまで覚えた。

次に何も見ずに問題を解き、間違えた箇所は付箋紙で記しておき再度チャレンジし、出来るまでやった。

以下、同じ様に購入図書の問題も全数解きました。

最終の正解率は98%〜100%でした。


【4】受験者の皆様へ

「重要問題240」並び「実戦問題200」は非常に良い図書で、本試験にはとても役立つと思います。

受験者の皆様方も是非チャレンジして合格して下さい。管理人様はとても親切な方ですヨ!


2006年11月02日 問題集は「ボイラー教本」と照らし合わせて

E氏(秋田県)の二級ボイラー技士試験・合格体験記です。

今日、合格発表があり、合格しておりました。

試験は、非常に難しく感じました。なんだかこちらの予想していたものが見透かされているかのよう。

冷静に何度も何度も確認し、「自己採点で、もしかしたら合格できるかな」という感じでした。

でも、あの問題集のおかげもあり、心の余裕ができ、こうして合格することができました。ありがとうございました。

まさに、あの問題集は、強い味方になってくれました。

---------------------------------------
○二級ボイラー図書:8月1日
1.「重要問題240」
2.「実戦問題200」
3.「法令科目のまとめ」
4.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)  
5.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
○受 験 日:10月15日
---------------------------------------

1.私の勉強方法

・「重要問題240」
・「実戦問題200」
・「法令科目のまとめ」

この3点を、ほぼ、パーフェクトになるまでやりました。

問題集は「ボイラー教本」と照らし合わせて、間違った所は、確実に頭に叩き入れるように繰り返しやりました。

法令は、毎日、新聞を読む感じでリラックスして目を通していました。

2.受験者へのアドバイス

毎日、試験勉強時間を決めてやること。だらだら長くやらない。繰り返し問題集をこなすこと。

これだけでも自信がつきます。あとは暇な時や、時間に余裕のある場合、「教本」を読む。そうすれば自分の弱点の所もわかります。

まずは、カレンダーを見てスケジュールを組んでみてはどうでしょう。


2006年09月23日 『教材を信じて、繰り返し勉強すれば合格します』

この度、二級ボイラー技士試験に合格することが出来ました。色々、有難うございました。早速ですが、合格体験記を送信いたします。


【勉強のやり方】

1.「重要問題240」と「実戦問題200」を「構造」、「取り扱い」、「燃料及び燃焼」「法令」の4冊に分けて使用した。

2.オメガ出版の本をメインのテキストにして、少しずつ読んだ。ただし、法令だけは管理人様から購入した教材を使用した。

3.その後、該当する箇所を「重要問題240」と「実戦問題200」から探し出して解いてみた。

この時、簡単な問題や自信を持って正解を導きだせた問題は「赤で○」を付け、難しいと感じた問題や自信がなかったが正解を導きだせた問題は「青で○」を付けた。間違えた問題やまったく分からない難しい問題は「赤で×」を付けた。

4.「青で○」と「赤で×」を付けた問題を、教本やボイラー図鑑、実技テキストなどで調べて、メインのテキストに重要と思う所を書き込んだ。
(教本を全部読むのは労力がいると思ったので、私は参考書として利用した。)

5.日曜日は、ほとんど問題を解かずにメインのテキストと法令科目のまとめを何度も読み返した。

6.試験日の二週間前には一通り終わらせて、「青で○」と「赤で×」を付けた問題を集中的にやった。

7.試験日の一週間前に過去問をやった。正解率はすべて95%だった。

 

 【今回の試験の感想とアドバイス】

比較的簡単な問題だったと思う。管理人様から購入した教材で見たことのあるような問題ばかりだった。

まったく分からない問題は一問だけだった。それは、構造の水管ボイラーに関する問題だった。30分ほどで全部できてしまった。

私の場合、当初の計画では、本屋で購入した教材と先輩から貰った「標準問題集」だけで勉強するつもりだった。

ところが、それだけでは不合格になると思い、管理人様から教材を購入し、標準問題集の使用を中止した。

危険物の試験は、市販のテキスト・問題集だけで合格できたが、ボイラーは危険物と比べてマイナー?な資格なのか、本屋に行ってもほんの数冊しかなく、また、分かりやすい教材は少ないと思う。

市販の教材だけで合格するのは困難だと思った。管理人様から購入した教材を信じて、繰り返し勉強すれば合格すると思う。


2006年09月17日 二級ボイラー合格です、一級ボイラー問題集を購入します!

9月4日に一級ボイラー技士試験を受験し、見事に最短期間で合格したS氏(山形県)のスタートです。( 「掲示板」[95] 8月8日 の再掲)

S氏の「一級ボイラー技士合格体験記」掲載に併せて、「二級ボイラー技士合格体験記」を掲載しました。

【6月29日】
ヤフーTOPより 「二級ボイラー技士 過去問題」にてキーワード検索できました。

-------------------------------------------
○問題集購入日:6月29日
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」
 3.「実戦問題160」
 4.「法令科目のまとめ」
 5.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表)  
 6.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
○試験受験日:7月9日  
-------------------------------------------

1.二級ボイラー問題集の勉強期間について
  
10日間ぐらいです。(2日くらいサボりましたが)


2.問題集の勉強方法について

1日目、「重要問題240」の1,2章。
2日目、「重要問題240」の3,4章。
3日目、「実戦問題200」の1,2章。・・・・・・といった具合に、
1日2章ぐらいづつやっていきました。(1日2時間くらいです。)

最終的には公表問題も合わせて、購入問題集の全てを2周り位しました。
何回もやると苦手なところが解ってくるので、そこを復習します。

法令の得点が良かったため、実は「法令科目のまとめ」は、ほとんど使用していません。問題に取り上げられそうな所だけ、サラッと見た程度です。

最終的には、各科目で1〜3問くらいしか間違わないようになっていました。(正解率90%以上)


3.ホームページの利用について

公表問題を2種類やりました。2種類ともに1問間違いでした。(妙に悔しい・・・)


4.受験者へのアドバイスについて

上記の問題集を何回もやれば、ほぼ大丈夫です。

本番も、各章に2問くらい初見の問題がありましたが、その他はこれらの問題集の応用です。

問題集のみを100%理解しても試験で満点を取るのは無理でしょうが、十中八九合格はできると思います。
合格点を取れれば問題ないですからねぇ(^O^)


2006年09月16日 二級ボイラー受験体験、私の場合 こんな感じでした

T氏(仙台市)は、5週間の計画的な受験勉強を続け、所期の目的を達成しました。


おかげさまで8/28受験し、無事合格する事ができました。
管理人様のホームページをのぞくことが無ければ、この合格は 無かったと思います。
本当にありがとうございました!

----------------------------------------
【受験日】 8月28日

【購入図書】7月19日購入
「重要問題240」
「実戦問題200」
「法令科目のまとめ」
-----------------------------------------

1.勉強の進め方

管理人様から購入した問題集を1日1科目のペースで 進めました。

1日目:重要240の構造、
2日目:実戦200の構造
3日目:重要240の取り扱い・・・という具合です。

休みの日に2科目消化すると、約1週間で全ての問題を解くことができます。
これを1サイクルとして5週間続けてみました。

最初の1サイクルは弘文社の本を見ながら問題を解いて、時間は1日1時間半程度。

2サイクル目からは最後まで問題を解き、答え合わせの時だけ教本を見て確認。時間は1日1時間程度。

このペースで進めていくと5週目には9割方正解する様になりました。

「法令科目のまとめ」は、受験直前に暗記用として・・・。


2.受験しての感想

正直合格する自信はまったくありませんでした。 難しかったです。
・最初に確実に正解しそうな問題を解いたら約10問。
・次になんとなく見たことのある 自分の中で当る確立5割程度の問題を解いて約10問。
・後の半分は見たことの無い問題ばかりで、面食らいました。

東北安全衛生技術センターでしたが、合格率はかなり低かったようです。


3.これから受験する方へ

立派な事は言えませんが、とにかく
管理人さんの問題集を信じて繰り返し問題を解けば結果はついてくると思います。

あと、
・「制御量と操作量の組み合わせ」
・「ボイラー取扱い作業主任者の職務」
・「定期自主検査表の項目と点検事項」
・「法令科目のまとめ」に載っている数字の類は

暗記したほうがいいと思います。得点の上乗せが必ず期待できます。


4.今後の目標について

早速、時間を置かずに一級にチャレンジしようと思います。
9月8日に下記の図書2点を購入しました。受験予定は11月14日です。


2006年09月02日 二級ボイラー 私の受験体験をお伝えします

N氏(大阪府)は、受験講習から本試験まで1ヶ月という最短期間での合格でした。

おかげさまで二級ボイラーは7月に受験資格取得のための実技講習を受けた後、8月中旬に本試験を受験し、無事合格いたしました。

-----------------------------
○問題購入日:7月11日
  @「重要問題240」
  A「実戦問題200」
  B「実戦問題160」
  C法令科目のまとめ 

○試験日:8月17日
--------------------------------

お役にたてるかどうかわかりませんが、私の受験体験をお伝えします。

1.購入図書と実施回数

 @「重要問題240」 6回
 A「実戦問題200」 5回
 B「実戦問題160」 5回
 C法令科目のまとめ 
   法令の問題を解く時にチェックに使いました。

2.他に使用した教材

 ・オーム社の漫画でわかる2級ボイラー
 ・協会の教本
 ・安全規則集 を確認に使いました。


3.受験までのスケジュール

7月中旬に受験資格を得るための講習を受けたて、
すぐ8月中旬の試験に申し込みました。

◎約1ヶ月間の受験勉強に取りくみました。
まず最初、教本を読もうと思ったのですが、日にちもないので、オーム社の漫画の教本を一読した。

後は、ただひたすら、@〜Bの問題を繰り返し行いました。


4.試験の結果

法令のみ新傾向というか、うすら覚えをしてるところをつくような問題が多かったので、試験場で正解と確信できたのは5問程度でした。
他の科目は 80〜90% 前後得点できたと思います。


5.一級ボイラー試験対策

法令については、協会の法令(安全規則集)や法令科目のまとめを、問題演習同様に重視した方が良いかなと思います。


2006年08月20日 9割以上解ければホントに合格できる

T氏(札幌)から「二級ボイラー技士試験・合格体験記」を頂きました。

7月30日に行われた札幌での特別出張試験に合格することができました。

あの問題集のおかげです。
9割以上解ければホントに合格できる と思いました。
このたびはありがとうございました。

【購入した問題集】
-------------------------------------
○問題集購入日:6/14
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」
 3.「実戦問題160」
 4.二級ボイラー技士試験(平成18年04月公表
5.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)

○試験受験日:7/30
-------------------------------------


【勉強方法について】

問題集の繰り返し回数は、3つとも計3〜4回といったとこでしょうか。

1.一回目は参考書等で確認しながら解き、自分なりに簡単に解説を作りました。
2.二回目からは何も見ず
3.三回目で9割以上解けました。
4.後は自分が間違いやすいところを復習しました。


【今後の受験者に対してのアドバイス】

この問題集を良く理解し、9割以上解けるまでやることでしょうか。

○自分が試験のとき、
・この問題集そのままの問題が3〜4割、 
・似ててちょっとだけ変わった問題が3〜4割 
出題されていました。


2006年06月01日 この問題集をマスターすれば、確実に合格点がとれます

E氏(秋田県)から「合格メール」を頂きました。
-------------------------
○問題集購入日:3/24
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「重要問題240」
4.「法令科目のまとめ」
○試験受験日:5/23
-------------------------

本日、5月23日東北安全衛生技術センターで実施された二級ボイラー技士試験に、一発で合格することができました。

勉強を開始したのは4月下旬からでしたが、実質は10日間程度だったと思います。

私は「実戦問題200」を2回、「重要問題240」を1回やりました。「実戦問題160」は確認程度にとどめました。

テキストは日本ボイラ協会の教本と「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」を使用し、

@初回はテキストで一問ずつ調べながら、
A次回からは問題を解いてからテキストで確認する方法で勉強しました。
(二級ボイラー技士試験標準問題集も持っていましたが、全く使用しませんでした)

試験前日に、HPのテスト形式の二回分の公表問題をやり、両方合格点をとったので安心して試験を受けました。

この問題集をマスターすれば、満点とまでは行かなくても、確実に各科目で6問は取れると思います。

近いうちに一級にも挑戦しようと考えています。

非常に価値ある問題集を提供していただき、有難うございました。


2006年05月31日 あせらずにゆっくりと二級ボイラー試験合格

M氏(福岡県)の合格体験記から。
---------------------
○問題集購入日:4/13
 1.「重要問題240」
 2.「実戦問題200」

○試験受験日:5/23
---------------------

4割〜5割は確実に分かったのですが、残りが色々と問題がひねってあったりして2時間半位かり・・・・!

昨日までは、ドキドキ心配でしたが何とか合格ラインに引っかかり良かったです。 

今度は、1級に挑戦したいと思っています。


【合格体験記】

問題集を頂いたのは、4月13日。
@次の日より5月の連休前まで「重要問題240」・「実戦問題200」を一通り全部やりました。

解らないところ・違っていたところはテキストをみて、なぜ違っていたのかを確認しながら焦らずにゆっくりと半月かけて問題集を解いていきました。 正解率は、40%〜55% でした。

A次に、公表問題をH14 H15 H16 H17 前・後 H18前 を一通りやりました。正解率 60% 前後でした。

B再度「重要問題集240」・「実践問題集200」をやり 正解率 60%〜70%までアップしました。

C再度、公開問題集を・・・・。正解率70%前後でした。
 繰り返すごとに正解率が上っていきました。

D次に今まで、間違っていたところに印を付け、その問題だけを再度解き、正解率も80%近くなりました。

◎「やはり、あせらずに、解いていく事ですね!それと問題文をよく読むことです。 最低でも 3〜4回は読むべきですよ! 落とし穴があります。」


【私も今回の本試験では】

@まず分かるところを全部埋めてしまう。
A次に、分からない問題は2〜3回問題を読む。

Bあせらずにわかるところから解いていく。

C全部の回答が終わったら、最初からもう一度ゆっくりと全問題を読み直して、答えが間違っていないか確認する。

D最後に間違いなく正解している問題を数え、何問足らないかを確認し、分からなかった問題を再度問いてみる。
正解率60%に近づける様に・・・・!。

皆さんがんばりましょう!


2006年04月03日 問題集のお陰で合格!

二級ボイラー合格しました。
O氏(東京都)から「合格メール」を頂きました。

○問題集購入日:2/21
1.「実戦問題160」
2.「新重要問題」
3.二級ボイラー技士試験(平成17年10月公表)
4.二級ボイラー技士試験(平成17年04月公表)

○試験受験日:3/24

【当初】

確かに受け取りました。(喜)
試験の結果が迫っているのでとても落ち着かない状態です。
良い結果報告が出来ればいいのですが…。
とにかく頑張ってみます。有難うございました。


【合格メール】

こんばんは。
2月21日に貴方様から購入した問題集のお陰で合格する事が出来ました。

当初の試験予定は3月9日でしたが、購入直後、職場異動の関係で帰宅時間は毎日深夜0時過ぎ。試験勉強どころではなかった為、受験は3月24日に変更しました。

仕事が落ち着き、実際に試験勉強に集中できたのは3月18日からでした。

6日間、購入した問題集を繰返し勉強し、頭に叩き込んだお陰です。

本当に有難う御座いました。 まずは報告まで・・・


2006年04月02日 もっと早く、このHPに巡り合っていれば・・・・

二級ボイラー合格しました!
K氏(神奈川県)から「合格メール」を頂きました。

○問題集購入日:3/12
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「新重要問題」

○試験受験日:3/24

3/24 二級ボイラーを受験しました。
3/31 発表、合格していました。

3月12日にこちらの問題集3点を購入させていただき、繰り返し問題集を解きました。

私は、すでに職場で約2週間の講習を含めた勉強会で特訓を受け 1/30、2/21と恥ずかしいですが2回も落ちました。

心機一転、本問題集を購入して、全て3回はこれら問題を解き、疑問な個所や重要と思う所は教本で確認するという勉強方法を取りました。

良い問題集ですが協会も若干、言葉を変えたり惑わす問題を用意していましたし、同じ問題もありました。

問題集3点を繰り返し解き、併わせて教本で確認すれば必ず合格します。

これは一級、二級でも同じだと思いますが、合格と不合格のボーダーラインはやはり「理解度」だと思います。

問題集3点の最終の正解率は、80%位でした。

もっと早くこのHPに巡り合っていれば、もうすでに1級を取得していたと思います。

必ず「合格」すると言う「信念」と、最後まで諦めない強い意志を持って頑張って下さい。

一級ボイラー「実戦問題200」を購入し、引き続き一級ボイラーを受けます。よろしくお願いいたします。


2006年03月18日 二級ボイラー合格しました

なかさん(千葉県)からの「ボイラーのBBS」書き込み記事(3/16)です。

○問題集購入日:2/2
1.「実戦問題160」
2.「実戦問題200」
3.「新重要問題」
4.「法令科目のまとめ」

○試験受験日:3/09

3/9の二級ボイラーを受験しました。
本日3/16発表、合格していました。
2/2にこちらの問題集3点を購入させていただき、管理人様の勉強方法で繰り返し問題集を解いていきました。

当初は5月位の受験を考えていましたが、管理人様の集中的に勉強し3月に受験してみたらというアドバイス通り受験し、合格する事が出来ました。

掛け値無しに素晴らしい問題集です。
これを完全にマスターすれば必ず合格します。

試験は確実に6問ずつ正解すれば合格ですから、自信はありました。
試験の中には若干、言葉を変えたりして惑わせようとしたのもありますが、このような事は想定内です。
また教本を丸写ししたような問題もありましたが、これも無視です。
不確かな満点を狙うより、確実に60%の正解を目指した方が良いと思います。

一級ボイラー「実戦問題200」を購入して、引き続き一級ボイラーを受けようと思います。よろしくお願いいたします。


2006年03月11日 二級ボイラー試験3日前に問題集を購入!

 一月前から真剣に勉強を始めたのですが、ボイラー技士教本と本屋で購入した問題集では、試験日が近づくにつれ不安になっていました。

 試験まであと3日しかありませんが、精一杯がんばって合格したいと思います。


S氏(愛知県)からの「合格通知メール」です。

 一発合格しました。昨日(28日)、インターネットで合格発表があり、自分の受験番号があったのですがなかなか実感できず、今日合格通知書が届き やっと実感が沸きました。

  
【私の勉強方法について】

 まず自分の実力を知る為に、送付して頂いた資料を一通り解答を見ずにやってみました。(正解率50〜60%でした。)

 それから実践問題・新重要問題の全問題にボイラー技士教本で調べた正解の文章を、赤ペンで書き込みました。(正解番号も)

 解答の部分を手で隠しながら問題を解いて即座に自分の答えと解答を照合し、赤ペンで書いた正解文章を読むという作業を試験の直前まで何度もやっていました。

 私のやりたかった勉強方法は毎日、問題を解いて間違った問題に対する正解の文章をノート等に10回程度書いて覚えるという方法です。しかし、今回は時間もなく上記の方法でなんとか頑張りました。

 (毎日間違えた問題の正解文章を10回書いて覚える方法で私は、技能検定・危険物乙4・第一種衛生管理者試験で合格しています。声に出して読みながら書くとさらに効果大です。)

 それから小規模ボイラーの定義やボイラーから対象物までの距離などの数字はきっちり丸暗記しました。

 あと、試験中に気をつけた事は、「・・・間違っているものはどれか。」という問題では間違っているという文章ところに下線を引き、「・・・正しいものは次のうちどれか。」という問題では正しいものという文章のところに丸を書いて、問題を勘違いしないよう注意しました。

 一通り問題を解いてもすぐに退出せず、3回・4回と問題・回答を見直しました。
これで結構、自分の勘違いを見つける事ができます。私は昔、別の試験ですが、見直しをせずに何度か失敗しています。

 私の勉強方法はこんな感じです。どなたかの合格のための参考にしていただければ、幸いです。


2006年03月06日 最高のコストパフォーマンスを誇る最良の教材

W氏(香川県)からの「合格通知メール」です。

○問題集購入:2/06
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」

○試験日:2/21

2月21日受験の結果、無事合格できました。

仕事の都合もあり実質的な学習期間は、5日間ほどでした。 にもかかわらず、問題集のおかげで出題の癖というか、問題文の表現方法的?なものが把握できておりましたので、意外と冷静に試験に挑めました。

どなたかのご報告にもありましたが、まったく予想外の問題も何問かは、出題されておりました。しかしながら、これも想定内といえば想定内のこと。
トータルでは、まず大丈夫だろうとの思いで本日の葉書到着を待っておりました。

速報でわかってはおりましたが、合格通知を実際に手にした今日、喜びもひとしおです。
本当にありがとうございました。 先生の問題集は、最高のコストパフォーマンスを誇る最良の教材だと確信しております。
                   
【勉強方法について】

私の場合は、問題集をテキストそのものと捉え、1問づつ答えては、すぐに正解・不正解を確認してゆきました。
理由は、簡単です。試験形式で一通り回答し、後で採点する方法をとればショックを受けること間違いなし。戦意喪失にもつながりかねません。 そうなればせっかくの硬い決意も水の泡ですから(笑い)。
  
具体的には、問題を読んだ後キーワード(最高使用圧力とは 等)を赤ペンでチェックし、読み返す際の手助けとなるようにしました。
解答も同様に「誤っているものはどれか」との問いに対し誤っている字句を赤ペンで書き換えました。問題集は、もうぐちゃぐちゃです。
  
勉強時間としては、2回の土日、土日の4日間集中的にやりました。
ウイークデイは、勉強しているんだという思い込みを持つため、問題集(私にとってのテキスト)を気の向くままざっと読み返すようにしました。

もちろん本物のテキストとしては、ボイラー実技テキストを使いました。
  
以上が私の採った方法です。もし何かの参考になればこの上ない幸せです。


2006年03月03日 私の二級ボイラー技士試験対策

F氏(東京都)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集購入:12/28
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」
 3.「実戦問題U」

○試験日:2/21


【1.勉強方法】

私は今年に入ってから免許取得を決意し勉強し始めましたが、どのように勉強していいか悩んでいました。そんなとき、yahoo!オークションでこの問題集のことを知りました。

最初は「そんなに簡単な勉強法でいいのかな」と疑問に思っていました。
なぜなら私の今までの勉強法は教本の文章を手が疲れるくらいまでノートに書き写さないと頭に入らないと思っていたからです。
でも私の場合は単にノートに書き写して満足していただけだと今回、つくづく思いました。

今回は、ノートに書き写すのを止めました。

問題を解いて教本を読み返し、何度も間違えるところは線を引き、繰り返すことを心掛けて勉強しました。

【2.問題集のトライ回数と最終の正解率】

@実戦問題160    3回  全部で1問不正解(99%)
A実戦問題U    3回  全部で8問不正解(95%)
B新重要問題    3回  全部で2問不正解(99%) 
C二級試験 H17.04  1回  全問正解 (100%)
D二級試験 H17.10  1回  全部で4問不正解(90%)

○おかげで二級ボイラー試験に合格することができました。 本当にありがとうございました。

今度は、一級ボイラーに向けて頑張ろうと思っています。(一級ボイラー「実戦問題200」は購入済み)
また、宜しくお願い致します。


2006年02月28日 問題集をほぼ完璧にしておくことが大事!

D氏(三重県)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集の購入:12/11
1.実戦問題160
2.新重要問題

○試験日:1/30

二級ボイラー試験に合格いたしました。直ちに1級を受けようと考えております。
一級ボイラー「実戦問題200」を購入します。
また、ホームページ等でいろいろと見させてもらいたいと思います。

二級ボイラー試験の「私の勉強方法」をご紹介します。

1.勉強方法について
こつこつとやっただけですが、頂いた問題集をやれば合格点は間違いなく取れますね。

問題集は2回やりました。1回目はそんなに正解率は高くありませんでしたが、教科書で間違った理由を考え、2回目は正解率90%以上だったと思います。

2.見たことのない問題も出ました。
しかしあまり気にならないものです。だって60点を取れればいいので。1〜2問程度でした。

◎問題集をほぼ完璧にしておくことが大事だと思います。
全く見たことのない問題がでても「残りは完璧さ」って思えるのです。

特級まで行きたいのですが、特級は少し時間がかかるかもしれませんね。
今後ともいろいろとご指導のほど、よろしくお願いします。


2006年02月10日 今度は、一級ボイラー技士試験にチャレンジ!

S氏(山梨県)から「合格通知メール」を頂きました。

○問題集購入:11/20
 1.「実戦問題160」
 2.「新重要問題」
 3.「実戦問題U」

○試験日:1/30

問題集を購入後、約2ヶ月勉強し、1/30に受験しました。本日、センターHP発表に無事番号がありました。有難うございました。


【勉強方法について】

購入した問題集3種類を3回やりました。
3回目には科目とも満点もしくは、1〜2問の不正解ぐらいまでこなしました。
また、各問題集の重複する問題は、教本でしっかり勉強していきました。

合格のポイントは、やっぱりこの問題集の良さが1番でした。ただし、今回は多少のアレンジでなく、かなりひねった文書の長い問題が各教科4,5問あり、かなり厳しかったようです。


【出題傾向】

今回、これら問題集からは50%ぐらい出題されていたようです。ほとんど同じような類題がぜんたいの半分ぐらいありました。 
問題集をしっかりやり、問題集の答えを理解していれば、問題の5択の3つぐらい消去できるといった感じがしました。

今度は、一級ボイラー技士試験にチャレンジしたいと思いますので、一級ボイラー「実戦問題240」を購入希望します。よろしくお願いします。

私の山梨からセンターは遠すぎるので、夏にこちらの出張試験にて受験しようと思います。

貴方様の問題集に重ね重ねお世話になりました。有難うございます。


【追伸】

一級ボイラー「実戦問題200」を拝見しました

1月30日に出た構造の問題は、一級ボイラー「実戦問題200」問26、27、43と同じでした。他の科目も又目を通したらメールします。

それにしても一級の過去問と同類がでるとは、恐れ入りました。


2006年01月26日  「実践問題160」の質の良さの賜です

K氏(東京都)から嬉しいメールが飛び込みました。
12/13「実戦問題160」購入
01/17 試験受験

二級ボイラー試験、合格いたしました。

これもひとえに貴方の「実践問題160」の質の良さの賜だと考えます。

私は「これ以外のもの」をやりませんでした。どうもありがとうございました。

試験中、知らないことでもよく読めば、選択肢を比べることにより常識的に回答を導き出せるものもありました。

一級ボイラー受験に関しては、検討中です。


2006年01月21日 ボイラー試験 -『私の効果的勉強法』

D氏(東京都)からのメールです。

夜分こんばんは、お世話になります。

昨年12/16(金)の「二級ボイラー技士試験」の受験に続き、1/18(水)に「1級ボイラー技士試験」を受験してきました。

試験は良く出来たと思います。計算問題なども、過去問をやっていたお陰で、解答することが出来ました。

先生のお勧めの過去問題から同様な問題が、かなり出題されていました。 私は、「過去問題を勉強する」のが、最善の対策だったと思っています。

また、ご指導いただいたように、「教科書を声を出して読む」のも良かったと思います。読んだお陰で、何かしら頭の中に記憶されており、随分それで問題を解くことが出来ました。

試験対策で、先生が繰り返し仰っていたことを実行した成果だと思っています。

1.一度、教科書を読んでみる。

2.問題を解き、分からなかったり、間違えた時はもう一度教科書で確認する。

3.正解であっても、一応教科書で、確認する。

今後、他の試験においても、上記のことが、応用できると思います。

1/25(水)が合格発表ですが、多分合格と思います。結果が出ましましたら、ご連絡致します。


2005年12月30日 なんと一発合格です! 2日間、この問題集のみ

K氏から、ヤフオクの評価通知が舞い込みました。

「なんと一発合格です! わずか2日間、この問題集のみ しかやりませんでした。 ありがとうございました。」

商品落札から本試験まで、わずかに5日間で「私の商品の3点セット」を購入し、どうするのかと思いました。 そのときはホントに驚きました。
―――――――――――――――――
1.落 札 日 時 :12月 11日 13:07
2.商品発送完了:12月 11日 19:30
3.本 試 験 日 :12月 16日
―――――――――――――――――

商品落札時のK氏からの初メールです。

『 12月16日に受験予定ですが、本日、テキストと問題集を見てあせりを感じました。なにか良い方法がないかとネットで検索したら、貴方の商品をヒットしたので落札しました。
5日間で効率よく、丸暗記で行きたいと思います。

「新重要問題」 と「実戦問題160」 と「法令科目のまとめ」 で行こうかと思います。
早急に銀行に振込しますが、本日発送していただくことは可能でしょうか? 』

――――――――――――――――――
K氏に発送した商品は、次の6点でした。
(1)「実戦問題160」
(2)「新重要問題240」
(3)「法令科目のまとめ」
(4)二級ボイラー技士試験(H17.10公表)
(5)二級ボイラー技士試験(H17.04公表)
(6)「最新情報」  
――――――――――――――――――


2005年11月12日 「私の学習方法」について

この度は本当にありがとうございました。
おかげさまで一回で合格ができました。厚くお礼申し上げます。

参考までに私の学習方法を紹介します。
とにかく短期決戦でした。

@9月末に講習を受け、本試験は12月1日の受験を計画したが急遽、一ヶ月以上の長期出張になったため、11月1日の受験に変更。(講習の後、時間が経過すると忘れてしまうことも危惧)

A仕事(本業)が交替勤務なのに加えて、副業もあって、学習時間が殆どなかった。

B上記、@Aで気持は焦るばかり。

そこで、貴アドバイスに従い、以下のような内容で自分なりに効率的に学習できたと思っています。

1.問題集は、貴殿より購入の、「実戦問題160」、「実戦問題U」、「重要問題240」 のみとした。

2.ワードのデータで送付して頂いたので、160+160+240=560問を自分で仕事の休み時間も活用してパソコンで類似問題、同様の問題を集約したオリジナルの問題集を作成した。

3.集約したオリジナルの問題集で正解の項目以外も、重要項目やキーワードは虫食いにした問題集を作成して暗記を行いました。間違えた所は、教本で復習して、全問、何回やっても正解になるまで繰り返した。


 4.試験二日前に総復習で問題数、160+160+240=560問の全問を解いて100%正解できるようにした。


2005年10月20日 二級ボイラー受験奮闘記--3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【10/13】の返信

嬉しいお便り、有難うございます。(^o^)

心より「おめでとうございました」といいたいです。

10/5 試験直後は、非常に微妙とご心配なさっていましたが、私は試験内容を、あれだけ冷静に分析しておられますので、合格間違いなしと思っていました。

よかったですね。努力のたまものです。ホットなさっておられるお顔が目に浮かぶようです。

私は、うれしい反面、寂しくなります。あなたからの状況報告メールがもうもらえなくなりますから。

また、いいニュースがあれば教えて下さい。



【10/14】の返信

ご連絡有難うございます。 合格は努力の賜です。 

少しでも、お役に立てたのであれば、これほどの喜びはありません。 こちらこそ感謝します。

>このままの勢いで1級を受けようかとも思っております。

是非、やってください。

先ほど、あなたと同じ今回合格した方へも、同様のメールを入れたところです。



ご参考まで)

一級ボイラーは、二級ボイラーより、少し範囲が広くなることと、計算問題が出題されます。しかし、大半の部分は二級ボイラーと同じ範囲、同じレベルと思います。

従って、あまり間を開けずに続いて準備、受験をお勧めします。

間隔を開けると折角覚えたことを忘れますし、熱意も下がると思われます。

是非、直ぐ受験してください。



2005年10月20日 二級ボイラー受験奮闘記 --2

【9/22】

落ちました。  受験者126人 合格者 44人 、合格率35%程度です。

私は 試験当日の朝10:00に会場に入り、「受験者控え室」で 13:30の試験開始までギリギリ勉強をしていたのです。 その部屋での勉強は、貴方様から購入した

1.実戦問題160・・・・・・・やった  =正解率 70%台

2.重要問題240・・・・・・・やっていない(第1章だけやった)

3.H17年4月公表問題・・ ・やった  =正解率70%台

4.H17/8/8の最新情報・・・・何度も読み直した

そのままの勢いで試験に挑んでもこの結果です。明らかに「難しくなっている」と思います。



【9/24】

ハガキ来ました。 

構 造:5、 取り扱い:6、 燃 焼:5、 法 令:3、 合 計:19/40 



【10/05】

本日、ボイラー試験受けてまいりました。 (第4回目の受験)

いろいろメールでのご指導ありがとうございます

まずは、成果報告ですが・・微妙です。

試験レベルとしては、前回よりは多少やさしく、合格率は40%台かと思います。

それで、自己採点では、正解していると思う数

構 造:3〜4(これがヤバイ)、 取り扱い:5、 燃 焼:5、 法 令:7

合 計  20/40です。

あと、微妙な問題が10問あり、うまくいけば合格か、構造で赤点の可能性もありです。(涙)

やはり、「同じものを繰り返し行う」ですね。 貴方様からの資料・問題集をすべて完璧から90%の正解率で解答できれば、今回は間違いなく合格できたと思います。

結果は来週お伝えいたします。



【10/13】

ボイラー受かりました! HP上では合格です。



【10/14】

ハガキ来ました。そのままの足で免許を取りに行きました。

このままの勢いで1級を受けようかとも思っております。

ご協力改めて感謝いたします。



2005年10月19日 二級ボイラー受験奮闘記 --1

ご健闘、心からおめでとうございます。ハレルヤ!

二級ボイラー技士免許試験、数度の挑戦で合格を掴んだ奮闘記です

【7/30】
ボイラーの参考書代は7冊以上、1万円近く使いました。ボイラー協会の勉強会にも参加し、 計3万円以上つぎ込んでおります。

【9/11】
来週、3度目の受験をします。
昨日、「H17/4月公表問題」をしたら 合計12/40点でした。(汗) あわてて「実戦問題160」をやり始めております。

【9/15】
本日、ボイラー試験受けて参りました。

結果は「惨敗」です。(悲しい) 驚くことに内容がかなりひねっており、難易度が高い感じがしました。あまりにも類似問題が少なく、40問の内「できるところから回答」、しかし、できない白紙の部分が半分以上を占めました。 

【9/16】
本試験は、テキストなどに出てくる「太い重要文字」ではなくて、普通の文字の方が出題されています。 また、設問が「法律的に間違っているもの」とあり、間違っている部分が2つ出てきて、「あれぇーどっちも間違っているけど、法的には、どっち?」というのが今回のパターンです。

「2ヶ月間びっしり」と「参考書をよく読んで」「毎日2−3時間以上勉強」するなら、 ギリギリ60−75%台の合格ラインと思いますが・・

今回は 数字の暗記よりも、「読解力」と「応用力」が必要になったのを痛感しております。まず思ったのは、テキストの読み直しです。

簡単な数字の間違いを見つける程度の設問は、皆無に等しいと言うことです。(  )の穴埋め問題も少なかった。 


2005年10月14日 問題集は、これしかやっていません!

本日、二級ボイラー試験の結果発表されたのですが、おかげさまで無事に合格することができました。
どうもありがとうございました。
試験の感想は、ギリギリなんとか合格できたかなという感じです。

私の勉強方法は、送って頂いた「実戦問題160」、「重要問題240」の問題集をやり、判らないものはテキストでしっかりと調べる方法でした。 それ以外はやっていません!

この問題集は十分やったつもりですが、本試験ではまぎらわしい言い回しや不明な用語が出てきて、混乱しました。全然見たことが無い問題(清缶剤の目的など)もありました。

本試験の際に、自信のあるものだけを数えたのですが、 ボイラーの構造:70、取扱い:50、燃料燃焼:50、法 令:70 でした。

アドバイスとしては、分からない問題はテキストをよく分かるまで読み返すしか無いです! 問題集の答えの暗記は危険だと思います。
「構造と法令」は暗記でもそこそこ点が取れますが、「取扱いと燃焼」はそれでは難しいと思います。

いずれにしても合格できて本当に良かったです。
この度はどうもお世話になりました。


2005年10月12日 「構造・取扱い」の試験傾向が変わった?

陰様で試験の方、合格する事ができました。
勉強方法のアドバイスのお陰だと思います。
ありがとうございました。
次は1級に挑戦してみたいが、1級の重要問題でもあれば、案内を頂きたいです。

昨年までの試験なら「重要問題160・240」を繰り返しやれば、高得点で合格可能だと思う。
「重要問題160・240」を2回やったあと、公表問題にトライしたら、 @構造70点 A取扱60点 B燃料90点 C法令100点 でした。

今年(8/18)は、「ボイラーの構造・取扱い」の2分野で試験傾向が変わったように感じました。
この2科目は共に40点位かと、合格通知を見るまで不安でした。
私はこの2分野ついて、ボイラ協会の問題集を2回やりました。そうでなければ合格はできなかったかと思う。
「燃料・法令」は共に簡単で100点か、という手応えを感じて本試験を終えることができました。


2005年10月04日 問題箇所をテキストで理解

本日、二級ボイラー技士の合格通知が届きました。

この度は、メールなどでご連絡を頂き有難うございました。
東京で9月10日に行われました二級ボイラー技士試験の合格通知が本日届きました。(ヤッター)

試験対策としては、「実戦問題160」+「重要問題240」+「H17年4月公表問題」 を中心に各2回、試験前までに目を通しました。
ただ、問題箇所のテキスト内容のポイントを平行して理解することが、必要でした。(これに最も時間がかかる)


本番では、見慣れないパターンの問題が4〜5問ありましたが、それ以外は、見覚えのある問題でした。

問題パターンは、あなた様の商品で十分対策でき、おかげさまで、合格できました。とても心強い味方でした。
また、最新の問題についての情報を、メールで送付して頂いたのも大変参考になりました。


2005年09月06日 問題をよく読むということが大事

おかげさまでボイラー技士試験に合格することが出来ました。ありがとうございました。

今回の受験を経験して、問題をよく読むということが大事ということを痛感しました。
私は三回目で合格でしたが 一回目は燃料の科目で30点で 不合格(合計点数は270点)。 二回目も燃料の科目が20点で不合格(これも合計点数は240点)で一科目に泣きました。

 私のはアドバイスにならないかと思いますが、四月に会社を自主退職したんで、時間にはあまり不自由はしませんでした。ただ ボイラーだけだと思い、実は、危険物の乙四の試験準備も同時進行でした。
 幸い危険物は、六月の試験で一発合格でしたが、ボイラーはなかなか手強かったと思います。試験日も危険物とボイラーの間が三週間しかなくて、大変でた。
 
 アドバイスと言えば 過去門も重要ですし、問題を答えを書いて慣れるかな。疲れていて問題を解くのが出来なくても、最低限、昨日の復習をする。体調を万全にする(私のこと・・あは)。

参考にですが、今回の問題に、今までの傾向になかった水圧試験の仕方が出ていました。


2005年08月28日 この問題集等で十分解ける

いつも新しい情報ありがとうございます。私は8月19日に受験しました.
各地で問題が違うのかもしれませんが、この問題集等で十分解ける問題だったと思いました。
今すぐ思い出せるのは(霧化媒体を必要とするバーナは?)と言う問題が出ていました。
あとは、過去問と同じような水管ボイラーや安全弁について等で難しいとは思いませんでした。
まだ合否はわかりませんが、多分大丈夫だと思います。
現在は1級の勉強をしていますが、同じ日に1級を受験した会社の人に聞くと1級は少し難しくなっていると思います。

これからもずっとボイラーは勉強したいと思いますので新しい情報や、問題集ができましたら是非ご連絡下さい。